>> 【20卒向け】年内に内定を獲得するには <<

【英語を武器にしよう】ガクチカでTOEICをアピールする書き方|ポイント,例文も

ガクチカ TOEIC

こんにちは。「就活の教科書」編集部のもりぴーです。
就活でエントリーシート(ES)や面接でガクチカについて聞かれる機会があると思います。
そこで、みなさんはこんな疑問を持ったことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 もりぴー

就活生ちゃん

学生時代に力を入れたことが見つからない、、
TOEICの勉強は頑張ったんだけど、ガクチカにTOEICのことって書いてもいいの?

就活生くん

ガクチカでTOEICをうまくアピールする書き方を知りたい!
そう考えている人は案外多いと思います。
でも書き方のポイントを押さえれば、ガクチカでTOEICを上手にアピールすることができますよ。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

そこで、この記事では、「就活の教科書」編集部のもりぴーが「ガクチカでTOEICをアピールする書き方」について解説していきます。

記事では、エントリーシート(ES)のガクチカにTOEICをアピールする書き方や、実際にガクチカにTOEICを書いた例文を紹介しています。

この記事を読むと「ガクチカでTOEICをアピールする書き方」を詳しく理解でき、実際にアピールできるようになります。

ガクチカでTOEICをアピールしたい就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

なぜ就活の選考でガクチカを聞かれるの?

就活生ちゃん

企業が私たちに、学生時代に力を入れたことを質問する理由って何ですか?
企業がエントリーシートで学生時代に力を入れたことを質問する理由は、物事への取り組み方と成長した過程を見るためです。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

ガクチカとは「学生時代に力を入れたことについて教えてください」という質問に対する答えのことです。

力を入れたエピソードには、あなたの性格や物事の考え方が強く影響しています。

そのため、学生時代に力を入れたエピソードから、「就活生がどんなことを考えて、どのような過程で物事に取り組んだか」を企業は確認しています。

学生時代に力を入れたエピソードをもとに、自社にあった人材かどうかまで判断されます。
論理立ててしっかりとガクチカを書くことが大切です。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

ガクチカでTOEICのことを書いてもいいの?

就活生くん

ガクチカでTOEICのことを書いても大丈夫なの?

結論から言うと、エントリーシート(ES)のガクチカにTOEICのことを書いても大丈夫です。

先ほど説明しましたが、ガクチカには「学生時代に頑張ったこと」を書きます。

企業がガクチカで見ているのは、就活生の物事への取り組み方と成長した過程です。

今回の記事で紹介する書き方さえ意識すれば、ガクチカにTOEICのことを上手に書けます。

TOEICでのスコアだけが大切ではありません。
企業はTOEICのスコアを獲得するのにどのような努力をしたかを見ているので、過程を意識しましょう。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

エントリーシートにガクチカを書く前に、企業がTOEICのスコアをどのように判断しているか疑問に思いませんか。

「TOEICのスコアは就活で役に立つの?」と1回でも考えたことのある就活生はこの記事を読んでみてください。

 

ガクチカでTOEICをアピールする書き方3つ

ここから、エントリーシート(ES)のガクチカでTOEICをアピールする書き方を解説します。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

エントリーシートでガクチカをアピールする書き方は以下の3点を意識して下さい。

ガクチカをアピールする書き方
  • どのような学習をしたかわかりやすく書く
  • なぜ取り組んだかを明確に書く
  • 目的・過程を定量的に書く

この3つの書き方を意識するだけで、ガクチカにTOEICのことを上手に書けます。

それでは、ガクチカでTOEICアピールする書き方を解説していきます。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

書き方①:どのような学習をしたかわかりやすく書く

ガクチカでTOEICをアピールする書き方の1つ目は「どのような学習をしたかわかりやすく書く」です。

TOEICで高いスコアを書いただけでは、就活生がどのような取り組みをしてきたかわかりません。

最近では、TOEICのスコアが高いだけでは優秀な学生だと認識されません。

そのため、TOEICで高得点を獲得するためにどんな学習をしたかをわかりやすく書くようにしましょう。

エントリーシート(ES)のガクチカにTOEICのことを書く時は、結果よりも過程の方が大切です。
どんな努力や経験をして、スコアを獲得したかをわかりやすく伝えましょう。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

書き方②:なぜ取り組んだかを明確に書く

ガクチカでTOEICをアピールする書き方の2つ目は、「なぜ取り組んだかを明確に書く」です。

企業は就活生が学生時代に力を入れたことの内容だけではなく、就活生の人柄も知りたいです。

ガクチカにはTOEICを学習した内容だけを書くのではなく、「なぜTOEICに取り組んだか」をできる限り具体的に書きましょう。

また、TOEICをガクチカの題材にする場合は、周囲を巻き込んだことをアピールすることは難しいです。

そのため、目標達成に向けたプロセスの内容がポイントになります。

ガクチカの内容も大事ですが、目的・プロセスはもっと大切です。
文章を論理的に書くように心がけましょう。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

書き方③:目的・過程を定量的に書く

ガクチカでTOEICをアピールする書き方の3つ目は、「目的・過程を定量的に書く」です。

定量的とは「状況、状態を数値化して表すこと」です。

ガクチカでTOEICをアピールするとき、学習した過程を書くことが大事です。

その時には、勉強した時間やどれくらいの期間学習したかを数字を使って説明しましょう。

定量的に書くことで、ガクチカでTOEICを魅力的に伝えられます。

具体的に数字を示すと成果がわかりやすいです。
TOEICを学習した時の過程や目的をうまく伝えられるように工夫しましょう。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

また、エントリーシート(ES)のガクチカにTOEICを書くためには、結論から書くPREP法が効果的です。

PREP法
  • P:結論、話のポイント(POINT)
  • R:理由(REASON)
  • E:具体的な事例(Example)
  • P:結論(POINT)

 

PREP法の詳しい内容についてはこの記事を参考にしてみてください。

 

また、勉強に関連する「学業」や「研究内容」のエントリーシートの書き方については、以下の記事で解説しています。

 

ガクチカにTOEICを書いた例文

それでは、実際に今回紹介した書き方を意識して書いた例文を紹介します。

内容はあくまで例ですので、文章の構成を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

私が学生時代に力を入れたことは、TOEIC スコアを550点から900点にUPさせたことです。
将来、海外駐在をしてみたいという希望がありながらも、日常生活で英語に触れる機会が少ないこともあり全く英語力が伸びずにいました。
そこで英語に触れる機会を増やすために学生時代の4年間、通学時のリスニングに加え、週一回のネイティブスピーカーの集まりに参加し続けました。
その結果、TOEICスコアを350点UPする目標を達成できました。
この経験で得た「英語力」そして「継続する力」は貴社に入社してからも活かしていきたいです。

 

勉強した目的や、どのような取り組みをしたかを具体的に書くことでわかりやすいガクチカになっています。
ぜひ参考にしてガクチカを書いてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

エントリーシートが通過したら、面接でガクチカを聞かれる場合が多いです。

面接で何を聞かれるかを逆算してエントリーシートのガクチカを書くのも良い方法です。

面接で評価されるガクチカの話し方はこの記事で詳しく解説しています。

 

ガクチカにTOEICを書くときの注意点2つ

最後に、ガクチカにTOEICのことを書くときの注意点を解説します。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

ガクチカにTOEICを書くときの注意点は以下の2つです。

ガクチカにTOEICを書くときの注意点
  • 企業が欲しい人材を意識する
  • TOEICのスコアが低い場合は書くべきではない

この2点はガクチカにTOEICを書くとき絶対に守るべきです。

それでは、ガクチカにTOEICを書くときの注意点をそれぞれ説明していきます。

 

注意点①:企業が欲しい人材を意識する

ガクチカにTOEICを書くときの1つ目の注意点は「企業が欲しい人材を意識する」です。

企業は欲しい人材と就活生がマッチしているかをエントリーシート(ES)のガクチカで確認しています。

就活生の人柄や考え方が、企業の考え方に合わなければ当然落選します。

企業のHPを確認するなどして企業が欲しい人材を事前に確認しておきましょう。

企業が欲しい人材を意識しないと、どれだけ上手にアピールしても落選してしまいます。
エントリーシート(ES)を書く前に絶対に確認しましょう。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

注意点②:TOEICのスコアが低い場合は書くべきではない

ガクチカにTOEICを書くときの2つ目の注意点は「TOEICのスコアが低い場合は書くべきではない」です。

ガクチカに書くTOEICのスコアが低いと、そのTOEICは誰でもできると企業に捉えられることがあります。

例えば、「〜した結果、私はTOEICで600点を取れました」とガクチカでアピールするとします。

TOEICをした背景や目的意識をしっかり書いているのに、この結果だと企業の採用担当者はこんな風に感じるでしょう。

(こんなにプロセスはしっかりしているのにこれだけしか点数が取れていないのか…
本当にここまで考えながら学習したのかな)

人事さん

 

ガクチカでTOEICをアピールするときは、英語力に本当に自信があり、スコアがある程度高い場合だけ書くようにしてください。

2つの注意点も意識してガクチカにTOEICを書いてみてください。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

まとめ:ガクチカでTOEICを話して英語力をアピールしよう

いかがでしたか。

この記事では、「就活の教科書」編集部のもりぴーが、ガクチカでTOEICをアピールする書き方を紹介しました。

加えて、エントリーシート(ES)でガクチカでTOEICを書いた例文や注意点についても解説しました。

 

ガクチカにTOEICを書くときに意識すべきポイントは次の3つです。

ガクチカにTOEICを書くポイント3点
  • どのような学習をしたかわかりやすく書く
  • なぜ取り組んだかを明確に書く
  • 目的・過程を定量的に書く

 

ガクチカにTOEICを書くときの注意点は次の2つです。

ガクチカにTOEICを書く注意点2点
  • 企業が欲しい人材を意識する
  • TOECのスコアが低い場合は書くべきではない
近年、企業のグローバル化が進み、社内の公用言語が英語になった企業も増えてきています。

そのため、英語力を示せるTOEICはガクチカで十分にアピールできます。

大事なのは、結果よりも過程を具体的に伝えることです。

今回の記事で紹介した書き方・注意点を頭に入れながら、ガクチカでTOEICをアピールしてみてください。

就活の教科書では就活に関する様々な記事を掲載しています。
ぜひ他の記事も参考にしてみてください。

ガクチカの詳しい書き方については、【内定者が教える】エントリーシートの”ガクチカ”の書き方,例文(学生時代に力を入れたこと)で解説しています。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

「エントリーシートの書き方がわからない!」「質問項目の答え方がわからない」という就活生には、ESについて網羅的に解説した記事がおすすめです。