【例文あり】自己PR/ガクチカ「ダイエット」の魅力的な伝え方(学生時代頑張ったこと)

【例文あり】自己PR/ガクチカ「ダイエット」の魅力的な伝え方(学生時代頑張ったこと)

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事を読めば分かること
  • ガクチカのエピソードが「ダイエット」でもESを通過できる
  • ガクチカ「ダイエット」を魅力的に伝える例文
  • ガクチカで「ダイエット」を魅力的に伝えるには「動機→目標→過程→成果→学び」の5ステップ
  • ガクチカ「ダイエット」ならではの注意点3つ
  • 「ガクチカの書き方がわからない…」という就活生は、unistyle(ユニスタイル)内定者のESを参考にするのがおすすめ

 

就活生のみなさん、こんにちは!
「就活の教科書」編集部の浅井です。
この記事では、「ガクチカでダイエットを魅力的に伝える方法」について解説します。

就活生のみなさんは、「ダイエット」をガクチカ(学生時代に力を入れたこと)のエピソードにしようと思ったことはありますか?

「就活の教科書」編集部 浅井

就活生ちゃん

私は学生時代に、マイナス10kgもダイエットできました。
でも、ガクチカでダイエットを上手くアピールできなくて悩んでいます…

就活生くん

色々な経験をしましたが、僕が学生時代に一番頑張ったことはダイエットです。
なのでガクチカでダイエットをアピールしたいのですが、そもそもダイエットのガクチカって採用担当者に評価されるでしょうか…

ガクチカのエピソードをダイエットにすることが不安な就活生は多いですね。
でも、採用担当者はガクチカのエピソードだけで合否を判断しないので、「ダイエット」のガクチカでも伝え方次第で採用担当者の心に刺さりますよ

「就活の教科書」編集部 浅井

 

そこでこの記事では、エントリーシート通過率90%の「就活の教科書」編集部の浅井が、ガクチカで「ダイエット」を魅力的に伝える方法を解説します。

あわせて、ダイエットをエピソードにしたガクチカの例文ダイエットならではの注意点も紹介します。

この記事を読めば、ダイエットという珍しいエピソードでも上手にガクチカを伝えられるようになります。

「エントリーシートの通過率を上げたい!」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

「エントリーシートを上手く書けない…落ちるかも…」という方は、unistyle」「ES回答集100選(公式LINEで配布)同時に使うのが一番おすすめです。

同時に使うと、難関企業~ベンチャー企業内定者のESや、面接での質問と回答が無料で見放題になるので、評価してもらえる回答が簡単に作れるようになります。

「ESなんかで落とされたくない!」という方は、ぜひ同時に利用して内定者のESを参考にしてみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>>「unistyle」を使ってみる

>> 「ES回答集100選(公式LINEで配布)」を使ってみる

 

「ダイエット」のガクチカでもESを通過できる

就活生くん

ガクチカのエピソードを「ダイエット」にしようと思っているのですが、そもそもガクチカでダイエットをアピールして採用担当者に評価されるでしょうか。

ガクチカのエピソードが「ダイエット」でも、伝え方次第でエントリーシートは通過します!
なぜなら、採用担当者はガクチカのエピソードだけで合否を判断しないからです。

「就活の教科書」編集部 浅井

採用担当者が見ているのはガクチカのエピソードではなく、むしろ、成果に至るまでのプロセスや社会に出た時の再現性です。

たとえサッカー部で全国制覇をしても、成果を出すためにどんな工夫をしたのか言葉にできなければエントリーシートは落ちてしまいます。

逆に言うと、ダイエットという珍しいエピソードでも、「社会に出ても活躍できそう」と採用担当者に思わせることができればエントリーシートは通過します。

ただ、採用担当者の中にはガクチカのエピソードが「ダイエット」であることを認めない人もいます。
そのため、ゼミや部活動など他のエピソードがあるなら、ダイエットは避けましょう。

「就活の教科書」編集部 浅井

 


ガクチカ「ダイエット」を魅力的に伝える例文

就活生ちゃん

「学生時代に頑張ったこと」でダイエットをどうアピールして良いか分かりません…

ガクチカでダイエットをアピールするのは難しいですよね。
でも、ダイエットのガクチカでも、伝え方次第で採用担当者に好印象を与えられます。

そこで、ダイエットのガクチカの例文を紹介します!

「就活の教科書」編集部 浅井

学生時代一番頑張ったことは、大学1年生の時に行った20kgのダイエットです。
大学入学までに交際歴がなかったため、大学では交際相手を見つけたいと考えました。自身の体型に問題があると捉えた私は、ジムで働く知人の意見を求め「3ヶ月で体重80→63kg・体脂肪率25→12%(身長170㎝)」にすることを決意しました。
一日の食事量とカロリーを分析した結果、標準エネルギー摂取量より1000kcal多いことが原因だと分かりました。そこで、①高タンパク質低脂質の食事に変え、間食をなくし②その日の食事量・カロリー・体重・体脂肪率を毎日記録をして最適な食事を追求しました。また、これらを続けるために同じ悩みを持つ友人を募り、3ヶ月間実行しました。その結果、3ヶ月で体重60kg・体脂肪率11%を達成し、現在も体型を維持しています。
この経験より、最適解を見つけるためには細かくPDCAを回すことが大切だと学びました

(400字)

太字の部分が重要なポイントです。
次の章では、5つのポイントをそれぞれ説明していきます!

「就活の教科書」編集部 浅井

評価されるガクチカ・自己PR・志望動機などの書き方がわからない…」という方はunistyle(ユニスタイル)ES回答集100選(公式LINE)同時に使って内定者のESを参考にするのが一番おすすめです。

同時に使うことで、ES/履歴書や面接で聞かれる質問と評価される回答のほとんどをカバーできるようになります。

例えば「自己PRで協調性をアピールしたいな…」「金融業界の志望動機ってどうやって書くんだろう…」なんて悩みや不安も解決できますよ。

就活アドバイザー 京香

>> unistyle(ユニスタイル)を見てみる

>> ES回答集100選(公式LINE)を見てみる

 

ちなみに、当サイトがおすすめする無料ES添削サービスは以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてくださいね。

 

 

ガクチカで「ダイエット」を魅力的に伝える5ステップ

就活生ちゃん

前の章の例文を詳しく説明して欲しいです!

前の章の例文は、簡単な5ステップに分かれていました。

「就活の教科書」編集部 浅井

ガクチカで「ダイエット」を魅力的に伝える書き方5ステップ
  • ステップ①:【動機】ダイエットをしようと思ったきっかけ
  • ステップ②:【目標】〇ヶ月後までに〇〇kg痩せる
  • ステップ③:【過程】痩せるための自分なりの工夫
  • ステップ④:【成果】〇ヶ月後に〇〇kgの減量に成功
  • ステップ⑤:【学び】学びをどう仕事に活かすか

それでは、ガクチカで「ダイエット」を魅力的に伝える書き方5ステップについてひとつずつ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 浅井

 

ステップ①:【動機】ダイエットをしようと思ったきっかけ

ガクチカで「ダイエット」を魅力的に伝える書き方5ステップの1つ目は「動機」です。

人が何かをしようと思った動機(モチベーション)は、その人の性格を最もよく表します

あなたがダイエットをしようと思ったきっかけを伝えることで、あなたが力を発揮する状況を採用担当者は理解しやすくなります。

以下に、ダイエットをしようと思ったきっかけの具体例をまとめました。

  • お気に入りの服が着られなくなった
  • 好きな人ができた
  • 夏に海に行く予定ができた
  • 人に指摘された
  • 失恋した

どんなきっかけでも構いません!
ただ、動機は面接でよく深掘りされるので、「なぜ〇〇がきっかけでダイエットをしようと決意できたのか」を事前に何回も深掘りしておきましょう。

「就活の教科書」編集部 浅井

 

ステップ②:【目標】〇ヶ月後までに〇〇kg痩せる

ガクチカで「ダイエット」を魅力的に伝える書き方5ステップの2つ目は「目標」です。

あなたが立てたダイエットの目標を伝えることで、「目的意識を持っている就活生だ」という印象を採用担当者に与えやすくなります。

なんとなく痩せようと思っている人よりも、「3ヶ月で15kg痩せる」という目標がある方が、あなたが本気でダイエットに力を入れていたことが採用担当者に伝わります。

ダイエットの目標に具体的な数字を使うことで、採用担当者は頭の中で想像しやすくなります。

「就活の教科書」編集部 浅井

 

ステップ③:【過程】痩せるための自分なりの工夫

ガクチカで「ダイエット」を魅力的に伝える書き方5ステップの3つ目は「過程」です。

あなたが行ったダイエットの工夫を伝えることで、あなたの仕事への取り組み方を採用担当者は想像しやすくなります。

過程の流れは「本質的な原因を探る→最も有効な解決策を探る→解決策を実行する」です。

以下に、ダイエットをする過程の具体例をまとめました。

【原因】

  • 一日に必要なエネルギー摂取量を調べる
  • 一日の「食事の量・カロリー、運動した時間」などをノートに書き出す
  • 専門家が公表している「太る原因チェックシート」を使う

 

【解決策】

  • 一日に必要なエネルギー量より2000kcal多いので、食事量を抑える
  • 食事量は正常に近いので、運動時間を増やす
  • 以前ダイエットをした時に失敗したので、ダイエットを続けられる仕組みを作る

 

【実行】

  • 間食をなくし、野菜中心の食事にする
  • 口にしたものの名前とカロリーを全てノートに書き出す
  • 毎日1時間ランニング、その後腹筋を中心に筋トレをする
  • ダイエットを続けられるように友人と競う
  • ダイエットをやめないようにするため家族に「ダイエット宣言」をし、毎日その日の食事や運動を報告する

あなたがどのように目標に取り組むかを、ガクチカの中で採用担当者は一番知りたいです。
そのため、ガクチカの中でステップ③の分量を一番多くしましょう。

「就活の教科書」編集部 浅井

 

ステップ④:【成果】〇ヶ月後に〇〇kgの減量に成功

ガクチカで「ダイエット」を魅力的に伝える書き方5ステップの4つ目は「成果」です。

目標を立てたからには、どんな結果になったのかを伝える必要があります。

ステップ②の「目標」と同じく、採用担当者に想像しやすくさせるため具体的な数字を使いましょう。

「170㎝の標準体重が63㎏のところ、3ヶ月で75kgから60kgにまで減量することができました」のように、どれくらいすごいかを伝えるとより良くなりますよ。

「就活の教科書」編集部 浅井

 

ステップ⑤:【学び】学びをどう仕事に活かすか

ガクチカで「ダイエット」を魅力的に伝える書き方5ステップの5つ目は「学び」です。

なぜなら、社会人は日々成長し企業に貢献することを求められるからです。

そのため、ダイエットの経験から学んだことをガクチカの最後に書きましょう。

以下に、学びと学びをどう活かすかの具体例をまとめました。

【学び】

  • 数字は嘘をつかない
  • 成長には停滞期がある
  • モチベーションを維持するには一人ではなく競争が必要

 

【学びを仕事に活かす】

  • 数字にもとづいた企画を立てる
  • 自分が停滞期にいることを自覚し、努力を続ける
  • マネジメントをする時は、競争を誘発する

ステップ①〜④の方が重要な項目なので、文字数が少ないガクチカでは省いても構わないです。

「就活の教科書」編集部 浅井

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

ガクチカ「ダイエット」ならではの注意点

就活生ちゃん

「ダイエット」のガクチカは、5つのステップに分けて考えると書きやすいですね!
もうこれで、「ダイエット」のガクチカは完ぺきでしょうか。

いえ、まだ完ぺきではないです。
ガクチカで「ダイエット」をアピールする時に、注意してほしいことが3つあります。

「就活の教科書」編集部 浅井

ガクチカ「ダイエット」ならではの注意点
  • 注意点①:短期間のダイエットをガクチカにしない
  • 注意点②:仕事につながる結末になっていない
  • 注意点③:求める人物像がチームプレイ関連の企業にはアピールできない

それでは、ガクチカ「ダイエット」ならではの注意点についてひとつずつ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 浅井

 

注意点①:短期間のダイエットをガクチカにしない

ガクチカ「ダイエット」ならではの注意点1つ目は「短期間のダイエットをガクチカにしない」です。

学生時代に最も頑張ったことが短期間のものだと、採用担当者は「他の時期は何もしていなかったのか」と感じてしまいます。

また、仕事という長期的な活動であなたが活躍できるか、採用担当者は判断できません。

もしガクチカで「ダイエット」をアピールするなら、短期間の経験はやめましょう。

ガクチカでダイエットをアピールするなら、単に痩せたことを伝えるのではなく、「痩せた体重を維持し続けている」のように長期的な経験にしましょう。

「就活の教科書」編集部 浅井

 

もし短期間の努力をアピールしたい方は、以下の記事で短期間の努力でも魅力的に伝える方法を解説しています。

合わせて読んでみてくださいね。

 

注意点②:仕事につながる結末になっていない

ガクチカ「ダイエット」ならではの注意点2つ目は「仕事につながる結末になっていない」です。

「ダイエット」というエピソードの特性上、あなたが仕事でどんな働き方をするのかを、採用担当者は想像しにくいです。

ただ単に〇〇kg痩せたことを伝えただけでは、仕事で活躍できるかは分かりません

そのため、目標や課題に対してどう行動するのか、ダイエットで学んだことをどう仕事に活かすのかをガクチカの結末に書きましょう。

ダイエットで学んだことを、他の学生時代の経験で活かしたエピソードがあればもっと良くなります!

「就活の教科書」編集部 浅井

 

注意点③:「チームで活躍する就活生」を求める企業にはアピールできない

ガクチカ「ダイエット」ならではの注意点3つ目は「チームで活躍する就活生を求める企業にはアピールできない」です。

企業の中には、「周囲を巻き込む力」「コミュニケーション」といった能力を持つ就活生を求める企業もあります。

しかし、ダイエットは基本的には一人で行うものです。

ダイエットのガクチカでは、チームで活躍するあなたの姿が想像できないので、「チームで活躍する就活生」を求める企業に注意しましょう。

ダイエットのガクチカは、「忍耐力」「継続力」を求める企業と相性が良いです。
「忍耐力」「継続力」を合わせてアピールしたい方は、以下の記事で魅力的に伝える方法がわかります。
合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 浅井

 

【無料でできる!】エントリーシートを添削してくれるおすすめサービス

就活生ちゃん

エントリーシートの添削をしてもらいたいけど、添削してくれる友達や先生がいないし、自分が書いたESに自信がない…

誰かエントリーシートを添削してくれる人いないかな…

エントリーシートの添削をしてもらえる人がいない就活生は多いですよね。

だからと言ってESの添削をしてもらわないのは、書類選考で落ちる可能性が高まるだけです。

そこで、無料で質の高いES添削をしてもらえるおすすめのサービスを特別に紹介するので、併用して使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

スタキャリ

スタキャリのおすすめポイント
  • ES添削、面接対策、就活相談など就活のプロが選考対策を手伝ってくれる
  • 就活生に親身に寄り添ってくれる
  • LINEで簡単に登録できる
  • あなたに合った優良企業も紹介してくれる

>> スタキャリを見てみる

ミーツカンパニー就活サポート

ミーツカンパニー就活サポートのおすすめポイント
  • ES対策だけでなく面接対策もしてもらえる
  • 内定まで親身にサポートしてもらえる
  • オンラインで対応してくれるので地方就活生でも使いやすい
  • あなたに合った企業も紹介してくれる

>> ミーツカンパニー就活サポートを見てみる

キャリアチケット

キャリアチケットのおすすめポイント
  • スピーディーにES添削に対応してくれる
  • 1社ずつ選考対策を行ってくれる
  • 年間10,000人以上の就活生をサポートする就活のプロからアドバイスをもらえる
  • 最短2週間で内定を獲得できる

>> キャリアチケットを見てみる

「ESが上手く書けない…」「ES書いたけど自信がない…」という方は、上記のサービスを利用するのが一番おすすめです。

また、ES添削は出来るだけ多くの人にしてもらう方が良いので、上記のサービスを併用すると、あなたのESがどうなのかがよくわかりますよ。

就活アドバイザー 京香

   

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:ダイエットのガクチカは今からでも作れる

この記事の「【内定者が教える】ガクチカ「ダイエット」の魅力的な伝え方 | 例文も」はいかがでしたか。

この記事では、ガクチカで「ダイエット」を魅力的に伝える方法について解説しました。

あわせて、ダイエットをエピソードにしたガクチカの例文ダイエットのガクチカならではの注意点も紹介しました。

この記事で学んだ内容をまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 浅井

この記事のまとめ

◆「ダイエット」のガクチカでもESを通過できる

ガクチカ「ダイエット」を魅力的に伝える例文

◆ガクチカで「ダイエット」を魅力的に伝える5ステップ

  • ステップ①:【動機】ダイエットをしようと思ったきっかけ
  • ステップ②:【目標】〇ヶ月後までに〇〇kg痩せる
  • ステップ③:【過程】痩せるための自分なりの工夫
  • ステップ④:【成果】〇ヶ月後に〇〇kgの減量に成功
  • ステップ⑤:【学び】学びをどう仕事に活かすか

◆ガクチカ「ダイエット」ならではの注意点

  • 注意点①:短期間のダイエットをガクチカにしない
  • 注意点②:仕事につながる結末になっていない
  • 注意点③:「チームで活躍する就活生」を求める企業にはアピールできない

 

「ダイエット」をエピソードにしたガクチカは、単に痩せたことを伝えても、採用担当者の印象には残りません。

ただ、ガクチカは自己PRと違って今からでも作ることができます。

今のガクチカが不安であれば、痩せたくて悩んでいる人のためにあなたのダイエットのノウハウをブログに公開して、新しくガクチカを作ることもできます。

ガクチカのエピソードについて悩むのではなく、どうやってガクチカをより良くするのかを考えてみましょう。

「就活の教科書」では他にも、ガクチカに関する記事をたくさん掲載しています。
あわせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 浅井