>> あなたにあった就活エージェントを診断! <<

【内定者が教える】「集団の中でのあなたの役割は?」の面接での答え方 | 質問意図やNG回答例も

就活生くん

よく面接で「集団の中での役割」を聞かれるんですけど、なんて答えたらいいか分かりません…
確かに他の質問に比べたら少し難しいですよね。
でも、あらかじめ準備しておけば合格をグッと手繰り寄せる質問でもあるんです。

「就活の教科書」編集部 すなさん

そこでこの記事では、「就活の教科書」編集部のすなさんが「集団の中での役割」を面接官が聞く意図、回答ポイント、回答例を解説していきます。

面接で「集団の中での役割」を聞かれた時に他の就活生と差をつけられるように、準備しておきましょう。

「集団の中での役割」を聞かれていつも困っている人はぜひ最後まで読んでください。

面接官が「集団の中での役割」を聞く意図

就活生くん

なんで面接官は「集団の中での役割」を聞いてくるんですか?
まずは「集団の中での役割」を聞いてくる意図を考えてみましょう。
意図は以下の3つが考えられます。

「就活の教科書」編集部 すなさん

 

面接官が集団の中での役割を聞いてくる意図
  • 意図①:チームワーク能力を確かめたい
  • 意図②:この企業で活躍できそうか確かめたい
  • 意図③:志望動機や自己PRと一貫しているか確かめたい

 

意図①:チームワーク能力を確かめたい

意図1つ目はチームワーク能力を確かめたいです。

仕事というのは多くの場合、チームで動きます。

あなたはチームでどんな役割を担うことが多いのか、またそれを自分で分かっているかを確かめたいのです。

今までのチームでの経験を振り返って、自分がどんな役割を担ってきたか把握しておきましょう。

 

チームで何かをやったことがない!という人がたまにいますが、
ゼミとかアルバイトでの活動も十分立派なチーム活動ですよ。
一度よく振り返ってみてください。

「就活の教科書」編集部 すなさん

 

意図②:この企業で活躍できそうか確かめたい

意図2つ目はこの企業で活躍できそうか確かめたいです。

「今までの集団の中での役割」=「この企業で働く時の役割」と擬似的に捉えられます。

面接官はこの質問をすることで、こんなことを考えています。

この子は、うちの会社で活躍する能力があるのだろうか?あるとすればどんな職種が適切だろうか?

人事さん

面接官にあなたが働いているイメージをさせるくらいの答えを用意していれば、この質問は楽々突破というわけですね!

「就活の教科書」編集部 すなさん

 

意図③:志望動機や自己PRと一貫しているか確かめたい

意図3つ目は志望動機や自己PRと一貫しているか確かめたいです。

例えば、あなたがエントリーシート(ES)の自己PR欄に、このように書いていたとします。

「私の強みは、自ら方向性を示しチームを率いるリーダーシップです。」

しかし、「集団の中での役割」を聞かれた時にあなたが以下のように答えれば面接官は違和感を覚えます。

「私の組織の中での役割は、冷静に問題を分析し課題を見つけることです」
自己PRと集団の中での役割が全然一致してないけど、どっちが本当なんだ?

人事さん

面接はこのように面接官に違和感や不信感を抱かれたら終わりです。しっかり対策しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 すなさん

 

「集団の中での役割」 回答ポイント

就活生くん

面接官が「集団の中での役割」を聞いてくる意図は分かりました。
でも、どうやって答えたらいいか分かりません!

 

答え方はポイントを知っていれば、とても簡単です。
以下4つが押さえておくべき回答ポイントですので、参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 すなさん

「集団の中での役割」 回答ポイント
  • ポイント①:答えるのは「ポジション」ではなく「役割」
  • ポイント②:エピソードを話す
  • ポイント③:自己PRと一貫するように話す
  • ポイント④:仕事でどう活きると考えているか伝える

 

ポイント①:答えるのは「ポジション」ではなく「役割」

回答ポイント1つ目は答えるのは「ポジション」ではなく「役割」です。

よくあるダメな面接での受け答えを書きます。

あなたの「集団の中での役割」は何ですか?

人事さん

就活生くん

私の役割は副キャプテンです!中学、高校、大学全ての部活で副キャプテンを務めました。
聞いてるのは「ポジション」じゃなくて「役割」なんだけどな…(心の声)

人事さん

面接官が聞きたいのは「副キャプテン」という「ポジション」ではありません。

副キャプテンの中でも「どんな役割で、チームにどんな貢献をしたのか」を聞きたいのです。

 

面接官が求めていることを理解できずに答えるのは本当に危険です。
しっかりと頭に入れておきましょう。

「就活の教科書」編集部 すなさん

 

ポイント②:エピソードを話す

回答ポイント2つ目はエピソードを話すです。

エピソードを話すことはあなたがその企業で働いているイメージをさせるのに最大の武器となります。

過去のエピソードを話すことで、再現性があることを面接官にアピール出来るからです。

ポイントは出来るだけ具体的に話すことです。

面接官はあなたがどのくらいの規模の、どんな活動をしている集団に所属しているのか全く知りません。

面接官の頭の中で、あなたの活動が映像として流れるくらい具体的に話しましょう。

 

ポイント③:自己PRと一貫するように話す

回答ポイント3つ目は自己PRと一貫するように話すです。

先ほども書きましたが、面接官は自己PRと「集団の中での役割」が一致しているかどうか確認しています。

ここを抑えておかないとどれだけ自信のある回答をしても、一発アウトです。

必ず、志望動機や自己PRと「集団の中での役割」は一貫するように答えましょう。

 

ポイント④:仕事でどう活きると考えているか伝える

回答ポイント4つ目は仕事でどう活きると考えているか伝えるです。

あなた自身のことと企業のことを十分理解していないと、仕事にどう活きると考えているか伝えることはできません。

逆にこれが出来ると面接官からこう思ってもらえます。

この学生は、自分自身のこともうちの会社のこともよく分かっているなあ

人事さん

あなたの「集団の中での役割」が仕事でどう活きるかを伝えることは、その企業への志望度が高いことを面接官に伝えることになるのです。

仕事でどう活きると考えているか伝えることは面接官から好印象を持ってもらえますね!

「就活の教科書」編集部 すなさん

 

「集団の中での役割」 回答例

ここで「集団の中での役割」の回答例を1つ載せておきますね。
先ほどの回答ポイントを抑えているのがわかると思います。ぜひ参考にしてみてください

「就活の教科書」編集部 すなさん

あなたの「集団の中での役割」を教えてください。

人事さん

 

就活生くん

私は既存の価値観にとらわれず意見を出すことで、新しい考えや価値観を創造する役割を担うことが多いです。

大学時代ラクロス部に所属しているのですが、毎年新入生を確保するのに苦労しています。

そこで、私は大学生だけでなく、この大学を目指す人が多い高校からもリクルーティングすることを提案しました。

受験支援をすることで、高校生から早くから接点を持つことが狙いです。

御社は新規事業の立ち上げが多いと聞いているので、この強みを発揮して、貢献できると考えています。

 

いかがでしょうか?
これはあくまで一例にすぎませんので、あなたのオリジナルを一度作ってみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 すなさん

 

「集団の中での役割」 一覧

就活生くん

自分の「集団の中での役割」がいまいち分かりません…
確かに難しいですよね。
「集団の中での役割」の一覧を載せておきますので、ぜひ一度参考にしてみてください!

「就活の教科書」編集部 すなさん

集団の中での役割 一覧

リーダー 自ら目標や方向性を示し、自ら先頭に立ってチームを引っ張る役割

模範者 チームの中で一番努力し自らがその集団の模範となる役割

モチベーター チームを鼓舞することでメンバーのモチベーションを上げる役割

ムードメーカー チームの雰囲気を明るくすることでチームの力を引き出す役割

サポート役 リーダーやメンバーの困りごとをみつけフォローする役割

相談役 各メンバーが抱える課題や悩みを受容し解決することで個々の力を引き出す役割

まとめ役 様々なメンバーの意見を集約し組織を整える役割

調整役 メンバーの仲を取り持ってチームの取り組みを円滑に行わせる役割

分析役 組織の課題を分析し、あるべき姿・やるべきことを見つける役割

アイデアマン 豊富な意見・アイデアを出すことでチームの議論を盛り上げる役割

まとめ:「集団の中での役割」を上手くアピールして内定を勝ち取れ!

いかがだったでしょうか?

この記事では、面接官が「集団の中での役割」を聞いてくる意図、「集団の中の役割」の回答ポイント、回答例、一覧を書きました。

面接官が「集団の中での役割」を聞いてくる意図は以下の3つでした。

面接官が集団の中の役割を聞いてくる意図
  • 意図①:チームワーク能力を確かめたい
  • 意図②:この企業で活躍できそうか確かめたい
  • 意図③:志望動機や自己PRと一貫しているか確かめたい

次に「集団の中の役割」の回答ポイントは次の4つを紹介しました。

「集団の中での役割」 回答ポイント
  • ポイント①:答えるのは「ポジション」ではなく「役割」
  • ポイント②:エピソードを話す
  • ポイント③:自己PRと一貫するように話す
  • ポイント④:仕事でどう活きると考えているか伝える

 

この記事を読んで、「集団の中での役割」の答え方が分からないという悩みはなくなったと思います。
この記事で紹介したポイントを抑えた回答を作っておけば、面接は楽勝ですので、しっかり準備しておきましょう!

「就活の教科書」編集部 すなさん

就活の面接対策については、以下の記事で網羅的に解説しています。合わせて参考にしてください。