【最新版】新卒向け履歴書添削のおすすめサイト11選 | メリット,ポイントも

本ページはプロモーションを含みます

この記事でわかること

 

はじめに

この記事では、履歴書を添削するおすすめの方法について解説します。

さらに、履歴書を添削してもらうメリットや、自分で添削する時のポイントも紹介します。

ちなみに、「ES添削や面接対策をして欲しい」「内定が貰えなくてなんとかしたい」という人は、就活のプロが内定までサポートしてくれる「キャリアチケットなどの就活エージェントを活用しましょう。

この記事を読めば、「履歴書の内容がしっかりしてなかったから、選考に落ちてしまった…」なんてことを避けられます。

履歴書に不安を感じる就活生のみなさんは、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

「ESを誰かに添削してもらいたい!」という方は、スタキャリ×ジョーカツを使って、就活のプロに見てもらい、志望企業に内定できるレベルのESを作るのが一番おすすめです。

ちなみにスタキャリ×ジョーカツ以外にも、難関企業内定者のESが見放題の「選考通過ES(公式LINEで無料見放題)」、選考通過ESが71,733枚見放題の「unistyleもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】ES・履歴書添削のおすすめツール(無料)
\ 最短2週間※1で内定獲得! / ES添削,その他選考サポートを受ける
(キャリアチケット)

*対策後の内定率78%UP※2!


※12022年度実績
※2 2021年度のキャリアチケットご利用者で選考対策の実施有無を比較

「結局どのサービスを使えば良いかわからない…」という方はキャリアチケットで就活のプロに添削してもらうのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

内定者のESを無料公開中!

「ESが上手く書けない…」「ES選考で落ちてしまう…」なら、就活の教科書公式LINEから無料で受け取れる選考通過ESがおすすめです。

選考通過ESは、大手企業内定者のESが見放題なので自己PR・ガクチカ・志望動機などでの悩みがなくなります。

人事に評価されるESの書き方もわかり、ESで落ちる確率をかなり減らせるので、ぜひ公式LINEから使ってみてくださいね。

\ すでに140,000人以上が利用! / 内定者のESを見てみる
選考通過ES
公式サイト
(https://reashu.com/linelp-es/)

*就活の教科書公式LINEで無料配布中!

ちなみに無料でES添削してくれるサービスは他にもあるので、「ES添削してもらいたい」という就活生はエントリーシート添削の無料サービスおすすめ20選という記事を読んでみてください。

就活アドバイザー 京香

履歴書も添削してもらった方がいい

履歴書も添削してもらうといい

就活生くん

やっぱり履歴書は添削をしてもらった方がいいのかな・・・

履歴書は、自分の経歴とかをを書けばそれで良いんじゃないの?

就活生ちゃん

私は、誰かに履歴書を添削してほしいと思っているのですが、誰に添削をしてもらえば良いんだろう・・・

履歴書の添削について、不安なことは多いですよね。

僕も就活中で、どんな内容の履歴書がベストなのかを試行錯誤しているので、気持ちはすごく分かります。

なので今回は、履歴書添削のおすすめサイト11選を紹介します

ちなみに、「ES添削や面接対策をして欲しい」「内定が貰えなくてなんとかしたい」という人は、就活のプロが内定までサポートしてくれる「スタキャリ×ジョーカツなどの就活エージェントを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

履歴書はできる限り添削してもらおう

履歴書を誰にも添削してもらわずに企業に提出して、選考に落ちてしまう就活生は多いです。

その理由は、自分の主観が入りすぎているために、他の人が読むと分かりにくい履歴書になっているからです。

他人に添削をしてもらうことで、自分の主観がある程度なくなり、分かりやすい履歴書になります。

最近では、履歴書を無料で添削してくれるサービスも数多くあります。

「就活の教科書」編集部 森山

また「オンライン完結のES添削サービス」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

【就活完全攻略!】オンライン完結のES添削サービス4選 | マイナビ添削,就活SWOT,ES添削カメラ,ES添削.me,Matcher,ビズリーチ・キャンパス【就活:転職】

 

企業側のニーズに合った履歴書を作成しよう

そもそも、どの企業の書類選考も絶対に突破できる履歴書を作成することは難しいです。

それは、企業側が求める人物像と履歴書に現れる応募側の人物像がマッチしないことがあるためです。

さらに、求人によっては一定の経験やスキルを必須要件に組み込む企業も存在します。

要件に当てはまらない人が応募しても、合格することは難しいです。

そのため、履歴書の完成度も大切ですが、企業側のニーズに合った履歴書を作成することを意識しましょう。

そして、企業側のニーズに合った履歴書に添削してもらうためには、志望する企業を理解しているキャリアアドバイザーが必要です。

なので、エージェントに登録して履歴書を作成・添削することがおすすめと言えるでしょう。

勿論、キャリアセンターや先輩・ハローワークの方々も完成度の高い履歴書に添削することは可能です。

しかし「企業側のニーズに合った履歴書を作成する」ことを意識するならば、エージェントに所属するキャリアアドバイザーの方々に分があるでしょう。

以下で、新卒・転職者向けのおすすめエージェントを紹介して行きます!

気になったエージェントをまずはチェックしてみましょう!

就活アドバイザー 京香

 

「ES添削を誰かにお願いしたい」「ESの書き方がわからない…」と困っている方は、キャリアチケットでOB以外の就活のプロに手伝ってもらうのがおすすめです。

キャリアチケットでは、ES添削や面接対策など、就活のプロによる選考サポートが全て無料で受けられます。

人事目線でのアドバイスを行ってくれるので、ESで困っているならキャリアチケットを利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「キャリアチケット」なら就活のプロから無料で質の高いES添削を受けられる!

  • 就活のプロに選考企業に合った質の高いES添削・面接対策を無料でしてもらえる
  • あなたの強みや専攻を活かせる優良企業とマッチ
  • 就活のプロに会って無料で就活サポートをしてもらえる

ES添削については、【誰に頼むのが良い?】エントリーシート添削の無料サービスおすすめ15選 | ES添削の有料サイトもという記事にまとめています。

この記事を読むと選考に通過できるES添削をしてもらえます。

就活アドバイザー 京香


【新卒向け】履歴書のおすすめ添削サービス7つ

履歴書のおすすめ添削サービス

就活生ちゃん

履歴書の添削サービスってどんなものがおすすめですか?

色々なサービスがありすぎて迷ってしまいます…

先述した通り、履歴書の添削サービスはエージェント型がおすすめです!

エージェント型はキャリアアドバイザーとやり取りしながら、志望企業に合った履歴書を作成できます。

「この企業はこの質問をよく深ぼられます」「このスキルをアピールしましょう」と具体的なアドバイスを参考に履歴書を作成しましょう。

就活アドバイザー 京香

【新卒向け】履歴書のおすすめ添削サービス

それでは、履歴書のおすすめ添削方法7つをそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

サービス①:スタキャリ×ジョーカツ

履歴書を添削してもらえるおすすめ添削方法は、スタキャリ×ジョーカツです。

スタキャリ×ジョーカツでは、企業ごとにマンツーマンで履歴書添削をしてくれます

また、就活アドバイザーを自分で選べるので安心です。

スタキャリ×ジョーカツでは、完全無料で利用でき、履歴書添削してもらえる就活アドバイザーを自分で選べる安心できる人気サービスです。

面接対策や企業紹介もしてもらえるので、就活生の方はぜひ利用してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

スタキャリ×ジョーカツの就活生の評判は、こちらの記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

サービス②:キャリアチケット

履歴書を添削してもらえるおすすめ添削方法は、キャリアチケットです。

キャリアチケットは、レバレジーズ株式会社が運営している新卒向け就活サポートサービスです。

就活生一人ひとりに合った履歴書の添削を、プロのアドバイザーがしてくれます。

履歴書の添削だけでなく、企業の紹介もしてくれるので、キャリアチケットは多くの就活生から支持されてます。

「就活の教科書」編集部 森山

 

キャリアチケットの就活生の評判や使い方は、こちらの記事で解説していますので、合わせて参考にして下さい。

 

サービス③:ミーツカンパニー就活サポート

ミーツカンパニー

履歴書を添削してもらえるおすすめ添削方法は、ミーツカンパニー就活サポートです。

オンライン面談もできるため利用しやすく、就多くの就活生が利用している人気サービスです。

「ミーツカンパニー就活サポート」では、自分に合った履歴書を作ってもらえますよ。

無料で就活対策や企業紹介もしてもらえるので、就活生の方はぜひ利用してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ミーツカンパニー就活サポートの就活生の評判は、こちらの記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

サービス④:ジョブスプリング

JobSpring(就活エージェント)

履歴書を添削してもらえるおすすめ添削方法は、ジョブスプリングです。

「ジョブスプリング」は就活相談やES添削、面接対策から企業紹介まで、就活支援を一括サポートしてくれる就職エージェントです。

「就職支援のプロ」であるエージェントがES添削してくれるだけでなく、AIを活用したマッチングで1000社以上の企業から、マッチする企業を紹介してもらえます。

AIでのマッチング結果に基づいているため、紹介される企業とのマッチ度が高く、ES添削と合わせて内定率を上げることができます。

ジョブスプリングでは、「適性検査Cubic(AIマッチング)」「就活エージェントのヒアリング」の両方を活用することで、精度の高いマッチングを行います。

その結果、ジョブスプリング利用者の3年後離職率はわずか0.1%の水準となっています。

最短2週間で内定した例もあるので、ES添削だけでなく内定が欲しい就活生におすすめです。

「ジョブスプリング」の就活生の評判・口コミや、実際の使い方は、こちらの記事で詳しく解説しています。

「就活の教科書」編集部 森山

 

 

サービス⑤:シュトキャリ

履歴書を添削してもらえるおすすめ添削方法は、シュトキャリです。

シュトキャリは、株式会社ヒトツメが運営する就活エージェントです。

シュトキャリでは、新卒サポート歴3年以上の就活のプロがあなたの履歴書を添削してくれます。

また、履歴書添削だけではなく「あなたに合った企業」を紹介し、選考までサポートしてくれるためおすすめですよ。

シュトキャリでは、自信があまりない就活生や、アピールする強みがないと感じる就活生でも気軽に相談できます。

就活の悩みを相談したい人も、一度話を聞いてもらい、アドバイスを受けてみることがおすすめです。

「就活の教科書」編集部 森山

 

サービス⑥:キャリアパーク就職エージェント

キャリアパーク就職エージェント

履歴書を添削してもらえるおすすめ添削方法は、キャリアパーク就職エージェントです。

キャリアパーク就職エージェントを運営するのは、東京証券取引所に上場しているポート株式会社です。

就活生一人ひとりに合った履歴書の添削を、プロのアドバイザーがしてくれます。

履歴書の添削だけでなく、企業の紹介もしてくれるので、キャリアパーク就職エージェントは多くの就活生から支持されてます。

「就活の教科書」編集部 森山

 

キャリアパーク就職エージェントの就活生の評判や使い方は、こちらの記事で解説していますので、合わせて参考にして下さい。

 

サービス⑦:レバテックルーキー

履歴書を添削してもらえるおすすめ添削方法は、レバテックルーキーです。

レバテックルーキーは、レバテック株式会社が運営するITエンジニア就活に特化した就職エージェントサービスです。

レバテックルーキーを使うと、学歴に自信が無かったり、IT未経験でも、IT業界の選考を突破できるESを書けるようになりますよ。

ただエントリーシートを添削してくれるだけでなく、ITエンジニアについての専門的な情報開示や、IT業界に特化した選考対策もしてくれます。

レバテックルーキーは、IT分野に高い知見を持ったエージェントが多数いるため、IT業界の豊富な人脈やノウハウをもとにES添削をしてくれます。

未経験でも、IT業界に興味のある就活生であれば相談に乗ってくれるので利用してみましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

「レバテックルーキー」の就活生の評判についてはこの記事で紹介していますので、合わせて参考にしてください。

 

内定者のESを無料公開中!

「ESが上手く書けない…」「ES選考で落ちてしまう…」なら、就活の教科書公式LINEから無料で受け取れる選考通過ESがおすすめです。

選考通過ESは、大手企業内定者のESが見放題なので自己PR・ガクチカ・志望動機などでの悩みがなくなります。

人事に評価されるESの書き方もわかり、ESで落ちる確率をかなり減らせるので、ぜひ公式LINEから使ってみてくださいね。

\ すでに140,000人以上が利用! / 内定者のESを見てみる
選考通過ES
公式サイト
(https://reashu.com/linelp-es/)

*就活の教科書公式LINEで無料配布中!

ちなみに無料でES添削してくれるサービスは他にもあるので、「ES添削してもらいたい」という就活生はエントリーシート添削の無料サービスおすすめ20選という記事を読んでみてください。

就活アドバイザー 京香

【転職向け】履歴書のおすすめ添削サービス4つ

続いては、転職者向けの履歴書添削サービスをご紹介します。

「就活の教科書」編集部 森山

【転職向け】履歴書のおすすめ添削サービス

 

サービス①:ハタラクティブ(未経験向け)

履歴書を添削してもらえるおすすめ添削方法1つ目は、「ハタラクティブ」です。

ハタラクティブはレバレジーズが運営しているサービスで、20代の未経験者に特化しています。

就活経験がない場合でも丁寧にサポートしてもらえることが魅力のサービスです。

ハタラクティブに登録すると、履歴書の添削はもちろん、アドバイザーによる求人紹介キャリア相談面接対策などのサポートを無料で受けることができます。

また、ハタラクティブは未経験化の求人も多く掲載していることがうれしいですね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ハタラクティブの就活生の評判や使い方は、こちらの記事で解説していますので、合わせて参考にして下さい。

 

サービス②:リクルートエージェント(求人数最多)

履歴書を添削してもらえるおすすめ添削方法2つ目は「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントは、転職実績・求人数No.1の転職エージェントです。

リクルートエージェントは、転職エージェントとしては、最大手であり、転職を考える方はまず登録しておくべきサービスです。

リクルートエージェントは、大手エージェントゆえに、経験豊富なエージェントが多数在籍していることも魅力の1つです。

リクルートエージェントの特徴:転職実績・求人数No.1

求人数:約120,000件(公開求人数)54万件(2022年9月時点・非公開含む)

おすすめの年齢:20代~60代(幅広い年代)

経験豊富なエージェントが多数在籍するリクルートエージェントであれば、安心して履歴書の添削も受けられますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

サービス③:doda(業界最大手)

履歴書を添削してもらえるおすすめ添削方法3つ目は「doda」です。

dodaは、パーソルキャリアが運営する業界最大手の転職エージェントです。

求人数が20万件以上と非常に多いため、自分に合った求人を見つけやすいことが魅力です。

また、履歴書添削をはじめとする選考対策のサポートも充実しており、年齢や経歴にかかわらずおすすめできるサービスだと言えるでしょう。

dodaは、首都圏以外の求人も多く掲載しています。

「とりあえず登録しておきたい!」転職サービスの1つですね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

サービス④:レバテックキャリア(ITエンジニア/デザイナーに特化)

履歴書を添削してもらえるおすすめ添削方法4つ目は「レバテックキャリア」です。

レバテックキャリアは、レバテックが運営する転職エージェントで、ITエンジニアやITデザイナー向けの求人を多く掲載しています。

ITエンジニア/デザイナーの転職に特化しているため、書類添削面接対策の充実度、提案力の高さは大きな魅力といえるでしょう。

ITエンジニア/デザイナーとして経験があり、転職を希望する人には、特におすすめのエージェントです。

また、レバテックキャリアは年収アップ率が77%と非常に高いため、より高水準の給与を求める人にもおすすめです。

ITエンジニア/デザイナーに特化した転職サービスを受けたい人は、ぜひ登録をおすすめします!

「就活の教科書」編集部 森山

 

履歴書添削をしてもらえるサービスはこれだけではありませんよ。

もっと履歴書添削サービスを知りたい人は、無料添削サービスおすすめ20選が分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

履歴書はアップデートが何度でもできるので、一度書いただけで終わりではありません。

では次に、履歴書を添削してもらうメリットを3つ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

             

履歴書の書き方に関する記事一覧

ESの代わりに履歴書の提出を求められる場合があります。

「履歴書なんて書いたことがないから分からない」という就活生には、 履歴書の書き方 という記事がおすすめです。

この記事を読めば、履歴書の正しい書き方を知れ、効率よく履歴書を完成できるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

                                     

「ES添削を誰かにお願いしたい」「ESの書き方がわからない…」と困っている方は、キャリアチケットでOB以外の就活のプロに手伝ってもらうのがおすすめです。

キャリアチケットでは、ES添削や面接対策など、就活のプロによる選考サポートが全て無料で受けられます。

人事目線でのアドバイスを行ってくれるので、ESで困っているならキャリアチケットを利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「キャリアチケット」なら就活のプロから無料で質の高いES添削を受けられる!

  • 就活のプロに選考企業に合った質の高いES添削・面接対策を無料でしてもらえる
  • あなたの強みや専攻を活かせる優良企業とマッチ
  • 就活のプロに会って無料で就活サポートをしてもらえる

ES添削については、【誰に頼むのが良い?】エントリーシート添削の無料サービスおすすめ15選 | ES添削の有料サイトもという記事にまとめています。

この記事を読むと選考に通過できるES添削をしてもらえます。

就活アドバイザー 京香


履歴書を添削してもらうメリット3つ

履歴書を添削してもらうメリット

就活生くん

そもそも、あんなにシンプルな履歴書を添削してもらう意味って何があるのかな?

履歴書を添削してもらうメリットとかがあれば教えてほしいです。

各項目がシンプルなのに添削が必要なのかが疑問に感じてしまう気持ちは良く分かります。

ですが、履歴書は添削してもらうとメリットがあります。

「就活の教科書」編集部 森山

履歴書添削のメリット

メリット①:自分では気づかない間違いを見つかる
メリット②:主観的な内容になるのを防げる
メリット③:履歴書の完成度が高まる

それでは、履歴書を添削してもらうメリット3つをそれぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 森山

 

メリット①:自分では気づかない間違いが見つかる

履歴書を添削してもらうメリット1つ目は、「自分では気づかない間違いを見つけてもらえる」です。

履歴書を添削してもらうことで、自分では気づけなかった間違いを指摘してもらえます

自分で書き上げた履歴書は、自分が書いたので間違っていても気付きにくいです。

難しい資格などの名称の記載方法は、自分でも曖昧に覚えてしまいそのまま履歴書に書いてしまっていることもよくあります。

自分1人で履歴書を書いていると、間違った表現や漢字等を使っていることに気づけません。

なるべく多くの人に志望動機を添削してもらうことで、ミスを限りなく減らせます。

また、事前に履歴書に関するマナー等を把握しておくことで、提出に関するミスを防ぐことができます。

「就活の教科書」編集部 森山

 

 

メリット②:主観的な内容になるのを防げる

履歴書を添削してもらうメリット2つ目は、「主観的な内容になるのを防げる」です。

履歴書には、「志望動機」「趣味・特技」「学生時代に頑張ったこと」などあなたならではの言葉でアピールできる項目があります。

志望動機などを自分の言葉で書くと、どうしても客観性に欠けた文章ができあがってしまうことが多いです。

客観性に欠けていて、採用担当者に伝わりにくい志望動機だと選考に通るのは難しいです。

誰が読んでも、伝わりやすいような履歴書にするためにも添削でアドバイスをもらいましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

メリット③:履歴書の完成度が高まる

履歴書を添削してもらうメリット3つ目は、「履歴書の完成度が高まる」です。

「趣味・特技・資格・免許の書き方」や「履歴書」を添削してもらうことで、完成度の高い履歴書になります。

履歴書を普段から書き慣れている就活生は多くないので、一発目から履歴書のクオリティーが高い人は稀でしょう。

そのため、履歴書は添削を依頼することで、今よりも一層完成度を高めることができます。

履歴書の完成度を高くするために、どんな就活生でも一度は履歴書を添削してもらいましょう。

添削をお願いする場合は、きちんととマナーを守って、正しい添削依頼メールを送りましょう。

添削依頼メールに関して詳しく知りたい人は、添削依頼メールの書き方や例文が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

内定者のESを無料公開中!

「ESが上手く書けない…」「ES選考で落ちてしまう…」なら、就活の教科書公式LINEから無料で受け取れる選考通過ESがおすすめです。

選考通過ESは、大手企業内定者のESが見放題なので自己PR・ガクチカ・志望動機などでの悩みがなくなります。

人事に評価されるESの書き方もわかり、ESで落ちる確率をかなり減らせるので、ぜひ公式LINEから使ってみてくださいね。

\ すでに140,000人以上が利用! / 内定者のESを見てみる
選考通過ES
公式サイト
(https://reashu.com/linelp-es/)

*就活の教科書公式LINEで無料配布中!

ちなみに無料でES添削してくれるサービスは他にもあるので、「ES添削してもらいたい」という就活生はエントリーシート添削の無料サービスおすすめ20選という記事を読んでみてください。

就活アドバイザー 京香

履歴書を自分で添削するには:自己添削のポイント3つ

履歴書を自己添削するポイント

就活生ちゃん

知らない人に履歴書を添削されるのは、厳しく添削をされそうで少し不安です。

履歴書の添削で、何か他に良い方法はありませんか?

知らない人に履歴書を添削してもらうことに抵抗のある就活生もいますよね。

そんな時は、自分で履歴書を添削してみるべきです。

自分で履歴書を添削する時には、次の3つのポイントを意識しましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

履歴書を自分で添削するときのポイント
  • ポイント①:内容が簡潔に書かれているか
  • ポイント②:空欄や空白がないか
  • ポイント③:免許や資格欄の誤りがないか
それでは、履歴書を自分で添削するときのポイント3つをそれぞれ解説していきましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ポイント①:内容が簡潔に書かれているか

履歴書を自分で添削するときのポイント1つ目は、「内容が簡潔に書かれているか」です。

履歴書の内容がシンプルに記入してあるかを確認しましょう。

自分しか言わない表現や、伝わらない内容だと、履歴書が一気に読みにくくなります

誰にみられてもいいような一般的な表現に直し、見やすい内容になっているかを確認しましょう。

簡潔な内容になるように添削をすると、意味が通り読みやすくなります。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ポイント②:空欄や空白がないか

履歴書を自分で添削するときのポイント2つ目は、「空欄や空白がないか」です。

空欄や空白があるような履歴書には注意しましょう。

履歴書の空白が目立つと、採用担当者に「この就活生は、本当に受ける気があるのか」という印象を与えてしまう恐れがあります。

企業側は、意欲のない人をわざわざ面接に呼びたいとは思いません

履歴書の各項目を余すことなく使い、空欄や空白が内容にしましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ポイント③:免許や資格欄の誤りがないか

履歴書を自分で添削するときのポイント3つ目は、「免許や資格欄の誤りがないか」です。

略称を使用したり、あいまいな記憶で資格名を記入するのはやめましょう。

資格などの書き方が間違っていると、採用担当者に誤解を与えてしまう可能性があります。

また、免許・資格を持っていない人は必ず「特になし」と記入しましょう。

何も書いていないと、記入漏れと誤解されたり、雑な印象を与えたりする可能性があるので注意が必要です。

履歴書の書き方で悩む就活生は非常に多いです。

そのため、正しい書き方か事前に把握して履歴書を作成しましょう。

下記の記事で、正しい書き方を項目ごとに紹介しているので、合わせて読むことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 森山

 

履歴書添削だけでなく、エントリーシートを添削してくれるサービスもありますよ。

エントリーシートを添削してほしいと考えている人は、各カテゴリのエントリーシート添削サービスおすすめが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

「ES添削を誰かにお願いしたい」「ESの書き方がわからない…」と困っている方は、キャリアチケットでOB以外の就活のプロに手伝ってもらうのがおすすめです。

キャリアチケットでは、ES添削や面接対策など、就活のプロによる選考サポートが全て無料で受けられます。

人事目線でのアドバイスを行ってくれるので、ESで困っているならキャリアチケットを利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「キャリアチケット」なら就活のプロから無料で質の高いES添削を受けられる!

  • 就活のプロに選考企業に合った質の高いES添削・面接対策を無料でしてもらえる
  • あなたの強みや専攻を活かせる優良企業とマッチ
  • 就活のプロに会って無料で就活サポートをしてもらえる

ES添削については、【誰に頼むのが良い?】エントリーシート添削の無料サービスおすすめ15選 | ES添削の有料サイトもという記事にまとめています。

この記事を読むと選考に通過できるES添削をしてもらえます。

就活アドバイザー 京香


就活・転職支援サービス以外に履歴書を添削してもらう方法3選

就職サービス以外に添削してもらう方法

就活生ちゃん

就職エージェントなどのサービスで履歴書を添削してもらえることはわかりました。

このようなサービスを使う以外に履歴書を添削してもらう方法はありますか。

就活・転職支援サービス以外に履歴書を添削してもらう方法は3つあります。

それぞれ紹介していきますね!

「就活の教科書」編集部 森山

サービス以外に履歴書を添削してもらう方法
  • 方法①:大学のキャリアセンター
  • 方法②:志望企業のOB・OG
  • 方法③:社会人の知り合い

方法①:大学のキャリアセンター

まず1つ目は、大学のキャリアセンターです。

大学のキャリアセンターはES添削から面接対策まで対応しているところが多く、履歴書添削もしてくれます

就活支援サービス同様、キャリアセンターの職員もたくさんの学生の履歴書を添削した実績があるため、困ったらとりあえずキャリアセンターに行ってみるのも良いでしょう。

キャリアセンターの職員は、あなたの大学の学生を数多く見てきているので、就活サービスよりも的確なアドバイスがもらえるかもしれません。

自分の大学のキャリアセンターなら履歴書を添削してもらうハードルは低いですね!

「就活の教科書」編集部 森山

 

方法②:志望企業のOB・OG

2つ目は、志望企業のOB・OGです。

志望企業のOB・OGが知り合いにいる場合は、積極的に添削をお願いすると良いでしょう。

なぜなら、OB・OGの方は志望企業に入社できており、企業が求める人材と言えるからです。

OB・OGに履歴書を添削してもらうことで、「志望企業が求める人材」という観点からFBや添削をもらうことができます。

志望企業のOB・OGがいれば、履歴書添削だけでなく、ESや面接対策も積極的にお願いしましょう!

履歴書の添削をお願いするときは、最低限のマナーを守るようにしましょう!

「メールのマナーがわからない!」という方は以下の記事を参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 森山

 

方法③:社会人の知り合い

3つ目は、社会人の知り合いです。

履歴書を添削してもらう時は、学生ではなく社会人にお願いするようにしましょう。

学生から見るとOKな文章でも、社会人からすると「これじゃダメ!」ということはしばしばあります。

社会人の基準でもOKな履歴書にするために、必ず1度は社会人に履歴書を添削してもらいましょう。

 

 

内定者のESを無料公開中!

「ESが上手く書けない…」「ES選考で落ちてしまう…」なら、就活の教科書公式LINEから無料で受け取れる選考通過ESがおすすめです。

選考通過ESは、大手企業内定者のESが見放題なので自己PR・ガクチカ・志望動機などでの悩みがなくなります。

人事に評価されるESの書き方もわかり、ESで落ちる確率をかなり減らせるので、ぜひ公式LINEから使ってみてくださいね。

\ すでに140,000人以上が利用! / 内定者のESを見てみる
選考通過ES
公式サイト
(https://reashu.com/linelp-es/)

*就活の教科書公式LINEで無料配布中!

ちなみに無料でES添削してくれるサービスは他にもあるので、「ES添削してもらいたい」という就活生はエントリーシート添削の無料サービスおすすめ20選という記事を読んでみてください。

就活アドバイザー 京香

まとめ:履歴書は必ず誰かに添削をお願いしよう

この記事の「【誰かに依頼しよう】履歴書の添削おすすめ方法4選 | 添削のメリットも」はいかがだったでしょうか。

今回は、「就活の教科書」編集部の森山が、履歴書のおすすめの添削方法について解説しました。

合わせて、履歴書を添削してもらうメリットや、自分で添削する時のポイントも紹介しました。

履歴書は、どうしても客観性に欠けてしまいやすいです。

第三者に添削をしてもらい、客観性を高め理解しやすい内容にして、企業の選考を通過しましょう。

どんなに自信があっても、履歴書は企業に提出する前に添削してもらうことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 森山