【最新版】不動産デベロッパー業界の就職偏差値ランキング | 大手の学歴,難しさも解説

サイト監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career)

この記事でわかること

こんにちは、「就活の教科書」編集部の坂本です。

今回は不動産業界の就職偏差値ランキングを紹介します。

「不動産業界は人気そうだけど、実際の就職偏差値ってどれくらいなんだろう?」って考えたことはありませんか。

そんな就活生に向けて不動産業界の偏差値ランキングや主要企業を紹介します。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

業務内容とその待遇の良さから就活生から絶大な人気を誇る不動産業界

その業務の特性上家賃補助が厚く、一人暮らしの学生には大きなアドバンテージとなります。

MM(三菱三井)を筆頭に高い就職難易度であることでも有名ですね。

都内の地価が上がり続けていたこともあり、不動産業界の業績はある程度好調に推移しています。

ただオリンピック開催後の景気後退が懸念される中、各社の生き残りは一層厳しくなってきそうです。

そんな中でも大きな会社であれば都市開発などの大きな案件に携わることが出来ます。

出来ることならより大手を目指したいですよね?

今回はそんな不動産業界の新卒時の就職偏差値を見ていきましょう。

後半ではデベロッパーとゼネコンの違いにも触れています。

また、年収別の企業ランキング、売上高別の企業ランキング、ホワイト企業ランキングについても紹介していきます。

ここは不動産志望として是非確認しておきたいポイントです。

では早速見ていきましょう!

 

先に伝えておくと「学歴フィルターを気にせず、優良企業に就職したい!」という方は、キャリアチケットスカウトを使うのが一番おすすめです。

キャリアチケットスカウトを使うと、学歴フィルターに引っかかる学歴でも、プロフィール次第で隠れ優良企業からスカウトが来るので、簡単に穴場のホワイト企業を探せます。

また「就職偏差値が高い人気企業に就職したい!」という方は、就活力診断(公式LINE)を使って、今あなたがすべき対策を把握しましょう。

さらに「自分に合う優良企業を紹介してほしい」なら、あなたに合う隠れ優良企業をプロから教えてもらえる「DiG UP CAREERレバテックルーキー(ITエンジニア就活特化)がおすすめですよ。

「就職偏差値が高い企業に就職して、高年収になりたい!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

就職活動に役立つサイト(無料)

\ 学歴不要のおすすめ就活サービス /

\ 今すぐ内定獲得できる就活サービス /

*参考:就活サイトおすすめ40選

「どのサービスを使えば良いかわからない…」という方は、キャリアチケットスカウトで優良企業からスカウトをもらう使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

そもそも就職偏差値とは

就職偏差値とは2ch就職版でユーザー達が企業の難易度・人気度を議論し数値化したものです。

 

企業が正式に作成したわけではなく、一般人の主観によって作成されているランキングです。

年度によって順位が変動することをお忘れなく。

就職偏差値に関する詳しいことは「就職偏差値ランキング(2020最新版)信用して大丈夫?」にまとめたので、参考にしてください。

 

では実際の就職偏差値ランキングを見てみましょう!

 


【就職偏差値編】不動産デベロッパー企業ランキング一覧(2020最新版)

デベロッパー就職偏差値ランキング

まずはデベロッパーを中心とした不動産業界のランキングです。

「自分に合う職業は何だろう…」「自分は今の仕事で良いのかな…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめです。

LINE適職診断を使うと、あなたの適職を16タイプで診断してくれ、あなたの強みを活かせる仕事がわかります。

すでに75,000人以上の就活生や転職者が利用しているため、ぜひあなたも診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> LINE適職診断に参加してみる

[70] 三井不動産 三菱地所

[67] 東急不動産
[66] 住友不動産(H) 東京建物

[64] 森トラ新日鉄興和不動産
[63] 野村不動産(H) 森ビル NTT都市開発
[62] ダイビル 三井レジデンシャル(H)
[61] 平和不動産 安田不動産 サンケイビル
[60] 伊藤忠都市開発 日本土地建物(H) 第一ビルディング

[59] ザイマックス 三井不動産BM 三菱地所BM
[58] 三菱地所PM 三井不動産住宅リース ヒューリック オリックス不動産(傘下ジョイント大京)

また「デベロッパーの就職偏差値」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

⇒ 【年収1,000万円は当たり前!?】デベロッパーの就職偏差値ランキング&年収調査! 【就活:学歴】

ゼネコン就職偏差値ランキング

次にゼネコン・建設会社を見ていきましょう!

70 大林組 鹿島建設
69 清水建設 大成建設 竹中工務店
68
67 戸田建設 西松建設 前田建設工業
66 奥村組
65 五洋建設
64 安藤建設 長谷工コーポレーション
63 大本組 北野建設 三井住友建設 東急建設
62 フジタ ハザマ 鴻池組 熊谷組 銭高組
61 松井建設 鉄建建設 浅沼組 飛鳥建設
40 その他の中堅ゼネコン

以上が不動産業界の就職難易度を表しています。

【穴場が見つかる!】あなたに合う隠れ優良/ホワイト企業を探す方法

【穴場が見つかる!】あなたに合う隠れ優良/ホワイト企業を探す方法

「自分に合う企業はどこだろう…」「ホワイト企業に就職したいな!」という就活生は多いですが、意外とホワイト企業は見つかりにくいですよね。

しかし、穴場な優良企業を簡単に見つける方法はあります。

そこで、ホワイト企業をすぐに探す方法を紹介しますね。

就活アドバイザー 京香

【結論】あなたに合う優良/ホワイト企業を見つけられるおすすめサービス

自分に合うホワイト優良企業を見つけて、有利に就活を進めるならキャリアチケットスカウト(career ticket)を使うのがおすすめです。

キャリアチケットを使うと、プロフィールを入力するだけで、あなたのキャリアに対する価値観にマッチした優良企業からスカウトが来ます。

スカウトアプリを利用している企業も、アプリ運営会社の承認を受けているため、ブラック企業は多くないと予測できます。

アプリから無料で簡単に優良企業を見つけられ多くの就活生が利用しているので、自分に合うホワイト企業を探したい方はぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

キャリアチケットスカウトのおすすめポイント
  • 「あなたの価値観に合った優良/ホワイト企業」からスカウトが来る
  • 優良企業から短期選考やインターンシップへの優先招待などがある
  • あなたのキャリア価値観を考えた、かなり詳しい自己分析診断ができる
  • アプリで利用できるため、かなり使いやすい

キャリアチケットスカウトや、逆求人スカウトについては、こちらの記事で詳しく解説していますよ。

就活アドバイザー 京香

 

また「ゼネコンの就職偏差値」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

⇒ 【激務だけど年収1,000万円!?】ゼネコンの就職偏差値ランキング&年収調査!【就活:転職】

 


【年収編】不動産デベロッパー企業ランキング一覧

ここでは、不動産デベロッパー企業ランキングを年収別で紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 坂本

【年収編】不動産デベロッパー企業ランキング一覧
  • 1位:ヒューリック(平均年収 1761万円)
  • 2位:日本商業開発(平均年収 1501万円)
  • 3位:三井不動産(平均年収 1263万円)
  • 4位:三菱地所(平均年収 1248万円)
  • 5位:東急不動産ホールディングス(平均年収 1114万円)
  • 6位:ランドビジネス(平均年収 1100万円)
  • 7位:野村不動産ホールディングス(平均年収 1022万円)
  • 8位:平和不動産(平均年収 979万円)
  • 9位:ダイビル(平均年収 953万円)
  • 10位:東京建物(平均年収 941万円)
  • 11位:いちご(平均年収 939万円)
  • 12位:リーガル不動産(平均年収 934万円)
  • 13位:ロードスターキャピタル(平均年収 921万円)
  • 14位:プレサンスコーポレーション(平均年収 909万円)
  • 15位:霞ヶ関キャピタル(平均年収 892万円)
  • 16位:レーサム(平均年収 882万円)
  • 17位:アーバネットコーポレーション(平均年収 878万円)
  • 18位:京阪神ビルディング(平均年収 866万円)
  • 19位:エスリード(平均年収 864万円)
  • 20位:青山財産ネットワークス(平均年収 863万円)
  • 21位:プロパティエージェント(平均年収 860万円)
  • 22位:プロパスト(平均年収 859万円)
  • 23位:グローム・ホールディングス(平均年収 853万円)
  • 24位:エスポア(平均年収 828万円)
  • 25位:サムティ(平均年収 819万円)
  • 26位:FJネクスト(平均年収 817万円)
  • 27位:ディア・ライフ(平均年収 800万円)
  • 28位:トーセイ(平均年収 792万円)
  • 29位:飯田グループホールディングス(平均年収 789万円)
  • 30位:ランド(平均年収 783万円)

参考:https://www.ts-hikaku.com/clist/a0/v33s19t0p.html

将来、不動産デベロッパー業界で、年収の高い企業に就きたい就活生は、ここで紹介した年収ランキングを参考にしてみてください。

次は、不動産デベロッパー企業ランキングを人気企業別で解説していきます。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

また「不動産業界の年収」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

⇒ 【年収1,000万円!?】不動産業界の年収ランキング | 三菱地所,三井不動産,東急不動産,住友不動産,野村不動産,日本商業開発【就活:転職】

 

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

【売上高編】不動産デベロッパー企業ランキング一覧

ここでは、不動産デベロッパー企業ランキングを売上高別で紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 坂本

【売上高編】不動産デベロッパー企業ランキング一覧
  • 1位:三井不動産株式会社(1兆7044億1600万円)
  • 2位:三菱地所株式会社(1兆1254億500万円)
  • 3位:住友不動産株式会社(9251億5100万円)
  • 4位:東急不動産ホールディングス株式会社(8085億300万円)
  • 5位:野村不動産ホールディングス株式会社(5696億8000万円)
  • 6位:株式会社大京(3253億6000万円)
  • 7位:ヒューリック株式会社(2896億1800万円)
  • 8位:イオンモール株式会社(2697億9300万円)
  • 9位:東京建物株式会社(2669億8300万円)
  • 10位:森ビル株式会社(2587億500万円)
  • 11位:NTT都市開発株式会社(1886億3300万円)
  • 12位:株式会社シノケングループ(1059億3613万円)
  • 13位:株式会社タカラレーベン(1035億9900万円)
  • 14位:株式会社プレサンスコーポレーション(1010億8360万円)
  • 15位:フジ住宅株式会社(993億5997万円)
  • 16位:株式会社コスモスイニシア(923億6600万円)
  • 17位:日神不動産株式会社(876億7193万円)
  • 18位:穴吹興産株式会社(815億1818万円)
  • 19位:株式会社エフ・ジェー・ネクスト(614億1600万円)
  • 20位:明和地所株式会社(531億4500万円)
  • 21位:株式会社フージャースホールディングス(527億2621万円)
  • 22位:株式会社日本エスコン(447億2400万円)
  • 23位:平和不動産株式会社(417億4700万円)
  • 24位:ファースト住建株式会社(414億478万円)
  • 25位:ダイビル株式会社(394億5100万円)
  • 26位:日本エスリード株式会社(393億7万円)
  • 27位:株式会社ゴールドクレスト(358億2400万円)
  • 28位:株式会社THEグローバル社(314億469万円)
  • 29位:和田興産株式会社(313億7420万円)
  • 30位:株式会社ウッドフレンズ(296億1552万円)

売上高の高い企業に就職したい就活生は多いです。

そのため、不動産デベロッパー業界を目指しており、売上高の高い企業に就職したい方は、ここで紹介したランキングをぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

【ホワイト企業編】不動産デベロッパー企業ランキング一覧

ここでは、不動産デベロッパー企業ランキングをホワイト企業別で紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 坂本

【ホワイト企業編】不動産デベロッパー企業ランキング一覧
  • 1位:三菱地所(平均年収 1248万円)
  • 2位:レオパレス21(平均年収 558万円)
  • 3位:三井不動産(平均年収 1263万円)
  • 4位:住友不動産(平均年収 662万円)
  • 5位:東京建物(平均年収 941万円)
  • 6位:イオンモール(平均年収 666万円)
  • 7位:コスモスイニシア(平均年収 728万円)
  • 8位:平和不動産(平均年収 979万円)
  • 9位:日本空港ビルデング(平均年収 684万円)
  • 10位:東急不動産ホールディングス(平均年収 1114万円)
  • 11位:フジ住宅 (平均年収 554万円)
  • 12位:日住サービス(平均年収 493万円)
  • 13位:空港施設(平均年収 704万円)
  • 14位:ハウスコム(平均年収 488万円)
  • 15位:テーオーシー(平均年収 723万円)
  • 16位:スターツコーポレーション(平均年収 576万円)
  • 17位:東京楽天地(平均年収 744万円)
  • 18位:セントラル総合開発(平均年収 733万円)
  • 19位:ヒューリック(平均年収 1761万円)
  • 20位:AVANTIA(平均年収 561万円)
  • 21位:FJネクスト(平均年収 817万円)
  • 22位:パーク24(平均年収 673万円)
  • 23位:穴吹興産(平均年収 568万円)
  • 24位:ヨシコン(平均年収 529万円)
  • 25位:日神グループホールディングス(平均年収 537万円)
  • 26位:三重交通グループホールディングス(平均年収 656万円)
  • 27位:グランディハウス(平均年収 519万円)
  • 28位:シーアールイー(平均年収 603万円)
  • 29位:ジェイ・エス・ビー(平均年収 485万円)
  • 30位:明和地所(平均年収 654万円)

参考:https://www.ts-hikaku.com/clist/a0/v33s33t0p.html

「就職するならホワイト企業が良い」と思う就活生は増えています。

不動産デベロッパー関連の企業を志望しており、ホワイト企業に就きたい就活生は、ホワイト企業編のランキングを参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

デベロッパーとゼネコンの違いは?

不動産業界にはデベロッパーゼネコンが存在します。

皆さんはこの2つの違いをお分かりですか?

すぐに出てこなかった方はこの機会に覚えてしまいましょう。

デベロッパーは開発者、ゼネコンは工事請負人です。

ではそれぞれの役割を詳しく見ていきましょう!

 

デベロッパーとは⁇

先述のようにデベロッパーは開発者を指します。

デベロッパーは英語に直してみると(Developer)となり、開発者という意味に納得していただけるのではないでしょうか?

デベロッパーは街の再開発・商業ビルの開発・マンションの開発等を担うわけです。

ピンとこない方は「ららぽーと」や「虎ノ門ヒルズ」を想像してください。

あのような建物や商業施設を生み出す仕事だと考えてください。
(地方の方、申し訳ありません)

マンションの開発を行う会社は特にマンションデベロッパーなどと呼ばれたりします。

 

ゼネコンとは⁇

ゼネコンは工事請負人です。

こちらの語源は(General Contractor)であり、略称としてゼネコンと呼ばれます。

工事請負人というと工事現場にいる土木の作業員をイメージしがちですが、少し異なります。

ゼネコンの役割はあくまで工事全体のとりまとめです。

下請けの会社に工事の発注をして、全体の流れを統括するのが仕事になります。

つまり日本各地の建設業者のトップに君臨するわけです。

ゼネコンが総合建設業に分類されることからも、業務内容のイメージが湧くのではないでしょうか。

 

ゼネコンよりデベロッパーの方が人気しやすく、毎年テストセンター時点でかなりの学生が脱落します。

5月の本選考解禁前に手駒の志望企業すべて落ちてしまう学生も結構多い印象です。

「面接にたどり着けなかった…」なんてことにはならないようにテストセンターの対策は万全にしてくださいね。

私自身テストセンターで高得点を取るにはある程度コツが必要だなと感じたので、教科別の対策法について「【教科別】テストセンターの対策方法をSPI無敗の僕が教える」という記事にまとめました。

苦手科目や高得点に達していない科目がある方は早めに対策しておきましょう。

SPIテストに関する記事は、以下に詳しい内容を載せているので合わせて読んでみてください。

 

不動産関連の職業でビルメンテナンスの企業があります。

ビルメンテナンス企業の就職偏差値も合わせて知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

\あなたの性格,強みが分かります/

>>性格適性診断を受けるには(無料)<<

主要各社の雰囲気をざっくり解説

三井不動産

業界最大手でMMの一角を担う三井不動産。

海外事業では三菱地所に劣るものの、国内の再開発での強さを見せる。

東京ミッドタウンなどは成功例としても有名である。

会社全体として仕事を楽しむ雰囲気というのが浸透している。

体育会系の社員が多く、がつがつしていて活気がある感じ。

三井不動産内定者の学歴に関しては以下の通り。

三井不動産内定者の学歴

◆国公立大学

東京大学 / 京都大学 / 一橋大学 / 東京藝術大学 / 横浜国立大学 / 神戸大学 / 東京工業大学 / 東京都立大学

◆私立大学

慶應義塾大学 / 早稲田大学 / 上智大学 / 青山学院大学 / 学習院大学 /  東京女子大学

内定者の学歴を見ると難関大出身者ばかりで、内定をもらうのはかなり難しい。

 

三菱地所

MMのもう一角である三菱地所。

就職難易度だけをみれば恐らく最難関。

採用人数が他社に比べて少ないため異常な倍率になりがち。

圧倒的ホワイト高給で就活生にも大人気。

海外事業の他、国内では丸の内での開発が有名。

あれだけ洗練された丸の内周辺を永遠に開発している。

東京の主要箇所を抑えているため、やはり安定しやすい。

社員の雰囲気としては真面目な方が多い。

この点は先ほどの三井不動産とは対照的で、保守的な三菱という性格が表れている。

三菱地所内定者の学歴に関しては以下の通り。

三菱地所内定者の学歴

◆国公立大学

一橋大学 / 東京大学 / 京都大学 / 大阪大学 / 東京工業大学 / 北海道大学 / 東北大学 / 神戸大学 / 筑波大学

◆私立大学

慶應義塾大学 / 早稲田大学 / 上智大学 / 明治大学 / 立教大学 / 学習院大学

三菱地所に関しても難関大出身者ばかりで内定をもらうのはかなり難しい。

三菱地所については以下の記事でさらに詳しく解説しているので、参考にしてみてね。

 

東急不動産

この中で唯一の鉄道系。

鉄道系のため都心部の開発に強い。

というのも東急東横線・東急田園都市線の二路線が都心の主要地域を抑えているため、沿線開発が盛ん。

社員の方は温和な方が多い。

そのためか風通しの良さというのが一つの魅力である。

不動産業界は活発な方が多い中、少し特殊な雰囲気。

東急不動産内定者の学歴に関しては以下の通り。

東急不動産内定者の学歴

◆国公立大学

北海道大、東北大、筑波大、埼玉大、東京大、東京農工大、一橋大、東京工業大、東京都立大学、千葉大、横浜国立大、横浜市立大、名古屋大、名古屋工業大、大阪大、大阪市立大、京都大、神戸大、広島大、九州大

◆私立大学

早稲田大、慶応大、青山学院大、上智大、武蔵工業大、工学院大、日本大、中央大、学習院大、明治学院大、東京理科大、明治大、立教大、法政大、成蹊大、成城大、日本女子大、東京女子大、フェリス女学院大、同志社大、関西学院大、立命館大、関西大、その他

東急不動産に関しては、難関大以外の大学もちらほら見受けられる。

しかし、内定をもらうのはやはり難しいと思われる。

東急不動産に関しては以下の記事でも詳しく解説しているので、参考にしてみてね。

 

住友不動産

都心のオフィスビルに強みを持つ。

近年、オフィスビルの開発を拡大しており高利益率を誇る。

オフィスビルに加えて、マンション販売などでも首位をキープしている。

社員は他社と同じで体育会系。

住友不動産内定者の学歴に関しては以下の通り。

住友不動産内定者の学歴

◆国公立大学

東京大学、一橋大学、大阪大学、京都大学、北海道大学、東京工業大学、名古屋大学、神戸大学、千葉大学

◆私立大学

慶應義塾大学、早稲田大学、愛知産業大学、東京電機大学、上智大学、同志社大学

住友不動産に関しては、難関大以外の大学もちらほら見受けられる。

しかし、内定をもらうのはやはり難しいと思われる。

 

野村不動産

マンション分譲は野村不動産の強みである。

それ故、野村不動産はマンションデベロッパーとも呼ばれる。

裁量権と言えば野村不動産と言ってもいいだろう。

トップダウンではなく、若手の内から意見できるボトムアップの文化が育っている。

自分の意見をはっきり述べる人が求められる。

ただ、近年は野村系全体として業績は伸び悩んでいる印象。

経常利益の推移なども見ておくとこの会社の問題点が見えてくるはず。

野村不動産内定者の学歴に関しては以下の通り。

野村不動産内定者の学歴

◆国公立大学

大阪大学、大阪市立大学、大阪府立大学、お茶の水女子大学、九州大学、京都大学、神戸大学、国際教養大学、首都大学東京、千葉大学、筑波大学、東京大学、東京外国語大学、東京工業大学、名古屋大学、一橋大学、横浜国立大学、京都工芸繊維大学、東北大学、北海道大学、東京芸術大学、東京工業大学

◆私立大学

青山学院大学、関西大学、関西学院大学、学習院大学、学習院女子大学、慶應義塾大学、芝浦工業大学、上智大学、中央大学、東京女子大学、同志社大学、日本大学、法政大学、明治大学、立教大学、立命館大学、早稲田大学、慶應義塾大学、工学院大学、芝浦工業大学、東京理科大学、日本大学、明治大学、早稲田大学

野村不動産に関しても、難関大以外の大学もちらほら見受けられ、幅広い大学から採用していることがわかる。

しかし、内定をもらうのはやはり難しいと思われる。

 

森ビル

森ビルはこの中ではかなり特殊。

ハイブランドビル事業というかなりニッチな市場を確立している。

有名なものでいえばヒルズという呼称は都内以外の学生でも聞いたことあるはず。

そうあの「六本木ヒルズ」だ。

お金持ちのお金持ちによるお金持ちのための建物。

このニッチな市場において右に出るものはおろか、肩を並べそうなものも見当たらない。

ニッチ戦略の成功例と言える。

その特徴もあって、社員は少しオシャレ目。

森ビルを愛する愛社心の高さが伝わってくるのも森ビルの特長だ。

森ビル内定者の学歴に関しては以下の通り。

森ビル内定者の学歴

◆国公立大学

北海道大学、東北大学、筑波大学、埼玉大学、東京大学、一橋大学、東京工業大学、首都大学東京、千葉大学、横浜国立大学、横浜市立大学、お茶の水女子大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、九州大学、金沢大学、国際教養大学

◆私立大学

早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、東京理科大学、青山学院大学、立教大学、明治大学、中央大学、法政大学、芝浦工業大学、東京都市大学、成蹊大学、成城大学、日本大学、日本女子大学、同志社大学、関西大学、立命館大学、聖心女子大学、東京電機大学、千葉工業大学、神奈川大学、工学院大学

また不動産業界は、新卒での給料が高いや離職率が高いという話もよく聞きます。

給料や離職率からも不動産業界を知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

不動産業界とは?不動産業界についてさらに詳しく解説!

不動産業界とは、土地や建物にかかわる業界のことです。

多くの人が不動産業界と聞いてイメージする仕事は、建物の賃貸や売買かもしれません。しかし不動産業界では、下記のようにさまざまな仕事があります。

タイトル
  • 「デベロッパー」(開発業者のこと)
  • 「不動産仲介業者」
  • 「ハウスメーカー」
  • 「住宅販売会社」
  • 「管理会社」
  • 「総合建築企業」(ゼネコンともいう)
  • 「不動産コンサルタント」 など

学生のなかには「不動産業界の研究ってなんだか難しい…」と感じている人も多いでしょう。しかし難しく感じる理由の一つは、不動産で扱うモノがイメージできていないからです。

先ほど述べた職種では、どのような仕事をしているのかを下記の表にまとめてみました。

事業形態 業務内容
デベロッパー ビル・マンション・商業施設・リゾート施設などの建物や土地を開発する
不動産仲介業者 物件の売買や賃貸を仲介する
ハウスメーカー 注文住宅や建売住宅などの住宅建築を専門とする
住宅販売会社 戸建てやマンションの販売をする
管理会社 不動産物件などを管理する
総合建築企業 ビルやマンションの建設を行う
不動産コンサルタント 顧客から不動産に関する悩みの相談を受ける

このような仕事内容や仕組みを理解してしまえば、さらに深く不動産業界について学びたくなるかもしれません。それほど奥が深く、面白みのある業界なのです。

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

不動産業界の仕組みは、大きく3つの分野に分けられる

不動産業界の研究において、仕組みを知っておくことは非常に重要です。自分が不動産業界のどの位置に就職したいのかによって、仕事内容や考え方がまったく異なるからです。

不動産業界はおもに下記3つの分野に分けられます。

不動産業界の3分野
  • 開発・建築
  • 流通・販売・賃貸
  • 管理

一つずつ詳しくみていきましょう。

 

1、開発・建築

開発や建築にかかわるのは、土地や建物の開発者である「デベロッパー」や、総合建築企業である「ゼネコン」です。

主に以下のような企業が代表的な企業となります。

開発・建築分野における代表的な企業

基本的には個人宅の建築など小規模の開発は担当せず、都市開発やリゾート地開発など、規模の大きい開発・建築を行います。

建物を開発するといっても建築士が実際に工事を行うだけではなく、どのようなコンセプトの建物にするか、どのような場所に建てるかなどの計画を立てていきます。またどこの土地に建てるのかを慎重に調査・検討するのも仕事です。

不動産開発を行っている企業の多くが、建物の利用料や売却金で利益を得ています。

民間企業のデベロッパー以外にも、行政や鉄道会社が開発者となって沿線や地域の開発を行うケースも少なくありません。

 

2、流通・販売・賃貸

流通・販売・賃貸の代表的な企業は以下のようになります。

さらに流通・販売・賃貸の分野では、「不動産仲介業者」と「不動産販売代理会社」の2つに分けられます。

不動産仲介業者

新築物件や中古物件を売買したり賃貸したりするのが仕事

不動産を流通させて、販売したい物件所有者と購入したい消費者を結びつけている

両者からの仲介手数料で利益を生んでいる

不動産販売代理会社

物件所有者から不動産の販売権を預かり、所有者の代理で販売を行うのが仕事

物件を購入する買主に対しての手数料はかからないが、売主への手数料は発生する

どちらの仕事も、不動産を市場に流通させるのが仕事です。私たちが普段賃貸物件を借りたり、戸建てやマンションを購入したりするときに接しているのがこの分野の企業です。

 

3、管理

管理の代表的な企業は以下のとおりです。

管理の分野を担う企業では、マンションや住宅のメンテナンスなどを実施しています。具体的には次のような仕事です。

  • ビルの清掃や耐震補強工事
  • テナントに入店する企業やお店の募集
  • 不動産周りのトラブル解決
  • 入居者対応 など

上記の業務は通常、不動産のオーナーが行います。しかし業務の量が多く、オーナーだけでは手が回りません。そこで管理会社がオーナーの手伝いも兼ねて事業を展開しています。

不動産管理会社のなかには企業が保有している建物以外にも、公共施設の管理・運営まで行う会社もあります。

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

不動産業界を研究してみよう!

業界研究は、就活生にとって非常に重要です。自分がどの業界に就職したいのかを探るだけではなく、魅力的な志望動機を書き上げるために必要な作業です。

ここからはさらに不動産業界研究を深めるために、下記のような内容についてご説明していきます。

  • 具体的な仕事内容
  • 不動産業界で働くメリット・デメリット
  • 求められる人物像
  • 今後の動向

一つずつ解説していきましょう。

 

不動産業界のおもな仕事内容

まずは不動産業界におけるおもな仕事と、その具体的な内容をご紹介します。

不動産業界では多岐に渡る仕事がありますので、そのなかでも人気の仕事を5つみていきましょう。

不動産業界のおもな仕事5つ
  1. デベロッパー
  2. 総合建築企業
  3. 不動産仲介業者
  4. 不動産販売代理会社
  5. 不動産コンサルタント

 

デベロッパー

冒頭でも述べたとおり「デベロッパー」とは、ビル・マンション・街全体の土地開発を手がける専門業者のことです。おもに「開発・建築」や「販売」を行います。

具体的には次のような開発業務があります。

  • 街の再開発
  • 大型商業施設の開発
  • リゾート地開発
  • マンション開発
  • 大規模な宅地造成(集合住宅地などの形成) など

そして、さらに細かい仕事内容は下記のとおりです。

  • 素地取得
  • 施工管理(ゼネコンと協力しながら)
  • 開発事業におけるマーケティング
  • 法務や総務などで行う膨大な書類管理
  • 開発した土地の営業販売 など

デベロッパーは立地条件や人口密度などのさまざまな条件を比較検討し、開発する土地を購入します(素地取得)。そして購入した土地に建築計画を立てて、マーケティングをしながら実際の工事をゼネコンに委託して施工管理も実施します。

デベロッパーの魅力は土地や建物の規模が大きく、やりがいを得やすい点です。ゼロから街づくりやリゾート地開発を行うため、自分が携わった土地や建物が地図に載る喜びを味わえます。

またデベロッパーと一口にいっても、メーカー系・商業系・金融系・財閥系などの細かい種類に分けられます。

 

総合建築企業

「総合建築企業」とは土木や建築工事を請け負い、建物や施設を作り上げていくのが仕事です。別名「ゼネコン」とも呼ばれています。

先にも少し触れましたが、総合建築企業はデベロッパーから仕事の依頼を受けるケースが多く、両者は協力関係にあるといえるでしょう。

具体的には、次のようなものなどを建築しています。

  • ダム・鉄道・トンネルといった社会的インフラ
  • ビル・マンション
  • 学校
  • 病院 など

実際に工事を行うときには、ゼネコン以外にも「サブコン」と呼ばれる専門業者が多数関わっています。

サブコンとは?

コンクリートや足場などを専門とする鳶工事、消防設備工事、電気設備工事などを請け負う専門的な業者のこと

ゼネコンはこうした小さな下請け業者を現場で管理・監督し、全体的な工事を円滑に進めていく重要な仕事を請け負っています。

 

不動産仲介業者

家を売りたい人と借りたい人をマッチングさせるのが「不動産仲介業者」です。

不動産仲介業者の仕事は、売買人のマッチングだけではありません。ほかには下記のような仕事も行います。

  • 物件を市場に流す前の確認・調査
  • 物件情報の公開・精査
  • 契約に必要な書類作成
  • チラシやインターネットによる集客
  • 物件の引き渡し など

物件が宅地建物取引業法などの法律に違反していないかなどをチェックしているため、顧客と会う前から仕事が始まっています。

また賃貸に関してはアパートやマンションがメインですが、駐車場や事務所、倉庫などの賃貸を行っている会社も少なくありません。

不動産仲介業者のビジネスモデルは、おもに物件における売買人からの仲介手数料です。引越をするときに、不動産仲介業者への手数料を支払った経験がある人も多いでしょう。

なお不動産仲介業者で働くには不動産の知識だけではなく、税金や民法などの幅広い知識が必要です。

学ぶことが多く大変なように感じますが、働きながら多面的な知識を身につけられる点はメリットといえるでしょう。

 

不動産販売代理会社

「不動産販売代理会社」とは、前述のとおり物件を売却したい売主と代理契約を結び、販売代理権を得たうえで売却を代行する会社です。チラシや広告などの作成から建物売却まで、すべての段階を請け負います。

具体的には作成したチラシや広告を見て問い合わせがあったお客さまを物件に案内したり、住宅展示会などのイベントを開催して来場者に営業をかけたりします。

不動産販売代理会社が売却を代行する建物は、おもに次のとおりです。

  • デベロッパーから委託された新築マンション
  • ハウスメーカーが建てた建売住宅 など

不動産販売代理会社は、不動産仲介業者と同じく市場の流通に携わっています。不動産仲介業者との大きな違いは「立場」です。

不動産仲介業者の場合、売主と買主の中立な立場で契約を進めます。一方で、不動産販売代理会社の場合には売主からのみ契約金や手数料を払ってもらうため、売主側の要望に応える可能性が高いのです。

このため不動産販売代理会社は、売主側に優位であるといえるでしょう。

 

不動産コンサルタント

「不動産コンサルタント」は、不動産に関する問題や悩みを解決するために専門的な立場からアドバイスをする職種です。

不動産全般の相談に乗って解決に導くため、不動産に関する深い知識や経験が求められます。

また不動産コンサルタントは、おもに「企業提案型」と「事業執行型」の2つに分類されます。

企業提案型

お客さまから相談を受けたら、物件の特性・市場動向・権利関係・法的規制などを調べてまとめた提案書を提出し、報酬を受け取る

事業執行型

お客さまから受けた相談に対して提案するだけではなく、提案書の内容に沿って対策を実行する

依頼者との間でコンサルティング委託契約を結び、進捗監理しながら業務を遂行する

 

不動産業界で働くメリット・デメリット

不動産業界で働くメリットとデメリットは、下記のとおりです。

メリット
  • 大きな金額を動かしたり大規模なプロジェクトに関わったりするため、やりがいを感じられる
  • 女性も活躍しやすい
  • 営業職の場合、高収入につながりやすい
デメリット
  • 取り扱う金額が高価のため、景気に左右されやすい
  • BtoCの場合も多く、土日祝日は仕事になる可能性が高い

不動産業界は動かす金額が大きいことや大規模なプロジェクトに携われるため、やりがいを感じて高いモチベーションで働ける点がメリットです。また営業職の給与形態は「基本給+インセンティブ」となっているケースが多く、成果を出せれば高収入につながります。

加えて女性も活躍しやすい業界です。たとえば不動産仲介業者の場合、女性目線での物件や周辺環境などの情報を公開できれば、女性のお客さまも安心して物件を選べます。

こうした需要もあり、女性に向けた物件を紹介する不動産仲介業者も少なくありません。

ただし不動産業界は取り扱う金額が大きいことから、景気に左右されやすい点はデメリットといえるでしょう。ほかにもBtoC企業に就職すれば、土日祝日は出勤になる可能性が高いです。

不動産業界を目指したい人は、こうしたデメリットも踏まえて検討してみてください。

 

不動産業界に求められる人物像

不動産業界に求められる人物像は、おもに次の3つが挙げられます。

求める人物像
  • コミュニケーションスキル
  • 情報収集のスキル
  • 軽いフットワーク

不動産業界では「人と人をつなぐ仕事」が多く、高いコミュニケーションスキルが求められます。とくにBtoCの仕事や物件のオーナーと関わる職務に就く場合には、円滑なコミュニケーションが必要です。

また不動産に関する知識は専門性が高く、顧客から多くの質問を受ける場合があります。このとき瞬時に答えられるかどうかで、信頼性も大きく変わってくるでしょう。

そのため不動産に関する基本的な知識だけではなく、土地に関する情報や時事ネタなども頭に入れておくと役立ちます。

自分の担当として土地を割り当てられた場合には、インターネットやSNSばかりに頼らず、自分の足で歩いて情報を集めていく必要があるでしょう。

さらに不動産業界では、クライアントの都合に合わせて打ち合わせなどを行います。このためフットワークが軽く、イレギュラーにも柔軟に対応できるスキルがあると好印象を与えられるでしょう。

 

不動産業界における今後の動向は?

不動産業界における今後の動向は?

  • グローバル化
  • 中古物件の活性化

現在ではコロナ禍で外国人の受け入れは停滞していますが、アフターコロナでは以前のように訪日観光客を徐々に受け入れる体勢に変化していくでしょう。

そうなれば日本で働きたいと考える外国人や、長期滞在を希望する訪日観光客などに向けた「外国人用の物件」が増えていくと考えられます。

また日本各地で大きな課題となっている空き家ですが、こうした中古物件の活性化も注目を集めています。

そのため空き家などをリノベーションして住居やカフェ、事務所などとして貸し出すような事業も増えていくかもしれません。

不動産業界における今後の動向を自分なりに考察し、「こんな事業を実現させたい」といった考えをもっておくと好印象を与えられるでしょう。

 

\あなたの性格,強みが分かります/

>>性格適性診断を受けるには(無料)<<

デベロッパーを目指すならOB訪問は必須

ここまで不動産業界の就職難易度について説明してきました。

最後になりますが、不動産業界を目指すならOB訪問は必須です。

特に大手デベロッパー・ゼネコンはOB訪問が必須と言われます。

その理由は
少人数採用のため辞退リスクを避けたい

デベロッパーなどは基本的に少人数採用です。

そのため内定者に辞退されると予定が一気に狂います。

不動産業界の就活では「絶対に御社に入社します」という強い意志を見せることが最重要です。

それを示す場としてOB訪問を行うべきです。

「インターンでいいでしょ」と思っている方もいるかと思いますが、不動産系はインターン倍率の方が本選考より高いと言われたりするので簡単なことではありません。

内定者のほとんどは就活解禁前からOB訪問を行っています。

OB訪問で認められれば選考解禁前に内定を出す会社もありますしね(笑)

飯もタダで食べられるし、選考にも有利になるので良い尽くしです。

大手デベロッパー・ゼネコンを目指すような高学歴の方は「ビズリーチ・キャンパス」を使うといいです。

日本を代表する不動産企業に勤める先輩にオンライン面談で相談することができます。

選考に繋がっていたり、ES/面接対策もしてくれるので非常に便利です。

ビズリーチ・キャンパスを徹底解説!あの有名企業からもスカウトが来るOB訪問サービス。」の記事にもまとめましたが、選ばれし高学歴の方しか使えないサービスなので、OB・OGの質がダントツで高いです。

 

OB訪問のほかにも内定者が比較的少ない不動産業界では、内定者ESを見てしっかりESの質を上げる必要があります。

私が就活していた時は「Unistyle」とか使ってました。

無料で2万枚以上のESとか参考にできたので結構助かりました。

大手デベロッパー・ゼネコン企業のESも企業別・選考別で多く掲載されています。

OB訪問で恥ずかしいESを出すわけにはいかないので早めに対策してくださいね。

>>2万枚超の内定者ESを参考にする

 

実際に不動産業界に挑戦しようと感じた人は、不動産業界の志望動機の例文や伝え方が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

キャリアチケットスカウト」は5つの質問に答えるだけであなたのキャリアに対する考えがわかり、あなたらしく働ける優良企業に出会えるスカウトサイトです。

多くの就活生が利用しているキャリアチケットスカウトを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> キャリアチケットスカウトを見てみる

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

終わりに

不動産業界について理解できたでしょうか?

不動産業界の中で、企業の難易度・強みを比較できるくらいに企業研究しておきましょう。

以下が記事のまとめになっています。

「就活の教科書」編集部 坂本

この記事のまとめ

そもそも就職偏差値とは

◆不動産就職偏差値ランキング(2020最新版)

  • デベロッパー就職偏差値ランキング
  • ゼネコン就職偏差値ランキング

デベロッパーとゼネコンの違いは?

  • デベロッパーとは⁇
  • ゼネコンとは⁇

主要各社の雰囲気をざっくり解説

  • 三井不動産
  • 三菱地所
  • 東急不動産
  • 住友不動産
  • 野村不動産
  • 森ビル

デベロッパーを目指すならOB訪問は必須

◆企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

デベロッパーを目指す就活生は、どのような人かを知りたい人は、デベロッパー志望の就活生インタビュー記事があるので、読んでみてくださいね。

 

不動産業界だけでなく、他の業界の就職偏差値についても同様にまとめてみました。

記事を読めばその業界の概要が分かるようになっているので、気になる業界がある方は是非チェックしてみてください。

不動産業界は「開発・建築」「流通・販売・賃貸」「管理」の3分野に分かれます。それぞれの役割は異なりますが、すべて土地や建物に関わる仕事です。動かせる金額やプロジェクトが大きく、やりがいをもって働ける業界といえるでしょう。

また本記事で学んだ不動産業界の情報を知識として蓄えることも大切ですが、自身の志望動機に落とし込むことが重要です。研究した内容を含めれば魅力的な志望動機に仕上がり、面接官にも刺さります。

ライバルとの差別化を図るためにも、学んだ情報を活かして就活に臨んでくださいね。