【内定者が教える】自己分析のおすすめなやり方 | 実際の例や間違った方法も

【内定者が教える】自己分析のおすすめなやり方 | 実際の例や間違った方法も

この記事を読めばわかること
  • 自己分析をする目的
  • 正しい自己分析のやり方
  • 間違った自己分析のやり方
  • 自己分析を効率的に進めるやり方
  • 自己分析に役立つ本/やり方を書いている本
  • 自己分析の代表的なフレームワーク
  • 自己分析ができない場合の対処法
こんにちは。「就活の教科書」編集部の菅野です。
突然ですが就活生のみなさん、自己分析のやり方で困っていませんか?

「就活の教科書」編集部 菅野

就活生くん

自己分析をしないといけないのはわかってるけど、やり方がわからない・・・。
自己分析ってどうやってやればいいの?

就活生ちゃん

自己分析ってすごく難しそう。
どんな方法があるんだろう。私にもできるかな?
確かに自己分析って言葉を聞くと、なんだかすごく難しそうですよね。

「就活の教科書」編集部 菅野

そこでこの記事では、就活中に自己分析のキャンプに参加したほど自己分析を頑張った僕が、自己分析の正しいやり方や間違ったやり方を解説しています。

また、OB訪問や本を使った自己分析の方法も紹介しています。

自己分析のやり方に加えて、自己分析をする際の注意点、効率的に自己分析を進める方法についても説明しています。

自己分析の結果を就活や今後の人生に活かしたい方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

「自己分析を簡単にやってみたい」という就活生は、自己分析の診断ツールを使ってみるのもおすすめです。

おすすめの自己分析診断ツールをこちらの記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

画像タップでページ内に飛びます

自己分析のやり方>> 自己分析のやり方

間違った自己分析のやり方>> 間違ったやり方

 

目次

そもそも自己分析をする目的とは

就活における自己分析とは、自分が大切にしている価値観、自分の特徴、長所、短所、を知ることをゴールに、過去の経験を振り返り、分析することです。

自己分析をすることにより面接、ESにも強くなります。

しかし自己分析はとても大事なのに、ないがしろにしがちな就活生が多いのが事実です。

自己分析をする意味や、必要性を知り、真剣に自己分析に取り組みましょう。

自己分析をしない、できない人は、まずは自己分析をする意味、必要性を理解することから始めましょう。

初めてやる人も多い自己分析、僕も最初は
「自己分析の意味ないのでは…」
なんて思ったこともありましたが、就活を終わってみれば、自己分析が一番大事だったと強く思います。
自己分析をやる意味、必要性を知ることによって、モチベーションを高めてください。

「就活の教科書」編集部 菅野

就活生ちゃん

そんなに自己分析をしなくても、就活を終えられる気がするんですけど、自己分析って何を目的としてやるんですか?

自己分析のやり方を紹介する前に、そもそもなぜ就活で自己分析をするのかを説明しますね。

就活で自己分析をする目的は2つあります。

「就活の教科書」編集部 菅野

就活で自己分析をする目的
  • 目的①:企業にアピールするため
  • 目的②:人生を充実させるため

自己分析をする目的をおさえておけば、自己分析に対するモチベーションも上がると思います。

それでは、自己分析の目的を1つずつ説明していきますね。

 

自己分析の目的①:企業にアピールするため

自己分析をする目的の1つ目は、「企業にアピールするため」です。

あなたを企業にアピールするためには自己分析をする必要があります。

なぜなら、自己分析をしないと「自分にはどんな会社があっているか」「あなた自身をどう面接官に伝えるか」を考えられないからです。

面接ではあなたがどういう人間で、なぜその会社を志望しているかを伝えられる必要があります。

 

また、自己分析をすると、自分の長所、短所や、過去の経験を知ることができるので、面接やエントリーシートの対策になります。

「過去に~な経験をしたので、私の長所は~です。」

というように、自己分析をして自分についての理解が深まれば、自信を持って企業にアピールできます。

さらに、過去の経験について深堀りをされても答えられます。

就活の面接はすごく大変そうですね。
でも安心してください。

「就活の教科書」編集部 菅野

これから紹介する自己分析をすれば、あなたがどういう価値観を大切にしているかが分かり、会社の志望動機も自然と生まれるはずです。

そして、今から紹介する自己分析のやり方で生まれた志望動機を選考で語ると、就職してから「ああ、企業選びに失敗したな」という状態を避けられますよ。

 

自己分析の目的②:人生を充実させるため

自己分析をする目的の2つ目が、「人生を充実させるため」です。

自己分析をすることで、自分の強みや弱み、仕事の適性や自分らしさを知ることができます。

自分について知れると自分がどんな場所だと力を発揮できるかがわかり、将来のキャリアを描きやすくなるのです。

 

その結果あなたは快適に働けるようになり、最終的に充実した人生を送れるようになります。

大学生の多くは、就活の他に自分らしさについて考える機会はないと思います。

就活を利用して、自分の人生を振り返ってみることをおすすめします。

就活生くん

自己分析をする目的は理解できました。
でもぶっちゃけ、自己分析って意味あるんですか?
「自己分析をやったところで、全く意味なかった」って話もよく聞きます。

自己分析は意味がないという意見もありますね。
僕はどちらかと言えば、自己分析は「必要派」です。
自己分析をすることで自分が何を大切にしたいかがわかり、志望動機を語る時に活きました。

「就活の教科書」編集部 菅野

「自己分析をする意味って本当にあるの?」と思うあなたは、こちらの記事を読んでみてください。

 

正しい自己分析のやり方

自己分析 やり方

それでは本題の、自己分析のやり方について説明していきます。

「就活の教科書」編集部 菅野

正しい自己分析のやり方を、以下の図にまとめました。

【内定者が教える】就活に効く!自己分析のやり方とは?

就活を上手く進めるためには、部活やバイトなど過去の経験から自分らしさを見つけ、自己PRできることが重要です。

自己分析をスムーズに進められるやり方は、次の5ステップです。

自己分析のスムーズなやり方
  1. 自分史の作成
  2. 自分史で見つけたエピソードを掘り下げる
  3. 自分らしさを見つける
  4. 今の自分を見つめる
  5. 過去の自分と今の自分から、将来像を考える

自己分析を進めていく時は、この順番で進めることを強くオススメします。

なぜなら、この順番で自己分析を進めないと正確なあなたらしさを見つけられない可能性があるからです。

それでは、自己分析のやり方を1つずつ見ていきましょう。

 

正しいやり方①:自分史の作成

自己分析のやり方の1番目は、「自分史の作成」です。

自分史とは、自分が今まで歩んできた人生の記録を、文章や表にしたものです。

まずは、あなたの過去のエピソードを洗い出してみましょう。

過去のエピソードを洗い出す際は、次のように時代別に分けて行うのがおすすめです。

  • 幼少時代
  • 小学校時代
  • 中学校時代
  • 高校時代

エピソードの洗い出し方ですが、紙に書いてもワードに書いてもOKです。

下にエピソードを洗い出すやり方の具体例をあげておきますね。

今回は「喜(喜び)」を感じたエピソードを取り上げています。

【幼少時代】
誕生日に仮面ライダーのフィギュアを買ってもらった。嬉しかった。

【小学校時代】
運動会の50m走で1位になった。色んな人に褒められて快感だった。

【中学校時代】
水泳の大阪大会で3位になった。初めての大阪大会出場で3位だったので、すごく嬉しかった。

【高校時代】
水泳の全国大会で1位になった。ずっと1位を目指して練習していたので、今までで一番嬉しかった。

エピソードを洗い出すやり方のポイントは、喜怒哀楽に分けてエピソードを書き込んでいくことです。

喜怒哀楽に分けてエピソードを書き込むやり方で自己分析を行うと、エピソードと感情の繋がりがわかりやすくなります。

過去のエピソードを感情に分けて洗い出すやり方は、あなたの価値観を見つけるヒントになります。

あなたが覚えている全てのエピソードと感情を書き出してください。

時代別に、エピソードを書けるだけ書く

 

自分史の詳しい作り方や注意点をこちらの記事で解説しています。ぜひ合わせてチェックしてみてください。

 

正しいやり方②:自分史で見つけたエピソードを掘り下げる

自己分析のやり方の2番目は、「自分史で見つけたエピソードを掘り下げる」です。

自分史で見つけたエピソードを掘り下げる際は、感情別にエピソードを掘り下げていきます。

下の例は、「喜」を感じたエピソードを掘り下げたものです。

【幼少時代】
誕生日に仮面ライダーのフィギュアを買ってもらった。嬉しかった。

何で嬉しかった?
ずっと手に入らなかったものが手に入ったから。

【小学校時代】
運動会の50m走で1位になった。色んな人に褒められて、快感だった。

なんで快感だった?
色んな人に褒められたから。しらない親戚のおじちゃんとかにも褒められた。
多くの人に褒められる喜びを知り、誰にもスポーツ、勉強で負けたくないと思うようになった。

【中学校時代】
水泳の大阪大会で3位になった。初めての大阪大会出場で3位だったので、すごく嬉しかった。

なんで嬉しかった?
同じ中学のライバルに勝てたから。
一方で、周りの友達や家族からあまり褒められることがなくて、悲しかったのを覚えている。
褒められることが原動力になっているのかも知れないと思った。

【高校時代】
水泳の全国大会で1位になった。ずっと1位を目指して練習していたので、今までで一番嬉しかった。

なんで嬉しかった?
家族や親戚、友達に褒められたから。
コーチが練習中に褒めてくれたことがモチベーションに繋がった。

エピソードを掘り下げるやり方のポイントは、「何でその感情を抱いたんだろう?」と考えることです。

自己分析のやり方②で「何でその感情を抱いたんだろう?」と考えながらエピソードを掘り下げれば、自己分析のやり方③で簡単に自分らしさを見つけられますよ。

エピソードを掘り下げる際は、感情を抱いた理由を考える

 

自己分析した内容は、オリジナルの専用ノートを使ってまとめていきましょう。

ノートの使い方や、自己分析に使いやすいおすすめノートはこちらの記事にまとめています。参考にしてください。

 

正しいやり方③:自分らしさを見つける

自己分析のやり方の3番目は、「自分らしさを見つける」です。

自己分析のやり方②で、複数のエピソードで「何でその感情を抱いたんだろう?」と考えられたと思います。

次は自己分析のやり方②で洗い出したエピソードを、幼少時代〜高校時代全体で比較していきます。

【幼少時代】
ただモノを貰って嬉しかっただけ。

【小学校時代】
褒められる味をしめた。

【中学校時代】
いい成績を残したのにもかかわらず、褒められなくて悲しかった

【高校時代】
練習中に褒めてくれるコーチで、練習のモチベーションが上がった。
全国大会で1 位になり、みんなが褒めてくれて嬉しかった

⇒ 周りから認められるために頑張る人間だと確信(自分らしさ)

上記の例では、周りから認められるために頑張るという自分らしさが見つかりました。

「就活の教科書」編集部 菅野

このように、喜怒哀楽を受けたエピソードを「何でその感情を抱いたんだろう?」と深掘りし、共通しているものが「あなたの自分らしさ」なのです。

自分らしさをさらに磨くためには、「認められたいとはどれくらい認められたいのか?」を考えていきましょう。

この自己分析のやり方を喜だけではなく、怒・哀・楽でも行ってください。

幼少時代〜高校時代までのエピソードを比較し、共通要素を見つける

 

自己分析で書いた内容は、エクセルのような1つのシートにまとめると分かりやすいです。

はじめに自己分析シートの枠を作っておけば、考え漏れが無くなり、より客観的な自己分析ができますよ。

自己分析シートの書き方や、実際に内定者が使った表をこちらに記事で紹介していますので、参考にしてください。

 

正しいやり方④:今の自分を見つめる

自己分析のやり方の4番目は、「今の自分を見つめる」です。

自己分析のやり方③で、あなたの自分らしさがいくつかわかったと思います。

自己分析のやり方④では、「今の自分はこんな自分らしさで出来ているんだ」とありのまま自分を受けて入れてください。

そうすることで、自己分析のやり方⑤で未来の自分について考える際、等身大の自分で考えられます。

自分に素直になり、受け入れるということが鍵になってきます!

「就活の教科書」編集部 菅野

 

正しいやり方⑤:過去の自分と今の自分から、将来像を考える

自己分析のやり方の5番目は、「過去の自分と今の自分から、将来像を考える」です。

自分らしさと将来像がかけ離れていると、就職した時につらい思いをしながら働くことになってしまいます。

将来像がわかりづらければ、「3年後になっていたい姿」や「10年後どう思われていたいか」と置き換えて考えてください。

例えば、あなたの自分らしさが下の2つだとします。

  • 人目を気にせず、言いたいことをズバズバ言う
  • 周りの言いなりならない

 

このような人が「将来は経営者になって、30歳までに10億円稼ぎたい」という将来像を立てても、そこまで違和感はありません。

しかし「日系の大手企業に入って研究職で活躍したい」だと、あなたの自分らしさと将来像があまりにもかけ離れてしまっています。

「将来像」が自己分析のやり方③で出した「自分らしさ」に基づいたものになっているか、必ずチェックしてください。

将来像を考える時は、自分らしさに基づいていることを意識する
ちなみに「どんな会社があっているか」を考える際は、就活の軸を作ることをおすすめします。

「就活の軸なんてないよ」というあなたには、【内定者が教える】就活の軸(企業選びの軸)の決め方,見つけ方 | 間違ったやり方もの記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

自己分析がある程度進んだら、実際にエントリーシートで聞かれる質問に答えてみましょう。

エントリーシートでよく聞かれる質問は、こちらの記事に網羅的にまとめています。

 

間違った自己分析のやり方

自己分析 間違ったやり方

ここまで自己分析のやり方について説明してきました。
次に、間違った自己分析のやり方について説明していきます。

「就活の教科書」編集部 菅野

当然ですが、間違った自己分析をしてしまうと、就活がうまくいきません。

なぜなら正確なあなたらしさが出てこず、思い込みで面接を受けてしまうからです。

その結果、面接で質問に回答した時に「あなたらしさ」と「あなたの発言」が一致しないので、「自分のことが理解できていない」と面接に落とされてしまいます。

間違った自己分析のやり方には、次の3パターンがあります。

間違った自己分析のやり方
  • 思い込みで自分らしさを決めつけてしまう
  • 自分らしさを会社にあわせてしまう
  • 長所がないと思い込み、病んでしまう

これらの間違った自己分析のやり方を抑えておくことで、迷いなく自己分析を進められます。

間違った自己分析のやり方も1つずつ解説しておきますね。

 

間違ったやり方①:思い込みで自分らしさを決めつけてしまう

【内定者が教える】就活に効く!自己分析のやり方とは?

間違った自己分析のやり方の1つ目が、「思い込みで自分らしさを決めつける」です。

例えばこんなケースです。

就活生くんは、自分の思い込みで自分らしさを決めてしまっています。

就活生くんの自分らしさって何ですか?

「就活の教科書」編集部 菅野

就活生くん

僕の自分らしさは、すぐ行動できるところかな。
周りの友達からよく行動が速いって言われるからさ。

行動力があるというのは本当ですか?
それは過去の経験にちゃんと基づいていますか?

「就活の教科書」編集部 菅野

就活生くん

あ、行動力があるって言ったけど、明日提出のESまだ出来てない・・・

 

今一度、あなたの自分らしさが過去の経験から出てきたものなのか確認してみてください。

上の例のように、「周りからよく言われるから俺はこういう人間だ!」と決めつけてしまうのはオススメしません。

過去のエピソードから自分らしさを見つけないとそれが本当の自分らしさかどうかがわかりませんし、面接で聞かれたときにも答えられなくなってしまいます。

 

間違ったやり方②:自分らしさを会社に合わせてしまう

間違った自己分析のやり方の2つ目が、「自分らしさを会社に合わせてしまう」です。

選考が進んできて「あの会社に入りたい」という思いが増してくる頃に、よくあるパターンです。

就活がうまくいかないとつらい気持ちになるのはわかりますが、自分らしさを会社に合わせてしまうと本末転倒です。

 

あなたが会社に入る理由は、自分の将来の理想を達成するためのはずです。

決して自分らしさを会社に合わせないようにしてください。

就活生の中には自分らしさに加え、就活の軸までもブレブレになってしまう人がいます。

就活の軸がブレブレになってしまう人ははやる気持ちを抑え、もう1度自己分析をし直しましょう。

 

そして再度、自分らしさと就活の軸を見つけるようにしてください。

つらいと思いますが、自己分析の壁を乗り越えると就活がうまくいきますよ!

就活生ちゃん

就活がつらくてどうしようもないです…
就活に疲れてしまった人は、こちらの記事を読んでみてください。
少し元気が出ると思います。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

間違ったやり方③:長所がないと思いこみ、病んでしまう

間違った自己分析のやり方の3つ目が、「長所がないと思い込み、病んでしまう」です。

就活生くん

自己分析を進めているんですが、僕はいいところがないダメ人間です・・。
自己分析を進めていると、確かに自分の短所だけに目が行きがちですよね
そんな時は、短所を逆の発想で長所に変えてみましょう。

「就活の教科書」編集部 菅野

例えば、「マイペース過ぎる」という短所が見つかったとします。

逆の発想で「マイペース過ぎる」を長所に変えてみてはどうでしょうか。

  • 自分のペースで物事を進められる
  • 落ち着いて行動できる
  • 人に流されず1つ1つ仕事を進められる

 

立派な長所(自分らしさ)になっていると思います。

自己分析をしていて短所だけしか見つからない人は、短所から長所を考えてみてください。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

「自分の長所がわからない」という就活生は、こちらで長所一覧をまとめています。ぜひ参考にしてください。

 

自己分析を効率的に進めるやり方

ここまで自己分析のやり方を詳しく見てきました。
でも、1人で自己分析をするのって、正直すごくつらいと思います。
そんな時は周りの人に協力してもらうことで、自己分析を効率的に進められますよ。

「就活の教科書」編集部 菅野

それでは、自己分析を効率的に進められるおすすめのやり方を5つ紹介します。

自己分析を効率的に進めるやり方
  • 自己分析の診断ツールを利用する
  • 就活エージェントを利用する
  • OB/OGに手伝ってもらう
  • 自己分析キャンプに参加する
  • 就活仲間に手伝ってもらう

これらの自己分析のやり方を真似すれば、独りよがりの自己分析になりません。

自己PRや志望動機を語るときに説得力がでますよ。

それでは、自己分析の効率的なやり方を1つずつ説明していきますね。

 

やり方①:自己分析の診断ツール、アプリを利用する

自己分析を効率的に進められるやり方の1つ目は、「自己分析の診断ツール、アプリを利用する」です。

いざ自己分析をするとなっても、自分で紙を用意するのがめんどくさかったり、いまいちやり方がわからなくて結局自己分析をやめてしまう方でも安心です。

自己分析の診断ツールでは、いくつかの質問に答えるだけで、あなたの性格や強みがわかります。

かかる時間も5〜10分で、手軽に自己分析できます。もちろん無料です。

紙を用意する必要もなく、スマホ、携帯からも簡単に行えるため、気軽に自己分析ができるためおススメです。

 

実際に僕も自己分析の診断ツールを使っていました。

以下のように、性格が数値で理解できたり、強みや弱みまで詳しくわかります。

【内定者が厳選】自己分析が簡単に! おすすめ診断ツール,サイト7選!

 

代表的な自己分析ツールは「OfferBoxの適性診断AnalyzeU+」です。

適性診断AnalyzeU+は、逆求人サイトOfferBoxが提供する自己分析ツールです。

OfferBoxに登録することで、適性診断AnalyzeU+が無料で利用できるようになります。

2020年度卒の就活生128,000人が利用した実績もある人気のサービスです。

適性診断AnalyzeU+を受検すると、適性診断の結果を見た企業からオファーが来ます。

自己分析ツールを使うだけで、企業からのオファーも来て一石二鳥ですね。

「就活の教科書」編集部 菅野

>> OfferBoxの適性診断AnalyzeU+で自己分析してみる

 

適性診断AnalyzeU+の評判やその他の自己分析ツールはこちらで紹介しているので読んでみてください。

 

やり方②:就活エージェントを利用する

自己分析を効率的に進められるやり方の2つ目が、「就活エージェントを利用する」です。

就活エージェントとは、専属のエージェントが就職活動の始めから終わりまで就活生を支援してくれるサービスのことです。

就活生くん

一人で自己分析が上手くできない…

就活生ちゃん

自分の性格や強みがうまく言葉にできない…

就職活動が始まって、一人で自己分析を進めるのはしんどいかもしれません。
そんな時は、就活エージェントがおすすめです。
就活エージェントを利用すると、就活の相談を聞いてもらえたり、一緒に自己分析もしてもらえます。

「就活の教科書」編集部 菅野

おすすめできる代表的な就活エージェントは2つあります。

1つ目の代表的な就活エージェントは「キャリアチケット」です。

「キャリアチケット」では、専属アドバイザーが就活生1人1人に個別でES対策から面接対策をおこなってくれるのが特徴のサービスです。

また、専属アドバイザーが厳選したホワイト企業から、最短2週間で内定を獲得できるのも特徴的です。

>> キャリアチケットに自己分析を手伝ってもらう

2つ目の代表的な就活エージェントは「DiG UP CAREER」です。

DiG UP CAREER

「DiG UP CAREER」では、ビデオ通話面談(Web面談)を実施しており、地方在住の就活生でも対面で自己分析できます。

また、自己分析だけでなく面接対策やES添削など、就活生は手厚いサポートが受けられます。

>> DiG UP CAREERに自己分析を手伝ってもらう

 

就活のプロと一緒に、効率よく自己分析ができます。
就活エージェントは無料で利用できる、就活生におすすめのサービスですよ。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

キャリアチケットやDiG UP CAREERの評判、その他の就職エージェントはこちらで紹介しているので読んでみてください。

 

やり方③:OB/OGに手伝ってもらう

自己分析を効率的に進められるやり方の3つ目が、「OB/OGに手伝ってもらう」です。

OBは何人もの学生の相談に乗っているケースが多いので、きっと役立つアドバイスをくれます。

自己分析し合える就活仲間を作れない、自己分析をし合える就活仲間を作るのがめんどくさいという人は、OBに手伝ってもらうといいですよ。

 

ちなみにOB訪問は、自分の将来像を考える時にも役立ちます。

なぜなら、色々な社会人にOB訪問すれば「自分はこんな大人になりたいな」というロールモデルを見つけやすいからです。

OB訪問をすることで自分がなりたい将来像のヒントをつかめるので、「過去→現在←未来」の両方向から自己分析を進められるようになりますよ。

 

下の図を見てください。

【内定者が教える】就活に効く!自己分析のやり方とは?

「過去→現在←未来」の両方向から自己分析を進めることで、OB訪問をする中でも自分らしさを大切にしつつ、ブレずに理想の将来像を見つけられます。

ブレずに理想の将来像を見つけられる理由は、これまでの自己分析を通して自分らしさをしっかりと理解しているからです。

 

一方で、自己分析で自分らしさを見つける前に将来像を見つけようとOB訪問してしまうと、混乱してしまうことが多いです。

自分らしさを理解していない状態でOB訪問をすると、どの大人の意見を参考にしたほうがいいのかわからなくなってしまいます。

  • 自分らしさを見つけるために自己分析
    ⇒ 将来像が見えていなくても問題ない
  • 将来像を見つけるためにOB訪問
    ⇒ 自己分析をして、自分らしさについて知っておくべき

 

自己分析を手伝ってくれるOBに出会う方法は、たくさんあります。

「自己分析を手伝ってもらえるOBがいない」という学生には、こちらの記事で社会人の連絡先の入手方法を紹介しています。

 

個人的には、OB訪問のアプリを使い、てっとり早くOB訪問をするのがおすすめです。

以下の記事で、OB訪問のおすすめアプリをまとめていますので、参考にしてください。

 

やり方④:自己分析キャンプに参加する

自己分析を効率的に進められるやり方の4つ目が、「自己分析キャンプに参加する」です。

実は僕がこの記事で説明してきた自己分析のやり方を知ったのは、「Visions+Camp」というイベントに参加したのがきっかけです。

【内定者が教える】就活に効く自己分析のやり方とは?(具体例つき)

Visions+Campは1泊2日で行なわれる、自己分析キャンプです。

Visions+Campに参加すると、この記事で紹介した自己分析のやり方で自己分析を進められます。

メンター・同じグループの仲間に「何でそう思ったの?」とエピソードを掘り下げてもらえるので、効率的に自己分析を進められますよ。

キャンプに参加した後もメンターの方が丁寧に自己分析をサポートしてくれたので、自己分析で困っている人には本当におすすめです。

Visions+Campは、Visions LOUNGE(ビジョンズラウンジ)が運営しているイベントです。

Visions LOUNGEは大阪梅田にあります。

学生は無料でWi-Fiを使えたりドリンクを飲めたりするので、就職活動で大阪に来る時に大変重宝すると思います。

Visions LOUNGEはtwitterで情報を更新しています。

最新情報をチェックしたい方は、twitterを覗いてみてくださいね。

 

Visions LOUNGEについてもっと詳しく知りたい方は、下のボタンからホームページに飛んでみてください。

>> Visions LOUNGEを見てみる

 

Visions LOUNGEのサービス内容や、使ってみた感想、就活生の評判は、こちらの記事にまとめています。気になる方は参考にしてください。

 

やり方⑤:就活仲間に他己分析をしてもらう

自己分析を効率的に進められるやり方の5つ目は、「就活仲間に他己分析をしてもらう」です。

自己分析に終わりは無いので、一度で終わらせずに何度も何度もやり直しをしましょう。

しかし、数回すれば、毎回分析内容が同じになり、行き詰まりを感じるかもしれません。

そのときは、就活仲間に他己分析をしてもらうことをおススメします。

 

就活仲間とは、ありのままの自分を遠慮せずに話せる人たちです。

友達と就活話をする際、仲が良すぎてかえって就活の相談や過去の恥ずかしい出来事を話せないことはありませんか?

本音で話せる仲のいい友達がいれば問題ないのですが、そうでない就活生は就活専用に就活仲間を作って他己分析をしてもらうことで何かヒントを得ることが出来るかもしれません。

自分がどんな人間かを聞き、客観的な視点から自分を理解しましょう。

就活仲間の作り方ですが、インターンシップなどで同じグループになった子と仲良くなるといいですよ。

他己分析をしたい人は、他己分析のやり方や質問集が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

自己分析に役立つ本/やり方を書いている本

就活生くん

自己分析を効率的に進められる方法はわかりました。
でも、どうしても人に合わないとダメですか?
僕、初対面の人と話すのが苦手なんです。
OB訪問で会う社会人って、大体は初対面ですよね。
就活で面接してくれる面接官とは初対面なので、OB訪問は就活本番の練習にもなるのでおすすめです。

とはいえ、OB訪問が苦手な人もいると思うので、自己分析を進めるのに役立つ本も紹介しておきますね。

本を読むことに慣れている方にとっては本はとっつきやすいと思うので、是非手に取ってみてください。

「就活の教科書」編集部 菅野

自己分析に役立つオススメ本は、この2冊です。

 

自己分析に役立つオススメ本を1つずつ紹介していきます。

 

自己分析の本はこの記事で説明したやり方で自己分析をした後、確認作業として使ってください。

本を先に使ってしまうと、「自分らしさを予想→実際のエピソード探し」という順番になってしまい、本当のあなたらしさが見つからない可能性があります。

 

おすすめ本①:『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』

自己分析を進めるのに役立つ本の1冊目が、『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』です。

【内定者が厳選】自己分析を無料で進められるおすすめ診断ツール,サイト5選!

『ストレングス・ファインダー』を読んで自己分析をすれば、強みを作るのに必要な「あなたの才能」を知ることができます。

本に付録でついているシリアルコードを専用サイトに入力することで、自己分析診断ができます。

【内定者が厳選】自己分析を無料で進められるおすすめ診断ツール,サイト5選!

『ストレングス・ファインダー』の診断結果は、このように出ます。

『ストレングス・ファインダー』の結果を見た後は、本に書いてある行動アイデアを読んで才能を磨いていきましょう。

【内定者が厳選】自己分析を無料で進められるおすすめ診断ツール,サイト5選!

 

『ストレングス・ファインダー』は、Amazonなどで購入できます。

ストレングス・ファインダー(Amazonに飛びます)

 

ちなみに、『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』を読み自己理解を深めた後、次に紹介する『絶対内定 自己分析とキャリアデザインの描き方』を読むのがおすすめです。

「就活の教科書」編集部 菅野

『ストレングス・ファインダー』は「あなたの才能を強みにし、どのように素晴らしい人生にしていくか」を考えるためのツールであり、就職活動だけにフォーカスしているわけではありません。

 

おすすめ本②:『絶対内定 自己分析とキャリアデザインの描き方』

自己分析を進めるのに役立つ本の2冊目が、『絶対内定 自己分析とキャリアデザインの描き方』です。

【内定者が教える】自己分析のおすすめなやり方とは?実はすごくシンプルです

『絶対内定』は、大学生協で10年連続売上NO.1を記録している、自己分析のロングセラー本です。

『ストレングス・ファインダー』とは違い、ワークシート形式で自己分析を進められるのがポイントです。

94のワークシートを進めながらキャリアデザインを描くことで、夢・やりたいことを明確にしていきます。

そして効果的な自己PRを作って、第一志望の内定を勝ち取ろうという流れです。

自分で自己分析を進めた後に、『絶対内定』を復習で使うと、考えがまとまるのでオススメですよ。

 

また、本の中で著者が熱いメッセージを送ってくれるので、自己分析に乗り気でない人も頑張れると思います。

学生に人気のある難関企業の採用実績をもとに、「何をすれば採用されるのか」を具体的に説明してくれているのもポイントです。

 

『絶対内定』は、Amazonなどで購入できます。

絶対内定(Amazonへ飛びます)

 

その他の自己分析の役立つおすすめ本は、こちらの記事でまとめて紹介しています。合わせて参考にしてください。

また、本じゃなくてネットで自己分析を進めたいという人もいますよね。

「就活の教科書」編集部 菅野

「どんな自己分析ツールやサイトを使ったらいいかわからない」というあなたには、自己分析を簡単に進められる診断ツールやサイトをまとめた記事がおすすめです。参考にしてください。

自己分析の代表的なフレームワーク

自己分析のやり方は、様々ですので、自分に合ったやり方を見つけましょう。

フレームワーク(framework)とは、日本語で「枠組み・骨組み・型」です。

自分に質問をすること以外にも、既にあるフレームワークに当てはめて自己分析を行う手法もあります。

主な自己分析のフレームワークは下記4つです。

  • 自己分析シート
  • 自分史
  • モチベーショングラフ
  • マインドマップ

それぞれについて簡単に見ていきましょう。

そして最後に自分だけの自己分析ノートを作成していきましょう!

それでは、実際に自己分析を行うためのフレームワークを見ていきましょう!

「就活の教科書」編集部 菅野

 

自己分析シート

自己分析シートとは、考えや過去の経験を書き起こすことです。

文字に書き起こすことにより、思考が整理され、良質な自己分析をすることができます。

丁寧な文法を気にするよりも、当時の感情、考え方などを隅から隅まで書き出しましょう。
自己分析シート・ノートは、自分で作るので少し時間はかかりますが、 ずっと残るので一度はすべき自己分析の方法です。

自己分析シートを書く際のポイントはこの4つです。

  1. 過去の経験を箇条書きにする
  2. 箇条書きにした全ての経験を深く考える
  3. 経験から自分の長所(強み)と短所(弱み)を探す
  4. 将来やりたいことと過去の経験を結びつける

 

この4つのポイントさえおさえておけば、自己分析は上手くいきます。

更に詳しい自己分析シート・ノートの作り方、やり方を知りたい方は下記の記事を参考にしてみてください。
こちらの記事では、内定者が実際に使った表も紹介しているので、是非試してみてください。

「就活の教科書」編集部 菅野

【テンプレあり】自己分析シートの書き方 | 内定者が使った自己分析表の例も

自分史

自己分析をするフレームワークの1つが自分史です。

自分史のやり方はいたってシンプルで、今までどのような経験をしてきたか、どのように頑張ってきたかを年表のように書き出すことです。

自己分析をするファーストステップとして、自分史を作ることをおススメします。

自分史の内容に関して、質問していくだけでも立派な自己分析になります。

どこまで遡るべきかというと、あまり覚えてなくても、幼少期まで遡ることをおススメします。

大学時代だけでは自分史作りが不十分な理由は、幼いときの自分史から見えてくる価値観の方が、自分が本当に大切にしている価値観に近いからです。

生きていく中で、他人に流されて行動することも多くなりますが、幼いうちは本当に自分がしたいことをしていることが多いのです。

僕は幼少期から現在まで、できるだけ細かく書き、何日もかけて自分史を作成させました。
幼少期を思い出しにくい人は、アルバムなどの写真を見返すと当時の記憶がよみがえりやすくなるのでお勧めです。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

モチベーショングラフ

次の自己分析のフレームワークは、モチベーショングラフです。

モチベーショングラフのやり方は、幸福度をグラフに書き表し、グラフが下がっているとき、上がっているときの理由を書き出します。

その理由を、「なぜ?」と深堀してみましょう。

「なぜ?」を繰り返すことにより、物事へ対する根本的な考え方を知ることができます。

グラフが上がっている部分、下がっている部分の心情などをそれぞれ集めると、大切にしている価値観が見えてきます。

モチベーショングラフも数回書いてみて、大切にしている価値観や、過去の経験を思い出してみましょう。

自分史を活用して、幼少期、小学校、中学校などなど、時期ごとに区切り、それぞれの経験においてグラフの上げ下げを書くだけでモチベーショングラフを完成させることもできます!

モチベーショングラフを書きたい人は、モチベーショングラフの書き方や実際に内定者が書いたものが紹介されているので、こちらの記事をぜひ参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

マインド マップ

自己分析をするフレームワークは、マインドマップです。

マインドマップとは、考えたいテーマを紙の中央に描き、それに繋がるキーワードやイメージを繋げながら、放射状に枝を伸ばしていき、発想を広げていく思考法です。

マインドマップを書くと、考えが視覚化されるので、思考の整理に繋がります。

他の自己分析の方法に飽きてしまった方は、マインドマップを書いて気分転換をしてみるのもいいでしょう。

マインドマップを作りたい人は、マインドマップの作り方や実際に内定者が書いたものが紹介されているので、こちらの記事をぜひ参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

自己分析ノートの作り方

自己分析ノートの作り方は、大きく分けて3つあります。

①:ノートに自分史を書く

②:ノートにモチベーショングラフを書いてみる

③:OBに会い、気づきをノートに書いていく

人それぞれに向き・不向きがあるので、自分に向いていそうな方法を選んで自己分析を進めてください。

上記3つの自己分析ノートの詳しい書き方については、下記の記事で詳しく書いてあるので是非読んでみてください。

【内定者が教える】自己分析が深まるノートの作り方・書き方 | 見本やおすすめノートも紹介

ここまで自己分析のやり方や、自己分析に役立つアプリ・ツールなどについて説明してきました。
それでも自己分析は面白くないし、できない方もいらっしゃると思います。
そんな方は是非読み進めてください。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

自己分析が苦手な方へ

自己分析が苦手で、できない方もいらっしゃると思います。

すぐに自己分析を1人ですることが出来なくても、大丈夫です。

まずは、自分ができるところから、準備していきましょう!

自己分析が苦手な方へ
  • できなくても落ち込まなくていい
  • 目的を明確にしよう

それでは、1つずつ確認していきましょうね!

「就活の教科書」編集部 菅野

 

できなくても落ち込まなくていい

自己分析ができなくても、落ち込まないでください。

就活を始めるまで、自己分析をしたことがある人は数少なく、初めてやろうとしても、簡単ではないため、うまくいかなくても当然です。

うまくいかなくても、焦らずゆっくり考えを言語化しましょう。

自分で自己分析ができなくても、今では自己分析ができるアプリやツールがあるので、それらを使って初めてみるのもいいでしょう。

就活生はみんな自己分析を不安に感じているので、焦る必要はありませんよ!

「就活の教科書」編集部 菅野

自己分析ができなくて不安な就活生の方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

 

目的を明確にしよう

自己分析の目的を知らなければ、自己分析は進みません。

自己分析ができない、わからない人は、自己分析の目的を、「過去の経験を知ること」と勘違いしてしまっていませんか?

あくまで自己分析の目的は、過去の経験を深ぼることにより、自分の価値観、短所長所を知ることです。

自己分析ができない、苦手な人は今一度目的を明確にした上で自己分析に取り組みましょう。

一番大切なことは、目的をしっかりと固めた自己分析を行うことですね!

「就活の教科書」編集部 菅野

 

どうしても自己分析ができないという人は

自己分析がどうしてもできないという人は、そもそもなぜ自己分析がうまくできないのかから理解してみましょう。

自己分析ができない学生によくある理由を4つ紹介します。

  1. そもそも自己分析のやり方がわからない
  2. 過去の振り返りをしているだけ
  3. 自己分析をやりすぎて、泥沼にはまっている
  4. 本当の自分に向き合うのが怖い

 

多くの場合、自己分析はしているけど、過去の振り返りをしているだけだったり、考えすぎて泥沼にはまっていることが多いです。

自己分析に悩んでいるという人は、少し違う視点から自己分析を進めてみてはどうでしょうか。

僕がおすすめする、自己分析をする方法5選をお伝えします。

自己分析おすすめの方法
  • 自己分析ツールを利用する
  • OBOG訪問アプリを使う
  • 説明会に参加する
  • モチベーショングラフを書く
  • 面接を受けてみる

 

自己分析に役立つそれぞれの使い方・書き方などは、これらのページを見てください。

 

「どうしても自己分析ができない」という人には、こちらの記事が役立ちます。以上のことをより分かりやすく解説しています。

 

自己分析には無料の診断ツールも便利

就活生ちゃん

自己分析のやり方は理解してるつもりだけど、やっぱりちょっと難しい・・・。

簡単に自己分析を進める方法ってないのかな?

自己分析を簡単に進めたいなら、「自己分析の診断ツールを利用する」という方法もありますよ。

自己分析の診断ツールは、いくつかの質問に答えるだけで、あなたの性格や強みが分かるツールです。

かかる時間も10分ほどで、手軽に客観的な自己分析ができます。もちろん無料です。

就活アドバイザー

自己分析の診断ツール 診断結果

 

メモ

代表的な自己分析ツールには、「OfferBoxの適性診断AnalyzeU+」があります。

適性診断AnalyzeU+はOfferBoxに登録することで、無料で利用できるようになります。

就活生128,000人が利用している、実績No.1の人気自己分析ツールです。

適性診断AnalyzeU+で自己分析すると、あなたの診断結果に魅力を感じた企業から直接スカウトが届きます。

自己分析を進めつつ、企業からのオファーも来るなんて一石二鳥ですね。

適性診断AnalyzeU+の評判や使い方は、【内定者が解説】「適性診断AnalyzeU+」を実際に使ってみた!評判,実例も (OfferBoxの自己分析ツール)という記事で解説しているので、参考にしてください。

就活アドバイザー

まとめ:自己分析はやり方がわかれば難しくない!

いかがでしたでしょうか。

この記事では、就活中に自己分析のキャンプに参加したほど自己分析を頑張った「就活の教科書」編集部の僕が、

自己分析のやり方の手順を5つに分けて解説し、悪い自己分析のやり方やOB訪問を活かした自己分析方法、本を使った自己分析のやり方等を紹介しました。

それでは、この記事のおさらいをしておきましょう!

「就活の教科書」編集部 菅野

自己分析やり方まとめ

そもそも自己分析をする目的とは

  • 自己分析の目的①:企業にアピールするため
    自己分析の目的②:人生を充実させるため

正しい自己分析のやり方

  • 正しいやり方①:自分史の作成
  • 正しいやり方②:自分史で見つけたエピソードを掘り下げる
  • 正しいやり方③:自分らしさを見つける
  • 正しいやり方④:今の自分を見つめる
  • 正しいやり方⑤:過去の自分と今の自分から、将来像を考える

間違った自己分析のやり方

  • 間違ったやり方①:思い込みで自分らしさを決めつけてしまう
  • 間違ったやり方②:自分らしさを会社に合わせてしまう
  • 間違ったやり方③:長所がないと思いこみ、病んでしまう

自己分析を効率的に進めるやり方

  • やり方①:自己分析の診断ツール、アプリを利用する
  • やり方②:就活エージェントを利用する
  • やり方③:OB/OGに手伝ってもらう
  • やり方④:自己分析キャンプに参加する
  • やり方⑤:就活仲間に他己分析をしてもらう

自己分析に役立つ本/やり方を書いている本

  • おすすめ本①:『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』
  • おすすめ本②:『絶対内定 自己分析とキャリアデザインの描き方』

自己分析の代表的なフレームワーク

  • 自己分析シート
  • 自分史
  • モチベーショングラフ
  • マインド マップ

自己分析ノートの作り方

自己分析が苦手な方へ

  • できなくても落ち込まなくていい
  • 目的を明確にしよう

どうしても自己分析ができないという人は

まとめ:自己分析はやり方がわかれば難しくない!

自己分析は、就職活動の基本であり本質です。

ぜひこの記事を活かして自己分析のやり方を学び、自信を持って就活に挑んでください。

「就活の教科書」には他にも、就活に役立つ記事がたくさんあります。ぜひ、参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 菅野

 

就職活動の基本的なやり方とお役立ちサービス

就職活動を有利に進めるために、就活の基本的なやり方を理解しつつ、就活に役立つ無料サービスを利用しましょう。

以下の記事で、自己分析・エントリーシート・面接対策の簡単なやり方と、お役立ち就活サービスをまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

就活アドバイザー

新着記事