【就職できる?】文系大学生におすすめの就職先ランキング | 就職しやすい業界も

本ページはプロモーションを含みます

この記事でわかること
  • 【人気別】文系におすすめの就職先企業ランキング
  • 【女子必見】文系女子におすすめの就職先人気企業ランキング
  • 【業界別】文系大学生におすすめの就職先
  • 文系就活生が就職するための対策法
  • 【就活無双できる】あなたに合う隠れ優良企業を教えてくれる無料サービス
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /
大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

就活生の皆さん、こんにちは!「就活の教科書」編集部です。

この記事では、文系の就職先について詳しく解説していきます。

就活生の皆さんは、「文系のオススメの就職先はどこ?」「文系女子の就職は難しいのか?」など疑問に思っている就活生の方が多いのではないでしょうか。

「就活の教科書」編集部

就活生ちゃん

私は、文系出身です。

私は企業選びをしているんですけど、どんな企業がおすすめなのかがわかりません。

文系女子は、就職が難しいのでしょうか?

就活生くん

僕は、文系学部に所属しています。

今企業選びをしてる段階なんですけど、どの企業が自分に合うかわからなくて・・・

文系の就活生は、理系の就活生よりも就職が難しいのでしょうか?

おすすめの企業があれば教えてほしいです!

なるほど・・・

たしかに文系の就職は難しいのか気になりますよね。

ちなみに、「効率的に就活を終わらせたい」「ホワイト企業の内定が欲しい」という方は、大手や優良企業から特別招待がもらえるOfferBox(オファーボックス)などのスカウトアプリを使うと良いですよ。

「就活の教科書」編集部

そこで、この記事では、「文系の就職は難しいのか」「文系にオススメの就職先ランキング」を詳しく解説していきます。

また、「文系の女子にオススメの就職先人気ランキング」も紹介します。

さらに、「文系大学生が就職しやすいオススメの就職先」や「文系就活生が人気企業に就職するための対策法」についても詳しく解説していきます。

この記事を読めば、文系の大学生の就活における不安が減り、理系との就活の違いなどが分かります。

なので、文系で効率的な就活がしたい方は、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください!

先に結論をお伝えすると、「自分に合う企業や業界の優良企業を教えて欲しい!」なら、OfferBoxで、自分に合う優良企業から特別スカウトをもらうのが一番おすすめです。

ちなみにOfferBox以外にも、強み診断後に優良企業からスカウトが来る「Lognavi」、あなたの適職を16タイプで診断できる「LINE適職診断もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】ホワイト企業探しに役立つおすすめツール(無料)
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり! 

「どのサービスを選べば良いかわからない!」という方は「OfferBox」であなたの性格に合う職種や企業を見つけるのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

目次

 

穴場のホワイト企業・優良企業を教えて!

「ホワイト企業をたくさん教えて欲しい!」「優良企業に就職したい!」と思う方は、OfferBox」を使うのがおすすめです!

OfferBoxは、あなたの強みや性格が詳しくわかる適性診断を受けられ、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接特別招待がもらえるアプリです。

大手を含む隠れ優良企業からの特別招待をもらうには、あなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /   大手,優良企業から特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

【就職先ない?】文系大学生の就活実態

就活生くん

僕は、文系出身なので就職がうまくいくか不安です。

文系の就職先はほとんどないのでしょうか?

たしかに、文系の就活は不安ですよね。

では以下で、実際の文系の就活について解説していきます。

「就活の教科書」編集部

 

実態①:文系の就職先がないのは嘘

文系大学生の就職における実態1つ目は、「文系の就職先がないのは嘘」です。

結論からいうと、文系に就職先はあります

文系と理系では、就職率に違いがありそうですが、令和2年度の文系の就職率は96.0%、理系の就職率は95.9%となっており、就職率はほとんど変わりません

文系だからといって、就職先がないということはありません。

以上のように、文系だから就職先がないなんてことはありません。

文系大学生にも就職先はたくさんあるので、そんなに心配はいりません。

「就活の教科書」編集部

 

実態②:文系の就職は不利になることはない

文系大学生の就職における実態2つ目は、「文系の就職は不利になることはない」です。

以下に、実際の文系の就活での意見を載せておきます。

このように、文系大学生の就活は理系と比べて不利だと思われがちですが、実際はそんなことはありません。

文系か理系かという違いは、最終的な内定率(令和2年度の文系の就職率は96.0%、理系の就職率は95.9%)にはあまり影響していません

実際、企業が求めているのは、失敗したときに乗り越えられるかなどのポテンシャルスキルなので、文系理系どちらかが不利になることはありません。

よく理系が有利と言われたりすることがありますよね。

しかし、実際のところは文系だからといって、就活に不安を持つことはありません。

「就活の教科書」編集部

 

実態③:応募できる業界は理系と同じ

文系大学生の就職における実態3つ目は、「応募できる業界は理系と同じ」です。

文系でも理系と同じ業界に応募できます

内定者の中には文系でもIT業界やSE職などの業界・職種で活躍する人もいます

研究職や開発職などの専門知識が生かせる仕事があるのは理系の強みですが、それ以外では、文系・理系に能力の差はないので、文系でも多くの業界で活躍できます

たしかに、研究職など専門知識が必要な仕事は文系には難しいかもしれません。

しかし、それ以外の仕事であれば文系にも多くの選択肢があります!

「就活の教科書」編集部

 

「業界研究のやり方がわからない…」「そもそも自分にはどんな業界が合ってるのか…」という就活生には、OfferBoxがおすすめです。

OfferBoxを利用すると、251問の質問の性格診断とあなたが登録したプロフィールを見た優良大手~ベンチャー企業からオファーがもらえます。

自分が向いている業界がわからない方は、OfferBoxでスカウトをもらって選考に進んでみましょう。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxで強みと適性職種を発掘し、優良企業のスカウトGET
  • あなたの経験や強みから優良企業の特別スカウトが届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

また、「自分に向いている業界が分からない…」という就活生は向いている業界診断ツールおすすめ14選という記事を参考にして、自分に向いている業界を見つけましょう。

就活アドバイザー 京香


【人気別】文系におすすめの就職先企業ランキング

就活生くん

僕は、文系出身なので、文系に人気の就職先について知りたいです。

就活生ちゃん

私も文系なんで、文系におすすめの企業も紹介してほしいです。

では以下で、文系におすすめの就職先企業ランキングを総合版・女子版・男子版の3つに分けて紹介していきます。

「就活の教科書」編集部

「隠れ優良企業で自分らしく働ける企業に就職したい!」という方はOfferBoxを使うのが一番おすすめです。

OfferBoxでは、251問の質問に回答することであなたの性格を徹底的に診断でき、プロフィール次第で大手や優良企業からスカウトがもらえる就活生に人気のアプリです。

すでに多くの就活生が利用しており、運がよければ優良企業の選考も一部スキップできるので、就活を有利に進められますよ。

ちなみにOfferBox以外にもLognaviキャリアチケットスカウトの同時並行もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

\ 大手,優良企業からスカウトが届く! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

総合版:文系におすすめの就職先人気企業ランキング

【総合版】文系の就活生におすすめの就職先企業ランキングTOP100
順位 企業名
1 ニトリ
2 東京海上日動火災保険
3 JTBグループ
4 ファーストリテイリング(ユニクロ・ジーユー・プラステ・セオリー)
5 伊藤忠商事
6 三菱UFJ銀行
7 味の素
8 日本生命保険
9 ソニーミュージックグループ
10 Plan・Do・See
11 セガ
12 ソニーグループ
13 日本航空(JAL)
14 明治安田生命保険
15 みずほフィナンシャルグループ
16 アイリスオーヤマ
17 バンダイ
18 住友生命保険
19 ポニーキャニオン
20 第一生命保険
21 Sky
22 トヨタ自動車
23 凸版印刷
24 損害保険ジャパン(損保ジャパン)
25 コナミグループ
26 全日本空輸(ANA)
27 東日本旅客鉄道(JR東日本)
28 任天堂
29 一条工務店
29 講談社
31 バンダイナムコエンターテインメント
32 オリエンタルランド
33 アサヒ飲料
33 積水ハウス
35 イオングループ
36 日本放送協会(NHK)
37 ミリアルリゾートホテルズ
38 サントリーグループ
39 三菱重工業
40 博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ
41 日本年金機構
42 集英社
43 星野リゾート・マネジメント
44 三井住友銀行
45 アサヒビール
46 大日本印刷(DNP)
47 アシックス
48 大和ハウス工業
48 東宝
50 ヤクルト本社
51 クスリのアオキ
52 三菱商事
53 アイ・ケイ・ケイホールディングス
53 ANAエアポートサービス
55 NTTデータ
56 東海旅客鉄道(JR東海)
57 アパホテル
58 明治グループ(明治・Meiji Seika ファルマ)
59 楽天グループ
60 ジェーシービー(JCB)
61 キヤノン
62 小学館
63 サッポロビール
64 ルートイングループ(ルートインホテルズ)
65 三井物産
66 西日本旅客鉄道(JR西日本)
67 ロッテ
68 JALスカイ
69 資生堂
70 ニチレイグループ
71 エイチ・アイ・エス(H.I.S.)
71 日本郵政グループ
73 ネクステージ
74 山崎製パン
75 コーエーテクモグループ
76 日本旅行
77 横浜銀行
78 住友商事
79 大阪シーリング印刷
80 良品計画
81 ベネッセコーポレーション
82 中部国際空港
82 日清食品
84 あいおいニッセイ同和損害保険
84 日本中央競馬会(JRA)
86 三井住友海上火災保険
87 フェリシモ
88 KADOKAWA
89 楽天カード
90 カゴメ
91 ミズノ
92 セキスイハイムグループ
93 キッコーマン
94 ふくおかフィナンシャルグループ
94 りそなグループ
94 ワコール
97 アサヒグループ食品
97 伊藤園
97 ビッグモーターグループ
100 エイベックス

出典:「マイナビ・日経 2024年卒大学生就職企業人気ランキング」

以上が、【人気別】文系におすすめの就職先企業ランキングです。

様々な業種の会社が並んでいますが、文系就職を希望する就活生は営業の仕事につく場合がほとんどです。

興味がある企業があった方は、自身でも調べてみることをオススメします!

以下に、文系理系別のオススメの就職先ランキングなどをまとめた記事を載せておくのでぜひ参考にしてみてください!

「就活の教科書」編集部

 

女子版:文系女子におすすめの就職先人気企業ランキング

就活生ちゃん

私は、文系出身なので、文系の女子にオススメの就職先を知りたいです。

では以下で、文系女子にオススメの就職先人気企業ランキングを紹介します。

「就活の教科書」編集部

文系女子におすすめの就職先人気企業ランキングTOP100
順位 企業名
1 ニトリ
2 JTBグループ
3 東京海上日動火災保険
4 Plan・Do・See
5 ファーストリテイリング(ユニクロ・ジーユー・プラステ・セオリー)
6 ソニーミュージックグループ
7 日本航空(JAL)
8 味の素
9 ポニーキャニオン
10 伊藤忠商事
11 明治安田生命保険
12 凸版印刷
13 日本生命保険
14 三菱UFJ銀行
15 住友生命保険
16 全日本空輸(ANA)
17 ミリアルリゾートホテルズ
18 講談社
19 セガ
20 バンダイ
21 オリエンタルランド
22 アイリスオーヤマ
23 第一生命保険
24 みずほフィナンシャルグループ
25 星野リゾート・マネジメント
26 集英社
27 ソニーグループ
28 損害保険ジャパン(損保ジャパン)
28 博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ
30 Sky
31 東宝
32 日本放送協会(NHK)
33 大日本印刷(DNP)
34 アイ・ケイ・ケイホールディングス
35 ANAエアポートサービス
36 バンダイナムコエンターテインメント
37 資生堂
38 積水ハウス
39 一条工務店
40 任天堂
41 日本年金機構
42 小学館
43 アサヒ飲料
43 JALスカイ
45 アパホテル
45 サントリーグループ
47 明治グループ(明治・Meiji Seika ファルマ)
48 大阪シーリング印刷
49 ルートイングループ(ルートインホテルズ)
50 フェリシモ
51 エイチ・アイ・エス(H.I.S.)
52 ワコール
53 トヨタ自動車
54 ロッテ
55 クスリのアオキ
56 イオングループ
57 ヤクルト本社
58 楽天グループ
59 ベネッセコーポレーション
60 三菱重工業
61 コーセー
62 日本郵政グループ
62 良品計画
64 コナミグループ
65 キヤノン
66 カゴメ
66 三井住友銀行
66 山崎製パン
69 大和ハウス工業
69 日本旅行
71 エイベックス
72 NTTデータ
72 中部国際空港
72 リゾートトラスト
75 東日本旅客鉄道(JR東日本)
76 ジェーシービー(JCB)
77 アサヒビール
78 コクヨ
78 森永乳業
78 楽天カード
81 三菱商事
82 KADOKAWA
82 日清食品
84 ジャニーズグループ
85 松竹
86 江崎グリコ
86 ベネッセスタイルケア
88 花王
88 森永製菓
90 ニチレイグループ
90 日本赤十字社
92 福助工業
92 ユニ・チャーム
94 アミューズ
94 ヒルトン
96 キッコーマン
96 三井物産
98 帝国ホテル
99 東映
100 三井住友海上火災保険

以上が、文系女子にオススメの就職先人気企業ランキングです。

このランキングは、マイナビの情報を参考にしているので気になる方は見てみてください。

「就活の教科書」編集部

 

男子版:文系男子におすすめの就職先人気企業ランキング

就活生くん

僕は、文系男子なので、文系男子に人気の就職先について知りたいです。

では以下で、文系男子にオススメの就職先人気企業ランキングを紹介します。

「就活の教科書」編集部

【男子版】文系男子におすすめの就職先企業ランキングTOP100
順位 企業名
1 ニトリ
2 東京海上日動火災保険
3 伊藤忠商事
4 三菱UFJ銀行
5 ソニーグループ
6 セガ
7 ファーストリテイリング(ユニクロ・ジーユー・プラステ・セオリー)
8 日本生命保険
9 トヨタ自動車
10 JTBグループ
11 コナミグループ
12 みずほフィナンシャルグループ
13 味の素
14 東日本旅客鉄道(JR東日本)
15 アイリスオーヤマ
16 Sky
17 バンダイ
18 明治安田生命保険
19 第一生命保険
20 住友生命保険
21 任天堂
22 損害保険ジャパン(損保ジャパン)
23 ソニーミュージックグループ
24 一条工務店
25 イオングループ
26 アシックス
27 三菱重工業
28 アサヒ飲料
29 バンダイナムコエンターテインメント
30 アサヒビール
31 東海旅客鉄道(JR東海)
32 積水ハウス
33 三井住友銀行
34 サントリーグループ
35 日本航空(JAL)
36 西日本旅客鉄道(JR西日本)
37 三菱商事
38 大和ハウス工業
39 コーエーテクモグループ
40 日本年金機構
41 ポニーキャニオン
42 NTTデータ
42 サッポロビール
44 凸版印刷
45 日本中央競馬会(JRA)
46 ヤクルト本社
47 日本放送協会(NHK)
48 ネクステージ
49 Plan・Do・See
49 ミズノ
51 全日本空輸(ANA)
51 三井物産
53 クスリのアオキ
53 横浜銀行
55 ジェーシービー(JCB)
56 住友商事
57 ニチレイグループ
58 博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ
59 キヤノン
59 ビッグモーターグループ
61 楽天グループ
62 Cygames
63 講談社
64 三井不動産
65 オリエンタルランド
65 集英社
67 アーネストワン
68 日産自動車
69 あいおいニッセイ同和損害保険
70 SMBC日興証券
70 セキスイハイムグループ
72 三井住友海上火災保険
73 旭化成ホームズ(HEBEL HAUS)
73 アパホテル
73 カプコン
76 アディダス ジャパン
76 ふくおかフィナンシャルグループ
78 山崎製パン
79 大日本印刷(DNP)
80 スクウェア・エニックス
81 アサヒグループ食品
81 西日本シティ銀行
83 伊藤園
83 タカラトミーグループ
83 日本郵政グループ
83 日本旅行
83 明治グループ(明治・Meiji Seika ファルマ)
88 伊藤ハム
88 鈴与
88 日清食品
88 星野リゾート・マネジメント
88 レイスグループ
93 ポケモン
94 りそなグループ
95 キーエンス
95 本田技研工業(Honda)
97 アクセンチュア
97 オリックスグループ
97 千葉銀行
97 ロッテ

以上が、文系男子にオススメの就職先人気企業ランキングです。

このランキングは、マイナビの情報を参考にしているので気になる方は見てみてください。

「就活の教科書」編集部

 

穴場のホワイト企業・優良企業を教えて!

「ホワイト企業をたくさん教えて欲しい!」「優良企業に就職したい!」と思う方は、OfferBox」を使うのがおすすめです!

OfferBoxは、あなたの強みや性格が詳しくわかる適性診断を受けられ、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接特別招待がもらえるアプリです。

大手を含む隠れ優良企業からの特別招待をもらうには、あなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /   大手,優良企業から特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

【業界別】文系大学生におすすめの就職先

就活生くん

僕は、文系出身でいい企業に就職したいと思っています。

なので、文系大学生におすすめの就職先について教えてください!

では以下で、業界別に文系大学生にオススメの就職先を紹介していきます。

ちなみに、「効率的に就活を終わらせたい」「ホワイト企業の内定が欲しい」という方は、大手や優良企業から特別招待がもらえるOfferBox(オファーボックス)などのスカウトアプリを使うと良いですよ。

「就活の教科書」編集部

 

就職先①:関西電力(インフラ業界)

インフラ業界の文系大学生におすすめの就職先は、関西電力です。

関西電力は、関西のエネルギーインフラを支える企業です。

事業としては、電気事業熱供給事業電気通信事業ガス供給事業などを行っています。

会社の概要について以下にまとめたので、参考にしてみてください。

関西電力 会社概要
会社設立 1951年5月1日
本社所在地 大阪市北区中之島3丁目6番16号
従業員数 8,770名
平均年齢 43.2歳
平均年収 791万円
平均勤続年数 22.4年

関西電力は、インフラ業界で文系の就職先に人気な企業です。

インフラ業界に就職したい就活生の方はぜひ参考にしてみてください!

「就活の教科書」編集部

 

就職先②:三菱UFJ銀行(金融業界)

金融業界の文系大学生におすすめの就職先は、三菱UFJ銀行です。

三菱UFJ銀行は、日本を代表する銀行のうちの一つであり、三大メガバンクの一角を占めています。

事業として、法人・リテール事業/コーポレートバンキング事業/グローバルCIB事業/グローバルコマーシャルバンキング事業/受託財産事業/市場事業の6つを展開しています。

会社の概要について以下にまとめたので、参考にしてみてください。

三菱UFJ銀行 会社概要
会社設立 1919年8月15日
本社所在地 東京都千代田区丸の内二丁目7番1号
従業員数 30,554人
平均年齢 39.6歳
平均年収 774万円
平均勤続年数 14.1年

三菱UFJ銀行は、金融業界で文系に非常に人気があります。

多くの事業を行っているので、幅広い知識を得られるのも三菱UFJ銀行で働くメリットです。

「就活の教科書」編集部

 

就職先③:バンダイ(メーカー業界)

メーカー業界の文系大学生におすすめの就職先は、バンダイです。

バンダイは、バンダイナムコグループの玩具、模型、既製服、生活用品などを手掛けるメーカーです。

また、独自技術を活用したホビー商材食品・菓子など、多岐にわたる事業を展開しています。

会社の概要について以下にまとめたので、参考にしてみてください。

バンダイ 会社概要
会社設立 1950年7月5日
本社所在地 東京都台東区駒形1-4-8
従業員数 799名
平均年齢 38.2歳
平均年収 1053万円
平均勤続年数 11.4年

バンダイは、メーカー業界で文系就活生に人気の企業の一つです。

平均年収が1000万円を超えていて、平均年齢も少し若いですね。

「就活の教科書」編集部

 

就職先④:楽天グループ(IT・通信業界)

IT・通信業界の文系大学生におすすめの就職先は、楽天グループです。

楽天は、インターネット関連サービスを中心に、通信、金融、不動産、スポーツなど様々な業種を取り扱うIT企業です。

事業では、インターネットサービス事業/フィンテック事業/モバイル事業の3つの事業を展開しています。

会社の概要について以下にまとめたので、参考にしてみてください。

楽園グループ 会社概要
会社設立 1997年2月7日
本社所在地 東京都世田谷区玉川一丁目14番1号
従業員数 7,390名
平均年齢 34.4歳
平均年収 756万円
平均勤続年数 4.6年

楽天グループは、海外にも拠点を置いており、将来性、安定性がある企業です。

プロ野球の球団や、Jリーグのクラブを所有していたりと、なにかとお金がある会社というイメージがあります

IT業界では、文系に特に人気のある企業なので、気になる方はぜひ参考にしてみてください!

「就活の教科書」編集部

 

就職先⑤:伊藤忠商事(商社業界)

商社業界の文系大学生におすすめの就職先は、伊藤忠商事です。

伊藤忠商事は、日本の総合商社の中で売上2位を誇る企業です。

伊藤忠商事は、五大商社(三菱商事、三井物産、住友商事、伊藤忠、丸紅)の一角を務める大手総合商社です。

日経平均株価およびTOPIX Core30(東証一部全銘柄のうち、時価総額、流動性の特に高い30銘柄で構成された株価指数)の構成銘柄の一つとしても知られています。

ファミリーマートやプリマハムなどの生活消費関連ブランドを多数取り扱っています。

会社の概要について以下にまとめたので、参考にしてみてください。

伊藤忠商事 会社概要
会社設立 1949年12月1日
本社所在地 東京都港区青山2丁目5-1
従業員数 4264人
平均年齢 41.5歳
平均年収 1383万円
平均勤続年数 17.4年

伊藤忠商事は、繊維や食料品、住生活用品、情報、・金融などの「非資源分野」が強みです。

アディダスやエドウィンなどの大学生になじみ深いアパレルブランドも、実は伊藤忠資本なんです!

商社といった点、年収が高い点でも伊藤忠商事は文系に人気の企業です。

また、伊藤忠商事や商社については以下の記事でさらに詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

就職先⑥:講談社(出版業界)

出版業界の文系大学生におすすめの就職先は、講談社です。

講談社は、日本の大手総合出版社です。

コミック、小説、教養、ジャーナリズム、ファッション、絵本、アニメ、ゲームなど様々なジャンルの「ものがたり」をパブリックにする総合出版事業を展開しています。

会社の概要について以下にまとめたので、参考にしてみてください。

会社概要
会社設立 1909年11月
本社所在地 東京都文京区音羽2-12-21
従業員数 941名
平均年齢 44.2歳
平均年収 1085万円
平均勤続年数 15年

講談社は、出版業界で文系に人気の企業です。

福利厚生が充実していることも人気な理由の一つでしょう。

「就活の教科書」編集部

 

就職先⑦:JTBグループ(旅行業界)

旅行業界の文系大学生におすすめの就職先は、JTBグループです。

JTBグループは、日本の旅行会社です。

JTB グループは主に旅行業を行っており、旅行業界の中で日本企業 No.1 の地位を築き上げています。

会社の概要について以下にまとめたので、参考にしてみてください。

会社概要
会社設立 1963年11月12日
本社所在地 東京都品川区東品川二丁目3番11号
従業員数 23,785名
平均年齢 31歳
平均年収 454万円
平均勤続年数 13年

JTBグループは、国内旅行ではトップのシェアを維持しています。

なので、JTBグループは将来性、安定性がある企業とも言えますね。

「就活の教科書」編集部

 

就職先⑧:損害保険ジャパン(保険業界)

保険業界の文系大学生におすすめの就職先は、損害保険ジャパンです。

損害保険ジャパンは、損害保険事業、生命保険事業を行う、日本の損害保険会社。

「損保ジャパン」の愛称でも知られており、子会社も複数抱える大企業です。

ちなみに、「ゴールデンウィーク」という言葉は、損害保険ジャパンが商標登録をしています!
損保ジャパンについては、以下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

就職先⑨:東京海上日動火災保険(保険業界)

保険業界の文系大学生におすすめの企業2つ目は、東京海上日動火災保険です。

東京海上日動火災保険は、損害保険事業を行う損害保険会社。

社名に入っている火災保険はもちろん、地震保険や自動車保険など、多種多様な保険を取り扱っています。

東京海上日動火災保険は、TVCMでもよく見かけますよね!
東京海上日動については以下の記事でも解説しているので、読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

就職先⑩:ニトリ(小売業界)

小売業界の文系大学生におすすめの就職先は、ニトリです。

ニトリは、大手の家具・インテリア用品小売会社。

国内はもちろん、台湾、中国など、世界に約100店舗のチェーンストアを展開しています。

ちなみに、学習机の全国シェアはニトリが日本一です!

「就活の教科書」編集部

 

                       

就活生に人気の企業・業界に関する記事一覧

「就活を始めたけどどの企業に就職すればいいか分からない」「志望業界が決まらない」という就活生には、 人気企業ランキングTOP200人気業界ランキング という記事を読んでみてください。

以下の記事を読めば、就活生に人気の企業や業界を知れ、あなたにが本当に行きたい企業を見つけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

                           

「業界研究のやり方がわからない…」「そもそも自分にはどんな業界が合ってるのか…」という就活生には、OfferBoxがおすすめです。

OfferBoxを利用すると、251問の質問の性格診断とあなたが登録したプロフィールを見た優良大手~ベンチャー企業からオファーがもらえます。

自分が向いている業界がわからない方は、OfferBoxでスカウトをもらって選考に進んでみましょう。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxで強みと適性職種を発掘し、優良企業のスカウトGET
  • あなたの経験や強みから優良企業の特別スカウトが届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

また、「自分に向いている業界が分からない…」という就活生は向いている業界診断ツールおすすめ14選という記事を参考にして、自分に向いている業界を見つけましょう。

就活アドバイザー 京香


文系が就職しやすい/受かりやすいおすすめの業界

次に、文系の大学生におすすめの業界を6つ紹介します。

文系が就職しやすい/受かりやすいおすすめの業界
  • おすすめ業界①:金融
  • おすすめ業界②:IT
  • おすすめ業界③:不動産
  • おすすめ業界④:サービス
  • おすすめ業界⑤:マスコミ
  • おすすめ業界⑥:商社

おすすめ業界①:金融

文系が就職しやすい/受かりやすいおすすめの業界1つ目は金融業界です。

金融業界は採用人数がとても多いため、比較的文系が就職しやすい業界だと言えます。

金融業界とは、お金を融資したり、証券や保険などの金融商品を販売したりする業界です。

金融は世の中に必要不可欠なものであり、大企業が業界のほとんどを占めるので、安定しています。

金融商品を販売する営業職や、経済動向を分析するアナリストなどの職種があり、文系の大学生が採用されやすいです。

また、グローバル金融のように英語力を必要とする企業もあり、文系の大学生が比較的有利になっています。

 

おすすめ業界②:IT

文系が就職しやすい/受かりやすいおすすめの業界2つ目はIT業界です。

IT業界は理系のイメージが強いですが、文系の大学生の採用数も十分多くなっています。

特に、NTTデータなどのSIer、アビームコンサルティングなどのコンサル企業は500人規模の採用をすることもあります。

他にも文系の大学生には、ECサービス通信キャリアもおすすめです。

ECサービスとは、インターネット上で行われる売買のことで、ネット通販などがそれにあたります。

ECサービスを行う代表的な企業には、アマゾンジャパンや楽天があります。

また、通信キャリアは携帯電話や光回線などの事業を行っており、代表的な企業には、ソフトバンク、NTT、KDDIがあります。

ECサービスや通信キャリアは、IT業界の中でも文系学部の出身者が多いのでおすすめです。

 

おすすめ業界③:不動産

文系が就職しやすい/受かりやすいおすすめの業界3つ目は不動産業界です。

不動産業界は「宅地建物取引士」の資格を求める企業が多く、法律系の内容が多い試験であるため、文系の大学生が有利です。

また、営業職の割合も大きいため、文系出身者が多くなっています。

不動産業界には、土地開発をするデベロッパーや、土木建築を行うゼネコン不動産仲介業者などがあります。

国内で事業を行う会社や、国外事業に力を入れている会社もあります。

 

おすすめ業界④:サービス

文系が就職しやすい/受かりやすいおすすめの業界4つ目はサービス業界です。

サービス業界には、旅行代理店や小売店が含まれます。

上記の就職先人気ランキングでは、ニトリ・JTB・ファーストリテイリングなどがサービス業界に属しています。

サービス業界は、採用人数が多く、文系の割合も比較的高めです。

そのため、文系におすすめの業界と言えるでしょう。

ただし、知名度は高いので、採用倍率は高めになることがある点には注意です。

 

おすすめ業界⑤:マスコミ

文系が就職しやすい/受かりやすいおすすめの業界5つ目はマスコミ業界です。

マスコミ業界には、出版、テレビ、広告、エンタメなどがあります。

マスコミ業界は学部よりも就活生の基礎的な能力の方が重視される傾向にあるため、文系・理系で有利不利はありません

また、スケジュール的にハードな仕事が多く、体力を必要とするので、体育会系の大学生を好む傾向にあります。

そのため、マスコミ業界では、文系の大学生が採用されやすくなっています。

 

おすすめ業界⑥:商社

文系が就職しやすい/受かりやすいおすすめの業界6つ目は商社です。

商社は輸出入貿易や国内流通において、商品を売りたい人と買いたい人を結びつける仕事をします。

以前までこのようなトレーディングを業務の中心としていましたが、近年は国内外での事業投資にも積極的に取り組んでいます。

商社は大きく二つに分けられ、幅広い商品・サービスを取り扱う総合商社と、特定の分野に特化した専門商社があります。

商社は就活生人気が高い業界のため、就活対策を入念に行った文系大学生が就職することが多いです。

 

穴場のホワイト企業・優良企業を教えて!

「ホワイト企業をたくさん教えて欲しい!」「優良企業に就職したい!」と思う方は、OfferBox」を使うのがおすすめです!

OfferBoxは、あなたの強みや性格が詳しくわかる適性診断を受けられ、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接特別招待がもらえるアプリです。

大手を含む隠れ優良企業からの特別招待をもらうには、あなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /   大手,優良企業から特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

文系就活生が人気企業に就職するための対策法

就活生ちゃん

私は、文系ですが、絶対に就活で成功したいです。

なので、文系就活生がやっておくべき対策を教えてください!

では、以下で、文系就活生が人気企業に就職するための対策法について詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部

文系就活生が人気企業に就職するための対策法
  • 対策法①:自己分析をして自分を理解する
  • 対策法②:インターンシップに参加しておく
  • 対策法③:ES・面接対策を深く行う

 

対策法①:自己分析をして自分を理解する

文系就活生が人気企業に就職するための対策法1つ目は、「自己分析をして自分を理解する」です。

文系は、専門知識がない人が多いので、スキルというよりはポテンシャルスキルで勝負といった感じです。

なので、自身の長所や成果などを顕在化してアピールすることが必要になってきます。

自己分析は、そのための第一歩でもあるので、自分を理解することから就活を始めましょう。

文系に限らず、自己分析は自身の強みを理解できる就活に必要な要素です。

なので、就活で成功したい方は自己分析をして自身への理解を深めましょう。

おすすめの自己分析のやり方については以下の記事で解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

対策法②:インターンシップに参加しておく

文系就活生が人気企業に就職するための対策法2つ目は、「インターンシップに参加しておく」です。

インターンシップに参加することで、文系学部では学べないプログラミングやマーケティングスキルを学ぶことができるからです。

さらに、インターンシップでの実績は、就活でも説得力のあるものになります。

加えて、学業だけでなく、仕事でも成果を出せることをアピールできるのでインターンシップの参加はしておいた方がいいです。

インターンシップは、1dayや短期、長期などありますが、個人的には長期インターンがオススメです。

インターンシップの経験があるだけでも、就活はいい方向に傾く可能性があるので自分の合ったインターンシップに参加してみてください!

以下に、おすすめのインターンシップインターンシップを探せるサイトについて解説している記事を紹介しておくので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

対策法③:ES・面接対策を深く行う

文系就活生が人気企業に就職するための対策法3つ目は、「ES・面接対策を深く行う」です。

文系のESで企業が重視するポイントは、学問に対する姿勢志望業界と関係する場合は研究内容と関係性です。

例として、学問に対する姿勢を企業が知れることで、仕事へのアプローチの仕方などを把握することができます。

また、文系の面接ではポテンシャルスキルをアピールすることが重要です。

理系と違い、文系は専門知識や専門技術を持つ人が少ないので、長所や成果の潜在的能力のアピールが内定をもらえるポイントになります。

なので、ESや面接においても、自身を深堀りして、対策を重ねていくのが良いでしょう。

文系に限らず、ESや面接は就活においてとても重要です。

文系ならではの強みなども考えてみるといいかもしれませんね。

ガクチカの深堀りや面接対策のやり方については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

「業界研究のやり方がわからない…」「そもそも自分にはどんな業界が合ってるのか…」という就活生には、OfferBoxがおすすめです。

OfferBoxを利用すると、251問の質問の性格診断とあなたが登録したプロフィールを見た優良大手~ベンチャー企業からオファーがもらえます。

自分が向いている業界がわからない方は、OfferBoxでスカウトをもらって選考に進んでみましょう。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxで強みと適性職種を発掘し、優良企業のスカウトGET
  • あなたの経験や強みから優良企業の特別スカウトが届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

また、「自分に向いている業界が分からない…」という就活生は向いている業界診断ツールおすすめ14選という記事を参考にして、自分に向いている業界を見つけましょう。

就活アドバイザー 京香


文系の就職が不利/難しいと言われる理由

就活生くん

僕は、文系学部に所属しています。

周りで、文系の就活は難しいという意見があるのですが、なぜなのでしょうか?

たしかに、どうして文系の就活が難しいと言われるのか気になりますよね。

では以下で、文系の就活が不利/難しいと言われる理由について解説していきます。

「就活の教科書」編集部

文系の就職が不利/難しいと言われる理由
  • 理由①:専門的なスキルがないから
  • 理由②:大学で学んだことを活かしにくいから
  • 理由③:推薦が少ないから

 

理由①:専門的なスキルがないから

文系の就活が不利/難しいと言われる理由1つ目は、「専門的なスキルがないから」です。

文系は、理系と比べると、専門的な知識やスキルに欠けます

しかし、就活が不利になることはありません。

なぜなら、専門的な知識やスキルがなくても、「学生時代に頑張ったこと」や「コミュケーション能力」など学業以外の経験でアピールをすることができるからです。

文系だから就活が不利になることはありませんが、専門的なスキルがないという点で、文系は就活が難しいと言われています。

たしかに、理系と比べると不安になる気持ちもわかりますね。

しかし、文系ならではの潜在的な能力などの強みもあるので、就活に不利ということはないでしょう。

「就活の教科書」編集部

 

理由②:大学で学んだことを活かしにくいから

文系の就活が不利/難しいと言われる理由2つ目は、「大学で学んだことを活かしにくいから」です。

文系が学校で学ぶことは、仕事に直結しにくいことが多いので、実際の仕事で活かせるスキルが想像しにくいです。

しかし、専門的な技術や知識を持たない分、文系にもメリットがあります。

それは、専門性に特化した知識をもつ理系よりも「幅広い仕事に対応できる」というイメージがあり、入社後はスキルや経験に関係なく、様々な仕事に関われます

文系は、専門知識がないことが一見不利に思えますが、実際はどんな仕事にも対応できるというようなイメージがあるため、多くの仕事に関わることができます。

大学で学んだことが活かせなくても、文系ならではのメリットが存在しています。

「就活の教科書」編集部

 

理由③:推薦が少ないから

文系の就活が不利/難しいと言われる理由3つ目は、「推薦が少ないから」です。

文系は、理系と比べて「推薦応募」を利用するケースが少ないことが原因で、就活が不利/難しいと言われています。

就活が不利/難しいというよりは、内定時期の早さが違うと言えます。

推薦応募が使えると、自身で企業を選んで応募する一般的な就活よりも、選考回数が少なくなるので内定の時期が早まります

この推薦応募を使った内定時期の違いが、文系の就活が不利/難しいと言われる理由です。

理系は、文系と比べて推薦応募が多いです。

そのため、文系は不利なように思えますが、内定時期が少し遅いだけで不利というわけではないです。

「就活の教科書」編集部

 

穴場のホワイト企業・優良企業を教えて!

「ホワイト企業をたくさん教えて欲しい!」「優良企業に就職したい!」と思う方は、OfferBox」を使うのがおすすめです!

OfferBoxは、あなたの強みや性格が詳しくわかる適性診断を受けられ、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接特別招待がもらえるアプリです。

大手を含む隠れ優良企業からの特別招待をもらうには、あなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /   大手,優良企業から特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

文系の就職先に関するよくある質問

就活生ちゃん

私は、文系学部出身なので就職できるか不安です。

文系でも就職できるのでしょうか?

文系の就活は難しいと言われていたら、たしかに不安になりますよね。

では以下で、文系の就活に関するよくある質問に詳しく答えていきます。

「就活の教科書」編集部

 

質問①:文系大学生は就職できないの?

文系の就職先に関するよくある質問1つ目は、「文系大学生は就職できないの?」です。

結論からいうと、文系大学生は就職できます

内定率(令和2年度の文系の就職率は96.0%、理系の就職率は95.9%)を見ても、文系と理系で大きく違っているなんてこともありません。

就職自体はできますが、選べる業界の範囲は理系よりも少し狭いかもしれません。

文系でも就職はできます。

文系は就職が不利/難しいと言われていますが、実際そんなことはないというわけです。

「就活の教科書」編集部

 

質問②:文系の就職で有利な学部・学科はどこ?

文系の就職先に関するよくある質問2つ目は、「文系の就職で有利な学部・学科はどこ?」です。

文系の就活で有利と言われるのは、法学部経済学部外国語学部です。

法学系は、弁護士、裁判官、行政書士といった士業になるために必要な知識を得ることができ、公務員試験の内容とも重複するため、官公庁へ就職する人も多いです。

経済学部は、数字に強いというイメージが世間的に定着していることから、金融業、商社などで採用が多く、公務員になる学生も多いようです。

外国語学部は、諸外国語が使えるということで、海外に拠点を置く企業は、外国語に堪能な人材を求めているため、就職が少し楽かもしれません。

文系の学部学科の違いで就職の不利有利があることは断定できませんが、以上の学部は専門スキルがあることから、就職しやすいと考えられますね。

上記以外の学部でも、就職は問題なくできるので不安になることはありません。

選考対策などをし、自信を持って、就活を進めましょう。

また、法学部、経済学部、外国語学部の就職先については以下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

「業界研究のやり方がわからない…」「そもそも自分にはどんな業界が合ってるのか…」という就活生には、OfferBoxがおすすめです。

OfferBoxを利用すると、251問の質問の性格診断とあなたが登録したプロフィールを見た優良大手~ベンチャー企業からオファーがもらえます。

自分が向いている業界がわからない方は、OfferBoxでスカウトをもらって選考に進んでみましょう。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxで強みと適性職種を発掘し、優良企業のスカウトGET
  • あなたの経験や強みから優良企業の特別スカウトが届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

また、「自分に向いている業界が分からない…」という就活生は向いている業界診断ツールおすすめ14選という記事を参考にして、自分に向いている業界を見つけましょう。

就活アドバイザー 京香


まとめ:文系就活が厳しいのは嘘なので、対策して人気企業に就職しよう

この記事「【就職できる?】文系におすすめの就職先ランキング | 文系女子におすすめの就職先,対策方法も」はいかがだったでしょうか?

この記事では、「文系の就職は難しいのか」「文系にオススメの就職先ランキング」など詳しく解説しました。

また、「文系の女性にオススメの就職先人気ランキング」も紹介しました。

さらに、「文系大学生が就職しやすいオススメの就職先」や「文系就活生が人気企業に就職するための対策法」についても詳しく解説しました。

では以下で、この記事を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆【就職先ない?】文系大学生の就活実態

  • 実態①:文系の就職先がないのは嘘
  • 実態②:文系の就職は不利になることはない
  • 実態③:応募できる業界は理系と同じ

◆【人気別】文系におすすめの就職先企業ランキング

◆文系女子におすすめの就職先人気企業ランキング

◆【業界別】文系大学生が就職しやすいおすすめの就職先

  • 就職先①:インフラ業界(企業例:関西電力)
  • 就職先②:金融業界(企業例:三菱UFJ銀行)
  • 就職先③:メーカー業界(企業例:バンダイ)
  • 就職先④:IT・通信業界(企業例:楽天グループ)
  • 就職先⑤:商社業界(企業例:伊藤忠商事)
  • 就職先⑥:広告・マスコミ業界(企業例:講談社)
  • 就職先⑦:旅行業界(企業例:JTBグループ)

◆文系就活生が人気企業に就職するための対策法

  • 対策法①:自己分析をして自分を理解する
  • 対策法②:インターンシップに参加しておく
  • 対策法③:ES・面接対策を深く行う

◆文系の就職が不利/難しいと言われる理由

  • 理由①:専門的なスキルがないから
  • 理由②:大学で学んだことを活かしにくいから
  • 理由③:推薦が少ない

◆文系の就職先に関するよくある質問

  • 質問①:文系大学生は就職できないの?
  • 質問②:文系の就職で有利な学部・学科はどこ?

◆まとめ:文系就活が厳しいのは嘘なので、対策して人気企業に就職しよう