【就職できる?】生物学科出身者の就職先一覧 | 就活対策方法,おすすめの資格も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事を読めばわかること
  • 理学部生物系学科の就職は厳しい
  • 生物系研究職の求人枠はかなり少ない
  • 【業界別】生物系学科におすすめする就職先ランキング
  • 生物系学科の就職対策
  • 生物系学科の就職が厳しいと言われる5つの理由
  • 「自分の学部・学科を活かしたい!」という方は「適性診断AnalyzeU+」で自分の強みを知るのがおすすめ

 

就活生の皆さんこんにちは、「就活の教科書」編集部のゆきです。

この記事では、生物系学科の就職事情について解説していきます。

就活生の皆さんは生物系学科の就職先というとどんな業界を思い浮かべますか?

「就活の教科書」編集部 ゆき

就活生くん

せ、生物学科の就職先ですか・・・?

理系だしやっぱりメーカーの研究職とかに就職するイメージがありますが、実際はどうなのかわかりません・・・

就活生ちゃん

私は生物系学科に在学しているのですが、やはりバイオ関連の研究職に就く人が多い気がします

とは言え、生物系学科の就職先は食品や医薬品など人気がある業界ばかりなので、就職できるのか不安です・・・

理系の生物系学科から就職する業界や職種としては、やはりメーカーの研究職を思い浮かべますよね。

とは言えメーカー研究職は人気が高く、生物系学科だからといって就職できるのか不安に感じている就活生も多いです。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

そこでこの記事では、生物系学科の就職について紹介していきます。

合わせて、生物系学科におすすめの就職先ランキング生物系学科の就職対策も解説しています。

この記事を読めば、生物系学科からの就職先がわかるようになり、生物系学科の強みを活かして就活できるようになりますよ。

生物系学科への進学を考えている高校生や、生物系学科の進路を知りたい就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

「大学で学んだことを活かしたいけど、どの業界・企業が良いかわからない…」という方は適性診断AnalyzeU+適職診断(就活の教科書公式LINE)同時に利用して自己分析するのが一番おすすめです。

両方使うと短時間で自分の強みや弱み、向いていることなどがより正確にわかるので、仕事や職業選びでの失敗を避けられます。

「学んだことを活かせる業界や企業が見つからない…」という方は、自己分析ツールを使って正確に診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>>「適性診断AnalyzeU+」で自己分析をしてみる

>> 「適職診断」を受けてみる(就活の教科書公式LINE)

 

 

理学部生物系学科の就職は厳しい

就活生くん

生物系の学科というとバイオ・水産・農学など範囲が広く就職に強いのかイメージが湧きません・・・

実際、生物系の学科は就職に強いんでしょうか?

結論から言うと、生物系学科の就職は厳しいと言わざるを得ません。

実際に生物系学科の就職についてのツイートを見てみると、以下のようにつぶやいている人が見受けられます。

「就活の教科書」編集部 ゆき

就活生くん

え、生物系学科の就職って厳しいんですね・・・

研究の専門性を活かせるし、食品メーカーなどに簡単に就職できると思ってました・・・

理系全般そうですが、文系に比べて専門性があるので関連した企業に就職できそうですよね。

そんな理系の生物系学科にも関わらず就職が厳しいのは以下のような理由があります。

「就活の教科書」編集部 ゆき

理学部生物系学科の就職は厳しい理由
  • 理由①:生物系学科の研究内容と関連している企業に応募が殺到する
  • 理由②:研究内容の汎用性が低く、応募する業界が限られる
  • 理由③:食品以外の業界では、他に関連性の高い研究をした人が応募している
  • 理由④:生物系学科ならではの特有の資格がない

一番研究と関連している食品メーカーの研究職は、倍率が高く他の学科の就活生と差別化できないので厳しくなります。

さらに、薬学部のように関連した国家資格がある訳ではないので、なかなか希少価値もあがりません。

「就活の教科書」編集部 ゆき

就活生くん

関連性がある業界だと他の生物系学科の就活生と差別化できず、かといって関連性が薄い業界だと専門性で負けてしまうんですね・・・

なかなか就職が厳しそうなのは理解できました・・・

とは言え、生物系学科から就職する先が食品業界と決まっているわけではありません。

生物系学科の就職が厳しい理由についてより詳しく知りたい就活生は、ここを押すと解説をすぐに見られます!

そこで、生物系学科におすすめする就職先ランキングについて解説していきますね!

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

【業界別】生物系学科におすすめする就職先ランキング

就活生くん

生物系学科といえば食品業界に就職するイメージが有るのですが、他にはどんな業界に就職しているんでしょうか?

まさか全員が食品業界に行くわけでもないだろうし、気になります。

生物系学科に関連する就職先は食品業界以外にもたくさん存在しています!

そこで、生物系学科の就活生におすすめする就職先について解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

【業界別】生物系学科におすすめする就職先ランキング
  • 就職先①:製薬・医薬業界(企業例:ロート製薬)
  • 就職先②:化学業界(企業例:住友化学)
  • 就職先③:食品業界(企業例:サントリー)
  • 就職先④:バイオ業界(企業例:サンバイオ)
  • 就職先⑤:金融・保険業界(企業例:野村證券)
  • 就職先⑥:公務員

生物系学科のおすすめ就職先として、以上の7つの業界について解説していきますね!

この記事では、理学部生物学科がある東邦大学神戸大学北海道大学の就職実績を参考にしています。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

就職先①:製薬・医薬業界(企業例:小林製薬)

生物系学科出身者におすすめする就職先1つ目は「製薬・医薬業界」です。

生物系学科の就職先としては食品と並んでメジャーな業界で、就活生からの人気も高いです。

製薬・医薬業界の研究職はメーカーに比べるとホワイト度で劣る場合もありますが、高収入が約束された業界です。

東邦大学 神戸大学 北海道大学
就職先企業 中外製薬工業
小太郎漢方製薬
奥野製薬工業
東洋新薬
大塚製薬
小林製薬
沢井製薬
シミック
医学生物学研究所
医療法人三慧会

名だたる製薬会社の名前が並んでいますよね。

生物系学科からでも製薬・医薬業界に就職できるのは理解できていただけたかと思います。

「就活の教科書」編集部 ゆき

業界名 製薬・医薬業界
市場規模 12.4兆円
成長率 +7.8%
利益率 -453.7%
平均年収 778万円
魅力 ・人々の命や健康に貢献する製薬に携われる
・自分の研究が世の中に貢献している実感が持ちやすい
・院卒であれば初任給で30万円近くもらえる場合が多い

参考:業界動向サーチ

製薬・医薬業界は高度な知識や専門性が必要になるので、年収も高くなる傾向にあります。

国内市場は国が薬の値段を引き下げる政策をとっているので厳しいですが、海外にはまだまだビジネスチャンスがあります。

「就活の教科書」編集部 ゆき

代表的企業 小林製薬
平均年収 676万円
平均勤続年数 12.6年

「あっ、小林製薬」というCMは誰でも聞いたことがありますよね。

平均年収は676万円ですが、理系の研究職に限ればさらに平均年収が高いのは間違いありませんよ。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

就職先②:化学業界(企業例:住友化学)

生物系学科出身者におすすめする就職先2つ目は「化学業界」です。

生物系学科の就職先としては食品と並んでメジャーな業界で、就活生からの人気も高いです。

製薬・医薬業界の研究職はメーカーに比べるとホワイト度で劣る場合もありますが、高収入が約束された業界です。

東邦大学 神戸大学 北海道大学
就職先企業 アリミノ
三共油化工業
新日本科学
住友化学
積水化学工業
長谷川香料
住化エンバイロメンタルサイエンス

化学系の企業は理系研究職志望の就職先としては代表的ですよね。

特に住友化学や積水化学工業などは、化学業界に詳しくなくても知っている人が多いと思います。

「就活の教科書」編集部 ゆき

業界名 化学業界
市場規模 31.2兆円
成長率 +3.8%
利益率 +4.2%
平均年収 650万円
魅力 ・今までにない素材や部材を新しく生み出せる
・新素材や新製品が世の中に届く喜びを体験できる

参考:業界動向サーチ

化学業界は製薬業界と同じように年単位で地道な研究を行い、新素材・新製品を開発しています。

生み出すための苦労は大変なものですが、その分夜に出た時の喜びも大きいんですね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

代表的企業 住友化学
平均年収 855万円
平均勤続年数 15.5年

住友化学は化学業界の中でも特に平均年収が高い企業です。

売上で見ると国内2位の企業なので当たり前ではありますが、やはり待遇の良さが目に付きますよね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

就職先③:食品業界(企業例:味の素)

生物系学科出身者におすすめする就職先3つ目は「食品業界」です。

生物系学科の就職先と言えば食品業界というほど、食品業界の人気は高いです。

メーカーの中でも食品業界は特にホワイトで有名なので、理系でホワイトな研究職を目指しす就活生にはおすすめです!

東邦大学 神戸大学 北海道大学
就職先企業 日本ハムマーケティング
ニチレイフーズ
キリンホールディングス
協和発酵キリン
フジパン
味の素
サッポロビール
森永乳業
明治

食品業界は生物系学科の学生にとって最も人気が高い就職先です。

その分倍率も高く就職難易度は非常に高くなりますが、自分の専門性を活かしたい就活生にとっては魅力的ですよね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

業界名 食品業界
市場規模 20.5兆円
成長率 +1.8%
利益率 +1.7%
平均年収 616万円
魅力 ・人々の生活を支える「食品」を作り出せる
・BtoCなので自社製品を目にする機会が多い
・一般に対しての知名度が高い
・食品メーカー研究職は圧倒的ホワイト

参考:業界動向サーチ

食品メーカーは文系・理系問わずホワイトで有名で、安定した仕事だと言えます。

「就活の教科書」編集部 ゆき

代表的企業 味の素
平均年収 997万円
平均勤続年数 20.2年

味の素は食品業界の中でも特に待遇が良く、平均年収や勤続年数をみても長く勤められる企業なのがわかります。

味の素ほどではなくても食品業界には高待遇・ホワイトの企業が多く存在しているので、ぜひ探してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

就職先④:バイオ業界(企業例:タカラバイオ)

生物系学科出身者におすすめする就職先4つ目は「バイオ業界」です。

バイオ研究は生物の能力・性質を活かしている研究すべてが当てはまるので、食品・製薬など非常に範囲が広いです。

その中でもバイオ研究に特化した企業は、生物系学科の学生にとっては研究内容と深く関連しているので興味が湧きますよね。

東邦大学 神戸大学 北海道大学
就職先企業 アリミノ
タカラバイオ
タカラバイオ

バイオ研究は文系の就活生にはあまり知られていないので、文系職(営業など)でも倍率が低いかも知れません。

とはいえ、タカラバイオなどは比較的一般向けの知名度も高いので、競争率が高い可能性がありますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

業界名 バイオ業界
市場規模 57兆円(発酵・酵母含む)
魅力 ・最先端のバイオ技術を活用して、新しい製品を生み出せる

狭義のバイオ業界(最先端のバイオ技術研究を行っている業界)のデータはかなり少ないです。

そもそも最先端なのでまだまだ市場も小さく、研究している企業も少ないんですね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

代表的企業 タカラバイオ
平均年収 694万円
平均勤続年数 13年1ヶ月

バイオ業界の最先端を行く企業とは言え、食品業界と同じように高収入・高待遇なのが伺えますね。

研究開発を専門としている企業は研究員が必須なので、待遇をあえて高くしているのかもしれません。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

就職先⑤:金融・保険業界(企業例:野村證券)

生物系学科出身者におすすめする就職先5つ目は「金融・保険業界」です。

生物系学科の研究内容とは関係なく、また多くが「文系職」への就職なので以外に感じるかもしれません。

しかし、意外と多くの生物系学科出身学生が金融・保険業界に就職しているんですよ。

東邦大学 神戸大学 北海道大学
就職先企業 社会保険診療報酬支払基金
みずほFG
あいおいニッセイ同和損害保険
大同生命保険
野村證券

理工学部生物学科からも、多くの学生が金融・保険業界に就職していることがわかりますね。

金融・保険業界は学部に関わらず就活生からの人気が高いので、文系就職を考える理系学生からの人気も高いです。

「就活の教科書」編集部 ゆき

業界名 金融・保険業界
市場規模 65.8兆円
成長率 +2.2%
利益率 +7.6%
平均年収 713万円
魅力 ・高い年収
・安定して働き続けられる環境
・扱う金額の規模の大きさ

参考:業界動向サーチ

金融・保険業界は市場規模でいうと170業界の中で3位と、日本の中でも屈指の巨大産業です。

平均年収も高いので、稼ぎたい!という人にもおすすめです。

「就活の教科書」編集部 ゆき

代表的企業 野村證券
平均年収 1414万円
平均勤続年数 4年1ヶ月

金融・保険業界で有名なのは野村證券でしょう。

とにかく年収が高い割には入りやすいものの、営業職の過酷さが有名です。

年収は高いがハードな金融・保険業界を象徴していますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

就職先⑥:公務員

生物系学科出身者におすすめする就職先6つ目は「公務員」です。

公務員というと生物系学科の意味ある?と思われがちですが、理化学研究所や環境省など研究との関連性も見受けられます。

また、各大学の職員・教員や地元の地方公務員への就職なども多く、公務員自体が人気の就職先なのがわかりますね。

東邦大学 神戸大学 北海道大学
就職先 自衛官(幹部候補生) 国家公務員
神戸大学職員
理化学研究所
環境省
札幌市役所
北海道庁

北海道大学は地元の地方公務員への就職、神戸大学は神戸大学への就職が目立ちました。

神戸大学は国家公務員としか書いていないので、実際にどの省庁に就職したかは謎ですね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

業界名 国家公務員・地方公務員
市場規模
成長率
利益率
平均年収 637万円(国家公務員)
魅力 ・安定した給与
・国・地域に直接貢献できる
・大規模な政策に関与できる
・人々の生活を支えられる

参考:業界動向サーチ

国家公務員は平均年収もを見ると民間の平均年収よりも高く、就職先として有望なのは間違いないですね。

また、安定しているという以外にも、国や都道府県の政策に関与できるのも魅力的です。

「就活の教科書」編集部 ゆき

代表的企業 東京都
平均年収 658万円
平均勤続年数 N/A

国家公務員以外にも東京都の地方公務員の平均年収を見てみましたが、国家公務員の平均年収とあまり変わりませんでした。

年収という点から見ると、東京都の地方公務員もおすすめですね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

たった10分で自分の強みと弱みがわかる!就活生の4人に1人が使っている自己分析法

「自分の学部や学科を活かせる仕事に就きたい!」という方は適性診断AnalyzeU+を使って自己分析をするのが一番おすすめです。

適性診断AnalyzeU+を使うと、5分~10分で自分の強みや弱みが正確にわかるので、強みを活かせる業界や企業を見つけやすくなります。

「自分の長所を最大限に活かせる業界・企業を見つけたい!」という方は、ぜひ適性診断AnalyzeU+を利用してみてくださいね。

診断結果は次のようにかなり詳しく分析されます。

就活アドバイザー 京香

自分の強みや弱みが詳しく分析されるので、自己分析や自己PRにも十分使えます。

例えば、ESや面接で「あなたの長所は?短所は?」なんて聞かれた時も簡単に答えられるようになります。

就活生の4人に1人が利用しているので「自己分析を早く終わらせたい…」「自分の長所を活かせる業界や企業を選びたい!」という方は、せひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 適性診断AnalyzeU+を使ってみる

 

当サイトがおすすめする自己分析のやり方は以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

生物系学科の就職対策

就活生くん

どのような業界に就職すればいいのかはわかったのですが、とはいえ志望するだけでは就職できないですよね。

生物系学科の就活生が取るべき就職対策はどんなものがあるのでしょうか?

就職対策ができていないと、おすすめした業界の中から内定を貰えるかもわかりません。

そこで、生物系学科の就職対策について解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

生物系学科の就職対策
  • 対策①:推薦があるかを確認する
  • 対策②:アピールできる武器を増やす
  • 対策③:逆求人サイトを利用する
  • 対策④:専攻分野とは異なる業界を狙う
  • 対策⑤:ES/面接対策は本気でする

以上の5つに分けて、生物系学科の就職対策について解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

対策①:推薦があるかを確認する

生物系学科の就職対策1つ目は「推薦があるかを確認する」です。

理系の就職は好きな企業に自分から応募する「自由応募」と推薦されて応募する「推薦応募」があります。

推薦応募には大学からの推薦、研究室からの推薦、教授からの推薦などがあります。

推薦の方が受かる確率は上がるので、志望業界・企業への推薦がないか大学・研究室・教授に確認してみましょう。

大学入試にも応募して合格したら入学辞退できない「推薦入試」がありましたよね。

就活での推薦応募も全く同じです。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

対策②:アピールできる武器を増やす

生物系学科の就職対策2つ目は「アピールできる武器を増やす」です。

理系の学生は研究活動に時間を割いている場合が多いと思いますが、それは周囲の周囲の学生も同様です。

そこで、研究以外にもアルバイト・長期インターンシップ・サークル活動などで実績を残すことで差別化できます。

理系の学生で研究内容以外のアピールポイントを持っている人は少ないので、圧倒的な武器になりますよ!

もちろん研究内容も大切ですが、企業は研究内容だけでなく人柄・能力もみています。

そのため、人柄や能力をアピールできる武器を増やすと、圧倒的に有利になるんです。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

対策③:逆求人サイトを利用する

生物系学科の就職対策3つ目は「逆求人サイトを利用する」です。

理系の学生は研究活動をしていて将来何をするかが明確な場合が多いため、企業にとってスカウトしやすい人材と言えます。

逆求人サイトでは企業が学生のプロフィールを見てスカウトするかを決めるため、志望業界の企業から声がかかる可能性もあります。

逆求人サイトの中でも最もおすすめなのは、「OfferBox(オファーボックス)」です。

逆求人サイトの中でも登録企業数はかなり多く、大企業も多く紹介してもらえるので就活生に合った企業を紹介してもらえますよ。

これまで自分が知らなかった優良企業からスカウトが来る可能性もあるので、逆求人サイトには登録しておきましょう。

学生が調べられる企業の数には限界があります。

逆求人サイトに登録しておけば、これまで知らなかった優良企業からスカウトが来る可能性が上がるんですね。

逆求人サイトについては以下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

対策④:専攻分野とは異なる業界を狙う

生物系学科の就職対策4つ目は「専攻分野とは異なる業界を狙う」です。

この記事の冒頭でも述べたとおり、生物系学科の研究内容と関連した企業の数は多くありません。

そこで、専攻分野と異なる業界を狙うことで選択肢を広げ、持ち駒の数を増やすようにしましょう。

持ち駒の数が増えれば精神的にも安定するので、文系職への応募を考えるのも視野に入れておきましょう。

就活では志望企業・業界に就職できるとは限りません。

なるべく専攻分野と異なる業界を狙うことで、選択肢を拡げるように心がけましょう。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

対策⑤:ES/面接対策は本気でする

生物系学科の就職対策5つ目は「ES/面接対策は本気でする」です。

理系の就活生は推薦応募があるので、ES/面接対策を怠る人も多いです。

ですが、企業側からすればES/面接の対策をしていない就活生は能力・志望度ともに低く感じてしまいます。

せっかく推薦をもらってもES/面接で落ちてしまわないように、ES/面接対策は本気で取り組みましょう。

ES/面接対策が重要なのは文系・理系どちらも変わりません。

研究と並行して就活に時間を使うのは並大抵の苦労ではありませんが、なんとか時間を捻出しましょう。

ES対策と面接対策については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ゆき

簡単に内定を貰えるES(エントリーシート)を書きたい就活生もいますよね。
そこで生物系学科の就活生には、内定者のESが見放題になる「unistyle(ユニスタイル)」がおすすめです。
「unistyle」は、53,305枚のESや面接質問が無料で見れるため、選考対策を効率よく進められますよ。
選考で不利になりたくない就活生は、ぜひ利用してみてください。

「就活の教科書」編集部 ゆき

>> ES見放題の「unistyle」を見てみる

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

生物系学科の学生におすすめできる資格

就活生くん

生物系学科の就職対策はわかったのですが、就職対策以外にも就職を有利にする方法はありませんか?

例えば、特定の資格を持っていると就職に強いとか・・・?

生物系学科特有の資格というのは少ないのですが、就職に強くなる可能性がある資格は存在しています。

そこで、生物系学科と関連していて就職に強くなる資格を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

生物系学科の学生におすすめできる資格
  • バイオ技術認定試験上級(高度なバイオ専門知識)
  • 食品衛生管理者・食品衛生監視員(食品の製造・加工施設に資格を持っている人が必要な必要な任用資格
  • 環境計量士(工場からの排煙、騒音等を測るのに必要な計量資格)

就活生くん

結構いろんな資格があるんですね。

これらの資格を持っていると就職も楽になるんでしょうか?

資格があれば就職できると言うよりも、専門知識の証明や興味・関心の具体例として活用できるといった方が正確です。

あくまでも「あ、この程度の知識はあるんだな」と思ってもらって、能力をアピールする手段と言えますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

生物系学科の就職が厳しいと言われる理由

就活生くん

ここまで話を聞いて生物系学科の就職先やおすすめの資格はわかったんですが、生物系学科の就職は厳しいんですよね?

なんで厳しいのかまだあまりわかっていなくて、不安が解消できていないです・・・

生物系学科の就職が厳しいと言われる理由は複数あります。

就職が厳しいと言われる原因を解説するので、不安を解消して対策するためにもぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

生物系学科の就職が厳しいと言われる理由
  • 理由①:生物系の求人が少ないから
  • 理由②:専門分野を活かせないから
  • 理由③:バイオ系のポスドクが多いから
  • 理由④:世間の需要が少ないから
  • 理由⑤:推薦枠が少ないから

以上の5つにわけて、生物系学科の就職が厳しいと言われる理由について解説していきますね。。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

理由①:生物系の求人が少ないから

生物系学科の就職が厳しいと言われる理由1つ目は「生物系の求人が少ないから」です。

生物系の学生がよく応募する企業は「食品」「製薬」などですが、問題となるのが企業側の求人です。

「化学」「機械」などの求人枠は多いのですが、生物系の求人となると一気に少なくなります。

少ない募集枠に多くの生物系学科の学生が応募するため、倍率が高く就職が難しいんですね。

食品メーカーか製薬の研究・品質管理ぐらいしか就職がないのも現実です。

それらの職種には生物系以外の学生も応募してくるので、必然的に就職が厳しくなるわけです。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

理由②:専門分野を活かせないから

生物系学科の就職が厳しいと言われる理由2つ目は「専門分野を活かせないから」です。

生物系学科の学生は「生命体」を中心として細胞・動物・植物などに専門性を持っていると思います。

しかし、生物系の研究内容を活かせる職業の絶対数が少ないため、やむを得ず研究内容と関係ない職業に応募する機会が多くなります。

理系職の強みは志望企業と関連している専門分野なので、専門分野を活かせないと就職が厳しくなりますよね。

せっかく研究した専門分野を活かせないのは学生自身にとっても望ましくないですよね。

とは言え、内定を得るために専門と関係がない企業にも応募する必要があるのが辛いところです。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

理由③:バイオ系のポスドクが多いから

生物系学科の就職が厳しいと言われる理由3つ目は「バイオ系のポスドクが多いから」です。

生物・バイオ系の研究室では「ピベド」と呼ばれる、単純作業を長時間行う生物系の大学院生やポスドクが居ます。

これは長時間拘束されているのに有益なスキルが身につかないということであり、就職も厳しくなります。

大学院生・ポスドクになっても専門的な技術や知識が身につかないのであれば、就職が厳しくなるのもやむを得ません。

大学・大学院・ポスドクと多くの時間を費やしても専門的な技術・知識が身につかないのは大きな問題ですよね。

しかし、これは生物・バイオ系の研究室全般で共通している問題なので、根が深いです・・・

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

理由④:世間の需要が少ないから

生物系学科の就職が厳しいと言われる理由4つ目は「世間の需要が少ないから」です。

企業は利益が出る研究に投資しようとしますが、生物系学科の研究は利益に直結することは少ないです。

企業からすれば利益になかなか繋がらない生物系の研究職は、世間からの需要がどうしても少なくなってしまいます。

決して生物系の研究の価値を否定する訳ではありませんが、どうしても需要が少なくなってしまうのも現実なんですね。

世間の需要が少ないと、当然働き口も少なくなります。

ですが、生物系の研究をしている方を否定したい訳ではないということだけ、伝えておきます。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

理由⑤:推薦枠が少ないから

生物系学科の就職が厳しいと言われる理由5つ目は「推薦枠が少ないから」です。

そもそも働き口が少ないので当たり前なのですが、学校や教授からの推薦枠も少なくなります。

理系職の就職実績がいいのは推薦応募の力もあるので、どうしても就職が厳しくなってしまうんですね。

生物系学科の就活生は推薦枠にあまり期待せずに、自分の力で内定を取るつもりで努力しましょう。

生物系学科の就職はさまざまな理由で厳しいことがわかりましたね。

決して生物系学科の方を否定するわけではありませんが、就職できるか?と言われると厳しいと言わざるを得ません・・・

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

まとめ:生物系学科の就職は厳しいので幅広い視点で就活を行おう

この記事では、生物系学科の就職先生物系学科のおすすめ資格などについて解説しました。

一度にたくさんの情報を見て整理がついていないと思うので、ここで一度この記事で学んだことを振り返ってみましょう。

「就活の教科書」編集部 ゆき

この記事で学んだこと

◆ 理学部生物系学科の就職は厳しい

◆ 【業界別】生物系学科におすすめする就職先ランキング

  • 就職先①:製薬・医薬業界(企業例:ロート製薬)
  • 就職先②:化学業界(企業例:住友化学)
  • 就職先③:食品業界(企業例:サントリー)
  • 就職先④:バイオ業界(企業例:サンバイオ)
  • 就職先⑤:金融業界(企業例:野村證券)
  • 就職先⑥:保険業界(企業例:第一生命)
  • 就職先⑦:公務員

◆ 生物系学科の就職対策

  • 対策①:推薦があるかを確認する
  • 対策②:アピールできる武器を増やす
  • 対策③:逆求人サイトを利用する
  • 対策④:専攻分野とは異なる業界を狙う
  • 対策⑤:ES/面接対策は本気でする

◆ 生物系学科の学生におすすめできる資格

◆ 生物系学科の就職が厳しいと言われる理由

  • 理由①:生物系の求人が少ないから
  • 理由②:専門分野を活かせないから
  • 理由③:バイオ系のポスドクが多いから
  • 理由④:世間の需要が少ないから
  • 理由⑤:推薦枠が少ないから

生物系学科の学生は、自分の力で内定を得るという強い決意をもって就職活動に挑みましょう。

もし我々がその就職活動の力になれれば幸いです。

「就活の教科書」編集部 ゆき