【仕事内容も解説!】インフラ業界/企業の年収ランキング一覧|デメリット,向いている人の特徴も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事からわかること
  • そもそもインフラ業界・企業とは?
  • 【業界別】インフラ系企業の年収ランキング一覧
  • 【業界別】インフラ系企業の仕事内容
  • インフラ業界・企業に就職するメリット・デメリット
  • インフラ業界・企業に向いてる人の特徴
  • 「自分に合う業界や企業がわからない…」という方は「適性診断AnalyzeU+」で診断するのがおすすめ

皆さん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の久保です。

今回は、インフラ業界・企業について徹底解説していきます。

就活生の皆さんは、「インフラ業界ってそもそも何・・・?」「インフラ業界ってどんな仕事をしているの?」など、様々な疑問があるのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 久保

就活生くん

僕は、インフラ業界について、全くわかりません。

そもそも、インフラ業界ってどんな業界を指すんでしょうか?

就活生ちゃん

私は、インフラ業界はわかります!

でも、どんな仕事をしているのでしょうか?

インフラ業界がどんなものかわからない人もいますよね!

また、わかっていても仕事内容がピンとこない人もいると思います!

「就活の教科書」編集部 久保

なのでこの記事では、インフラ業界・企業について徹底解説していきます。

合わせて、インフラ系企業の年収ランキング8インフラ業界・企業に就職するメリット・デメリットインフラ業界・企業に向いてる人の特徴も紹介します!

インフラ業界が気になっている人や、インフラ業界に就職を考えている人は、ぜひこの記事を最後まで読んで、自分の業界研究に活かしてください!

どの業界を選べば良いのかわからない…自分に合う業界や企業を見つけたい!」という方は適性診断AnalyzeU+適職診断(就活の教科書公式LINE)同時に利用して自己分析するのが一番おすすめです。

両方使うと短時間で自分の強みや弱み、向いていることなどがより正確にわかるので、業界選びでの失敗を避けられます。

「なかなか志望業界が見つからない…」という方は、自己分析ツールを使って正確に診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>>「適性診断AnalyzeU+」で自己分析をしてみる

>> 「適職診断」を受けてみる(就活の教科書公式LINE)

 

目次

 

そもそもインフラ業界・企業とは?

就活生くん

インフラ業界・企業について教えてほしいです!

そもそも、インフラ業界ってどんな業界なんでしょうか?

また、どんな企業がインフラ業界に含まれているんですか?

わかりました!それではインフラ業界・企業について解説していきますね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

また「電力・ガス業界の就職偏差値」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

【入れば一生勝ち組!】電力・ガス業界の就職偏差値ランキング 【就活:転職】

 

インフラ業界とは、社会の基盤となる事業の業界

まず、インフラとはinfrastructure(下部組織、基盤を表す英単語)の略語になっています。

この意味から鉄道、航空、空港、電力、ガス会社など、社会の基盤となるサービス・仕組みを提供、管理する事業の業界のことです。

インフラ業界は私たちの暮らしの基盤を支えており、生活するのに欠かせない業界となっています。

また、インフラ業界はホワイトな企業が多いです。

「就活の教科書」編集部 久保

 

また「石油業界の就職偏差値」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

【実は将来性なし?】石油業界の就職偏差値ランキング |【就活:転職】

 

インフラ企業の種類一覧

インフラ企業について、部門ごとにいくつか紹介していきます。

まず、インフラ業界は「交通インフラ」と「生活インフラ」の2つにわけることができます。

交通インフラと生活インフラの業界区分と企業については以下にまとめました

インフラ業界の区分と企業一覧

◆ 交通インフラ4業界

➢ 鉄道業界・・・JR東日本 / JR東海 / JR西日本 / 東急 / 東武鉄道 / 小田急電鉄 / 東京地下鉄 / 近鉄 / その他地方鉄道

➢ 航空業界・・・ANA / JAL / ピーチアビエーション / ジェットスタージャパン / 春秋航空日本 / エアアジアジャパン

➢ 高速道路業界・・・NEXCO東日本 / NEXCO西日本 / NEXCO中日本

➢ 物流業界・・・ヤマトホールディングス / SgH / 日本郵便 / 日本郵船 / 日本通運 / SEINO

 

◆ 生活インフラ3業界

➢ 電力・ガス業界・・・東京電力 / 関西電力 / 中部電力 / 東京ガス / 大阪ガス / 東邦ガス

➢ 石油業界・・・ENEOS / 出光興産 / コスモエネルギー / 国際石油開発帝石(INPEX)/ 石油資源開発(JAPEX)

➢ 通信業界・・・NTTドコモ / ソフトバンク / KDDI / Rakuten

 

【業界別】インフラ系企業の年収ランキング一覧

就活生ちゃん

私の彼氏が、インフラ業界に就職を考えているのですが、年収ってどれぐらいなのでしょうか?

インフラ系企業の年収が知りたいです!

わかりました!それでは、インフラ系企業の年収を、業界ごとにランキング形式でお教えしますね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

業界①:電力業界(代表企業例:東京電力)

まず、1つ目の業界は、電力業界です。

電力業界の企業の年収ランキングは以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 久保

順位 企業名 平均年収(万円)
1 イーレックス 1147
2 中部電力 849
3 関西電力 836
4 東京電力HD 819
5 J-POWER 796
6 中国電力 791
7 沖縄電力 777
8 東北電力 775
9 四国電力 772
10 九州電力 759
11 北海道電力 724
12 北陸電力 701

ほぼ各地方の電力会社ですね。

「就活の教科書」編集部 久保

 

業界②:ガス業界(代表企業例:大阪ガス)

次に、2つ目の業界は、ガス業界です。

ガス業界の企業の年収ランキングは以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 久保

順位 企業名 平均年収(万円)
1 K&Oエナジーグループ 748
2 静岡ガス 678
3 TOKAI HD 668
4 東京ガス 667
5 大阪ガス 654
6 サーラコーポレーション 652
7 四国ガス 637
8 京葉瓦斯 574
9 西部ガスHD 571
10 東邦ガス 567

ガス業界も各地方のガス会社がほとんどですね。

「就活の教科書」編集部 久保

 

業界③:エネルギー業界(代表企業例:コスモエネルギーホールディングス)

次に、3つ目の業界は、エネルギー業界です。

エネルギー業界の企業の年収ランキングは以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 久保

順位 企業名 平均年収(万円)
1 JXTG HD 1129
2 昭和シェル石油 947
3 コスモエネルギーHD 928
4 レノバ 915
5 出光興産 911
6 国際石油開発帝石 907
7 三井松島産業 898
8 ミツウロコグループHD 883
9 石油資源開発 882
10 日本アジアグループ 794

この表を見ると、エネルギー業界のランキング上位の企業は他の業界のランキング上位の企業と比べて平均年収が高いことがわかりますね。

また、石油業界(エネルギー・プラント)について詳しく知りたい方は、以下の記事でも解説しているので、ぜひ読んでみて下さい!

「就活の教科書」編集部 久保

 

業界④:鉄道・交通業界(代表企業例:JR東日本)

次に、4つ目の業界は、鉄道・交通業界です。

鉄道・交通業界の企業の年収ランキングは以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 久保

順位 企業名 平均年収(万円)
1 相鉄HD 878
2 阪急阪神HD 864
3 西武HD 802
4 東急 762
5 関西高速鉄道 755
6 京阪HD 740
7 近鉄グループHD 721
8 小田急電鉄 720
8 東京メトロ 720
10 京成電鉄 714

鉄道業界もホワイト企業が多いです。

鉄道業界の企業に就職したいと思っている就活生は、以下の記事で鉄道業界の志望動機について解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 久保

 

業界⑤:高速道路業界(代表企業例:首都高速道路)

次に、5つ目の業界は、高速道路業界です。

高速道路業界の企業の年収ランキングは以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 久保

順位 企業名 平均年収(万円)
1 首都高速道路 864
2 阪神高速道路 822
3 東日本高速道路 793
4 中日本高速道路 778
5 西日本高速道路 773
6 東京湾横断道路 616

 

業界⑥:航空業界(代表企業例:日本航空)

次に、6つ目の業界は、航空業界です。

高速道路業界の企業の年収ランキングは以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 久保

順位 企業名 平均年収(万円)
1 日本航空(JAL) 678
2 ANA 563
3 AIRDO 559
4 ソラシドエア 514
5 スターフライヤー 500

 

業界⑦:物流業界(代表企業例:日本海運)

次に、7つ目は、物流業界です。

物流業界の企業の年収ランキングは以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 久保

順位 企業名 平均年収(万円)
1 日本郵船 955
2 ヤマトHD 915
3 阪急阪神HD 864
4 日立物流 795
5 日本郵政 788
6 近鉄エクスプレス 761
7 SGホールディングス 704
8 センコーグループHD 692
8 カンダHD 690
10 セイノーHD 687

また、物流業界の企業の就職難易度志望動機の書き方については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 久保

 

業界⑧:通信業界(代表企業例:NTT)

次に、8つ目は、通信業界です。

通信業界の企業の年収ランキングは以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 久保

順位 企業名 平均年収(万円)
1 アクセル 1034
2 KDDI 948
3 日本電信電話 931
4 NTTドコモ 870
5 ソフトバンク 821
6 インターネットイニシアティブ 719
7 沖縄セルラー電話 715
8 日本通信 707
8 京セラ 684
10 テンポイノベーション 645

 

たった10分で自分の強みと弱みがわかる!就活生の4人に1人が使っている自己分析法

「自分に合った業界や企業がわからない…」という方は適性診断AnalyzeU+を使って自己分析をするのが一番おすすめです。

適性診断AnalyzeU+を使うと、5分~10分で自分の強みや弱みが正確にわかるので、自分の長所を活かせる業界や企業を簡単に見つけられます。

「業界/企業選びや仕事選びで後悔したくない!」という方は、ぜひ適性診断AnalyzeU+を利用してみてくださいね。

診断結果は次のようにかなり詳しく分析されます。

就活アドバイザー 京香

自分の強みや弱みが詳しく分析されるので、自己分析や自己PRにも十分使えます。

例えば、ESや面接で「あなたの長所は?短所は?」なんて聞かれた時も簡単に答えられるようになります。

就活生の4人に1人が利用しているので「強みを活かせる業界や企業を見つけたい!」「自分に合う仕事に就きたい!」という方は、せひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 適性診断AnalyzeU+を使ってみる

 

当サイトがおすすめする自己分析のやり方は以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

【種類別】インフラ系企業の業界別の仕事内容

就活生くん

企業ごとの年収はわかりました!

ですが、どんな仕事をしているんでしょうか?

やはり、仕事内容は気になりますよね!

インフラ系企業の業界別の仕事内容を紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 久保

 

仕事内容①:エネルギーインフラ業界

仕事内容を紹介する業界の1つ目は、エネルギーインフラ業界です。

エネルギーインフラ業界の仕事(職種)は、営業職、技術開発職、各種管理職の3部門が多いです。

各職種の具体的な仕事内容については以下にまとめました。

エネルギーインフラ業界の仕事内容(職種)

◆ 営業職の仕事内容

➢ エネルギーに関わる様々な商品の提案・営業

➢ 契約手続きや問い合わせ対応など

◆ 技術開発職の仕事内容

➢ 天然ガスや石油を開発しながら原料を調達

➢ 太陽光発電や地熱発電などの次世代エネルギーの開発

◆ 管理職の仕事内容

➢ 各種事業の管理

 

仕事内容②:交通インフラ業界

仕事内容を紹介する業界の2つ目は、交通インフラ業界です。

交通インフラ業界の仕事は、総合職技術職その他の職種の3部門が多いです。

各職種の具体的な仕事内容については以下にまとめました。

交通インフラ業界の仕事内容(職種)

◆総合職の仕事内容

➢将来経営にかかわる

➢様々な職場を巡る

◆技術職の仕事内容

➢専門知識を駆使した活動

➢運営、開発、管理、企画

◆その他職の仕事内容

➢駅構内で働く

➢運転手や車掌

➢地方限定のエリア職

 

仕事内容③:空間インフラ業界

仕事内容を紹介する業界の3つ目は、空間インフラ業界です。

空間インフラ業界の仕事は、施設管理職、整備職の2部門が多いです。

各職種の具体的な仕事内容については以下にまとめました。

空間インフラ業界の仕事内容(職種)

◆施設管理職

➢施設管理

◆整備職

➢施設の整備

➢施設の点検

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

インフラ業界・企業に就職するメリット3つ

就活生ちゃん

インフラ業界に就職すると、将来が安定するって言いますよね。

インフラ業界に就職するメリットってどんなことがあるんでしょうか?

インフラ業界に就職するとどんなメリットがあるのか気になりますよね!

なので、インフラ業界に就職するメリットを紹介していきます!

インフラ業界に就職するメリットは以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 久保

インフラ業界に就職するメリット3つ
  • メリット①:業界が安定している
  • メリット②:福利厚生が充実している企業が多い
  • メリット③:年収が高い企業が多い

 

メリット①:業界が安定している

インフラ業界に就職するメリットの1つ目は、業界が安定していることです。

今の社会では、定年退職まで安定して働き続けられる企業が少なくなってきているからです。

ですが、インフラ業界は日本の基盤となっていて、景気に左右されることが少ないです。

また、政府との取引もあることから、仕事がなくなるといったことがありません

業界自体が安定していることは、今の時代に働くうえで大きなメリットになります。

 

メリット②:福利厚生が充実している企業が多い

インフラ業界に就職するメリットの2つ目は、福利厚生が充実している企業が多いことです。

それは、インフラ業界は、経営体制が安定している企業が多いためです。

住宅手当や扶養手当が充実していたり、有給が取得しやすいなど福利厚生や待遇面が充実しています。

また、インフラ業界の企業は、従業員を大切にする傾向があるので、ホワイト企業の代表としてよくあげられています。

福利厚生が充実していることは、他の業界にはないメリットになります。

 

メリット③:年収が高い企業が多い

インフラ業界に就職するメリットの3つ目は、年収が高い企業が多いことです。

先ほど、業界毎の平均年収をランキング形式で紹介しましたが、関西電力(836万円)、日本郵船(955万)など平均年収が高い企業が多くあることがわかります。

また、インフラ企業は、元国営の企業が多く、年功序列制や終身雇用制が残っています

働く年数によって昇給していくので、将来のライフプランが立てやすいのです。

平均年収が高く、将来のライフプランが立てやすいことは、インフラ業界の企業に就職するメリットになります。

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

インフラ業界・企業に就職するデメリット3つ

就活生くん

インフラ業界・企業に就職するメリットは、よくわかりました!

ですが、デメリットはないのでしょうか・・・?

もちろん、インフラ業界・企業に就職するデメリットもあります。

なので、インフラ業界・企業に就職するデメリットを紹介していきます!

インフラ業界に就職するデメリットは以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 久保

インフラ業界に就職するデメリット3つ
  • デメリット①:在宅勤務になかなか対応にしにくい
  • デメリット②:繁忙期は激務になることがある
  • デメリット③:昔からの古い体質が残っている企業が多い

 

デメリット①:在宅勤務になかなか対応にしにくい

インフラ業界・企業に就職するデメリットの1つ目は、在宅勤務になかなか対応しにくいことです。

コロナ禍の影響で、ほとんどの企業は在宅勤務に変わっていきました。

ですが、インフラ業界・企業は突発的な事故や不良への対応を求められる場面が多くあります。

また、重要書類にハンコをもらう文化も残っているため、在宅で勤務することが難しいのです。

働き方が変わり始めているこの時代の中で、在宅勤務になかなか対応しにくいことは、デメリットであると言えます。

 

デメリット②:繁忙期は激務になることがある

インフラ業界・企業に就職するデメリットの2つ目は、繫忙期は激務になることがあることです。

基本的にインフラ業界・企業は、ホワイト企業と呼ばれることが多いです。

ですが、繫忙期は激務になることがあります。

繫忙期は、有給を取得することが難しく、定時で帰ることも少なくなるのです。

基本的にホワイト企業といわれるインフラ業界・企業ですが、繁忙期は激務になることがデメリットと言えます。

 

デメリット③:昔からの古い体質が残っている企業が多い

インフラ業界・企業に就職するデメリットの3つ目は、昔からの古い体質が残っている企業が多いことです。

古い体質の会社は、組織の役割や仕事の方法が古い状態のままのことが多いです。

また、男女差別や古い価値観があったり、デジタル化しておらず非効率的である場合が多くあります。

そして、固定観念や一般常識に固執する傾向もあるのです。

最近は、価値観や観念が変わってきているので、昔からの古い体質が残っていることは、デメリットと言えます。

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

インフラ業界・企業に向いている人の特徴

就活生ちゃん

インフラ業界・企業に向いている人の特徴はあるんでしょうか?

もしあれば、教えてほしいです!

わかりました!

それではインフラ業界・企業に向いている人の特徴について紹介していきます!

インフラ業界に向いている人の特徴は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 久保

インフラ業界に向いている人の特徴3つ
  • 特徴①:目に見える社会貢献がしたい人
  • 特徴②:ワークライフバランスを重視している人
  • 特徴③:忍耐と精神力が強い人

 

特徴①:目に見える社会貢献がしたい人

インフラ業界・企業に向いている人の特徴の1つ目は、目に見える社会貢献がしたい人です!

インフラ業界の仕事は、日本の基盤となるため、社会への貢献度を実感することが多いです。

インフラ業界が機能していなければ、日本の生活が終わってしまうことになります。

そのような業界の仕事に携われることで、目に見える社会貢献を多くすることができるのです。

なので、目に見える社会貢献をしたい人は、インフラ業界・企業の仕事に向いている人の特徴です。

 

特徴②:ワークライフバランスを重視している人

インフラ業界・企業に向いている人の特徴の2つ目は、ワークライフバランスを重視している人です。

インフラ業界の企業は、業界や企業の経営状態が安定しているので、定時で帰れるなどプライベートの時間をとりやすい企業が多いです。

そして、インフラ業界の企業は有給取得率が高く、好待遇です。

ワークライフバランスを重視している人は、インフラ業界・企業は向いている人の特徴です。

 

特徴③:忍耐と精神力が強い人

インフラ業界・企業に向いている人の特徴の3つ目は、忍耐と精神力が強い人です。

インフラ業界は、生活を支える基盤となるので、安定した仕事を求められます。

そして、繫忙期には残業を強いられることもあります。

また、インフラ業界は、古い体質の企業が多いことから、人間関係によるストレスを抱えることもあります。

このような状況に耐えられる、忍耐と精神力が強い人は、インフラ業界・企業に向いている人の特徴です

 

業界研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

業界研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に業界選びができるのでしょうか。

業界選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った業界が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った業界を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる業界を見つけてみましょう。

 

また、業界選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

まとめ:ランキングを参考にしてインフラ系企業を見つけよう

本記事「【仕事内容も解説!】インフラ業界/企業の年収ランキング一覧|デメリット,向いている人の特徴も」はいかがだったでしょうか?

今回は、インフラ業界・企業について徹底解説していきました。

合わせて、インフラ系企業の年収ランキング8インフラ業界・企業に就職するメリット・デメリットインフラ業界・企業に向いてる人の特徴も紹介しました。

最後に、今回の内容を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆そもそもインフラ業界・企業とは?

  • インフラ業界とは、社会の基盤となる事業の業界
  • インフラ企業の種類一覧

◆ 【業界別】インフラ系企業の年収ランキング一覧

  • 業界①:電力業界(代表企業例:東京電力)
  • 業界②:ガス業界(代表1企業例:大阪ガス)
  • 業界③:エネルギー業界(代表企業例:コスモエネルギーホールディングス)
  • 業界④:鉄道・交通業界(代表企業例:JR東日本)
  • 業界⑤:高速道路業界(代表企業例:首都高速道路)
  • 業界⑥:航空業界(代表企業例:日本航空)
  • 業界⑦:物流業界(代表企業例:日本海運)
  • 業界⑧:通信業界(代表企業例:NTT)

◆【種類別】インフラ系企業の業界別の仕事内容

  • 仕事内容①:エネルギーインフラ業界
  • 仕事内容②:交通インフラ業界
  • 仕事内容③:空間インフラ業界
  • 仕事内容④:生活インフラ業界

◆ インフラ業界・企業に就職するメリット

  • メリット①:業界が安定している
  • メリット②:福利厚生が充実している企業が多い
  • メリット③:年収が高い企業が多い

◆インフラ業界・企業に就職するデメリット

  • デメリット①:在宅勤務になかなか対応にしにくい
  • デメリット②:繁忙期は激務になることがある
  • デメリット③:昔からの古い体質が残っている企業が多い

◆ インフラ業界・企業に向いている人の特徴

  • 特徴①:目に見える社会貢献がしたい人
  • 特徴②:ワークライフバランスを重視している人
  • 特徴③:忍耐と精神力が強い人