【やってしまった…】就活生が面接でやりがちな失敗と面接官の評価 | 巻き返し方,事前の準備も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ 180,000人が利用中! /
面接回答集100選 内定者の面接回答を見てみる
(面接回答集100選)

面接回答集100選とは
(https://reashu.com/)

*就活の教科書公式LINEから限定無料配布!

みなさん、こんにちは。就活アドバイザー の京香です。

今回は「就活の面接での失敗について紹介していきます

就活性の皆さんは、「面接で失敗して落ち込んだ「面接で1度失敗するとその後にも響いてしまったというような経験はありませんか?

就活アドバイザー 京香

就活生くん

僕は就活の面接で、失敗したと感じることがよくあります。

どうやったら、失敗せずに面接を乗る切れるのでしょうか。

就活生ちゃん

私も、面接が失敗してしまったと思うことがよくあります。

だけど、失敗した面接なのに受かったということも時々あります。

一体なぜでしょうか・・・。

確かに、面接が失敗したと感じることや、失敗した面接だったのになぜか受かったということはよくありますよね・・・。

ちなみに、「志望企業の面接で落ちたくない!」という方は、内定者の面接の質問と回答例が無料で見れる「面接質問集100選(公式LINEで無料配布)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

そのため、この記事では「就活の面接での失敗」について解説していきます。

また、「面接で失敗したときの対処法」「面接で失敗しないために準備すべきこと」についても紹介していきます。

  • 面接で失敗してしまう原因が知りたい就活生
  • 面接で失敗しても切り替える方法を知りたい就活生
  • 面接で失敗しないために対策したい就活生

上記の就活生は、ぜひこの記事を読んで、就職活動に役立ててください。

「面接の質問で評価される回答がわからない…」という方は、面接回答集100選(公式LINEで無料見放題)で内定者の回答を参考にし、面接・ESを突破できる回答を作るのが一番おすすめです。

ちなみに面接回答集100選(公式LINEで無料見放題)以外にも、難関企業内定者のES見放題の「選考通過ES」、選考通過ESが71,733枚見放題の「unistyle」、プロからのES添削/面接対策を頼める「スタキャリ×ジョーカツもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】面接・ES対策に役立つおすすめツール(無料)
\ 180,000人以上が利用中! / 内定者の面接回答を見てみる
(面接質問集100選)

*就活の教科書公式LINEから限定無料配布!

どのサービスを使えば良いかわからない…」という方は面接回答集100選(公式LINEで無料見放題)内定者の回答を参考にするのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

面接の質問に上手く答えるには?

「面接対策は何から始めれば…?」「面接の質問にきちんと答えられるか少し不安」という方は、面接の質問集100選で面接対策を行うのがおすすめです。

面接質問解答集100選は、面接でよく聞かれる頻出質問と内定者の回答をまとめたもので、面接質問回答集をマスターすると、面接での通過率が格段に上がります。

面接の対策では、模擬面接も大切ですが、内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことも大切です。

そのため、「面接対策はどこからやれば…」という方は、面接の質問集100選と答え方を見て、面接対策に活かしてくださいね。

そもそも面接で失敗したからといって落ちるの?

就活生くん

そもそも、面接で少し失敗したら必ず落選してしまうのでしょうか?

教えて下さい。

わかりました!

それでは、「そもそも面接で失敗したからといって落ちるのか」を簡単に説明します。

就活アドバイザー 京香

面接で失敗したからといって落ちるのか
  • 結論:面接で少し失敗したからといって落ちるわけではない
  • 理由①:就活生が緊張していることは面接官もわかっている
  • 理由②:面接で失敗したと感じる就活生は多い

結論:面接で少し失敗したからといって落ちるわけではない

結論、「面接で少し失敗したからといって落ちるわけではない」です。

そのため面接で少し失敗したからといって気落ちせず、次の面接などの準備に備えましょう。

以下に、面接で少し失敗したからといって落ちるわけではない理由を説明します。

理由①:就活生が緊張していることは、面接官もわかっている

面接で少し失敗しても受かることがある理由1つ目は、「就活生が緊張していることは面接官もわかっている」からです。

就活生が自分で感じる失敗は、緊張して話すのが下手になってしまったという場合がほとんどだと思います。

しかし、面接官は就活生が緊張していることを理解しています。

なので、就活生が多少早口になったりしても、しっかりと自分の意見を言うことができれば問題ありません。

悪い点を見つけるのではなく、その人の良いところを見つけるのが面接でもあるので、少しの失敗はそこまで影響しないことが多いんです!

就活アドバイザー 京香

理由②:面接で失敗したと感じる就活生は多い

面接で少し失敗しても受かることがある理由2つ目は、「そもそも面接で失敗したと感じる就活生は多い」からです。

就活生のほとんどは、緊張して不安で面接に挑みます。

そのため、自分の伝えたかったことが話せなかったり、理想の面接と少しでもずれたりすると失敗したと感じてしまう就活生が多いんです。

しかし、客観的にみれば上手く応えることができていたり、周りの就活生も同じくらいの失敗はしていることはよくあります。

失敗してしまったと思うのは、自分が完璧主義や自己評価が低い可能性があります。

面接が終わったあと、失敗したと感じてしまうことや少しの失敗はよくあることです。

次の面接のために反省することができるのはとても良いことです!

この記事を読んで、少しの失敗をなくすことで他の就活生と差をつけましょう。

就活アドバイザー 京香

「面接の対策の仕方がわからない…」という就活生の方は、面接の質問集100選と答え方(公式LINEで無料配布)も参考にするのが一番おすすめです。

内定者の回答を見るには、就活サイトなどを参考にする就活生が多いですが、他にも面接回答集100選(公式LINEで無料配布)を参考にする就活生も多くいます。

面接の対策をするなら、模擬面接も大切ですが、内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことも大切です。

そのため、面接の質問集100選と答え方(公式LINEで無料配布)を見て、面接対策に活かしてくださいね。

就活アドバイザー 京香

「面接回答集100選」なら面接で失敗しない回答法がわかる
  • 面接頻出質問と回答が無料で見れる
  • 面接で失敗しない回答の仕方がわかる
  • 結果、面接で落ちにくくなる

面接でやりがちな失敗10選と面接官からの評価

就活生くん

面接で少し失敗しても受かることがある理由は分かりました。

じゃあ、面接が失敗したと感じるのはどんなときでしょうか?

教えて下さい!

分かりました。

それでは、面接でありがちな失敗10選を紹介します。

また、その失敗に対して面接官がどのような印象を持ちやすいかも解説します!

就活アドバイザー 京香

面接でありがちな失敗10選
  • 失敗①:遅刻・無断欠席した
  • 失敗②:服装が乱れていた
  • 失敗③:基本的な質問に答えられなかった
  • 失敗④:緊張で上手く話せなかった
  • 失敗⑤:回答が矛盾してしまった
  • 失敗⑥:長々と喋りすぎた
  • 失敗⑦:企業・製品を批判してしまった
  • 失敗⑧:敬語やマナーを守れていなかった
  • 失敗⑨:逆質問を用意していなかった
  • 失敗⑩:待遇面ばかり質問してしまった

失敗①:遅刻・無断欠席した

面接でありがちな失敗1つ目は、「遅刻・無断欠席した」です。

遅刻・無断欠席は、面接官から印象がとても悪い失敗です。

しかし、理由によっては許されることもあります。

例えば、不慮の事故ですぐに連絡ができなかった場合などです。

事前に連絡することが不可能な遅刻・無断欠席をしてしまった場合は、自分から謝罪の連絡をしっかりといれ、誠意を示すことが大事です。

事前に防げる遅刻・無断欠席は、印象がとても悪く、それだけで面接に参加できなかったり不採用になることが多いです!

なので、避けてほしい失敗です。

就活アドバイザー 京香

失敗②:服装が乱れていた

面接でありがちな失敗2つ目は、「服装が乱れていた」です。

髪型や服装の乱れは、即落選の原因になってしまう失敗です。

実際に、JOBRASS編集部が行った調査によると、企業の採用担当者の42.0%が「服装で即、就職活動生を落としたことがある」と回答しました。

引用:JOBRASS新卒

このように、企業の42%が、服装で就活生を落とすことがあるほど、服装は就活の大事な要素です、

服装の乱れは、面接の前に事前に鏡で最終確認をすることができます。

身だしなみをしっかりと確認して面接に挑みましょう。

以下に、スーツの場合の服装のチェックポイントをのせています。

自分が面接の際にしっかりと服装を整えられているか確認してみてください。

就活アドバイザー 京香

  • 襟や袖に汚れがついていないか
  • シャツはしっかりとアイロン掛けがされているか
  • ネクタイは着用しているか
  • シャツのボタンは第一ボタン(企業によっては第2ボタン)までしめているか
  • シャツのボタンがずれていないか
  • スーツにホコリやふけがついていないか
  • ワイシャツの下から派手な色のシャツなどが透けていないか
  • スーツのサイズがあっているか
  • 靴が汚れていいないか

失敗③:基本的な質問に答えられなかった

面接でありがちな失敗3つ目は、「基本的な質問に答えられなかった」です。

面接官の質問に上手く答えられないと「失敗した」と感じてしまいますよね。

その質問が会社の基本的な情報や、自分についての簡単なことであったりするとなおさら失敗したと感じてしまうと思います。

しかし面接で基本的な質問に対して上手く答えられなかったからといって、落選するわけではありません。

面接官はずべての質問に対して就活生の完璧な回答を求めているわけではありません。

答えの内容だけではなく、その人自身の人間性などもチェックしています。

そのため、面接官からの質問に上手く答えられなかったり言葉に詰まったりしても、普段人と話すときのようなイメージで対話することを意識すれば好印象を与えられる可能性があります。

失敗④:緊張でうまく話せなかった

面接でありがちな失敗4つ目は、「緊張で上手く話せなかった」です。

緊張で言葉に詰まってしまうと、「スムーズに答えることができず失敗した」と感じてしまうと思います。

しかし、面接官は就活生が緊張して面接に挑んでいることをわかってくれています。

なので、緊張で言葉が詰まったとしても、しっかりと答えようとした誠実性が評価されることがあります。

ゆっくりと考えて答えることができれば、ちゃんと考えて答えようとしてくれたのだなと思ってもらえることもあります。

そのため、緊張で言葉に詰まっても諦めずしっかりと最後まで質問に答えましょう。

緊張してしまって面接が苦手という就活生は、以下の記事を読んでみてください!

就活アドバイザー 京香

失敗⑤:回答が矛盾してしまった

面接でありがちな失敗5つ目は、「回答が矛盾してしまった」です。

エントリーシートに書いている内容と違うことを言ってしまったり、緊張して発言が矛盾してしまうことがあると思います。

回答が矛盾してしまうと、面接官に指摘されることがあることもあると思います。

指摘されると、注意を受けたように感じて失敗したと感じてしまいますよね。

しかし、回答の矛盾を指摘されたからといって、失敗したわけではありません。

面接官は、就活生の回答に興味があって聞き返してくれています。

そのため、回答が矛盾してしまったときも、焦らず自分の思いや考えを整理して伝えましょう。

失敗⑥:長々と喋りすぎた

面接でありがちな失敗6つ目は、「長々と喋りすぎた」です。

1つの質問に対して、長々と話しすぎてしまうと失敗したと感じてしまいますよね。

面接官の質問に対して答えるときは、伝えるべき内容をできるだけ簡潔にまとめ、回答が長くなりすぎないようにすべきです。

その方が面接官に対して自分が本当に伝えたいことや知ってほしいことを強調しやすいからです。

回答の長さは、1分間程(300文字程度)がよいと言われています。

しかし面接官は、長々と話しすぎてしまった就活生に対して、熱意があると感じてくれる場合もあります。

なので、長々と話しすぎたとしてもあまり気にせず、次に切り替えましょう。

失敗⑦:企業・製品を批判してしまった

面接でありがちな失敗7つ目は、「企業・製品を批判してしまった」です。

面接で、企業の製品やサービスを批判してしまった場合、面接官に悪い印象を与えてしまうかもしれません。

しかし、それは批判の仕方にもよると思います。

例えば、企業・製品のこれからを考えた批判であれば、「鋭い視点を持っているんだ」と評価してもらえるかもしれません。

その逆で、根拠のない批判や他の企業への批判は、ネガティブな印象しか与えないので基本的にNGです。

失敗⑧:敬語やマナーを守れていなかった

面接でありがちな失敗8つ目は、「敬語やマナーを守れていなかった」です。

面接官に対してタメ口になってしまったり、姿勢が悪かったりすると、面接官からの評価は凄く悪くなってしまいます。

しかし、多少の敬語・マナーの間違いは、そこまで気にされない場合もあります。

失敗を引きずらずに、明るくハキハキとその後の質問に答えることができる就活生のほうが、面接合格の可能性が高いです!

そのため、多少敬語やマナーを間違えてしまっても、その後の態度に出さないようにしましょう。

就活アドバイザー 京香

失敗⑨:逆質問を用意していなかった

面接でありがちな失敗9つ目は、「逆質問を用意していなかった」です。

逆質問を用意していないと、面接官から「企業に興味がないのではないか」と思われてしまうことがあります。

ただ、面接でしっかりと企業への気持ちが伝えられていれば、「すでに企業説明会やインターンシップで色々質問をして、調べ尽くしてくれたのかも」と思ってもらえることもあるかもしれません。

しかし、逆質問は自分を企業にアピールできる機会にもなるので、極力用意をしてきたほうが良いと思います。

失敗⑩:待遇面ばかり質問してしまった

面接でありがちな失敗10つ目は、「待遇面ばかり質問してしまった」です。

待遇面ばかり質問をしてしまうと、「企業の事業や風土に興味がないのではないか」と思われてしまって悪印象です。

待遇面を質問したいときは、「給料」・「年収」といった直接的な表現はあまりおすすめしません。

自分の働くビジョンを伝え、その上で待遇面を質問するようにしましょう。

自分の働くビジョンや、目的をしっかりと伝えて待遇面の質問をすれば、企業で働くことを現実的にしっかりと考えているという気持ちが伝わります!

就活アドバイザー 京香

面接の質問に上手く答えるには?

「面接対策は何から始めれば…?」「面接の質問にきちんと答えられるか少し不安」という方は、面接の質問集100選で面接対策を行うのがおすすめです。

面接質問解答集100選は、面接でよく聞かれる頻出質問と内定者の回答をまとめたもので、面接質問回答集をマスターすると、面接での通過率が格段に上がります。

面接の対策では、模擬面接も大切ですが、内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことも大切です。

そのため、「面接対策はどこからやれば…」という方は、面接の質問集100選と答え方を見て、面接対策に活かしてくださいね。

面接で失敗した時の対処法3選

就活生ちゃん

たしかに、自分面接で失敗したとき同じようなことを感じました。

じゃあ失敗した面接でも受かるためには、どのようにすれば良いのですか?

面接中すぐに実践できる方法を教えて下さい。

分かりました!

それでは、面接で失敗した時の対処法を3選紹介します。

就活アドバイザー 京香

面接で失敗した時の対処法3選
  • 対処法①:回答に困った時は嘘をつかずに素直に話す
  • 対処法②:その場で素直に謝る
  • 対処法③:失敗したとしてもひきずらない

対処法①:回答に困ったときは嘘をつかずに素直に話す

面接で失敗した時の対処法1つ目は、「回答に困った時は嘘をつかずに素直に話す」です。

回答に困った時は、嘘をつかずに素直に回答に困ってしまったことを伝えましょう。

また、質問の内容が分かりづらかった時は、無理に答えようとせず、もう一度質問の内容を聞いて、しっかりと答えることができるようにしましょう。

嘘をついて答えてしまうと、次の質問で矛盾してしまったり、言っていることがおかしくなってしまうことに繋がります。

回答に困ったことを素直に伝えることで、面接官に就活生の誠実性が伝わります。

就活アドバイザー 京香

対処法②:その場で素直に謝る

面接で失敗した時の対処法2つ目は、「その場で素直に謝る」です。

マナーや敬語を間違えたり、緊張で上手く話せなかったりと失敗することは、仕方ないです。

そういうときは、すぐにその場で素直に謝ることで、次の質問に響かないようにしましょう。

しっかりと謝罪することで、誠実性・対応力が評価されます。

対処法③:失敗したとしてもひきずらない

面接で失敗した時の対処法3つ目は、「失敗したとしてもひきずらない」です。

失敗したことを悔やんでひきずってしまうことは本当によくないです。

なぜなら、その後の質問に答える際に暗い印象を与えてしまったり、理想の面接とずれたことでその後の回答も上手くかかないかもしれないからです。

失敗をしたとしても、反省はすべて面接が終わってからにしましょう。

しっかりと切り替えることができることは、対応力が評価されることにも繋がります。

                                                   

面接対策に役立つ記事一覧

「もうすぐ面接があるけどどうやって対策すればいいか分からない」という就活生は、 面接での想定質問の回答を考える実戦形式で面接練習をする という順序で対策を行いましょう。 以下の記事を読めば、面接でのよくある質問や実践的な面接練習のやり方が分かるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

【短時間でできる!】面接対策のやり方

①面接の形式を知り、よくある質問に対する回答を考える
→詳しくは「面接選考の対策」の記事を読んでみる

②実戦形式で面接対策をする
→詳しくは「面接練習のやり方」の記事を読んでみる

「面接の対策の仕方がわからない…」という就活生の方は、面接の質問集100選と答え方(公式LINEで無料配布)も参考にするのが一番おすすめです。

内定者の回答を見るには、就活サイトなどを参考にする就活生が多いですが、他にも面接回答集100選(公式LINEで無料配布)を参考にする就活生も多くいます。

面接の対策をするなら、模擬面接も大切ですが、内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことも大切です。

そのため、面接の質問集100選と答え方(公式LINEで無料配布)を見て、面接対策に活かしてくださいね。

就活アドバイザー 京香

「面接回答集100選」なら面接で失敗しない回答法がわかる
  • 面接頻出質問と回答が無料で見れる
  • 面接で失敗しない回答の仕方がわかる
  • 結果、面接で落ちにくくなる

面接で失敗しないために準備すべきこと5選

就活生ちゃん

なるほど、面接で失敗したときのその場の対処法についてよくわかりました。

でも、面接で失敗しないために準備しておくことが1番良いですよね。

そうですね!

それでは、面接で失敗しないために準備すべきこと5選を紹介します。

就活アドバイザー 京香

面接で失敗しないために準備すべきこと5選
  • すべきこと①:前日には面接会場と持ち物を確認しておく
  • すべきこと②:基本的な質問への回答と逆質問を準備しておく
  • すべきこと③:模擬面接で話し方やマナーを練習しておく
  • すべきこと④:面接の前に鏡で身だしなみをチェック
  • すべきこと⑤:当日は面接官とコミュニケーションを取ることを意識する
ちなみに「面接に受かりたい!」という方面接回答集100選(公式LINE限定配布)を使うと、内定者の答え方がわかり、面接対策が簡単にできますよ。

就活アドバイザー 京香

すべきこと①:前日には面接会場と持ち物を確認しておく

面接で失敗しないために準備すべきこと1つ目は、「前日には面接会場と持ち物を確認しておく」です。

面接場所と当日の持ち物を確認しておくことで、面接に集中し、安心して取り組むことができます。

面接での遅刻や忘れ物は基本的にNGなので、しっかりと確認しておくことで、遅刻・忘れ物を防ぎましょう。

当日に乗る電車の時間や駅から会社の距離なども調べておくと良いと思います。

すべきこと②:基本的な質問への回答と逆質問を準備しておく

面接で失敗しないために準備すべきこと2つ目は、「基本的な質問への回答と逆質問を準備しておく」です。

面接でよく聞かれる基本的な質問への回答や逆質問は、事前にしっかりと準備しておくことが重要です。

事前に準備して練習しておけば、落ち着いて回答することができます。

よく聞かれる基本的な質問や、逆質問の例が知りたい就活生は、以下の記事を読んでみてください。

就活アドバイザー 京香

すべきこと③:模擬面接で話し方やマナーを練習しておく

面接で失敗しないために準備すべきこと3つ目は、「模擬面接で話し方やマナーを練習しておく」です。

面接前に話し方やマナーについて練習しておかないと、いざ本番で「どうすればいいんだっけ?」と混乱して上手く話せなくなってしまいます。

そのため、面接前に面接のマナーや敬語の使い方についてしっかりと確認をしておく必要があります。

面接のマナーについて詳しく知りたい、模擬面接が練習できる方法が知りたい就活生は以下の記事を参考にしてください!

就活アドバイザー 京香

すべきこと④:面接の前に鏡で身だしなみをチェック

面接で失敗しないために準備すべきこと4つ目は、「面接の前に鏡で身だしなみをチェック」です。

面接では、身だしなみをきちんとしておくことがとても重要です。

服装の乱れは、落選の直接的な原因にも繋がります。

そのため、面接の前に事前に鏡で最終確認をしておきましょう。

すべきこと⑤:当日は面接官とコミュニケーションを取ることを意識する

面接で失敗しないために準備すべきこと5つ目は、「当日は面接官とコミュニケーションを取ることを意識する」です。

面接では、面接官とのコミュニケーションが求められます。

面接官で求められるコミュニケーション能力とは、「相手の言うことを正しく理解する能力」、「伝えたいことを適切に表現し、相手に理解してもらう能力」のことです。

面接官の質問の意図をしっかりと読み取り、自分の思いをしっかりと伝えることができるようにしましょう。

面接の質問に上手く答えるには?

「面接対策は何から始めれば…?」「面接の質問にきちんと答えられるか少し不安」という方は、面接の質問集100選で面接対策を行うのがおすすめです。

面接質問解答集100選は、面接でよく聞かれる頻出質問と内定者の回答をまとめたもので、面接質問回答集をマスターすると、面接での通過率が格段に上がります。

面接の対策では、模擬面接も大切ですが、内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことも大切です。

そのため、「面接対策はどこからやれば…」という方は、面接の質問集100選と答え方を見て、面接対策に活かしてくださいね。

まとめ:面接で失敗しても、落ち込まずに次に活かそう

いかがだったでしょうか。

この記事では「就活の面接での失敗」について解説しました。

また、「面接で失敗したときの対処法」「面接で失敗しないために準備すべきこと」についても紹介しました。

面接で失敗しないために、しっかりと準備して面接に挑みましょう。

また、面接で失敗しても、落ち込まずに次に活かすことを考えましょう。

以下にこの記事のまとめをのせています。

この記事のまとめ

◆そもそも面接で失敗したからといって落ちるの?

  • 結論:面接で少し失敗したからといって落ちるわけではない
  • 理由①:就活生が緊張していることは、面接官もわかっている
  • 理由②:面接で失敗したと感じる就活生は多い

◆面接でやりがちな失敗10選と面接官からの評価

  • 失敗①:遅刻・無断欠席した
  • 失敗②:服装が乱れていた
  • 失敗③:基本的な質問に答えられなかった
  • 失敗④:緊張でうまく話せなかった
  • 失敗⑤:回答が矛盾してしまった
  • 失敗⑥:長々と喋りすぎた
  • 失敗⑦:企業・製品を批判してしまった
  • 失敗⑧:敬語やマナーを守れていなかった
  • 失敗⑨:逆質問を用意していなかった
  • 失敗⑩:待遇面ばかり質問してしまった

◆面接で失敗した時の対処法3選

  • 対処法①:回答に困ったときは嘘をつかずに素直に話す
  • 対処法②:その場で素直に謝る
  • 対処法③:失敗したとしてもひきづらない

◆面接で失敗しないために準備すべきこと5選

  • すべきこと①:前日には面接会場と持ち物を確認しておく
  • すべきこと②:基本的な質問への回答と逆質問を準備しておく
  • すべきこと③:模擬面接で話し方やマナーを練習しておく
  • すべきこと④:面接の前に鏡で身だしなみをチェック
  • すべきこと⑤:当日は面接官とコミュニケーションを取ることを意識する

◆まとめ:面接で失敗しても、落ち込まずに次に活かそう