【内定者が教える】就活が怖い”就活恐怖症”で動けない理由と解決方法

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • 就活が怖い理由は「準備」と「自信」が足りないから
  • 「就活が怖い」人におすすめの6つの解決方法
  • 就活が怖い人の具体例9つ
  • 「就活したくない…やる気でない…」という方は、irodasSALONで相談してみるのが一番おすすめ

こんにちは!「就活の教科書」編集部の松村です。

就活のことを考えると怖くなることないですか?

「就活の教科書」編集部 松村

就活生ちゃん

就活で怖くなること、よくあります。

何が怖いのか自分でもわかりませんが、このままじゃ納得のいく就活ができない気がします。

就活生くん

就活の怖さをどうやって解決したらいいかわかりません。

 

この記事では「就活が怖い理由2つ」と「解決方法5つ」を紹介します。

加えて、”就活恐怖症”や具体的に何が怖いかについても説明します。

誰でも就活が怖くなることはあります。

しかしあなたは、就活が怖いけど前向きに頑張ろうとしているはずです。

この記事を読んで、就活の怖さを克服するだけでなく、就活が上手くいくきっかけが掴みましょう。

「面接やESでたくさん落とされた…もう就活したくない!」という方はirodasSALONを使うのが一番おすすめです。

irodasSALNを使うと、自己分析~内定まで正しいやり方親身に寄り添ってくれるので、内定がもらえる確率が高くなります。

「早く就活から解法されたい!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> irodasSALONを使ってみる

 

就活が怖い理由は「準備」と「自信」が足りないから

就活生ちゃん

就活が怖いんですけど、なんで怖いのか理由がわからないです。

漠然とした怖さのせいで、就活が上手くいく気がしません。

就活が怖いと感じている方は多いですが、怖い理由を知っている方はほとんどいません。

怖さを解消して就活を進めるには、まず就活が怖いと感じる理由を知っておきましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

就活が怖いと感じるのには、明確な2つの理由があります。

  • 準備が足りない
  • 自分に自信がない

就活が怖いのはこの2つのせいですが、ほとんどの就活生は気づいていません。

「就活の教科書」編集部 松村

 

理由①:準備が足りない

就活が怖いと感じる理由の1つ目は、「準備が足りない」からです。

人は本能的に、”よくわからないもの”に対して怖いと感じます。

準備が不足していると、これから何が起こるのかわからないので、怖いと感じてしまいます。

よくわからないものに対して「危険かもしれない」と本能が判断するからです。

準備することはたくさんあったので早めに取り掛かることをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 松村

 

理由②:自分に自信がない

就活が怖いと感じる理由2つ目は、「自分に自信がない」からです。

人は自分が傷つくのを極度に恐れます。

人が精神的に傷つくのは、自分を否定されたときです。

自分を否定されると自分を無価値だと思い込んでしまいます。

就活でも、自分が否定されるかもしれないと思うと怖くなります。

 

自分に自信がない人は、ネガティブな思考で起こるはずのないことにも怯えてしまいます。

就活で動き出せない方は、この先悪いことが起こると勘違いしていることが多いです。

僕も面接でボコボコにされたときは、落ち込みました。

その後の面接が怖くて仕方なかったです。

自分に自信がなく「就活が怖い」と考えている人は、少しでも就活で自分に自信をつけることができますので、こちらの記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

「就活が怖い」人におすすめの解決方法

具体的に就活の何が怖いのかわかったら、自分に合った方法で解決していきましょう。

就活が怖くなくなる方法を5つ紹介します。

就活が怖い人におすすめの方法
  • 解決方法①:就活のプロに悩みを相談して、就活をサポートしてもらう
  • 解決方法②:自己分析
  • 解決方法③:実践で慣れる
  • 解決方法④:就活情報を集める
  • 解決方法⑤:大学のキャリアセンターに相談する
  • 解決方法⑥:身近な人に相談する

どれか一つでも試してみると怖さは軽減されますよ。

僕の経験上、自分にない価値観を持っている人に会うと、就活が楽しくなり怖さを忘れられました。

「就活の教科書」編集部 松村

 

解決方法①:就活のプロに悩みを相談して、就活をサポートしてもらう

就活が怖いときの解決方法の1つ目は、「就活のプロに悩みを相談して、就活をサポートしてもらう」です。

就活エージェントとは、就活のプロが就活全般をサポートしてくれるサービスです。

就活エージェントを使うと、就活生の不安や悩みを解決してくれ、就活生が一番恐怖を感じやすい面接の練習も行ってくれます。

アドバイザーが、丁寧に企業の紹介や選考対策などしてくれるので、就活について何もわからない方でも大丈夫ですよ。

結論をお伝えすると「早く就活を終わらせたいけど、就活怖い…」という方はirodasSALONを使うのが一番おすすめです。

irodasSALONを使うと、就活生に親身に寄り添ってくれるので、就活の恐怖や不安、悩みを解消してくれます。

また、あなたに合った優良企業を紹介してくれたり、自己分析~面接練習もしてくれるので、恐怖心なく選考に挑めますよ。

「就活しないとやばいけど、怖いからなかなか一歩が踏み出せない…」という方は、ぜひirodasSALONで相談してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 松村

>> irodasSALONを見てみる

 

就活エージェントなら、就活のやり方が分からず不安な人も、初歩的なことから教えてくれるので安心です。

僕も就活中はいくつか就活エージェントのお世話になりました。

「就活の教科書」編集部 松村

 

irodasSALONについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

 

解決方法②:自己分析

就活が怖いときの解決方法の1つ目は、「自己分析」です。

漠然とした未来が怖い方におすすめです。

未来が不安なときは、自己分析で人生の逆算をしてみましょう。

人生を逆算し、今何をすべきか明らかになれば、動き出せます。

 

ここで、自己分析におすすめなサービスとしてキミスカ適性検査(キミスカ)があります。

「キミスカ適性検査」は逆求人サイトのキミスカが提供している適性診断であり、職務適性、価値観の傾向などの9つの観点で自己分析出来ます。

まずは自分のことを客観的に知ることで、少しでも不安を取り除きましょう。

加えて、逆求人サイト「キミスカ」に登録すると、適性診断の結果を見た企業からオファーも来て、一石二鳥です。

 

キミスカ適性検査についてもっと詳しく知りたいという方は、以下の記事を参考にしてみて下さい。

 

解決方法③:実践で慣れる

就活が怖いときの解決方法の2つ目は、「数をこなして慣れる」です。

グループディスカッションや面接での失敗が怖い方におすすめです。

本やサイトの知識だけでは怖さは解消できません。

第一志望の企業の選考の前にたくさん実践を積んでおけば、怖いと感じることはなくなります。

僕も数え切れないほど失敗をしてきました。

たくさんの実践がなければ、内定は獲得できなかったと思ってます。

実践が足りていないと感じている人は、グループディスカッションや面接の練習方法が分かりますので、こちらの記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

解決方法④:就活情報を集める

就活が怖いときの解決方法の3つ目は、「就活情報を集める」です。

情報が無くこれから何をすれば良いのか分からないという状況は、非常に不安になるものです。

情報が足りないせいで不安を感じている人は、就活情報サイトで情報収集をすると安心しますよ

ちなみに、就活情報サイトはいくつかありますが、まずは「unistyle(ユニスタイル)を登録しておきましょう。

ユニスタイルなら、業界研究・自己分析のやり方に加え、内定者のESまで参考にすることが出来ます。

有益な情報を集めて、就活への不安を少しでも取り払いましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

他にも、有益で無料の就活情報サイトはいくつかあるので、紹介しておきます。

この3つを併用すれば、必要な情報は大体集まるので参考にしてみて下さい。

就活情報サイト

◆情報サイト①:ユニスタイル(一番おすすめ)
・LINEのオープンチャットで他の就活生の選考状況を確認できる
・内定者のESが見放題

◆情報サイト②:ワンキャリア
・内定者による選考の体験談

◆情報サイト③:キャリアパーク
・自己分析や面接対策・ES対策のコラム
・最新の選考情報

 

解決方法⑤:大学のキャリアセンターに相談する

就活が怖いときの解決方法の4つ目は、「大学のキャリアセンターに相談する」です。

大学のキャリアセンターは、就活に関する相談に乗ってくれます。

キャリアセンターは大学が運営しているので、とても信頼できて通いやすいです。

就活に詳しくて、なるべく信頼できる人に相談したいという方におすすめです。

知らない人に会うのが怖いと言っていた友達はキャリアセンターに相談していました。

「就活の教科書」編集部 松村

 

キャリアセンターについては、使い方やメリットをこちらの記事でで解説していますので、合わせて参考にしてください。

 

解決方法⑥:身近な人に相談する

就活が怖いときの解決方法の5つ目は、「身近な人に相談する」です。

とにかく誰でもいいから話を聞いてほしいという方におすすめです。

相談する相手は、両親か信頼できる友達など選んでください。

親身になって話を聞いてくれなければ意味がないからです。

親に励まされるだけで怖さは薄れました。

就活の相談相手について悩んでいる人は、相談相手のおすすめが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

たった30秒の就活力診断で人事からの評価を一気に上げるポイントが分かります。

こちらの就活力診断では、あなたの就活戦闘力(Sランクは約2%)や、あなたが今するべき就活対策の全てがわかります。

診断結果から自分の足りていないところがわかり、一気に人事からの評価を上げることができます。

もし「このままで内定取れるのかな」「今、何をするべきか分からない」と悩んでいるなら就活力診断を試してみてください。

>> 就活力診断をしてみる(LINEで無料診断)

 

また、「就活が怖い」と感じている時は気分が落ち込んでいるので、応援してくれるような曲を聴いて気分転換することも大切です。

とくに就活中に聞くと響く「就活応援ソング」を紹介している記事があるので、気分転換して気持ちを切り替えたい就活生は読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 松村

 

就活が怖い人の具体例10個

就活が怖いと感じている方は、怖さが漠然としいる場合が多いです。

「就活の教科書」編集部 松村

自分が具体的に何を怖がっているのか明確にしておくことで、適切な解決方法を選べます。

就活が怖いと感じる具体例を7つ紹介します。

  • 企業説明会が怖い
  • グループディスカッションが怖い
  • 面接が怖い
  • 合否通知が怖い
  • 内定ゼロになるのが怖い
  • 社会人になるのが怖い
  • 漠然とした未来が怖い
  • 知らない人と出会うのが怖い
  • 親の目が怖い
  • 就活が上手くいきすぎて怖い

一つずつ説明していきます。

自分に当てはまるか確認してみてください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

先に伝えておくと「早く就活を終わらせたいけど、就活怖い…」という方はirodasSALONを使うのが一番おすすめです。

irodasSALONを使うと、就活生に親身に寄り添ってくれるので、就活の恐怖や不安、悩みを解消してくれます。

また、あなたに合った優良企業を紹介してくれたり、自己分析~面接練習もしてくれるので、恐怖心なく選考に挑めるようになりますよ。

就活や面接を受けるのが怖いからなかなか一歩が踏み出せない…」という方は、ぜひirodasSALONで相談してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 松村

 

具体例①:企業説明会が怖い

就活が怖いと感じるのは具体例1つ目は、「企業説明会が怖い」です。

説明会で怖いと感じるのは、質問をするときです。

「自分が話を聞き逃しているだけかも」とか「周りの学生に笑われたらどうしよう」と思うと質問するのが怖くなります。

学生数の多い説明会は、周りの学生が優秀に見えて逃げ出したくなります。

しかし、怖い気持ちを和らげるためには、「準備」が大切です。

説明会で「就活が怖い」と感じている人は、説明会に必要な準備が分かりますので、こちらの記事を読んで見てください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

具体例②:グループディスカッションが怖い

就活が怖いと感じる具体例2つ目は、「グループディスカッションが怖い」です。

グループディスカッションは、グループのメンバーやお題がわからず、自分の実力が発揮できるか怖くなります。

そこで、グループディスカッションは回数を重ねれば上達するので、グループディスカッションイベントで練習する方法を紹介します。

GDイベントには、本命企業を受ける前の練習として参加する就活生も結構多いです。

ちなみにグループディスカッションイベントで一番オススメは「Meets Company(ミーツカンパニー)」です。

ミーツカンパニーなら、GDの後にフィードバックがもらえるので、GD対策には最適です。

合否を気にせず、気楽な気持ちでGDの経験を積みたいという就活生には、特におすすめです。

「就活の教科書」編集部 松村

Meets Company(ミーツカンパニー)を見てみる

 

グループディスカッションで「就活が怖い」と感じている人は、克服するための対策と練習がわかりますので、こちらに記事を参考にしてみてください。

 

 

具体例③:面接が怖い

就活が怖いと感じる具体例3つ目は、「面接が怖い」です。

コミュニケーションが苦手な人やあがり症の人は、長時間人事と向き合う面接を怖いと感じます。

上手く話せなかったり、質問に答えられなかったりするからです。

顔が怖い面接官とか嫌ですよね。

就活の面接では、「準備」「練習」がとても大切です。

面接で「就活が怖い」と考えている人は、「面接恐怖症」になる理由や面接の準備と練習をするために必要なことが網羅的に分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

具体例④:合否通知が怖い

就活が怖いと感じる具体例4つ目は、「合否通知が怖い」です。

選考の合否を知るまでのドキドキを怖いと感じます。

落ちていたときの考えるとさらに怖くなります。

持ち駒が減るのは怖いですよね。

「就活の教科書」編集部 松村

 

具体例⑤:内定ゼロになるのが怖い

就活が怖いと感じる具体例5つ目は、「内定ゼロになるのが怖い」です。

まだ内定がない人にとって、最終的に内定がゼロになってしまうことは一番避けたいことです。

内定ゼロにならないためも、まずは内定を1つ持っておくと安心感が出てきます。

就活生ちゃん

確かに、内定ゼロになるのは本当に怖いです。

とりあえず内定を1つ確保しておきたいです。

内定を貰える確率を上げるために、ありきたりですが、なるべく多くの企業にエントリーしておきましょう。

例えば、逆求人サイト「OfferBox(オファーボックス)」なら、プロフィールを書いておくだけで、企業から選考の案内をしてくれます。

内定ゼロにならないように、受けれる企業数を増やしておきましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

メモ

ちなみに、もっと確実に内定が欲しい就活生には、就活エージェントの利用をおすすめします。

例えば、「キャリアチケット」なら、企業紹介だけでなく、面接・ES対策、自己分析まで徹底サポートしてくれるので、内定率が格段に上がりますよ。

 

具体例⑥:社会人になるのが怖い

就活が怖いと感じる具体例6つ目は、「社会人になるのが怖い」です。

社会人は学生に比べて、責任が重く自由が少なくな流ので、怖いと感じます。

就職先がブラック企業だったら、と考えるともっと怖くなります。

ずっと学生のままがいいですよね。

働くのが怖いと感じる人の特徴については以下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

具体例⑦:漠然とした未来が怖い

就活が怖いと感じる具体例7つ目は、「未来が漠然としていて怖い」です。

未来が漠然としていると、自分がちゃんと生きていけるのか怖くなります。

未来は不確定でよくわからないので、怖くなるのも無理はないです。

日本の未来は予測不能ですもんね。

「就活の教科書」編集部 松村

 

具体例⑧:知らない人と出会うのが怖い

就活が怖いと感じる具体例8つ目は、「知らない人と出会うのが怖い」です。

最近では、就活のマッチングサービスが原因の事件が起こっています。

特に女子学生は知らない社会人と実際に会うのは抵抗があるはずです。

知らない人と会うときは、なるべく日中を選びましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

具体例⑨:親の目が怖い

就活が怖いと感じる具体例9つ目は、「親の目が怖い」です。

親から期待されている就活生は少なくないはずです。

親としては幸せな人生を送ってほしいと思うがあまり、我が子にプレッシャーをかけてしまいます。

無名企業の内定しかもらえなかったら何を言われるかわからないです。

親の目が一番怖いかもしれませんね。

「就活の教科書」編集部 松村

 

具体例⑩:就活が上手くいきすぎて怖い

就活が怖いと感じる具体例10個目は、「就活が上手くいきすぎて怖い」です。

良いことが立て続けに起こると、次は悪いことが起こるのではないかと怖くなります。

就活が上手くいくのは喜ばしいことですが、油断は大敵です。

就活が怖い具体例を9つ紹介しました。

一つでも当てはまるものがあったら、これから説明する解決方法を参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

就活が怖いことを”就活恐怖症”という

就活生ちゃん

就活が怖くて動けないです。

就活が怖いのは私だけですか?

心配しないでください。

ほとんどの就活生は就活が怖いと思っています。

”就活恐怖症”という造語ができるほど、多くの就活生が就活を怖いと感じています。

僕も就活恐怖症でしたが、克服して無事内定をいただきました。

「就活の教科書」編集部 松村

就活生ちゃん

就活が怖いせいで寝つきが悪く、勉強も手につきません。

就活恐怖症っていつまで続くんですか?

就活恐怖症は克服するまで続きます。

就活恐怖症になるのは、大学3年生が一番多いと言われています。

一年以上も就活恐怖症に苦しめられるなんて嫌ですよね。

「就活の教科書」編集部 松村

就活生ちゃん

就活恐怖症のまま就活を始めるとどうなるんですか?

就活恐怖症のまま就活を始めると、就活が上手くいかないことが多いです。

就活で後悔しないためには、就活恐怖症を一刻も早く解決しておく必要があります。

今回紹介した解決方法で「就活が怖い状況」から脱出しましょう!

「就活の教科書」編集部 松村

 

就活恐怖症の人はなんとなく「内定が無かったらどうしよう」など、終わりの見えない戦いの不安に襲われていると思います。

しかし、毎年大半の大学生は就職できており「なんとかなる」のが実情です。

不安を打ち消すためにも、この記事を読んで就活が「なんとかなる理由」を理解しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:就活が怖いときは何か行動しよう

「【内定者が教える】就活が怖い”就活恐怖症”で動けない理由と解決方法」はいかがだったでしょうか。

この記事では、「就活が怖い理由2つ」と「就活が怖い人におすすめの解決方法5つ」を紹介しました。

加えて、”就活恐怖症”や具体的に何が怖いかについても説明しました。

記事の内容をまとめると以下のようになります。

まとめ

就活が怖い理由

  • 準備が足りない
  • 自分に自信がない

解決方法

  • 自己分析
  • 実践で慣れる
  • 大学のキャリアセンターに相談する
  • 身近な人に相談する
  • 就活エージェントを活用する

就活が怖いからといって何もしなけば、前へ進めません。

就活が怖いときは何かしら行動を起こしましょう。

まずは自己分析から始めてみてはいかがですか?

「就活の教科書」では就活に役立つ記事がたくさん載っています。

ぜひ他の記事も読んでください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

最後に、就活が怖いと感じている人に、ぜひ読んでほしい他の記事を紹介しておきます。

納得のいく就活を目指している人は、あなたのためになる情報が載っていますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。