【天国すぎる!】ホワイト企業あるある24選 | 業種別の残業時間,求人・職場環境・福利厚生も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

 

就活生のみなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の潤です。
この記事では、ホワイト企業あるあるについて徹底的に解説していきます。
就活生の皆さんは、どのような企業が一般的なホワイト企業だと思いますか?

「就活の教科書」編集部 潤

就活生くん

僕は、ホワイト企業に就職したいです。
ですが、どのような企業がホワイト企業で、どのような企業がブラック企業なのかがわかりません…

就活生ちゃん

私も将来、ホワイト企業に就職したいです。
ホワイト企業について知りたいので、ホワイト企業あるあるを教えて欲しいです。
「ブラック企業は嫌だ」「ホワイト企業が良い」と言う人はたくさんいますが、実際にどのような企業がホワイト企業なのかを知っている就活生は、少ないです。
ホワイト企業の就職したいのなら、ホワイト企業について理解しておく必要があります。

「就活の教科書」編集部 潤

 

そこでこの記事では「ホワイト企業あるある」について徹底的に解説していきます。

合わせて、ホワイト企業そのものについてや、ホワイト企業あるあるを求人・職場環境・社風・福利厚生別に紹介していきます。

この記事を読めば「ホワイト企業ってどんな企業なんだろう…」「ブラック企業とホワイト企業の違いって何だろう…」というような悩みを解決できます。

将来、ホワイト企業に就職したい就活生は、この記事のホワイト企業あるあるをしっかりと理解するためにも、ぜひ最後まで読んでみてください。

先に伝えておくと「穴場な隠れホワイト企業から内定が欲しい」という方はOfferBox(オファーボックス)を使うのが一番おすすめです。

OfferBoxを使うと、学歴に自信が無くても、プロフィール次第で隠れ優良企業からスカウトが来るので、簡単に穴場のホワイト企業を探せます。

就活生の4人に1人が利用しているので「穴場なホワイト企業に就職したい!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBoxでホワイト企業からオファーをもらう

 

目次

 

そもそもホワイト企業とは?

就活生くん

僕は「ブラック企業」と呼ばれる企業を避けて「ホワイト企業」に就職したいのですが、ホワイト企業ってどのような企業何でしょうか?
ホワイト企業について知らない就活生は意外と多いです。
そこでここでは「そもそもホワイト企業って何?」というような疑問を以下の2つの観点から解決していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

そもそもホワイト企業とは?
  • ホワイト企業の基準
  • ホワイト企業で働いている人の声
それでは、ホワイト企業について、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

ホワイト企業の基準は人それぞれ

結論から言うと、どのような企業をホワイト企業と呼ぶのかは、人によって異なります。

なぜなら、人によって職場に求める環境や年収は異なるからです。

そこで、一般的にホワイト企業と呼ばれる企業の基準を一覧で紹介しておきます。

一般的なホワイト企業の基準
  • 残業が少ない
  • 離職率が低い
  • 年収が業界内でも高い
  • パワハラやモラハラがない
  • 健康経営優良法人に認定されている
  • 有給休暇の取得率が高い
  • 福利厚生が整っている
  • 働きやすい環境である

など

一般的に「ホワイト企業」と呼ばれる企業は、上記のような基準を満たしている場合が多いです。
ただし「ホワイト企業=上場企業・有名企業」と思わないようにしましょう。

ホワイト企業一覧ついて知りたい就活生は、以下の記事も読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

ホワイト企業で働いている人の声

ここでは、ホワイト企業で働いている人の声を紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

このように、ホワイト企業は、定時出勤・定時退社が多いですね。
また、GWなどの連休もしっかりと休めるのが特徴です。

ブラック企業に就職したくない就活生は、必ず以下の記事も読んでください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

次は、職場環境で見た時のホワイト企業あるあるについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

【職場環境編】ホワイト企業の特徴あるある

就活生くん

求人別での見た時のホワイト企業あるあるはよく理解できました。
職場環境編で見た時のホワイト企業あるあるについて教えて欲しいです。
わかりました。
では、ホワイト企業の特徴あるあるを職場環境編として解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

【職場環境編】ホワイト企業あるある
  • あるある①:オフィスが綺麗である
  • あるある②:副業に関して寛容である
  • あるある③:リモートワークが導入されている
  • あるある④:フレックスタイム制である
  • あるある⑤:ITの導入が進んでいる
それでは、職場環境編のホワイト企業あるあるについて、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

あるある①:オフィスが綺麗である

職場環境編のホワイト企業あるある1つ目は「オフィスが綺麗である」ことです。

ホワイト企業は、基本的に業績が良いので、オフィスを綺麗にするためにお金を使えます。

結果的に、オフィス全体が綺麗になり、居心地の良い空間が作れます。

そのため、ホワイト企業あるあるとして、オフィスの綺麗さが挙げられます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

あるある②:副業に関して寛容である

職場環境編のホワイト企業あるある2つ目は「副業に関して寛容である」ことです。

ホワイト企業の多くは、副業制度を積極的に取り入れようとしています。

現在、副業を認めている企業は、全体の約25%程度ですが、徐々に増えてくるでしょう。

 

このように、ホワイト企業では副業だけでなく、他の休みもしっかり取らせてくれます。

副業を推奨することで、社員の生活の安定にもるながるので、副業に寛容な企業はホワイト企業の可能性が高いです。

副業を認めている企業は、社員を大切にする傾向があるので、結果的にホワイト企業につながります。

「就活の教科書」編集部 潤

 

あるある③:リモートワークが導入されている

職場環境編のホワイト企業あるある3つ目は「リモートワークが導入されている」ことです。

ホワイト企業は、オフィスの省エネ化に積極的なので、リモートワークを導入している場合が多いです。

また、2020年に新型コロナウイルスが流行しましたが、その時にスムーズにリモートワークに切り替えられた企業はホワイト企業の可能性があります。

だからこそ、ホワイト企業あるあるとして、リモートワークの導入が挙げられます。

ホワイト企業だからこそ、リモートワークに力を入れられます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

あるある④:フレックスタイム制である

職場環境編のホワイト企業あるある4つ目は「フレックスタイム制である」ことです。

ホワイト企業では、社員を大切にするので、フレックスタイム制を取り入れている場合が多いです。

フレックスタイム制により、通勤時間をずらせたりするので、社員にストレスを感じさせることが少なくなります。

 

このように、ホワイト企業はフレックスタイム制を導入している場合が多いです。

そのため、積極的にフレックスタイム制を導入している企業は、ホワイト企業の可能性が高くなります。

しかし、フレックスタイム制は業界によっては、取り入れにくいので、フレックスタイム制の有無だけでホワイト企業・ブラック企業だと判断しないようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 潤

 

あるある⑤:ITの導入が進んでいる

職場環境編のホワイト企業あるある5つ目は「ITの導入が進んでいる」ことです。

ホワイト企業は仕事の効率を重視するので、IT化に積極的です。

企業では、リモートワークの導入だけでなく、様々な部分でITを導入すれば効率化につながります。

ホワイト企業あるあるとして、ITの導入に積極的かどうかが挙げられます。

ホワイト企業は、お金に余裕があるので、効率よく仕事をするために、ITを導入しやすいです。

次は、ホワイト企業あるあるの社風編について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

【社風編】ホワイト企業の特徴あるある

就活生くん

求人別や職場環境別での見た時のホワイト企業あるあるはよく理解できました。
社風別で見た時のホワイト企業あるあるについて教えて欲しいです。
わかりました。
では、ホワイト企業の特徴あるあるを社風別として解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

【社風編】ホワイト企業あるある
  • あるある①:社内で敬語が多い
  • あるある②:気軽に質問できる人が多い
  • あるある③:有給休暇取得が当たり前の雰囲気である
  • あるある④:飲み会での社員の愚痴が少ない
それでは、社風編のホワイト企業あるあるについて、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

また「ホワイト企業のあるある」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

⇒【見極めろ!】ホワイト企業求人あるある5選【就活】

 

あるある①:社内で敬語が多い

社風編のホワイト企業あるある1つ目は「社内で敬語が多い」ことです。

なぜなら、社員を大切にする風潮があるからです。

 

このように、敬語が多い企業は、ホワイト企業だと判断する人も多いです。

就活では、同期や上司との関係について質問することをおすすめします。

ホワイト企業では、感情的になる人が少ないため、自然と敬語が多くなります。

志望動機で社風や企業の雰囲気について伝えたい就活生は、以下の記事を読んでみることをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 潤

 

あるある②:気軽に質問できる人が多い

社風編のホワイト企業あるある2つ目は「気軽に質問できる人が多い」ことです。

ホワイト企業は、社員を育てることに力を入れているため、気軽に質問できる雰囲気があります。

そのため、ホワイト企業かどうかを見極めるためにも、説明会や座談会などで、積極的に質問できる環境かどうかを聞いてみてください。

僕が以前参加した説明会でも、若手社員だからこそわからないことがあれば、すぐに質問することが重要だと言っていました。

「就活の教科書」編集部 潤

 

あるある③:有給休暇取得が当たり前の雰囲気である

社風編のホワイト企業あるある3つ目は「有給休暇取得が当たり前の雰囲気である」ことです。

何回も説明していますが、ホワイト企業は社員を大切にしています。

 

このように、有給休暇を取得しないと、逆に怒られることも多いです。

そのため、「有給休暇取得が当たり前の雰囲気」というのは、ホワイト企業あるあるの1つとして考えられます。

 

あるある④:飲み会での社員の愚痴が少ない

社風編のホワイト企業あるある4つ目は「飲み会での社員の愚痴が少ない」ことです。

ホワイト企業では、コミュニケーションが上手く通じている場合が多いからです。

だからこそ、お互いに協力することが需要だと考えるため、飲み会で愚痴を言う人は少なくなっています。

説明会やOB訪問などで、飲み会の雰囲気を探ってみるのもアリですね。

次は、ホワイト企業のあるあるを求人編から解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

ちなみに、人気企業から内定をもらいたいならスカウトサイトがおすすめです。

たとえば「OfferBox」は、プロフィール登録をするだけで、あなたの人柄に関心のある企業から直接オファーが届きます。

大手からベンチャー企業まで7,700社以上の中から、興味ある企業へすぐに選考を受けられますよ。

就活アドバイザー 京香

OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

当サイトがおすすめするスカウトサイトは以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

たった30秒の就活力診断で人事からの評価を一気に上げるポイントが分かります。

こちらの就活力診断では、あなたの就活戦闘力(Sランクは約2%)や、あなたが今するべき就活対策の全てがわかります。

診断結果から自分の足りていないところがわかり、一気に人事からの評価を上げることができます。

もし「このままで内定取れるのかな」「今、何をするべきか分からない」と悩んでいるなら就活力診断を試してみてください。

>> 就活力診断をしてみる(LINEで無料診断)

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

【求人編】ホワイト企業あるある

就活生くん

僕は、ブラック企業に就職したくありません。
就活でもホワイト企業を中心に探しているのですが、求人で見た時のホワイト企業あるあるについて教えて欲しいです。
わかりました。
では、ホワイト企業の求人あるあるについて以下の12個を具体的に解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

【求人編】ホワイト企業あるある12選
  • あるある①:残業時間が少ない
  • あるある②:基本給が高い
  • あるある③:評価制度が明確である
  • あるある④:有給取得率が高い
  • あるある⑤:離職率が低い
  • あるある⑥:研修制度が整っている
  • あるある⑦:年間休日日数が多い
  • あるある⑧:福利厚生が整っている
  • あるある⑨:産休・育休取得率が高い
  • あるある⑩:女性が働きやすい職場環境である
  • あるある⑪:30代歳以下の人の既婚率が高い
  • あるある⑫:残業代が残業分だけ支払われる
それでは、求人編のホワイト企業あるある12選について、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

また、ホワイト企業にありがちな「おもしろい福利厚生」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

⇒ 【そんなのアリ!?】おもしろい福利厚生がある企業10選 【就活:転職】

 

あるある①:残業時間が20時間以内

求人編のホワイト企業あるある1つ目は「残業時間が20時間以内」であることです。

ホワイト企業では、残業をあまりせずに、自分の時間や家庭を大事にするというような考えがある人が多いからです。

その結果、業界の平均残業時間以下の残業で退社できます。

このように、ホワイト企業は残業時間を超えないような管理をしています。

そのため、ホワイト企業あるあるとして、残業時間が少ないことが挙げられます。

業種別の平均残業時間については記事の後半で詳しく解説しているので、興味のある就活生は、ぜひ見てみてください。

>>【業種別】企業の平均残業時間

 

もちろん、同じ業界内でも残業時間は企業によって異なります。

ブラック業界には、どんな業界が多いのかを知りたい就活生は、以下の記事もぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

あるある②:基本給が高くはっきりと記載されている

求人編のホワイト企業あるある2つ目は「基本給が高くはっきりと記載されている」ことです。

ホワイト企業は、基本給が高い傾向があります。

ホワイト企業では、効率よく仕事をして、効率よく業績の向上を目指しています。

 

このように、大企業と中小企業でメリット・デメリットは異なりますが、ホワイト企業が多いのは圧倒的に大企業です。

そのため、基本給が高いこともホワイト企業あるあるとなります。

また、基本給がぼかされていないのもホワイト企業あるあるです。

新卒でもらえる初任給や、年収の高い業界・企業について知りたい就活生は、以下の記事も参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

あるある③:評価制度が明確である

求人編のホワイト企業あるある3つ目は「評価制度が明確である」ことです。

ホワイト企業では、社員が納得できるような評価制度があります。

 

ホワイト企業の条件として、明確な評価制度を求めている方は多いです。

そのため、自分がどのように働けば良いのか、働いた結果給料にどのように反映されるのかが把握できます。

先輩社員の働き方を見るのが一番明確になります。

「就活の教科書」編集部 潤

 

あるある④:有給取得率が90%以上

求人編のホワイト企業あるある4つ目は「有給取得率が90%以上」であることです。

ホワイト企業は、社員を大切にする雰囲気があるので、有給を取りやすい場合が多いです。

 

このように、有給を取っていなかったら、逆に上司から怒られる企業もあります。

したがって、ホワイト企業あるあるとして、有給取得率が高いことが挙げられます。

有給取得率が52%以下であれば、平均より低いと思ってもらって大丈夫です。
また、日数の場合は10日が一つの基準になっています。

「就活の教科書」編集部 潤

 

あるある⑤:離職率が1割未満

求人編のホワイト企業あるある5つ目は「離職率が1割未満」であることです。

ホワイト企業である場合は、給料が高い・働きやすい・福利厚生が充実しているなどの理由で、社員が退職することが少ないです。

平成29年度の業界の離職率は、以下のようになっています。

業界 平均離職率
宿泊業,飲食サービス業 17.6%
生活関連サービス業,娯楽業 11.4%
教育,学習支援業 11.0%
サービス業(他に分類されないもの) 9.5%
不動産業,物品賃貸業 8.5%
医療,福祉 8.5%
卸売業,小売業 8.0%
学術研究,専門・技術サービス業 7.8%
金融業,保険業 7.3%
鉱業,採石業,砂利採取業 7.2%
運輸業,郵便業 6.4%
情報通信業 5.8%
複合サービス事業 5.4%
製造業 5.0%
建設業 4.2%
電気・ガス・熱供給・水道業 4.1%

 

就職する上で、離職率を知ることはかなり重要なことです。

離職率が1割未満のホワイト企業もたくさんあります。

ホワイト企業あるあるに含まれている企業かどうかを見極めるためにも、座談会や説明会などで、離職率に関する質問をしてみてください。

同じ業界でも企業によって離職率が異なるので、離職率が低い企業を選ぶことをおすすめします。

離職率が低い業界についてもっと詳しく知りたい就活生は、以下の記事も読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

あるある⑥:研修制度が整っている

求人編のホワイト企業あるある6つ目は「研究制度が整っている」ことです。

先程も説明しましたが、ホワイト企業は社員を大切に育成するために、研修制度が充実しています。

説明会などでの研究制度についての説明が、抽象的であれば、放任主義である場合が多いです。

 

研修制度が整っているかどうかは就活中に聞く必要がありますね。

ホワイト企業では、新人研修だけでなく、役職ごとの研修などがあるので、研修制度が整っている企業を見つけてみてください。

説明会や座談会などでは、研修制度について積極的に質問してみてください。

企業の研修制度に魅力を感じる就活生もいます。
そこで、研修制度を志望動機にしたい就活生は、以下の記事を参考にすると良いですよ。

「就活の教科書」編集部 潤

 

あるある⑦:年間休日日数が120日以上

求人編のホワイト企業あるある7つ目は「年間休日日数が120日以上」であることです。

ホワイト企業は社員を大切にし、休んだ分、効率よく働くことを推奨しているからです。

 

年間休日が120日以上の企業は、ホワイト企業の可能性が高くなります。

ホワイト企業あるあるの1つとして、年間休日日数が多いことが挙げられます。

労働基準法では、年間105日以上の休日が最低ラインなので、それよりも休みが少ない企業は、ほとんどブラック企業だと思っておくと良いです。

「就活の教科書」編集部 潤

 

あるある⑧:福利厚生が整っている

求人編のホワイト企業あるある8つ目は「福利厚生が整っている」ことです。

ほとんどのホワイト企業は、福利厚生が充実しています。

福利厚生と言っても、健康保険・介護保険・厚生年金・雇用保険・労災保険の法律で決められた福利厚生ではなく、社宅や住宅手当などの会社独自の福利厚生です。

 

社員を大切に扱うためには、福利厚生が充実している必要がありますね。

会社独自の福利厚生が多い企業ほど、ホワイト企業と判断できます。

福利厚生が充実度は、ホワイト企業あるあるに高確率で含まれます。

座談会や説明会で「福利厚生についても聞いていいの?」と悩んでいる就活生は、以下の記事を読めば解決できますよ。

「就活の教科書」編集部 潤

 

あるある⑨:産休・育休取得率が9割以上

求人編のホワイト企業あるある9つ目は「産休・育休取得率が9割以上」であることです。

ホワイト企業は、積極的に産休・育休を取得している社員が多いです。

 

産休や育休が取れる企業は、ホワイト企業の可能性もありますが、それだけでホワイト企業だと判断してはいけませんね。

また、日本の企業では男性の育休取得がかなり遅れているため、男性への育休取得が積極的ならおそらくホワイト企業でしょう。

座談会や会社説明会で、産休・育休の取得率や、取得しやすいムードがあるかないかを質問してみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

あるある⑩:女性が働きやすい職場環境である

求人編のホワイト企業あるある10つ目は「女性が働きやすい職場環境である」ことです。

なぜなら、国全体で女性の働きやすさを重視しており、ホワイト企業なら女性が働きやすい職場環境作りに注力しているからです。

女性が働きやすい職場かどうかを見極める方法
  • 産休育休制度が充実かどうか
  • コアタイムなしのフレックス制度を導入しているか
  • 託児所を設置しているか

 

これら3つがある場合は、ホワイト企業である確率がかなり高いです。

 

やはり、女性が働きやすい企業をホワイト企業と定義している方もいますね。

就活をする時は、企業が女性の働きやすい環境づくりに積極的かどうかを見極めてみてください。

ホワイト企業あるあるとして、女性が働きやす環境が挙げられます。

女性が働きやすい業界や就職先を知りたい就活生は、以下の記事もぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

あるある⑪:30代歳以下の人の既婚率が高い

求人編のホワイト企業あるある11つ目は「30代歳以下の人の既婚率が高い」ことです。

ホワイト企業は、30歳代以下の既婚率が高い傾向にあります。

ホワイト企業では、給料が高く、残業も少なく、家庭の時間を取りやすいです。

 

反対に、ブラック企業では30歳以下の方がほとんど結婚していないという意見もあります。

説明会などでは聞きにくい質問かもしれないですが、OB訪問をした際には、30歳代の既婚率についてぜひ聞いてみてください。

ホワイト企業かどうかを確認するためにも、大事な質問です。

「就活の教科書」編集部 潤

 

あるある⑫:残業代が残業分だけ支払われる

求人編のホワイト企業あるある12つ目は「残業代が残業分だけ支払われる」ことです。

ブラック企業の場合、残業代が支払われないことがよくあります。

例えば、1時間残業をしないと、残業代が支払われなかったり、あらかじめ何時間分かの残業代が給与に含まれている場合もあります。

 

ホワイト企業への転職経験者も「ホワイト企業は残業代がしっかり出る」と言っていますね。

そのため、残業代が残業分だけ支払われる企業は、ホワイト企業の可能性が高いです。

ホワイト企業あるあるは、残業代に良いイメージであることが多いです。

次は、福利厚生編のホワイト企業あるあるについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

【福利厚生編】ホワイト企業の特徴あるある

就活生くん

求人別や職場環境別・社風別での見た時のホワイト企業あるあるはよく理解できました。
福利厚生別で見た時のホワイト企業あるあるについて教えて欲しいです。
わかりました。
では、ホワイト企業の特徴あるあるを福利厚生別として解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

【福利厚生編】ホワイト企業あるある
  • あるある①:家賃補助がある
  • あるある②:食事補助がある
  • あるある③:子育て支援がある
それでは、福利厚生編のホワイト企業あるあるについて、それぞれ解説していきます。

また、志望動機で「福利厚生」について伝えたい就活生は、以下の記事もぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 潤

 

あるある①:家賃補助がある

福利厚生編のホワイト企業あるある1つ目は「家賃補助がある」ことです。

ホワイト企業は、社員に働きやすい環境を提供するため、家賃補助がある企業が多いです。

そのため、ホワイト企業に努めたい就活生は、家賃補助などの手当てがある企業を狙ってみましょう。

家賃補助以外にも、住宅手当や社宅・社員寮などもあります。

「就活の教科書」編集部 潤

 

あるある②:食事補助がある

福利厚生編のホワイト企業あるある2つ目は「食事補助がある」ことです。

社員食堂などの食事補助がある企業は、ホワイト企業の可能性があります。

理由は、社員を大切にしたいからです。

そのため、説明会や座談会などで「社員食堂のような食事補助はありますか?」と聞いてみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

あるある③:子育て支援がある

福利厚生編のホワイト企業あるある3つ目は「子育て支援がある」ことです。

ホワイト企業は、女性の社会進出を積極的に行っているからです。

例えば、産休や育休男性の育休託児所があるかどうかでホワイト企業かどうかを判断できます。

就活をする時には、子育て支援があるかないかをしっかりと聞いておくことをおすすめします。

男性の育休制度は現在、あまり普及していないため、男性の育休制度がある企業は、かなりの高確率でホワイト企業だと言えます。

また、ホワイと企業の特徴については以下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

【業種別】企業の平均残業時間

就活生くん

僕は残業時間が少ないホワイト企業に入社したいと思っています。
なので、業種ごとの平均残業時間を教えてください。

わかりました!
業種ごとの平均残業時間を以下にまとめました。
ほぼ全ての業種についてまとめたので、読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

業種 平均残業時間(時間/月)
スポーツ/ヘルス関連施設 12.3
薬局 12.4
クレジット/信販 12.8
病院 13.2
専門店/小売店 13.8
医療機器メーカー 13.9
ホテル/旅館 15.0
服飾雑貨メーカー 15.0
士業関連 15.2
投信/投資顧問 15.2
化学/素材メーカー 17.5
専門商社 17.7
CRO/SMO/CSO 17.7
化粧品メーカー 17.9
建築/建材関連メーカー 18.7
医薬品メーカー 18.7
冠婚葬祭 18.8
鉄鋼メーカー 18.9
介護/福祉関連 19.0
設備関連/メンテナンス 19.3
消費者金融/商工ローン/商品取引 19.3
生命保険 19.7
日用品/文具メーカー 19.9
食料品メーカー 19.9
電子/電気部品/半導体メーカー 19.9
倉庫 20.0
信金/信組 20.1
卸業 20.2
教育/塾/学校 20.3
インテリアメーカー 20.3
証券会社 20.6
自動車/輸送機器メーカー 20.7
Webインテグレータ 20.9
総合商社 21.0
レジャー/アミューズメント 21.1
業務請負/アウトソーシング 21.3
設備関連/プラントメーカー 21.4
旅行 21.6
電気/ガス/水道/エネルギー 21.6
ITコンサルティング 21.6
地方銀行 21.7
百貨店 21.8
陸運/鉄道/海運/航空 21.9
不動産仲介 22.7
アウトソーシング 22.8
ハードウェアメーカー 23.1
信託銀行 23.5
放送 23.6
ソフトウェアメーカー 23.7
通信販売/インターネットショップ 23.7
都市銀行 23.9
機械/電気機器メーカー 24.1
家電/AV機器メーカー 24.2
理容/美容/エステ 24.3
損害保険 25.0
通信/ISP/データセンター 25.9
システムインテグレータ/ソフトハウス 26.3
ネットワークインテグレーター 27.1
リース 27.3
建設設計 27.4
バイオ関連 27.4
人材サービス 27.8
出版 27.8
量販店/ホームセンター/スーパー 28.8
ハウスメーカー 29.2
ゼネコン/サブコン 29.4
芸能/芸術 29.6
マーケティング/リサーチ 30.0
ゲーム/アミューズメント機器メーカー 30.1
コンピューター/OA機器メーカー 30.4
外食/レストラン 32.6
通信/ネットワーク機器メーカー 33.0
ディベロッパー 33.2
印刷関連 34.7
コンサルティングファーム/シンクタンク 35.3
建物管理/安全作業 35.8
コンビニエンスストア 36.3
EC/ポータル/ASP 36.5
新聞 40.9
広告 49.1

参考:https://doda.jp/guide/ranking/073.html

やはりコンサルや広告業界は残業時間は多いですね。
裏を返せば残業時間分働けるので、たくさん給料をもらえるとも言えますね。

「就活の教科書」編集部 潤

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

【企業の方へ】当サイトへの情報掲載について

企業様向け 広告掲載のお問い合わせ

当サイト「就活の教科書」では、100以上の就活サービス1000社以上の企業情報を掲載しています。

サービス掲載・企業掲載のご希望や、情報修正のご依頼などありましたら、下記リンクよりお気軽にお問い合わせください。

「就活の教科書」への問い合わせはこちら

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

まとめ:ホワイト企業の特徴を理解した上で受ける会社を判断しよう

この記事では「【求人/職場環境/福利厚生】ホワイト企業あるある24選 | 業種別の残業時間も」について徹底的に解説しました。

合わせて、ホワイト企業そのものについてや、ホワイト企業あるあるを求人・職場環境・社風・福利厚生別に紹介しました。

最後にこの記事のまとめを書いておきます。

ホワイト企業のあるあるや、ホワイト企業の特徴について知りたい就活生は、ぜひ最後に復習してみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

この記事のまとめ

◆ そもそもホワイト企業とは?

  • ホワイト企業の基準は人それぞれ
  • ホワイト企業で働いている人の声

◆ ホワイト企業の求人あるある

  • あるある①:残業時間が少ない
  • あるある②:基本給が高い
  • あるある③:評価制度が明確である
  • あるある④:有給取得率が高い
  • あるある⑤:離職率が低い
  • あるある⑥:研修制度が整っている
  • あるある⑦:年間休日日数が多い
  • あるある⑧:福利厚生が整っている
  • あるある⑨:産休・育休取得率が高い
  • あるある⑩:女性が働きやすい職場環境である
  • あるある⑪:30代歳以下の人の既婚率が高い
  • あるある⑫:残業代が残業分だけ支払われる

◆ 【職場環境編】ホワイト企業の特徴あるある

  • あるある①:オフィスが綺麗である
  • あるある②:副業に関して寛容である
  • あるある③:リモートワークが導入されている
  • あるある④:フレックスタイム制である
  • あるある⑤:ITの導入が進んでいる

◆ 【社風編】ホワイト企業の特徴あるある

  • あるある①:社内で敬語が多い
  • あるある②:気軽に質問できる人が多い
  • あるある③:有給休暇取得が当たり前の雰囲気である
  • あるある④:飲み会での社員の愚痴が少ない

◆ 【福利厚生編】ホワイト企業の特徴あるある

  • あるある①:家賃補助がある
  • あるある②:食事補助がある
  • あるある③:子育て支援がある

 

冒頭にも言った通り、どのような企業をホワイト企業と思うのかは、人それぞれです。
この記事では、一般的にホワイト企業と呼ばれる企業の特徴を解説しましたが、バリバリ働きたい人にとって、休みが多いことは苦痛でしかありません。
このように、ホワイト企業の基準は人によって異なります。
だからこそ、自分の就活の軸を決めて、入社後に後悔しないように、自分なりのホワイト企業を探すことが重要です。

「就活の教科書」編集部 潤