>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【ES例文付き】自己PRを300字以内でまとめるコツ | 作成手順,注意点も

この記事を読めば分かること
  • 自己PRは300字で書くことが最も多い
  • 自己PRを100字・300字・500字でまとめた3つの例文
  • 自己PRを300字で書くときの作成手順
  • 自己PRを300字で書くときの注意点

みなさんこんにちは。

就活の教科書の安松谷です。

この記事では、面接で「自己PR300字」に関するあらゆる悩みについて解説します。

就活生の皆さんは、「自己PRを300字」でまとめて採用担当者の印象に残るようなESを書く自信がありますか?

「就活の教科書」編集部 ヤス

就活生くん

この間ESで300字以内で自己PR書かないといけなかったけど、うまく書けなかったなあ・・・

どうすれば自己PRを300字以内にまとめてしっかりと内容のあるESを書くことができるんだろうか。

就活生ちゃん

自己PRを300字以内で書いたらアピールする内容を全部盛り込めずにどうしても内容の薄いESになってしまいそう・・・

たった300字の自己PRで採用担当者は何をみているの?

300字以内で自己PRを書くのって本当に難しいですよね。

僕も就活生の時に効率よくまとめることができずに、膨大な時間がかかった経験があります。

しかし、ESで自己PRを300字以内にまとめて書く機会は結構多いため、対策が必要です。

「就活の教科書」編集部 ヤス

そこで、この記事では「自己PRを300字以内」の採用担当者の印象に残る書き方を解説していきます。

合わせて、自己PRの例文や書き方の手順、注意点についても紹介します。

この記事を読めば、「ESにたった300文字の自己PRを書くのに半日かかった・・・」なんてことを避けられます。

不安を抱えている就活生のみなさんはぜひ一度、この記事を読んでみてください!

 

 

自己PRは300字前後で書くことが多い

就活生くん

自己PRを300字以内で書くのって結構ハードル高くないですか?

文字数がないので、どのような情報を入れるべきなのか悩みます。

確かにそうですよね。

ただ、ESで自己PRを書く場合は300字以内で書くの最も主流です。

そしてESに書くべき内容は、「自分の強み」と「強みが発揮されたエピソード」の2つです。

「就活の教科書」編集部 ヤス

就活生くん

300字以内の自己PRでは、「自分の強み」と「強みが発揮されたエピソード」を書けば良いのですね!

はいそうです!

ただ文字数によっては、盛り込むべき項目が変わってくるので注意が必要です。

次は、文字数に分けて自己PRの回答例を紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

「文字指定されてない自己PRは何文字書けばいいの?」という方は、以下の記事で最適な文字数が分かるので合わせて読んでみてくださいね。

 

自己PRの回答例【100字・300字・500字】

ここでは、自己PRの回答例を文字数に分けて紹介します。

今回紹介するのは以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 ヤス

自己PRの回答例【100字・300字・500字】
  • 回答例①:【100字編】
  • 回答例⑵:【300字編】
  • 回答例③:【500字編】
それでは、それぞれについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

回答例①:【100字編】

私の強みは、忍耐力です。

チームを鼓舞しながら目標に向かって諦めずにやり抜くことができます。

学生時代は、キャプテンとして部員全員とコミュニケーションをとりながら、毎朝誰よりも練習してチームを盛り上げていました。(104字)

100文字の自己PRでは、「強み」「簡単なエピソード」を盛り込んで書くようにしましょう。

そして具体的なエピソードを書くのは不可能なので、面接で深堀の質問がされると思って準備しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

「100字で自己PRなんて書けない・・・」という方は、以下の記事で、自己PRを短くできる方法がわかるので合わせて読んでみてくださいね。

 

回答例⑵:【300字編】

私の強みは、忍耐力です。

チームを鼓舞しながら目標に向かって諦めずにやり抜くことができます。

学生時代は、キャプテンとして毎日部員全員とコミュニケーションをとりながら、毎日誰よりも練習してチームを活気づけるように意識していました。

そして日々辛い練習を誰よりもやり抜いた結果、チームや監督からの信頼が上がり、新しいポジションを任されるというチャンスを得て、そこで日々の練習に成果をだす、という好循環のサイクルを生み出せることに気づきました。

そして耐えてやり抜くことは自分との闘いである一方で、長期的に見れば個人だけではなく、チームにも良い影響を還元できることを学びました。

300文字の自己PRでは、「強み」「強みが発揮されたエピソード」に加えて、「得た結果・学び」を書くようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

回答例③:【500字編】

私の強みは、忍耐力です。

チームを鼓舞しながら目標に向かって諦めずにやり抜くことができます。

学生時代は、キャプテンとして毎日部員全員とコミュニケーションをとりながら、毎日誰よりも練習してチームを活気づけるように意識していました。

そして日々辛い練習を誰よりもやり抜いた結果、チームや監督からの信頼が上がり、新しいポジションを任されるというチャンスを得て、そこで日々の練習に成果をだす、という好循環のサイクルを生み出せることに気づきました。

そして耐えてやり抜くことは自分との闘いである一方で、長期的に見れば個人だけではなく、チームにも良い影響を還元できることを学びました。
以上の学びを生かして、貴社の総合職においても、チームを鼓舞しながらマネジメントしていき、目標達成し続け数字をだすことによって貴社へ貢献したいと考えています。

貴社での仕事では、複数のメンバーでプロジェクトを動すケースが多いと思います。

掲げた目的達成のために、在籍しているメンバー全員のモチベーションを上げることやチームを活気づけることによって、大きな成果を出せるよう貢献したいと考えています。

500文字の自己PRでは、「自分の強みを生かして今後どのように企業へ貢献するのか」ということを書くようにしましょう。

「他の文字数の自己PRの書き方も知りたい!」という方は下記の記事で詳しく紹介しているので是非読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

自己PRを300字で書くときの手順

就活生くん

自己PRの回答例を見たので、なんとなく全体像が掴めました。

ただ実際に自分の自己PRを作成するとなると結構難しそう・・・

自己PRって確かに作成するの難しいですよね。

それでは自己PRを作成するときの手順4つを紹介します。

「就活の教科書」編集部 ヤス

自己PRを300字で書くときの手順
  • 手順①:強みを一言で述べる
  • 手順②:強みが発揮されたエピソードを述べる
  • 手順③:得た結果を述べる
  • 手順④:得た学びを入社後どのように生かすかを述べる
それでは、それぞれについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

手順①:強みを一言で述べる

自己PRを300字で書くときの手順一つ目は、「強みを一言で述べる」です。

自分が一番アピールしたい強みを最初に結論として一言で述べましょう。

最初に結論から述べることによって、あなたの強みを採用担当者が一発で理解することができます。

そして自己PRで強みを一言で表現するときは、抽象的で且つエピソードの全体像に沿った言葉を選定しましょう。

自己PRであなたが一番アピールしたい強みをしっかりと言語化して伝えられるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

手順②:強みが発揮されたエピソードを述べる

自己PRを300字で書くときの手順2つ目は、「強みが発揮されたエピソードを述べる」です。

最初に結論として強みを述べた後は、自分の強みが実際に発揮された具体的なエピソードを書きましょう。

そしてエピソードを話すときは、エピソードにまつわる数字や場所、状況などを可能な限り具体的に話すことを意識しましょう。

具体的に話すことによって信憑性が増し採用担当者の印象に残りやすくなります。

普遍的な強みでも具体的なエピソードを入れることによって独自性の高い強みに変わります。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

手順③:得た結果を述べる

自己PRを300字で書くときの手順3つ目は、「得た結果を述べる」です。

具体的なエピソードを述べた後は、そこで得た結果や学びを述べましょう。

採用担当者は、強みが発揮されたエピソードよりもそこであなたがどのようなことを学んだのかを一番注目して見ています。

得た学びをしっかりと言語化している学生は、入社後も得た学びを生かすことができるため、再現性が高く評価されやすいです。

得た学びは何なのか、その学びを得てどのように感情が動いたのかまでをしっかりと言語化しておいてください。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

手順④:得た学びを入社後どのように生かすかを述べる

自己PRを300字で書くときの手順4つ目は、「得た学びを入社後どのように生かすかを述べる」です。

採用担当者は、現時点での能力よりも入社後活躍してくれる学生なのかどうかを面接で見ています。

実際に得た学びを、入社後どのように生かすのかを言語化している学生は、入社意欲が高いと判断されるため、面接で高い評価を得ることができます。

得た学びを入社後どのように生かすのかをしっかりと述べて採用担当者にあなたを採用するメリットをアピールしましょう。

就活において自己PRは、必須で対策しなければならない項目です。

そのため、他の就活生と差をつけるためにも、下記の記事を読んで自己PRについてしっかりと対策するようにしておくことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

自己PRを300字で書くときの注意点

就活生くん

書き方の手順や回答例を見たので、ESに自己PRを書けそうです!

よかったです!

最後に自己PRを書くときに気をつけるべき大事な注意点が2つあるので紹介します!

「就活の教科書」編集部 ヤス

自己PRを300字で書くときの注意点
  • 注意点①:企業が求める人物像と一致させる
  • 注意点②:ガクチカと自己PRは分ける
それでは、それぞれについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

注意点①:企業が求める人物像と一致させる

自己PRを300字で書くときの注意点1つ目は、「企業が求める人物像と一致させる」です。

採用担当者が面接をして学生を評価する基準は、企業が求める能力と価値観が一致しているかです。

自己PRで強みを書く時に、自分の強みが企業が求めている人物像と一致しているかを確認しましょう。

確認する方法としては、企業ホームページに掲げている「ミッション」や「理念」「バリュー」から確認することができます。

逆にいうと、優秀な人でも求める人物像と一致しなければ不採用になるのが就活です。

選考に落ちても気にしないようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

注意点②:ガクチカと自己PRは分ける

自己PRを300字で書くときの注意点2つ目は、「ガクチカと自己PRは分ける」です。

自分の強みを述べるという点でガクチカと自己PRを混合して考えてしまいそうになりますが、しっかりと分けて考えましょう。

ガクチカと自己PRの違いは以下です。

  • 「自己PR」は強みを述べてあなたを採用するメリットを伝える
  • 「ガクチカ」はあなたの価値観やモチベーションの根源の部分まで伝える

自己PRは採用担当者にあなたを採用するメリットを伝えます。

そしてガクチカでは、なぜあなたの強みが発揮されるのか、強みの根源はどこから来ているのか、モチベーションの部分まで話す必要があります。

そのため自己PRよりガクチカの方が、より深堀の質問が飛んでくるため、対策が必要となります。

ガクチカの書き方や考え方について自信がない方は下記の記事で詳しく紹介しているのでぜひ読んでみましょう。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

自己PRを逆求人サイトに登録すると、企業から選考オファーが来る

就活生くん

自己PRが完成したので、どんどん選考を受けていきたいです。

でも正直、企業探しは面倒なんだよなー・・・。

せっかく自己PRが完成したなら、逆求人サイトの利用をオススメします。

自己PRやプロフィールを一度記入しておくだけで、企業から選考オファーが来るので、企業を探しの手間が省けて効率的ですよ。

就活アドバイザー

オススメの逆求人サイト
  • オススメ①:就活生3人に1人が使っている「OfferBox
  • オススメ②:適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ

参考:【内定者が選んだ】逆求人サイトおすすめ15選! スカウト型の選び方,デメリットも

 

就活生3人に1人が使っている「OfferBox

OfferBox (オファーボックス )

OfferBoxのおすすめポイント
  • 就活生の3人に1人(14万人以上)が利用している「業界no.1の安心感」
  • 大手からベンチャーまで7,450社以上の企業からオファーが来る
  • 東証一部企業の19%(5社に1社)がOfferBoxを利用している
  • さらに、適性検査AnalyzeU+で正確な自己分析も出来る

自己PRを登録すれば選考オファーを受け取ることが出来るので、まずOfferBoxから使ってみましょう。

多くの大手企業が登録しているので、OfferBoxは安心して使うことが出来ますよ。

OfferBoxは全て無料で、たったの1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー

OfferBoxで選考オファーが来る企業一覧

 

適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ」

キミスカ

キミスカのおすすめポイント
  • 他のサービスよりも、企業からオファーを受け取りやすい
  • キミスカ適性検査で、職務適性ビジネス戦闘力まで分かる。
  • 自己PRや人物像、就活軸を書いておけばキミスカがあなたを企業に推薦してくれる。
  • 自分の選考状況を書いておけば、選考をスキップできる場合もある。

自己PRを記入して自分に合った企業とマッチングしたい就活生の方は、キミスカを使ってみましょう。

キミスカは適性検査で職務適性まで分かるためマッチング精度が高く、企業からスカウトをもらいやすいというメリットもあります。

キミスカも全て無料、1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー

キミスカで選考オファーが来る企業一覧

 

自己PRの通過率をさらに上げる2つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの自己PRを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

自己PRを上手に書くコツってあるんですか?

自己PRを上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして自己PRを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

自己PRを書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの自己PRをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この自己PRで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの自己PRを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に自己PRを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

自己PRに使える強みを見つけたい時は、診断ツールを活用してみよう

就活生くん

自己分析をしているけど、自己PRに使える長所や強みが上手く見つけられないです・・・。

簡単に自分の長所や強みを見つけられる方法があれば教えてください。

自己PRに使えるあなたの長所や強みを見つけるなら、自己分析の診断ツールがおすすめですよ。

診断ツールの中でも一番おすすめは「OfferBoxの適性検査AnalyzeU+」です。

適性診断AnalyzeU+(アナライズユープラス)は、251の設問に答えるだけで、あなたの自己PRできる長所や強みを6タイプ25項目で診断してくれます。

就活生の144,000人が利用しており、人気No.1の診断ツールなので活用してみてください。

就活アドバイザー

>>適性検査AnalyzeU+で長所や強みを調べてみる

 

その他の自己PRに使える長所診断ツールは、こちらの記事でまとめているので、あなたに合う長所診断ツールを試してみてくださいね。

 

まとめ:自己PRの書き方をマスターして選考を突破しよう!

この記事の、「【ES例文付き】自己PRを300字以内でまとめるコツ | 作成手順,注意点も」はいかがでしたでしょうか。

このページでは、「就活の教科書」編集部の安松谷が、自己PRを300文字以内で書くときのポイントについて解説しました。

合わせて、自己PRの例文や書き方の手順、注意点についても紹介しました。

このページで学んだことをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 ヤス

 

この記事のまとめ

◆自己PRは300字前後で書くことが多い

◆自己PRの回答例【100字・300字・500字】

  • 回答例①:【100字編】
  • 回答例⑵:【300字編】
  • 回答例③:【500字編】

◆自己PRを300字で書くときの手順

  • 手順①:強みを一言で述べる
  • 手順②:強みが発揮されたエピソードを述べる
  • 手順③:得た結果を述べる
  • 手順④:得た学びを入社後どのように生かすかを述べる

◆自己PRを300字で書くときの注意点

  • 注意点①:企業が求める人物像と一致させる
  • 注意点②:ガクチカと自己PRは分ける

◆まとめ:自己PRの書き方をマスターして選考を突破しよう!

ESで自己PRを300文字以内でまとめるのって本当に苦労しますよね。

ESで自己PRを書くのに迷ったら、とにかくあなたの強みを立ち止まって考えて、今回紹介した手順に沿って書いてみましょう。

そして自己PRの書き方や伝え方をしっかり押さえて一緒に就活を乗り越えましょう!

「就活の教科書」では、就活に役立つ記事を他にもたくさん掲載しています。

よかったら他の記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ヤス