【成果主義】インセンティブが多い企業ランキング | 業界/職種ごとの比較も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
  • インセンティブとは「成果に対する報酬」のこと
  • インセンティブが多い企業ランキング
  • インセンティブがある業界/職種
  • 営業職はインセンティブが導入されやすい傾向にある
  • 【就活無双できる】あなたに合う隠れ優良企業を教えてくれる無料サービス
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /
大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

 

皆さん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の吉田です。

今回は、インセンティブの多い企業ランキングについて紹介していきます!

就活生の皆さんは、「そもそもインセンティブとは?」や「インセンティブの多い企業はどこ?」など、様々な疑問があるのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 吉田

就活生くん

僕は、もうすぐ就職活動が始まります。

そもそもインセンティブとは何か、教えてほしいです。

就活生ちゃん

私も、もうすぐ就職活動が始まります。

インセンティブの多い企業がどこか、知りたいです。

たしかに、インセンティブについて詳しく知りたいですよね。

インセンティブの多い企業がどこかも気になると思います。

ちなみに、「効率的に就活を終わらせたい」「ホワイト企業の内定が欲しい」という方は、大手や優良企業から特別招待がもらえるOfferBox(オファーボックス)などのスカウトアプリを使うと良いですよ。

「就活の教科書」編集部 吉田

なので、この記事では、インセンティブの多い企業ランキングについて徹底解説していきます。

合わせて、「そもそもインセンティブとは?」や「インセンティブの多い企業はどこ?」についても紹介します。

インセンティブの多い企業ランキングについて知りたい就活生」は、ぜひこの記事を最後まで読んで自分の就職活動に活かしてください。

この記事を最後まで読めば、インセンティブの多い企業ランキングについて理解が深まります。

 

先に結論をお伝えすると、「自分に合う企業や業界の優良企業を教えて欲しい!」なら、OfferBoxで、自分に合う優良企業から特別スカウトをもらうのが一番おすすめです。

ちなみにOfferBox以外にも、強み診断後に優良企業からスカウトが来る「Lognavi」、あなたの適職を16タイプで診断できる「LINE適職診断もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】ホワイト企業探しに役立つおすすめツール(無料)
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり! 

「どのサービスを選べば良いかわからない!」という方は「OfferBox」であなたの性格に合う職種や企業を見つけるのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

穴場のホワイト企業・優良企業を教えて!

「ホワイト企業をたくさん教えて欲しい!」「優良企業に就職したい!」と思う方は、OfferBox」を使うのがおすすめです!

OfferBoxは、あなたの強みや性格が詳しくわかる適性診断を受けられ、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接特別招待がもらえるアプリです。

大手を含む隠れ優良企業からの特別招待をもらうには、あなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /   大手,優良企業から特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

そもそもインセンティブってなに?

就活生くん

そもそも、インセンティブとは何でしょうか?

それでは、インセンティブについて詳しく見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

インセンティブとは「成果に対する報酬」のこと

インセンティブとは一般的に成果に対する報酬のことを指します。

インセンティブがある会社では、基本給に加え、成果に対する給与が追加でもらえます。

インセンティブがない企業に比べて、より多くの給与を得る可能性があります。

成果が出せないとインセンティブがもらえません。

つまり、成果を出して評価されたい人に合った給与体系といえるでしょう。

 

基本給とインセンティブの割合は業界・企業によって様々

基本給とインセンティブの割合は企業によって様々です。

受注件数単位でインセンティブが発生する場合や、受注金額単位でインセンティブが発生する場合があります。

それぞれ、契約件数と受注金額どちらを重視するかによって決められていることが多いようです。

インセンティブは、社員のモチベーションアップにつながり、企業の業績アップにつながるでしょう。

 

インセンティブを導入している企業に就いている人の声(Twitter・2ch)

インセンティブを導入する企業で働く人からは、「嬉しい」「ありがたい」といった声が多く見られました。

加えて、「モチベアップにもつながる」といった口コミも見られました!

「就活の教科書」編集部 吉田

 

「業界研究のやり方がわからない…」「そもそも自分にはどんな業界が合ってるのか…」という就活生には、OfferBoxがおすすめです。

OfferBoxを利用すると、251問の質問の性格診断とあなたが登録したプロフィールを見た優良大手~ベンチャー企業からオファーがもらえます。

自分が向いている業界がわからない方は、OfferBoxでスカウトをもらって選考に進んでみましょう。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxで強みと適性職種を発掘し、優良企業のスカウトGET
  • あなたの経験や強みから優良企業の特別スカウトが届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

また、「自分に向いている業界が分からない…」という就活生は向いている業界診断ツールおすすめ14選という記事を参考にして、自分に向いている業界を見つけましょう。

就活アドバイザー 京香


インセンティブが多い企業ランキング一覧TOP10

就活生ちゃん

インセンティブについて詳しくわかりました。

インセンティブが多い企業がどこか教えてほしいです。

それでは、インセンティブが多い企業ランキングを見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

インセンティブが多い企業ランキング
  • 1位:プルデンシャル生命
  • 2位:アフラック生命
  • 3位:大東建託
  • 4位:AIG損害保険
  • 5位:大和ハウス工業
  • 6位:住友不動産
  • 7位:アイ・パートナーズフィナンシャル
  • 8位:東急リバブル
  • 9位:シノケングループ
  • 10位:東京無線

 

1位:プルデンシャル生命

インセンティブが多い企業ランキング1位は「プルデンシャル生命」です。

プルデンシャル生命は、アメリカ最大級の保険・金融サービス機関プルデンシャル・ファイナンシャルの一員の生命保険会社です。

プルデンシャル生命では、2年目まで基本給が保証されています。

しかし、3年目以降は基本給がなくなりフルコミッションといわれる、インセンティブのみの給与体系となります。

つまり、成果をだし続けないと給与がなくなってしまいます。

プルデンシャル生命の平均年収は1000万越えととても高いため、営業に自信のある方は挑戦してみるといいでしょう。

プルデンシャル生命は、フルコミッションなので、他の企業と比べてインセンティブ多くなりますね。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

2位:アフラック生命

インセンティブが多い企業ランキング2位は「アフラック生命」です。

アフラックはアメリカで設立され、世界で初めてがん保険を販売した保険会社です。

アフラックも、保険契約の件数によってインセンティブが決まります。

成果が出なくても、基本給が保証されているようですが、とても少ないようです。

こちらも、保険営業に自信がある方にはおすすめといえるでしょう。

アフラックはCMでもよく見かけますね。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

3位:大東建託

インセンティブが多い企業ランキング3位は「大東建託」です。

大東建託は東京都港区に拠点を置く不動産会社です。

大東建託の営業職にインセンティブが存在します。

契約を取るたびに、インセンティブが発生するようです。

基本給の昇給は見込めないため、成果を出し続けないと、給与を上げることができません

「いい部屋ネット、大東建託」でおなじみですね。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

4位:AIG損害保険

インセンティブが多い企業ランキング4位は「AIG損害保険」です。

AIG損害保険は、AIG傘下の日本の保険会社です。

AIG損害保険も営業にインセンティブが存在します。

保険の契約をとるたびに発生するようです。

外資系の保険会社に比べて、固定給もそれなりにあるようです。

日本の保険会社がようやくランクインしました。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

5位:大和ハウス工業

インセンティブが多い企業ランキング5位は「大和ハウス工業」です。

大和ハウス工業は、大阪府大阪市に本社を置く住宅総合メーカーです。

主に住宅の営業・販売を行います。

営業にはインセンティブがあり契約ごとに発生するようです。

大和ハウス工業では、契約件数が年収に直結するため、若いうちから高収入を得ている人もいるようです。

下記の記事は大和ハウス工業について詳しくまとめたものです。

ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

6位:住友不動産

インセンティブが多い企業ランキング6位は「住友不動産」です。

住友不動産は、東京都新宿区に本社を置く、大手不動産会社です。

住友不動産の不動産営業職にインセンティブが存在します。

契約件数ではなく、全体の成績によりインセンティブ額が決まるようです。

外資系企業に比べ、インセンティブの割合が高く満足している人もいるようです。

やはり、不動産営業はインセンティブが存在しますね。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

7位:アイ・パートナーズフィナンシャル

インセンティブが多い企業ランキング7位は「アイ・パートナーズフィナンシャル」です。

アイ・パートナーズフィナンシャルはファイナンシャルアドバイザーを行っています。

金融に関する様々な相談や依頼を受け付けます。

アイ・パートナーズフィナンシャルの給与のほとんどがインセンティブになっているようです。

クライアントが大口の投資家などになる場合も多く、インセンティブもそれなりに発生するようです。

大口の投資家にサービスを提供することで、大きなインセンティブがもらえるようです。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

8位:東急リバブル

インセンティブが多い企業ランキング8位は「東急リバブル」です。

東急リバブルは、東京都渋谷区に本社を置く、東急グループの不動産会社です。

東急リバブルは不動産会社ということもあり、インセンティブが存在します。

東急リバブルのインセンティブは半期ごとに支給されます。

インセンティブやボーナスが多くなれば、20代でも年収1000万円が目指せるようです。

東急リバブルもCMでよくみかけます。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

9位:シノケングループ

インセンティブが多い企業ランキング9位は「シノケングループ」です。

シノケングループは、投資用不動産の販売・管理を行う企業です。

シノケングループも、不動産の販売を行うことから、インセンティブが存在します。

インセンティブは契約ごとに発生します。

そのため、社員のモチベーションは高く維持できるようです。

投資用不動産専門の不動産会社もあるのですね。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

10位:東京無線

インセンティブが多い企業ランキング10位は「東京無線」です。

東京無線は、東京都のタクシー会社によって組織された協同組合です。

タクシーの運転手も、お客さんに対応した量に応じて給与が決まります

乗せれば乗せるほど、給与が上がっていく仕組みのようです。

タクシーの運転手にもインセンティブがあるとは驚きました。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

穴場のホワイト企業・優良企業を教えて!

「ホワイト企業をたくさん教えて欲しい!」「優良企業に就職したい!」と思う方は、OfferBox」を使うのがおすすめです!

OfferBoxは、あなたの強みや性格が詳しくわかる適性診断を受けられ、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接特別招待がもらえるアプリです。

大手を含む隠れ優良企業からの特別招待をもらうには、あなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /   大手,優良企業から特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

インセンティブがある業界/職種6選

就活生くん

インセンティブが多い企業がどこかわかりました。

インセンティブはどの業界に存在するのでしょうか?

それでは、インセンティブが存在する業界/職種がなにか見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

インセンティブが存在する業界/職種
  • 業界①:不動産業界
  • 業界②:IT・通信業界
  • 業界③:人材業界
  • 業界④:保険業界
  • 業界⑤:自動車メーカーの営業販売
  • 業界⑥:医療関係の営業販売

 

業界①:不動産業界

インセンティブが存在する業界/職種1つ目は「不動産業界」です。

不動産の営業職は、契約件数や成績によってインセンティブを得ることができます。

基本給で月収20万前後の会社が多いです。

インセンティブの量は会社にもより、5~30%とされています。

20代でも年収1000万円を目指すことができます。

不動産の営業は、高収入が見込める代わりに激務な場合もあるようです。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

業界②:IT・通信業界

インセンティブが存在する業界/職種2つ目は「IT・通信業界」です。

IT・通信業界では、ネットや回線の契約件数によりインセンティブが得られるようです。

IT・通信業界のインセンティブの金額は詳しくわかりませんでした。

しかし、給与全体の3~4割を占めるようです。

確かにインセンティブがあった方が、契約を取ろうとする気持ちが強くなりますね。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

業界③:人材業界

インセンティブが存在する業界/職種3つ目は「人材業界」です。

人材業界は、企業に就活性や転職者を紹介することで、インセンティブを得ます。

紹介するだけでインセンティブが入る場合や、入社した場合にインセンティブが入る場合などがあります。

人材を紹介すればするほど、つまり働けば働くほど給与がもらえる仕組みになっています。

給与全体の内、インセンティブは4割を占めるようです。

人材会社には、インセンティブが多いイメージがあります。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

業界④:保険業界

インセンティブが存在する業界/職種4つ目は「保険業界」です。

保険業界は、保険の契約数に応じてインセンティブが得られます。

基本給に加えインセンティブが得られる場合や、フルコミッションと呼ばれる、インセンティブのみの給与体系も存在します。

フルコミッションの場合、契約金額の70%のインセンティブがもらえる企業もあるようです。

20代でも年収1000万円稼ぐ人たちもたくさんいます。

保険業界は、不動産業界と同様に、高収入な代わりに、激務といわれていますね。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

業界⑤:自動車メーカーの営業販売

インセンティブが存在する業界/職種5つ目は「自動車メーカーの営業販売」です。

自動車メーカーの営業販売では、月のノルマを達成するとインセンティブがもらえる仕組みが多いようです。

ノルマを達成しなくても、基本給の20万円前後を受け取ることができます。

ノルマを達成すると、1台の販売に対して3~5万円のインセンティブが得られるようです。

新車の自動車販売にもインセンティブが存在していたのですね。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

業界⑥:医療関係の営業販売

インセンティブが存在する業界/職種6つ目は「医療関係の営業販売」です。

医療関係の営業販売は、病院や施設に対して、医療機器を販売する仕事です。

営業職であることから、インセンティブが存在します。

医療機器の金額にはばらつきがあり、インセンティブの額は詳しくわかりませんでした。

医療機器の知識を持つことで、年収は700~850万円ほどが見込めるようです。

下記の記事は、医療機器メーカーについて詳しくまとめたものです。

ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

                       

就活生に人気の企業・業界に関する記事一覧

「就活を始めたけどどの企業に就職すればいいか分からない」「志望業界が決まらない」という就活生には、 人気企業ランキングTOP200人気業界ランキング という記事を読んでみてください。

以下の記事を読めば、就活生に人気の企業や業界を知れ、あなたにが本当に行きたい企業を見つけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

                           

「業界研究のやり方がわからない…」「そもそも自分にはどんな業界が合ってるのか…」という就活生には、OfferBoxがおすすめです。

OfferBoxを利用すると、251問の質問の性格診断とあなたが登録したプロフィールを見た優良大手~ベンチャー企業からオファーがもらえます。

自分が向いている業界がわからない方は、OfferBoxでスカウトをもらって選考に進んでみましょう。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxで強みと適性職種を発掘し、優良企業のスカウトGET
  • あなたの経験や強みから優良企業の特別スカウトが届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

また、「自分に向いている業界が分からない…」という就活生は向いている業界診断ツールおすすめ14選という記事を参考にして、自分に向いている業界を見つけましょう。

就活アドバイザー 京香


企業のインセンティブに関するよくある質問

就活生ちゃん

インセンティブが存在する業界/職種が何かわかりました。

何かほかに、企業のインセンティブに関して知っておくべきことはありますか?

それでは、企業のインセンティブに関するよくある質問を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

よくある質問
  • 質問①:インセンティブと歩合制の違いは何?
  • 質問②:基本給とインセンティブの比率はどれくらいなの?
  • 質問③:インセンティブで多く稼ぐコツはある?

 

質問①:インセンティブと歩合制の違いは何?

よくある質問1つ目は「インセンティブと歩合制の違いは何?」です。

インセンティブと歩合制にはどちらも成果報酬である点は同じです。

インセンティブは、ノルマを達成することで支給されるものを指します。

それに比べ、歩合制は、成果に合わせて一律で支給されるものを指します。

 

質問②:基本給とインセンティブの比率はどれくらいなの?

よくある質問2つ目は「基本給とインセンティブの比率はどれくらいなの?」です。

基本給とインセンティブの割合は、ほとんどの企業では公表されていません

外資系企業の場合、インセンティブの割合が高い傾向にあります。

例えば、フルコミッションとされているプルデンシャル生命では給与のすべてをインセンティブが占めています

それに比べ、日本企業ではインセンティブが給与全体の3~5割を占めることが多いようです。

 

質問③:インセンティブで多く稼ぐコツはある?

よくある質問3つ目は「インセンティブで多く稼ぐコツはある?」です。

インセンティブで稼ぐコツには、新規開拓があげられます。

営業を断られる理由の一つとして、もうすでにそのサービスをうけていることがあげられます。

そのため、まだ営業されていない客層を見つけることができれば、テンポよく契約をとることができるでしょう。

このように、新規顧客層を開拓することで、契約件数を増やしインセンティブを多く得ることができるでしょう。

 

穴場のホワイト企業・優良企業を教えて!

「ホワイト企業をたくさん教えて欲しい!」「優良企業に就職したい!」と思う方は、OfferBox」を使うのがおすすめです!

OfferBoxは、あなたの強みや性格が詳しくわかる適性診断を受けられ、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接特別招待がもらえるアプリです。

大手を含む隠れ優良企業からの特別招待をもらうには、あなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /   大手,優良企業から特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

まとめ:インセンティブの多い企業ランキングを参考に、第一志望企業を探そう

今回は、インセンティブの多い企業ランキングについて紹介しました。

合わせて、「そもそもインセンティブとは?」や「インセンティブの多い企業はどこ?」についても詳しく解説しました。

ぜひ参考にしてみてください。

この記事のまとめ

◆そもそもインセンティブってなに?

  • インセンティブとは「成果に対する報酬」のこと
  • 基本給とインセンティブの割合は業界・企業によって様々
  • インセンティブを導入している企業に就いている人の声(Twitter・2ch)

◆インセンティブが多い企業ランキング

  • 1位:プルデンシャル生命
  • 2位:アフラック生命
  • 3位:大東建託
  • 4位:AIG損害保険
  • 5位:大和ハウス工業
  • 6位:住友不動産
  • 7位:アイ・パートナーズフィナンシャル
  • 8位:東急リバブル
  • 9位:シノケングループ
  • 10位:東京無線

◆就活を効率よく進める方法

  • 方法:スカウトアプリを使って直接オファーを受け取る
  • 方法:就活のプロに内定までサポートしてもらう
  • SPIやWebテストは短期間で対策する
  • 方法:あなたの適職を診断する
  • 方法:プログラミング経験を活かしてITエンジニアとして就職する

◆インセンティブがある業界/職種6選

  • 業界①:不動産業界
  • 業界②:IT・通信業界
  • 業界③:人材業界
  • 業界④:保険業界
  • 業界⑤:自動車メーカーの営業販売
  • 業界⑥:医療関係の営業販売

◆企業のインセンティブに関するよくある質問

  • 質問①:インセンティブと歩合制の違いは何?
  • 質問②:基本給とインセンティブの比率はどれくらいなの?
  • 質問③:インセンティブで多く稼ぐコツはある?

◆まとめ:インセンティブの多い企業ランキングを参考に、第一志望企業を探そう