【内定者が教える】履歴書添削のおすすめサイト8選 | 添削のメリットも

サイト監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • 履歴書も添削してもらった方がいい
  • 履歴書のおすすめ添削方法8つ
  • 履歴書を添削してもらうメリット3つ
  • 履歴書を自分で添削するには:自己添削のポイント3つ
  • 「企業提出前に、ES・履歴書を添削してもらいたい!」という就活生は、【23卒限定】スタキャリ(就活エージェント)で就活のプロから、企業目線でアドバイスをもらうのがおすすめ

皆さんこんにちは。「就活の教科書」編集部の森山です。

今回は、履歴書の添削について解説します。

就活生のみなさんは誰かに履歴書を添削してもらったことはありますか?

「就活の教科書」編集部 森山

就活生くん

僕は、誰かから履歴書の添削をしてもらったことはないです・・・

履歴書は、自分の経歴とかをを書けばそれで良いんじゃないの?

就活生ちゃん

私は、誰かに履歴書を添削してほしいと思っているのですが、誰に添削をしてもらえば良いんだろう・・・

履歴書の添削について、不安なことは多いですよね。

僕も就活中で、どんな内容の履歴書がベストなのかを試行錯誤しているので、気持ちはすごく分かります。

「就活の教科書」編集部 森山

 

そこでこの記事では、履歴書を添削するおすすめの方法について解説します。

さらに、履歴書を添削してもらうメリットや、自分で添削する時のポイントも紹介します。

この記事を読めば、「履歴書の内容がしっかりしてなかったから、選考に落ちてしまった…」なんてことを避けられます。

履歴書に不安を感じる就活生のみなさんは、ぜひ最後まで読んでみてください。

先に結論を伝えておくと、おすすめのES/履歴書添削サービスはスタキャリです。

スタキャリを使うと、元人事や大企業出身者などの就活のプロがあなたのESや履歴書を無料で添削してくれます。

そのため、志望企業に内定できるレベルのESを作れるようになります。

LINEから利用できるので「ES添削してもらいたいけど、頼む人いない…」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> スタキャリでES/履歴書添削をお願いしてみる

 

履歴書も添削してもらった方がいい

就活生くん

履歴書って、誰かに添削してもらった方が良いんですか?
結論から言うと、履歴書は添削してもらった方が良いです。

「就活の教科書」編集部 森山

 

履歴書を誰にも添削してもらわずに企業に提出して、選考に落ちてしまう就活生は多いです。

その理由は、自分の主観が入りすぎているために、他の人が読むと分かりにくい履歴書になっているからです。

他人に添削をしてもらうことで、自分の主観がある程度なくなり、分かりやすい履歴書になります。

では次に、履歴書のおすすめ添削方法を3つ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

また「オンライン完結のES添削サービス」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

【就活完全攻略!】オンライン完結のES添削サービス4選 | マイナビ添削,就活SWOT,ES添削カメラ,ES添削.me,Matcher,ビズリーチ・キャンパス【就活:転職】

 


履歴書のおすすめ添削方法8つ

就活生ちゃん

私は、履歴書を誰かに添削してもらいたいのですが、こんな時って誰にお願いしたらいいのでしょうか?

実は、履歴書は添削してもらえる方法・サービスがたくさん存在します!

「自分の考えた履歴書が不安で、添削してもらいたい・・・」そんな就活生にオススメです。

「就活の教科書」編集部 森山

履歴書を添削してもらえる方法を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

履歴書を添削してもらえるおすすめ方法

それでは、履歴書のおすすめ添削方法8つをそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

【23卒優先】サービス①:スタキャリ

履歴書を添削してもらえるおすすめ添削方法1つ目は、スタキャリです。

スタキャリは、株式会社ナイモノが運営している就活支援サービスです。

スタキャリを利用すると、人事経験者大手企業出身者のアドバイザーの方から無料でES添削/履歴書を受けられます。

就活の悩みを気軽に相談できたり、面接対策他の就活性が知らない隠れ優良企業の紹介なども行ってくれます。

また、より内定に近づくための就活支援セミナーも受けられるので、就活を有利に進められるようになりますよ。

「スタキャリ」では、ES添削/履歴書と面接対策ができるため、選考の突破率が上がること間違いなしです。

「ESや履歴書を誰かに添削してもらいたい!」「面接を受けているけど、内定がなかなかもらえない…」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

>> スタキャリを利用してみる

 

【23卒優先】サービス②:ミーツカンパニー就活サポート

MeetsCompany

履歴書を添削してもらえるおすすめ添削方法2つ目は、ミーツカンパニー就活サポートです。

オンライン面談もできるため利用しやすく、就多くの就活生が利用している人気サービスです。

「ミーツカンパニー就活サポート」では、自分に合った履歴書を作ってもらえますよ。

無料で就活対策や企業紹介もしてもらえるので、就活生の方はぜひ利用してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

>> ミーツカンパニー就活サポートの無料ES添削サービスを見てみる

 

ミーツカンパニー就活サポートの就活生の評判は、こちらの記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

【23卒優先】サービス③:キャリアチケット

履歴書を添削してもらえるおすすめ添削方法3つ目は、キャリアチケットです。

キャリアチケットは、レバレジーズ株式会社が運営している新卒向け就活サポートサービスです。

就活生一人ひとりに合った履歴書の添削を、プロのアドバイザーがしてくれます。

履歴書の添削だけでなく、企業の紹介もしてくれるので、キャリアチケットは多くの就活生から支持されてます。

「就活の教科書」編集部 森山

>> キャリアチケットの無料添削サービスを見てみる

 

キャリアチケットの就活生の評判や使い方は、こちらの記事で解説していますので、合わせて参考にして下さい。

 

【23卒優先】サービス④:キャリアパーク就職エージェント

キャリアパーク就職エージェント

履歴書を添削してもらえるおすすめ添削方法4つ目は、キャリアパーク就職エージェントです。

キャリアパーク就職エージェントを運営するのは、東京証券取引所に上場しているポート株式会社です。

就活生一人ひとりに合った履歴書の添削を、プロのアドバイザーがしてくれます。

履歴書の添削だけでなく、企業の紹介もしてくれるので、キャリアパーク就職エージェントは多くの就活生から支持されてます。

「就活の教科書」編集部 森山

>> キャリアパーク就職エージェントの履歴書添削サービスを試してみる

 

キャリアパーク就職エージェントの就活生の評判や使い方は、こちらの記事で解説していますので、合わせて参考にして下さい。

 

【23卒優先】サービス⑤:ジョブスプリング

JobSpring(就活エージェント)

履歴書を添削してもらえるおすすめ添削方法5つ目は、ジョブスプリングです。

「ジョブスプリング」は就活相談やES添削、面接対策から企業紹介まで、就活支援を一括サポートしてくれる就職エージェントです。

「就職支援のプロ」であるエージェントがES添削してくれるだけでなく、AIを活用したマッチングで1000社以上の企業から、マッチする企業を紹介してもらえます。

AIでのマッチング結果に基づいているため、紹介される企業とのマッチ度が高く、ES添削と合わせて内定率を上げることができます。

ジョブスプリングでは、「適性検査Cubic(AIマッチング)」「就活エージェントのヒアリング」の両方を活用することで、精度の高いマッチングを行います。

その結果、ジョブスプリング利用者の3年後離職率はわずか0.1%の水準となっています。

最短2週間で内定した例もあるので、ES添削だけでなく内定が欲しい就活生におすすめです。

「ジョブスプリング」の就活生の評判・口コミや、実際の使い方は、こちらの記事で詳しく解説しています。

「就活の教科書」編集部 森山

>> ジョブスプリングを見てみる

 

サービス⑦:レバテックルーキー

レバテックルーキー

履歴書を添削してもらえるおすすめ添削方法7つ目は、レバテックルーキーです。

レバテックルーキーは、レバテック株式会社が運営するITエンジニア就活に特化した就職エージェントサービスです。

レバテックルーキーを使うと、Fラン就活生でもIT未経験でも、IT業界の選考を突破できるESを書けるようになりますよ。

ただエントリーシートを添削してくれるだけでなく、ITエンジニアについての専門的な情報開示や、IT業界に特化した選考対策もしてくれます。

レバテックルーキーは、IT分野に高い知見を持ったエージェントが多数いるため、IT業界の豊富な人脈やノウハウをもとにES添削をしてくれます。

未経験でも、IT業界に興味のある就活生であれば相談に乗ってくれるので利用してみましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

>> レバテックルーキーの無料ES添削サービスを見てみる

 

「レバテックルーキー」の就活生の評判についてはこの記事で紹介していますので、合わせて参考にしてください。

 

履歴書添削をしてもらえるサービスはこれだけではありませんよ。

もっと履歴書添削サービスを知りたい人は、無料添削サービスおすすめ13選が分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

履歴書はアップデートが何度でもできるので、一度書いただけで終わりではありません。

では次に、履歴書を添削してもらうメリットを3つ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

評価されるガクチカ・自己PR・志望動機などの書き方がわからない…」という方はunistyle(ユニスタイル)ES回答集100選(公式LINE)同時に使って内定者のESを参考にするのが一番おすすめです。

同時に使うことで、ES/履歴書や面接で聞かれる質問と評価される回答のほとんどをカバーできるようになります。

例えば「自己PRで協調性をアピールしたいな…」「金融業界の志望動機ってどうやって書くんだろう…」なんて悩みや不安も解決できますよ。

就活アドバイザー 京香

>> unistyle(ユニスタイル)を見てみる

>> ES回答集100選(公式LINE)を見てみる

 

ちなみに、当サイトがおすすめする無料ES添削サービスは以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてくださいね。

 

たった30秒の就活力診断で人事からの評価を一気に上げるポイントが分かります。

こちらの就活力診断では、あなたの就活戦闘力(Sランクは約2%)や、あなたが今するべき就活対策がわかります。

診断結果から自分の足りていないところがわかり、一気に人事からの評価を上げることができます。

もし「このままで内定取れるのかな」「今、何をするべきか分からない」と悩んでいるなら就活力診断を試してみてください。

>>就活力診断をしてみる(LINEで無料診断)

 


履歴書を添削してもらうメリット3つ

就活生くん

そもそも、あんなにシンプルな履歴書を添削してもらう意味って何があるのかな?

履歴書を添削してもらうメリットとかがあれば教えてほしいです。

各項目がシンプルなのに添削が必要なのかが疑問に感じてしまう気持ちは良く分かります。

ですが、履歴書は添削してもらうとメリットがあります。

「就活の教科書」編集部 森山

履歴書添削のメリット

メリット①:自分では気づかない間違いを見つかる
メリット②:主観的な内容になるのを防げる
メリット③:履歴書の完成度が高まる

それでは、履歴書を添削してもらうメリット3つをそれぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 森山

 

メリット①:自分では気づかない間違いを見つかる

履歴書を添削してもらうメリット1つ目は、「自分では気づかない間違いを見つけてもらえる」です。

履歴書を添削してもらうことで、自分では気づけなかった間違いを指摘してもらえます

自分で書き上げた履歴書は、自分が書いたので間違っていても気付きにくいです。

難しい資格などの名称の記載方法は、自分でも曖昧に覚えてしまいそのまま履歴書に書いてしまっていることもよくあります。

自分1人で履歴書を書いていると、間違った表現や漢字等を使っていることに気づけません。

なるべく多くの人に志望動機を添削してもらうことで、ミスを限りなく減らせます。

また、事前に履歴書に関するマナー等を把握しておくことで、提出に関するミスを防ぐことができます。

「就活の教科書」編集部 森山

 

 

メリット②:主観的な内容になるのを防げる

履歴書を添削してもらうメリット2つ目は、「主観的な内容になるのを防げる」です。

履歴書には、「志望動機」「履歴書」「学生時代に頑張ったこと」などあなたならではの言葉でアピールできる項目があります。

志望動機などを自分の言葉で書くと、どうしても客観性に欠けた文章ができあがってしまうことが多いです。

客観性に欠けていて、採用担当者に伝わりにくい志望動機だと選考に通るのは難しいです。

誰が読んでも、伝わりやすいような履歴書にするためにも添削でアドバイスをもらいましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

メリット③:履歴書の完成度が高まる

履歴書を添削してもらうメリット3つ目は、「履歴書の完成度が高まる」です。

「趣味・特技・資格・免許の書き方」や「履歴書」を添削してもらうことで、完成度の高い履歴書になります。

履歴書を普段から書き慣れている就活生は多くないので、一発目から履歴書のクオリティーが高い人は稀でしょう。

そのため、履歴書は添削を依頼することで、今よりも一層完成度を高めることができます。

履歴書の完成度を高くするために、どんな就活生でも一度は履歴書を添削してもらいましょう。

添削をお願いする場合は、きちんととマナーを守って、正しい添削依頼メールを送りましょう。

添削依頼メールに関して詳しく知りたい人は、添削依頼メールの書き方や例文が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

履歴書を自分で添削するには:自己添削のポイント3つ

就活生ちゃん

知らない人に履歴書を添削されるのは、厳しく添削をされそうで少し不安です。

履歴書の添削で、何か他に良い方法はありませんか?

知らない人に履歴書を添削してもらうことに抵抗のある就活生もいますよね。

そんな時は、自分で履歴書を添削してみるべきです。

自分で履歴書を添削する時には、次の3つのポイントを意識しましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

履歴書を自分で添削するときのポイント
  • ポイント①:内容が簡潔に書かれているか
  • ポイント②:空欄や空白がないか
  • ポイント③:免許や資格欄の誤りがないか
それでは、履歴書を自分で添削するときのポイント3つをそれぞれ解説していきましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ポイント①:内容が簡潔に書かれているか

履歴書を自分で添削するときのポイント1つ目は、「内容が簡潔に書かれているか」です。

履歴書の内容がシンプルに記入してあるかを確認しましょう。

自分しか言わない表現や、伝わらない内容だと、履歴書が一気に読みにくくなります

誰にみられてもいいような一般的な表現に直し、見やすい内容になっているかを確認しましょう。

簡潔な内容になるように添削をすると、意味が通り読みやすくなります。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ポイント②:空欄や空白がないか

履歴書を自分で添削するときのポイント2つ目は、「空欄や空白がないか」です。

空欄や空白があるような履歴書には注意しましょう。

履歴書の空白が目立つと、採用担当者に「この就活生は、本当に受ける気があるのか」という印象を与えてしまう恐れがあります。

企業側は、意欲のない人をわざわざ面接に呼びたいとは思いません

履歴書の各項目を余すことなく使い、空欄や空白が内容にしましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ポイント③:免許や資格欄の誤りがないか

履歴書を自分で添削するときのポイント3つ目は、「免許や資格欄の誤りがないか」です。

略称を使用したり、あいまいな記憶で資格名を記入するのはやめましょう。

資格などの書き方が間違っていると、採用担当者に誤解を与えてしまう可能性があります。

また、免許・資格を持っていない人は必ず「特になし」と記入しましょう。

何も書いていないと、記入漏れと誤解されたり、雑な印象を与えたりする可能性があるので注意が必要です。

履歴書の書き方で悩む就活生は非常に多いです。

そのため、正しい書き方か事前に把握して履歴書を作成しましょう。

下記の記事で、正しい書き方を項目ごとに紹介しているので、合わせて読むことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 森山

 

履歴書添削だけでなく、エントリーシートを添削してくれるサービスもありますよ。

エントリーシートを添削してほしいと考えている人は、各カテゴリのエントリーシート添削サービスおすすめが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

 

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:履歴書は必ず誰かに添削をお願いしよう

この記事の「【誰かに依頼しよう】履歴書の添削おすすめ方法4選 | 添削のメリットも」はいかがだったでしょうか。

今回は、「就活の教科書」編集部の森山が、履歴書のおすすめの添削方法について解説しました。

合わせて、履歴書を添削してもらうメリットや、自分で添削する時のポイントも紹介しました。

「就活の教科書」編集部 森山

この記事で学んだことをまとめると、以下の通りです。

この記事のまとめ

履歴書は添削した方がいい

履歴書のおすすめ添削方法8つ

履歴書を添削してもらうメリット3つ

  • メリット①:自分では気づかない間違いを見つかる
  • メリット②:主観的な内容になるのを防げる
  • メリット③:履歴書の完成度が高まる

履歴書を自分で添削するには:自己添削のポイント3つ

  • ポイント①:内容が簡潔に書かれているか
  • ポイント②:空欄や空白がないか
  • ポイント③:免許や資格欄の誤りがないか

まとめ:履歴書は必ず誰かに添削をお願いしよう

履歴書は、どうしても客観性に欠けてしまいやすいです。

第三者に添削をしてもらい、客観性を高め理解しやすい内容にして、企業の選考を通過しましょう。

どんなに自信があっても、履歴書は企業に提出する前に添削してもらうことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 森山