>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【内定者が選んだ】ガクチカ添削サービスおすすめ7選(学生時代に力を入れたこと)

【内定者が教える】ガクチカを添削してもらえるサービスおすすめ5選(学生時代力をいれたこと)

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事で分かること
  • ガクチカを添削してもらうメリット
  • ガクチカを添削してもらえるオススメのサービス7選
  • ガクチカ添削で一番オススメは「キャリアチケット
  • ガクチカの自己添削のやり方

 

こんにちは。「就活の教科書」編集部の森山です。

今回は、エントリーシートのガクチカの添削について解説します。

就活生のみなさんは、エントリーシートを提出する前に、誰かにガクチカ(学生時代に力を入れたこと)を添削してもらったことはありますか?

「就活の教科書」編集部 森山

就活生くん

僕は、ガクチカの添削を受けたことはないです・・・

ガクチカなんて、自分の強みを書けば良いんじゃないですか?

就活生ちゃん

私は、誰かにガクチカを添削してほしいと思っているのですが、誰に添削をしてもらえば良いのかわかりません。

ガクチカを添削してもらうのって、不安が多いですよね。
僕もガクチカを書くのに苦戦したので、気持ちはすごく分かります。

「就活の教科書」編集部 森山

 

そこでこの記事では、エントリーシートのガクチカ(学生時代に力を入れたこと)を添削してもらえるサービスおすすめ7選を紹介します。

さらに、ガクチカを添削してもらうメリットや、自分で添削する時のポイントも紹介します。

この記事を読めば、「ガクチカをがまとまってなかったから、選考に落ちてしまった…」なんて失敗も避けられます。

ガクチカに不安を感じる就活生のみなさんは、ぜひ最後まで読んでみてください。

先に結論を伝えておくと、ガクチカの添削サービスは「キャリアチケットがおすすめです。

就活のプロが、企業目線からガクチカやESの添削をしてくれます。

一人ひとりの良さを知るためのカウンセリングもあるので、自分らしいガクチカが完成します。

ちなみにキャリアチケットは非常に人気なので、早めに予約しておくことをオススメします。

「就活の教科書」編集部 森山

⇒ キャリアチケットを見てみる

 

ガクチカは添削してもらうと選考に通りやすくなる

就活生くん

エントリーシートのガクチカ(学生時代に力を入れたこと)って、誰かに添削してもらった方が良いんですか?

結論から言うと、ガクチカは添削してもらった方が良いです。

「就活の教科書」編集部 森山

ガクチカを誰にも添削してもらわずに企業に提出して、選考に落ちてしまう就活生は多いです。

その理由は、自分の主観が入りすぎているために、他の人が読むと分かりにくいガクチカになっているからです。

他人に添削をしてもらうことで、自分の主観がある程度取り除かれて、分かりやすいガクチカになります。

選考を通過するガクチカにするためには、他人に添削をしてもらうのが一番です。

ガクチカは添削をしてもらうことが大切だとわかりましたね。
しかし、誰にガクチカを添削してもらえば良いのか悩む就活生も多いと思います。
そこで次に、ガクチカを添削してもらえるサービス5選を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ガクチカを添削してもらえるサービスおすすめ7選

就活生ちゃん

エントリーシートのガクチカを誰かに添削してもらいたいのですが、どうしたら良いですか?

実は、ガクチカ(学生時代に力を入れたこと)を添削してもらえるサービスはたくさん存在します!

「自分の考えたガクチカが不安で、添削してもらいたい・・・」そんな就活生にオススメです。

ガクチカを添削してもらえるサービス7選を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

ガクチカを添削してもらえるサービスおすすめ7選

それでは、ガクチカを添削してもらえるサービスおすすめ7選を、それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

サービス①:キャリアチケット

ガクチカを添削してもらえるおすすめサービス1つ目は、「キャリアチケット」です。

キャリアチケットは、レバレジーズ株式会社が運営している新卒紹介のエージェントサービスです。

専属のエージェントがマンツーマンで個人に合わせてガクチカ添削をしてくれます。

自分の良さが最大限に伝わるガクチカが完成するので、実績として対策後の選考通過率が39%もUPしています。

また、充実のサポート内容により、オリコンの就活エージェント部門で1位を獲得しています。

自分の強みを活かしたガクチカを書きたい方は、キャリアチケットを利用してみてくださいね。

ちなみに就活エージェント以外の添削サービスもありますが、ES添削はマンツーマンですぐに質問できた方が良いので、1つくらいは就活エージェントを使っておくことをオススメします。

また、キャリアチケットは人気のサービスなので、早めに予約を取っておきましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

>> キャリアチケットを見てみる

 

キャリアチケットの就活生の評判についてはこの記事で紹介していますので、合わせて参考にしてください。

 

サービス②:キャリセン就活エージェント

ガクチカを添削してもらえるおすすめサービス2つ目は、キャリセン就活エージェントです。

キャリセン就活エージェントは、シンクトワイス株式会社が運営している新卒向け就活サポートサービスです。

ガクチカの添削を、プロのアドバイザーが就活生一人ひとりに合った形で実施してくれます。

キャリセン就活エージェントでは「利用後内定獲得が5.4倍になる」が最大の特徴です。

首都圏/関西圏へ就職希望の就活生は特におすすめです。

「自己分析も手伝ってもらいたい」就活生の方はキャリセン就活エージェントに添削をお願いしてみましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

>> キャリセン就活エージェントを見てみる

 

キャリセン就活エージェントについての就活生の評判や使い方は、こちらの記事で解説していますので、合わせて参考にして下さい。

 

サービス③:JHR就職エージェント

JHR就活エージェント

ガクチカを添削してもらえるおすすめサービス3つ目は、JHR就職エージェントです。

JHR就職エージェントは、JHR株式会社が運営している新卒向け就活サポートサービスです。

カウンセリングを通して、就活生一人ひとりに合った形でガクチカの添削を実施してくれます。

JHR就職エージェントではカウンセリングを行った就活生の内定獲得率92%、満足率96%の実績もあります。

JHR就職エージェントはオンラインでも対面でもES添削をしてもらえます。

「何か変わりたい」就活生の方はJHR就職エージェントに添削をお願いしてみてください。

「就活の教科書」編集部 森山

>> JHR就職エージェントを見てみる

 

JHR就職エージェントについての就活生の評判や使い方は、こちらの記事で解説していますので、合わせて参考にして下さい。

 

サービス④:Abuild就活

【Abuild就活(アビルド就活)の評判は?】口コミまとめ | CEOインタビューも

ガクチカを添削してもらえるおすすめサービス4つ目は、Abuild就活(NINJAPAN)です。

Abuild就活は、株式会社NINJAPANが運営する新卒向け就活サービスです。

就活生の志望業界・企業に合ったES添削もしてもらえるので、ES通過率が大幅に上がります。

また、外資銀行や難関企業出身のコーチがES添削をするためレベルの高いガクチカを作ることができますよ。

有料のサービスですが、納得内定しなければ全額返金してもらえるので安心して利用できます。

Abuild就活では就活生一人一人に適した専属のコーチがつき、就活全般のサポートもしてもらえます。

「絶対に行きたい企業があるけどガクチカが不安だ…」そんな就活生は、Abuild就活でES添削を受けてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

>> Abuild就活を見てみる

 

Abuild就活の就活生の評判についてはこの記事で紹介していますので、合わせて参考にしてください。

 

メモ

ちなみにES対策の方法としてunistyle(ユニスタイル)を使い、内定者のESを参考にする方法もあるので紹介しておきます。

ES添削を受けるだけでなく、内定者のESを参考にすれば、ESの完成度が高くなり通過率も上がりますよ。

 

サービス⑤:ES添削.me

ES_TENSAKU

ガクチカを添削してもらえるサービスおすすめ5つ目は、ES添削.meです。

ES添削.meは、株式会社LIMHAUSが運営している無料ES添削サービスです。

「企業名」「エントリーシートの設問・回答」を書いて添削依頼をすると、3営業日以内に返信が来ます。

チャット形式で質問できるので、オンラインですべて完結するのがES添削.meの特徴です。

またES添削.meは、面接の質問に対する回答の添削も行ってもらえます。

ES添削.meの特徴
  • 3営業日以内に添削結果が返ってくる
  • 面接時の質問の回答も添削してもらえる
  • ずっと無料で利用できる

>> ES添削.meを見てみる

ちなみにES添削.meは簡単に始められて便利ですが、正直、チャット形式なのでコミュニケーションが取りづらいです。

そこで、マンツーマンで気になったことをすぐに質問できる「キャリアチケットなどのエージェントとの併用をオススメします。

就活エージェントなら、悩みをすぐに解決して完成後の高いESが完成するので併用すると便利ですよ。

「就活の教科書」編集部 森山

 

 

「ES添削.me」の就活生の評判についてはこの記事で紹介していますので、合わせて参考にしてください。

 

サービス⑥:ES添削カメラ

志望動機を添削してもらえるおすすめサービス、ES添削カメラ

ガクチカを添削してもらえるサービスおすすめ6つ目は、ES添削カメラです。

ES添削カメラは、株式会社ベネッセi-キャリアが運営しているdoda新卒エージェントのES添削サービスです。

カメラでESを撮って送るだけで、就活のプロがあなたのESを添削してくれる非常に便利なサービスです。

「ES添削カメラ」はスマホでESを撮って送るだけで、ガクチカを添削してもらえます。
「時間がなくて忙しい!」そんな就活生にはES添削カメラがおすすめです。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ES添削カメラの評判・口コミについては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

 

サービス⑦:就活の教科書

志望動機添削サービス⑤:就活の教科書

ガクチカを添削してもらえるサービスおすすめ7つ目は、当メディア「就活の教科書」の添削サービスです。

当サイト「就活の教科書」でも、ガクチカの添削をしています。

「就活の教科書」でライターをしている21卒内定者が、最も就活生に近い目線でガクチカを添削するのが、他の添削サービスにはない一番の強みです。

「就活の教科書」のライターは、大手企業やメガベンチャー企業の選考も通過した経験があり、添削したガクチカも高確率で通過しています。

ガクチカだけでなく、エントリーシート(ES)全体を添削してもらいたい就活生は、次の記事も参考にしてみてください。
エントリーシート添削サービスについて、詳しく紹介しています。

「就活の教科書」編集部 森山

【エントリーシート添削します】あなたのESを「そのまま提出できるレベル」に

 

ガクチカ以外にも「志望動機」「自己PR」の添削やエントリーシート全体の添削サービスなどは以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

ガクチカの添削はOB/OGにも依頼できる!

ガクチカの添削は、就活のプロだけでなくOB/OGにも依頼することができます。

実際に、選考を通過したOB/OGに添削してもらうことで選考突破率のあがるガクチカに仕上げられます。

「OB/OGをどうやって探せばいいかわからない」という方にはビズリーチ・キャンパスをおすすめしています。

 

ビズリーチ・キャンパスは、株式会社ビズリーチが運営しているOB/OG訪問サイトです。

社会人にOB訪問(OG訪問)をして、ガクチカの添削をお願いしましょう。

この時、より企業風土に合った内容にするために、志望企業のOB/OGにガクチカ添削してもらうのがおすすめです。

ただし社会人も貴重な時間を割いてくださっているので、敬う気持ちを忘れないように気をつけましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

>> ビズリーチ・キャンパスを見てみる

 

ビズリーチ・キャンパスの就活生の評判や使い方は、こちらの記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ガクチカは一度書いただけで終わりではありません。
書いたガクチカを何度も添削してもらうことで、完成度が上がっていきます。

では次に、ガクチカを添削してもらう3つのメリットを紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ガクチカを添削してもらう3つのメリット

就活生くん

エントリーシートのガクチカ(学生時代に力を入れたこと)を添削してもらうと、具体的にどんなメリットがあるんですか?

ガクチカを添削してもらうと、次の3つのメリットがあります。

「就活の教科書」編集部 森山

ガクチカを添削してもらう3つのメリット
  • メリット①:客観的なアドバイスをもらえる
  • メリット②:ガクチカが企業の働き方とマッチしているか分かる
  • メリット③:エピソードの完成度が上がる

ちなみに添削を受ける前に、まずは自力でESを書いて添削を受けると効果が上がります。

そこで、もし自力で書くのが難しいという人はunistyle(ユニスタイル)内定者のESからヒントを得ると良いですよ。

それでは、ガクチカを添削してもらうメリットを、それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

メリット①:客観的なアドバイスをもらえる

ガクチカを添削してもらうメリット1つ目は、客観的なアドバイスをもらえるです。

ガクチカを1人で書いていると、どうしても主観的なエピソードが出来上がってしまいがちです。

一見、自分では間違っていないと思っていても、他人が見るとおかしな表現になっていることは多いです。

客観的な視点でガクチカを添削してもらうことで、自分が書いたガクチカの改善に繋がります。

ガクチカは他人に見てもらうことで、自分では気づけなかった部分を指摘してもらえます。

「就活の教科書」編集部 森山

 

メリット②:ガクチカが企業の働き方とマッチしているか分かる

ガクチカを添削してもらうメリット2つ目は、ガクチカが企業の働き方とマッチしているか分かるです。

学生時代の成果が、企業の働き方とマッチしていないと、選考を通過するのは難しいです。

仲間と協力して課題を解決したガクチカを書いても、独立した競争タイプの企業では、通用しません。

そのタイプの企業の働き方は一人での成果を求められるので、「仲間と協力しながら」はマッチしませんよね。

就活生は、学生時代で頑張ったことが企業の働き方とマッチしているのか判断できない場合も多いです。

ガクチカを添削してもらう時には、企業にマッチしているかどうかを指摘してもらいましょう!

「就活の教科書」編集部 森山

 

メリット③:エピソードの完成度が上がる

ガクチカを添削してもらうメリット3つ目は、エピソードの完成度が上がるです。

当たり前ですが、ガクチカを添削してもらうことで、完成度が高いガクチカになります。

どんなに文章力のある就活生でも、一人でガクチカを書くと、自然と自分好みの文章になってしまいます。

完成度を高くするために、文章を書くのが得意な就活生でも、一度はガクチカを添削してもらいましょう。

これら3つが他人にガクチカを添削してもらうメリットです。

ガクチカを添削してもらうことで、客観的なアドバイスもらえて、人事に好印象を与えられるガクチカになります。」

「就活の教科書」編集部 森山

 

また、誰かにエントリーシートの「ガクチカ」を添削してもらう場合は、もちろん依頼の連絡をすることになるでしょう。

その際に、依頼メールを送る時メールに何を書けば良いのか不安になると思います。

そこで、エントリーシートの添削を依頼する時のメールの書き方についての記事を紹介しますね。

ぜひ、依頼メールを書く時の参考にしてみてください。

 

ガクチカを自分で添削する時の3つのポイント

就活生ちゃん

知らない人にガクチカ(学生時代に力を入れたこと)を添削されるのは、厳しく添削をされそうで少し不安です。

ガクチカの添削って、何か他に良い方法はありませんか?

知らない人にガクチカを添削してもらうことに抵抗のある就活生もいますよね。

そんな時は、自分でガクチカを添削してみましょう。

自分でガクチカを添削する時には、次の3つのポイントを意識しましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

自分でガクチカを添削する時の3つのポイント
  • ポイント①:具体的な表現を使っているか
  • ポイント②:何を学んだかが伝わるか
  • ポイント③:自分のエピソードと応募企業のタイプが合致しているか

ちなみにESを自己添削する際は、内定者のESが見放題の「unistyle(ユニスタイル)を参考にすることをオススメします。

実際に内定者がESの書く際にやっていた工夫を参考にすれば、自力でも質の高いESが完成しますよ。

それでは、ガクチカを自分で添削する時のポイントをそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ポイント①:具体的な表現を使っているか

自分でガクチカを添削する時のポイント3つ目は、「具体的な表現を使っているか」を確認することです。

具体的な表現を使うことで、読みやすい文章になります。

例えば、「私が学生時代に頑張ったことは、アルバイトで時間帯責任者をしたことです。」これだと、時間帯責任者になったことしか伝わりません。

一方で、「私が学生時代に頑張ったことは、飲食店のアルバイトで時間帯責任者を担い、店舗のマニュアルを刷新して、お店を更に働きやすい環境へと改善しました。」の方が具体的で、伝わりやすい文章になります。

ガクチカだけでなく、エントリーシートのどの項目でも誰が読んでも分かりやすい文章を意識しましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ポイント②:何を学んだかが伝わるか

自分でガクチカを添削する時のポイント2つ目は、「何を学んだかが伝わるか」を確認することです。

学んだことを次に活かすのは、働く上で重要なことです。

学びを活かせる力を示せば、面接官も「この学生は良い人材に成長しそうだな!」と感じてもらえます。

ガクチカを読んでみて、学生時代で頑張ったことから何を学んだかが伝わるかを添削してみましょう。

一人で考えられたガクチカは、何を学んだのかを伝わりにくいことが多いです。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ポイント③:自分のエピソードと応募企業のタイプが合致しているか

自分でガクチカを添削する時のポイント3つ目は、「自分のエピソードと応募企業のタイプが合致しているか」を確認することです。

ガクチカでは、その人が何に対して頑張れるのかという価値観がわかるので、価値観が企業とマッチするかどうかが非常に重要です。

例えば、「学生時代にバイトリーダーを担当し、お店を任されていた」という学生は、「リーダーシップを取りたい・自主的に行動したい・自分の環境に妥協しない」などが考えられます。

人事は「就活生が何に対して頑張れるのか」という価値観をガクチカから見抜き、就活生と会社の相性を判断して、内定を出すか決めます。

そのためガクチカを添削する時は、自分の価値観が会社の相性とマッチしているかを確認する必要があります。

自分のエピソードと応募先企業のタイプが合致しているかを確認して、ガクチカを書き上げましょう

履歴書もエントリーシートと同様に、添削をお願いしてもらうと良いですよ。

履歴書添削についても知りたい人は、履歴書添削おすすめサービスが分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

 

まとめ:ガクチカは一人で悩まず、誰かに添削してもらおう!

この記事「【就活者が教える】ガクチカを添削してもらえるサービスおすすめ7選」はいかがだったでしょうか。

今回は、「就活の教科書」編集部の森山が、ガクチカ(学生時代に力を入れたこと)を添削してもらえる7つのサービスについて解説しました。

合わせて、ガクチカを添削してもらうメリットや、自分で添削する時のポイントも紹介しました。

「就活の教科書」編集部 森山

 

このページで学んだことをまとめると、以下の通りです。

今回の記事で学んだこと

添削されていないガクチカを提出する就活生は多い

ガクチカを添削してもらえるサービスおすすめ7選

ガクチカを添削してもらう3つのメリット

  • メリット①:客観的なアドバイスをもらえる
  • メリット②:ガクチカが企業の働き方とマッチしているか分かる
  • メリット③:エピソードの完成度が上がる

自分でガクチカを添削する時の3つのポイント

  • ポイント①:具体的な表現を使っているか
  • ポイント②:何を学んだかが伝わるか
  • ポイント③:自分のエピソードと応募企業のタイプが合致しているか

まとめ:ガクチカは一人で悩まずに誰かに添削してもらおう!

ガクチカは、一人で作ると読みづらくなってします。

まずは、添削をしてもらい、客観性を高め読みやすくすることで、企業の選考を通過する確率も高くなります。

ガクチカは企業に提出する前に、一度は誰かに添削してもらうことが重要ですよ。

「就活の教科書」編集部 森山