>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

就活でSPIは必要ない!テスト実施をしないで優良企業に行く方法

どうも、元就活生のおぎつです。

3月から就活が解禁したら、説明会のラッシュやESの提出をすぐに求められて大変ですよね。

そんな中、ESと同時に提出しないといけないものがあります。

それがSPIのテスト系ですね。

 

ウェブテストやテストセンターなど種類は色々ありますが、一番多いのはテストセンターです。

なぜならテスセンは不正ができずに自分の実力でSPIを受けるからですね。

逆にウェブテストはどこでもできるので、不正が横行しています(笑)

そうしてほとんどの企業がSPIを実施していますが、勉強不足の就活生は多く見受けられます。

ここで足切りされてしまうと、自分の人柄や学生生活でやってきたことをアピールする前に終わってしまいます。

それはすごい悔しいですよね。

 

今から短期間でSPIの猛勉強は厳しい?

勉強不足だからといって今から猛勉強というのも間違っています。

準備が早い就活生はSPIの勉強を秋から2月までにやっているので、追いつくことは厳しいのが現状です。

同じ土俵で勝負はしてしまうと負けてしまいます。

そのため、今回はSPIは実施しないで様々な企業の選考に参加する方法を紹介したいと思います。

 

SPIを実施しない企業じゃなくてもパスする方法がある!?

SPIのテストをやりたくない学生は、実施しない企業を地道に探すことが多いです。

でも、それだと大手や優良企業は絶対に見つかりません。

実施していない企業を探すと受けられる企業がすごい狭くなってしまいますし、おすすめしません。

実施しないでSPI必要なしで受けられる方法は他にもあるんです。

それが逆求人サイトです。

逆求人とは、就活生が企業側にエントリーすることの逆で企業側が学生をスカウトする制度です。

有名なのがOfferBoxキミスカなどですね。

 

これらに無料登録したら、やることは2つあります。

・ESと同じように自己PRやガクチカを入力する

・志望している業界を設定する

これらを入力すれば、後は企業からのスカウトを待つだけです。

ちなみに普通に学生側から、企業を探して受けたいというアピールもできます。

 

僕自身も就活中に逆求人サイトを活用していました。

最初は、こうゆうサイトには良い条件(知名度・高年収など)の企業は無いと思っていました。

だから面接などでの就活慣れのために登録しました。

しかし、実際にオファーが来た企業や企業一覧を見ると色んな企業がありました。

 

例えば、これらの企業を見つけました。

  • 何の事業している分からないけど、誰でも名前は聞いたことがあるBtoBの日系企業
  • 調べると高年収な外資企業
  • 福利厚生面が強い・結果重視・自由な勤務など色々な条件のベンチャー

スカウトされた企業に『なぜ逆求人サイトを使っているか?』を聞いてみると、事業が企業間取引だったりして就活生の認知度が低いからだそうです。

そのため、マイナビなどに載せてもお金の無駄になってしまうと聞きました。

 

実際にSPIを勉強しないでに内定を貰った友達もいる

友達は、早くから逆求人サイトを専門に就活をしていました。

なぜならSPIの勉強が嫌だったからです(笑)

それでも、スカウトされてESと面接のスキルで大手企業(大〇商〇)に内定を貰っていました。

実際に僕も大手からや優良企業からスカウトのチャンスがありましたが、最終で落ちたりして後一歩のところでした(笑)

それでも、振り返ると面接の場数を踏めた良い機会になったので助かりました。

普通に就活しながら、同時進行で逆求人サイトで就活するのはオススメです。

 

無料の模試と問題集で、WEBテストの対策をしよう

SPIを対策するには、多くの問題を解くことが効果的です。

そこでおすすめなのがSPI模試&問題集です。

模試には、言語と非言語の問題が100問収録されています。

今なら100問解ける問題集もついてくるので、合計200問の例題を解くことが可能です。

 

詳しい解説つきなので、問題が解けなかったという人も力をつけることができるでしょう。

分からなかった問題をそのままにせず、解説を読んで意味や解き方を理解することが大切です。

無料でダウンロードできるので、腕試しがしたいという就活生にもおすすめです。