>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【詳しく解説!】ハローワーク適職診断の内容と種類 | メリット,評判も

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事から分かること
  • ハローワーク適職診断とは自分に合った職業を見つけられる診断
  • 【無料で受けられる】ハローワーク適職診断の内容
  • ハローワーク適職診断(適性検査)を受けるときの流れ
  • ハローワーク適職診断(適性検査)を受けるメリット
  • ハローワーク適職診断(適性検査)以外におすすめする適職診断

皆さんこんにちは!

就活の教科書編集部のまひろです。

この記事ではハローワーク適職診断を紹介します。

就活生の皆さんは、「ハローワーク適職診断ってどんな内容なの?」「評判はどうなの?」「どこで何分ぐらいで受けられるの?」など様々な疑問や不安があるのではないでしょうか。

「就活の教科書」編集部 足立

就活生くん

僕はハローワーク適職診断を受けようと思っているのですが、どんな質問がされるのかなどハローワーク適職診断について詳しく教えて欲しいです。

就活生ちゃん

私もハローワーク適職診断を受けたいのですが、実際当たっていると評判なのでしょうか?

信憑性なども含めて教えて欲しいです。

また、ハローワーク適職診断以外にもおすすめな適職診断があれば教えて欲しいです。

確かにハローワーク適職診断とはどのような質問がされるのか、またその信憑性などについてかなり気になりますよね。

「就活の教科書」編集部 足立

そこでこの記事では、「就活の教科書」編集部の足立がハローワーク適職診断について解説します。

ハローワーク適職診断を実際に受けた人の声を参考に、ハローワーク適職診断の内容や評判について解説します。

合わせて、ハローワーク適職診断を受けるときの流れ受けるメリット、ハローワーク適職診断以外におすすめする適職診断についても徹底的に解説します。

この記事を読めば、ハローワーク適職診断の内容や評判ハローワーク適職診断以外におすすめする適職診断が分かるようになります。

「ハローワーク適職診断ってどんな内容なの?」「評判はどうなの?」「どこで何分ぐらいで受けられるの?」などの疑問や不安を持っている就活生はぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

 

目次

 

ハローワーク適職診断(適性検査)とは?

就活生ちゃん

私は自己分析も兼ねてハローワーク適職診断を受けてみたいと思っているのですが、ハローワーク適職診断ってどんな内容なんですか?

また、費用時間や診断料、評判などについて詳しく教えてください!

分かりました!

以下にハローワーク適職診断の詳しい内容とSNSでの声をまとめましたので、見てみてください。

「就活の教科書」編集部 足立

 

ハローワーク適職診断は自分に合った職業を見つけられる診断

ハローワーク適職診断とは、職業相談や求人紹介などの転職支援が受けられる公共機関であるハローワークが行っている適性検査のことを指します。

中でもGATBと言われる一般職業適性検査キャリア・インサイト(別名:職業適職診断システム)がハローワーク適職診断として有名です。

自分自身がどんな職業に向いているのか、自分の正確な適性を見極める判断材料を手に入れられる本格的な適職診断です。

ハローワーク適職診断の基本情報
  • 種類:一般職業適性検査、キャリア・インサイト、職業興味検査、職業レディネス・テスト
  • 費用:無料
  • 所要時間:1時間半程度
  • 予約:事前予約必要

ハローワーク適職診断は、無料で受けられる上に、後ほど紹介しますが、メリットだらけです

少しでも気になる方はこの記事を読んでぜひ検討してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 足立

 

ハローワーク適職診断を実際に受けた人の声

就活生ちゃん

ハローワーク適職診断の大まかな内容は理解できたんですけど、実際に受けた人達の感想や評判ってどうなんでしょうか?

足立さん!教えてください!

分かりました!

では、ここからはハローワーク適職診断を実際に受けた人達のツイートを紹介しますので、参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 足立

大手就活サイトよりもハローワーク適職診断の方がより詳しく診断結果が出ていることが分かりますね。

実際、このツイートをされた方も「当たってたからオススメ」と言っているので、満足度は高いことがうかがえます。

「就活の教科書」編集部 足立

この方も「ハローワーク適職診断はバカにできない」「感心した」と言っているので、かなり満足度・納得度は高そうですね

「就活の教科書」編集部 足立

 

【無料で受けられる】ハローワーク適職診断の内容

就活生くん

僕は以前、ハローワーク適職診断は、無料で受けられると聞いたことがあるんですが、それって本当なのでしょうか?

また、ハローワーク適職診断は、どのような内容で、種類はいくつあるのでしょうか?

まず、ハローワーク適職診断は全て無料で受けることが出来ますよ!

また、ハローワーク適職診断の内容は大きく4つあります。

これから詳しく1つずつ紹介していきますね!

「就活の教科書」編集部 足立

ハローワーク適職診断の内容
  • 内容①:一般職業適性検査[GATB]
  • 内容②:キャリア・インサイト[適職診断システム]
  • 内容③:職業興味検査[VPI]
  • 内容④:職業レディネス・テスト[VRT]

 

内容①:一般職業適性検査[GATB]

無料で受けれるハローワーク適職診断の内容1つ目は、「一般職業適性検査[GATB]」です。

一般職業適性検査は、自分に合った職業選択のための情報を提供する目的で作成された適性検査です。

仕事に必要とされる9種類の能力(適性能)を測定し、スピードや正確さで評価され、以下のように診断結果が判定されます。

以下の表に一般職業適性検査の概要をまとめておきました。

一般職業適性検査について
  • 対象者:13歳~45歳の求職者
  • 所要時間:90分程度
  • 検査内容:紙筆検査[筆記検査]、器具検査

一般職業適性検査を受けて、自分に適した職業が見つかるとは限りませんが、自分の得意・不得意な職業を知ることが出来るので、非常にオススメです。

「就活の教科書」編集部 足立

 

内容②:キャリア・インサイト[適職診断システム]

無料で受けれるハローワーク適職診断の内容2つ目は、「キャリア・インサイト[適職診断システム]」です。

キャリア・インサイトは、利用者が自分でパソコンを使いながら、適性評価、職業情報の検索、適性と職業との照合、キャリアプランニングというキャリア・ガイダンスの一連の流れを経験できるシステムです。

キャリア・インサイトの診断結果はパソコン上で以下のように判定されます。

僕自身、個人的に1番おすすめの適職診断がこの「キャリア・インサイト」です!

ペーパーテストタイプの職業適性検査と比較して、利用者自身がパソコンを用いて職業適性を調べることができるので、受験者の負担料も軽減されるのが大きなポイントです。

以下の表にキャリア・インサイトの概要をまとめておきました。

キャリア・インサイトについて

◆ ECコース

  • 対象者:18~34歳の職業経験がないor少ない若年層
  • 所要時間:105分程度
  • 検査内容:パソコン上での適職診断orキャリアプランニング診断

◆ MCコース

  • 対象者:35歳~60歳程度の職業経験のあるミッド・キャリア層
  • 所要時間:80分程度
  • 検査内容:パソコン上での適職診断orキャリアプランニング診断

キャリア・インサイトは、一般職業適性検査と違ってパソコン上で検査を受けることが出来るので、とても楽ですね!

また、適性に合致した職業リストの参照や担当員とのキャリアプランニングができる点でもキャリア・インサイトの方がより優れていると思います。

「就活の教科書」編集部 足立

 

内容③:職業興味検査[VPI]

無料で受けれるハローワーク適職診断の内容3つ目は、「職業興味検査[VPI]」です。

職業興味検査は、160の具体的な職業に対する興味・関心の有無を回答します。

6種類の職業に対する自分の興味・関心の強さを測定することに加えて、5領域の自分の心理的傾向についても把握できます。

職業興味検査の診断結果は以下のように判定されます。

職業興味検査の1番大きなポイントは、何と言っても20分という短い所要時間で実施できる点です。

また、20分程度の検査時間でも信頼性のある様々な情報が得られる点大きなポイントです。

以下の表に職業興味検査の概要をまとめてみました。

職業興味検査(VPI)について
  • 対象者:短大生・大学生以上
  • 所要時間:20分程度
  • 検査内容:筆記式で160の具体的な職業に対する興味や関心の有無を回答

職業興味検査[VPI]は、何と言っても20分の回答時間で信頼性のある豊富な結果が返ってくる点でとてもおすすめ出来ます!

ただ、一つ注意しておきたいのは、あくまで職業興味検査を始めとするハローワーク適職診断はあくまでも一つのツールにすぎないということです。

これらハローワーク適職診断の結果を基に、僕はキャリアコンサルタントなどのキャリア構築の専門家に相談すると良いと思います!

「就活の教科書」編集部 足立

 

内容④:職業レディネス・テスト[VRT]

無料で受けれるハローワーク適職診断の内容4つ目は、「職業レディネス・テスト[VRT]」です。

職業レディネス・テストは、6つの興味領域(現実的・研究的・芸術的・社会的・企業的・慣習的)に対する興味の程度と自信度や基礎的志向性(タイ情報・対人・対物)も測定されます

職業レディネス・テストの診断結果は以下のように判定されます。

職業レディネス・テストの1番大きなポイントは、他のどの適性検査よりも若年者向けである点です。

大学生でも受けることが出来ますが、自己理解を深めて、職業選択に対する考え方を学ぶためにも、就職活動を始める前の大学1、2年生時に受けることを個人的におすすめします

以下の表に職業レディネス・テストの概要をまとめておきました。

職業レディネス・テストについて
  • 対象者:中学生・高校生(場合によっては大学生でも可)
  • 所要時間:45分程度
  • 検査内容:紙筆検査(筆記試験)

私は高校生の時に学校で職業レディネス・テストを受けたことがあります!

受けたからといって、自分に合う職業がはっきり分かるわけではないですが、就職活動前にこの職業レディネス・テストを受けておくと、自分の得意・不得意領域を把握できますね!

「就活の教科書」編集部 足立

 

 

ハローワーク適職診断(適性検査)を受ける時の流れ

就活生くん

ここまで足立さんのお話を聞いて、ハローワーク適職診断の内容などについてはざっくりと理解できたのですが、実際、どのような流れでハローワーク適職診断は受けることが出来るのでしょうか?

分かりました!

では、ここからはハローワーク適職診断を受ける時の流れに関して詳しく説明していきますね。

まず、以下の表にハローワーク適職診断を受けるときの流れについて簡単にまとめておきました。

「就活の教科書」編集部 足立

ハローワーク適職診断(適性検査)を受けるときの流れ
  • 流れ①:電話などで予約する
  • 流れ②:ハローワークに行って受験する
  • 流れ③:受験結果を印刷する
  • 流れ④:診断結果を基に職員と相談する

 

流れ①:電話などで予約する

ハローワーク適職診断を受けるときの流れ1つ目は「電話で予約する」です。

どの適職診断も事前の予約が必要となるので、ハローワークに電話して予約をしなければなりません。

また、注意しておきたいのは、ハローワークの場所によって、適職診断を実施している場所としていない場所があるので、まずは最寄りのハローワークに電話して、診断を受けたい旨を話しましょう。

 

流れ②:ハローワークに行って受験する

ハローワーク適職診断を受けるときの流れ2つ目は「ハローワークに行って受験する」です。

事前予約をしたハローワークの受付で予約した旨と名前を伝えると、担当員の方が案内をしてくれます。

パソコン上での試験又は筆記試験になるので、そこで、それぞれの評価項目ごとに選択式の質問に答えていきます。

 

流れ➂:受験結果を印刷する

ハローワーク適職診断を受けるときの流れ3つ目は「受験結果を印刷する」です。

全ての選択式の質問に答えることが出来たら、その場で印刷を行ってください。

印刷が出来れば、その時点で職業興味検査とキャリア・インサイトは終了です。

ただし、一般職業適性検査と職業レディネス・テストは、受験結果が出るまで少し時間がかかるので、結果が送られてくるまで待ちましょう。

 

流れ④:診断結果をもとに職員と相談する

ハローワーク適職診断を受けるときの流れ4つ目は「診断結果をもとに職員と相談するです。

中には、適職診断の結果が分かってすぐに帰る人もいるそうですが、時間に余裕のある人やより細かい振り返りをしたいという人はぜひこの時間を設けてください!

相談員の方が診断結果について、項目ごとの詳しい解説やこの先のキャリアについてのお話をしてくれます!

ざっくりとなってしまいましたが、ハローワーク適職診断を受けるときの流れはこんな感じです!

どうしても、就活大手サイトの適職診断だと自分自身で診断結果を理解しようとしなければならないですが、ハローワーク適職診断であれば、診断結果を参考に相談員からアドバイスも頂けるので、非常におすすめですね!

「就活の教科書」編集部 足立

 

ハローワーク適職診断(適性検査)を受けるメリット

就活生ちゃん

私はハローワーク適職診断についての理解が段々と深まってきて、実際に受けてみたいと思っているのですが、ハローワーク適職診断を受けるメリットとは何か知りたいです!

任せてください!

では、ハローワーク適職診断を受けると得られるメリットに関して詳しく説明しますね。

まず以下の表にハローワーク適職診断を受けるメリットを簡単にまとめておきました。

「就活の教科書」編集部 足立

ハローワーク適職診断(適性検査)を受けるメリット
  • メリット①:自分では気づきにくい適性がわかる
  • メリット②:求職活動の実績になる
  • メリット③:民間企業の適職検査よりも正確に診断できる

 

メリット①:自分では気づきにくい適性がわかる

ハローワーク適職診断を受けるメリット1つ目は「自分では気づきにくい適性がわかる」ことです。

ハローワーク適職診断は自分では分からなかった適性や思いもよらない適性が見えてきます。

自分が全くこれまで興味を抱いてこなかった職業が適性だと判定される場合もあるかもしれませんし、反対に自分が興味を持っていた職業にあまり適性がないという判定が出る場合だってあり得ます。

ですが、少なくとも自分の適性を把握しておけば、全く合わない職業に就く可能性はなくなるはずです!

 

メリット②:求職活動の実績になる

ハローワーク適職診断を受けるメリット2つ目は「求職活動の実績になる」ことです。

学生にはあまり無縁なメリットかも知れませんが、ハローワークで雇用保険の失業給付を受けながら転職活動をする人は、失業手当を受給するために一定数の求職活動を行い、その実績をハローワークで認定してもらう必要があります。

そこで、ハローワーク適職診断を受けておけば、求職活動の実績とみなされ、失業給付などの手当を受けることが出来ます。

 

メリット③:民間企業の適職検査よりも正確に診断できる

ハローワーク適職診断のメリット3つ目は「民間企業の適職検査よりも正確に診断できる」ことです。

先ほども述べましたが、民間企業の適職検査だと、診断結果が出ても自分自身でその結果を解釈する必要があります。

ですが、ハローワーク適職診断の場合、診断を終えた後も、相談員の方との面談の時間が確保でき、丁寧なフォローアップをしてくれるので、より正確に自分の適性について把握できるようになります。

以上3点がハローワーク適職診断を受けると得られるメリットです!

僕個人的にもハローワーク適職診断の方が、民間企業の適職診断よりも「充実したフォローアップ体制が整っている点」で、おすすめですね。

きっと、就職活動の自己分析にも大いに役立ちます!

「就活の教科書」編集部 足立

 

ハローワーク適職診断(適性検査)以外におすすめする適職診断

就活生くん

足立さんのお話を聞いて、ハローワーク適職診断を受けてみようと思いました!

でも、色々な適職診断を受けて、自己分析や将来のキャリアプランについて考えていきたいと思っているので、ハローワーク適職診断以外に何かおすすめの適職診断があったら教えてくれませんか?

そう思って頂けて嬉しいです!

分かりました!

では、ここからはハローワーク適職診断以外におすすめする適職診断を紹介するので、参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 足立

ハローワーク適職診断以外におすすめする適職診断
  • 適職診断①:リクナビNEXT
  • 適職診断②:doda
  • 適職診断③:マイナビジョブリシャス診断

 

適職診断①:リクナビNEXT

ハローワーク適職診断以外におすすめする適職診断1つ目は「リクナビNEXT」です。

この「リクナビNEXT適職診断」の1番大きな特徴は「たった3分、たった22問」のテストで「仕事選びの価値観」と「自分の隠れた性格」の分析ができる点です。

また、登録不要でできてしまうので、今すぐに適職診断をしたい!という人にはぜひおすすめです。

僕も「3分で受けられる」ということで、実際に受けてみましたが、本当に3分で診断結果が出ます。

さらに、3分にしては詳細な診断結果が出るとも感じました。

また、リクナビネクストの診断に関しては以下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 足立

 

適職診断②:doda

ハローワーク適職診断以外におすすめする適職診断2つ目は「doda」です。

dodaでは、主に4つの適職診断を提供しています。

提供されている4つの診断ツールは以下の通りです。

doda適職診断
  • ICQキャリアタイプ診断
  • エゴグラム診断
  • 年収査定
  • 転職タイプ診断

この中で特に私がおすすめする適職診断は「エゴグラム診断」です!

質問数は簡単な選択式の50問で所要時間は3~5分程度で終わるので、時間もかかりません。

また、エゴグラム診断は会員登録をしなくても、診断ができるので、とても便利です。

私も実際にやってみたので、以下の診断結果を参考にしてみてください。

私も実際に受けてみて、意外と当たっているなと感じました。

また、自分の性格におすすめの職業も紹介してもらえるので、ぜひ一度試してみてください。

「就活の教科書」編集部 足立

 

適職診断③:マイナビジョブリシャス診断

ハローワーク適職診断以外におすすめする適職診断3つ目は「マイナビジョブリシャス診断」です。

マイナビジョブリシャス診断は、20問の質問に3分程度で答えるだけで、27個あるジョブタイプから以下のように自分の適職が探せます。

先ほど既に紹介した適職診断と比較すると、具体性には欠けるかなと感じました。

ただ、マイナビ転職に会員登録を行うと、より詳細な診断結果が表示されます。

実際に受けてみて、信頼性や具体性には少々欠けるかなとは思いますが、「自分の仕事上におけるキャッチフレーズ」が欲しい方」は会員登録をせずにやってみてもいいかもしれませんね!

「就活の教科書」編集部 足立

 

ハローワーク適職診断(適性検査)に関するよくある質問

就活生ちゃん

ハローワーク適職診断についてはもちろんですが、それ以外におすすめの適職診断についても参考になりました。

では最後、足立さんにハローワーク適職診断に関する質問を幾つか聞きたいのですが、いいですか?

はい!もちろんです!

では、最後にハローワーク適職診断に関するよくある質問にお答えしますね。

「就活の教科書」編集部 足立

ハローワーク適職診断(適性検査)に関するよくある質問
  • 質問①:ハローワーク適職診断は予約しないといけないの?
  • 質問②:ハローワーク適職診断はどんな人におすすめなの?
  • 質問③:ハローワーク適職診断は正確なの?
  • 質問④:ハローワーク適職診断はどこで受けたら良いの?

 

質問①:ハローワーク適職診断は予約しないといけないの?

ハローワーク適職診断に関するよくある質問1つ目は「ハローワーク適職診断は予約しないといけないの?」です。

結論から述べると、予約は必須です!!!

まずは最寄りのハローワークに電話をかけてみて、希望の適職診断を受けられるか確認してみましょう。

適職診断の内容によっては最寄りのハローワークで受けられない場合もあるので、まずは電話で確認して、予約を行うのが理想的ですね。

「就活の教科書」編集部 足立

 

質問②:ハローワーク適職診断はどんな人におすすめなの?

ハローワーク適職診断に関するよくある質問2つ目は「ハローワーク適職診断はどんな人におすすめなの?」です。

私が考えるに、ハローワーク適職診断は「自己分析、自己理解があまり進んでいない人」「自分に合った職業が分からない人」におすすめだと思います。

ハローワーク適職診断は、正確性も高いですし、相談員もついているので、より自分について深く知ることが出来るような性格検査です。

就職活動中の学生であまり自己分析が上手くいかない状況になってしまったのであれば、一度ハローワークに連絡を取って、診断を受けてみましょう。

私も就活当時「自分の性格を理解すること」や「自分の適職を把握すること」は非常に難しかったです。

就活を本格的に始める前、始めた直後にハローワーク適職診断を受けていたら自己分析の進みもきっと良かったなと思うので、就活生の皆さんはぜひ受けてください。

「就活の教科書」編集部 足立

 

質問③:ハローワーク適職診断は正確なの?

ハローワーク適職診断に関するよくある質問3つ目は「ハローワーク適職診断は正確なの?」です。

ハローワーク適職診断は民間企業が行っている適職診断よりも丁寧かつ正確に診断されると評価も高いです。

10分や15分で診断が終わるわけではなく、多少の時間は必要になりますが、その分信用性のある正確な診断結果が出ます。

もちろん、人によって「当たる」「当たらない」はあると思いますが、これだけ正確なハローワーク適職診断を受けておいて損はないと思うので、迷ったら受けてみてください!

「就活の教科書」編集部 足立

 

質問④:ハローワーク適職診断はどこで受けたら良いの?

ハローワーク適職診断に関するよくある質問4つ目は「ハローワーク適職診断はどこ受けたら良いの?」です。

これに関しては、適職診断の内容によって受験方法が異なるので、以下の表に回答をまとめました。

[一般職業適性検査] ハローワーク

[キャリア・インサイト] パソコン

[職業興味検査] ハローワーク

[職業レディネス・テスト] ハローワーク

表からも分かるとおり、キャリア・インサイトのみパソコン上で受けられる診断で、それ以外はハローワークに受けに行かなければなりません。

ハローワークまで足を運ぶのは面倒だと思う方もいると思いますが、相談員の方との面談の時間も取られているので、実際に受けに行くだけの価値がありますね。

「就活の教科書」編集部 足立

 

まとめ:ハローワーク適職診断(適性検査)を利用して自分に合った職業を見つけよう

本記事「【詳しく解説!】ハローワーク適職診断の内容と種類 | メリット,評判も」はいかがだったでしょうか?

この記事ではハローワーク適職診断[適性検査]について紹介しました!

また、ハローワーク適職診断の内容、ハローワーク適職診断を受けるときの流れ、ハローワーク適職診断を受けるメリット、ハローワーク適職診断以外におすすめする適職診断、ハローワーク適職診断に関するよくある質問についても詳しく解説しました。

最後に今回の内容を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆ハローワーク適職診断(適性検査)とは?

  • ハローワーク適職診断は自分に合った職業を見つけられる診断
  • ハローワーク適職診断を実際に受けた人の声

◆【無料で受けられる】ハローワーク適職診断の内容

  • 内容①:一般職業適性検査[GATB]
  • 内容②:キャリア・インサイト[適職診断システム]
  • 内容③:職業興味検査[VPI]
  • 内容④:職業レディネス・テスト[VRT]

◆ハローワーク適職診断(適性検査)を受ける時の流れ

  • 流れ①:電話などで予約する
  • 流れ②:ハローワークに行って受験する
  • 流れ➂:受験結果を印刷する
  • 流れ④:診断結果をもとに職員と相談する

◆ハローワーク適職診断(適性検査)を受けるメリット

  • メリット①:自分では気づきにくい適性がわかる
  • メリット②:求職活動の実績になる
  • メリット③:民間企業の適職検査よりも正確に診断できる

◆ハローワーク適職診断(適性検査)以外におすすめする適職診断

  • 適職診断①:リクナビNEXT
  • 適職診断②:doda
  • 適職診断③:マイナビジョブリシャス診断

◆ハローワーク適職診断(適性検査)に関するよくある質問

  • 質問①:ハローワーク適職診断は予約しないといけないの?
  • 質問②:ハローワーク適職診断はどんな人におすすめなの?
  • 質問③:ハローワーク適職診断は正確なの?
  • 質問④:ハローワーク適職診断はどこで受けたら良いの?

まとめ:ハローワーク適職診断(適性検査)を利用して自分に合った職業を見つけよう