【17選】人と関わる仕事一覧 | 就く上での注意点,向いている人の特徴も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ すでに180,000人以上が利用中! /
LINE適職診断 あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

LINE適職診断とは
(https://reashu.com/)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

皆さんこんにちは。「就活の教科書」編集部のはるなです。

今回は人と関わる仕事についてご紹介させていただこうと思います。

就活生の皆さんは、「人と関わる仕事」と聞くとどんな職業を思いつきますか?

「就活の教科書」編集部 はるな

就活生ちゃん

接客業や営業の仕事は「人と関わる仕事」と言えるのではないでしょうか?

就活生くん

僕は人とお話しすることが好きなので「一人で黙々と進める仕事」よりも「人と関わる仕事」の方が、自分には合っているのではないかなと思っているのですが…。

教師とか指導する立場の仕事も生徒たちと関わっていますよね。

皆さんはどんな仕事を思いつくことができましたでしょうか?

「就活の教科書」編集部 はるな

というわけで、この記事では「人と関わる仕事」とはどんな仕事で、具体的にはどんな職業があるのかをご紹介させていただこうと思います。

併せて、 「人と関わる仕事」の魅力や、「人と関わる仕事」に就く際の注意点なども確認していきたいと思います。

◆特に読んでいただきたい就活生の皆さん

  • 「人と関わる仕事」に就きたいと考えている就活生の皆さん
  • 「人と関わる仕事」に少しでも興味を持っている就活生の皆さん

ぜひ最後までこの記事をご覧になってくださいね。

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断、人気No.1の「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! / あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【楽しい!】人と関わる仕事とは?

就活生ちゃん

そもそも人と関わる仕事ってどんな仕事を指すんですか?

まずは、「人と関わる仕事」とはどのような仕事を指すのかを確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

 

人と関わる仕事=お客様と直接かかわる仕事

就活生ちゃん

どんな仕事でも自分の作ったものが誰かの役に立ったり、仕事仲間とプロジェクトを進めたりすると思うので、その機会が多かれ少なかれ人と関わっていると思うのですが…。

その通りです。

しかし、仕事の種類によっては仕事を遂行する上で人と関わらずにはいられない仕事、他の仕事よりも人と関わることが多い仕事も存在しますよね。

そこでこの記事では、「お客様と直接かかわる仕事」を特に人と関わる機会が多くある、人と関わらずには遂行することができない仕事と考えて、「人と関わる仕事」と呼ぶことにしたいと思います。

「就活の教科書」編集部 はるな

就活生ちゃん

なるほど。

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

人と関わる仕事は大きく分けて3タイプある

就活生ちゃん

「人と関わる仕事」は「お客様と直接かかわる仕事」を指すということはわかりましたが…。

どのような仕事が、特に人と関わる機会が多かったり、人と関わらずには遂行できなかったりする仕事と言えるのでしょうか?

「人と関わる仕事」にはどんな仕事があるのか、簡単にご紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 はるな

◇人と関わる仕事

  • 人と接する仕事:接客業、営業など
  • 人を助ける仕事:医師、歯科医師、介護スタッフなど
  • 人を指導/支援する仕事:教師、インストラクターなど

 

タイプ①:人と接する仕事

人と関わる仕事のタイプ1つ目は、「人と接する仕事」です。

接客業や営業職などお客様と実際に接して商品をお勧めしたり、商品の説明を行ったりする仕事は人と関わる仕事と言えるでしょう。

また、ホテル従業員や客室乗務員など、お客様に快適に過ごしていただくために働く職種も、お客様と関わってお客様に気を配ったり、要望にお応えする必要があります。

 

タイプ②:人を助ける仕事

人と関わる仕事のタイプ2つ目は、「人を助ける仕事」です。

医師や看護師などの職種は、患者の状態を把握したり治療するために、患者と直接かかわる必要があります。

また、エステシャンやセラピストなども、マッサージやカウンセリングなどを通して患者と関わる仕事だと考えられます。

 

タイプ③:人を指導/支援する仕事

人と関わる仕事のタイプ3つ目は、「人を指導/支援する仕事」です。

教師や塾講師・家庭教師などは、生徒がどこを分かっていてどこを教える必要があるのかを把握するため、また生徒が抱える目標はどのようであるかを把握して指導するためにも、生徒・保護者と関わる必要があります。

スポーツのインストラクターなども、指導すると言う形で生徒と関わる仕事であると言うことができるでしょう。

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【人と関わる仕事】人と接する仕事7選

就活生くん

「人と関わる仕事」は大きく分けると「人と接する仕事」「人を助ける仕事」「人を指導/支援する仕事」の三種類があるんですね。

続いては、人と関わる仕事の具体的な仕事とその仕事内容を簡単に確認していきましょう。

まずは「人と接する仕事」からご紹介しますね!

「就活の教科書」編集部 はるな

〈人と関わる仕事 ~人と接する仕事編~〉

  • 仕事①:アパレル販売員
  • 仕事②:営業職
  • 仕事③:コンサルタント業
  • 仕事④:人事職
  • 仕事⑤:ホテル従業員
  • 仕事⑥:客室乗務員
  • 仕事⑦:ホールスタッフ(飲食店)
ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

仕事①:アパレル販売員

人と接する仕事1つ目は、アパレル販売員です。

アパレル店員は、来店したお客様に商品の説明やコーディネートの提案などを行う接客だけでなく、レジ打ちや電話対応陳列した商品の補充や整頓在庫の管理などの仕事を担っています。

来店されたお客様と接する機会が多いため、人とコミュニケーションをとることが好きな人に向いている職業と言うことができるでしょう。

ちなみに、アパレル(英:apparel )は衣服を意味する単語で、「~へ(ad-)備える(paro)→装備する、衣服を付ける」がコアな語源と言われているようです。

「就活の教科書」編集部 はるな

参照:語源英和辞典

 

仕事②:営業職

人と接する仕事2つ目は、営業職です。

営業職の仕事は、メーカーや商社に所属し、企業や顧客に自社のサービスや製品を使ってもらうための営業を行うことです。

実際に顧客や企業のもとへ赴き、顧客との対話から顧客の抱えている課題や願望を見つけ、自社の製品・サービスがその解決策となることをアピールして購入や契約に繋げます

営業職の仕事をするうえで、取引先とコミュニケーションを上手に行うこと、顧客と対話することは欠かせないため、人と関わる職業であると言えるでしょう。

 

仕事③:コンサルタント業

人と接する仕事3つ目は、コンサルタント業です。

コンサルタント業の仕事は、企業や機関からの抱えている課題についての相談に乗り、その解決をサポートすることです。

どのようにサポートするかを考えていく上で、依頼先から課題の現状や今後どうしたいのかといった要望をしっかりと聞き出すことが大切です。

そのため、依頼先と上手にコミュニケーションを取りながら仕事を進めていくことが求められます。

「コンサルタント職に興味があるけど自分に向いているか分からない…」という方は、LINE適職診断を利用して自分に向いている職業を見つけましょう。

LINE適職診断では、8つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに向いている職業を紹介してくれるので、忙しい方にもおすすめです。

「就活の教科書」編集部 はるな

 

仕事④:人事職

人と接する仕事4つ目は、人事職です。

人事職は、所属している企業の人材の採用・配置・教育評価制度の設計・運用従業員の働く環境の整備などを担っています。

人事の仕事を遂行する上では、採用面接で就活生と関わったりより良い人事配置・環境整備のために従業員を観察したりと、人と接することが欠かせません。

また会社には様々な人が所属しているので、個々人に合った人事配置・環境整備のためには、相手の立場に立って物事を考える力、公平な立場から判断する力など、人とより良くコミュニケーションを取る上で重要な力が求められると考えられます。

 

仕事⑤:ホテル従業員

人と接する仕事5つ目は、ホテル従業員です。

ホテル従業員の仕事には、ドアマンやフロントスタッフ、コンシェルジュ、宴会スタッフなど様々な種類があります。

お客様が気持ちよくホテルで過ごせるようにお客様の様子に気を配り、お客様の要望を聞き出したり、要望に沿って行動することが求められます。

そのためにも、お客様のことを第一に考えるホスピタリティをもってお客様と接する姿勢が重要です。

 

仕事⑥:客室乗務員

人と接する仕事6つ目は、客室乗務員です。

客室乗務員の仕事は、航空機の中で乗客が快適に過ごせるようにサポートや食事や飲み物のサービスを行ったり、緊急時の保安対応を行ったりすることです。

乗客が機内に乗り込む際には、乗客の出迎えや荷物をしまうサポートを行います。

フライト中は乗客の様子に気を配り、必要があれば乗客から要望を聞き出して毛布の提供や機内食の販売を行います。

目的地到着後には、機内から乗客が降りるのをサポートし、破損した設備がないか、乗客の忘れ物がないかなど機内を点検します。

乗客に快適なフライトを提供するためには、乗客の様子に気を配ったり、上手にコミュニケーションを取って乗客の要望を聞き出すことが重要と考えられます。

 

仕事⑦:ホールスタッフ(飲食店)

人と接する仕事7つ目は、ホールスタッフ(飲食店)です。

ホールスタッフ(飲食店)は、レストランやカフェに来店されたお客様のご案内や注文受け付け、料理の配膳や会計などの仕事を担います。

ウェイター・ウェイトレスと呼ばれることもあります。

お客様が気持ちよく食事を楽しめるよう、お客様の様子に気を配ったり、必要があれば要望を聞き出したりします。

また、レストランによってはお客様にメニューの説明をしたり、料理について聞かれた際に答えられるよう、料理等の知識も求められる場合があります。

 

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【人と関わる仕事】人を助ける仕事5選

就活生くん

人事職も確かに所属している企業の社員の皆さんと密接に関わる仕事を担っていると言えますね。

思いつきませんでした!

続いての「人を助ける仕事」と言うと…医療関係者などでしょうか?

気になりますよね。

では早速、〈人と関わる仕事 ~人を助ける仕事編~〉をチェックしていきましょう!

「就活の教科書」編集部 はるな

〈人と関わる仕事 ~人を助ける仕事編~〉

  • 仕事①:医師
  • 仕事②:看護師
  • 仕事③:介護スタッフ
  • 仕事④:セラピスト
  • 仕事⑤:エステシャン
ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

仕事①:医師

人を助ける仕事1つ目は、医師です。

医師の仕事は、患者を診察し、治療することです。

適切な治療を行い、患者の容態を回復させるためには、診察の際に患者から病状をしっかりと聞き出して正確に把握する必要があります。

また、患者が回復するまで治療を乗り切ることができるように、患者を励ましサポートすることも求められます。

そのため、患者と密接に関わり信頼関係を築くことが重要だと考えることができるでしょう。

医師になるためには、医科大学や大学医学部などで6年間学んだ後、医師国家試験に合格する必要があります。

 

仕事②:看護師

人を助ける仕事2つ目は、看護師です。

看護師の仕事は、医師の診察に基づいて診療や治療の補助を行ったり、けが人の手当を行ったりすることです。

患者の容態を回復させるためには、医師としっかりと連携を図って治療がスムーズに進むように尽力する必要があります。

また、入院患者の移動の手伝いや往診など、患者とも密接に関わって信頼関係を築くことも重要です。

看護師になるためには、大学や3年制短大の看護系学科、または病院や大学の医学部に付属する3年制看護学校を卒業し、看護師国家試験に合格する必要があります。

 

仕事③:介護スタッフ

人を助ける仕事3つ目は、介護スタッフです。

介護スタッフとは、日々の生活において他の人からの介護を必要とする方々(要介護者)に対して、その人らしく生き生きと暮らすことができるように日常生活の援助を行う人々を指します。

要介護者の自宅を訪問して食事や入浴のサポートを行う形式や、社会福祉施設に所属して入居している人々のお世話をする形式などがあります。

資格がなくても介護サービスを提供する事業所で働くことはできますが、以下の様な資格を持っていることで、提供できるサービスの幅が広がります。

◇介護スタッフ関連の資格

  • 介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級):入門編として位置付けられている資格で、取得すると無資格では行うことができない、食事・着替え・入浴介助などの「身体介護」ができるようになる
  • 介護福祉士実務者研修:介護職員初任者研修の上級資格で、取得すると訪問介護サービスの事業所における「サービス提供責任者」として、介護サービスの内容を作成したり、実施内容を管理したりする仕事ができるようになる。
  • ケアマネジャー(介護支援専門相談員):介護保険サービスを提供するのに必要なケアプランを作成したり、新たに介護施設に入所する要介護者の介護計画を立てたりすることができるようになる公的な資格
  • 介護福祉士:実務だけでなく介護スタッフをまとめる管理者としての業務に就くことができるようになる国家資格

 

仕事④:セラピスト

人を助ける仕事4つ目は、セラピストです。

セラピストとは、カウンセリングやマッサージ、リハビリテーションなどを通して心身を癒したり、治療したりする人のことを指します。

より効果的な施術を行うためには、治療を受ける人と関わる中で信頼関係を築いて、どこの調子が悪いのか、原因と考えられるものは何かなどの情報を聞き出すことが重要です。

セラピストになるための方法は様々で、国家資格が必要な場合は指定の養成学校や大学を卒業して国家試験に合格する必要があります。

他にも、大学や短大、専門学校、通信講座などで専門的な知識を学んで資格試験に合格して民間資格を取得するケースや、医療行為を含まない場合働きつつスキルを習得するケースなどがあります。

セラピストは「治療・療法」を意味する英語の 「therapy」で、さらにその語源をたどっていくとラテン語で「治療」を意味する「therapeia」と言う単語があります。

そのため「セラピスト」=「治療する人、癒す人」という理解になるんですね。

「就活の教科書」編集部 はるな

 

仕事⑤:エステシャン

人を助ける仕事5つ目は、エステシャンです。

エスティシャンの仕事は、顔などの美白や保湿のためのフェイシャルケア、痩せるためのマッサージや体の脱毛、ネイルケア、フットケアなどといった施術を行うことです。

施術を行う前には、カウンセリングを行い肌の状態や手入れの方法などを聞き出します。

また、肌のトラブルは精神的なストレスが原因となっていることも多いため、カウンセリングでリラックスを促しストレスを軽減することも、施術の重要な工程の一つです。

エスティシャンになるためには、特別な学歴や資格は必要とされませんが、エステティシャンを養成する施設や専門学校で、皮膚や化粧品、美容機器の取り扱いなどの必要な知識、技術を身につけることが望ましいと考えられます。

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【人と関わる仕事】人を指導/支援する仕事5選

就活生ちゃん

次は「人を指導/支援する仕事」ですよね。

パッと思いつく仕事と言えば、やはり教師でしょうか…?

教師も含んだ5つの仕事をご紹介させていただきたいと思います!

では、早速「人と関わる仕事 ~人を指導/支援する仕事編~」を確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

〈人と関わる仕事 ~人を指導/支援する仕事編~〉

  • 仕事①:教師
  • 仕事②:インストラクター
  • 仕事③:保育士
  • 仕事④:塾講師・家庭教師
  • 仕事⑤:セミナー講師
ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

 

仕事①:教師

人を指導/支援する仕事1つ目は、教師です。

小学校・中学校・高校の教師は、学問だけでなく生活や社会のマナー、道徳なども教えて子供たちを社会人として自立できるような指導・支援を行います

児童/生徒たちの受験に関する相談や、人間関係のトラブル、家庭での悩みなどの相談にも真摯に乗って子供たちの学生生活がより良いものとなるように手助けする必要があります。

そのため、子供たちと上手にコミュニケーションを取って、子供たちの抱える課題や要望を理解する力が重要な職業だと考えられます。

教師になるためには、大学などで教職課程を履修して教職免許を取得し、教員採用試験に合格する必要があります。

 

仕事②:インストラクター

人を指導/支援する仕事2つ目は、インストラクターです。

インストラクターとは、スポーツやパソコン、食育などについて専門的な知識を持ち、自分の持っている専門知識を活かして「指導員」として働く人を指します。

例えば、スイミングインストラクターであれば、息継ぎの仕方からクロールの仕方など水泳の技術や知識を教えたり、生徒が上達するためのメニュー作成をしたりします。

インストラクターには生徒たちとの交流を通していかに効果的に指導するかを考えたり、スポーツやパソコン、食育などの魅力や楽しさを伝えたりすることが求められます

インストラクターになるために特別な学歴や資格が必要とされることは多くありませんが、大学で専門的な学部学科を選択して学んで知識を身に着けたり、自分のスキルを磨いたりしておくことが望ましいと考えられます。

 

仕事③:保育士

人を指導/支援する仕事3つ目は、保育士です。

保育士の仕事は、乳児から小学校入学前の子どもたちを預かり、食事、排せつ、着替えなどのお世話をしながら基本的な生活習慣を身につけさせることです。

他にも、集団生活を通して社会性を身に着けさせるためにルールのある遊びや、ごっこ遊び、保護者や地域の大人とのイベントを計画したり、保育計画書や配布物の作成、連絡帳の記入などで保護者の方々と連絡を取ることも保育士の仕事です。

そのため仕事の中で様々な人と関わる保育士には、子供との触れ合いの中で信頼関係を築いていくこと、子供たちの健やかな成長のために保護者の方々とも密接に繋がっていくことが求められます

保育士になるには、「指定保育士養成施設」という、学校その他の施設(大学・短大・専門学校など)で学んで卒業する、もしくは年2回実施される保育士試験を受験して合格する必要があります。

 

仕事④:塾講師・家庭教師

人を指導/支援する仕事4つ目は、塾講師・家庭教師です。

塾講師も家庭教師も生徒に勉強を教えることが仕事ですが、塾講師は塾や予備校で授業を行う講師のこと、家庭教師は生徒の自宅を訪問して指導を行う講師を指します。

どちらの仕事にも、生徒とコミュニケーションを取って生徒の希望・ニーズをくみ取り、生徒との交流を通して学習意欲を高めながら目標が達成できるように指導することが求められます。

また、家庭教師の場合は保護者とも生徒の学習状況についての情報を綿密に交換し合うなど、保護者から信頼を獲得することも重要です。

 

仕事⑤:セミナー講師

人を指導/支援する仕事5つ目は、セミナー講師です。

セミナー講師とは、経営、マネー、マーケティング、自己啓発、人間関係など自分の専門分野に関するセミナーを開いて、参加者の前で抗議を行う人のことを指します。

自分自身に備わった豊富な知識や技術、経験、キャリアをもとに、人々の「新しいことを学びたい」「もっと知識を身につけたい」という気持ちに応える講義を行うことが期待されます。

セミナー講師になるために必要な資格はありませんが、特定の分野に関する深い知識や経験が求められるため、社会人として働いている経験をもとにセミナー講師になるケースが多いようです。

また、近年ではセミナー講師の養成スクールや講座なども増えており、トークスキルの磨き方や宣伝・集客方法などを学ぶことができます。

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

人と関わる仕事の魅力

就活生くん

お客様と実際に関わる仕事って色々あるんですね。

お客様と実際に関わる仕事の魅力も気になります!

それでは、人と関わる仕事の特に大きな魅力をいくつかご紹介させていただきますね。

「就活の教科書」編集部 はるな

◆人と関わる仕事の魅力

  • 魅力①:お客様の反応を把握しやすい
  • 魅力②:きれいな立ち居振る舞いが身につきやすい
  • 魅力③:キャリアアップしやすい

 

魅力①:お客様の反応を把握しやすい

人と関わる仕事の魅力1つ目は、お客様の反応を把握しやすいことです。

仕事を通してお客様と関わる機会が多いため、自分が提供した商品やサービスをお客様がどう思ったかを直に感じることができます。

また、自分が頑張ったことでお客様の抱える課題が解消されたり、お客様の状態がより良くなったりした場合は、お客様から直接お礼を言われることも少なくありません。

お客様の反応を確認しやすく、それによって自分の仕事の成果を実感できることは人と関わる仕事に就く大きな魅力の一つと考えられます。

 

魅力②:きれいな立ち居振る舞いが身につきやすい

人と関わる仕事の魅力2つ目は、きれいな立ち居振る舞いが身につきやすいことです。

お客様と関わる仕事では、お客様に失礼のない対応を心がけることが求められます

そのため、日々丁寧な言葉遣いを心がけたり、姿勢や所作にまで気を配るようになると考えられます。

仕事の中で礼儀正しい所作を心がけることで、きれいな立ち居振る舞いが身につき、どのような場面においても良い印象を持たれることができるようになるでしょう。

 

魅力③:キャリアアップしやすい

人と関わる仕事の魅力キャリアアップしやすいことです。

例えば、接客業や営業職などでは、売り上げやお客様の様子などからわかる成果に応じて評価をしてもらいやすいと考えられます。

年齢や経験を問わず、頑張った成果がお客さまや会社に認められることで昇進や昇格がしやすい傾向にあるため、やりがいを感じやすい仕事と言えるでしょう。

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

人と関わる仕事に向いている人の特徴

就活生ちゃん

私は、保育士として子供たちや保護者の方々に関わっていけたらいいなと考えているのですが…。

自分に向いているのかちょっと自信がありません。

どんな人が人と関わる仕事に向いているのでしょうか?

子供の健やかな成長を支援する保育士になりたいという素敵な思いをお持ちなんですね。

それでは、人と関わる仕事に向いている人の特徴をご紹介しますので、一緒に確認してみましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

◆人と関わる仕事に向いている人の特徴

  • 特徴①:人とコミュニケーションをとることが好き
  • 特徴②:気配り上手である
  • 特徴③:TPOや身だしなみに気を使うことができる
  • 特徴④:臨機応変に対応できる
  • 特徴⑤:責任感がある

 

特徴①:人とコミュニケーションをとることが好き

人と関わる仕事に向いている人の特徴1つ目は、人とコミュニケーションをとることが好きであることです。

人と関わる仕事ではお客様とコミュニケーションを取ってお客様の抱える課題や要望を聞き出すことが重要です。

そのため、人とコミュニケーションをすることが好きな人、年齢や性別などを問わず誰とでもすぐに打ち解けられる人は、人と関わる仕事に向いていると言うことができるでしょう。

就活生ちゃんは人とコミュニケーションを取ることは好きですか?

「就活の教科書」編集部 はるな

就活生ちゃん

もちろん好きです!

誰かとお話をして、自分の話を聞いてもらったり、誰かの面白いエピソードを聞いたりすることはとても楽しいと感じます。

 

特徴②:気配り上手である

人と関わる仕事に向いている人の特徴2つ目は、気配り上手であることです。

人と関わる仕事お客様の抱える課題や要望を察したり、お客様からの話をしっかりと理解したりすることが求められます。

そのためには、相手に気を配り、「お客様が何を望んでいるのか」を想像しながら仕事を進める必要があります。

就活生ちゃん

保育士や教師だった場合は子供たちが上手に自分の言いたいことを表現できるとは限りませんので、特に相手がが何を言いたいのか、どうしてほしいのかを想像する力が必要だと考えられますよね。

 

特徴③:TPOや身だしなみに気を使うことができる

人と関わる仕事に向いている人の特徴3つ目は、TPOや身だしなみに気を使うことができることです。

お客様と実際に関わる機会が多い仕事では、お客様に良い印象を与えられるようにTPOや身だしなみに気を使うことが求められます

だらしない服装や不潔な印象を与える格好はお客様を不快にさせてしまったり、所属している企業や団体に対する印象を下げてしまったりします。

そのため、「仕事内容」や「状況」、「お客様」に合わせて、服装や身だしなみに気を配れる人が人と関わる仕事に向いていると考えられます。

 

特徴④:臨機応変に対応できる

人と関わる仕事に向いている人の特徴4つ目は、臨機応変に対応できることです。

どんな仕事でも仕事を行う上でイレギュラーな事態が起こってしまう可能性はあります。

お客様を実際に相手にする場合は特に、マニュアルにないことを求められたり、イレギュラーなトラブルが起こったりする場合があります。

そのような場合でも、落ち着いて判断したり対応できる能力が備わっていると、人と関わる仕事に向いていると考えることができます。

就活生ちゃん

確かに、保育士の仕事に就くことができたら、子供たち同士の喧嘩が起こってしまうことや、遊んでいる時に子供がけがしてしまうことなど、予測不能なアクシデントは起こる可能性がありますね。

臨機応変に対応できるようになる必要がありますね。

 

特徴⑤:責任感がある

人と関わる仕事に向いている人の特徴5つ目は、責任感があることです。

人と関わる仕事の中には、医者や教師などお客様の人生に直接関わる職業や、インストラクターや介護士などお客様の安全に気を配る必要がある職業も多く含まれます。

そのため、人と関わる仕事にはお客様に対して責任をもって対応する姿勢が求められると考えられます。

就活生ちゃん

確かに責任感は重要ですよね。

私も保育士になることができたら、保護者の方々に安心して子供たちを任せていただけるように、子供たちの安全に気を配るなど責任をもって仕事に臨みたいと思います!

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

人と関わる仕事に就くうえでの注意点

就活生くん

人と関わる仕事は、お客様に直接自分の頑張りを認めてもらいやすく、やりがいのある仕事と言えそうですね。

なんだか僕にぴったりの仕事であるような気がします!

ちょっとお待ちください!

人と関わる仕事に就くうえで考慮に入れておく必要があることもあります。

一緒に確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

◇人と関わる仕事に就くうえでの注意点

  • 注意点①:気を使うことが多い
  • 注意点②:クレーム対応に疲弊してしまうこともある
  • 注意点③:人のペースに合わせて仕事を進めることが求められる

 

注意点①:気を使うことが多い

人と関わる仕事に就くうえでの注意点1つ目は、気を使うことが多いことです。

お客様と直接関わる機会の多い仕事では、お客様に失礼がないように丁寧な言葉遣いを心がけたり、身なりや作法に気を付けたりと気を使うことが多いと考えられます。

また、ホテル従業員や客室乗務員などの場合はお客様に心地よく過ごしていただくために、お客様の様子に気を配ることが大切です。

そのため人と関わる仕事に就く際には、気を使うことが多くあると言う点を考慮しておく必要があるでしょう。

 

注意点②:クレーム対応に疲弊してしまうこともある

人と関わる仕事に就くうえでの注意点2つ目は、クレーム対応に疲弊してしまうこともあることです。

お客様に直接対応する機会の多い人と関わる仕事では、お客様からクレームや文句を受け取る機会も他の仕事より多いと考えられます。

人とコミュニケーションを取ることが好きでも、悩みを抱え込んでしまう人、感受性が強く細かいことを気にしてしまう人などは、強いストレスを感じてしまうことがあります。

 

注意点③:人のペースに合わせて仕事を進めることが求められる

人と関わる仕事に就くうえでの注意点3つ目は、人のペースに合わせて仕事を進めることが求められることです。

お客様と直接関わることの多い仕事の場合、お客様のペースや都合に合わせて仕事を進めていく必要があります。

お客様の都合に合わせた場所に出向いたり、お客様の都合に合わせた時間にカウンセリングを行ったりとなかなか自分の思った場所・時間で仕事ができないことが考えられます

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

人と関わる仕事に就くためにすべきこと

就活生ちゃん

気を使ったり、人のペースに合わせる必要があったりと、大変な部分も含まれていることが分かりましたが…やはり私は人と関わる仕事に就きたいです!

そのためにはどうしたらいいのでしょうか…?

人と関わる仕事に就くためにするべきことを2つご紹介させていただきます。

人と関わる仕事に就きたいという就活生の皆さんは、ぜひ実践してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 はるな

◇人と関わる仕事に就くためにすべきこと

  • すべきこと①:今までの経験を整理して、人との関わり合いに活かせるものを探す
  • すべきこと②:面接で好印象を与えられるように準備する

 

すべきこと①:今までの経験を整理して、人との関わり合いに活かせるものを探す

人と関わる仕事に就くためにすべきこと1つ目は、今までの経験を整理して、人との関わり合いに活かせるものを探すことです。

例えばお客様の抱える課題を解決する仕事に役立つと考えられる「課題解決能力」をアピールできるエピソードや、他の人と力を合わせて共同で何かを成し遂げた「協調性」をアピールできる経験などを見つけるために、過去の自分の経験を整理してみましょう

他にも、先程ご紹介させていただきました「人と関わる仕事に向いている人の特徴」で自分に当てはまるものを探してみることもお勧めですよ。

「就活の教科書」編集部 はるな

就活生ちゃん

私だったら、初めてアルバイト先で任された大きな仕事を責任をもって最後まで達成できたエピソードを話して、責任感をアピールしようかなと思います。

 

すべきこと②:面接で好印象を与えられるように準備する

人と関わる仕事に就くためにすべきこと2つ目は、面接で好印象を与えられるように準備することです。

面接で好印象を与えることができれば、お客様に対応することになっても好印象を与えられるだろうと評価されると考えられます。

面接で好印象を与えるためには、以下の様なポイントに注意してみましょう。

  • 身だしなみを整える
  • 挨拶をしっかりとする
  • 笑顔を心がける
  • 目線は相手の目、またはネクタイの結び目を意識
  • 話すペースに気を付ける

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

「人と関わる仕事」に関するよくある質問

就活生くん

人と関わる仕事について、だんだんと分かってきたような気がします。

他に人と関わる仕事について知っておくべきことはありますか?

それでは最後に、「人と関わる仕事」に関するよくある質問をいくつかご紹介させていただきますね。

「就活の教科書」編集部 はるな

◇「人と関わる仕事」に関するよくある質問

  • 質問①:人と関わる仕事で大切なことって何?
  • 質問②:人と楽しく関わる仕事ってどんな仕事?

 

質問①:人と関わる仕事で大切なことって何?

「人と関わる仕事」に関するよくある質問1つ目は、「人と関わる仕事で大切なことって何?」です。

人と関わる仕事で大切なことは、「お客様のニーズをくみ取り、適切なサービスを提供すること」です。

例えば、医師の場合は患者の「病気を治してほしい」というニーズを正しくくみ取り、「適切な治療」を施す必要があります。

教師の場合は、生徒の「わからないところを教えてほしい」という要望を正しく把握し、「わからない問題の解説や勉強方法の提示」を行います。

お客様のニーズをくみ取り、適切なサービスを提供できるようになるために、コミュニケーション能力や対応力を高めていくことが重要だと考えられます。

 

質問②:人と楽しく関わる仕事ってどんな仕事?

「人と関わる仕事」に関するよくある質問2つ目は、「人と楽しく関わる仕事ってどんな仕事?」です。

人と関わる仕事の中でも、自分の得意を活かすことができたり、お客様の喜んでいる顔を目にする機会が多かったりする仕事であれば、特に楽しく働くことができると考えられます。

自分に向いている仕事であれば楽しく働くことができる可能性も高くなると考えられますね。

以下の記事では、自分に向いている仕事の探し方をご紹介させていただいております。

ぜひ参考にしてみてください。

就活アドバイザー 京香

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

まとめ:人と関わる仕事に就いて楽しく働こう!!

いかがでしたか。

今回は人と関わる仕事について、様々な仕事やその魅力をご紹介させていただきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

また、次の記事でお会いしましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな