>> あなたにあった就活エージェントを診断! <<

【内定者が教える】就活をしないで卒業するとどうなるの?理由,卒業後の進路も

こんにちは!「就活の教科書」編集部のノスケです。
今回は「就活をしないで卒業をする」生き方について解説していきます。
さっそくですが、こんな悩みはありませんか?

「就活の教科書」編集部 ノスケ

就活生くん

本当は就活なんてしたくないけど、しておかないと将来が不安…
就活しないで生きていく方法は無いのかなぁ。

就活生ちゃん

就活なんて在学中にしなくても一旦卒業してからでも良いんじゃないかな。
多くの人が在学中に就活をするのには何か理由がありそうだけど…
就活をせずに生きていく生き方も、もちろんあります。
ただ多くの人が在学中に就活をすることにはそれなりの理由があります。
在学中に就活をしないと、どうなるかをまずは知りましょう。

「就活の教科書」編集部 ノスケ

そこで、この記事では、「就活の教科書」編集部のノスケが、「就活をしないで卒業するとどうなるか」について説明していきます。

さらに、「就活をしないで卒業した時の進路」「大学在学中に就活をしない理由」を解説していきます。

「就活をしないで卒業しようと考えている」そんなあなたは、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

就活をしないで卒業する選択肢はありなのか

就活生くん

就活をしないで卒業する選択肢についてどう思いますか?
“よほどやりたいことがある”とかではない限り、就活はしておいた方が良いです。

「就活の教科書」編集部 ノスケ

大卒で在学中に就活せず、卒業後に苦しむ人が圧倒的に多いのは事実です。

学生の内から起業を成功させたり、手に職をつけてそのままフリーランスで生きていく、と言うのであれば就活はしなくてもいいのかもしれません。

ただ、そんな人は学生の内でもほんのわずか数パーセントだと思います。

そのわずか数パーセントに入らない、ほとんどの大学生は就活しておくべきです。

在学中に就活しておかないと、後々大変になってくることが多いですよ!

「就活の教科書」編集部 ノスケ

 

就活をしないで卒業する理由5つ

就活生くん

「就活は在学中にしておくべきだ」と何となくわかりました。
ですが、就活をしないで卒業しようと考えている人の理由が気になります。
それでは、就活をしないで卒業する理由を1つずつ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ノスケ

就活をしないで卒業する理由
  • 働くことに良いイメージが無い
  • 就活モチベーションの低下
  • 既存の仕組みに対する不満
  • 自由に生きたい
  • 自分のやりたいことがわからない

理由①:働くことに良いイメージが無い

就活をしないで卒業する理由の1つ目は「働くことに良いイメージが無い」です。

今まで大学で自由に過ごしてきて、いきなり社会人として働くとなると多くの人が身構えてしまうかもしれません。

しかし、やりがいを持って仕事をしている人もたくさんいるのは事実です。

自分が本当にやりたいことを実現できる会社を探すために、就職活動はあります。

働くことに良いイメージが無い人は、ぜひ社会人にあって話を聞いてみると良いですよ!

「就活の教科書」編集部 ノスケ

 

理由②:就活をするモチベーションの低下

就活をしないで卒業する理由の2つ目は「就活をするモチベーションの低下」です。

そもそも、就職活動が上手くいかない就活生の方が大多数です。

そこで、決して焦ってはいけません。

せっかく意気込んで就活を初めても、面接やESで落ち続けるとも就活をするモチベーションも下がります。

上手く自分なりのリフレッシュ方法を見つけて、就活を乗り切って欲しいと思います。
僕は、好きなアーティストの音楽を聞いてリフレッシュしていました。

「就活の教科書」編集部 ノスケ

 

就活に対して全くやる気が出ない人はこの記事も参考になります。

 

理由③:就活の仕組みに対する不満

就活をしないで卒業する理由の3つ目は「既存の仕組みに対する不満」です。

こんなことを考える就活生は多いです。

就活生くん

就活はみんな同じようなリクルートスーツを着て、髪の毛を黒に染めたりしないといけないのか…

確かに大手企業の場合はその通りです。

しかし、ベンチャー企業や新しい考えを持った企業は、私服で面接を受けられる場合もあります。

そのため、面接での決まりが少ない企業を選んだら、無駄な労力を使うことなく面接に向かう事が出来ます。

実際に、僕も就活でスーツを着ないことにこだわっていて、スーツを1度も着ることなく就活を終えました。

「就活の教科書」編集部 ノスケ

 

理由④:自由に生きたい

就活をしないで卒業する理由の4つ目は「自由に生きたい」です。

大学時代に自由に生きてきて、「これから会社に縛られる生き方をする事に気が進まない」という気持ちもよくわかります。

ただ、社会人がみんな会社に縛られている訳ではないです。

働くということに対して、高い熱量を持っていれば会社に縛られているという感覚は持つことはないです。

 

理由⑤:自分のやりたいことがわからない

就活をしない理由の5つ目は「自分のやりたいことがわからない」です。

「自分のやりたいことって何だろう」そう考える学生は非常に多いはずです。

しかし、そこで立ち止まっていても時間は解決してくれません。

とにかく行動し続けてみましょう。

世の中にはどんな仕事、業種があるのかなどおそらく知らないことだらけだと思います。

自分で調べるなり、社会人にあってみるなり、社会を知る方法はいくらでもあります。

そこでわかった事と、今までの自分の人生を合わせて振り返り、自己分析してみると何か見つかるはずですよ。

就活だけでなく、よりよく生きるためにも自己分析は大切です。
自己分析のやり方はこの記事で詳しく解説しています。

「就活の教科書」編集部 ノスケ

 

就活をしないで卒業するメリット3つ

就活生くん

就活をしないで卒業する理由についてはわかりました。
ところで就活をしないで卒業するメリットは何なんですか?
今から、就活をしないで卒業するメリットをお伝えしていきます。

「就活の教科書」編集部 ノスケ

就活をしないで卒業するメリット
  • 自由に時間を使える
  • 大学生活を満喫できる
  • 無駄な人間関係に悩まなくて良い

メリット①:自由に時間を使える

就活をしないで卒業するメリットの1つ目は「自由に時間を使える」です。

社会人になって企業で働きだすと、就業時間に縛るため、時間を自由に使えなくなります。

企業によっては、土日であっても出社や連絡を取らなければならないといったケースも珍しくはありません。

しかし、フリーランスになれば、自分の働きたい時に好きな場所で働けます。

自分の貴重な時間を会社に管理されるのは正直嫌ですよね。
様々な働き方があることを知っておくと良いです。

「就活の教科書」編集部 ノスケ

 

メリット②:大学生活を満喫できる

就活をしないで卒業するメリットの2つ目は「大学生活を満喫できる」です。

3年生になった段階で就活を始める大学生もいます。

そうなると、大学4年間の内の半分近くを就活に費やすことになります。

しかし就活をしなければ、大学の勉強や研究、サークル活動など大学時代にしか出来ないことに多くの時間を使えます。

就活に使う時間を別のことに使ったら、何かスケールの大きいことにも挑戦することが出来ますね!

「就活の教科書」編集部 ノスケ

 

メリット③:無駄な人間関係に悩まなくて良い

就活をしないで卒業するメリットの3つ目は「無駄な人間関係に悩まなくて良い」です。

就職をして企業で働くと、会社の上司や同僚などと本当は行きたくない飲み会にも行く必要があります。

さらに会社では、ある程度固定された人間関係で長い期間、共に仕事していきます。

もし何か面倒なことになってしまったらかなりしんどくなります。

人間関係がしんどくなって仕事を辞めた人を実際に何人も知っています。
そうした人の一部は自分で稼ぐ力を身につけて、フリーランスとして、活動したりしています。

「就活の教科書」編集部 ノスケ

 

就活をしないで卒業するデメリット3つ

就活生くん

就活をしないで卒業するメリットはわかりました。
では就活をしないで卒業するデメリットは何ですか?
今から就活をしないで卒業するデメリットについて説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 ノスケ

就活をしないで卒業するデメリット
  • 収入が安定しない
  • 社会的信用が得られない
  • 既卒就活は大変である

 

デメリット①:収入が安定しない

就活をしないで卒業するデメリットの1つ目は「収入が安定しない」です。

就活をしないで大学を卒業してしまうと、学生生活後の収入が安定しないことが多いです。

フリーランスになったとしても、会社員のように給料が安定して入る人は一握りです。

「クライアントの都合で、原稿料の支払いが執筆から3ヶ月先だった……。」こう言った声もフリーランスの方から聞いた事があります。

就活しないで卒業することによって「自分の好きな働き方」「好きな事が出来る」と言うメリットは確かにあります。

しかしその反面、収入面において、大きなデメリットがある現実は知っておくべきです。

安定的に収入が入ってこないのは想像以上に厳しいですよ。

「就活の教科書」編集部 ノスケ

 

デメリット②:社会的信用が得られない

就活をしないで卒業するデメリットの2つ目は「社会的信用が得られない」です。

就活をしないで卒業した場合は、社会的信用が得られないと言うケースもよくあります。

金融機関からの借入が難しくなったり、ローンを組むのが難しくなることもあります。

自分で、実績を上げて社会的信用を作り出していけば問題ないのですが、かなり大変なので注意が必要です。

結婚して、家や車を買うという時にローンが組めないのは辛いですよね。
さらにそれが原因で婚約者の親に断られたりなんて事も…
それまでに信用を作り出すしかないです。

「就活の教科書」編集部 ノスケ

 

デメリット③:既卒就活は大変である

就活をしないで卒業するデメリットの3つ目は「既卒就活は大変である」です。

大学在学中に就活をせず、卒業後に就職しようと思っても案外、大変です。

余程の事情が無い限り、既卒ではなく、企業は新卒を取りたいです。

特にスキルが無いのであれば、若くて何にも染まっていない人材の方が会社としては欲しいからです。

新卒の方が採用されやすいので、進路に悩んでいる人はとりあえず会社に入ってしまった方が良いと僕は思います。
「就活はちゃんと進めたいけど、進め方がわからない」そんな人には就活エージェントがおすすめです。

「就活の教科書」編集部 ノスケ

「就活エージェントって何なの?」と思う方はこの記事を読んでみてください。

 

就活をしないで卒業した時の進路3つ

就活をしないで卒業しても様々な進路があります。

これから就活をしないで卒業した時の進路を一緒に見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 ノスケ

就活をしないで卒業した時の進路
  • フリーター
  • フリーランス
  • 大学院へ進学

進路①:フリーター

就活をしないで卒業した時の進路1つ目は「フリーター」です。

フリーターは正社員ではなくアルバイトとして、時給制で働き生計を立てている人のことです。

アルバイトなので責任も重くなく、働く時間や日数を自由に決められます。

何か嫌なことがあってもすぐにバイトを辞めることも出来ます。

しかし、フリーターは安定的な収入もなければ給与が上がることも少ないです。

さらに社会保険(年金・健康保険・失業保険)も無いので安心面でも、正社員には敵いません。

それならフリーターから正社員になろう!と考える人もいるかと思いますが、下の表を見てください。

huri-ta-kara_seisyainn

https://www.jil.go.jp/institute/reports/2012/documents/0148.pdf

この表から、「多くの人がフリーターから正社員を目指してはいるが正社員になるのは厳しい」ことがわかります。

こうした事実をきちんと理解した上で進路を決めて欲しいと思います。

「就活の教科書」編集部 ノスケ

 

進路②:起業・独立

就活をしないで卒業した時の進路2つ目は「起業・独立」です。

起業・独立をすれば、時間や場所に捉われない働き方が出来ます。

そのため、「自由に働きたい人」にとっては最高の選択肢だと思います。

しかし、自分が主体となって事業を回していくので、自分が利益を生み出せなければ収入がありません。

1度会社に入り、技術を身につけてからフリーランスとして独立する人も最近では増えています。

「安定的な収入」と「自由」のどちらをあなたは重視するかで進路を選ぶのも一つの方法です。

「就活の教科書」編集部 ノスケ

 

進路③:大学院へ進学

就活をしないで卒業した時の進路3つ目は「大学院へ進学」です。

理系の場合、大学院へ進学すると、高い専門性が身につき、就職の選択肢が増えます。

さらに就職まで2年の猶予期間も得られることになり、大学生活を長く続ける事が出来ます。

しかし、勉強のために社会に出るのが遅くなってしまいます。

ただ就活がしたくないという理由だけで大学院に進学するのは避けるべきです。

余程、追求したい勉強があるのでない限り、大学院にいくメリットはそこまでありません。

「就活の教科書」編集部 ノスケ

まとめ:就活をしないで卒業するのはリスクが大きい!

いかがだったでしょうか。

この記事では、「就活の教科書」編集部のノスケが、「就活をしないで卒業しようと考えている」在学生に向けて「就活しないで卒業する場合のメリット・デメリット」や「就活をしないで卒業した場合の進路」、「卒業後に就活をする場合」について紹介しました。

今回の記事をの内容をもう一度おさらいします。

就活をしないで卒業する理由は以下の5つでした。

「就活の教科書」編集部 ノスケ

就活をしないで卒業する理由
  • 働くことに良いイメージが無い
  • 就活モチベーションの低下
  • 既存の仕組みに対する不満
  • 自由に生きたい
  • 自分のやりたいことがわからない

また、就活をしないで卒業するメリットは以下の3つです。

就活をしないで卒業するメリット
  • 自由に時間を使える
  • 大学生活を満喫できる
  • 無駄な人間関係に悩まなくて良い
就活をしないで卒業するデメリットは以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 ノスケ

就活をしないで卒業するデメリット
  • 収入が安定しない
  • 社会的信用が得られない
  • 既卒就活は大変である

そして、今回紹介した就活をしないで卒業した時の進路は以下の3つでした。

「就活の教科書」編集部 ノスケ

就活をしないで卒業した時の進路
  • フリーター
  • フリーランス
  • 大学院へ進学

実際の社会人生活がどんなものなのか知りたい人は、積極的に社会人に会ってみるといいと思います。

大学生であれば、Matcherなどのアプリを活用して様々なタイプの社会人と会うことは出来るので、今のうちに出来るだけ多くの社会人と会っておくことを本当にオススメします。

そこで、社会人の様々な価値観に触れることは自分の人生の選択にとってきっと良い影響を与えてくれるでしょう。

「OB訪問をするために何をすればいいかわからない…」そんな人はこの記事を参考にしてください。

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事がほかにもたくさんあります。
ぜひ合わせて参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ノスケ

 

就職活動に役立つ情報は以下の記事に網羅的にまとめています。合わせて参考にしてください。