【おすすめ】不動産業界のホワイト企業ランキング | 穴場の隠れ優良企業一覧も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事からわかること
  • 不動産業界はブラック企業が多いと言われがち
  • 【総合編】【年収編】不動産業界のホワイト/優良企業ランキング一覧
  • 【詳しく解説!】不動産業界のホワイト/優良企業5社
  • 不動産業界のホワイト/優良企業の見分け方
  • 不動産業界の会社がブラックと言われる理由
  • 「自分に合うホワイト業界に就職したい!」という方はOfferBoxで優良企業を探すのがおすすめ

みなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部のなつこです。

今回は、不動産業界のホワイト/優良企業ランキングについて紹介していきます。

就活生のみなさんは、「不動産業界ってプラックなの?」「不動産業界でホワイト企業はどこ」など、さまざまな疑問があるのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 なつこ

就活生くん

僕は、不動産業界に就職したいと考えています。

でも、不動産業界はブラックだと聞いて心配しています。

不動産業界の中にもホワイト企業や優良企業はあるのですか?

就活生ちゃん

私は不動産業界が気になっています。

不動産業界の労働条件や不動産業界に就職する対策法を教えてください。

確かに、不動産業界には本当にブラック企業が多いのか気になりますよね。

「就活の教科書」編集部 なつこ

そこでこの記事では、不動産業界のホワイト/優良企業ランキング総合編年収編に分けて紹介していきます。

合わせて、不動産業界のホワイト/優良企業の見分け方、不動産業界の会社がブラックだと言われる理由についても答えていきます。

この記事を読めば、不動産業界の企業の様々なランキング不動産業界の優良企業がわかります。

「不動産業界ってブラックなの?」「不動産業界の中でどうやったらホワイト企業を見分けられるの?」などの疑問や不安を持っている就活生は、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

「自分に合ったホワイト業界を選びたい!」という方は適性診断AnalyzeU+キミスカ適性検査同時利用して、先に長所を知っておくのが一番おすすめです。

自分の長所を知っていると、自分の強みを活かせるホワイト業界が見つかり、面接でもアピールしやすくなります。

「ブラック企業だけは確実に避けたい!」と思っているなら、ぜひ利用して事前に強みを知っておいてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>>「適性診断AnalyzeU+」を使ってみる

>>「キミスカ適性検査」を使ってみる

 

目次

 

【ホワイト?】不動産業界についてざっくり解説

就活生くん

僕は、不動産業界にとても興味があります。

でも、不動産業界はブラック企業が多いと聞いたことがあり、労働条件などが気になります・・・

わかりました!

不動産業界の労働条件を説明します。

合わせて、不動産業界の会社に入社した人の声も紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

不動産業界はブラック企業が多め?

不動産業界ではブラック企業が多いと言われがちですが、全ての職種がブラックなわけではありません。

営業(特に売買仲介)は離職率が高い可能性がありますが、事務に関してはノルマや飛び込みなどがなく激務でないため、離職は少ないと考えられています。

また、営業でも管理の場合はテレアポや飛び込みがないため、比較的働きやすい環境と言えます。

不動産業界では、大手か中小かでも離職率は大きく異なります。

不動産デベロッパーなど大手の会社は労働環境や福利厚生が整っており、離職率は少ないです。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

不動産業界の労働条件(平均年収・残業時間など)

不動産業界では、成績に応じたインセンティブ制度を導入している企業が多いです。

それが1つのモチベーションになる可能性もありますが、インセンティブが極端だとしっかりと給料が払われないブラック企業となってしまうこともあるため、見極めとして固定給の額を比較することが肝心です

以下に、不動産業界の労働条件をまとめておくので、ぜひ参考にしてください。

平均年収 664万円
平均残業時間 64.8時間
平均サービス残業時間 33.26時間
離職率 16.5%

不動産業界は残業時間が長い傾向にありますが、近年では働き方改革や長時間労働の是正の影響により減少傾向にあります。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

不動産業界の会社に入社した人の声

不動産業界に関する声は様々あります。

いくつか紹介するので、参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 なつこ

不動産業界はブラックだったという声もたくさんある一方で、会社によるという声もたくさん見受けられました。

そのため、しっかりとそれぞれの会社の実態を調べてみることをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

【総合編】不動産業界のホワイト/優良企業ランキング一覧

就活生ちゃん

私は、不動産業界のホワイト企業に就職したいです。

不動産業界の優良企業ランキングを教えてください。

わかりました。

不動産業界のホワイト/優良企業ランキング一覧を紹介します。

不動産業界のホワイト/優良企業ランキングは以下のようになっています。

「就活の教科書」編集部 なつこ

不動産業界のホワイト/優良企業ランキング
順位 会社名 評価指数
1位 三井不動産レジデンシャル 4.44
2位 コスモスイニシア 4.40
3位 三井不動産 4.39
4位 不動産SHOPナカジツ 4.29
5位 プロパティエージェント 4.26
6位 野村不動産 4.21
7位 トーシンパートナーズ 4.07
8位 東京建物 4.04
9位 三菱地所 4.04
10位 三菱地所リアルエステートサービス 3.99
11位 武蔵コーポレーション 3.98
12位 小田急不動産 3.98
13位 東急不動産 3.89
14位 大英産業 3.87
15位 プロロジス 3.87
16位 三幸エステート 3.85
17位 日本GLP 3.83
18位 ナサホーム 3.83
19位 J.P.Returns 3.82
20位 ランドネット 3.81

このランキングは、openworkの総合評価ランキングを参考にしています。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

【年収別】不動産業界のホワイト/優良企業ランキング一覧

就活生ちゃん

私は、不動産業界の中でも、年収が高い企業に就職したいです。

不動産業界の年収ランキングを教えてください。

わかりました。

不動産業界の年収ランキング一覧を紹介します。

不動産業界の年収ランキングは以下のようになっています。

「就活の教科書」編集部 なつこ

不動産業界のホワイト/優良企業の年収ランキング
順位 会社名 平均年収
1位 ヒューリック 1761万円
2位 日本商業開発 1501万円
3位 三井不動産 1263万円
4位 三菱地所 1248万円
5位 東急不動産ホールディングス 1114万円
6位 ランドビジネス 1100万円
7位 野村不動産ホールディングス 1022万円
8位 平和不動産 979万円
9位 ダイビル 953万円
10位 東京建物 941万円
11位 いちご 939万円
12位 リーガル不動産 934万円
13位 ロードスターキャピタル 921万円
14位 プレサンスコーポレーション 909万円
15位 霞ヶ関キャピタル 892万円
16位 レーサム 882万円
17位 アーバネットコーポレーション 878万円
18位 京阪神ビルディング 866万円
19位 エスリード 864万円
20位 青山財産ネットワークス 863万円

不動産業界では、大手不動産企業の平均年収が圧倒的に高いため、業界全体の平均年収と大きく差が開いています。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

ちなみに、人気企業から内定をもらいたいならスカウトサイトがおすすめです。

たとえば「OfferBox」は、プロフィール登録をするだけで、あなたの人柄に関心のある企業から直接オファーが届きます。

大手からベンチャー企業まで7,700社以上の中から、興味ある企業へすぐに選考を受けられますよ。

就活アドバイザー 京香

OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

当サイトがおすすめするスカウトサイトは以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

たった30秒の就活力診断で人事からの評価を一気に上げるポイントが分かります。

こちらの就活力診断では、あなたの就活戦闘力(Sランクは約2%)や、あなたが今するべき就活対策の全てがわかります。

診断結果から自分の足りていないところがわかり、一気に人事からの評価を上げることができます。

もし「このままで内定取れるのかな」「今、何をするべきか分からない」と悩んでいるなら就活力診断を試してみてください。

>> 就活力診断をしてみる(LINEで無料診断)

 

また「不動産業界の年収」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

⇒ 【年収1,000万円!?】不動産業界の年収ランキング | 三菱地所,三井不動産,東急不動産,住友不動産,野村不動産,日本商業開発【就活:転職】

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

【詳しく解説!】不動産業界のホワイト/優良企業5社

就活生ちゃん

不動産業界の企業のランキングについて知ることができました!

その中でも、それぞれの企業についてもっと詳しく知りたいです。

わかりました!以下の不動産業界のホワイト/優良企業5社について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

不動産業界のホワイト/優良企業5社
  • 企業①:三井不動産レジデンシャル
  • 企業②:ヒューリック
  • 企業③:三菱地所
  • 企業④:東京建物
  • 企業⑤:野村不動産

それでは、それぞれの企業について詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

企業①:三井不動産レジデンシャル(平均年収1263万円)

不動産業界 ホワイト

不動産業界のホワイト/優良企業の1つ目は、三井不動産レジデンシャルです。

三井不動産レジデンシャルは、三井不動産グループの住宅分譲会社です。

2013年には新築分譲マンションの事業主別供給戸数ランキングで初めて首位となっています。

会社の概要について以下にまとめたので、参考にしてみてください。

三井不動産レジデンシャルの会社概要
会社設立 2005年12月26日
本社所在地 東京都中央区日本橋室町3丁目2-1
従業員数 1,945人
平均年齢 41.1歳
平均年収 1263万円
平均勤続年数 12.4年

三井不動産レジデンシャルは、2010年から中国、東南アジアにも進出しており海外事業にも力を入れています。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

企業②:ヒューリック(平均年収1761万円)

不動産業界 ホワイト

不動産業界のホワイト/優良企業の2つ目は、ヒューリックです。

ヒューリックは、不動産の保有賃貸業・投資開発事業を柱としている不動産会社です。

みずほフィナンシャルグループとの関係が強いことが特徴です。

会社の概要について以下にまとめたので、参考にしてみてください。

ヒューリックの会社概要
会社設立 1957年3月
本社所在地 東京都中央区日本橋大伝馬町7-3
従業員数 184人
平均年齢 39.1歳
平均年収 1761万円
平均勤続年数 6.2年

少人数精鋭をモットーとしているヒューリックでは、若いうちから重要な仕事が任されることが多いです。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

企業③:三菱地所(平均年1248万円)

不動産業界 ホワイト

不動産業界のホワイト/優良企業の3つ目は、三菱地所です。

三菱地所は、三菱グループの中核企業の一つとなっている不動産デベロッパーです。

東京丸の内の地区一帯を「世界のビジネスセンター」へ育て上げてきたノウハウを活かして、現在は各地域で長期的なまちづくりの展開に力を入れています。

会社の概要について以下にまとめたので、参考にしてみてください。

三菱地所の会社概要
会社設立 1937年5月7日
本社所在地 東京都千代田区大手町1-1-1
従業員数 880名(連結:9,982人)
平均年齢 41.3歳
平均年収 1248万円
平均勤続年数 16.2年

商業施設事業においては、全国9ヵ所でアウトレット事業の展開なども行っています。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

企業④:東京建物(平均年収941万円)

不動産業界 ホワイト

不動産業界のホワイト/優良企業の4つ目は、東京建物です。

東京建物は、日本で最も古い歴史を持つ総合不動産ディベロッパーです。

オフィスビル、住宅、商業施設など、人々が関わるあらゆる空間を提供しています。

会社の概要について以下にまとめたので、参考にしてみてください。

三菱地所の会社概要
会社設立 1896年10月1日
本社所在地 東京都中央区八重洲1丁目4-16 東京建物八重洲ビル
従業員数 677人
平均年齢 42.6歳
平均年収 941万円
平均勤続年数 11.3年

東京建物は、日本で培ったノウハウをもとに中国および東南アジアの各都市で展開しています。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

企業⑤:野村不動産(平均年収1022万円)

不動産業界 ホワイト

不動産業界のホワイト/優良企業の5つ目は、野村不動産です。

野村不動産は、野村證券系の総合不動産会社です。

住宅分譲が事業の柱で、供給戸数は業界トップクラスとなっています。

会社の概要について以下にまとめたので、参考にしてみてください。

野村不動産の会社概要
会社設立 1957年4月15日
本社所在地 東京都新宿区西新宿1丁目26-2
従業員数 2,088人
平均年齢 45.2歳
平均年収 1022万円
平均勤続年数 15.4年

野村不動産は、住まい、オフィス、商業施設、物流施設、企業向け不動産サービスの5つの事業フィールドで展開しています。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

不動産業界のホワイト/優良企業の見分け方

就活生ちゃん

私は不動産業界に就職したいのですが、ホワイト企業の見分け方がわかりません・・・

どうやって見分けたら良いのか基準を教えてください!

わかりました。

不動産業界のホワイト/優良企業の見分け方は以下の基準があります!

「就活の教科書」編集部 なつこ

不動産業界のホワイト/優良企業の見分け方
  • 見分け方①:福利厚生が充実しているかどうか
  • 見分け方②:平均勤続年数が長いかどうか
  • 見分け方③:有給休暇取得率が高いかどうか
  • 見分け方④:残業が少ないかどうか
  • 見分け方⑤:平均年収が高いかどうか

それでは、それぞれの見分け方について詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

見分け方①:福利厚生が充実しているかどうか

不動産業界のホワイト/優良企業の見分け方の1つ目は、福利厚生が充実しているかどうかです。

福利厚生が充実している企業は、社員にも手厚く安定しているところが多いです。

独自の休暇制度やボーナス制度を取り入れている企業もあるので、ぜひチェックしてみてください。

主な福利厚生としては、健康保険や労災保険以外では次のようなものがあります。

ホワイト/優良企業の福利厚生
  • 福利厚生①:住宅手当・家賃補助
  • 福利厚生②:通勤手当
  • 福利厚生③:社員食堂
  • 福利厚生④:育児休暇・産前産後休暇
  • 福利厚生⑤:慶弔休暇
  • 福利厚生⑥宿泊施設・レジャー施設などの割引制度

制度の有無だけでなく、制度の使いやすさ・取得率などもしっかりと見ておくと良いです。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

見分け方②:平均勤続年数が長いかどうか

不動産業界のホワイト/優良企業の見分け方の2つ目は、平均勤続年数が長いかどうかです。

仕事のスキルをしっかり身につけられる教育環境や仕事で成果を上げた際に正当に評価されていれば、社員の職場への満足度は高くなります。

仕事で積み上げた経験・スキル・役職に応じた仕事ができていれば働くモチベーションとなり、必然と勤続年数も長くなります。

平均勤続年数と合わせて離職率が低いかどうかもチェックしておきましょう。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

見分け方③:有給休暇取得率が高いかどうか

不動産業界のホワイト/優良企業の見分け方の3つ目は、有給休暇取得率が高いかどうかです。

有給休暇の取得率が高いということは、職場が有給休暇をとりやすい雰囲気であり、日々効率的に仕事を進められていることがわかります。

また、有給休暇の時に自分の仕事を分担し、代わりに対応できる社員がいるというように、働く環境を整えている可能性も高いです。

以上の点から、有給休暇取得率が高い企業は目標指向性が高く、効率的で開放性のある企業が多く、意欲的な職場であることが想像できます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

見分け方④:残業が少ないかどうか

不動産業界のホワイト/優良企業の見分け方の4つ目は、残業が少ないかどうかです。

日々の残業時間が少なければ、ワークライフバランスが取りやすく、社員もいきいきと働くことができます。

残業がゼロの企業はなかなかないですが、しっかりと残業した分の給与が支払われているかどうかを確認しておくことが大切です。

残業時間が少ない企業では、労働時間の管理が適切に行われてることがわかります。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

見分け方⑤:平均年収が高いかどうか

不動産業界のホワイト/優良企業の見分け方の5つ目は、平均年収が高いかどうかです。

平均年種が高いということは、企業が利益・業績を上げていてその成果が社員にしっかり還元されているということがわかります。

また、企業が安定して業績を上げているということは倒産や失業の心配がなく社員が安心して働けることにもつながるので、確認しておくと良いです。

業績が良い状態が長続きした結果平均年収が上がるので、しっかりとビジネスの土台ができているかを確認する指標になります。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

不動産業界の会社がブラックだと言われる理由

就活生くん

不動産業界の会社はブラックだとよく聞くのですが、なぜブラックだと言われるのか気になります・・・

不動産業界がブラックだと言われる理由を教えてください。

わかりました。

不動産業界の会社がブラックだと言われる理由は大きく以下の3つがあります。

「就活の教科書」編集部 なつこ

不動産業界の会社がブラックだと言われる理由
  • 理由①:ノルマがきついから
  • 理由②:テレアポ営業があるから
  • 理由③業界内に昔の価値観があるから

それでは、それぞれの理由について詳しく説明していきます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

理由①:ノルマがきついから

不動産業界の会社がブラックだと言われる理由の1つ目は、ノルマがきついからです。

不動産業界では、個人個人にノルマが課せられており、個人の成果が見られる傾向が強いです。

厳しい会社だと1日に何度も「営業はうまくいってるか?」と声をかけられたり、ノルマを達成できなければ他の社員の前で上司に怒られたりすることもあるようです。

ノルマを達成できたとしても、日に日にノルマが増えていくことで長時間の残業が伴うことも珍しくありません。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

理由②:テレアポ営業があるから

不動産業界の会社がブラックだと言われる理由の2つ目は、テレアポ営業があるからです。

テレアポ営業とは、営業リストに沿って電話をかけアポイントを取るための営業です。

テレアポの成功率は非常に低く、アポイントが取れるまで毎日ひたすらかけ続けることになります。

飛び込み営業と比べると肉体的疲労は少ないですが、精神的疲労につながってしまう可能性があるため、懸念する人も多いようです。

テレアポ営業は大変だと言われていますが、アポイントが取れてその商談が成約へと結び付けば一気に売り上げが上がることが期待できます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

理由③:業界内に昔の価値観があるから

不動産業界の会社がブラックだと言われる理由の3つ目は、業界内に昔の価値観があるからです。

不動産業界はいまだにFAXでのやり取りがメインの会社が多いなど、IT化が遅れている古い業界として知られています。

いわゆる前時代的な古い慣習が依然として残っているところが多く、体育会系的な根性主義などが残っている会社も多いようです。

新人研修などでも体育会系の影が濃い会社もいまだにあり、人によってはパワハラとも感じるケースがあるので、注意しましょう。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

不動産業界のホワイト/優良企業に就職するための対策法

就活生ちゃん

不動産業界のホワイト企業に就職するためには、どうやって探したら良いのですか?

探し方がわからないので、教えてください。

わかりました。

不動産業界のホワイト/優良企業に就職するための対策を紹介します。

「就活の教科書」編集部 なつこ

不動産業界のホワイト/優良企業に就職するための対策法
  • 対策法①:就職四季報で残業時間や離職率を確認する
  • 対策法②:逆求人サイトを利用する
  • 対策法③:口コミサイトを参考にする

それでは、不動産業界のホワイト/優良企業に就職するための対策法についてそれぞれ詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

対策法①:就職四季報で残業時間や離職率を確認する

不動産業界のホワイト/優良企業に就職するための対策法の1つ目は、就職四季報で残業時間や離職率を確認することです。

就職四季報とは、就活生向けの企業情報がまとめて見れる本です。

ホームページには掲載されていない情報まで細かく網羅されているため、ワークライフバランスを確認したり働きやすさを表す指標として活用したりすることができます。

残業時間や離職率以外にも、就職四季報には以下のような情報が掲載されています。

就職四季報でわかること
  • 企業の正しい名称
  • 事業内容
  • 代表的な商品・サービス
  • 事業構成
  • 採用人数
  • 有給休暇取得率                                                                  など

以下に就職四季報について詳しく紹介した記事があるので、ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

対策法②:逆求人サイトを利用する

不動産業界のホワイト/優良企業に就職するための対策法の2つ目は、逆求人サイトを利用することです。

逆求人サイトは、登録しておくだけで企業から面接のお誘いや特別面談などのスカウトがくる就活サービスです。

おすすめの逆求人サイトは以下のようなものがあります。

以下に逆求人サイトについて詳しく紹介した記事があるので、ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

対策法③:口コミサイトを参考にする

不動産業界のホワイト/優良企業に就職するための対策法の3つ目は、口コミサイトを参考にすることです。

口コミサイトでは、企業で実際に働いている人のリアルな評判を見ることができます。

公式ではない口コミ情報から、リアルな企業の様子を知っておくと安心です。

おすすめの口コミサイトに『就活会議』があります。以下の記事で詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 なつこ

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:不動産業界の働きやすいホワイト/優良企業に就職するならランキングを見よう

この記事では、不動産業界のホワイト/優良企業ランキングについて紹介しました。

合わせて、不動産業界のホワイト/優良企業の見分け方や就職するための対策法についても紹介しました。

最後に、今回の内容を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆【ホワイト?】不動産業界について解説

  • 不動産業界はブラック企業が多め
  • 不動産業界の労働条件(平均年収・残業時間など)
  • 不動産業界の会社に入社した人の声

◆【総合編】不動産業界のホワイト/優良企業ランキング一覧

◆【年収別】不動産業界のホワイト/優良企業ランキング一覧

◆【詳しく解説!】不動産業界のホワイト/優良企業5社

  • 企業①:三井不動産レジデンシャル
  • 企業②:ヒューリック
  • 企業③:三菱地所
  • 企業④:東京建物
  • 企業⑤:野村不動産

◆不動産業界のホワイト/優良企業の見分け方

  • 見分け方①:福利厚生が充実しているかどうか
  • 見分け方②:平均勤続年数が長いかどうか
  • 見分け方③:有給休暇取得率が高いかどうか
  • 見分け方④:残業が少ないかどうか
  • 見分け方⑤:平均年収が高いかどうか

◆不動産業界がブラックだと言われる理由

  • 理由①:ノルマがきついから
  • 理由②:テレアポ営業があるから
  • 理由③業界内に昔の価値観があるから

◆不動産業界のホワイト/優良企業に就職するための対策法

  • 対策法①:就職四季報で残業時間や離職率を確認する
  • 対策法②:逆求人サイトを利用する
  • 対策法③:口コミサイトを参考にする

◆まとめ:不動産業界の働きやすいホワイト/優良企業に就職するならランキングをみよう