【例文あり】自己PR「縁の下の力持ち」の魅力的な伝え方 | 言い換え一覧,長所/強みに使えるエピソードも

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事で分かること
  • 「縁の下の力持ち」を魅力的に伝える自己PR例文/エピソード3選
  • 縁の下の力持ちは組織への貢献度を定量的に伝えよう
  • 入社後の強みの活かし方を具体的に伝えると差別化できる
  • 組織に対して消極的な姿勢を伝えてはいけない
  • 自己PRに使える強みを簡単にを見つけるなら適性診断AnalyzeU+キミスカ適性検査の同時利用がおすすめ

 

みなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の木村ヒロシです。

この記事では「縁の下の力持ち」を自己PRで使う方法について解説しています。

みなさんは縁の下の力持ちという強みをどのように伝えたら良いか悩んだことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

就活生ちゃん

私はこれまでチームでは縁の下の力持ちとして、サポート役を務めていました。

しかし、就活ではリーダーシップや人を牽引した経験を聞かれることが多く、どのように自分の強みを伝えたら良いかが分かりません・・・

就活生くん

僕は組織の縁の下の力持ちとして数々の挑戦をしてきました。

縁の下の力持ちを魅力的に伝える例文があれば教えてほしいです。

縁の下の力持ちは組織で活動する際にとても重要な力なので伝え方次第で、とても魅力的な自己PRになりますよ。

しかし、リーダーシップ経験等よりも伝え方が難しく、評価がされにくいのも事実です・・・

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

そこでこの記事では「縁の下の力持ちを魅力的に伝える例文/エピソード」を解説します。

合わせて「縁の下の力持ちの言い換え表現」「縁の下の力持ちを魅力的に伝えるコツ3選」も解説しています。

この記事を読めば、縁の下の力持ちを自己PRで最大限アピールすることができるようになります。

縁の下の力持ちという強みの伝え方を攻略して、無事に就活を成功させたい就活生は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

先に伝えておくと「自分の強みを知って上手く自己PRを書きたい!」という方は適性診断AnalyzeU+」「キミスカ適性検査」の同時利用が一番おすすめです。

同時に利用すると、5分~10分で正確な長所や短所がわかり、面接官に評価してもらえる自己PRを簡単に作れるようになります。

「自己PRなんかで落とされたくない…」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 「適性診断AnalyzeU+」を試してみる

>> 「キミスカ適性検査」を試してみる

 

目次

 

そもそも自己PRで使える「縁の下の力持ち」とは

就活生くん

そもそも「縁の下の力持ち」って何ですか?

就活の自己PRで「縁の下の力持ち」を使っていいんでしょうか?

それでは「縁の下の力持ち」の自己PRを考える前提として、そもそも「縁の下の力持ち」って何なのかを説明しますね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

「縁の下の力持ち」とは、「他人のために陰で努力をして、役割を果たす人のたとえ」です。

「縁の下の力持ち」の人は、他人が嫌がる仕事や裏方の仕事を率先して行い、他人からの見返りを求めないという特徴があります。

外から見ると活躍があまり見えませんが、実はとても重要な役割を担っています。

「縁の下の力持ち」は就活でアピールできるので、ぜひ縁の下の力持ちを発揮したエピソードを自己PRで使いましょう。

縁の下の力持ちは「陰ながら努力できる力」です。

自己PRでたくさんアピールしましょう!

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

「縁の下の力持ち」の自己PR例文/エピソード3選

就活生くん

「縁の下の力持ち」はチームにとって必要な存在であることは理解できているのですが、どのように伝えたら分かりません・・・

縁の下の力持ちをうまく自己PRしている具体的な例文があれば参考にしたいので教えて欲しいです。

それでは、縁の下の力持ちを魅力的に伝える自己PR例文/エピソードを3つ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

「縁の下の力持ち」の自己PR例文/エピソード
  • 例文①:長期インターンシップ
  • 例文②:部活動
  • 例文③:居酒屋のアルバイト

 

例文①:長期インターンシップ

自己PRで「縁の下の力持ち」をアピールする例文1つ目は、長期インターンシップのエピソードです。

私の長所は「縁の下の力持ちとして、組織のサポート役に全力を注げる」点です。

私は、長期インターンシップの営業担当として活動しています。

営業担当ではテレアポでのリードの獲得から成約まで一気通貫して担当しているのですが、常にクライアントのニーズの変化によって組織の変化が求められます。

しかし、組織にはマニュアルがなく、新人が組織の変化に対応ができない状態に陥っていました。

そこで私は、業務内容のマニュアルを作成し、新人営業担当のサポート役に回3ことにしました。

具体的には、テレアポ内での質疑応答リストやテレアポから成約までの流れが分かるマニュアルの作成、そして新人と自分が気軽にやり取りできるメッセージグループの作成をすることで、組織のサポート役を務めました。

結果的に、新人の離職率が20%軽減できたと同時に、組織全体の成約率が15%向上することができました。

御社でも、組織の問題点を常に考慮し、時には「縁の下の力持ち」としてチームに貢献したいと思っております。

この例文では、縁の下の力持ちに徹したことが功を奏していることが伝わってきますね。

サポートをした結果、「組織の離職率の軽減と成約率の向上」という実績を数字で伝えることで、どのように縁の下の力持ちという強みが成果に貢献したのかが分かりやすくなっています。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

例文②:部活動

自己PRで「縁の下の力持ち」をアピールする例文2つ目は、部活動のエピソードです。

私の強みは「チームのためにサポート役に回り、縁の下の力持ちとして成果を出すことができる」ところです。

私は大学4年間、サッカー部に所属していました。

4年生の最後の大会では、惜しくもスタメンから外れてしまい、ベンチ外からの応援という形になってしまいました。

当時は悔しい気持ちでいっぱいになりましたが、チームの勝利のためにチームの士気をあげるためサポート役に徹することにしました。

メンバーが試合だけに集中できるように、試合後のストレッチや試合中の分析などを行いました。

プレイヤーとして活躍することはできませんでしたが、チームの勝利には縁の下の力持ちとして貢献することができ、新たな自分の強みを発見することができました。

御社でも、自分の立ち位置をしっかりと把握し、円滑にプロジェクトを進めるために、時には泥仕事も自ら進んで行いたいと思っております。

この例文では、自分の立ち位置を把握し、自ら縁の下の力持ち役に回っていることがわかりますね。

自己主張することも重要ですが、チームとして動く上で、時には一歩引くことができるのも立派な勇気であり、社会人には必要な能力になります。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

例文③:居酒屋のアルバイト

自己PRで「縁の下の力持ち」をアピールする例文3つ目は、居酒屋のアルバイトのエピソードです。

私の強みは「縁の下の力持ちとして仕事にミスが無いように細心の注意を払える」ところです。

私は大学2年間、居酒屋のホールでアルバイトをしていました。

1店舗の規模が大きく、スタッフが大人数いるため、料理の運び間違えや、お客様対応の遅れなどが頻繁に発生します。

そこで私は自分の担当するお客様だけでなく、ホール全体も見回して、注文にミスが無いか常に気を配っていました。

私が意識して立ち回るまでは、スタッフが慌ただしくなることがありましたが、意識してからはスムーズに営業することができるようになりました。

結果、1年間働いて、注文のミスは1回もありませんでした。

御社でも、細心の注意を払うことを意識して、円滑にプロジェクトを進めるために、影で徹底的にチームのサポートをしたいと思っております。

この例文では、縁の下の力持ちとして、周りを見る力があることが分かりますね。

自らの仕事をこなすだけではなく、周囲に気を配れることは社会人として実はとても重要です。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

「面接官に評価されるESが上手く書けない…」という方はunistyle(ユニスタイル)を使って内定者のESを参考にするのが一番おすすめです。

難関企業内定者のESや、面接での回答60,000枚以上見放題になるので、ESの回答で悩んだ時にunistyleを使えば、評価されやすい回答方法がわかりますよ。

「ESの選考で不利になりたくない!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

unistyle(ユニスタイル)を見てみる

 

当サイトがおすすめする無料ES添削サービスは以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

たった30秒で通過するエントリーシート(ES)が分かる!ESチェック診断

「ESは書いたけど、選考を通過できるか心配...」という方はESチェック診断(公式LINE)を使うのがおすすめです。

ESチェック診断を使うと、今のあなたのESレベルと改善点がわかるので、修正すべき場所が明確になります。

もうすでに30,000人以上の就活性が利用しているので「志望企業の書類選考で落ちたくない!」という方は、ぜひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> ESチェック診断をしてみる

 

自己PRで使える「縁の下の力持ち」の言い換え表現一覧

就活生ちゃん

たしかに縁の下の力持ちって言われてもあまりピンとこないかも・・・

もっと印象に残る言い換え表現について教えてください。

それでは、今から「縁の下の力持ち」の言い換え表現について紹介します。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

「縁の下の力持ち」の言い換え表現一覧
  • サポート力がある
  • 他人のために努力が出来る
  • 陰の立役者
  • 地道にコツコツ努力ができる
  • 協調性があり、気配り上手

以上が「縁の下の力持ち」の言い換え表現です。

「縁の下の力持ち」以外の言葉も使うことで、ESや自己PRが単調では無くなります。

言い換え表現を用いて、分かりやすい自己PRを心掛けましょう。

 

「自分の強みを言い換えて、他の就活生と差別化したい!」という方は適性診断AnalyzeU+キミスカ適性検査を同時に使って言い換え表現を探すのが一番おすすめです。

両方使うことで、あなたの長所が文章でわかるので、面接官に評価される言い換え表現が簡単に見つかります。

「自己PRで好印象を与えたい!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 適性診断AnalyzeU+を使ってみる

>> キミスカ適性検査を使ってみる

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

「縁の下の力持ち」が自己PRで強み/長所となる理由

就活生くん

そもそも「縁の下の力持ち」はどうして就活で強みや長所として評価されるんですか?

縁の下の力持ちが企業から強みとして評価される理由は3つあります。

「縁の下の力持ち」をアピールする際の前提として知っておきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

「縁の下の力持ち」が強みとなる理由
  • チームを支えることができるから
  • 周囲に配慮できるから
  • 仕事での細かいミスが無くせるから

以上の3つが縁の下の力持ちが強み/長所となる理由です。

社会人になると「会社への貢献度」が重視されるため、目立った仕事ばかりが好まれます。

功績を上げることだけに捕らわれると、チームが上手く回らなかったり、仕事でミスが発生したりします。

しかし「縁の下の力持ち」は影のサポート役として立ち回れるので、チームワークを強化したり、ミスが無いことを確認したりできます。

ですので、組織を運営する上で重要な「縁の下の力持ち」は就活で大きな強みとなります

「縁の下の力持ち」にも色々な種類があります。

本記事の自己PR「縁の下の力持ち」の言い換え一覧も参考にして、自分の種類を見分けましょう!

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

「縁の下の力持ち」のエピソードを自己PRで上手に伝えるコツ

就活生くん

縁の下の力持ちをアピールする上で、面接官に魅力的を与えるようにできるポイントはありますか?

強みを差別化して、面接官の印象に残すようにするのは難しいですよね。

それでは、自己PRで「縁の下の力持ち」を伝えるためのポイントを3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

「縁の下の力持ち」のエピソードを上手に伝えるコツ
  • コツ①:チームへの貢献度を定量的に伝える
  • コツ②:入社後の強みの活かし方を伝える
  • コツ③:主体的に縁の下の力持ちの役割を担っていることを伝える

上記の3つのポイントを抑えることで、縁の下の力持ちを印象に残る自己PRにすることができます。

それでは「縁の下の力持ち」をアピールするポイントについて順番に解説していきます。

 

コツ①:チームへの貢献度を定量的に伝える

自己PRで「縁の下の力持ち」をアピールするポイント1つ目は「チームへの貢献度を定量的に伝える」です。

なぜなら、縁の下の力持ちは直接数字として成果が伝わりにくく、自身の主観から考えた強みだと判断されることがあるからです。

例えば、「組織のサポート役として新入部員とのコミュニケーションやケアを増加した結果、1年以内に退部する部員を50%減らすことができました」のように数字で伝える方が入社後の活躍する姿もイメージがしやすいです。

なので、必ず数字で貢献度を伝えられるようにしておきましょう。

数字で成果を伝えることが難しい場合は、周りの人から客観的な評価をもらったり、アンケートを取ると良いかもしれません。

とにかく自己PRは主観ではなく、客観的な成果から出た強みを伝えられるようにしておきましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

コツ②:入社後の強みの活かし方を伝える

自己PRで「縁の下の力持ち」をアピールするポイント2つ目は「入社後の強みの活かし方を伝える」です。

あなたの「縁の下の力持ち」が、どのように仕事で活かせるかを伝えることで、面接官に「採用後はこのポジションで活躍してくれそう」とイメージを与えることができます。

部活動で培った縁の下の力持ちを、会社という新しいフィールドでどのように活かすために、組織の盛り上げ方や貢献の仕方を出来るだけ具体的に伝えれるようにしておきましょう。

採用後のイメージを与えることができれば、その他大勢の就活生と圧倒的な差別化を図ることができるでしょう。

自己PRでは、過去から得た強みをいかに入社後に活かすイメージを与えられるかを伝えることが重要です。

多くの就活生は、強みを言語化できても、入社後の強みの活かし方を言語化できていないので、差別化するチャンスですね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

コツ③:主体的に縁の下の力持ちの役割を担っていることを伝える

自己PRで「縁の下の力持ち」をアピールするポイント3つ目は「主体的に縁の下の力持ちの役割を担っていることを伝える」です。

なぜなら、縁の下の力持ちやサポート役は、組織の活動に対して消極的な姿勢であると捉えられることがあるからです。

なので、「組織メンバーの性格や強みを俯瞰した上で、積極的にサポート役を担いました」という風に伝えられると魅力的に伝わるでしょう。

組織に対して積極的かつ、縁の下の力持ちも主体的に担えることをアピールしていきましょう。

どんな経験でも、「自分の意思で縁の下の力持ちを意識した」という伝え方をすれば大丈夫ですよ。

「積極的にサポート役に回った」というニュアンスの伝え方をすれば魅力的になりますね。

主体性が伝わる自己PRを知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

「縁の下の力持ち」を自己PRする際のNG例文と注意点

就活生ちゃん

「縁の下の力持ち」はチームへの貢献度や組織に対する積極的な姿勢を伝えることが重要なのですね。

自己PR「縁の下の力持ち」を伝える際にやってはいけないことはありますか?

自己PRで「縁の下の力持ち」を伝えるときのNGは避けたいですよね。

それでは「縁の下の力持ち」をアピールする時に下記のことはやってはいけないので覚えておいてください。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

「縁の下の力持ち」を伝える際にやってはいけないこと
  • NG①:組織に対して消極的な姿勢を伝えない
  • NG②:話の主語が常に一人称になる
  • NG③:成果を出していない

上記3点の注意点を抑えることで、誤解のないように「縁の下の力持ち」をアピールすることができます。

それでは「縁の下の力持ち」を伝える際のやってはいけないことを順番に解説していきます。

 

「縁の下の力持ち」のNG例文

以下が「縁の下の力持ち」を伝える時のNG例文です。

私の強みは縁の下の力持ちであることです。

私はサッカー部のマネージャーをしており、私のチームは関西リーグ昇格を果たしました。

私はサッカーが下手でプレーヤーには向いていないので、マネージャーとして練習場所の管理や選手の水分補給を行いました。

このように私は縁の下の力持ちとしてチームに貢献できます。

この例文では、縁の下の力持ちを上手く伝えることができていません。

このような自己PRにならないように「縁の下の力持ち」を伝える際のやってはいけないことを3つ、詳しく解説していきます。

 

NG①:組織に対して消極的な姿勢を伝えない

自己PRで「縁の下の力持ち」を伝える際にやってはいけないこと1つ目は、「組織に対して消極的な姿勢を伝えない」です。

なぜなら、縁の下の力持ちは組織の先頭に出て、人を巻き込みながら積極的に活動することを好まないと捉えられるようなこともあるからです。

なので「組織のサポート役を頑張りました」よりも「組織全体のバランスを考慮して、裏方として組織を下支えしました」という風に、数ある選択肢がある中で縁の下の力持ちを担ったことが伝わるようにしましょう。

言い換え一覧などの表現を使って、自らサポート役に徹しているというアピールをするようにしましょう。

自己PRでは、「縁の下の力持ち」のネガティブな伝わり方を予測しておくことが重要になります。

ネガティブな面をカバーした上で、自分の強みを強調すると良いですね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

NG②:話の主語が常に一人称になる

自己PRで「縁の下の力持ち」を伝える際にやってはいけないこと2つ目は、「話の主語が常に一人称になる」です。

なぜなら、縁の下の力持ちは組織がありきの強みなので、話の主語は組織でないといけなく、組織の成果と個人の成果を相対的に伝えるものです。

さらに本来は、縁の下の力持ちは自身で強みとして伝えるものではなく、他者や組織から客観的な評価で強みとされるものです。

なので、自己PRの話が常に一人称で自分だけが主語になっていないかを気を付けましょう。

面接官が聞いて、就活生が主観で強みと捉えていると感じられると悪い印象を受けます。

なので、組織を主語に話を進めることと、客観的な数字の評価を入れることを心がけましょう。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

NG③:成果を出していない

自己PRで「縁の下の力持ち」を伝える際にやってはいけないこと2つ目は、「成果を出していない」ことです。

なぜなら、縁の下の力持ちでも、当たり前の作業をしているだけでは、組織にとって必要な能力をアピールできないからです。

さらにです。

なので、自己PRの話が常に一人称で自分だけが主語になっていないかを気を付けましょう。

縁の下の力持ちは影の仕事が多いので、成果が見えずらいですよね。

ですが、自分の必要性をアピールするためには、成果を見える形で伝えるのが大切です!

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

 

最後に、自己PR全体の書き方が分からない人は、魅力的に伝わる自己PRのテンプレや書き方が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

「縁の下の力持ち」以外におすすめの強み/長所一覧

就活生ちゃん

「縁の下の力持ち」以外の自己PRで私に合っていそうなものは何かないですか?

それでは「縁の下の力持ち」である、あなたにおすすめの強み/長所を紹介します。

以下の記事でそれぞれの自己PR例文を紹介しているので、参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村ヒロシ

自己PRに使える強みを見つけたい時は、診断ツールを活用してみよう

就活生くん

自己分析をしているけど、自己PRに使える長所や強みが上手く見つけられないです・・・。

簡単に自分の長所や強みを見つけられる方法があれば教えてください。

自己PRに使える長所や強みを簡単に見つけたいなら、「自己分析の診断ツールを利用する」という方法もありますよ。

自己分析の診断ツールは、いくつかの質問に答えるだけで、あなたの性格や強みが分かるツールです。

かかる時間も10分ほどで、手軽に客観的な自己分析ができます。もちろん無料です。

就活アドバイザー 京香

メモ

代表的な自己分析ツールには、以下のようなものがあります(同時利用がおすすめ)

自己分析ツールで自己分析すると、あなたの診断結果に魅力を感じた企業から直接スカウトが届きます。

自己分析を進めつつ、企業からのオファーも来るなんて一石二鳥ですよ。

おすすめの自己分析ツールの評判や使い方は、【内定者が選んだ】自己分析ツールおすすめ16選 | 簡単な適性診断サイト,アプリ (全て無料)という記事で解説しているので、参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

 

その他の自己PRに使える長所診断ツールは、こちらの記事でまとめているので、あなたに合う長所診断ツールを試してみてくださいね。

 

自己PRを逆求人サイトに登録すると、企業から選考オファーが来る

就活生くん

自己PRが完成したので、どんどん選考を受けていきたいです。

でも正直、企業探しは面倒なんだよなー・・・。

せっかく自己PRが完成したなら、逆求人サイトの利用をオススメします。

自己PRやプロフィールを一度記入しておくだけで、企業から選考オファーが来るので、企業を探しの手間が省けて効率的ですよ。

就活アドバイザー 京香

オススメの逆求人サイト
  • オススメ①:就活生3人に1人が使っている「OfferBox
  • オススメ②:適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ

参考:【内定者が選んだ】逆求人サイトおすすめ15選! スカウト型の選び方,デメリットも

 

就活生3人に1人が使っている「OfferBox

OfferBox (オファーボックス )

OfferBoxのおすすめポイント
  • 就活生の3人に1人(14万人以上)が利用している「業界no.1の安心感」
  • 大手からベンチャーまで7,450社以上の企業からオファーが来る
  • 東証一部企業の19%(5社に1社)がOfferBoxを利用している
  • さらに、適性検査AnalyzeU+で正確な自己分析も出来る

自己PRを登録すれば選考オファーを受け取ることが出来るので、まずOfferBoxから使ってみましょう。

多くの大手企業が登録しているので、OfferBoxは安心して使うことが出来ますよ。

OfferBoxは全て無料で、たったの1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxで選考オファーが来る企業一覧

 

適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ」

キミスカ

キミスカのおすすめポイント
  • 他のサービスよりも、企業からオファーを受け取りやすい
  • キミスカ適性検査で、職務適性ビジネス戦闘力まで分かる。
  • 自己PRや人物像、就活軸を書いておけばキミスカがあなたを企業に推薦してくれる。
  • 自分の選考状況を書いておけば、選考をスキップできる場合もある。

自己PRを記入して自分に合った企業とマッチングしたい就活生の方は、キミスカを使ってみましょう。

キミスカは適性検査で職務適性まで分かるためマッチング精度が高く、企業からスカウトをもらいやすいというメリットもあります。

キミスカも全て無料、1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー 京香

キミスカで選考オファーが来る企業一覧

 

自己PRの通過率をさらに上げる2つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの自己PRを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

自己PRを上手に書くコツってあるんですか?

自己PRを上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして自己PRを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー 京香

 
メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

自己PRを書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの自己PRをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この自己PRで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの自己PRを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に自己PRを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー 京香

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:縁の下の力持ちがどのように成果に貢献したかを伝えよう!

「【例文あり】「縁の下の力持ち」自己PRの魅力的な伝え方,強みの言い換えも」の記事はいかがでしたか。

この記事では「縁の下の力持ちを魅力的に伝える例文」を解説しました。

合わせて「縁の下の力持ちの言い換え表現」「縁の下の力持ちを魅力的に伝えるコツ3選」も解説しました。

最後に、この記事のまとめをおさらいしましょう。

この記事のまとめ

◆ 自己PR「縁の下の力持ち」を魅力的に伝えるための例文3選

  • 例文①:長期インターンシップ
  • 例文②:部活動
  • 例文③:居酒屋のアルバイト

◆ 自己PR「縁の下の力持ち」の言い換え表現一覧

◆ 自己PR「縁の下の力持ち」が強み/長所になる理由

◆ 自己PR「縁の下の力持ち」を魅力的に伝えるコツ3選

  • コツ①:チームへの貢献度を定量的に伝える
  • コツ②:入社後の強みの活かし方を伝える
  • コツ③:主体的に縁の下の力持ちの役割を担っていることを伝える

◆ 自己PR「縁の下の力持ち」を伝える際にやってはいけないこと

  • NG①:組織に対して消極的な姿勢を伝えない
  • NG②:話の主語が常に一人称になる
  • NG③:成果を出していない

◆ 「縁の下の力持ち」以外におすすめの強み/長所一覧

この記事が良いなと思った人は、ぜひ友人や後輩にもシェアしてあげてくださいね!

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 木村