【業界別】市場規模ランキングTOP50 | 平均年収,代表的な企業も解説!

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • 市場規模とはある市場における売り上げの総額
  • 業界別の市場規模ランキング一覧
  • 市場規模ランキング1位の業界は卸売業
  • 市場規模ランキング最下位は葬儀業界
  • 市場規模が拡大している分野はAI、eスポーツ、仮想通貨の3つ
  •   「自分に合う業界や企業がわからない…」という方は「適性診断AnalyzeU+」で診断するのがおすすめ

皆さんこんにちは。「就活の教科書」編集部のかいちです。

この記事では、「市場規模ランキング」について解説します。

就活生の皆さんは、「市場規模が大きい業界はどこなの?」「自分が志望している業界の市場規模はどうなの?」などと思っているのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 かいち

就活生くん

僕は市場規模の大きな業界に就職したいです。

けど、どの業界の市場規模が大きいかわからないです・・・

就活生ちゃん

私は、自分の志望する業界の市場規模を知りたいです。

けど、自分の志望する業界の市場規模が他と比べていいのか分かりません。

市場規模をランキング形式で教えてください。

そうですよね。

どの業界の市場規模が大きいのかわからないですよね。

僕も初めはそう思ってました。

「就活の教科書」編集部 かいち

そこでこの記事では、「市場規模ランキング」について解説します。

合わせて、市場規模とは何か、市場規模ランキング一覧、業界別の市場規模ランキング一覧、市場規模が急速に拡大している分野、についても解説します。

この記事を読めば、「市場規模のランキングがわからない」「自分の志望する業界の市場規模が大きいか不安」といった悩みが解決されます。

「市場規模が大きい業界はどこなの?」「自分が志望している業界の市場規模はどうなの?」などと思っている就活生はぜひ読んでみてください。

どの業界を選べば良いのかわからない…自分に合う業界や企業を見つけたい!」という方は適性診断AnalyzeU+適職診断(就活の教科書公式LINE)同時に利用して自己分析するのが一番おすすめです。

両方使うと短時間で自分の強みや弱み、向いていることなどがより正確にわかるので、業界選びでの失敗を避けられます。

「なかなか志望業界が見つからない…」という方は、自己分析ツールを使って正確に診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>>「適性診断AnalyzeU+」で自己分析をしてみる

>> 「適職診断」を受けてみる(就活の教科書公式LINE)

 

 

そもそも市場規模とは?

就活生ちゃん

私は友達から市場規模が大きい企業に就職すべきだと聞きました。

ですが、そもそも市場規模が何かわかりません・・・

市場規模って何ですか?

そうですよね、そもそも市場規模がわからない人もいると思います。

なので、ここではそもそも市場規模とは何かについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 かいち

結論からいうと市場規模とはある市場における売り上げの総額です。

具体的には市場規模は以下の要素で決められています

市場規模の決め方

市場規模=顧客単価×顧客数×頻度

飲食店を例にするととても分かりやすいです。

顧客数が実際にお店にやってくるお客さんの数、顧客単価がお客さん1人当たりが1度に支払う平均額、頻度は一定の時期にお客さんの来る回数を表したものです。

仮に、顧客数が3000万人として1回あたり1000円で月に1回飲食店に行くとします。

となると、 3000万×1000円×12=3600億 でその飲食店の市場規模は3600億円となります。

就活生ちゃん

なるほど!

市場規模とはある市場における売り上げの総額で、顧客単価×顧客数×頻度が市場規模なんですね。

そうですね、市場規模の計算は他にもありますがこのやり方が1番手っ取り早く分かりやすいです!

市場規模が何かわかったところで次は業界別の市場規模ランキング一覧について解説します。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

【業界別】市場規模ランキング一覧

就活生ちゃん

市場規模とは何か理解しました。

ですが、業界別の市場規模のランキングが気になります。

業界別の市場規模をランキング形式にして解説してください。

なるほど、分かりました。

ここでは業界別の市場規模ランキング一覧について1~50位を5つのブロックに分けて解説していきます。

また、番外編として市場規模ランキングのワースト10も解説したのでぜひご覧ください!

「就活の教科書」編集部 かいち

 

市場規模ランキング1~10位の業界

市場規模ランキング1~10位の業界は以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 かいち

ランキング 業界
1 卸売 1,074,409
2 電気機器 788,670
3 金融 658,885
4 自動車 657,148
5 小売 623,573
6 総合商社 539,456
7 専門商社 471,462
8 自動車部品 345,551
9 生命保険 339,127
10 化学 312,061

市場規模ランキング1位は卸売業でした!

近年では特に、機械や半導体などが市場規模を大きくしている原因になっています。

続いては市場規模ランキング11~20位です。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

市場規模ランキング11~20位の業界

市場規模ランキング11~20位の業界は以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 かいち

ランキング 業界 市場規模(億円)
11 機械 311,915
12 通信 304,729
13 銀行 279,586
14 サービス 279,021
15 電力 214,141
16 食品 205,977
17 石油 198,052
18 スーパー 178,425
19 建設 169,788
20 IT 164,557

日本ではまさかのIT企業の市場規模が20位でした。

この結果から、IT企業は市場規模の増加率が注目されており、IT企業の市場規模が大きいのではないことがわかりますね。

続いては市場規模ランキング21~30位です。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

市場規模ランキング21~30位の業界

市場規模ランキング21~30位の業界は以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 かいち

ランキング 業界 市場規模(億円)
21 鉄鋼 163,221
22 鉄道 156,886
23 不動産 154,708
24 非鉄金属 130,957
25 運送 128,264
26 携帯電話 125,449
27 製薬 124,633
28 電子部品 124,175
29 食品卸 113,408
30 損害保険 106,307

食品卸業界は、新型コロナウイルスの影響で飲食店の需要が落ち込み、家庭向けのスーパーやディスカウントストアの売り上げが伸びたため全体として市場規模は安定していました。

続いては市場規模ランキング31~40位です。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

市場規模ランキング31~40位の業界

市場規模ランキング31~40位の業界は以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 かいち

ランキング 業界 市場規模(億円)
31 医薬品卸 105,287
32 住宅設備 100,529
33 造船重機 93,189
34 リース 92,913
35 建設機械 89,287
36 金属製品 80,073
37 家電 78,316
38 広告 73,057
39 ドラッグストア 68,674
40 ゴム・タイヤ 65,506

広告業界は近年スマートフォンやインターネットの普及によってテレビ広告費用は減少し、インターネット広告費用は増加していました。

続いては市場規模ランキング41~50位です。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

市場規模ランキング41~50位の業界

市場規模ランキング41~50位の業界は以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 かいち

ランキング 業界 市場規模(億円)
41 地方銀行 64,819
42 半導体 63,405
43 OA機器 61,772
44 アパレル 60,379
45 家電量販店 60,235
46 飲食 56,315
47 玩具 55,433
48 インターネット 55,366
49 精密機器 54,134
50 ゲーム 53,252

ゲーム業界は50位と他の業界に比べ低いですが、新型コロナウイルスの影響で自宅でゲームをする人が増えて全体として上昇傾向にあります。

また5Gの開始、eスポーツの登場によって今後ゲーム業界の需要は高まりそうです。

続いては市場規模ランキングワースト10の業界です。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

【番外編】市場規模ランキングワースト10の業界

市場規模ランキングワースト10の業界は以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 かいち

ランキング 業界 市場規模(億円)
161 種苗 1,741
162 メガネ 1,528
163 うどん 1,461
164 保育 1,407
165 ゴルフ場 1,402
166 コンタクトレンズ 1,337
167 商品先物 1,310
168 カラオケ 1,204
169 殺虫剤 974
170 葬儀 582

業界別の市場規模ランキングワースト1位は葬儀でした。

新型コロナウイルスの影響でオンライン葬儀が登場し、リモートで葬儀の様子を見てもらうというサービスの需要が高まり、全体として葬儀の市場規模は低いです。

次は市場規模ランキングTOP15の業界について1つずつ順に解説しますね。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

たった10分で自分の強みと弱みがわかる!就活生の4人に1人が使っている自己分析法

「自分に合った業界や企業がわからない…」という方は適性診断AnalyzeU+を使って自己分析をするのが一番おすすめです。

適性診断AnalyzeU+を使うと、5分~10分で自分の強みや弱みが正確にわかるので、自分の長所を活かせる業界や企業を簡単に見つけられます。

「業界/企業選びや仕事選びで後悔したくない!」という方は、ぜひ適性診断AnalyzeU+を利用してみてくださいね。

診断結果は次のようにかなり詳しく分析されます。

就活アドバイザー 京香

自分の強みや弱みが詳しく分析されるので、自己分析や自己PRにも十分使えます。

例えば、ESや面接で「あなたの長所は?短所は?」なんて聞かれた時も簡単に答えられるようになります。

就活生の4人に1人が利用しているので「強みを活かせる業界や企業を見つけたい!」「自分に合う仕事に就きたい!」という方は、せひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 適性診断AnalyzeU+を使ってみる

 

当サイトがおすすめする自己分析のやり方は以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

【詳しく解説!】市場規模ランキングTOP15の業界

就活生くん

業界別の市場規模ランキング一覧について理解できました。

ですが、もう少し詳しく市場規模ランキングTOP15の業界について知りたいです。

市場規模ランキングTOP15の業界について教えてください。

わかりました、ここでは市場規模ランキングTOP15の業界について1つずつ詳しく解説していきます。

具体的には市場規模、利益率、成長率、平均年収の4つに分けて解説します。

市場規模ランキングTOP15は以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 かいち

市場規模ランキングTOP15の業界
  • 市場規模ランキング1位:卸売業界
  • 市場規模ランキング2位:電気機器業界
  • 市場規模ランキング3位:金融業界
  • 市場規模ランキング4位:自動車業界
  • 市場規模ランキング5位:小売業界
  • 市場規模ランキング6位:総合商社
  • 市場規模ランキング7位:専門商社
  • 市場規模ランキング8位:自動車部品業界
  • 市場規模ランキング9位:生命保険業界
  • 市場規模ランキング10位:化学業界
  • 市場規模ランキング11位:機械業界
  • 市場規模ランキング12位:通信業界
  • 市場規模ランキング13位:銀行業界
  • 市場規模ランキング14位:サービス業界
  • 市場規模ランキング15位:電力業界

unistyle(ユニスタイル)を活用すると、さまざまな業界の内定者のエントリーシートが60,578枚見れます。

自分でも、内定が貰える回答やエントリーシートを簡単に作れるので、試してみて下さいね。

それでは1つずつ順に市場規模ランキングTOP15の業界について詳しく解説します。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

市場規模1位:卸売業界

市場規模ランキング1位は卸売業界でした、卸売業界の詳細は以下の通りです。

卸売業界の市場規模
  • 市場規模:107.4兆円(1位/170業界)
  • 利益率:+0.4%(147位/170業界)
  • 成長率:+9.7%(18位/170業界)
  • 平均年収:623万円(1位/170業界)
  • 代表的な企業:三菱商事、伊藤忠商事、三井物産

卸売業界でも特に売上高が大きい企業は三菱商事、伊藤忠商事、三井物産の3つでした!

それでは次に電気機器業界について解説しますね。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

市場規模2位:電気機器業界

市場規模ランキング2位は電気機器業界でした、電気機器業界の詳細は以下の通りです。

電気機器業界の市場規模
  • 市場規模:78.8兆円(2位/170業界)
  • 利益率:+2.0%(117位/170業界)
  • 成長率:+1.5%(123位/170業界)
  • 平均年収:656万円(56位/170業界)
  • 代表的な企業:日立製作所、ソニー、パナソニック

電気機器業界でも特に売上高が大きい企業は日立製作所、ソニー、パナソニックの3つでした!

それでは次に金融業界について解説しますね。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

市場規模3位:金融業界

市場規模ランキング3位は金融業界でした、金融業界の詳細は以下の通りです。

金融業界の市場規模
  • 市場規模:65.8兆円(3位/170業界)
  • 利益率:+7.6%(17位/170業界)
  • 成長率:+2.2%(113位/170業界)
  • 平均年収:713万円(36位/170業界)
  • 代表的な企業:三菱UFJ、三井住友、第一生命

金融業界でも特に売上高が大きい企業は三菱UFJ、三井住友、第一生命の3つでした!

それでは次に自動車業界について解説しますね。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

市場規模4位:自動車業界

市場規模ランキング4位は自動車業界でした、自動車業界の詳細は以下の通りです。

自動車業界の市場規模
  • 市場規模:65.7兆円(4位/170業界)
  • 利益率:+1.8%(118位/170業界)
  • 成長率:+0.9%(131位/170業界)
  • 平均年収:739万円(29位/170業界)
  • 代表的な企業:トヨタ、ホンダ、日産自動車

自動車業界でも特に売上高が大きい企業はトヨタ、ホンダ、日産自動車の3つでした!

それでは次に小売業界について解説しますね。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

市場規模5位:小売業界

市場規模ランキング5位は小売業界でした、小売業界の詳細は以下の通りです。

小売業界の市場規模
  • 市場規模:62.3兆円(5位/170業界)
  • 利益率:+0.4%(146位/170業界)
  • 成長率:+3.7%(84位/170業界)
  • 平均年収:505万円(149位/170業界)
  • 代表的な企業:イオン、セブン&アイ、ファーストリテイリング

小売業界でも特に売上高が大きい企業はイオン、セブン&アイ、ファーストリテイリングの3つでした!

それでは次に総合商社について解説しますね。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

市場規模6位:総合商社

市場規模ランキング6位は総合商社でした、総合商社の詳細は以下の通りです。

総合商社の市場規模
  • 市場規模:53.9兆円(6位/170業界)
  • 利益率:+2.8%(96位/170業界)
  • 成長率:+17.5%(2位/170業界)
  • 平均年収:1330万円(1位/170業界)
  • 代表的な企業:三菱商事、伊藤忠商事、三井物産

総合商社でも特に売上高が大きい企業は三菱商事、伊藤忠商事、三井物産の3つでした!

それでは次に専門商社について解説しますね。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

市場規模7位:専門商社

市場規模ランキング7位は専門商社でした、専門商社の詳細は以下の通りです。

専門商社の市場規模
  • 市場規模:47.1兆円(7位/170業界)
  • 利益率:+1.1%(131位/170業界)
  • 成長率:+3.8%(79位/170業界)
  • 平均年収:620万円(90位/170業界)
  • 代表的な企業:メディバル、アルフレッサ、三菱食品

専門商社でも特に売上高が大きい企業はメディバル、アルフレッサ、三菱食品の3つでした!

それでは次に自動車部品業界について解説しますね。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

市場規模8位:自動車部品業界

市場規模ランキング8位は自動車部品業界でした、自動車部品業界の詳細は以下の通りです。

自動車部品業界の市場規模
  • 市場規模:34.5兆円(8位/170業界)
  • 利益率:+1.3%(128位/170業界)
  • 成長率:+2.3%(110位/170業界)
  • 平均年収:615万円(94位/170業界)
  • 代表的な企業:デンソー、アイシン精機、パナソニック

自動車部品業界でも特に売上高が大きい企業はデンソー、アイシン精機、パナソニックの3つでした!

それでは次に生命保険業界について解説しますね。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

市場規模9位:生命保険業界

市場規模ランキング9位は生命保険業界でした、生命保険業界の詳細は以下の通りです。

生命保険業界の市場規模
  • 市場規模:33.9兆円(9位/170業界)
  • 利益率:-1.4%(158位/170業界)
  • 成長率:-1.4%(154位/170業界)
  • 平均年収:843万円(11位/170業界)
  • 代表的な企業:第一生命、日本生命、かんぽ生命保険

生命保険業界でも特に売上高が大きい企業は第一生命、日本生命、かんぽ生命保険の3つでした!

それでは次に化学業界について解説しますね。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

市場規模10位:化学業界

市場規模ランキング10位は化学業界でした、化学業界の詳細は以下の通りです。

化学業界の市場規模
  • 市場規模:31.2兆円(10位/170業界)
  • 利益率:+4.2%(46位/170業界)
  • 成長率:+3.8%(80位/170業界)
  • 平均年収:650万円(62位/170業界)
  • 代表的な企業:三菱ケミカル、住友化学、信越化学工業

化学業界でも特に売上高が大きい企業は三菱ケミカル、住友化学、信越化学工業の3つでした!

それでは次に機械業界について解説しますね。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

市場規模11位:機械業界

市場規模ランキング11位は機械業界でした、機械業界の詳細は以下の通りです。

機械業界の市場規模
  • 市場規模:31.1兆円(11位/170業界)
  • 利益率:+3.5%(69位/170業界)
  • 成長率:+3.8%(81位/170業界)
  • 平均年収:+631万円(79位/170業界)
  • 代表的な企業:三菱重工業、ダイキン工業、コマツ

機械業界でも特に売上高が大きい企業は三菱重工業、ダイキン工業、コマツの3つでした!

それでは次に通信業界について解説しますね。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

市場規模12位:通信業界

市場規模ランキング12位は通信業界でした、通信業界の詳細は以下の通りです。

通信業界の市場規模
  • 市場規模:30.4兆円(12位/170業界)
  • 利益率:+5.2%(30位/170業界)
  • 成長率:-1.7%(157位/170業界)
  • 平均年収:963万円(6位/170業界)
  • 代表的な企業:NTT、ソフトバンクグループ、KDDI

通信業界でも特に売上高が大きい企業はNTT、ソフトバンクグループ、KDDIの3つでした!

それでは次に銀行業界について解説しますね。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

市場規模13位:銀行業界

市場規模ランキング13位は銀行業界でした、銀行業界の詳細は以下の通りです。

銀行業界の市場規模
  • 市場規模:27.9兆円(13位/170業界)
  • 利益率:+8.9%(10位/170業界)
  • 成長率:+3.4%(90位/170業界)
  • 平均年収:674万円(53位/170業界)
  • 代表的な企業:三菱UFJ、三井住友、みずほ

銀行業界でも特に売上高が大きい企業は三菱UFJ、三井住友、みずほの3つでした!

それでは次にサービス業界について解説しますね。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

市場規模14位:サービス業界

市場規模ランキング14位はサービス業界でした、サービス業界の詳細は以下の通りです。

サービス業界の市場規模
  • 市場規模:27.9兆円(14位/170業界)
  • 利益率:+1.7%(121位/170業界)
  • 成長率:+6.2%(45位/170業界)
  • 平均年収:559万円(127位/170業界)
  • 代表的な企業:電通グループ、リクルート、博報堂DY

サービス業界でも特に売上高が大きい企業は電通グループ、リクルート、博報堂DYの3つでした!

それでは次に電力業界について解説しますね。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

市場規模15位:電力業界

市場規模ランキング15位は電力業界でした、電力業界の詳細は以下の通りです。

電力業界の市場規模
  • 市場規模:21.4兆円(15位/170業界)
  • 利益率:+3.4%(73位/170業界)
  • 成長率:+4.4%(66位/170業界)
  • 平均年収:773万円(22位/170業界)
  • 代表的な企業:東京電力、関西電力、中部電力

電力業界でも特に売上高が大きい企業は東京電力、関西電力、中部電力の3つでした!

それでは次に市場規模が急速に拡大している分野3選について解説しますね。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

市場規模が急速に拡大している分野3選

就活生ちゃん

テレビやニュースでAIの市場規模がどんどん大きくなっていると聞きました。

他にも市場規模が拡大している分野について知りたいです。

市場規模が急速に拡大している分野を教えてください。

たしかにテレビやニュースで今後AIの市場規模が大きくなるといったことを聞きますよね。

わかりました、ここでは市場規模が急速に拡大している分野3選について解説します。

具体的には以下の3つの市場規模が拡大しています。

「就活の教科書」編集部 かいち

市場規模が急速に拡大している分野3選
  • 分野①:AI
  • 分野②:eスポーツ
  • 分野③:仮想通貨

それでは市場規模が急速に拡大している分野を1つずつ順に解説していきます。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

分野①:AI

市場規模が急速に拡大している分野1つ目はAIです。

AIの市場規模が拡大している理由は、アナログだったものが今後デジタル化していくからです。

AI市場は主に翻訳、検索、言語解析、音声合成、音声認識、画像認識の6つがあり、今後全ての市場が伸びると予想されています。

以下のデータからAIの市場規模の今後拡大傾向にあることがわかります。

市場規模 ランキング

2023年にはAIの市場規模が約640億円まで拡大すると予測されていますね。

続いてはeスポーツについて解説します。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

分野②:eスポーツ

市場規模が急速に拡大している分野2つ目はeスポーツです。

eスポーツとは「Electronic Sports」の略でゲームを使って対戦する競技のことです。

eスポーツの市場規模が伸びている理由は、性別年齢問わず誰もが活躍できることと、競技場所が問われない2点が挙げられます。

以下のデータからeスポーツの市場規模が拡大傾向にあることがわかります。

市場規模 ランキング

日本でのeスポーツの市場規模は毎年拡大していますが、法律が原因になって海外のような高額な賞金を出せないので、まだまだ改善の余地がありそうですね。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

分野③:仮想通貨

市場規模が急速に拡大している分野3つ目は仮想通貨です。

仮想通貨の市場規模が急速に拡大している理由は、仮想通貨の特徴にあります。

仮想通貨は日本円などの法定通貨とは違って、巨大な管理者が存在せず高い手数料を取られないのが特徴です。

ですので近年、仮想通貨の市場規模は伸びています。

有名な投資家や企業が次々と仮想通貨に注目していますね。

さらに、仮想通貨でものが買える店が増えているのも市場規模が拡大する原因です。

「就活の教科書」編集部 かいち

 

業界研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

業界研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に業界選びができるのでしょうか。

業界選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った業界が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った業界を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる業界を見つけてみましょう。

 

また、業界選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:市場規模ランキングが上位の業界に就職しよう

この「【業界別】市場規模ランキングTOP50 | 平均年収,代表的な企業も解説! 」の記事はいかがだったでしょうか?

この記事では「市場規模ランキング」について解説しました。

また、市場規模とは何か、市場規模ランキング一覧、業界別の市場規模ランキング一覧、市場規模が急速に拡大している分野、についても解説しました。

最後に今回の内容を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆そもそも市場規模とは?

◆【業界別】市場規模ランキング一覧

  • 市場規模ランキング1~10位の企業
  • 市場規模ランキング11~20位の企業
  • 市場規模ランキング21~30位の企業
  • 市場規模ランキング31~40位の企業
  • 市場規模ランキング41~50位の企業
  • 【番外編】市場規模ランキングワースト10の企業

◆【詳しく解説!】市場規模ランキングTOP15の業界

  • 市場規模1位:卸売業界
  • 市場規模2位:電気機器業界
  • 市場規模3位:金融業界
  • 市場規模4位:自動車業界
  • 市場規模5位:小売業界
  • 市場規模6位:総合商社
  • 市場規模7位:専門商社
  • 市場規模8位:自動車部品業界
  • 市場規模9位:生命保険業界
  • 市場規模10位:化学業界
  • 市場規模11位:機械業界
  • 市場規模12位:通信業界
  • 市場規模13位:銀行業界
  • 市場規模14位:サービス業界
  • 市場規模15位:電力業界

◆市場規模が急速に拡大している分野3選

  • 分野①:AI
  • 分野②:eスポーツ
  • 分野③:仮想通貨