【いろんな国に行ける!】旅好きに向いてる仕事21選一覧 | デメリット,就職方法も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ 自分に合う仕事がわかる「適職診断」/
あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

LINE適職診断とは
(https://reashu.com/)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

はじめに

 この記事では「旅好きに向いている仕事」について主に解説していきます。

あわせて、旅好きに向いている仕事に就くメリットとデメリットについて解説していきます。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

この記事を読めば「自分でも旅行しながら働ける仕事って何?」といった疑問が解決できます。

「好きなことをしながら働きたい」「旅行をしながら生活も安定させられる職業・仕事がしたい」という人はぜひ最後まで読んでください。

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断できる「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! /
LINE適職診断 あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

目次

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【どこでも働ける!】旅好きに向いてる仕事/職業一覧

就活生くん

僕は、場所にとらわれず、旅をしながらでも働くことができる仕事に就きたいと思っています。

どこでも働けるような仕事を教えてください!

分かりました!

どこでも働くことができる、旅好きのための仕事について紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 采耶

どこでも働ける旅好きの仕事
  • 仕事①:フリーライター/トラベルライター
  • 仕事②:Webデザイナー
  • 仕事③:フリーエンジニア
  • 仕事④:YouTuber/ブロガー(平均年収:433万円)
  • 仕事⑤:バイヤー(平均年収:374万円)

では、どこでも働ける旅好きの仕事を紹介していきます!

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部 采耶

仕事①:フリーライター/トラベルライター(平均年収:300万円)

旅好きに向いている仕事1つ目は、フリーライター/トラベルライターです。

フリーライターとは、フリーランスとして個人で働きつつ、主に文章の執筆で収入を得る職業のことです。

また、旅先にいれば、トラベルライターとして各地を取材し、旅行に関する情報を記事にまとめることもできます。

そのため、どこでも好きな時に好きな場所で働くことができるという強みがあります。

以下のように、フリーランスであれば自由に旅行することができます。

トラベルライターであれば、現地の人、食べ物、環境、建物などさまざまなことについて書くことができますね!

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事②:Webデザイナー(平均年収:448万円)

旅好きに向いている仕事2つ目は、Webデザイナーです。

Webデザイナーの仕事は、企業や個人などのクライアントから依頼されたWebサイトのデザインを担当・制作することです。

Webデザインの仕事の特徴として、パソコンとインターネットさえあればどこでもできることがあげられます。

そのため、旅先でもWebデザイナーとして活躍できます。

Webデザイナーになるための必要な資格はないので、デザインを学校で学ぶ、あるいはWeb制作の現場でアルバイトをすることがおすすめです!

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 采耶

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事③:フリーエンジニア(平均年収:542万円)

旅好きに向いている仕事3つ目は、フリーエンジニアです。

フリーエンジニアは、企業に所属することなく自分自身でエンジニアの仕事案件を獲得していく仕事です。

以下のように、エンジニアも旅をしながら好きな場所で働くことができます。

フリーランスエンジニアの数は増加傾向となっています。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事④:YouTuber/ブロガー(平均年収:433万円)

旅好きに向いている仕事4つ目は、YouTuber/ブロガーです。

Youtuberとは、YouTubeへの動画投稿の際に、広告を入れることで収入を得る仕事です。

広告が再生される回数に比例して収入が大きくなるため、YouTuberはできるだけ再生回数を稼げる動画を作っています。

ブロガーも同じように、自分が書いた広告を付けることによって収入を得ています。

どちらの職業も広告によってたくさん稼ぐことができます。

好きな場所で好きな時に働けることもメリットですね!

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事⑤:バイヤー(平均年収:374万円)

旅好きに向いている仕事5つ目は、バイヤーです。

海外バイヤーの仕事内容は、主に海外の商品を買いつけて、日本で販売することです。

何が売れるのかをリサーチしながら利益率の高いものを確実に売りさばくことが必要です。

バイヤーも、特別な資格は必要ないですが、ニーズを調査するリサーチ力分析力や売り手との交渉力が必要になってきます。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【海外に定住できる!】旅好きに向いてる仕事/職業一覧

就活生くん

僕は、将来海外に定住したいと思っています。

海外で定住してバリバリ働けるような仕事はありますか?

ここでは海外に定住できるような、旅好きに向いている仕事をお伝えします。

「就活の教科書」編集部 采耶

海外に定住できる旅好きの仕事
  • 仕事①:青年海外協力隊
  • 仕事②:海外現地ガイド
  • 仕事③:日本語教師

では、海外に定住できる旅好きの仕事について一つずつ紹介していきます!

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事①:海外青年協力隊(平均年収:200万円~)

旅好きに向いている仕事1つ目は、青年海外協力隊です。

青年海外協力隊とは、開発途上国で暮らしながら、経済・社会の発展、復興などに貢献する派遣ボランティアのことを指します。

無給の仕事のように感じますが、実際にはJICAから現地生活費、就職準備金などが支給されています。

現地でも物価が安いところであるとお金に困らずに生活できます。

また、現地の文化に魅力を感じることもできます。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事②:海外現地ガイド(平均年収:300万円)

旅好きに向いている仕事2つ目は、海外現地ガイドです。

海外現地ガイドの仕事内容は、海外に居住して日本からやってきた旅行客のために現地の案内をすることです。

特別な資格は不要ですが、現地の言葉に堪能で、現地の地理に詳しいことが求められています。

現地で働くにはその国の就労ビザか永住権を持っていることが前提となっています。

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 采耶

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事③:日本語教師(平均年収:380万円)

旅好きに向いている仕事3つ目は、日本語教師です。

日本語教師の仕事は、日本語を勉強したいという外国の方に現地で日本語を教えることです。

日本が好きな海外の人と出会い、交流することができます。

日本語教師をすることで、教える側も日本についてより深く学ぶことができます。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【仕事でいろんな国に行ける!】旅好きに向いてる仕事/職業一覧

就活生くん

旅好きに向いている仕事の中で、いろんな国に行けるような仕事について教えてください!

分かりました!

いろんな国に行けるような仕事11選を紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 采耶

いろんな国に行ける仕事
  • 仕事①:キャビンアテンダント
  • 仕事②:パイロット
  • 仕事③:ツアーガイド/ツアーコンダクター
  • 仕事④:ツアープランナー
  • 仕事⑤:トラベルコーディネーター
  • 仕事⑥:豪華客船クルー
  • 仕事⑦:旅行バス運転手
  • 仕事⑧:技術コンサルタント
  • 仕事⑨:製造系エンジニア
  • 仕事⑩:外資系営業職
  • 仕事⑪:観光庁職員

では、いろんな国に行ける仕事について1つずつ解説していきます!

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事①:キャビンアテンダント(平均年収:496万円)

旅好きに向いている仕事1つ目は、キャビンアテンダントです。

キャビンアテンダントの仕事内容は、主に機内食の提供などの機内サービス業、搭乗前の機内確認などの保安業務があります。

キャビンアテンダントは担当する便によって日々の出社時間や勤務終了時間が異なります。

そのため、時間があれば隙間時間に観光できることが魅力です。

英語を使ってお客さんと話す必要があるので、英語の強みをいかして仕事をしたい人にお勧めです。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事②:パイロット(平均年収:1695万円)

旅好きに向いている仕事2つ目は、パイロットです。

パイロットとは、大型のジャンボジェットやヘリコプターなどを操縦する仕事です。

また、気象データチェック燃料チェック点検なども担当しています。

パイロットはライセンスが必要で、さまざまな能力が求められますが、担当のフライト後に空き時間を利用して観光することができます。

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 采耶

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事③:ツアーガイド/ツアーコンダクター(平均年収:360万円)

旅好きに向いている仕事3つ目は、ツアーガイド/ツアーコンダクターです。

ツアーコンダクターの仕事内容は、旅程を管理し、関係者と様々な調整をしながら、旅行者を引率する仕事です。

お客さんを楽しませるコミュニケーション能力や不測の事態に対応できる冷静さが求められています。

ツアーガイドも、観光地で旅行者を先導しながら見どころを案内するのがおもな業務となっています。

ツアーコンダクターは、「旅行業務取扱管理」の資格が必要となっています。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事④:ツアープランナー(平均年収:440万円)

旅好きに向いている仕事4つ目は、ツアープランナーです。

ツアープランナーの仕事内容は、国内外のパッケージツアーの企画を行う仕事です。

具体的には、ルートや滞在時間などを決定し、交通手段や宿泊先などを手配しています。

ツアープランナーは観光地の魅力をたくさんの人に伝えることができるので、旅好きの人にとって、やりがいのある仕事です。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事⑤:トラベルコーディネーター(平均年収:518万円)

旅好きに向いている仕事5つ目は、トラベルコーディネーターです。

トラベルコーディネーターとは、旅行代理店などで、顧客の旅の相談にのり、航空券やホテルの空きを調べて手配する人のこといいます。

お客様のニーズを引き出すことが必要となっています。

トラベルコーディネーターになるには、所定の養成プログラムを受講し、認定試験で所定の成績を修める必要があります。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事⑥:豪華客船クルー(平均年収:336万円)

旅好きに向いている仕事6つ目は、豪華客船クルーです。

豪華客船クルーの仕事内容は、部門によって異なりますが、主に客船内のお店で食事を提供するなどのサービスを提供しています。

ホテルに関する知識や高度な接客マナーを持っていることが求められています。

国外に出る豪華客船であれば、海外のクルーの方たちとも一緒に仕事をすることができます。

また、「この職業の他に自分に向いている仕事を知りたい…」という方は、LINE適職診断を利用してましょう。

LINE適職診断では、8つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに向いている職業を紹介してくれるので、忙しい方にもおすすめです。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事⑦:旅行バス運転手(平均年収:350万円)

旅好きに向いている仕事7つ目は、旅行バス運転手です。

旅行バス運転手の仕事内容は、旅行会社などが設定したコースにお客様を連れていくことです。

国内の有名な観光地を訪れることができるので、旅行好きの人にとってはやりがいを持って働くことができます。

旅行バス運転手になるためには、普通自動車免許大型自動車第二種免許が必要となっています。

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 采耶

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事⑧:技術コンサルタント(平均年収:486万円)

旅好きに向いている仕事8つ目は、技術コンサルタントです。

技術コンサルタントの仕事内容は、機械分野や電気分野、建設、ITなどの技術方面で相談、助言や指導、提案を行うことです。

海外に勤務して石油・海洋調査などの開発プロジェクトに関わることもあります。

海外におけるインフラ開発時の環境などに興味がある方におすすめです。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事⑨:製造系エンジニア(平均年収:487万円)

旅好きに向いている仕事9つ目は、製造系エンジニアです。

製造系エンジニアの仕事内容は、主に工場に勤務し、製品の生産工程の効率を改善することです。

一見旅好きに向いている仕事と関係ないように見えますが、製品企画をする際に海外で「同業の企業ではどんな製品が出ているか」を分析し、市場調査を行います。

製造系エンジニアは、技術革新についてのアンテナを常に持っていることが必要です。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事⑩:外資系営業職(平均年収:600万円~1000万円)

旅好きに向いている仕事10つ目は、外資系営業職です。

外資系営業職の仕事内容は、新規顧客の獲得に向けた戦略作り販売戦略を立案などがあげられます。

外資比率が100%であるため、海外勤務をする場合も多いです。

外資系の企業は成果主義即戦力が求められています。

また、給与が高額意思決定のスピードが日系企業よりも早いなど、外資系の企業は日系企業とはまた違った特徴があります。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事⑪:観光庁職員(平均年収:700万円)

旅好きに向いている仕事11つ目は、観光庁です。

観光庁の仕事は、外国にいる場合、観光庁日本支部で、その国や地域・州の魅力をPRし日本からの観光客を増やすことです。

外国の観光庁職員になるためには、その国や地域が好きだけでなく、英語とその国の言語が堪能であり、現地の習慣や文化に詳しいことも求められます。

まず国家公務員試験に合格し、観光庁の面接に合格すれば、観光庁職員になることができます。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事⑫:通訳(平均年収:497万円)

旅好きに向いている仕事12こ目は、通訳です。

通訳の仕事は、海外に渡航する日本人、または来日する外国人がコミュニケーションを取れるようにサポートする仕事です。

通訳の仕事では、日本人と現地を回ったり、海外のイベントに仕事で参加することがあります。

そのため、旅行好きにも向いている仕事であるといえます。

全国通訳案内士という資格を持っていると、能力の証明がしやすいです。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事⑬:ライター・写真家(平均年収:363万円)

旅好きに向いている仕事13こ目は、ライター・写真家です。

ライターや写真家は、仕事の取材などで各地を飛び回ることが多い職業です。

トラベルブックなどのライターであれば、さらにいろいろな場所を回ることができる可能性が高いでしょう。

ただ、これらの仕事で生計を立てる難易度は比較的高いと考えられるため注意が必要です。

全国通訳案内士という資格を持っていると、能力の証明がしやすいです。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

 

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

旅好きに向いてる仕事/職業に就くデメリット

就活生ちゃん

旅好きに向いている仕事に就くことのデメリットはなんですか?

旅好きに向いている仕事に就くデメリットは以下の3つがあげられます。

「就活の教科書」編集部 采耶

旅好きに向いている仕事に就くことのデメリット
  • デメリット①:フリーランスの場合、生活が安定しない
  • デメリット②:旅先の環境に慣れるまでに時間がかかる
  • デメリット③:自分で言語を身につけなければならない

では、旅好きに向いている仕事に就くことのデメリットについて一つずつ紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 采耶

 

デメリット①:フリーランスの場合、生活が安定しない

旅好きに向いている仕事に就くデメリット1つ目は、フリーランスの場合、生活が安定しないことです。

フリーランスであれば、会社員のように決まった月給やボーナスがないので、収入が不安定になりがちです。

フリーランスとなって旅をしながら働くには、メンタルコントロールが重要です。

フリーランスは高収入が狙える一方で、収入が入ってこないというリスクもあります。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

デメリット②:旅先の環境に慣れるまでに時間がかかる

旅好きに向いている仕事に就くデメリット2つ目は、旅先の環境に慣れるまでに時間がかかることです。

旅先では、今まで住んでいた環境がガラリと変わり、言語も文化も異なった環境で生活しなければなりません。

そのため、価値観の違いにぶつかり、仕事もはかどらないということもあります。

新しい環境に慣れるまでは人によりますが、平均的にだいたい3カ月程度時間を要します。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

デメリット③:自分で言語を身に付けなければならない

旅好きに向いている仕事に就くデメリット3つ目は、自分で言語を身につけなければならないことです。

違った国で働くとなると、当然ですが言語能力が必要となってきます。

そのため、英語だけでなく、現地語を自分で習得することが求められています。

現地の言葉に慣れるまで、最低でも3カ月かかります。

言葉に慣れるまで、うまくコミュニケーションをとれずにしんどいこともあると思いますが、毎日話すことが大切です。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

旅好きに向いてる仕事/職業に就くメリット

就活生くん

旅好きに向いている仕事は楽しいことが多い気がします!

旅好きに向いている仕事に就くメリットについて教えてください!

分かりました!

旅好きに向いている仕事に就くメリットは以下の3つがあげられます。

「就活の教科書」編集部 采耶

旅好きに向いている仕事に就くメリット
  • メリット①:好きなことを仕事にできる
  • メリット②:フリーランスの場合、いつでもどこでも働ける
  • メリット③:多種多様な人と繋がれる

 

メリット①:好きなことを仕事にできる

旅好きに向いている仕事に就くメリット1つ目は、好きなことを仕事にできることです。

例えばトラベルライターであれば、好きな「旅」をテーマにして現地の魅力を伝えることができます。

好きなことを仕事にできると、仕事に対する幸福度が上がります。

仕事が好きなことに関連していると、モチベーションが上がりますよね。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

メリット②:フリーランスの場合、いつでもどこでも働ける

旅好きに向いている仕事に就くメリット2つ目は、フリーランスの場合、いつでもどこでも働けることです。

いつでも働くことができるようになると、時間に縛られず、ゆったりとした余裕のある生活を送ることができます。

さらに、どこでも働けるようになると、いつでも好きな場所に行くことができます。

余裕のある生活ができると、心にも余裕が出てきますね!

「就活の教科書」編集部 采耶

 

メリット③:多種多様な人と繋がれる

旅好きに向いている仕事に就くメリット3つ目は、多種多様な人と繋がれることです。

旅をしていると、普段は出会うことのできない多種多様な人と出会うことができます。

そのため、彼らと交流することにより価値観が広がっていきます。

旅の魅力は現地の人と出会うことですよね!

「就活の教科書」編集部 采耶

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

旅好きに向いてる仕事/職業に就職するための方法

就活生ちゃん

旅好きに向いている仕事やメリット・デメリットは理解できました!

ですが、旅好きに向いている仕事に就くための方法がよくわかりません!

教えてください!

分かりました!

旅好きに向いている仕事に就くための方法は以下の2つあります。

「就活の教科書」編集部 采耶

旅好きに向いている仕事に就職する方法
  • 方法①:スキルを身に付ける
  • 方法②:旅ができる業界や会社を探す

では旅好きに向いている仕事に就職する方法について1つずつ紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 采耶

 

方法①:スキルを身に付ける

旅好きに向いている仕事に就職する方法1つ目は、スキルを身に付けることです。

好きなことを仕事にするには、その仕事スキルを市場価値のあるレベルにまで向上させる必要があります。

また、現地の文化や地形、気候なども知っておくことが大切です。

旅が好きであれば、スキルを身に付けることも楽しいと感じることができます。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

方法②:旅ができる業界/会社を探す

旅好きに向いている仕事に就職する方法2つ目は、旅ができる業界や会社を探すことです。

旅ができる業界や会社は、旅行業界、航空業界、IT業界などがあげられます。

旅行業界や空港業界は旅をしながら安定した収入が得られます。

IT業界であれば、海外出張などで旅ができる機会があるようです。

フリーランスにならずに旅をしたいという人は旅ができる業界や会社を探してみてください。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

まとめ:旅好きに向いてる仕事/職業に就くといろんな国に行ける

本記事「」はいかがだったでしょうか。

この記事では、「旅好きに向いている仕事」について【どこでも行ける仕事】【いろんな国に行ける】【海外に定住できる仕事】と3つに分けて解説しました。

併せて、「旅好きに向いてる仕事に就くメリット/デメリット」「旅好きに向いてる仕事に就く方法」について解説しました。

最後にこの記事を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆【どこでも働ける!】旅好きに向いてる仕事/職業一覧

  • 仕事①:フリーライター/トラベルライター(平均年収:300万円)
  • 仕事②:Webデザイナー(平均年収:448万円)
  • 仕事③:フリーエンジニア(平均年収:542万円)
  • 仕事④:YouTuber/ブロガー(平均年収:433万円)
  • 仕事⑤:バイヤー(平均年収:374万円)

◆【仕事でいろんな国に行ける!】旅好きに向いてる仕事/職業一覧

  • 仕事①:キャビンアテンダント(平均年収:496万円)
  • 仕事②:パイロット(平均年収:1695万円)
  • 仕事③:ツアーガイド/ツアーコンダクター(平均年収:360万円)
  • 仕事④:ツアープランナー(平均年収:440万円)
  • 仕事⑤:トラベルコーディネーター(平均年収:518万円)
  • 仕事⑥:豪華客船クルー(平均年収:336万円)
  • 仕事⑦:旅行バス運転手(平均年収:350万円)
  • 仕事⑧:技術コンサルタント(平均年収:486万円)
  • 仕事⑨:製造系エンジニア(平均年収:487万円)
  • 仕事⑩:外資系営業職(平均年収:600万円~1000万円)
  • 仕事⑪:観光庁職員(平均年収:700万円)

◆【海外に定住できる!】旅好きに向いてる仕事/職業一覧

  • 仕事①:海外青年協力隊(平均年収:200万円~)
  • 仕事②:海外現地ガイド(平均年収:300万円)
  • 仕事③:日本語教師(平均年収:380万円)

◆旅好きに向いてる仕事/職業に就くデメリット

  • デメリット①:フリーランスの場合、生活が安定しない
  • デメリット②:旅先の環境に慣れるまでに時間がかかる
  • デメリット③:自分で言語を身に付けなければならない

◆旅好きに向いてる仕事/職業に就くメリット

  • メリット①:好きなことを仕事にできる
  • メリット②:フリーランスの場合、いつでもどこでも働ける
  • メリット③:多種多様な人と繋がれる

◆旅好きに向いてる仕事/職業に就職するための方法

  • 方法①:スキルを身に付ける
  • 方法②:旅ができる業界/会社を探す

◆まとめ:旅好きに向いてる仕事/職業に就くといろんな国に行ける