【未経験でもなれる?】音楽に関わる仕事一覧 | 理系におすすめの音楽関係の仕事も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事からわかること
  • 音楽業界は今後ネット上で伸びていく
  • 音楽に関わる仕事一覧
  • 未経験でもできる音楽関係の仕事
  • 理系におすすめの音楽関係の仕事
  • 大学と専門学校どちらに進学しても良い
  •   「自分に合う業界や企業がわからない…」という方は「適性診断AnalyzeU+」で診断するのがおすすめ

こんにちは!「就活の教科書」編集部の采耶です。

この記事では「音楽関係の仕事」について解説します。

就活生の中で「音楽関係の仕事はしたいけれど、どんな仕事があるのかよくわからない・・・」という人はいませんか。

「就活の教科書」編集部 采耶

就活生ちゃん

私は、吹奏楽部で音楽に携わってきたので、その経験を活かして音楽関係の仕事に就きたいです。

でも、音楽関係の仕事と言ったらピアニストやミュージシャンしか思い浮かばないです・・・。

特別な技術を持っていない私でもできるような、音楽関係の仕事はありますか?

就活生くん

僕は、音楽が好きな理系学生なのですが、理系だからこそできるような音楽関係の仕事を探しています。

でも実際にどんな仕事があるのかよくわかっていません・・・。

音楽関係の分野で活躍したいけれど、どんな仕事があるのかわからず困っている就活生が多いようです。

「就活の教科書」編集部 采耶

そこでこの記事では「音楽関係の仕事」について解説します。

併せて、「未経験でもできる音楽関係の仕事」「理系におすすめの音楽関係の仕事」「音楽関係の仕事についてよくある質問」について解説します。

この記事を読めば、音楽関係の仕事について詳しく知ることができ、

「自分の大学から音楽関係の仕事に就けるかな」という疑問をもつ就活生はぜひこの記事を最後まで読んで参考にしてみてください。

自分に合う業界がわからないから、業界研究ができない…」という方は適性診断AnalyzeU+適職診断(就活の教科書公式LINE)同時利用して、まずは長所を知るのが一番おすすめです。

自己分析ツールを複数使うことで、自分の強みが活かせる業界を簡単に見つけやすくなるので、業界研究もスムーズにできるようになりますよ。

業界選びで後悔したくない…」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>>「適性診断AnalyzeU+」を使ってみる

>> 「適職診断」を受けてみる(就活の教科書公式LINE)

 

目次

 

【ざっくり解説】そもそも音楽に関わる業界とは?

就活生ちゃん

そもそも、音楽に関わる仕事にはどういった仕事がありますか?

以下で音楽関係の仕事についてざっくりと解説していきますね!

「就活の教科書」編集部 采耶

 

解説①:音楽業界の動向

まず1つ目に、音楽業界の動向について解説していきます。

音楽業界は、近年CDの売り上げが低迷していましたが、インターネットによる音楽配信などの影響で業績が回復してきています。

ですが、新型コロナウイルスの影響でライブなども中止となっているため、今後はネットによる音楽配信サービスが伸びていくと考えられます。

オンラインライブや、定額でたくさんの曲を楽しめるストリーミング配信などの伸びしろが注目されています。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

解説②:音楽業界の仕事内容

2つ目に、音楽業界の仕事内容について解説していきます。

音楽業界は主にレコード会社、音楽配信サービス、プロダクションなどがあげられます。

レコード会社は主にCDの販売やデジタル配信をしています。

音楽配信サービスはアプリやゲームと連動していることが多いです。

また、プロダクションは、アーティストやバンドなどのマネージメントを行う会社としていかにアーティストを売り出すのか戦略を立てています。

レコード会社は例としてソニー、エイベックスなどがあげられます。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

音楽に関わる仕事/職業一覧

就活生くん

僕は、音楽に関わる仕事がしたいのですが、実際にどんな仕事があるのかをできるだけ多く知りたいです。

音楽に関わる仕事は、普段知らないような職業もありますよね。

音楽関係の仕事について一覧で紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 采耶

音楽に関わる仕事
  • 仕事①:歌手(平均年収:100万円~数億円)
  • 仕事②:楽器演奏者(平均年収:250万円~)
  • 仕事③:ピアニスト(平均年収:280万円)
  • 仕事④:作詞家/作曲家(平均年収:420万円)
  • 仕事⑤:DJ(平均年収:180万円)
  • 仕事⑥:アレンジャー(平均年収:200~1000万円)
  • 仕事⑦:ピアノ調律師(平均年収:250万円)
  • 仕事⑧:楽器クラフトマン/楽器リペアマン(平均年収:300万円)
  • 仕事⑨:音楽プロデューサー(平均年収:400~600万円)
  • 仕事⑩:ディレクター(平均年収:377万円)
  • 仕事⑪:音楽講師/インストラクター(平均年収:365万円)
  • 仕事⑫:楽器テクニシャン(平均年収:330万円)

それでは、音楽に関わる仕事について1つずつ紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事①:歌手(平均年収:100万円~数億円)

音楽に関わる仕事1つ目は、歌手です。

歌手は歌の基礎を学び、オーディションに応募して合格し、本格的なボーカルトレーニングを受けてデビューすることができます。

素質や実力に加えて、運やタイミングも影響してくるような厳しい世界となっています。

近年はCDが売れなくなるという音楽業界の低迷がある一方で、インターネットを活用して配信するなど、活動範囲が多様化しています。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事②:楽器演奏者(平均年収:250万円~)

音楽に関わる仕事2つ目は、楽器演奏者です。

楽器演奏者の仕事内容は、コンサートやライブの際に楽器を演奏することです。

また、ソロで演奏したり、バンドのメンバーとして演奏することもあります。

楽器を演奏する技術だけでなく、音の知識や楽曲に関する幅広い知識が必要となっています。

楽器演奏者は特に資格などは必要ないですが、コンクールの入賞経歴などがあると高度な演奏技術を持っているという証明になります。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事③:ピアニスト(平均年収:280万円)

音楽に関わる仕事3つ目は、ピアニストです。

ピアニストの仕事内容は、ピアノリサイタルやオーケストラ、ミュージカルなどでピアノを演奏してお客様を楽しませることです。

また、演奏活動とは別に演奏をYoutubeなどにアップロードして報酬をもらっていることもあります。

ピアニストは個人で活動することが多いため、収入が不安定です。

そのため、ピアノ講師などの別の仕事をしながら活躍している人が多いです。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事④:作詞家/作曲家(平均年収:420万円)

音楽に関わる仕事4つ目は、作詞家 / 作曲家です。

作詞家の仕事内容は、できあがっている楽曲に対して歌詞をつけることです。

一方で作曲家の仕事内容は、曲を作ってアーティストやアイドルなどに提供することです。

どちらもクリエイティブな発想が求められています。

自分が制作した曲がヒットすれば、知名度もあがります!

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事⑤:DJ(平均年収:180万円)

音楽に関わる仕事5つ目は、DJです。

DJのは、ラジオDJクラブDJの2種類に分かれています。

ラジオDJは、ラジオDJは、ラジオ番組のパーソナリティとして進行役を務めます。

音楽に詳しいというよりも、トークがうまい人に向いています。

一方のクラブDJは、ナイトスポットである「クラブ」での選曲を担当しています。

その場の雰囲気に合わせて場を盛り上げる必要があるため、選曲のセンスが問われるものとなっています。

クラブDJは、みなさんがよく見るような2つのデッキの曲を交互に再生していくものです。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事⑥:アレンジャー(平均年収:200~1000万円)

音楽に関わる仕事6つ目は、アレンジャーです。

アレンジャーの仕事内容は、作曲家が作ったメロディーに前奏や伴奏をつけたり、リズムやコードに変化を加えたりしてアレンジをしていくことです。

編曲家は音楽に関する豊富な知識や高度な技術・さらにはレコーディング技術も求められています。

編曲家は収入が安定しないため、作詞作曲をしながら編曲をしている人が多いです。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事⑦:ピアノ調律師(平均年収:250万円)

音楽に関わる仕事7つ目は、ピアノ調律師です。

ピアノ調律師の仕事内容は、一般家庭やコンサート会場、各種スタジオなどに設置されているピアノの調律をすることです。

88もある鍵盤を1つ1つ叩きながら音のずれや響きを確認するため、専門技術や正しい音を聞き分ける能力が求められています。

ピアノ調律師になるために絶対必要なものではありませんが、ピアノ調律技能士の国家資格を取得していると有利に働く場合があります。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事⑧:楽器クラフトマン/楽器リペアマン(平均年収:300万円)

音楽に関わる仕事8つ目は、楽器クラフトマン/楽器リペアマンです。

楽器クラフトマン/楽器リペアマンの仕事内容は、バイオリンやギターなどの楽器を作り出し、修理をすることです。

その楽器のことを詳しく知っているだけでなく、音感をしっかり持っていることが求められています。

楽器クラフトに関する専門学校などへ進学後、楽器メーカーや楽器店などに就職するのが一般的です。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事⑨:音楽プロデューサー(平均年収:400~600万円)

音楽に関わる仕事9つ目は、音楽プロデューサーです。

音楽プロデューサーの仕事内容は、レコードやCD、コンサートや映画などの音楽制作を全体的に指揮する仕事です。

さらに、CDジャケットの撮影ミュージックビデオの制作なども行います。

音楽プロデューサーは特別な資格は不要ですが、まずは音楽業界に身を置いて経験を積むことをおすすめします。

音楽プロデューサーは、アーティストを売れるようにするための企画力や発想力が必要になっています。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事⑩:ディレクター(平均年収:377万円)

音楽に関わる仕事10目は、ディレクターです。

ディレクターの仕事内容は、番組の企画や出演者との交渉、照明や音楽などの演出に関しての指揮をとる仕事となっています。

音楽に関わる頻度が減ってしまいますが、演出の際にどのような音楽を選ぶのかを決定することができます。

ディレクターは、オリジナリティが出るような番組を作ります。

そのため、独創性があり、視聴者が何を見たいかを調べていくことが必要です。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事⑪:音楽講師/インストラクター(平均年収:365万円)

音楽に関わる仕事11つ目は、音楽講師/インストラクターです。

音楽講師の仕事内容は、家や教室などで音楽や楽器の演奏方法を教えることです。

また、学校で音楽の教師として教えることもあります。

音楽に対する知識と演奏技術だけでなく、生徒への指導力も必要となる仕事です。

音楽の講師をしていると、多くの人と関わることができます。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事⑫:楽器テクニシャン(平均年収:330万円)

音楽に関わる仕事12つ目は、楽器テクニシャンです。

楽器テクニシャンは、「ローディー」と呼ばれることもあります。

仕事内容は、楽器や機材の搬入や輸送、また楽器の音程を合わせるチューニングなどを行うことです。

コンサートの本番前に素早く楽器をチェックする仕事もしています。

そのため、予期せぬトラブルが発生した場合に冷静に対処する能力が求められています。

コンサートホール、ライブホール、レコード会社などに就職することが多いです。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

たった10分で自分の強みと弱みがわかる!就活生の4人に1人が使っている自己分析法

「自分に合った業界や企業がわからない…」という方は適性診断AnalyzeU+を使って自己分析をするのが一番おすすめです。

適性診断AnalyzeU+を使うと、5分~10分で自分の強みや弱みが正確にわかるので、自分の長所を活かせる業界や企業を簡単に見つけられます。

「業界/企業選びや仕事選びで後悔したくない!」という方は、ぜひ適性診断AnalyzeU+を利用してみてくださいね。

診断結果は次のようにかなり詳しく分析されます。

就活アドバイザー 京香

自分の強みや弱みが詳しく分析されるので、自己分析や自己PRにも十分使えます。

例えば、ESや面接で「あなたの長所は?短所は?」なんて聞かれた時も簡単に答えられるようになります。

就活生の4人に1人が利用しているので「強みを活かせる業界や企業を見つけたい!」「自分に合う仕事に就きたい!」という方は、せひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 適性診断AnalyzeU+を使ってみる

 

当サイトがおすすめする自己分析のやり方は以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

【未経験でも可能!】音楽に関わる仕事/職業一覧

就活生くん

僕は、音楽に関わる仕事がしたいです。

未経験でも出来るような、音楽に関わる仕事を教えてください!

わかりました!

未経験でもできる、音楽に関わる仕事は以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 采耶

未経験でもできる音楽関係の仕事
  • 仕事①:音楽雑誌編集者(平均年収:665万円)
  • 仕事②:音楽ライター(平均年収:400万円)
  • 仕事③:CM制作会社(平均年収:340万円)

では、未経験でもできる音楽関係の仕事について1つずつ詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事①:音楽雑誌編集者(平均年収:665万円)

未経験でもできる音楽関係の仕事1つ目は、音楽雑誌編集者です。

音楽雑誌編集者の仕事内容は、雑誌の企画を考案し、新曲情報やアーティストへ取材や原稿作成を行うことです。

普段から多くのジャンルの音楽についての知識を取り入れ、こまめにトレンドの音楽情報を入手しておく必要がある。

音楽の魅力を多くの人に届けるために雑誌を編集していきます。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事②:音楽ライター(平均年収:400万円)

未経験でもできる音楽関係の仕事2つ目は、音楽ライターです。

音楽ライターの仕事内容は、アーティストや音楽サービスを運営している人々に取材をすることです。

音楽の良さを言葉によって伝えていきます。

記事執筆能力だけでなく、ニーズのあるネタを調べるリサーチ能力も必要です。

音楽ライターは、ただ音楽について書くのではなく、ビジネスとしてどのように伝えればライブに人が集まってくるのかを考えています。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事③:CM制作会社スタッフ(平均年収:340万円)

未経験でもできる音楽関係の仕事3つ目は、CM制作会社スタッフです。

CM制作会社スタッフの仕事内容は、企画を基に演出を考え、実際にCMを制作していく仕事です。

カメラマンやモデル、照明スタッフと連携をとるためにコミュニケーションも大切です。

クリエイティブに活動できることが魅力となっています。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

【理系におすすめ!】音楽に関わる仕事/職業一覧

就活生くん

僕は理系なのですが、理系でも音楽に携わることができるような仕事はあるでしょうか?

理系におすすめの音楽関係の仕事を教えてください!

わかりました!

理系におすすめの音楽に関わる仕事は以下の5つとなっています。

「就活の教科書」編集部 采耶

理系におすすめの音楽に関わる仕事
  • 仕事①:PAエンジニア(平均年収:461万円)
  • 仕事②:舞台美術・照明エンジニア(平均年収:300万円~600万円)
  • 仕事③:レコーディングエンジニア/ミキサー(平均年収:461万円)
  • 仕事④:マスタリングエンジニア(平均年収:500万円)
  • 仕事⑤:サウンドクリエイター(平均年収:480万円)

ではそれぞれの仕事について1つずつ紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事①:PAエンジニア(平均年収:461万円)

理系におすすめの音楽に関わる仕事1つ目は、PAエンジニアです。

PAエンジニアの仕事内容は、音楽を流すためにコンサートやライブでその場の雰囲気に合わせた音作りをすることです。

また、音響機材を選んだり、配置図・配線図などを決めることもあります。

PAエンジニアを目指す人の多くは、まず音楽や音響系の専門学校や大学の工学部で知識を身に付けてから、音響会社や舞台企画会社などに就職しています。

PAエンジニアは技術職であるため、就職後にどれだけ知識や経験を習得できるかがとても重要となっています。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事②:舞台美術・照明エンジニア(平均年収:300万円~600万円)

理系におすすめの音楽に関わる仕事2つ目は、舞台美術・照明エンジニアです。

舞台美術家の仕事内容は、舞台上の飾りつけや装置を制作していくことです。

一方で照明エンジニアの仕事内容は、舞台や撮影現場で照明の演出を考えてその場の雰囲気を作っていくことです。

どちらも効果的に演出をするために経験やセンスが必要となっています。

特別な資格は不要ですが、舞台美術・照明エンジニア専門学校や大学で舞台芸術や照明について学ぶことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事③:レコーディングエンジニア/ミキサー(平均年収:461万円)

理系におすすめの音楽に関わる仕事3つ目は、レコーディングエンジニア / ミキサーです。

レコーディングエンジニア仕事内容は、1枚のCDを作るときにレコーディング、機材のセッティングや編集などを担当することです。

一方でミキサーの仕事内容は、レコーディングスタジオなどで、ミュージシャンやディレクターのが出したい音のバランスを仕上げることです。

レコーディング作業をする際は、パソコン上で音楽制作ができるソフトウェアを使用できることが求められています。

ミキサーは、調音装置を操作する「ミキシング」の仕事をする人のことを指します。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事④:マスタリングエンジニア(平均年収:500万円)

理系におすすめの音楽に関わる仕事4つ目は、マスタリングエンジニアです。

マスタリングエンジニアの仕事内容は、複数のCDを一枚にまとめ上げることです。

リスナーが音楽を快適に聞けるように、音量や音質の微妙な違いを調整しています。

複数の楽曲を1つにまとめて作品にするのに時間がかかってしまうため、忍耐力がある人に向いています。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事⑤:サウンドクリエイター(平均年収:480万円)

理系におすすめの音楽に関わる仕事5つ目は、サウンドクリエイターです。

サウンドクリエイターの仕事内容は、ゲーム制作の際にのテーマ曲からボタン効果音まで、さまざまな音源を制作することです。

また、ゲームのプレイヤーに違和感を与えないために音源の微調整を行っています。

音楽が好き、ゲームの世界観を作りたいという人におすすめの仕事です。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

音楽関係の仕事/職業に就職する方法

就活生ちゃん

音楽関係の仕事についてはよくわかりました。

どうやったら音楽関係の仕事に就くことができますか?

音楽関係の仕事に就くには特別な経歴が必要なのか心配になりますよね。

以下で音楽関係の仕事に就職する方法について紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 采耶

音楽関係の仕事に就職する方法
  • 方法①:スキルを身に付け、実績を作る
  • 方法②:専門学校や大学で学ぶ
  • 方法③:企業や事務所に就職する

それでは音楽関係の仕事に就職する方法を1つずつ紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 采耶

 

方法①:スキルを身に付け、実績を作る

音楽関係の仕事に就職する方法1つ目は、スキルを身に付け、実績を作ることです。

音楽関係の仕事をするにあたって一番重視されることは、実績やスキルです。

特に楽器演奏者、アーティスト、ピアニスト系はスキルや実績によって報酬が変わってくることが多いです。

ピアニストなどはコンクールに入賞していくことで実績を重ねることができます。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

方法②:専門学校や大学で学ぶ

音楽関係の仕事に就職する方法2つ目は、専門学校や大学で学ぶことです。

学校の音楽講師を目指す場合は、教員採用試験があり、大学で学ぶことは必須です。

そのほかの仕事では資格が必須なものは特にありませんが、音楽関係の仕事は専門的なため学校で学んだほうがよいことが多いです。

エンジニア系、ボーカリスト系は特に音楽に関する専門的な知識が必要となってきます。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

方法③:企業や事務所に就職する

音楽関係の仕事に就職する方法3つ目は、企画や事務所に就職することです。

音楽系の仕事をしたい場合は、まずやりたいことに関連する企業に就職して知識や経験を積みましょう。

音楽系の仕事の多くは、どこかの企業や事務所に所属することで働くことができます。

例えば、音楽を取材する分野であれば、出版社やWebコンテンツ運営会社に就職することも一つの方法です。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

音楽関係の仕事についてのよくある質問

就活生ちゃん

ここまで音楽関係の仕事についてよくわかりました。

その他のことについても質問したいことがあるので教えてださい!

わかりました!

ここでは音楽関係の仕事についてのよくある質問について紹介します!

「就活の教科書」編集部 采耶

音楽関係の仕事についてのよくある質問
  • 質問①:音楽に関わる仕事に就くなら専門学校と大学のどっちに進学すべき?
  • 質問②:これから音楽業界へ就職するのはやばい?やめといた方が良いの?

 

質問①:音楽に関わる仕事に就くなら専門学校と大学のどっちに進学すべき?

音楽関係の仕事についてのよくある質問1つ目は、「音楽に関わる仕事に就くなら専門学校と大学のどっちに進学すべき?」という質問です。

結論からいうと、専門学校と大学どっちに進学すべきかはどちらでもよいです。

音楽関係の仕事に就くための内容を学ぶことができれば、どちらが有利・不利かは関係ないです。

ですが、挫折などがあることを考慮すれば、大学に行くことをおすすめします。

専門学校は主に技術的・専門的に学ぶ場であり、大学は音楽を学問的に学ぶことが多いです。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

質問②:これから音楽業界へ就職するのはやばい?やめといた方が良いの?

音楽関係の仕事についてのよくある質問2つ目は、「これから音楽業界へ就職するのはやばい?やめといた方が良いの?」という質問です。

音楽業界と検索をすると、予測変換で「音楽業界 やめとけ」「音楽業界 やばい」などといった言葉を見ると思います。

その理由は、労働の割に平均年収が低いと見込まれるからです。

ですが、結論としては、好きであれば気にする必要はありません

もし、音楽関係の将来性が心配、不安であれば、音楽配信サービスなど、ネット上で伸びている会社に就職するのが良いです。

コロナウイルスの影響でライブやコンサートが中止になっていることも、やめとけと言われる理由の1つとなっています。

「就活の教科書」編集部 采耶

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

まとめ:未経験でも音楽に関わる仕事/職業は意外とある

本記事「【未経験でもなれる?】音楽に関わる仕事一覧 | 理系におすすめの音楽関係の仕事も」はいかがだったでしょうか。

この記事では、「音楽関係の仕事」について一覧で解説しました。

併せて、「未経験でもできる音楽関係の仕事」「理系におすすめの音楽関係の仕事」「音楽関係の仕事についてよくある質問」について解説しました。

最後にこの記事を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆【ざっくり解説】そもそも音楽に関わる業界とは?

  • 解説①:音楽業界の動向
  • 解説②:音楽業界の仕事内容

◆音楽に関わる仕事/職業一覧

  • 仕事①:歌手(平均年収:100万円~数億円)
  • 仕事②:楽器演奏者(平均年収:250万円~)
  • 仕事③:ピアニスト(平均年収:280万円)
  • 仕事④:作詞家/作曲家(平均年収:420万円)
  • 仕事⑤:DJ(平均年収:180万円)
  • 仕事⑥:アレンジャー(平均年収:200~1000万円)
  • 仕事⑦:ピアノ調律師(平均年収:250万円)
  • 仕事⑧:楽器クラフトマン/楽器リペアマン(平均年収:300万円)
  • 仕事⑨:音楽プロデューサー(平均年収:400~600万円)
  • 仕事⑩:ディレクター(平均年収:377万円)
  • 仕事⑪:音楽講師/インストラクター(平均年収:365万円)
  • 仕事⑫:楽器テクニシャン(平均年収:330万円)

◆【未経験でも可能!】音楽に関わる仕事/職業一覧

  • 仕事①:音楽雑誌編集者(平均年収:665万円)
  • 仕事②:音楽ライター(平均年収:400万円)
  • 仕事③:CM制作会社スタッフ(平均年収:340万円)

◆【理系におすすめ!】音楽に関わる仕事/職業一覧

  • 仕事①:PAエンジニア(平均年収:461万円)
  • 仕事②:舞台美術・照明エンジニア(平均年収:300万円~600万円)
  • 仕事③:レコーディングエンジニア/ミキサー(平均年収:461万円)
  • 仕事④:マスタリングエンジニア(平均年収:500万円)
  • 仕事⑤:サウンドクリエイター(平均年収:480万円)

◆音楽関係の仕事/職業に就職する方法

  • 方法①:スキルを身に付け、実績を作る
  • 方法②:専門学校や大学で学ぶ
  • 方法③:企業や事務所に就職する

◆音楽関係の仕事についてのよくある質問

  • 質問①:音楽に関わる仕事に就くなら専門学校と大学のどっちに進学すべき?
  • 質問②:これから音楽業界へ就職するのはやばい?やめといた方が良いの?

◆まとめ:未経験でも音楽に関わる仕事/職業は意外とある