【SPIなしの大手企業も!】適性検査/WEBテストを実施しない企業一覧 | 筆記試験なしで内定する方法も

spi-test-nai

サイト監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • 【最新】SPI/適性検査/筆記試験の実施がない企業一覧
  • SPIなしの大手企業は「サイバーエージェント」など
  • SPIなしで内定を貰う方法は①逆求人サイト②就活イベントなど
  • SPIテストセンター の対策には、SPI頻出問題集(LINEで無料配布)」「Lognavi(無料)を使うのが一番おすすめ

どうも、元就活生のおぎつです。

3月から就活が解禁したら、説明会のラッシュやESの提出をすぐに求められて大変ですよね。

そんな中、ESと同時に提出しないといけないものがあります。

それがSPIのテスト系ですね。

 

ウェブテストやSPIテストセンターなど種類は色々ありますが、一番多いのはSPIテストセンターです。

なぜなら、SPIテストセンターでは不正ができずに自分の実力でSPIを受けないといけないからですね。

逆にウェブテストはどこでもできるので、不正が横行しています(笑)

そうしてほとんどの企業がSPIテストセンターを実施していますが、勉強不足の就活生は多く見受けられます。

ここで足切りされてしまうと、自分の人柄や学生生活でやってきたことをアピールする前に終わってしまいます。

それはすごい悔しいですよね。

 

そこで今回は「SPI/適性検査/WEBテストが必要ない企業一覧」を紹介します。

合わせて「SPIなしで優良企業に内定する方法」も解説します。

この記事を読めば、筆記試験なしで大手の優良企業に内定する方法が分かります。

SPIが苦手な就活生はぜひ最後まで読んでくださいね。

「SPIなどのWebテストで落とされたくない!」という方にはSPI頻出問題集」「Lognavi」の同時利用が最もおすすめです。

SPI頻出問題集では実際の問題に近い演習を行え、Lognaviでは知的テスト(118問)と性格テスト(90問)が受けられます。

同時に利用することで、Webテストの問題形式に慣れることができ、苦手分野を克服するための対策を行えます。

SPI頻出問題集は、すでに80,000人以上の就活生が利用しており、公式LINE限定で無料配布中、Lognaviはアプリから簡単に登録できますよ。

就活アドバイザー 京香

>> SPI頻出問題集を使ってみる(公式LINEで無料配布)

>> Lognaviを利用してみる(無料)

今から短期間でSPIテストセンターの猛勉強は厳しい?

勉強不足だからといって今から猛勉強というのも間違っています。

準備が早い就活生はSPIテストセンターの勉強を秋から2月までにやっているので、追いつくことは厳しいのが現状です。

同じ土俵で勝負はしてしまうと負けてしまいます。

そのため、次にSPIテストセンターは実施しないで様々な企業の選考に参加する方法を紹介したいと思います。

 

「SPIなどのWebテストで落とされたくない!」という方にはSPI頻出問題集」「Lognavi」の同時利用が最もおすすめです。

SPI頻出問題集は、テストと同レベルの問題をダウンロードでき、LognaviではSPIやWebテスト対策に使える知的テスト(118問)と性格テスト(90問)が受けられます。

SPI頻出問題集は、すでに80,000人以上の就活生が利用しており、公式LINE限定で無料配布中、Lognaviはアプリから使えますよ。

就活アドバイザー 京香

>> SPI頻出問題集を使ってみる(公式LINEで無料配布)

>> Lognaviを利用してみる(無料)

 

SPIの問題は苦手だし、選考通過できる気がしない…」という就活生の方は、SPI対策に特化した問題集で対策するのがおすすめです。

SPI問題集を利用すれば、頻出問題対策方法解き方が一気にわかるので、選考通過率が格段にUPしますよ。

就活の教科書では、短時間で志望企業突破レベルまで対策できるSPI頻出問題集を無料配布しています。

SPIで絶対に落ちたくないという就活生は「SPIテストセンターの対策方法とコツ」も見てみてくださいね。

就活アドバイザー 京香


【大手企業も!】SPI/適性検査/WEBテストが必要ない企業一覧

SPIがない大手企業も実際に存在します。

そこで、そもそもSPI/適性検査/WEBテスト自体を実施しない企業を紹介していきます。

【23・24卒向け】SPIがない企業
  • グーグル(IT)
  • マイクロソフト(IT)
  • サイバーエージェント(IT)
  • グリー(IT)
  • サイボウズ(IT)
  • サーキュレーション(コンサル)
  • リプライス(不動産)
  • マッキャンエリクソン(広告)
  • ボッシュ(自動車メーカー)
  • ニチコン(電子部品メーカー)

以上がSPIなどの試験を実施しない企業です。

23卒の情報を参考にしているため、24卒から変更になることもあります。

SPIがないかどうかの最新の情報は各企業の採用情報を参考にしてください。

 

SPI頻出問題集を活用すれば、SPIで出題される問題と対策方法がわかり、WEBテストで落ちにくくなりますよ。

また就活の教科書公式LINEでは、あなたの就活戦闘力や向いている仕事が分かる就活力診断」「適職診断など、様々な無料診断が受けられます。

すでに就活生61,079人以上が登録してくれていますので、ぜひ参加しておいてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 公式LINEでSPI頻出問題集を受け取る(参加無料)


SPIがない企業の特徴

SPIを実施しない企業の特徴は以下の3つです。

それぞれについて詳しく解説していきます。

SPIがない企業の特徴
  • 特徴①:中小企業
  • 特徴②:外資系の企業
  • 特徴③:学歴フィルターがある企業

 

特徴①:中小企業

SPIを実施しない企業の特徴1つ目は「中小企業」です。

そもそもなぜ企業がSPIなどの筆記試験を実施するのかというのは、就活生の能力を測るためだけでなく、応募者が多すぎて全員は面接できないからです。

ですので、応募の規模が小さい中小企業においては、応募者をふるいにかける必要がないため、SPIを実施しないことがあります。

 

特徴②:外資系の企業

SPIを実施しない企業の特徴2つ目は「外資系の企業」です。

海外では「採用で筆記試験を実施する」という文化がないため、外資系だと日本でも試験を実施しない企業が多いです。

また、外資系の企業は海外では有名だけど日本の就活生の間では有名ではないこともあり、その場合は応募者数が少ないためSPIを実施しません。

SPIではなく、企業オリジナルの試験を実施する企業もあります。

例えばマッキンゼー(戦略コンサル会社)の選考では「問題解決ゲーム」というオリジナル試験が実施されています。

まとめると、外資系の場合はSPIを実施する企業が少なく、代わりにオリジナル試験を実施する場合があります。

 

特徴③:学歴フィルターがある企業

SPIを実施しない企業の特徴3つ目は「学歴フィルターがある企業」です。

企業がWEBテストや筆記試験を実施する目的は、多すぎる応募者をふるいにかけるためです。

ですので、学歴フィルターで応募者を絞れば、そもそもSPIを実施する意味がありません。

したがって、大手企業でSPIなどの試験が無い場合、学歴フィルターがある可能性が高いです。

 

これまではWebテストがない企業について解説してきましたが、実際にはWebテストを設けている企業の方が多いです。

Webテストの企業に関しては、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

 

【今すぐできる!】SPI/Webテストの対策方法

就活生くん

選考でSPIや玉手箱などのWebテストを受けなければならないのですが、どのように対策したら良いですか?

結論から言うとSPI頻出問題集」と「Lognavi」の同時利用がおすすめです。

この二つの対策方法、また効果的な利用方法について詳しく説明していきますね。

就活アドバイザー 京香

 

SPI頻出問題集(公式LINE限定で配布中)

SPIなどのWebテストの対策方法としておすすめなのが、SPI頻出問題集です。

SPI頻出問題集では、実際にSPIでよく出る問題の演習を行え、解説でしっかりと理解することができます。

一つ一つの演習の対策を念入りに行えば、SPIやその他Webテストで役立つ基礎力をつけることができます

就活アドバイザー 京香

SPI頻出問題集のおすすめポイント
  • 言語・非言語両方の頻出問題が網羅されている
  • 二字熟語90選/四字熟語50選で言語の対策がしっかりとれる
  • 実際の問題に近い演習ができる

>> SPI頻出問題集を利用してみる(無料)

 

Lognavi(Webテストの苦手分野がわかる、スマホで簡単対策)

SPIなどのWebテストの対策方法としておすすめなのが、Lognaviです。

Lognaviでは、あなたの知力を測れる独自の知的テスト自己分析に役立つ性格検査を受けられます。

知的テストでは、言語力・計算応用力などの系統別の能力も測れるため、SPIやWebテストの対策には大変おすすめです。

就活アドバイザー 京香

実際の画面は以下のようになっており、知力テスト・性格診断の細かい検査結果を知れるようになっています。

Lognaviのおすすめポイント
  • 知的テストは全118問・性格テストは全90問と幅広い出題範囲
  • 知的テストを通して記憶力・言語力・推理力などを知れる
  • Lognavi知的テスト内での偏差値が出るため、自分を客観視しやすい

>> Lognaviを使ってみる(無料)

Webテストの対策として紹介した「SPI頻出問題集」や「Lognavi」は、用途別に使い分けると効果的です。

まず「Lognavi」を弱点や苦手分野を知るために利用し、その後、実際の問題に近い「SPI頻出問題集」で演習を行うと、SPIなどWebテストで落ちる可能性は低くなります。

「SPI頻出問題集」「Lognavi」どちらも「今すぐ使える」ので、ぜひ利用してみてくださいね!

就活アドバイザー 京香

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

SPI/適性検査/WEBテストなしで優良企業に内定する方法

SPIのテストをやりたくない学生は、実施しない企業を地道に探すことが多いです。

でも、それだと大手や優良企業は絶対に見つかりません。

実施していない企業を探すと受けられる企業がすごい狭くなってしまいますし、おすすめしません。

実施しないでSPIテストセンター必要無しで受けられる方法は他にもあるんです。

それが以下の4つです。

SPIなしで企業に内定する方法
  • 方法①:逆求人サイトに登録する
  • 方法②:就活イベントに参加する
  • 方法③:OB/OG訪問をする
  • 方法④:インターンに参加する

 

方法①:逆求人サイトを利用する

SPI/適性検査/WEBテストなしで優良企業に内定する方法1つ目は「逆求人サイトを利用する」です。

逆求人とは、就活生が企業側にエントリーすることの逆で企業側が学生をスカウトする制度です。

有名なのがキミスカですね。

 

これらに無料登録したら、やることは2つあります。

  • ESと同じように自己PRやガクチカを入力する
  • 志望している業界を設定する

これらを入力すれば、後は企業からのスカウトを待つだけです。

ちなみに普通に学生側から、企業を探して受けたいというアピールもできます。

 

方法②:就活イベントに参加する

SPI/適性検査/WEBテストなしで優良企業に内定する方法2つ目は「就活イベントに参加する」です。

また、就活イベントに参加し、企業の紹介を受けるとSPIテストセンターを受けずに面接に進むことができます。

おすすめの就活イベントには以下のようなものがあります。

おすすめの逆求人サイトや就活イベントは以下の記事を参考にしてみてくださいね。

 

方法③:OB/OG訪問をする

SPI/適性検査/WEBテストなしで優良企業に内定する方法3つ目は「OB/OG訪問をする」です。

企業に直接応募するのではなく、OB訪問をした社員の方に推薦をしてもらうと、SPIを免除してもらえることがあります。

OB訪問をした社員の方からの推薦を貰うためには、OB訪問で好印象を残すことが大切です。

OB訪問の正しいやり方については次の記事で詳しく説明しているので、SPIなしで選考を通過したい就活生はぜひ参考にしてください。

 

方法④:インターンに参加する

SPI/適性検査/WEBテストなしで優良企業に内定する方法4つ目は「インターンに参加する」です。

大学3年生の3月頃から本選考は始まりますが、それよりも前にインターンに参加しておけば、特別選考ルートで筆記試験やSPIが免除になることがあります。

インターン参加者限定の特別選考ルートは本選考よりも圧倒的に内定を貰いやすいです。

インターンは主に8~9月、12~1月に開催されることが多いので、SPIなしで選考を突破したい就活生は、志望企業のインターンに参加しておきましょう。

 

「SPIなどのWebテストで落とされたくない!」という方にはSPI頻出問題集」「Lognavi」の同時利用が最もおすすめです。

SPI頻出問題集は、テストと同レベルの問題をダウンロードでき、LognaviではSPIやWebテスト対策に使える知的テスト(118問)と性格テスト(90問)が受けられます。

SPI頻出問題集は、すでに80,000人以上の就活生が利用しており、公式LINE限定で無料配布中、Lognaviはアプリから使えますよ。

就活アドバイザー 京香

>> SPI頻出問題集を使ってみる(公式LINEで無料配布)

>> Lognaviを利用してみる(無料)

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

実際にSPIテストセンターなしで内定を貰った体験談

友達は、早くから逆求人サイトを専門に就活をしていました。

なぜならSPIテストセンターの勉強が嫌だったからです(笑)

それでも、スカウトされてESと面接のスキルで大手企業(大〇商〇)に内定を貰っていました。

実際に僕も大手からや優良企業からスカウトのチャンスがありましたが、最終で落ちたりして後一歩のところでした(笑)

それでも、振り返ると面接の場数を踏めた良い機会になったので助かりました。

普通に就活しながら、同時進行で逆求人サイトで就活するのはオススメです。

 

僕自身も就活中に逆求人サイトを活用していました。

最初は、こういうサイトには良い条件(知名度・高年収など)の企業は無いと思っていました。

だから面接などでの就活慣れのために登録しました。

しかし、実際にオファーが来た企業や企業一覧を見ると色んな企業がありました。

 

例えば、以下のような企業を見つけました。

  • 何の事業している分からないけど、誰でも名前は聞いたことがあるBtoBの日系大手企業
  • 調べると高年収な外資系企業
  • 福利厚生面が強い・結果重視・自由な勤務など色々な条件のベンチャー企業

スカウトされた企業に「なぜ逆求人サイトを使っているか?」を聞いてみると、事業が企業間取引だったりして就活生の認知度が低いからだそうです。

そのため、マイナビなどに載せてもお金の無駄になってしまうと聞きました。

 

WEBテストをカンニングしたり、代行サービスを活用することを考えている人はいませんか?

合わせて、WEBテストのカンニングがバレた時の対処法や企業にバレるのかが分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

また、能力検査や性格検査でつまづいてしまう人は、能力検査や性格検査の結果が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

 

【やばい人必見!】SPI/Webテストが短時間で対策できるおすすめのサービス

就活生ちゃん

WebテストやSPIの対策をしているけど、全落ちしてしまいます。

このままだと、就職できないかもしれません…

どうすれば良いのでしょうか?

WebテストやSPIは対策していないとよく落ちますよね。

しかし、ESや面接対策でなかなかWebテストを対策する時間が取れない就活生も多いです。

そこで、SPIやWebテストの対策が短時間でできるおすすめの無料サービスを特別に紹介するので、併用して使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

SPI頻出問題集

SPI頻出問題集のおすすめポイント
  • 「SPI頻出問題集」ならSPIで出題される問題と対策方法がわかる
  • やるべき選考対策がわかるので、選考で落ちにくくなる
  • 意中の企業から内定が貰えて、就活を最短で終えられる
  • SPI以外のWebテストにも対応している
  • すでに就活生61,079人以上が登録済み

>> SPI頻出問題集を見てみる

 

キミスカ適性検査

キミスカ適性検査のおすすめポイント
  • 他のサービスよりも、企業からオファーを受け取りやすい
  • キミスカ適性検査で、職務適性ビジネス戦闘力まで分かる
  • 自己PRや人物像、就活軸を書いておけばキミスカがあなたを企業に推薦してくれる
  • 自分の選考状況を書いておけば、選考をスキップできる場合もある

>> キミスカ適性検査を見てみる

上記のサービスを併用して使えば、就活WeテストSPIの対策に時間が取れない就活生でも短時間で十分に合格できるレベルに到達します。

「WEbテストとSPIがやばい…けど、落ちたくない!」という方は、ぜひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

まとめ:SPIや適性検査なしで内定を獲得することはできる!

いかがでしたか。

この記事では「SPI/適性検査/WEBテストが必要ない企業一覧」を紹介しました。

また、合わせて「SPIなしで優良企業に内定する方法」も2つ解説しました。

本記事で紹介したSPIなしの企業や、逆求人サイト・就活イベントを活用すれば、筆記試験を受けないで内定を獲得することはできます。

ぜひ自分に合った方法を見つけて、就活を乗り切ってください。

以下でこの記事のまとめをします。

この記事のまとめ

今から短期間でSPIテストセンターの猛勉強は厳しい?

【大手企業も!】SPI/適性検査/WEBテストが必要ない企業一覧

SPIがない企業の特徴

  • 特徴①:中小企業
  • 特徴②:外資系の企業
  • 特徴③:学歴フィルターがある企業

SPI/適性検査/WEBテストなしで優良企業に内定する方法

  • 方法①:逆求人サイトを利用する
  • 方法②:就活イベントに参加する
  • 方法③:OB/OG訪問をする
  • 方法④:インターンに参加する

実際にSPIテストセンターなしで内定を貰った体験談

まとめ:SPIや適性検査なしで内定を獲得することはできる!