【例文あり】データサイエンティストの志望動機の書き方 | 未経験/新卒/経験者向けも

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
  • データサイエンティストについての大まかな紹介
  • データサイエンティストの志望動機例文【未経験者・新卒向け】
  • データサイエンティストの志望動機例文【経験者向け】
  • データサイエンティストの志望動機・自己PRを書く時のポイント
  • データサイエンティストの志望動機に関するよくある質問
  • 「サイバーエージェントやDeNAなどのIT業界の優良企業に就職したい!」という就活生は、レバテックルーキーの利用が一番おすすめ
\ 隠れ優良IT企業を紹介! / ITエンジニア就職を目指す
(レバテックルーキー)

*5,000社の中から自分に合う大手優良IT企業を提示!

皆さん、こんにちは。「就活の教科書」編集部のはるなです。

今回はデータサイエンティストという職業についてご紹介しようと思います。

就活生の皆さんは、データサイエンティストという職業についてどれだけ知っているでしょうか?

「就活の教科書」編集部 はるな

就活生くん

名前だけは聞いたことあります…。

サイエンティストというくらいですから、データを利用する科学者ということですかね?

就活生ちゃん

データサイエンティストってなんか難しそうな職業ですよね…。

私データサイエンスにちょっと興味あるんですけど、私ができる気はしません…

データサイエンティストは比較的新しい職業なので、よく知らないという就活生の皆さんも多いかもしれませんね。

この記事をきっかけにデータサイエンティストに興味を持っていただけると嬉しいです。

ちなみに、エンジニアとして難関IT企業の内定をもらうには、ITエンジニア特化の就活サポートをしてくれる「レバテックルーキー」などの支援サービスを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

というわけで、今回はデータサイエンティストについての基礎知識や、データサイエンティストとして就職するための志望動機/自己PRを書く時のポイントをご紹介します。

また、志望動機の例文・NG例文も併せてご紹介します。

データサイエンティストってどんな職業なの?」という疑問を持っている就活生の皆さん、「データサイエンティストになりたいけれど、この気持ちをどのように表せば企業に伝わるの?」と悩んでいる就活生の皆さんは、ぜひ最後までこの記事をご覧ください。

 

先に結論をお伝えすると、「優良IT企業から内定をもらいたい!」という方にはレバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーを利用すれば、ITのプロの就活サポート(ES添削、面接対策など)が受けられ、難関IT企業や優良IT企業の内定率がアップしますよ。

また、IT企業への転職を目指している方にはレバテックキャリア未経験からIT業界を志望する方にはウズキャリITがおすすめです。

就活アドバイザー 京香

就職活動に役立つサイト(無料)

\ エンジニア就職に役立つサービス /

\ エンジニア就活力を試そう /

レバテックルーキーをおすすめする理由

レバテックルーキー

ITエンジニアの特化度
(5.0)
選考サポートの質
(5.0)
紹介企業の優良度
(4.5)
相談のしやすさ
(4.5)
総合評価
(5.0)
レバテックルーキーの口コミ
レバテックルーキーおすすめポイント
  • ①:IT就活のプロがES添削・面接対策などで内定サポート
  • ②:優良IT企業・非公開求人を紹介してもらえる
  • ③:文系出身でも手厚い就職サポートが受けられる

すでに多くの就活生がレバテックルーキーを利用していますので、充実した選考サポートを受けるなら、早めに登録しておいてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> レバテックルーキーを見てみる(無料)

目次

 

ITエンジニアとして優良企業から内定をもらうには?

「ITエンジニアとして就職したい!」「優良Web系企業への内定を目指している!」という方は、レバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーでは、大手や隠れ優良IT、Web系企業5,000以上の中から「あなたの強みを活かせる企業」を教えてくれます。

また、ITエンジニア就活のプロによるカウンセリング・選考対策・ポートフォリオ添削など内定までのサポートが受けられるため、選考突破率も上がります。

優良IT企業に内定が欲しい方や、自分に合うIT企業を教えて欲しい方は、IT就活サービスの中でも特に評判の良いレバテックルーキーを利用してみてくださいね。

公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

【職種研究】そもそもデータサイエンティストとは?

就活生くん

そもそもデータサイエンティストってどんな職業なんですか?

どのような業務を担当しているんでしょうか?

データサイエンティストとは統計学や数学、AIなどを駆使してデータの収集・分析するプロフェッショナルです。

まず初めに、データサイエンティストの業務や働き方などについてご紹介していきます!

データサイエンティストに興味があるという就活生の皆さんには以下の記事もおすすめです。

ぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 はるな

 

データサイエンティストの業務内容

データサイエンティストの業務内容には以下のようなものがあります。

  • 課題抽出
  • データの収集・分析
  • データの整理・加工
  • 分析内容と課題の照合
  • レポート作成・報告
  • 課題解決

データサイエンティストの業務は、企業が抱えている問題を洗い出して、「どのようなデータを収集・分析すればよいか」を考える“課題抽出”から始まります。

続いて統計学や数学の知識、AIなどを駆使して必要なデータを“収集・分析”します。

その後データを分析しながら必要ない部分を省いたり、データを扱いやすいようにするデータの“整理・加工”の作業を行います。

分析内容から課題の解決の糸口になりそうな情報を探す“分析内容と課題の照合”を行い、分析や照合の結果をビジネスに活用してどのように課題を解決すればよいかを考えて“レポート作成・報告”を行います。

最後にデータを分析を通して企業が“課題解決”できるように施策を講じます

集計や現状分析が中心となるデータアナリストなどは“課題解決”までの作業は求められないことが多いといわれています。

 

データサイエンティストの労働条件(平均年収・平均残業時間)

データサイエンティストの労働条件は以下のようになっています。

  • 平均年収⇒525万円程度
  • 残業時間⇒働く企業によって違いが大きい

※参照:indeed

indeedによると、2022年11月8日現在のデータサイエンティストの平均年収は525万円程度です。

働く企業によって、また経験数によっては年収が1000万円を超える人もいるようです。

残業時間に関しては、働く企業ごとに大きく異なるようです。

職場がデータサイエンティストの仕事に対して理解してくれているか、企業内でデータサイエンティストの仕事を請け負う人数が足りているかによって、残業時間に違いがあると言えます。

 

データサイエンティストに就いている人の声(Twitter/2ch)

オープンデータを以下に加工して素敵に可視化するか、データサイエンティストにとって楽しい世界ですね(⌒∇⌒)

 

給料の高い仕事。それには数字を分析できる力は大きく使える。その中でもデータサイエンティストが凄い。米では年収2000万円とか普通だ。しかし同じ能力を持っている優秀な人が日本では年収500万円とか海外と比べてだいぶ評価に差がある。それでもウェブと数字分析はやっぱりキャリアで通って損はない

 

データサイエンティスト協会シンポジウムに参加。データサイエンス界隈の動向が知れて大変ためになった。専門分野以外のことをインプットすることが大事

※一部改変してツイッターから引用させていただきました。

海外では評価が高いのに、日本ではまだまだ評価が正当ではないといった意見や、データサイエンティストは勉強が大事といったコメントが多い印象でした!

データサイエンティストについてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?

続いてはデータサイエンティストに就くための志望動機に関して、ご紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 はるな

 

「ITエンジニアになりたい!」「Web系優良企業を教えて欲しい!」という方には、レバテックルーキーが一番おすすめです。

レバテックルーキーは、IT系に特化した就活サイト/エージェントで、人気IT企業から内定をもらえる就活対策、優良企業を教えてくれます。

ちなみに、ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れますよ。

就活アドバイザー 京香

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も!

【未経験者/新卒編】データサイエンティストの志望動機の例文

就活生ちゃん

データサイエンティストになりたいなと思っているのですが、この気持ちを企業に伝えるにはどのように志望動機を作成すればいいんでしょうか…。

データサイエンティストって難しそうですし、全く経験もないので不安です…。

データサイエンティストを志望するきっかけや理由は人それぞれだと思います。

そのため今回は、どのようにデータサイエンティストになりたいという志望動機を組み立てればよいのか、そのポイントについてご紹介しますね。

まずは自分の心の中で「なぜデータサイエンティストになりたいのか」、「なぜ他の職業では嫌なのか」を整理して明確化しましょう。

例えば、「大学で統計学を学び、自分の得意が生かせそうな職業だから」「小さいころから物事を分析することが好きで、データサイエンティストは自分の興味を一心に集める職業だから」などでよいと思います。

「就活の教科書」編集部 はるな

就活生ちゃん

私は大学で統計学を学んでおり、データの分析を通して問題の原因を追究することに楽しさを覚えています。

データサイエンティストになりたい一番の理由は、私はデータの分析を通して問題の原因を追究することに興味があって、データサイエンティストは大学で専攻している統計学の知識が生かせそうだから、でしょうか?

良いと思います。

次に「今後どのように企業に貢献していきたいか」「どのように成長したいか」といった将来のビジョンや目標を考えてみましょう。

例えば、「データサイエンティストの仕事に従事する中で、より分析の精度を高めていき、最終的には課題の原因究明から解決案創出までできるような人材となって企業に貢献したい」などが考えられますね。

「就活の教科書」編集部 はるな

就活生ちゃん

将来的なビジョンが大事なんですね!

データサイエンティストとして働く中で知識を培っていき、将来的には今後需要が高まってくるデータサイエンティストの育成などにも携わって企業に貢献したいなと考えています。

では続いて、なぜその企業を選んだのかについても言及しましょう。

企業は、「どこでもいいからデータサイエンティストとして働ける職場を探している人」ではなく「その企業にデータサイエンティストとして貢献したい人」を採用したいと考えています。

そのため、その企業を志望する理由も重要であると言えます。

「就活の教科書」編集部 はるな

就活生ちゃん

企業を志望する理由もきちんと伝えなくてはなりませんよね!

私の場合だと、早くからデータサイエンティストを採用してきた企業なので、最先端のデータサイエンスの技術が結晶化した環境で自己研磨することができると思ったからです。

それでは今までの、「データサイエンティストを志望する理由」「将来のビジョン」「その企業を志望する理由」をまとめて、志望動機の文章を作成してみましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

例)就活生ちゃんの志望動機

私は幼いころから物事を分析することに楽しさを覚えており、大学では統計学を専攻しておりました。

大学での統計学の学びを通して、データを用いて現象の原因を究明したり、課題解決の糸口を見つけることにますます惹かれていきました。

そのような中で、データサイエンティストという職業があることを知り、これまで培ってきた統計学の知識を活かせるのではないかと感じて関心を持ちました。

早くからデータサイエンスという分野に注目し、力を入れてきた貴社の、最先端のデータサイエンスの技術が結晶化した環境の中で自己研磨して、将来的には今後需要がますます高まる後輩データサイエンティストの育成などにも携わって企業に貢献できるようになりたいと考えております。

データサイエンティストを目指す就活生の皆さんには以下の記事もお勧めです。

ぜひ一読してみてくださいね!

「就活の教科書」編集部 はるな

 

ITエンジニアとして優良企業から内定をもらうには?

「ITエンジニアとして就職したい!」「優良Web系企業への内定を目指している!」という方は、レバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーでは、大手や隠れ優良IT、Web系企業5,000以上の中から「あなたの強みを活かせる企業」を教えてくれます。

また、ITエンジニア就活のプロによるカウンセリング・選考対策・ポートフォリオ添削など内定までのサポートが受けられるため、選考突破率も上がります。

優良IT企業に内定が欲しい方や、自分に合うIT企業を教えて欲しい方は、IT就活サービスの中でも特に評判の良いレバテックルーキーを利用してみてくださいね。

公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

【経験者編】データサイエンティストの志望動機の例文

就活生くん

データサイエンティストとして働いていた経験があるので、それを活かした志望動機が書きたいなと思うのですが…。

どうすればうまくまとめられるんでしょうか?

それでは一つ一つ整理していきましょう。

まず、働いていた企業でどのようにデータサイエンティストとして貢献していたかをまとめてみましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

就活生くん

前の職場ではIT部門でデータ分析担当をしていました。

プログラミング言語も習得していてPythonとC言語を扱うことが可能です。

〇〇サービスの提供の際には運用コストを10パーセント落とすことにも尽力しました。

こんな感じでいかがでしょうか…?

良いと思います。

前回の経験で培ったスキルなどをアピールできているとよいですね。

次に企業を志望する理由を考えてみましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

就活生くん

やはり、志望している企業がAI技術の発展に力を入れていることと、データサイエンティストの役割を重要視していることですね。

最後に一番大事なポイントは将来のビジョンです。

「今後どのように企業に貢献していきたいか」「どのように成長したいか」を分かりやすく丁寧に伝えましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

就活生くん

志望企業に就職出来たら、AIなどの最先端技術に力を入れている環境で、ビックデータの分析方法やその利用方法をもっと追及したいなと思っています。

きっと自分のスキルアップにもつながると確信しています!

それでは今まで整理してきた、「前職の仕事や、そこで培ったスキル」「企業を志望する理由」「将来のビジョン」を用いて、志望動機の文章を作成してみましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

例)就活生君の志望動機

私は〇〇株式会社でIT部門のデータ分析担当として働いていました。

〇〇サービスの提供の際には運用コストを10パーセント落とすことにも尽力しました。

またその際に、仕事に必要だと感じたためPythonとC言語といったプログラミング言語も習得いたしました。

貴社のAI技術の発展に力を入れている姿勢と、データサイエンティストの役割を重要視している点に感銘を受け、ぜひ働かせていただきたいと思うようになりました。

貴社のAIなどの最先端技術に注力している環境で、ビックデータの分析方法やその利用方法をもっと追及したいと考えており、自身のスキルアップにもつながると確信しております。

 

IT業界への就職に役に立つ記事一覧

「IT業界に就職したい」という就活生には以下の記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、IT業界への就職で知っておくべきことが分かり、効率よくIT業界の対策ができるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

                                                   

「ITエンジニアになりたい!」「Web系優良企業を教えて欲しい!」という方には、レバテックルーキーが一番おすすめです。

レバテックルーキーは、IT系に特化した就活サイト/エージェントで、人気IT企業から内定をもらえる就活対策、優良企業を教えてくれます。

ちなみに、ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れますよ。

就活アドバイザー 京香

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も!

【避けよう】データサイエンティストの志望動機のNG例文

就活生ちゃん

データーサイエンティストの志望動機の作成の仕方がわかりました!

ところで、志望動機で言うことを避けた方が良いことってあるんでしょうか?

志望動機で避けた方がよいポイントを知っておくことは重要ですね。

では避けた方が良い志望動機の例文をいくつか見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

避けた方が良い志望動機の例文
  • 具体性が欠けている
  • 自分の都合を前面に押し出している
  • 情熱・意欲が感じられない

具体性が欠けている例文

私はデータサイエンティストとして貴社に貢献したいと考えています。

データサイエンティストとして「どのように貢献するか」という大事な部分が欠けてしまっているため、薄っぺらい言葉に聞こえてしまいます。

自分のスキルや将来のビジョンについてアピールする際には具体性を意識して志望動機の文章を作成することを心がけましょう。

自分の都合を前面に押し出している例文

貴社は福利厚生制度の構築に力を入れており、プライベートも充実させたいと考えている私にとって理想的な職場だと感じて応募させていただきました。

職場選びにおいて福利厚生制度は大きな決め手となる場合がありますが、この文章では「福利厚生制度にもっと力を入れている企業が見つかれば、すぐにやめてしまうのではないか」と思われてしまします。

企業の仕事に対する姿勢や、提供している商品やサービスなど、仕事内容に関連する事柄について言及する志望動機を考えてみましょう。

情熱・意欲が感じられない例文

データサイエンティストとして働きたいと考え、データサイエンティストを募集していた貴社に応募いたしました。

上記の例文は「なぜデータサイエンティストになりたいのか」がわからない文章になっています。

また、企業にデータサイエンティストとして働けるならどこでもよいという印象を与えてしまう可能性も高いと言えます。

このような文章からは、「データサイエンティストになりたい」「その企業でどうしても働きたい」という情熱・意欲が感じられません。

続いてデータサイエンティストの志望動機/自己PRを書く際のポイントをまとめてご紹介します。

上記のようなNGな志望動機の作成を避けるためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 はるな

 

ITエンジニアとして優良企業から内定をもらうには?

「ITエンジニアとして就職したい!」「優良Web系企業への内定を目指している!」という方は、レバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーでは、大手や隠れ優良IT、Web系企業5,000以上の中から「あなたの強みを活かせる企業」を教えてくれます。

また、ITエンジニア就活のプロによるカウンセリング・選考対策・ポートフォリオ添削など内定までのサポートが受けられるため、選考突破率も上がります。

優良IT企業に内定が欲しい方や、自分に合うIT企業を教えて欲しい方は、IT就活サービスの中でも特に評判の良いレバテックルーキーを利用してみてくださいね。

公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

IT業界で優良企業や希望職種に就くための対策法

就活生くん

IT業界の自分に合う企業でエンジニアやデータサイエンティストとして働きたいのですが、どのように対策していけば良いのでしょうか?

ITエンジニアやデータサイエンティストになるためには、どのように就活をしていけば良いのか難しいですよね。

そこで、IT業界で優良企業や希望職種に就くための対策法を解説していきます。

先に結論を伝えておくと、IT業界/企業に特化した就活のプロと一緒に対策したり、優良企業を紹介してもらうのが一番おすすめですね!

就活アドバイザー 京香

タイトル
  • 対策法:IT業界特化の就活のプロに選考対策と優良IT企業を紹介してもらう
  • 対策法:自分の専攻や希望職種に合うホワイト企業の特別スカウトをもらう
  • 対策法:選考通過できるように内定者のESを確認しておく

それでは、それぞれ解説していきます。

就活アドバイザー 京香

 

対策法:IT業界特化の就活のプロに選考対策と優良IT企業を紹介してもらう

IT業界で優良企業や希望職種に就くための対策法は「IT業界特化の就活のプロに選考対策と優良IT企業を紹介してもらう」ことです。

就活生はIT業界にどんな種類があって、どんな優良企業がどんなレベルの人材を求めているのかなど、わからないことがたくさんありますよね。

IT業界のことにかなり詳しい就活のプロから紹介してもらうことで、自分と合わないIT企業への就職を防げます。

そこで、プログラミング経験者で自分に合う隠れ優良IT企業を教えてもらうなら、レバテックルーキーが一番おすすめです。

レバテックルーキー

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • レバテックルーキーを使うと、IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
\ 有名IT企業内定も可能! /
 お試しに適職を診断する
(レバテックルーキー)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

レバテックルーキー「8,000社以上の中からあなたに合う優良企業を紹介してくれて、ES通過率90%以上」という非常に良い実績があるので、信頼性も高いですよ。

就活アドバイザー 京香

 

対策法:自分の専攻や希望職種に合うホワイト企業の特別スカウトをもらう

IT業界で優良企業や希望職種に就くための対策法は「自分の専攻や希望職種に合うホワイト企業の特別スカウトをもらう」ことです。

IT業界の企業に入社できたとしても、自分が希望する職種に就けなかったらモチベーションも下がる場合がありますよね。

そのため、「IT業界の優良企業で希望職種で働きたい!」という方は、自分の強みや専攻、希望職種などのプロフィールを入力するだけで、自分に合う優良企業から特別スカウトをもらえるOfferBoxがおすすめです。

OfferBoxを使えばあなたの希望に合う優良企業から特別オファーGET

  • あなたの経験や強みから優良企業の特別スカウトが届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
\ 就活生2人に1人が利用! /
 大手優良企業から特別スカウト
(OfferBox)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

私もOfferBoxを利用していますが、かなり有名な企業の特別スカウトをもらったことが複数回あるので、就活生なら使っていて損はないサービスですね。

就活アドバイザー 京香

 

対策法:選考通過できるように内定者のESを確認しておく

IT業界で優良企業や希望職種に就くための対策法は「選考通過できるように内定者のESを確認しておく」ことです。

IT業界の企業では、自己PRやガクチカ以外にもIT系の分野に特化した内容を聞かれることがよくあるため、事前に内定者の回答を見ておくことで、ESを簡単に書けるようになります。

そこで選考通過ESがおすすめです。

選考通過ESのおすすめポイント
  • 選考通過ES」なら有名企業や大手企業内定者のESが無料で見放題
  •  内定者のガクチカ、自己PR、志望動機を参考にすることでESや面接での伝え方が分かる
  • 選考通過ESを見れば、ES通過のための対策法が分かり、ESで落ちなくなる
\ すでに164,973人以上が利用中! /
 無料で選考通過ESを見てみる
(選考通過ES)

*公式LINEに参加後、30秒で無料受取できます

「面接に絶対受かりたい」「ESをどのように書けばいいか分からない」という就活生には、選考通過ESを参考にするのがおすすめです。

あなたが志望する企業の内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことで、ES/面接通過率が上がるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「ITエンジニアになりたい!」「Web系優良企業を教えて欲しい!」という方には、レバテックルーキーが一番おすすめです。

レバテックルーキーは、IT系に特化した就活サイト/エージェントで、人気IT企業から内定をもらえる就活対策、優良企業を教えてくれます。

ちなみに、ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れますよ。

就活アドバイザー 京香

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も!

データサイエンティストの志望動機/自己PRを書く際のポイント

就活生くん

データサイエンティストの志望動機/自己PRを書く際のポイントをなんとなく把握することができました!

では、データサイエンティストの志望動機/自己PRを書く際のポイントを改めてまとめてご紹介しますね!

「就活の教科書」編集部 はるな

データサイエンティストの志望動機/自己PRを書く際のポイント
  • ポイント①:データサイエンティストになりたい理由を考える
  • ポイント②:なぜその企業を選んだのか考える
  • ポイント③:入社後のキャリアプランを考える
  • ポイント④:入社に向けての情熱・意欲を考える
  • ポイント⑤:データサイエンティストで活かせるスキルや資格をアピールする

ポイント①:データサイエンティストになりたい理由を考える

データサイエンティストの志望動機/自己PRを書く際のポイント1つ目は、データサイエンティストになりたい理由を考えることです。

「なぜデータサイエンティストになりたいのか」「なぜ他の職業ではだめなのか」を考えて言語化してみましょう。

データサイエンティストは専門的な知識・技術が必要不可欠な職種です。

企業も、志望者にデータサイエンティストとして働くうえでの忍耐力や素質があるのかを見極めようとしてくるので、生半可な志望理由では採用されないと思っておきましょう。

データサイエンティストとして働きたいという覚悟を示すためにも、データサイエンティストという職種についての理解を深め、志望理由を明確にして伝える用意をしておきましょう。

 

ポイント②:なぜその企業を選んだのか考える

データサイエンティストの志望動機/自己PRを書く際のポイント2つ目は、なぜその企業を選んだのか考えることです。

企業は「どこでもいいからデータサイエンティストとして働ける職場を探している人」ではなく「その企業にデータサイエンティストとして貢献したい人」を採用したいと考えています。

そのため、「なぜその企業を選んだのか」という理由や、「どうしてもその企業に入りたい」という気持ちを伝えることが重要です。

同業他社との違いや、志望企業との具体的なエピソードなどを入れて考えると言語化しやすいと思います。

「就活の教科書」編集部 はるな

 

ポイント③:入社後のキャリアプランを考える

データサイエンティストの志望動機/自己PRを書く際のポイント3つ目は、入社後のキャリアプランを考えることです。

単に「データサイエンティストになりたい」という人よりも、「データサイエンティストになってこんな仕事がしたい」「将来的にはこのようなデータサイエンティストになりたい」といったような具体的なキャリアプランを持っている人に、企業は好感を抱きやすいです。

将来の目標を示すことで、その職業についてよく調べ、よく考えているということをアピールすることができます。

特に新卒や未経験の方は将来性が重要視されるため、ここできちんとしたキャリアプランを示すことで「データサイエンティストとして働きたい」という本気度を示すことができます。

 

ポイント④:入社に向けての情熱・意欲を考える

データサイエンティストの志望動機/自己PRを書く際のポイント4つ目は、入社に向けての情熱・意欲を考えることです。

企業は情熱や意欲を通して、就職意欲の高さを測っています。

特に未経験の方や新卒の方は、仕事へのやる気や就職意欲の高さが特に重要視される傾向にあります。

そのため、しっかり情熱・意欲を伝えて、将来の成長見込みを認めてもらえるように準備しておきましょう。

 

ポイント⑤:データサイエンティストで活かせるスキルや資格をアピールする

データサイエンティストの志望動機/自己PRを書く際のポイント5つ目は、データサイエンティストで活かせるスキルや資格をアピールすることです。

データサイエンティストとして活かせる資格やスキルとしては、以下のようなものがあります。

  • 基礎的な数学知識
  • プログラミングのスキル・資格
  • データサイエンティスト検定
  • 情報技術者試験
  • 統計検定
  • データベーススペシャリスト

以上のような資格やスキルは、スキルアップのためにデータサイエンティストとして働く中で取得するのもよいと思います。

またほかにも、論理的思考・課題の定義などのビジネススキルも大きなアピールポイントになります。

データサイエンティストの自己PRについては以下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 はるな

 

ITエンジニアとして優良企業から内定をもらうには?

「ITエンジニアとして就職したい!」「優良Web系企業への内定を目指している!」という方は、レバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーでは、大手や隠れ優良IT、Web系企業5,000以上の中から「あなたの強みを活かせる企業」を教えてくれます。

また、ITエンジニア就活のプロによるカウンセリング・選考対策・ポートフォリオ添削など内定までのサポートが受けられるため、選考突破率も上がります。

優良IT企業に内定が欲しい方や、自分に合うIT企業を教えて欲しい方は、IT就活サービスの中でも特に評判の良いレバテックルーキーを利用してみてくださいね。

公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

志望動機で行き詰まってしまったらIT就活特化のサービスを利用するのがおすすめ

ここまでデータサイエンティストの志望動機を書く際のポイントを見てきました。

「志望動機を書くのがどうしても難しい」という方には、IT就活特化のサービスを利用するのがおすすめです。

数多くあるIT就活に特化したサービスの中でも、一番おすすめなのはレバテックルーキーです。

「就活の教科書」編集部 はるな

レバテックルーキーのおすすめポイント
  • ポイント①:IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • ポイント②:IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • ポイント③:志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる

データサイエンティストとしてIT系企業への就職を考えているなら、IT企業ならではの就活のノウハウを知っている方が有利になります。

IT就活に特化したサービスを利用すれば、IT企業向けのES添削・面接対策などの選考サポートが受けられるのでおすすめです。

ITのプロからのIT就活サポートが無料で受けられるので、一度使ってみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 はるな

>> レバテックルーキーを見てみる

 

「ITエンジニアになりたい!」「Web系優良企業を教えて欲しい!」という方には、レバテックルーキーが一番おすすめです。

レバテックルーキーは、IT系に特化した就活サイト/エージェントで、人気IT企業から内定をもらえる就活対策、優良企業を教えてくれます。

ちなみに、ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れますよ。

就活アドバイザー 京香

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も!

データサイエンティストの志望動機に関するよくある質問

就活生ちゃん

データサイエンティストとして就職するために、どのように志望動機を作成すればよいかだんだんわかってきました!

他にデータサイエンティストの志望動機に関して知っておくべきことはありますか?

それでは最後に。データサイエンティストの志望動機に関するよくある質問をいくつかご紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 はるな

データサイエンティストの志望動機に関するよくある質問3つ
  • 質問①:データサイエンティストは辛い?しんどいの?
  • 質問②:データサイエンティストになるには何学部を選考すると良いの?
  • 質問③:データサイエンティストとデータアノリストの違いは?

質問①:データサイエンティストは辛い?しんどいの?

データサイエンティストの志望動機に関するよくある質問1つ目は、「データサイエンティストは辛い?しんどいの?」です。

データサイエンティストの仕事は細かな数字を分析したり、プログラミング作業をしたりと、細やかで根気のいるデスクワークの作業が多いです。

そのため、デスクワークが苦手だったり、細かい作業が苦手な人にとっては苦痛を感じることが多い職業であると言えるかもしれません。

データサイエンティストの仕事には専門的な知識が必要なことに加え、この世界では常に新しい技術や知識が生まれて進歩しているために日々の勉強が必要になってきます。

そのため、勉強が苦手な人や自分を高めていこうという高い向上心を持てない人にとってもつらいことが多いかもしれません。

しかし、データサイエンティストの仕事は商品や経営戦略の改善という重要なミッションを内包しているため、達成感ややりがいも大きな仕事であると言えるでしょう。

 

質問②:データサイエンティストになるには何学部を選考すると良いの?

データサイエンティストの志望動機に関するよくある質問2つ目は、「データサイエンティストになるには何学部を選考すると良いの?」です。

データサイエンティストの仕事には統計学が必須なので、統計学を学ぶことが可能な学部を専攻するとよいと考えます。

そのため、理学部(数学科)、工学部、経済学部、経営学部、社会学部などが良いと考えられます。

また近年は横浜市立大学や滋賀大学などデータサイエンスを専門的に学ぶ、データサイエンス学部を設立している大学もあります。

 

質問③:データサイエンティストとデータアノリストの違いは?

データサイエンティストの志望動機に関するよくある質問3つ目は、「データサイエンティストとデータアノリストの違いは?」です。

データ分析によってビジネス上の課題を解決するという、共通の目的を持ったデータサイエンティストとデータアナリストには、職務領域や必要とするスキルに違いがあります。

データアナリストは、基本的な統計学を用いて主に構造化されたデータの分析や可視化を行います。

一方でデータサイエンティストは、統計学に加えて機械学習を用いてデータから将来を予測したり、音声や画像などの非構造化データを分析したりします。

そのため、データアナリストにはSASやExcel、BIツールといったソフトウェアの使用スキルが求められますが、データサイエンティストにはTensorFlowやKeras、Chainerなどの機械学習に関するソフトウェアの使用スキルが求められます。

ただし、データアナリストやデータサイエンティストの職務は企業によって異なる場合があるので、注意が必要です。

志望企業で、データサイエンティストがどのような職務を行っているのかをきちんと調べてから応募しましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

ITエンジニアとして優良企業から内定をもらうには?

「ITエンジニアとして就職したい!」「優良Web系企業への内定を目指している!」という方は、レバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーでは、大手や隠れ優良IT、Web系企業5,000以上の中から「あなたの強みを活かせる企業」を教えてくれます。

また、ITエンジニア就活のプロによるカウンセリング・選考対策・ポートフォリオ添削など内定までのサポートが受けられるため、選考突破率も上がります。

優良IT企業に内定が欲しい方や、自分に合うIT企業を教えて欲しい方は、IT就活サービスの中でも特に評判の良いレバテックルーキーを利用してみてくださいね。

公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

まとめ:データサイエンティストの志望動機の例文を参考に、選考を挑もう

いかがでしたか。

今回はデータサイエンティストの志望動機の作成の仕方やポイントをご紹介いたしました。

以下の記事で、様々な職種の志望動機の解説を行っているので、他にも気になる職種がないか見てみてくださいね。

最後に今回の記事を簡単にまとめておきます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

また、次の記事でお会いしましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

この記事のまとめ

◆【職種研究】そもそもデータサイエンティストとは?

  • データサイエンティストの業務内容
  • データサイエンティストの労働条件(平均年収・平均残業時間)
  • データサイエンティストに就いている人の声(Twitter/2ch)

◆【未経験者/新卒編】データサイエンティストの志望動機の例文

◆【経験者編】データサイエンティストの志望動機の例文

◆【避けよう】データサイエンティストの志望動機のNG例文

◆データサイエンティストの志望動機/自己PRを書く際のポイント

  • ポイント①:データサイエンティストになりたい理由を考える
  • ポイント②:なぜその企業を選んだのか考える
  • ポイント③:入社後のキャリアプランを考える
  • ポイント④:入社に向けての情熱・意欲を考える
  • ポイント⑤:データサイエンティストで活かせるスキルや資格をアピールする

◆データサイエンティストの志望動機に関するよくある質問

  • 質問①:データサイエンティストは辛い?しんどいの?
  • 質問②:データサイエンティストになるには何学部を選考すると良いの?
  • 質問③:データサイエンティストとデータアノリストの違いは?

◆まとめ:データサイエンティストの志望動機の例文を参考に、選考を挑もう