【就職難易度は?】JFEシステムズの採用大学ランキング | 学歴フィルター,倍率,選考フローも

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
  • JFEシステムズの採用大学は、関西大学/北九州市立大学/一橋大学 など
    ⇒採用大学/大学院/学歴の一覧はこちら
  • JFEシステムズ採用倍率は6.25倍, 就職難易度/偏差値は4.1/5とやや高い
  • JFEシステムズには学歴フィルターは存在しない
  • JFEシステムズに採用されるには「コミュニケーション力や主体性」をアピールしよう
  • JFEシステムズの採用選考フローはこちら
  • 「IT業界の優良企業に就職したい!」という就活生は、レバテックルーキーの利用が一番おすすめ
\ 隠れ優良IT企業を紹介! / ITエンジニア就職を目指す
(レバテックルーキー)

*5,000社の中から自分に合う大手優良IT企業を提示!

皆さんこんにちは。「就活の教科書」編集部のはるなです。

今回は、JFEシステムズの採用について様々な情報をご紹介させていただこうと思います。

就活性の皆さんは「JFEシステムズに採用されるのは難しいの?」「JFEシステムズに就職するにはどうしたらいいの?」といった疑問を抱いているのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 はるな

就活生ちゃん

IT系の企業に興味があるので、JFEシステムズも気になっている企業の一つです。

でもJFEシステムズに学歴フィルターがあるのではないかと心配です。

就活生くん

JFEシステムズの就職難易度は高いのでしょうか?

心配です。

自分の大学から採用されている人がいらっしゃるのか、難易度は高いのか気になりますよね。

早速見ていきましょう!

ちなみに、エンジニアとして難関IT企業の内定をもらうには、ITエンジニア特化の就活サポートをしてくれる「レバテックルーキー」などの支援サービスを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

というわけで、今回はJFEシステムズの「採用大学」「就職難易度」「学歴フィルターはあるのか」をご紹介します。

併せてJFEシステムズに就職するための選考対策方法もご紹介します。

  • JFEシステムズに就職したい「IT系企業志望」の就活生
  • JFEシステムズの「採用大学や就職難易度」が知りたい就活生

上記の皆さんは、ぜひ最後までこの記事をご覧になってくださいね。

先に結論をお伝えすると、「優良IT企業から内定をもらいたい!」という方にはレバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーを利用すれば、ITのプロの就活サポート(ES添削、面接対策など)が受けられ、難関IT企業や優良IT企業の内定率がアップしますよ。

また、IT企業への転職を目指している方にはレバテックキャリア未経験からIT業界を志望する方にはウズキャリITがおすすめです。

就活アドバイザー 京香

就職活動に役立つサイト(無料)

\ エンジニア就職に役立つサービス /

\ エンジニア就活力を試そう /

レバテックルーキーをおすすめする理由

レバテックルーキー

ITエンジニアの特化度
(5.0)
選考サポートの質
(5.0)
紹介企業の優良度
(4.5)
相談のしやすさ
(4.5)
総合評価
(5.0)
レバテックルーキーの口コミ
レバテックルーキーおすすめポイント
  • ①:IT就活のプロがES添削・面接対策などで内定サポート
  • ②:優良IT企業・非公開求人を紹介してもらえる
  • ③:文系出身でも手厚い就職サポートが受けられる

すでに多くの就活生がレバテックルーキーを利用していますので、充実した選考サポートを受けるなら、早めに登録しておいてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> レバテックルーキーを見てみる(無料)

目次

 

ITエンジニアとして優良企業から内定をもらうには?

「ITエンジニアとして就職したい!」「優良Web系企業への内定を目指している!」という方は、レバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーでは、大手や隠れ優良IT、Web系企業5,000以上の中から「あなたの強みを活かせる企業」を教えてくれます。

また、ITエンジニア就活のプロによるカウンセリング・選考対策・ポートフォリオ添削など内定までのサポートが受けられるため、選考突破率も上がります。

優良IT企業に内定が欲しい方や、自分に合うIT企業を教えて欲しい方は、IT就活サービスの中でも特に評判の良いレバテックルーキーを利用してみてくださいね。

公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

【どんな会社?】JFEシステムズの就職難易度/偏差値について

JFEシステムズはどんな会社か

就活生ちゃん

私は、JFEシステムズに興味があります。

JFEシステムズについて簡単に教えてください!

まずは、JFEシステムズの「会社概要」「採用情報」の順に詳しくご紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 はるな

JFEシステムズは、1983年に川崎製鉄(現 JFEスチール)株式会社の情報システム部門から独立し設立されたユーザー系情報システム会社です。

JFEシステムズの主な事業は、情報システムの企画、設計、開発、運用、保守を行う、システム・インテグレーション(SI)です。

JFEシステムズは、「 信頼される真のパートナーを目指し、情報システムを通じてお客様に新たな価値と満足を提供する努力を続け、 事業を展開」しています。

JFEシステムズの会社概要
正式名称 JFEシステムズ株式会社 (ジェイエフイーシステムズ)
設立 1983年9月1日(昭和58年9月1日)
代表者 代表取締役社長 大木 哲夫
所在地 本社:〒105-0023
東京都港区芝浦1丁目2-3 シーバンスS館(受付18F)
TEL.03-5418-2400(代表)
従業員数 単体:1,501人 (2023年3月31日現在)
事業内容 ◆ソリューション・プロダクト事業
自社開発プロダクトおよび他社とアライアンス契約したソリューションを適用したSI

  • ERP
  • サプライチェーンマネジメントシステム
  • BI
  • 原価管理システム、購買管理システム、人事給与システム
  • e-コマース、システム連携
  • 電子帳票システム(帳票データの電子化)
  • 食品業界向け品質情報管理システム、製法管理システム

◆ビジネスシステム事業
お客様の多様な業務ニーズに対応した、業種・分野に特化した業務システムSI

  • 製造・流通業界向け
    販売、生産・物流、会計、原価、購買、需給、品質などのシステム開発、保守
  • 金融業界向け
    勘定系、年金、クレジットカードなどのシステム開発、保守

◆鉄鋼業界向け事業
JFEスチール株式会社および同グループ会社向けの業務システムSI

  • 鉄鋼業界向け販売、生産・物流、会計、原価、購買、需給、品質などのSI

◆基盤サービス事業
情報通信基盤の構築、運用およびそれらを利用したITインフラソリューションの提供

  • クラウドサービス、サーバ仮想化サービス
  • 情報セキュリティ支援サービス
  • 緊急地震速報サービス
  • 音声クラウドサービス
  • 情報通信機器販売及び付帯サービス(LAN構築、ヘルプデスク等)

◆DX事業
鉄鋼業界向け事業をはじめ、各事業分野と連携したDXビジネスの推進

  • オフィスソリューション、製造現場ソリューション、プラットフォーム構築サポート

参照:JFEシステムズ株式会社HP「会社概要」

続いてJFEシステムズの採用情報を簡単に見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

◆JFEシステムズの採用情報

  • 採用人数⇒毎年50人程度
  • 採用男女比⇒男性:女性=2:1
  • 採用倍率⇒6.25倍

採用倍率は6.25倍、採用人数は50人程度

◆採用倍率は6.25倍

JFEシステムズは採用倍率を公開していません。

しかし就活会議によると、JFEシステムズの内定率は16%で、ここから計算するとJFEシステムズの採用倍率は6.25倍であることが分かります。

◆採用人数は50人程度

JFEシステムズの採用人数は毎年50人程度です。

年度別採用人数は以下の通りです。

年度 採用人数
2023年度 63名
2022年度 46名
2021年度 47名

参照:マイナビ「JFEシステムズ(株)」

◆採用男女比は2:1程度

JFEシステムズの男女比は2:1程度です。

JFEシステムズの年度別の採用の男女比は以下の通りです。

年度 男性 女性
2023年度 42名 21名
2022年度 28名 18名
2021年度 32名 15名

参照:マイナビ「JFEシステムズ(株)」

JFEシステムズの就職難易度/偏差値

就活生ちゃん

JFEシステムズに就職したいと思っているのですが、就職難易度はどのくらいなのでしょうか…?

JFEシステムズが気になっている就活生の皆さんにとって、就職難易度は特に気になるポイントですよね。

JFEシステムズの就職難易度はどのくらいなのか、確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

JFEシステムズの就職難易度は「やや高い」

JFEシステムズの就職難易度は「やや高い」と考えられます。

就活会議によると、JFEシステムズの選考難易度は「4.1/5」と評価されています。

また、採用人数が50名程度と少なめであることにも注意が必要です。

しかし採用実績校一覧を見ると、幅広い大学からの採用があることがわかります。

JFEシステムズに就職することは決して簡単なことではありませんが、しっかりと選考対策を行えば内定をもらえる可能性は十分にあると考えられます。

諦めずに、丁寧に自己分析や企業研究を行ってから選考に臨みましょう。

就活アドバイザー 京香

 

「ITエンジニアになりたい!」「Web系優良企業を教えて欲しい!」という方には、レバテックルーキーを使うのが一番おすすめです。

レバテックルーキーは、IT系に特化した就活サイト/エージェントで、人気IT企業から内定をもらえる就活対策、優良企業を教えてくれます。

また、大手企業を含めた5,000社の優良企業の情報を持っているため、就活に有利になる情報もGETできますよ。

「エンジニア就職をしたい!」「有名IT企業から内定が欲しい!」というプログラミング経験者は、ぜひ利用してみてくださいね。

ちなみに、ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れますよ。

就活アドバイザー 京香

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も!

【出身大学はどこ?】JFEシステムズの採用大学一覧

就活生くん

JFEシステムズには、どんな大学出身の人がいるのでしょうか?

OB・OG訪問をしてみたいので、僕の大学から採用されて人がいるのか気になります…。

JFEシステムズではどんな大学出身の方が働いているのか気になりますよね。

それでは、JFEシステムズの採用実績校一覧を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

【JFEシステムズ採用実績校】

<大学院>
会津大学、青山学院大学、茨城大学、大阪大学、岡山大学、香川大学、関西大学、関西学院大学、九州大学、京都府立大学、近畿大学、神戸大学、上智大学、中央大学、東京大学、東京工業大学、東京理科大学、同志社大学、名古屋大学、広島大学、福井工業大学、明治大学、山口大学、立命館大学、早稲田大学

<大学>
会津大学、青山学院大学、茨城大学、岩手県立大学、愛媛大学、大阪大学、大阪教育大学、岡山大学、岡山県立大学、岡山理科大学、香川大学、香川県立保健医療大学、神奈川大学、川崎医科大学、関西大学、関西学院大学、関東学院大学、学習院大学、北九州市立大学、北里大学、九州大学、京都大学、近畿大学、慶應義塾大学、恵泉女学園大学、高知大学、甲南大学、神戸大学、駒澤大学、埼玉大学、佐賀大学、滋賀大学、下関市立大学、島根大学、上智大学、専修大学、拓殖大学、千葉大学、千葉工業大学、中央大学、筑波大学、東海大学、東京大学、東京海洋大学、東京工業大学、東京女子大学、東京電機大学、東京都市大学、東京農業大学、東京理科大学、東邦大学、東北大学、東洋大学、鳥取大学、同志社大学、長崎大学、名古屋大学、日本大学、日本女子大学、一橋大学、広島大学、法政大学、北海道大学、宮城大学、宮崎大学、明治大学、山口大学、横浜市立大学、立教大学、立命館大学、和歌山大学、早稲田大学

ハノイ工科大学、ダナン工科大学、UCLAからの採用実績もあり

参照:マイナビ「JFEシステムズ(株)」

JFEシステムズでは日本全国の様々な大学や大学院出身の方々が働いているようですね。

また、海外の大学出身者の方もご活躍されているようです。

「就活の教科書」編集部 はるな

 

ITエンジニアとして優良企業から内定をもらうには?

「ITエンジニアとして就職したい!」「優良Web系企業への内定を目指している!」という方は、レバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーでは、大手や隠れ優良IT、Web系企業5,000以上の中から「あなたの強みを活かせる企業」を教えてくれます。

また、ITエンジニア就活のプロによるカウンセリング・選考対策・ポートフォリオ添削など内定までのサポートが受けられるため、選考突破率も上がります。

優良IT企業に内定が欲しい方や、自分に合うIT企業を教えて欲しい方は、IT就活サービスの中でも特に評判の良いレバテックルーキーを利用してみてくださいね。

公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

JFEシステムズには学歴フィルターは存在するの?

就活生くん

僕はJFEシステムズに入社したいと思っています。

ですが、正直学歴に自信がありません…。

やはりJFEシステムズのような有名IT企業には学歴フィルターが存在するのでしょうか…?

JFEシステムズが有名企業だからこそ、学歴フィルターの有無は気になってしまいますよね。

それではJFEシステムズの学歴フィルターの有無について確認していきましょう!

「就活の教科書」編集部 はるな

結論:JFEシステムズに学歴フィルターは存在しない

結論から言うと、JFEシステムズに学歴フィルターは存在しないと言えます。

根拠としては、JFEシステムズが難関国公立・私立大学に限らず、様々な大学から採用者を輩出していることが挙げられます。

明らかに学歴フィルターが存在する会社であれば、高偏差値の難関大しか採用実績がないはずですよね。

理由:日東駒専・産近甲龍レベルからも採用がある

JFEシステムズに学歴フィルターは存在しないと言える理由は、難関大学に限らず中堅大学からの採用実績もあるからです。

JFEシステムズの採用実績校一覧を見てみると、難関国公立・私立大学からだけでなく全国各地の様々な大学から採用者が出ていることが分かります。

幅広い大学から採用者を出していることから、JFEシステムズには学歴フィルターは存在しない、または学歴を重視していないと推測することができます。

注意点:学歴フィルターの有無にかかわらず油断しないこと

学歴フィルターがないからと言って、企業が就活生の学歴を全く見ないわけではありません。

採用選考過程で企業が得られる就活生の情報は限られていて、学歴はその限られた情報の一部分となります。

つまり、企業は学歴を特別重視はしなくとも、選考材料の一つとする可能性は大いにあると言えるでしょう。

学歴に自信のない就活生こそ、学歴以外の自分の強みをアピールする力が重要となります。

そのため、油断せずしっかりと自己分析や企業研究などを行って選考に臨むことをお勧めします。

 

                                                   

SIer業界の就職偏差値に関する記事一覧

「自分が行きたい企業・業界の就職偏差値は高いの?」という就活生にはSIer企業の就職偏差値ランキングという記事がおすすめです。

また、各企業の解説記事を見れば、あなたの志望する企業に学歴フィルターがあるかわかります。

これらの記事を読めば、あなたが志望する企業の就職偏差値が分かるので、ぜひ読んでみてください。

就活アドバイザー 京香

「ITエンジニアになりたい!」「Web系優良企業を教えて欲しい!」という方には、レバテックルーキーを使うのが一番おすすめです。

レバテックルーキーは、IT系に特化した就活サイト/エージェントで、人気IT企業から内定をもらえる就活対策、優良企業を教えてくれます。

また、大手企業を含めた5,000社の優良企業の情報を持っているため、就活に有利になる情報もGETできますよ。

「エンジニア就職をしたい!」「有名IT企業から内定が欲しい!」というプログラミング経験者は、ぜひ利用してみてくださいね。

ちなみに、ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れますよ。

就活アドバイザー 京香

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も!

JFEシステムズに採用されるための対策法

就活生ちゃん

私はJFEシステムズに就職したいです!

JFEシステムズに採用されるためにはどんな対策をしたらよいのでしょうか?

内定を獲得する可能性を少しでも上げたいと考えたときに、気になるのは対策方法ですよね。

JFEシステムズから内定を獲得するための対策方法をいくつかご紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 はるな

JFEシステムズに採用されるための対策法
  • 対策法①:「なぜJFEシステムズなのか」を明確にしておく
  • 対策法②:「コミュニケーション力や主体性」などをアピールできるエピソードを探しておく
  • 対策法③:「unistyle」を使って内定者のESや面接回答を把握しておく
  • 対策法④:IT業界特化の就活のプロに選考対策と優良IT企業を紹介してもらう
  • 対策法⑤:インターンシップに参加して選考を有利に進められるようにしておく
  • 対策法⑥:OBOG訪問などをして他の就活生と差別化する

対策法①:「なぜJFEシステムズなのか」を明確にしておく

JFEシステムズに採用されるための対策法の1つ目は、「なぜJFEシステムズなのか」を明確にしておくことです。

「なぜJFEシステムズに就職したいのか」という志望動機を明確にしておくことで、熱意が伝わりやすくなります。

「なぜJFEシステムズなのか」を考えるときには、JFEシステムズの企業理念や経営方針といった考え方、強みを参考にしてみましょう。

就活アドバイザー 京香

【JFEシステムズの企業理念】

わが社は、先進的な情報サービス企業として
豊かな社会の形成に貢献し
顧客・株主をはじめ関係する方々の信頼に応え
新しい価値の創造に努め
絶えざる成長をめざします。

【JFEシステムズの経営方針】

  1. 世界を視野に入れ、時代・市場を切り拓く経営をおこないます
  2. 健全な「競争」と「共生」により事業の拡大につとめます
  3. 顧客の満足に向けてベストを尽くします
  4. 個性と人権を尊重し、法令を遵守する企業風土をつくります
  5. 知的資産の蓄積と活用に努め、技術力の向上をはかります
  6. 異彩・多彩で創造的な専門家集団をめざします

【JFEシステムズの強み】

◆ユーザー系SIerならではのスキル・視点

  • ユーザー系SIerとしてベンダーフリーの立場で、最善と判断したシステム・手法を国内外問わず取り入れ、市場にないものは自社開発して蓄積してきました。
  • 「お客様が使える新しさ」を最優先に考えつつ、最先端技術に対応しています。
  • JFEスチールのSI部門として、持続性あるシステム構築を追求し、ユーザーとして自らが長く使い続ける前提に立っていた経験が育んだ視点を持ち合わせています。

◆歴史が作った「数多くのお客様」と「ニッチトップ」

  • 自動車産業やプロセス産業をはじめ製造業、流通、金融業など900社を超えるお客様とお取り引きをしています。
  • 食品メーカー・原料サプライヤーの生産性・業務効率向上のため、長年にわたり培ってきた経験とノウハウを統合した独自パッケージシステムである『MerQurius(メルクリウス)』は食品業界のデファクトスタンダードとしての地位を確立しています。
  • 1997年にリリースした帳簿・書類の電子保存を支援する『FiBridge®(ファイブリッジ)』は、長期にわたり電子帳票システムの国内シェアNo.1を維持しています。

◆鉄と歩み、鉄を支え続けてきた歴史

  • 鉄鋼業の厳しい要求に応え技術を蓄積
  • JFEグループ全体のセキュリティ向上を担う活動をサポート

面接ではJFEシステムズが大切にしている考え方やスタンスと自分自身の経験や考えとを結びつけて伝えることが重要です。

また、同業他社との違いや具体的な当該企業とのエピソードなどを入れて考えると、言語化しやすいと思います。

競合他社との違いやなぜ当社なのかと聞かれた時の答え方については、以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ読んでみてください!

就活アドバイザー 京香

対策法②:「コミュニケーション力や主体性」などをアピールできるエピソードを探しておく

JFEシステムズに採用されるための対策法2つ目は、「コミュニケーション力や主体性」などをアピールできるエピソードを探しておくことです。

JFEシステムズは求める人物像として、「お客さまとの信頼関係を築き、新たな価値や満足をどう提供していくかを考え、自ら率先して動くことができる力を持った人」を挙げています。

◆JFEシステムズの求める人物像

お客さまとの信頼関係を築き⇒コミュニケーション能力誠実さ

新たな価値や満足をどう提供していくかを考え⇒創造力

自ら率先して動くことができる力⇒主体性チャレンジ精神

◆「コミュニケーション力、主体性」をアピールできるエピソード

  • サークルなどで仲間とともに何かを作り上げた際に仲間をまとめたり、自分から何かを発信したエピソード
  • 難しい課題に対して、自分から解決方法を考え出して挑戦したエピソード

チャレンジしたい人、前向きな人、想いがあり行動できる人、人とのコミュニケ―ションを大切にできる人…様々な人がJFEシステムズではご活躍されているそうです。

自分の魅力はどこにあるのか、JFEシステムズに適していると思う要素はどこにあるのか、自己PRなどでしっかりアピールできるように準備しておきましょう。

「アピールする方法がわからない…」という人は、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

就活アドバイザー 京香

対策法③:「unistyle」を使って内定者のESや面接回答を把握しておく

JFEシステムズに採用されるための対策法の3つ目は、unistyle」を使って内定者のESや面接回答を把握しておくことです。

unistyle(ユニスタイル)とは、大手企業の内定者のESが70,026枚も見れるサイトです。

JFEシステムズから内定を獲得した先輩たちがどのようにESを書いていたのか、面接でどのような質問をされたのかを詳細に知ることができるため、ぜひ参考にしてJFEシステムズの選考対策を進めていきましょう。

 

unistyle(ユニスタイル)については以下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください!

就活アドバイザー 京香

対策法④:IT業界特化の就活のプロに選考対策と優良IT企業を紹介してもらう

IT業界で優良企業や希望職種に就くための対策法は「IT業界特化の就活のプロに選考対策と優良IT企業を紹介してもらう」ことです。

就活生はIT業界にどんな種類があって、どんな優良企業がどんなレベルの人材を求めているのかなど、わからないことがたくさんありますよね。

IT業界のことにかなり詳しい就活のプロから紹介してもらうことで、自分と合わないIT企業への就職を防げます。

そこで、プログラミング経験者で自分に合う隠れ優良IT企業を教えてもらうなら、レバテックルーキーが一番おすすめです。

レバテックルーキー

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • レバテックルーキーを使うと、IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
\ 有名IT企業内定も可能! /
 お試しに適職を診断する
(レバテックルーキー)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

レバテックルーキー「8,000社以上の中からあなたに合う優良企業を紹介してくれて、ES通過率90%以上」という非常に良い実績があるので、信頼性も高いですよ。

就活アドバイザー 京香

 

対策法⑤:インターンシップに参加して選考を有利に進められるようにしておく

JFEシステムズに採用されるための対策法の5つ目は、インターンシップに参加して選考を有利に進められるようにしておくことです。

インターンシップに参加すると「入社後に働くイメージができる」「社員さんに直接質問できる」など、ネットや説明会では知りにくい情報を得ることができます。

そのため、その仕事が自分に合った仕事なのかどうかを判断するのに必要な情報を知ることができ、企業やその職種についての理解もぐっと深まるでしょう。

JFEシステムズでは以下のようなインターンシップや採用イベントを開催しています。

【攻めのITソリューション体感ワークショップ】

◆コンサルティング編~鉄で鍛えられた経験と攻めのITで顧客に新しい価値を創造するJFEシステムズの仕事とは~

〈内容〉

先輩社員アドバイスの下、ある特定顧客に対して、課題を分析し、最先端の技術を用いて新しい価値を創造するITソリューションのシステム化提案を行います。

program1:「攻めのITで食品メーカーA社に新しい価値を創造するシステムを提案しよう」

program2:事例紹介

◆RPA編~顧客の業務変革を実現するシステムソリューションの仕事を体感する~

〈内容〉

新しいIT技術 RPAを用いた設計とを体感できるプログラム。 業務を効率化するためのRPA(Robotic Process Automation)プログラムを作ってみましょう!

RPAツールとしてUiPathを実際に使用することで、実践的な仕事内容を体感することができます。

program1:「業務プロセスを改善しRPA導入提案をしよう」

program2:事例紹介

参照:JFEシステムズ採用HP「internship」

インターンシップについては、こちらの記事でも詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!!

「就活の教科書」編集部 はるな

対策法⑥:OBOG訪問などをして他の就活生と差別化する

JFEシステムズに採用されるための対策法の6つ目は、OBOG訪問などをして他の就活生と差別化することです。

OBOG訪問とは、実際にその企業で働いている人や内定者の人と会って話を聞いてみることです。

OBOG訪問を行うことで、自己分析や業界研究・企業研究の精度を高めることができます。

またほとんどの企業では、OBOG訪問をおこなった回数、OBOG訪問での印象・パフォーマンス等を評価し、本選考を行う上でその評価を活用しています。

OBOG訪問で高い評価を獲得することで、特別選考ルートに載せてもらえたり一部選考ステップが免除になったりと、内定獲得に近づくケースもあるので、積極的におこなっておくと良いでしょう。

JFEシステムズではOBOG訪問を行っていて、先輩社員をご紹介していただけるようです。

OBOG訪問をしたいという就活生の皆さんは、JFEシステムズの採用担当の方に連絡をしてみましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

「OBOG訪問ってどんな感じで進めたらいいんだろう」と気になる就活生は、こちらの記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

ITエンジニアとして優良企業から内定をもらうには?

「ITエンジニアとして就職したい!」「優良Web系企業への内定を目指している!」という方は、レバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーでは、大手や隠れ優良IT、Web系企業5,000以上の中から「あなたの強みを活かせる企業」を教えてくれます。

また、ITエンジニア就活のプロによるカウンセリング・選考対策・ポートフォリオ添削など内定までのサポートが受けられるため、選考突破率も上がります。

優良IT企業に内定が欲しい方や、自分に合うIT企業を教えて欲しい方は、IT就活サービスの中でも特に評判の良いレバテックルーキーを利用してみてくださいね。

公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

JFEシステムズの採用選考フローについて

就活生くん

実際にJFEシステムズの選考を受けることになった場合、どんなフローで選考が進んでいくのか知っておきたいです。

JFEシステムズの採用選考フローを教えてください!

対策をするうえで選考フローを把握しておくことはとても重要ですね。

JFEシステムズの採用選考フローを簡単に紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 はるな

JFEシステムズの採用選考フロー

採用選考フロー①:エントリー

採用選考フロー②:会社説明会

採用選考フロー③:能力・適性検査

採用選考フロー④:一次面接

採用選考フロー⑤:筆記試験

採用選考フロー⑥:二次面接

採用選考フロー⑦:最終面接

採用選考フロー①:エントリー

JFEシステムズの採用サイトからエントリーすることができます。

JFEシステムズの選考に進む際には、JFEシステムズの採用サイトからエントリーしましょう。

 

採用選考フロー②:会社説明会

JFEシステムの選考に進むためには、会社説明会に参加する必要があるようです。

会社説明会は、対面で行われる場合とWEB上で行われる場合があるようですね。

採用選考フロー③:能力・適性検査

能力検査はオリジナルの非言語・言語の問題となっているようです。

難易度はSPIの対策をしておけば問題ない程度という声が多くありました。

採用選考フロー④:一次面接

JFEシステムの一次面接では、以下の様な質問が過去に出題されたようです。

◆JFEシステムの一次面接での過去の質問内容例

  • 自己PR
  • 将来はどんなエンジニアになりたいか
  • どこの部署で働いてみたいか、その場所や製鉄所はどこにあるか知っているか
  • 当社で携わりたい業務
  • 自分の強み・弱み
  • ゼミでの活動
  • SEの業務はどのような仕事だと認識しているか教えてください。

1次面接はオンラインで、優しい雰囲気の中で進んでいくようです。

インターンなどに参加していると、人事の方に顔を覚えてもらっている可能性もあるようです。

採用選考フロー⑤:筆記試験

筆記試験では1000字程度の小論文が出されるようです。

◆過去に出題された小論文のテーマ例

  • 当社を志望する理由と入社後にやりたいこと
  • ITを志望した理由と弊社でしてみたいこと

採用選考フロー⑥:二次面接

JFEシステムの二次面接では、以下の様な質問が過去に出題されたようです。

◆JFEシステムの二次面接での過去の質問内容例

  • 研究内容とその研究内容はうちでどのように活かせるか
  • ITを志望する理由は何か
  • なぜ製鉄や製造業関連のデジタル化に興味があるのか
  • 同じような企業がある中で、なぜJFEシステムズなのか
  • ストレスをどのように解消しているか
  • 逆質問

面接は和やかな雰囲気の中で行われるようです。

基本的には一次面接で聞かれたことを深堀りするような内容の質問となっているようですね。

採用選考フロー⑥:最終面接

JFEシステムの最終面接では、以下の様な質問が過去に出題されたようです。

◆JFEシステムの最終面接での過去の質問内容例

  • 自己紹介
  • 研究でどんなことをしているのか
  • 学生時代に力を入れたこと
  • 逆質問

逆質問の時間が多く、面接自体に学生のイメージと実際の会社のイメージをすり合わせる意図があったと考えられます。

面接時間も短めで、質問もあまり深堀りしてくるようなものはないようです。

「ITエンジニアになりたい!」「Web系優良企業を教えて欲しい!」という方には、レバテックルーキーを使うのが一番おすすめです。

レバテックルーキーは、IT系に特化した就活サイト/エージェントで、人気IT企業から内定をもらえる就活対策、優良企業を教えてくれます。

また、大手企業を含めた5,000社の優良企業の情報を持っているため、就活に有利になる情報もGETできますよ。

「エンジニア就職をしたい!」「有名IT企業から内定が欲しい!」というプログラミング経験者は、ぜひ利用してみてくださいね。

ちなみに、ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れますよ。

就活アドバイザー 京香

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も!

JFEシステムズの採用に関するよくある質問

就活生ちゃん

JFEシステムズの採用について、だんだんわかってきました。

他にJFEシステムズの採用について知っておくべきことはありますか?

それでは最後に、JFEシステムズの採用に関するよくある質問をいくつかご紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 はるな

JFEシステムズの採用に関するよくある質問
  • 質問①:JFEシステムズはインターンシップ参加者に優遇があるの?
  • 質問②:JFEシステムズはやばいってホント?
  • 質問③:JFEシステムズの福利厚生には何がある?
  • 質問④:ユーザー系SIerは他にどんな企業があるの?

質問①:JFEシステムズはインターンシップ参加者に優遇があるの?

JFEシステムズの採用に関するよくある質問1つ目は、「JFEシステムズはインターンシップ参加者に優遇があるの?」です。

JFEシステムズではインターン参加者に対して冬に本選考の案内を送る優遇制度を設けているようです。

また、エントリーシート(ES)の内容も、インターンシップの際のエントリーシート(ES)とほとんど同じだったり、基本情報の他にインターンの感想を書けば良いものとなったりするようです。

インターンシップに参加した人からは、「JFEシステムズの詳しい企業説明を聞くことができるため企業理解がより高い状態で選考に臨めた」「社員の方たちの雰囲気に魅力を感じたと有意義な時間が過ごせた」という声が多くありました。

JFEシステムズのインターンシップは業界や当該企業についての理解が深まったり、JFEシステムズでの仕事を試してみることができる貴重な機会です。

ぜひインターンシップには積極的に参加して、本選考の際に他の就活生との差別化を図ることができるようにしてくださいね!

インターンシップについては、こちらの記事でも詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!!

就活アドバイザー 京香

質問②:JFEシステムズはやばいってホント?

JFEシステムズの採用に関するよくある質問2つ目は、「JFEシステムズはやばいってホント?」です。

正確な理由はわかりませんでしたが、JFEシステムズがどんな企業か調べるために「JFEシステムズ やばい」と言うワードで検索される方がいらっしゃるのではないでしょうか?

就活アドバイザー 京香

JFEシステムズでの働き方は以下のようになっているようです。

◆JFEシステムズでの働き方

〈従業員について〉

  • 従業員平均年齢⇒44.4歳

〈勤務時間について〉

  • 基本勤務時間⇒9:00~17:30
  • 基準労働時間⇒7時間45分
  • フレックスタイム制あり
  • コアタイム⇒10:30~15:00

〈平均残業時間〉

  • 平均残業時間⇒約17時間

※仕事のピーク時は残業時間が増えることもあるようですが、一時的なものとなっているようです。

〈有給〉

  • 有給⇒年間20日

※利用しきれなかった分は翌年まで繰り越すことができます。

  • フリーバカンス制度…毎年連続して7日以上連続して休暇を利用できる制度

社員の7割が毎年7日以上フリーバカンスを取得しているようです。

〈年収〉

  • 平均年収⇒741万円

続いての、質問③ではJFEシステムズの福利厚生についてご紹介しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 はるな

 

ちなみに、会社の評判について知りたい方は、口コミサイトで調べてみるのもおすすめです。

口コミサイトについてはこちらの記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

就活アドバイザー 京香

質問③:JFEシステムズの福利厚生には何がある?

JFEシステムズの採用に関するよくある質問3つ目は、「JFEシステムズの福利厚生には何がある?」です。

JFEシステムズの福利厚生には以下のようなものがあります。

◆JFEシステムズの福利厚生

  • 寮(新人研修の間利用可能)/借上寮制度(住む場所を選んで会社が契約し、家賃の一部を会社が補助する制度)
  • 社宅
  • 財形貯蓄
  • 通勤費補助
  • 育児休業
  • 介護休業(最長2年の休業が可能/時短/介護休暇最大10日/年

質問④:ユーザー系SIerは他にどんな企業があるの?

よくある質問4つ目は、ユーザー系SIerは他にどんな企業があるの?です。

ユーザー系SIerに就職したいと考えている人は他の競合企業についても知っておきたいですよね。

ユーザー系SIerの企業一覧は以下のとおりです。

ぜひ参考にしてください。

 

ITエンジニアとして優良企業から内定をもらうには?

「ITエンジニアとして就職したい!」「優良Web系企業への内定を目指している!」という方は、レバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーでは、大手や隠れ優良IT、Web系企業5,000以上の中から「あなたの強みを活かせる企業」を教えてくれます。

また、ITエンジニア就活のプロによるカウンセリング・選考対策・ポートフォリオ添削など内定までのサポートが受けられるため、選考突破率も上がります。

優良IT企業に内定が欲しい方や、自分に合うIT企業を教えて欲しい方は、IT就活サービスの中でも特に評判の良いレバテックルーキーを利用してみてくださいね。

公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

まとめ:JFEシステムズの採用情報を公式HPでも確認してみよう

いかがでしたか。

今回はJFEシステムズの採用情報をご紹介させていただきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

また、次の記事でお会いしましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

最後に今回の内容を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆【どんな会社?】JFEシステムズの就職難易度/偏差値について

  • JFEシステムズはどんな会社か
  • 採用倍率は6.25倍、採用人数は50名
  • JFEシステムズの就職難易度/偏差値

◆【出身大学はどこ?】JFEシステムズの採用大学一覧

◆JFEシステムズの採用で学歴フィルターは存在するの?

  • 結論:JFEシステムズに学歴フィルターは存在しない
  • 理由:日東駒専・産近甲龍レベルからも採用がある
  • 注意点:学歴フィルターの有無にかかわらず油断しないこと

◆就活を効率よく進める方法

  • 方法:スカウトアプリを使って直接オファーを受け取る
  • 方法:就活のプロに内定までサポートしてもらう
  • 方法:就活力診断で自分の実力を把握する
  • 方法:プログラミング経験を活かしてITエンジニアとして就職する

◆JFEシステムズに採用されるための対策法

  • 対策法①:「なぜJFEシステムズなのか」を明確にしておく
  • 対策法②:就活のプロのサポートを受ける
  • 対策法③:「コミュニケーション力や主体性」などをアピールできるエピソードを探しておく
  • 対策法④:「unistyle」を使って内定者のESや面接回答を把握しておく
  • 対策法⑤:インターンシップに参加して選考を有利に進められるようにしておく
  • 対策法⑥:OBOG訪問などをして他の就活生と差別化する

◆JFEシステムズの採用選考フローについて

  • 採用選考フロー①:エントリー
  • 採用選考フロー②:会社説明会
  • 採用選考フロー③:能力・適性検査
  • 採用選考フロー④:一次面接
  • 採用選考フロー⑤:筆記試験
  • 採用選考フロー⑥:二次面接
  • 採用選考フロー⑥:最終面接

◆JFEシステムズの採用に関するよくある質問

  • 質問①:JFEシステムズはインターンシップ参加者に優遇があるの?
  • 質問②:JFEシステムズはやばいってホント?
  • 質問③:JFEシステムズの福利厚生には何がある?

◆まとめ:JFEシステムズの採用情報を公式HPでも確認してみよう