>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【例文あり】「感銘を受けたこと」面接での答え方,質問意図 | 注意点も

皆さんこんにちは。就活の教科書の森山です。

この記事では、面接で「感銘を受けたことはありますか?」と質問されたときの答え方について解説します。

就活生の皆さんは、面接で「感銘を受けたこと」を聞かれて採用担当者が納得するような返答ができますか?

「就活の教科書」編集部 森山

就活生くん

この間面接で「感銘を受けたこと」について質問されたんだけど、上手く答えられなかった・・・

どうしたら採用担当者が望んでいる回答ができるんだろう?

就活生ちゃん

「感銘を受けたこと」を質問されても上手く答えられないと思います。

採用担当者は「感銘を受けたこと」を質問して、一体何が知りたいの・・・?

面接で「感銘を受けたこと」を急に聞かれても、答え方に困りますよね。

僕も以前までは「感銘を受けたこと」を面接で聞かれた時に焦ってしまい全然答えられていませんでした。

しかし、「感銘を受けたこと」は面接で聞かれることが多い質問なので、対策が必要です。

「就活の教科書」編集部 森山

 

そこで、この記事では「感銘を受けたこと」の面接での答え方を解説します。

合わせて、採用担当者が「感銘を受けたこと」を聞く理由や、回答例注意点「感銘を受けたこと」が思いつかない人の対処法も紹介します。

この記事を読めば、「感銘を受けたことを聞かれたけど、うまく答えられなかった・・・」なんてことを避けられます。

面接に不安を抱えている就活生のみなさんはぜひ一度、この記事を読んでみてください!

目次

 

「感銘を受けたこと」は特別な経験でなくても大丈夫

就活生くん

僕は他の優秀な就活生のような誰もが感動する経験をしたことがありません・・・

やっぱり、面接では「感銘を受けたこと」を質問された時って特別なエピソードを話さなくちゃダメなんでしょうか?

ズバリ!「感銘を受けたこと」が特別な経験でなくても不安にならなくても大丈夫です。

「就活の教科書」編集部 森山

 

多くの就活生が勘違いしがちですが、面接で「感銘を受けたこと」を伝える時に特別なエピソードは必要ありません

確かに、部活動の全国大会で優勝したり、営業のアルバイトで売り上げトップになったりというエピソードは華やかで目を引きます。

しかし、採用担当者が選考で見極めているのは、「誰もが経験していないこと」ではなく、あなたの「人柄・価値観」です。

「感銘を受けたこと」はありきたりなことで良いので、あなたの人柄や価値観が伝わるような本当のエピソードを答えてみましょう。

面接で「感銘を受けたこと」を答えるときは、質問の意図を理解した上で答えるだけでかなり印象が良くなります

次は、採用担当者に好印象を与えるために、面接で「感銘を受けたこと」を質問する意図を解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

「感銘を受けたこと」を採用担当者が聞く3つの意図

就活生ちゃん

そもそも、なぜ採用担当者は「感銘を受けたこと」を質問するんですか?

採用担当者が「感銘を受けたこと」を質問するのには以下の3つの意図があります。

「就活の教科書」編集部 森山

面接で「感銘を受けたこと」の質問意図
  • 質問意図①:学生の人柄を知るため
  • 質問意図②:仕事に対しての価値観を見るため
  • 質問意図③:学生の対応力を見るため

それでは、採用担当者が「感銘を受けたこと」を質問する意図についてそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

質問意図①:学生の人柄を知るため

採用担当者が「感銘を受けたこと」を質問する意図の1つ目は、「学生の人柄を知るため」です。

どのようなことに心動かされるのかを聞くことで、その学生の個性・人柄・考え方などを知ることができます。

採用担当者は、就活生の個性・人柄・考え方などを知ることで、企業との相性を見極めています

より企業にマッチした就活生をこの質問で判断しています。

感銘を受けた出来事の大小は関係ありません。

どんなに小さな出来事でも、採用担当者にあなたの人柄が伝わるような出来事で大丈夫ですよ。

「就活の教科書」編集部 森山

 

質問意図②:仕事に対しての価値観を見るため

採用担当者が「感銘を受けたこと」を質問する意図の2つ目は、「仕事に対しての価値観を見るため」です。

仕事に対しての価値観を見ることも、「感銘を受けたこと」を聞く理由の1つです。

就活生が何に感銘を受けるのかで物事をどのように捉えているのかが分かり、それが仕事への価値観に繋がっています。

企業が大切にする価値観と個人の価値観が一致しているかという点で、企業と相性が良い就活生を判断しているのです。

企業が大切にする価値観も踏まえて回答できれば、採用担当者から高評価を得やすくなりますよ。

「就活の教科書」編集部 森山

 

質問意図③:学生の対応力を見るため

採用担当者が「感銘を受けたこと」を質問する意図の3つ目は、「学生の対応力を見るため」です。

多くの就活生は事前に質問への回答を準備して面接に臨んでいるため、あえて変わった想定外の質問をすることで、学生の対応力をチェックしています。

「感銘を受けたこと」を他人に伝えるのは非常に難しいため、採用担当者はその難しさを利用して物事を正しく伝える能力があるかを見ているのです。

仕事では、想定外の事態が起こることはよくあり、社会人は想定外の事態に対応できないと仕事を上手くこなせません。

採用担当者は就活生がそうした緊急時にしっかりと対応できる人物なのかを判断しています

「感銘を受けたこと」から、想定外の事態が起こったときに的確に、素早く対処できるかを見ているなんてびっくりですね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

「感銘を受けたこと」を面接で答える時の回答例

就活生ちゃん

質問意図を知るだけで「感銘を受けたこと」をの答えるイメージが湧いてきました!

面接で「感銘を受けたこと」の回答例があればもっと分かりやすくなりそう・・・。

では次に、「感銘を受けたこと」を面接で答える時の回答例を紹介します。

先ほど解説した質問意図を意識しながら読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

面接で「感銘を受けたこと」の回答例
  • 回答例①:アルバイトでお客様から感謝され感銘を受けた
  • 回答例②:アルバイトで先輩の働く姿勢に感銘を受けた

それでは、「感銘を受けたこと」を面接で答える時の回答例をそれぞれ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

回答例①:アルバイトでお客様から感謝され感銘を受けた

学生時代に務めていたホテルでのアルバイトで、海外のお客様から「サンクスメール」を頂いたことに感銘を受けました。

お客様がホテルに併設しているお店でバッグ購入された際、荷物を一番安い宅配業者でご自宅まで送りたいという依頼がありました。

少しお時間を頂き、契約している5社全ての送料などを比較し、梱包の丁寧さなども考慮してご提案させていただきました。

後日、「丁寧な接客ありがとうございました」とそのお客様からお手紙が届き、働きはじめて初のサンクスメールを頂きました。

お客様に喜んで頂けたことは、私にとって何よりの励みになり、その後も「お客様にとってのベスト」を常に考えて行動する習慣が身につきました。

貴社ではこの経験を活かして、仕事をする時には「丁寧」「正確さ」「常に最善の方法を考える事」の3つを軸に業務に貢献していきます。

この例文では、「人のために尽くせる人間性」「誰かからの感謝を次のモチベーションにつなげられる」という人物像が伝わりますね。

「感銘を受けたこと」を基にして今後の方針まで述べているため、参考にしやすい回答例です。

「就活の教科書」編集部 森山

 

回答例②:アルバイトで先輩の働く姿勢に感銘を受けた

アルバイト先で、先輩がお客様のためを思って先回りして主体的に行動するのを見て、感銘を受けました。

私はカフェでアルバイトをしており、職場には同じ大学の2つ上の先輩がいました。

そのカフェでは、先にレジで注文を済ませて、お会計が済んだらお客様が商品を受け取る列に向かい商品を受け取るシステムでした。

ある日、ベビーカーを押した女性客が先輩のレジに並んだのですが、先輩はレジを打った後、お客様に注文した商品を直接席までまで運ぶと伝えていました。

通常は、お客様に自分で商品を受け取って席まで運んでもらいますが、先輩は臨機応変に対応しており、その姿勢に感銘を受けたとともに尊敬しました。

先輩の人を思いやる姿勢を見て、私も周りに気配りができる人になりたいと感じました。

それ以来、私も常に周囲を見渡して、一歩先を考えて行動することを心がけています。

この例文では、人の長所を自分に取り入れて行動ができる人柄が伝わりそうですね。

皆さんもぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 森山

 

「感銘を受けたこと」を面接で答える時の5つのポイント

就活生ちゃん

採用担当者に好印象を与えられる回答をするにはどうしたらいいんだろう・・・?

「感銘を受けたこと」の答えるときのポイントがあれば教えてほしいです。

先ほどの例文のように上手く答えるには、いくつかのポイントを知っておく必要があります。

面接で「感銘を受けたこと」を伝える時には以下の5つのポイントを意識してみましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

「感銘を受けたこと」を伝える5つのポイント
  • ポイント①:誰もが感銘を受けることでなくてもよい
  • ポイント②:結論から伝え始める
  • ポイント③:感銘を受けた具体的なエピソードを盛り込む
  • ポイント④:「感銘を受けたこと」から何を学んだのか伝える
  • ポイント⑤:いつもの自分より明るく話す

この5つのポイントを意識すると、面接で「感銘を受けたこと」を質問されても上手にアピールができます!

それでは、「感銘を受けたこと」を答えるポイントをそれぞれ説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ポイント①:誰もが感銘を受けることでなくてもよい

「感銘を受けたこと」を面接で答える時のポイント1つ目は、「誰もが感銘を受けることでなくてもよい」です。

面接で「感銘を受けたこと」を答えるのが難しいのは、そもそもテーマを見つけるのが難しいのです。

感銘を受けたことと言われてもすぐに思いつかない就活生は多いですが、原因はハードルを上げ過ぎていることが原因です。

冒頭でも説明した通り、何か特別な経験を伝える必要はなく、基本的にありきたりなエピソードでも構いません。

質問意図さえ抑えていれば、ありきたりな経験でも高評価を獲得できるため、まずは難しく考えずにテーマを見つけることが大切です。

日常生活の中で、ほんの少しでも気持ちが動いたものを振り返ってみましょう。

なかなか感銘を受けたことが思いつかない就活生は、以下の記事で簡単に過去の出来事を振り返る方法が分かるので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ポイント②:結論から伝え始める

「感銘を受けたこと」を面接で答える時のポイント2つ目は、「結論から伝え始める」です。

まず最初に、結論の「感銘を受けたこと」を簡潔にまとめて伝えましょう。

結論ファーストで話すと相手に何を伝えたいのかが明確になるためです。

結論を後回しにした話し方だと、話が伝わりにくく聞き手の集中力も途切れてしまい、あなたが伝えたいことが伝わりにくくなってしまいます。

そのため、あなたが何に感銘を受けたのかがが分かりやすいように感銘を受けた出来事を回答しましょう。

結論から話始めれば、採用担当者もあなたの話が理解しやすくなるため、印象にも残りやすくなりますよ。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ポイント③:感銘を受けた具体的なエピソードを盛り込む

「感銘を受けたこと」を面接で答える時のポイント3つ目は、「感銘を受けた具体的なエピソードを盛り込む」です。

具体的なエピソードを話せば、採用担当者はあなたがなぜそう感じたのかがイメージしやすくなります。

反対に具体的なエピソードがなければ、あなたがなぜ感銘を受けたのかが伝わりにくくなってしまう恐れがあるのです。

そうなってしまったら、アピール不足のまま質問が終わってしまいますよね。

面接で不完全燃焼にならないためにも、採用担当者がイメージしやすいエピソードを伝えましょう。

先ほども説明したように、「感銘を受けたこと」はどんなことでもいいのです。

あなたが経験した出来事を述べて、誰が聞いても伝わりやすい話になるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ポイント④:「感銘を受けたこと」から何を学んだのか伝える

「感銘を受けたこと」を面接で答える時のポイント4つ目は、「感銘を受けたことから何を学んだのか伝える」です。

質問意図とも関係してくるのですが、採用担当者は就活生の「感銘を受けたこと」から人柄や価値観を見極めています

そして、就活生の人柄が企業の社風との相性が良いかを判断しているのです。

あなたが心を打たれたことだけを伝えるだけだと、ただの世間話になってしまいアピールチャンスを逃している就活生は多いのです。

そのため、「感銘を受けたこと」から何を学び、そこからどう繋げられたのかをアピールしましょう。

「感銘を受けたこと」からあなたの価値観や行動の変化が具体的だとさらに良い回答になりますよ。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ポイント⑤:いつもの自分より明るく話す

「感銘を受けたこと」を面接で答える時のポイント5つ目は、「いつもの自分より明るく話す」です。

当たり前ですが、暗いイメージと明るいイメージであれば明るいイメージの方がより好印象をもたれることが多いです。

「感銘を受けたこと」の質問意図を汲み取り模範解答のように答えられても、雰囲気が暗いと気になってしまいますよね。

一緒の働いていて雰囲気が明るい人と暗い人とでは、どちらと一緒に働きたいのかは一目瞭然です。

普段友達や先輩と話ている時よりも、ハキハキと笑顔で明るく見えるように話すのを意識してみましょう。

「明るく話すなんて当たり前!」と思っている人ほど、面接では忘れがちなので気をつけましょうね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

「感銘を受けたこと」面接で答えるときの2つの注意点

就活生くん

「感銘を受けたこと」を面接で答えるときのポイントについてはよく分かりました!

答えるときに気をつけなければいけないことって何がありますか?

では次に、「感銘を受けたこと」を面接で答えるときの注意点を紹介します。

「就活の教科書」編集部 森山

「感銘を受けたこと」面接で答えるときの注意点
  • 注意点①:エピソードを話すだけで終了しない
  • 注意点②:自分を誇張するための嘘はつかない

それでは、「面接を受けたこと」を面接で答えるときの注意点をそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

注意点①:エピソードを話すだけで終了しない

「感銘を受けたこと」を面接で答えるときの注意点1つ目は、「エピソードを話すだけで終了しない」です。

感銘を受けたことを質問されてエピソードを披露するだけで終わらせないようにしましょう。

採用担当者が知りたいのは、あなたが感銘を受けた経験ではなくその経験から何を学んだかです。

「ボランティアをして多くの人が協力してくれたことに感銘を受けました。」だけでは、ただの世間話で終わってしまいます。

良い評価を得るためには質問意図を理解して、あなたがその経験を通してどう成長できたのかを伝えるのを意識しましょう。

感銘を受けたことを伝えるのに夢中になりすぎないようにしましょうね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

注意点②:自分を誇張するための嘘はつかない

「感銘を受けたこと」を面接で答えるときの注意点2つ目は、「自分を誇張するための嘘はつかない」です。

作り話や他人から聞いた話などの「感銘を受けたこと」を伝えても、評価の対象にはならないので注意しましょう。

採用担当者は「感銘を受けたこと」から、就活生の人柄や価値観などを知ろうと考えています。

あなたがアピールした内容が素晴らしくて、さらに大きな学びや成長があったとしても、自分が経験したことでなければ、質問を深堀されたらすぐにバレてしまいます。

感銘を受けたことは特別なことでなくても大丈夫ですので、自分の評価を上げたくて面接で嘘をつくのは避けましょう。

何を話せばいいのか分からずに、咄嗟に嘘をつくのは逆効果なので絶対にやめましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

「感銘を受けたこと」が思いつかない人の3つの対処法

就活生ちゃん

最近感銘を受けたことなんてあったかなあ・・・

面接で話せることなんて、ない気がするけどどうしたらいいんだろう?

感銘を受けたことが思い出せなくて悩んでしまう就活生は意外と多いです。

そんな人たちのために、簡単に思い出せる方法をいくつか紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

「感銘を受けたこと」が思いつかない人の対処法
  • 対処法①:自分のSNSを確認してみる
  • 対処法②:友達や先輩に聞いてみる
  • 対処法③:モチベーショングラフを書いてみる

では、「感銘を受けたこと」が思いつかない人の対処法をひとつずつ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

対処法①:自分のSNSを確認してみる

「感銘を受けたこと」が思いつかない人の対処法1つ目は、「自分のSNSを確認してみる」です。

思い出せないときは自分のTwitterやInstagramを見返してみましょう。

自分が行った投稿から過去に起きた出来事を簡単に思い出せます。

多くの人はSNSを日記感覚で利用しており、その中に「感銘を受けたこと」が投稿されていることはよくあるのです。

「感銘を受けたこと」が思い出せない場合は、自分のSNSをチェックするのがおすすめです。

スマホでいつでも簡単にできるのでおすすめですよ。

「就活の教科書」編集部 森山

 

対処法②:友達や先輩に聞いてみる

「感銘を受けたこと」が思いつかない人の対処法2つ目は、「友達や先輩に聞いてみる」です。

友達や先輩に聞いてみることで自分も似たような経験をしていた場合、他人の経験と自分の経験が繋がることもあるのです。

例えば、バイト先の先輩に感銘を受けた経験を聞くと、自分もその場所に居合わせていてその経験を思い出す場合もあるでしょう。

感銘を受けたことを思い出せないなら、他の人に聞いて思い出してみましょう。

いつも一緒にいる友達や仲の良い先輩に聞いてみましょう。

また、友達や先輩に聞きにくいという人は、OB訪問で質問してみるのもおすすめです。

以下の記事で、内定者が使用していたOB訪問のおすすめアプリを紹介しているので、参考にして何個か試して自分に合ったものを探してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

対処法③:モチベーショングラフを書いてみる

「感銘を受けたこと」が思いつかない人の対処法3つ目は、「モチベーショングラフを書いてみる」です。

「感銘を受けたこと」が思い出せないときは、モチベーショングラフを書いてみましょう。

モチベーショングラフを書けば自分のモチベーションのアップダウンが可視化でき、そこから感銘を受けたことを探し出せるためです。

自分の人生を振り返り、1つ1つの出来事を見返せば「そういえば、こんなこともあったな」と当時の自分の感情を思い出せるのです。

モチベーショングラフを書いて、過去の出来事から感銘を受けたことを探し出してみましょう

モチベーショングラフの書き方や書く時の注意点などは、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

面接力診断で、苦手な分野を見つけよう

今年の就活は、web面接で選考を行う企業も増え対策法がわからず、戸惑っている方も多いはず。

そんな時は、「面接力診断」を活用してみましょう。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、自分の面接力をグラフで見える化し、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で分かります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考の突破しましょう。

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

就活アドバイザー

 

まとめ:「感銘を受けたこと」からあなたの人柄や価値観を伝えよう

この記事の、「【例文あり】「感銘を受けたこと」面接での答え方,質問意図 | 注意点も」はいかがでしたでしょうか。

このページでは、「就活の教科書」編集部の森山が、面接での「感銘を受けたこと」の答え方について解説しました。

合わせて、採用担当者が「感銘を受けたこと」を聞く理由や、回答例注意点「感銘を受けたこと」が思いつかない人の対処法も紹介しました。

 

このページで学んだことをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 森山

この記事のまとめ

◆「感銘を受けたこと」は特別な経験でなくても大丈夫

 

◆「感銘を受けたこと」を採用担当者が聞く3つの意図

  • 質問意図①:学生の人柄を知るため
  • 質問意図②:仕事に対しての価値観を見るため
  • 質問意図③:学生の対応力を見るため

◆「感銘を受けたこと」を面接で答える時の回答例

  • 回答例①:アルバイトでお客様から感謝され感銘を受けた
  • 回答例②:アルバイトで先輩の働く姿勢に感銘を受けた

◆「感銘を受けたこと」を面接で答える時の5つのポイント

  • ポイント①:誰もが感銘を受けることでなくてもよい
  • ポイント②:結論から伝え始める
  • ポイント③:感銘を受けた具体的なエピソードを盛り込む
  • ポイント④:「感銘を受けたこと」から何を学んだのか伝える
  • ポイント⑤:いつもの自分より明るく話す

◆「感銘を受けたこと」面接で答えるときの2つの注意点

  • 注意点①:エピソードを話すだけで終了しない
  • 注意点②:自分を誇張するための嘘はつかない

◆「感銘を受けたこと」が思いつかない人の3つの対処法

  • 対処法①:自分のSNSを確認してみる
  • 対処法②:友達や先輩に聞いてみる
  • 対処法③:モチベーショングラフを書いてみる

◆まとめ:「感銘を受けたこと」からあなたの人柄や価値観を伝えよう

いきなり面接で「感銘を受けたこと」を聞かれても何を答えたら良いのかが分からず戸惑ってしまいますよね。

面接で「感銘を受けたこと」を質問されたら、感銘を受けたことした出来事よりも、感銘を受けてあなたがどう感じてどう行動したのかを伝えることが重要です。

「感銘を受けたこと」答え方をしっかり押さえて一緒に就活を乗り越えましょう!

「就活の教科書」では、就活に役立つ記事を他にもたくさん掲載しています。

よかったら他の記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山