【意外と高い!?】ベンチャー企業の年収推移と企業ランキング | 業界別一覧,高年収になる方法も

サイト監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career)

この記事でわかること

みなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部のなつこです。

今回は、ベンチャー企業の年収事情について紹介していきます。

就活生のみなさんは、「ベンチャー企業の年収はどれくらい?」「ベンチャー企業で昇給ってできるの?」など、さまざまな疑問や不安があるのではないでしょうか。

「就活の教科書」編集部 なつこ

就活生くん

僕は、先輩にベンチャー企業に就職することを勧められました。

でも、ベンチャー企業って忙しくて大変なイメージがあって不安です・・・

就活生ちゃん

私はベンチャー企業に就職したいと考えています。

ベンチャー企業の年収はいくらくらいなのか、大手企業とどれくらい違うのか気になります。

確かに、ベンチャー企業では仕事量に見合った給料がもらえるのかどうか、とても気になりますよね。

「就活の教科書」編集部 なつこ

この記事では、ベンチャー企業の年収ランキングについて解説していきます。

合わせて、大手/中小と比較したベンチャー企業の年収やベンチャー企業の年収の特徴についても紹介していきます。

この記事を読めば、ベンチャー企業の年収は大手企業と比べてどれくらい違うのかベンチャー企業で高収入になるための方法がわかります。

「ベンチャー企業の年収はどれくらい?」「ベンチャー企業で年収の高い企業はどこ?」などの疑問を持っている就活生はぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

 

先に伝えておくと、優良ベンチャー企業でエンジニア就職したい人レバテックルーキーを利用するのがオススメです。

レバテックルーキーを使うと、IT業界の優良ベンチャー企業5,000社の中から就活生に合った企業を無料で紹介してくれます。

ES添削・面接対策・ポートフォリオ添削を行ってくれるので、優良ベンチャー企業に就職できる力が身に付きますよ。

また「自分に合う優良ベンチャー企業を紹介してほしい」なら、あなたに合う隠れ優良企業をプロから教えてもらえる「ゼロキャンバス」「DiG UP CAREER」がおすすめです。

「隠れ優良ベンチャー企業に就職したい!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

就職活動に役立つサイト(無料)

\ ITエンジニアとして就職するなら /

\ 優良ベンチャー企業を紹介! /

\ 適職が分かるおすすめ診断 /

*参考:ベンチャー企業を探せる就活サイトおすすめ12選

 

目次

【実力次第!】大手/中小と比較したベンチャー企業の年収/給料推移

就活生くん

僕は年収の高い企業に就職したくて、いろんな企業の年収について調べています。

ベンチャー企業は実力主義だと聞いたことがあるのですが、本当ですか?

確かに、ベンチャー企業の年収/給料は実力主義が多い傾向にあります。

その理由について、詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

ベンチャー企業では、年功序列型で仕事をせず、仕事の仕方や成果によって評価が決まります。

そのため、若い人や勤続年数が短い人であっても仕事が評価されると給与は上がっていき、早い段階での昇進も期待できます。

また、ベンチャー企業は、利益率が高いビジネスになりやすいIT/インターネット業界が多いことや明確な給与体系がない企業が多いことも、給与の個人差が生まれる理由として挙げられます。

就活生ちゃん

私は、どんな企業に就職するか迷っています。

ベンチャー企業だと、年収は低くなってしまうんでしょうか・・・

大手企業、中小企業と比べてベンチャー企業の年収はどれくらいなのか教えてください。

わかりました。

ベンチャー企業の年収を比較しながら紹介していきます。

ベンチャー企業の年収/給料は、以下のようになっています。

「就活の教科書」編集部 なつこ

ベンチャー企業の年収/給料
  • 平均年収:382万円
  • 新卒の初任給:25万円
  • 3年目での平均年収:513万円
  • 執行役員での平均年収:1670万円

それでは、ベンチャー企業の年収/給料について詳しく解説していきます。

また、年齢ごとの年収についても説明します。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

また「ベンチャー・スタートアップの優良企業」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

⇒ 【実は1番強い!?】ベンチャー/スタートアップ優良企業ランキングTOP10【就活:転職】

 

平均年収:382万円

ベンチャー企業の平均年収は、382万円です。

一般的な企業の平均年収441万円で、全体の平均年収と比較するとベンチャー企業の年収は低いです。

しかし、ベンチャー企業はスタートオップからメガベンチャーまで規模感が大きく異なるため、メガベンチャーや有名ベンチャーは大手企業と比較しても高い水準にあります。

また、ベンチャー企業では若い人は多い傾向にあるため、年齢を考慮して20代後半の平均年収と比較するとあまり変わりません

ベンチャー企業では、年収が上がる人は数年で数倍にもなりますが、逆に上がらない人は、年次に関わらずずっと同じような年収になります。

ベンチャー企業では個人間の年収の差が非常に大きいため、一概に一般企業より低いとは言い切れません。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

新卒の初任給:25万円

ベンチャー企業の初任給は、25万円程度です。

一般的な企業は21万円程度なので、ベンチャー企業の初任給は約4万円高いことがわかります。

ベンチャー企業が初任給を高く設定している理由は、少人数精鋭型であるため飛び抜けて優秀な人材を確保したいためです。

また、新卒であっても優秀な人材には高給を支払う価値があると考えていることも理由として挙げられます。

大手企業の場合は社宅補助や家賃補助などの福利厚生が充実しているため、実際の支給額はベンチャーより多いこともあります。

志望するときは企業の給与形態に気をつけるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

3年目での平均年収:513万円

ベンチャー企業の3年目の平均年収は、513万円です。

一般的な企業の3年目の平均年収350万円程度なので、ベンチャー企業の方が比較的高いことがわかります。

ベンチャー企業の年収は、3年目くらいから上昇と低迷に枝分かれしていくと言われています。

給与体系が明確でないベンチャー企業では、実績を積めば積むほど年齢や社歴に関わらずいきなり年収が高いポストへと異動することができます。

また、インセンティブ制を取り入れている企業が多いため、成果に応じて臨機応変に給与が変化し、早くから高収入になる可能性があります。

ベンチャー企業で高収入を獲得するためには、入社後遅くとも5年以内で成果を出すことが重要です。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

執行役員での平均年収:1670万円

執行役員での平均年収は、1670万円です。

一般的な年功序列型の企業では、30代後半〜40代にならないと課長クラスになることは難しいです。

しかしベンチャー企業では、20代で部長になるという可能性もあり、実績さえ残せば同年代の平均年収を大きく上回ることができます。

大手企業では勤務年数を重ねるごとに昇給していくため、最低限のポジションと収入が保証される安定感は大手企業にあります。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

年齢での平均年収

年齢ごとの平均年収は、以下のようになっています。

ベンチャー企業 大手企業 中小企業
20代後半 513万円 522万円 483万円
30代前半 527万円 594万円 520万円
30代後半 627万円 687万円 581万円

各業種全体で見るとどの年代でも大手企業の平均年収が高いですが、ハードウェア系だけを見ると30代後半でベンチャー企業の平均年収が最も高くなります。

このように、ベンチャー企業が力を持つ業種によって平均年収は変動しています。

「就活の教科書」編集部 なつこ

最後にベンチャー企業と大手企業の年収/給料の差を表にまとめたので、参考にしてください。

ベンチャー企業と大手企業の年収/給料
ベンチャー企業 大手企業
平均年収 382万円 441万円
新卒の初任給 25万円 21万円
3年目での平均年収 513万円 350万円
執行役員での平均年収 1670万円 900万円

表からも分かるように、平均年収では大手企業の方がベンチャー企業よりも年収は高い傾向にありますが、新卒の初任給、3年目での平均年収、執行役員での平均年収ではいずれもベンチャー企業の方が高年収になっていますね。

ベンチャー企業と大手企業の給料の違いが分かったところで、ここからはベンチャー企業で高年収になる方法について見ていきますよ!

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

ちなみに「ベンチャー企業で最新技術に触れていきたい!」という就活生には、ITエンジニア職として就職するという選択肢もあります。

ITエンジニア職は、プログラミング未経験OKな会社も多く、①学歴より実力が評価される、②プログラミング経験がスキルとして身につく、③需要があるので仕事に困りにくいという大きなメリットがあります。

実際にITエンジニア職を目指して就活する場合、レバテックルーキーのような、ITエンジニアに詳しい就活エージェントを活用するのがおすすめです。

レバテックルーキーを使うと、IT業界の優良企業5,000社の中からあなたに合った企業を無料で紹介してくれますよ。

就活アドバイザー 京香

>> レバテックルーキーを見てみる


【業界別】ベンチャー企業の平均年収ランキング一覧

就活生ちゃん

私はベンチャー企業に興味をもっています。

平均年収が高いベンチャー企業にはどんな企業があるのか知りたいです。

ベンチャー企業とは言っても、様々な業界のベンチャー企業があるので、今回は業界毎にベンチャー企業の平均年収ランキングを見ていきましょう!

「就活の教科書」編集部 なつこ

業界①:ITベンチャー業界

ITベンチャー業界は、今後も成長が見込める業界でもあり、就活生にも人気の業界です!

そこで、「有利にITベンチャー業界に就職したい!」という就活生には、「レバテックルーキー」の利用をおすすめします!

レバテックルーキーは、ベンチャーから大手まで5000社以上の優良企業から一人ひとりに合った企業を紹介してくれる、ITに特化した就活エージェントです!

年収の高いITベンチャー企業に就職してやる!」という方には特におすすめです1

「就活の教科書」編集部 なつこ

>> 「レバテックルーキー」を利用してみる

 

順位 社名 平均年収
1位 Zホールディングス 1080万円
2位 リクルートホールディングス 958万円
3位 DeNA 774万円
4位 LINE 770万円
5位 グリー 759万円
6位 楽天 755万円
7位 サイバーエージェント 734万円
8位 メルカリ 712万円
9位 ミクシィ 661万円
10位 GMOインターネット 597万円

皆さんも一度は耳にしたことがあるような有名企業ばかりがランクインしていますね。

1位の「Zホールディングス」と2位の「リクルートホールディングス」はITベンチャー業界の中でも年収が1つ抜き出ていますね。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

業界②:インターネット広告【WEB広告】業界

順位 社名 平均年収
1位 サイバーエージェント 734万円
2位 デジタルホールディングス【旧:オプト】 693万円
3位 テーオーダブリュー 655万円
4位 デジタルガレージ 637万円
5位 バリューコマース 600万円
6位 セプテーニ・ホールディングス 597万円
7位 フィードフォース 587万円
8位 アドウェイズ 581万円
9位 Fringe81 579万円
10位 SMN 574万円

インターネット広告業界のベンチャー企業はそれほど高年収ではないことが分かりますよね。

ただ、インターネット広告会社は毎年多くの就活生から人気があります。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

業界③:その他の業界

これまではベンチャー企業の数が多い「ITベンチャー企業」や「インターネット広告会社」の平均年収を紹介してきましたが、他にも「不動産ベンチャー業界」や「医療ベンチャー業界」も簡単に紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 なつこ

不動産ITベンチャー業界の年収ランキングトップ3
1位 FANTAS technology【ファンタステクノロジー】 709万円
2位 プロパティエージェント 702万円
3位 GA TECHNOLOGIES【GAテクノロジーズ】 680万円

 

医療ITベンチャー業界の年収ランキングトップ3
1位 PFDeNA 920万円
2位 エムスリー 822万円
3位 サイシード 625万円

 

年収の高い優良ベンチャー企業に就職したい方はレバテックルーキーでを利用するのがおすすめです。

「レバテックルーキー」を使うと、ベンチャーの中でも年収の高い企業を紹介してもらえるので、自分に合った企業の内定を目指せますよ。

また、ベンチャー企業特化のES添削・面接対策もしてもらえるため、選考でかなり有利になるのでぜひ利用してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 なつこ

>> レバテックルーキーを見てみる

 

優良ベンチャー企業でエンジニア就職したい人レバテックルーキーを利用するのがオススメです。

レバテックルーキーを使うと、IT業界の優良ベンチャー企業5,000社の中から就活生に合った企業を無料で紹介してくれます。

また、ES添削・面接対策・ポートフォリオ添削を行ってくれるので、優良ベンチャー企業に就職できる力が身に付きます。

「隠れ優良ベンチャー企業でエンジニア就職したい!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> レバテックルーキーを見てみる


【高年収も目指せる!】あなたの強みを活かせる優良ベンチャー企業を探す方法

ベンチャー企業でも就職するなら優良ベンチャー企業が良いという就活生は多いですよね。

しかし、優良ベンチャー企業を自分で探すのはなかなか難しいです。

そこで、あなたに合う優良ベンチャー企業を簡単に探せる就活サービスを紹介します。

就活アドバイザー 京香

あなたに合う優良ベンチャー企業を簡単に探せる就活サービス

◆優良ベンチャー・成長企業を探して選考対策もしたい

◆ 首都圏のベンチャー企業就職に強い就活のプロに頼りたい

◆ あなたに合う優良ベンチャー企業からスカウトが欲しい

◆ ITエンジニアを目指せる優良ベンチャー企業に就職したい

結論から言うと、手軽にあなたに合う優良ベンチャー企業を見つけるならキャリアチケットスカウト首都圏の優良企業に就職したいならスタキャリ(24卒)IT優良ベンチャー企業から内定が欲しいレバテックルーキーを使うのがおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

方法:就活のプロに頼って優良ベンチャー企業を見つける

ベンチャー企業を探す方法は「就活のプロに頼って優良ベンチャー企業を見つける」です。

ベンチャー企業を探すうえで、ベンチャー企業の就職に強い就活のプロに頼るのもおすすめですよ。

ベンチャー企業の就活に強いプロに任せることで、あなたの強みを活かせる優良ベンチャー企業を紹介してもらえます。

入社後に企業選びで後悔したくない方は、就活エージェントに任せてみるのもアリですよ。

ベンチャー企業の就職に強い就活エージェントはゼロキャンバスです。

ゼロキャンバスは成長・ベンチャー企業の情報を多く持っており、サービス利用者内定率86%の高い実績があります。

また、キャリア歴10年以上のカウンセラーからフィードバックがもらえるのが特徴です。

適性診断ツール「ミツカリ」を使用して自己分析ができるのは「ゼロキャンバス」だけです。

LINEで気軽に相談でき、24卒就活生に寄り添った面談をしてもらえるので、面談の継続率は80%以上と就活生の評価も高いですよ。

就活アドバイザー 京香

ゼロキャンバスのおすすめポイント
  • ポイント①:成長・ベンチャー企業を中心に企業を紹介してくれる
  • ポイント②:利用後、内定獲得率86%
  • ポイント③:ベンチャー企業の社長と話せるイベント・相談会がある
  • ポイント④:初回面談で親身にあなたの就活の悩みや将来像を聞いてくれる
  • ポイント⑤:適性診断ツール「ミツカリ」など無料サービスが豊富
  • ポイント⑥:本質や強みを掘り起こす面談がある

>> ゼロキャンバスでベンチャー企業の就職に強いプロに頼る

「ゼロキャンバスの口コミ、評判ってどうなの?」という就活生は、こちらの記事をご覧ください。

 

方法:首都圏の優良ベンチャー・成長企業を見つける

ベンチャー企業を探す方法は「首都圏の優良ベンチャー・成長企業を見つける」です。

優良ベンチャー企業は基本的に首都圏に集まることが多く、就職するなら高確率で首都圏に行かないといけません。

そのため、あなたに合う優良ベンチャー企業を探すなら、首都圏の企業から探すのがおすすめですよ。

そこで、24卒就活生が首都圏の優良ベンチャー企業を探すならスタキャリを使うのがおすすめです。

スタキャリは、就活プロが首都圏での就活を内定までフルサポートしてくれる就活エージェントです。

スタキャリを使えば、また、首都圏の成長・優良企業700社の中から自分の志向にあった企業紹介もしてくれ、特に成長企業・ベンチャー企業に興味がある方は相性が良いです。

初回面談時に、担当キャリアアドバイザーを自分で選べるので 自分にぴったりのアドバイスももらえますよ。

就活アドバイザー 京香

スタキャリのおすすめポイント
  • 自分では見つけられない、隠れた首都圏の優良ベンチャー企業と出会える
  • 就活状況 / 自分の性格に合わせて、キャリアアドバイザーを選べる
  • 企業探し・選考対策~内定まで、完全無料でフルサポート
  • LINEで、就活のプロに気軽に相談できる
>> スタキャリで首都圏の優良ベンチャー企業を紹介してもらう    

方法:あなたに合う優良ベンチャー企業からスカウトをもらう

ベンチャー企業を探す方法は「あなたに合う優良ベンチャー企業からスカウトをもらう」です。

逆求人サイトを使うことで、あなたに本当に合うベンチャー企業からオファーが来ます。

また、最近の逆求人サイトはアプリになっているので、手軽にベンチャー企業と出会えますよ。

数ある逆求人アプリの中で、ベンチャー企業が探せるのはキャリアチケットスカウトです。

キャリアチケットスカウトは、あなたに合う優良企業からオファーが来る逆求人型/スカウト型の就活アプリです。

5つの質問に答えるだけであなたにキャリアの考え方が分かり、それをみた企業からスカウトが届きます。

その結果、自分らしく働ける優良ベンチャー企業と出会えるようになりますよ。

すでに多くの就活生がアプリで利用しているので、あなたもぜひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

キャリアチケットスカウトのおすすめポイント
  • ポイント①:あなたらしく働ける優良ベンチャー企業などからスカウトがもらえる
  • ポイント②:たった5つの質問だけであなたのキャリアに対する考え方がわかる
  • ポイント③:テンプレート機能で自己PRやガクチカが簡単に書ける

>> キャリアチケットスカウトで優良ベンチャー企業からオファーをもらう

「キャリアチケットスカウト」の就活生の評判・口コミや、逆求人サイト/アプリについては、これらの記事で詳しく解説しています。

 

方法:ITエンジニアを目指せる優良ベンチャー企業を紹介してもらう

ITベンチャー企業を効率よく探したいなら「ITエンジニアを目指せる優良ベンチャー企業を紹介してもらう」のがおすすめです。

ベンチャー企業はIT企業が多いため、IT就活に特化した就活のプロに頼るのが良いです。

IT就活のプロに任せることで、あなたが生き生きと働けるITベンチャーを紹介してくれ、ITベンチャー特有の選考対策まで対応してくれます。

そのため、ITの優良ベンチャー企業を探すなら、ITエンジニア就職を目指せるサービスを使ってみてくださいね。

数ある就活サービスの中で、ITベンチャー企業に一番強いのはレバテックルーキーです。

レバテックルーキーは、レバテック株式会社が運営するITエンジニア就活に特化した就職エージェントです。

ITエンジニア就活のプロが、あなたに合った優良ITベンチャー企業を紹介してくれます。

レバテックルーキーを使うと、IT未経験でも、選考を突破できる対策もしてくれるので、優良ベンチャー企業に就職できる可能性が高くなりますよ。

就活アドバイザー 京香

レバテックルーキーのおすすめポイント
  • ポイント①:5,000社以上の優良IT企業の中からあなたに合う企業を紹介してくれる
  • ポイント②:IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • ポイント③:IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • ポイント④:志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる

>> レバテックルーキーで優良ベンチャー企業を紹介してもらう

「レバテックルーキー」の就活生の評判についてはこの記事で紹介していますので、合わせて参考にしてください。

 

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

【詳しく解説!】ベンチャー企業で平均年収が高い企業5社

就活生くん

平均年収が高いベンチャー企業がわかりました!

その中でも、上位の企業はどんなことをしている企業なのか知りたいです。

わかりました。

ベンチャー企業の平均年収ランキング上位3企業について詳しく解説ていきます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

ベンチャー企業で平均年収が高い企業3社
  • 企業①:Zホールディングス(平均年収:1080万円)
  • 企業②:リクルートホールディングス(平均年収:958万円)
  • 企業③:DeNA(平均年収774万円)

それでは、ひとつずつ詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

企業①:Zホールディングス(平均年収:1080万円)

ベンチャー企業 年収

ベンチャー企業で平均年収が高い企業の1つ目は、Zホールディングスです。

Zホールディングスは、ヤフー株式会社が2019年に商号変更し社名が新たになった企業です。

事業会社ではなく管理会社で、アスクル、GYAO、ジャパネット、ZOZO、PayPayなどの多数の事業会社が傘下にあります

以下に会社の概要をまとめたのでぜひ参考にしてみてください。

Zホールディングスの会社概要
設立 1996年1月31日
事業内容 グループ全体の経営管理、ならびにそれに付随する業務
従業員数 63人
平均年齢 41.6歳
平均勤続年数 8.6人
平均年収 1,080万円

社員のライフイベントに合わせて各企業との連携をはかり、さまざまな優待や割引を受けることができます。

経営を管理する企業のため、従業員数は少なく、給料も高く設定されています。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

企業②:リクルートホールディングス(平均年収:958万円)

ベンチャー企業 年収

ベンチャー企業で平均年収が高い企業の2つ目は、リクルートホールディングスです。

リクルートホールディングスは、グループ会社の経営管理をメインに担当しています。

傘下には関連会社10社、連結子会社366社あり、大規模なグループ会社であることが特徴です。

以下に会社の概要をまとめたのでぜひ参考にしてみてください。

リクルートホールディングスの会社概要
設立 1963年8月26日
事業内容 グループ会社の経営管理、ならびにそれに付随する業務
従業員数 158人
平均年齢 37.5歳
平均勤続年数 5年5ヶ月
平均年収 958万円

勤続3年以上の社員が3年ごと最大28日取得できる長期休暇と手当の支給や、年1回の「サンクス休暇」など、手厚い福利厚生が魅力的な企業です。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

企業③:DeNA(平均年収:774万円)

ベンチャー企業 年収

ベンチャー企業で平均年収が高い企業の3つ目は、DeNAです。

DeNAは、新卒のAI新人に対して年収600万円〜1,000万円を提示するなど、優秀な人材に対して積極的に投資している企業です。

社外での副業を認めているなど、さまざまなキャリア形成の機会を得るチャンスがあります。

横浜ベイスターズを経営するスポーツ事業も行なっています。

以下に会社の概要をまとめたのでぜひ参考にしてみてください。

DeNAの会社概要
設立 1999年3月4日
事業内容 モバイル・PC向けのインターネットサービス
従業員数 1,622人
平均年齢 35.4歳
平均勤続年数 4年
平均年収 774万円

社員の健康面をサポートする専門部署を設置し、運動・食事・睡眠・メンタルの4分野において生産性向上につながる取り組みを行なっています。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

企業④:LINE(平均年収770万円)

ロゴガイドライン|LINE for Business

ベンチャー企業で平均年収が高い企業の4つ目は、LINEです。

LINEはITエンジニアが非常に高年収であるため、全体の平均年収も高くなっている傾向にあります。

また、LINEは年収以外にも福利厚生が整っています。

例えば、LINEモバイル回線費支援やその他のLINEが提供するサービスの利用支援、さらには無料朝食の提供まであります。

以下に会社の概要をまとめたのでぜひ参考にしてみてください。

LINEの会社概要
設立 2000年9月4日
事業内容 モバイルに特化した各種サービス・広告事業・Fintech事業・AI事業
従業員数 2,268人
平均年齢 32歳
平均勤続年数 3年
平均年収 770万円

スマホ代を会社が負担してくれるのは非常に魅力的に感じてしまいますよね(笑)

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

企業⑤:グリー(平均年収759万円)

 

グリー株式会社 (GREE, Inc.)

ベンチャー企業で平均年収が高い企業の5つ目は、グリーです。

グリーはモバイルゲームで非常に有名な企業ですよね。

モバイルゲーム業界の中ではDeNAに次いで2番目に高い平均年収です。

以下に会社の概要をまとめたのでぜひ参考にしてみてください。

グリーの会社概要
設立 2004年12月7日
事業内容 モバイルインターネット事業
従業員数 2,051人
平均年齢 34.6歳
平均勤続年数 4.4年
平均年収 759万円

ベンチャー企業は実力主義の会社が多いですが、グリーは中でも完全な実力主義の会社なんですよ。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

ITベンチャー企業に内定を貰いたい就活生の方はレバテックルーキーを利用するのがオススメです。

レバテックルーキーを使うと、ITベンチャーの隠れ優良企業を紹介してくれるので、学歴に自信がなくても優良ITベンチャー企業に就職できるサービスを無料で受けられます。

IT就活に特化したアドバイザーが、ES添削・面接対策を親身に行ってくれるので、隠れホワイトIT企業に就職できる力が身に付きます。

また、利用者の内定率は85%以上であり最短1週間で内定を獲得した就活生もいますよ。

就活アドバイザー 京香

>> レバテックルーキーを見てみる

当サイトがおすすめするベンチャー企業ランキングは以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

ベンチャー企業で高年収になる方法

就活生くん

新卒の僕が、実力主義のベンチャー企業で高収入になることはできるのでしょうか・・・

どうしたら高収入になれるのか教えてください。

わかりました!

ベンチャー企業で高収入になるためには、以下の3つの方法があります。

「就活の教科書」編集部 なつこ

ベンチャー企業で高収入になる方法
  • 方法①:成果を出して出世する
  • 方法②:スキルを身につけて転職する
  • 方法③:独立して自分で稼ぐ

それでは、それぞれの方法について詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

方法①:成果を出して出世する

ベンチャー企業で高収入になる方法の1つ目は、成果を出して出世することです。

ベンチャー企業では、成果が企業全体の売り上げに大きく影響します。

また、人件費削減の観点から、ベンチャー企業は大手企業のような一律で毎年昇給するという仕組みを取っていない企業がほとんでです。

そのため、入社して即戦力として大きな成果をあげれば、翌年から大幅に年収が上がる可能性もあります

また、新入社員であっても中途採用や社会人を数年経験した人と互角に仕事をした中での成果を求められるため、それなりのスキルが必要です。

自発的に行動し成果につながるアイデアを積極的に出すなど、ストイックに取り組み、仕事以外の場でも常に勉強して会社に貢献できるような行動を心がけると良いです。

豊富な経験やスキル、資格などはフル活用し、トラブルに見舞われた際にもスピーディーに対応できる応用力を身につけておきましょう。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

方法②:スキルを身に付けて転職する

ベンチャー企業で高収入になる方法の2つ目は、スキルを身につけて転職することです。

ベンチャー企業では、大手企業とは異なり業務の細分化があまり行われていません。

そのため、ひとりひとりが担う業務の幅が広いことが特徴です。

責任の重い仕事を任され、たくさんの仕事量をこなしているため、早くからマルチタスクをこなすスキルを身につけることができます。

また、自分が経験してこなかったことを日々経験できる環境にあり、新しいことを積極的に吸収する癖も身につきます。

早くから出世をすることでネジメント経験を積むこともできるなど、さまざまなスキルを身につけて転職活動に挑むことができます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

方法③:独立して自分で稼ぐ

ベンチャー企業で高収入になる方法の3つ目は、独立して自分で稼ぐことです。

少人数精鋭型のベンチャー企業では、会社を立ち上げた経営者と近い距離で仕事ができる環境にあることが特徴です。

経営陣と近いことで、会社としてのビジョンや経営についての話を聞く機会が自然と多くなります。

起業に関する話や会社に経営といった内容を直接学ぶことができるため、将来独立する際に参考になることが多いです。

独立して成功すれば、一気に高収入を得ることができます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

ベンチャー企業での年収の特徴

就活生くん

ベンチャー企業は、大手企業や中小企業と違って特殊なイメージがあります。

明確な昇給制度がないベンチャー企業での年収はどのように変わっていくのか教えてください。

わかりました。

ベンチャー企業での年収の特徴について紹介していきます。

ベンチャー企業での年収の特徴は、大きく以下の3つがあります。

「就活の教科書」編集部 なつこ

ベンチャー企業での年収の特徴
  • 特徴①:自分の実力によって年収が変わる
  • 特徴②:残業代で年収が増える可能性が高い
  • 特徴③:業績によって年収がかなり変化する

それでは、それぞれの特徴について詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

特徴①:自分の実力によって年収が変わる

ベンチャー企業での年収の特徴の1つ目は、自分の実力によって年収が変わることです。

ベンチャー企業では、年齢や入社年数に関係なく実力で評価をする実力主義の企業がほとんどです。

企業の成長にお金を投じるため、少人数精鋭で、仕事ができる社員に多く給料を支払うことで優秀な人材を確保します。

逆に、向上心がなく企業の成長に貢献できない社員に対しては昇給することがないため、3年程度で辞めていく社員もいます。

ベンチャー企業に就職して成功するには、企業に貢献するために学び続け、実力を発揮し続けることが大切です。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

特徴②:残業代で年収が増える可能性が高い

ベンチャー企業での年収の特徴の2つ目は、残業代で年収が増える可能性が高いことです。

ベンチャー企業では社員個々の業務範囲と量が多く、残業時間が長くなる傾向にあります。

また、収益を上げるために新規事業を次々に展開する企業が多いことや、急成長をした際に人的リソースが追いつかないことも残業時間が多くなる理由としてあげられます。

特に、創業直後のベンチャー企業では残業は当たり前のようになっています。

残業に対して対価の残業代や休日・深夜の割増賃金を支給してもらえるベンチャー企業かどうか、しっかり見極めることが大切です。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

特徴③:業績によって年収がかなり変化する

ベンチャー企業での年収の特徴の3つ目は、業績によって年収がかなり変化することです。

多くのベンチャー企業において、ボーナスの有無が業績に左右される傾向にあります。

大手企業のような確固たる土台がないベンチャー企業では、利益向上が明確でない間はボーナスが出ないことが多いです。

一方で、インセンティブ制を取り入れている企業も多いため、急成長した際には、成果を出して貢献した社員にその分のボーナスが支給されます。

業績と給料が直結しているところがベンチャー企業の特徴です。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

\あなたの性格,強みが分かります/

>>性格適性診断を受けるには(無料)<<

ベンチャー企業の年収に関するよくある質問

就活生ちゃん

ベンチャー企業がとにかく実力主義であることは分かったのですが、まだまだわからないことがたくさんあります・・・

確かに、ベンチャー企業の年収について不安なことやわからないことはたくさんありますよね。

ここでは、ベンチャー企業の年収に関するよくある質問3つを紹介します。

「就活の教科書」編集部 なつこ

ベンチャー企業の年収に関するよくある質問
  • 質問①:ベンチャー企業の年収は薄給なの?
  • 質問②:ベンチャー企業で年収が高い職種は何なの?
  • 質問③:ベンチャー企業は福利厚生が期待できないのは本当なの?

それでは、質問についてひとつずつ確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

質問①:ベンチャー企業の年収は薄給なの?

就活生くん

ベンチャー企業は、仕事量が多くて大変なイメージがあります。

たくさんの仕事量に対して年収が薄給なのは本当ですか?

ベンチャー企業の中でも企業ごとに給与水準は異なり、一概に薄給であるとは言えません

創立直後のベンチャー企業は売り上げがほとんど立っていなく、投資に資金を充てるため薄給になってしまいがちです。

一方で、事業が安定している成熟したベンチャー企業では、実力によって比較的高い給料がもらえるほか、成果を出した時のボーナスも多く、高収入になれる可能性があります。

「就活の教科書」編集部 なつこ

就活生くん

なるほど!

事業が安定してきたベンチャー企業だと、年収がアップする可能性が高いということですね。

 

質問②:ベンチャー企業で年収が高い職種は何なの?

就活生ちゃん

ベンチャー企業にもいろいろな職種があると思うのですが、ベンチャー企業で年収が高い職種は何ですか?

ベンチャー企業で年収が高い職種は、ITエンジニアです。

ベンチャー企業ではIT系企業が全体の過半数を占めています。

常に最先端を求めるIT系業界では、規模が小さくても優良なサービスや技術を持つベンチャー企業がたくさんあり、これらの企業は技術やアイデアで大企業とも互角に渡り合うことができます

高い技術を必要としているIT系ベンチャー企業では、優秀な社員を確保するためにも年収が高い傾向にあります。

「就活の教科書」編集部 なつこ

就活生ちゃん

ITエンジニアはIT系ベンチャー企業には必要不可欠な存在なんですね。

技術を持ったエンジニアが、年収が高い職種であることがわかりました!

ITエンジニアになるにはどうしたらいいんですかね?

ITエンジニアとして就職したい方には「レバテックルーキー」がおすすめです。

レバテックルーキーでは、15年の実績とIT業界を熟知したアドバイザーが在籍しているためあなたに合ったITベンチャー企業を紹介してくれますよ。

また、ITエンジニアからの支持率が1位など豊富な実績もあります。(2021年1月 日本マーケティングリサーチ機構 サービスの比較印象調査)

ITエンジニアに少しでも興味がある方は無料で利用できるのでぜひ利用してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 なつこ

>> レバテックルーキーを見てみる

 

質問③:ベンチャー企業は福利厚生が期待できないのは本当なの?

就活生くん

私は、仕事とプライベートをしっかり両立したいです。

ベンチャー企業は福利厚生が期待できないのは本当ですか?

創業間もないベンチャー企業では、資金を事業に優先的に投資しようとする傾向が強いため、福利厚生が十分に設置されていないことも多いです。

一方で、メガベンチャーなどの業績が安定している企業では福利厚生があるベンチャー企業もあります。

大企業の方が手厚いことには間違いありませんが、ベンチャー企業の中には大企業にはないユニークな福利厚生を導入している企業もあるため、しっかりと確認しておくことがおすすめです。

「就活の教科書」編集部 なつこ

就活生くん

福利厚生がある企業を選ぶなら、大企業かメガベンチャーを選んだ方が良いのですね!

 

質問④:ベンチャーで高年収を目指すならITベンチャーに就職するべき?

就活生ちゃん

私は働くなら高年収を目指したいなって思っています。

そこで、ベンチャー企業に入って高年収を狙うならIT系ベンチャー企業に就職した方がいいんですか?

ベンチャーで高年収を狙うならITベンチャーを志望しましょう!

というのも、ITベンチャー企業は比較的年収が高い企業が多いからです。

また、そもそもベンチャー企業にはIT系企業が多いので、狙いやすいと思いますよ。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

質問⑤:ITベンチャーって高年収だけど、ブラックなの?

就活生くん

ITベンチャーって年収が高いイメージがあるけど、ブラック企業も多いイメージも正直あります。

実際、ITベンチャー企業ってブラック企業が多いんでしょうか?

全てのITベンチャー企業がそういう訳ではありませんが、実際のところ残業が多かったり、給料や待遇が良くないITベンチャー企業が多いのは事実です。

事業基盤や組織体制が整っていないITベンチャー企業は多いので、売り上げを作るためには仕方のないことなんですよね。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

優良ベンチャー企業を見つけて内定をもらおう

就活生くん

僕は就活をする中で、少しずつベンチャー企業に興味が湧いてきました。

でもどうやって自分に合うベンチャー企業って見つければ良いんだろう。

まずは、自分にどんなベンチャー企業が合うかを知る必要がありますね。

就活エージェントに相談することで、自分の性格や経験に合うベンチャー企業が見つかりますよ。

たとえばレバテックルーキーでは、面談時の丁寧なヒアリングによって、「優良ベンチャー企業」を紹介してくれます。

ベンチャー企業に特化した就活エージェントで優良ベンチャー企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> レバテックルーキーを見てみる

メモ

ちなみにベンチャー企業は就活エージェントだけでなく、スカウトサイトや就活イベントからでも見つかります。

スカウトサイト「キャリアチケットスカウト」では、あなたらしく働ける優良企業の中から、直接スカウトが届きます。

一方、就活イベント「ミーツカンパニー」では、1回最大2~8社の企業の選考を受けられ、自分に合うベンチャー企業が見つけられますよ。

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

まとめ:ベンチャー企業に就職するなら初任給の高い企業を選ぼう

この記事では、ベンチャー企業の年収ランキングについて紹介しました。

合わせて、大手/中小と比較したベンチャー企業の年収やベンチャー企業の年収の特徴についても解説しました。

最後に、今回の内容を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆ベンチャー企業の年収/給料は実力次第

◆【大手/中小との比較】ベンチャー企業の年収/給料

  • 平均年収:382万円
  • 新卒の初任給:25万円
  • 3年目での平均年収:513万円
  • 執行役員での平均年収:1670万円
  • 年齢での平均年収

◆【業界別】ベンチャー企業の平均年収ランキング一覧

  • 業界①:ITベンチャー業界
  • 業界②:インターネット広告【WEB広告】業界
  • 業界③:その他の業界

◆【詳しく解説!】ベンチャー企業で平均年収が高い企業5社

  • 企業①:Zホールディングス(平均年収:1080万円)
  • 企業②:リクルートホールディングス(平均年収:958万円)
  • 企業③:DeNA(平均年収:774万円)
  • 企業④:LINE(平均年収770万円)
  • 企業⑤:グリー(平均年収759万円)

◆ベンチャー企業で高年収になる方法

  • 方法①:成果を出して出世する
  • 方法②:スキルを身に付けて転職する
  • 方法③:独立して自分で稼ぐ

◆ベンチャー企業での年収の特徴

  • 特徴①:自分の実力によって年収が変わる
  • 特徴②:残業代で年収が増える可能性が高い
  • 特徴③:業績によって年収がかなり変化する

◆ベンチャー企業の年収に関するよくある質問

  • 質問①:ベンチャー企業の年収は薄給なの?
  • 質問②:ベンチャー企業で年収が高い職種は何なの?
  • 質問③:ベンチャー企業は福利厚生が期待できないのは本当なの?
  • 質問④:ベンチャーで高年収を目指すならITベンチャーに就職するべき?
  • 質問⑤:ITベンチャーって高年収だけど、ブラックなの?

◆まとめ:ベンチャー企業に就職するなら初任給の高い企業を選ぼう