>> 【20卒向け】年内に内定を獲得するには <<

【実務経験を活かそう】ガクチカでインターンをアピールする書き方|例文,注意点も

ガクチカ インターンシップ

こんにちは。「就活の教科書」編集部のもりぴーです。
就活でエントリーシート(ES)や面接でガクチカについて聞かれる機会があると思います。
そこで、みなさんはこんな疑問を持ったことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 もりぴー

就活生ちゃん

長期インターンシップ に参加していたんだけど、ガクチカにインターンのことって書いてもいいの?

就活生くん

ガクチカでインターンシップをアピールする書き方を知りたい!
そう考えている人は多いと思います。
でも書き方のポイントを押さえれば、ガクチカでインターンシップを上手にアピールすることができますよ。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

そこで、この記事では、「就活の教科書」編集部のもりぴーが「ガクチカでインターンシップをアピールする書き方」について解説していきます。

記事では、エントリーシート(ES)のガクチカにインターンをアピールする書き方や、実際にガクチカにインターンを書いた例文を紹介しています。

この記事を読むと「ガクチカでインターンをアピールする書き方」を詳しく理解でき、実際にアピールできるようになります。

ガクチカでインターンシップをアピールしたい就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

なぜ就活の選考でガクチカを聞かれるの?

就活生ちゃん

企業が私たちに、学生時代に力を入れたことを質問する理由って何ですか?
企業がエントリーシートで学生時代に力を入れたことを質問する理由は、物事への取り組み方と成長した過程を見るためです。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

ガクチカとは「学生時代に力を入れたことについて教えてください」という質問に対する答えのことです。

力を入れたエピソードには、あなたの性格や物事の考え方が強く影響しています。

そのため、学生時代に力を入れたエピソードから、「就活生がどんなことを考えて、どのような過程で物事に取り組んだか」を企業は確認しています。

学生時代に力を入れたエピソードをもとに、自社にあった人材かどうかまで判断されます。
論理立ててしっかりとガクチカを書くことが大切です。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

ガクチカでインターンのことを書いてもいいの?

就活生くん

ガクチカでインターンのことを書いても大丈夫なの?

結論から言うと、エントリーシート(ES)のガクチカにインターンシップのことを書いても大丈夫です。

先ほど説明しましたが、ガクチカには「学生時代に頑張ったこと」を書きます。

企業がガクチカで見ているのは、就活生の物事への取り組み方と成長した過程です。

今回の記事で紹介する書き方さえ意識すれば、ガクチカにインターンシップのことを上手に書けます。

長期インターンシップに参加した就活生は、他の就活生にはない経験をしているはずです。
ぜひ、ガクチカでインターンシップをアピールしましょう。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

ガクチカでインターンをアピールする書き方3つ

ここから、エントリーシート(ES)のガクチカでインターンシップをアピールする書き方を解説します。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

エントリーシートでガクチカをアピールする書き方は以下の3点を意識して下さい。

ガクチカをアピールする書き方
  • インターンシップで取り組んだ内容をわかりやすく書く
  • なぜ取り組んだかを明確に書く
  • 成果・実績を定量的に書く

この3つの書き方を意識するだけで、ガクチカにインターンシップのことを上手に書けます。

それでは、ガクチカでインターンシップをアピールする書き方を解説していきます。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

書き方①:インターンで取り組んだ内容をわかりやすく書く

ガクチカでインターンシップをアピールする書き方の1つ目は、「インターンで取り組んだ内容をわかりやすく書く」です。

インターンシップでは初めての実務経験ということもあり、これまで感じたことない苦労や困難があると思います。

しかし、それを乗り越えようと努力したエピソードや仕事から生まれた工夫の話は魅力的です。

多くの就活生はサークルやアルバイトのエピソードをガクチカで話します。

そのため、インターンシップをガクチカで話すと採用担当者の興味を惹くことができます。

インターンシップで行った業務をわかりやすく伝えるようにしましょう。
実務経験は多くの企業で良い評価をされることが多いです。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

書き方②:なぜ取り組んだかを明確に書く

ガクチカでインターンシップをアピールする書き方の2つ目は、「なぜ取り組んだかを明確に書く」です。

企業は就活生が学生時代に力を入れたことの内容だけではなく、就活生の人柄も知りたいです。

ガクチカにはインターンシップの内容だけを書くのではなく、「なぜインターンシップに取り組んだか」や「どういう過程で取り組んだか」をできる限り具体的に書きましょう。

そうすることで、インターンシップのことでも魅力的なガクチカを書くことができます。

ガクチカの内容も大事ですが、目的・プロセスはもっと大切です。
文章を論理的に書くように心がけましょう。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

書き方③:成果・実績を定量的に書く

ガクチカでインターンシップをアピールする書き方の3つ目は、「成果・実績を定量的に書く」です。

定量的とは「状況、状態を数値化して表すこと」です。

ガクチカでのインターンシップの内容に、営業を一生懸命に取り組んだ経験を書きたいとします。

もし、そういった活動の中で成果・実績を得たのであれば、その内容をぜひ書きましょう。

定量的な「成果・実績」があった方がガクチカの内容のインパクト・具体性が増すことは間違いありません。

インターンシップで取り組んだ営業での成果・実績を定量的に書くと次のようになります。

定量的に書いた例

インターンシップで営業としてかなりの売上を上げました

インターンシップで営業として月間売上100万円を上げました。

具体的に数字を示すと成果がわかりやすいです。
ガクチカでインターンシップでの成果・実績をうまく伝えられるように工夫しましょう。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

また、エントリーシート(ES)のガクチカにインターンシップを書くためには、結論から書くPREP法が効果的です。

PREP法
  • P:結論、話のポイント(POINT)
  • R:理由(REASON)
  • E:具体的な事例(Example)
  • P:結論(POINT)

 

ガクチカの詳しい書き方については、この記事を参考にしてみてください。

 

ガクチカにインターンを書いた例文

それでは、実際に今回解説した書き方を意識して書いた例文を紹介します。

内容はあくまで例ですので、文章の構成を参考にしてみてください。

私が学生時代に力を入れたことは、ITベンチャー企業での長期インターンシップです。
元々マーケティングに興味があった私は他大のインターン生5人と一緒に、マーケティング部に配属されました。
業務内容は、会社ブログを使った集客業務でした。
ほとんど毎日ブログ更新を行っていましたが、最初の2ヶ月間はユーザーに記事を全く読んでもらえませんでした。
そこで私は、何が原因で記事が見られていないのかを分析し、コンテンツの文字数・内容不足であると判断しました。
その後1記事あたり5000文字は絶対に書くようにし、本当にユーザーが求めているコンテンツを発信できているかを考え直しました。
また、チームとして結果を出さなければ意味がないと考え、分析結果をマーケティング部全員に共有しました。
その結果、分析前に比べて上位表示される記事が3倍に増え、会社に入るお問い合わせが毎月2件程増えました。
この結果から、壁にぶつかった時は何がいけないのかを落ち着いて分析し、分析結果をチームに共有する大切さを学びました。
課題を分析し、分析結果を共有できる力は、チームで結果を出すことを重視する貴社のマーケティング職でも活かせると考えます。

数字も示している定量的な文章なのでわかりやすいです。
皆さんもガクチカをアピールする書き方を参考にしてエントリーシートを書いてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

エントリーシートのもっと詳しい書き方については、この記事を参考にしてみてください。

 

ガクチカにインターンを書くときの注意点2つ

最後に、ガクチカにインターンのことを書くときの注意点を解説します。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

ガクチカにインターンシップを書くときの注意点は以下の2つです。

ガクチカにインターンを書くときの注意点
  • 企業が欲しい人材を意識する
  • 短期インターンシップは書くべきではない

 

この2点はガクチカにインターンシップを書くとき絶対に守るべきです。

それでは、ガクチカにインターンシップを書くときの注意点をそれぞれ説明していきます。

 

注意点①:企業が欲しい人材を意識する

ガクチカにインターンシップを書くときの1つ目の注意点は「企業が欲しい人材を意識する」です。

企業は欲しい人材と就活生がマッチしているかをエントリーシート(ES)のガクチカで確認しています。

就活生の人柄や考え方が、企業の考え方に合わなければ当然落選します。

企業のHPを確認するなどして、企業が欲しい人材を事前に確認しておきましょう。

企業が欲しい人材を意識しないと、どれだけ上手にアピールしても落選してしまいます。
エントリーシートを書く前に絶対に確認しましょう。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

注意点②:短期インターンシップは書くべきでない

ガクチカにインターンシップを書くときの2つ目の注意点は「短期インターンシップは書くべきでない」です。

インターンシップでは実務経験が積めるため、選考でも他の就活生に比べて有利になることが多いです。

しかし、2〜3日程度の短期インターンシップと1ヶ月程度の長期インターンシップでは実務経験の差は大きいです。

短期インターンシップをガクチカで話すと企業の採用担当者はこんな風に感じるかもしれません。

人事さん

(たった三日間で本当にそこまで考えて行動したのかな…)

ガクチカでインターンをアピールするときは、できる限り長期インターンシップのことを書くようにしましょう。

短期インターンシップで自信を持ってアピールできる成果を出している場合は書いても大丈夫です。
しかし、あまり自信がないのであれば違うことをガクチカで話しましょう。

2つの注意点を意識してガクチカにインターンシップを書いてみてください。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

まとめ:ガクチカでインターンはアピールできる

いかがでしたか。

この記事では、「就活の教科書」編集部のもりぴーが、ガクチカでインターンシップをアピールする書き方を紹介しました。

加えて、エントリーシート(ES)のガクチカでインターンシップを書いた例文注意点についても解説しました。

 

ガクチカにインターンシップを書くときに意識すべきポイントは次の3つです。

ガクチカにインターンを書くポイント3点
  • インターンで取り組んだ内容をわかりやすく書く
  • なぜ取り組んだかを明確に書く
  • 成果・実績を定量的に書く

 

ガクチカにインターンシップを書くときの注意点は次の2つです。

ガクチカにインターンを書く注意点2点
  • 企業が欲しい人材を意識する
  • 短期インターンシップは書くべきでなない

今回の記事で紹介した書き方・注意点を頭に入れながら、ガクチカでインターンシップをアピールしてみてください。

 

また、ここまで読んで「ガクチカにインターンシップを書くのは難しそうだな…」と感じた就活生は他の内容でのガクチカの書き方も紹介しています。

 

就活の教科書では就活に関する様々な記事を掲載しています。
ぜひ他の記事も参考にしてみてください。

ガクチカの詳しい書き方については、【内定者が教える】エントリーシートの”ガクチカ”の書き方,例文(学生時代に力を入れたこと)で解説しています。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

「エントリーシートの書き方がわからない!」「質問項目の答え方がわからない」という就活生には、ESについて網羅的に解説した記事がおすすめです。