>> 内定者が選んだ就活に役立つサービス15選 <<

【内定者が教える】「志望度」面接での答え方 | 質問意図やNG回答例も

shiboudo

こんにちは!「就活の教科書」編集部のかめさんです。
いきなりですが、皆さんは面接で「弊社の志望度はどれぐらいですか?」と聞かれたことはありますか?

「就活の教科書」編集部 かめさん

就活生くん

選考で聞かれたけど、嘘ついて全部第1志望って答えてたよ。これっていいのかな

就活生ちゃん

自己PRとかうまく伝えられたのに、正直に第2志望って伝えたら通らなかったよ~

みなさん、「企業への志望度」の質問に正直に答えるべきなのかどうか悩んでいるみたいですね。
せっかく面接まで進んで手ごたえがあったとしても、この質問の答え方で合否が決まるかもしれませんよ。

「就活の教科書」編集部 かめさん

そこで、今回は「企業の志望度」の面接での答え方や質問意図、回答例についてお伝えしていきます。

加えて、面接官に志望度を上手に伝えるための事前準備も紹介します。

この記事を読めば「弊社の志望度はどれぐらいですか?」という質問に困らないようになりますよ。

ぜひ読んでみてくださいね。

そもそも、「会社への志望度」を面接で聞くのはなぜ?

面接官が会社への志望度をなぜ面接で聞くのか皆さんご存じですか?

面接官が質問する理由を知っておくことで、面接で評価される答えを出せます。

面接官が就活生に会社への志望度を聞く理由は2つあります。

「会社への志望度」を面接で聞く理由
  • 辞退をされたくないため
  • 純粋に志望度を確認したいため
それでは1つずつ解説しますね。

「就活の教科書」編集部 かめさん

 

質問意図①:辞退をされたくないため

会社への志望度を面接官が聞く理由1つ目は、就活生に内定辞退をされたくないためです。

マイナビによると、就活生1人採用するために約493万円かかっています。(2018年マイナビ企業新卒内定状況調査

企業は新卒採用に莫大なお金を投資しています。

そのため、内定辞退をされることは企業に大きなデメリットです。

念押しの意味も込めて、企業は就活生に志望度を確認しているのですね。

「就活の教科書」編集部 かめさん

 

質問意図②:純粋に志望度を確認したいため

会社への志望度を面接官が聞く理由2つ目は、純粋に志望度を確認したいためです。

会社に入ってミスマッチがあり、会社をやめられるのも企業にとってデメリットです。

当たり前のことを質問して、本当に就活生と企業がマッチしているかを確認しています。

 

「弊社の志望度はどれくらいですか?」良い回答例

次に、「弊社の志望度はどれくらいですか?」と面接で聞かれたとき、面接官に好印象な答え方を解説します。

第一志望の会社の面接の場合と、第一志望でない場合の例文をそれぞれ紹介します。

会社への志望度の「答え方で、どの部分が違うか」に注目してみてくださいね!

「就活の教科書」編集部 かめさん

 

回答例①:第一志望の会社の場合

人事さん

弊社の志望度はどれくらいですか?

御社が第一志望です。
私自身大学で様々なチャレンジをしてきました。
そのため、既存のマーケットだけでなく新規事業や企画に力を入れている会社で働きたいと考えています。
御社の中期経営計画を拝見したところ、20年間で国内だけでなくアジアへの進出や新たに5事業の新企画確立すると記載されていました。
そのため新たな環境・事業に携わることのできる御社で働きたいと思い御社を第一志望とさせていただいています。

就活生くん

就活生のチャレンジ精神旺盛な性格と、会社の事業革新・進出での共通点を丁寧に伝えています。

そのため、会社に本当に興味を持っているのが伝わってきます。

このように「第一志望です」だけでなく、「なぜそう思うのか」「会社の何が良いと思って志望しているのか」を伝えることが大切です。

 

回答例②:第一志望の会社以外の場合

人事さん

弊社の志望度はどれくらいですか?

御社は第一志望群です。
私は就職活動において、今後大きく成長していく企業の一端を担いながら、自分自身も成長していきたいという軸があります。
御社の過去15年分の決算報告書を拝見したところ、同業他社と比べて毎年安定的に増収増益になっていると知りました。
さらに、御社の中期経営計画で既存の事業と新規マーケット開拓の連動について書かれており、既存の事業で持っている強みを活かしつつ新規マーケット開拓で事業規模を大きくしていくという方針に、さらなる成長性を感じました。
そのため、今後大きく成長していく御社で自分の力を発揮したいと思い、御社を第一志望群とさせていただいております。

就活生ちゃん

もし、受けている会社の志望度が高くない場合は第一志望群と話すこともできます

先ほどとは違って、決算報告書の内容も話すことで、財政面から会社を知ろうとした姿勢をアピールできます。

第一志望と伝えることが一番ですが、自分の本音と向き合って正直に答えることが大切です。
そうすることで、社会人になった時の充実度も変わると思いますよ。

「就活の教科書」編集部 かめさん

 

面接での志望度の話し方はこの記事も参考にしてみてください。

 

面接で「会社への志望度」を答えるための準備

私がおすすめする「会社への志望度」を答えるための準備は2つあります。

「会社への志望度」を答えるための準備
  • インターンシップに参加する
  • OB訪問をする

それでは一つずつ解説していきますね。

 

インターンシップに参加する

「会社への志望度」を答えるための準備1つ目は、インターンシップに参加することです。

夏・冬のインターンシップに応募すると、企業に興味を持っているとアピールできます。

参加して職務内容を知ることでより志望度を伝えやすくなったり、志望度を自分の言葉で明確に話すことができます

また、企業の人事に顔を覚えてもらえると、面接で話しやすくなります。

インターンシップが開催されているうちに参加してみましょう!

「就活の教科書」編集部 かめさん

 

OB訪問をする

「会社への志望度」を答えるための準備2つ目は、OB訪問をすることです。

実際に働いている方に話を聞くことで、仕事業務のより深いところまで理解できます。

また、「御社の30人の方とお話しさせていただいて、各業務のやりがいや改善点について理解を深めました」と面接で伝えるだけでも熱意や説得力は増します。

OB訪問では

ぜひ実践してみてください!

「就活の教科書」編集部 かめさん

 

OB訪問についてはこの記事で詳しく解説しています。

 

「企業の志望度」以外、志望度についての面接での答え方

「企業の志望度」以外の、会社への志望度を問う質問への答え方は、それぞれ以下の記事で解説しています。

面接前に合わせて読んでおいてください。

 

面接力診断で、苦手な分野を見つけよう

今年の就活は、web面接で選考を行う企業も増え対策法がわからず、戸惑っている方も多いはず。

そんな時は、「面接力診断」を活用してみましょう。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、自分の面接力をグラフで見える化し、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で分かります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考の突破しましょう。

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

就活アドバイザー

 

メモ

就活の教科書がおすすめする面接の練習方法は、就活エージェント「キャリアチケット」の活用です。

キャリアチケットは、就活生1人1人にアドバイザーが付いてくれるサービスで、面接練習に加えて、就活相談やES添削などで内定まで無料サポートしてくれます。

10,000人以上の就活生が利用した、新しい就活サービスです。

キャリアチケットの評判や使い方については、【キャリアチケットの評判は?】就活生の体験談,口コミまとめ | 実際に利用した20卒にもインタビューという記事で紹介しているので、参考にしてください。

就活アドバイザー

まとめ:会社への志望度を答える準備をしておこう

いかがでしたか。

今回は、「企業の志望度」の面接での答え方や質問意図、回答例について解説しました。

加えて、面接官に志望度を上手に伝えるための事前準備も紹介しました。

今回の記事のまとめをおさらいします。

今回のまとめ

「会社への志望度」を面接で聞く理由

  • 辞退をされたくないため
  • 純粋に志望度を確認したいため

「会社への志望度」を答えるための準備

  • インターンシップに参加する
  • OB訪問をする

「弊社の志望度はどれぐらいですか?」という質問に対して堂々と「第一志望です」と答えるだけでは内定はもらえません。

なぜ第一志望なのかを、事前に自分で調査して自分の言葉でかみ砕いて伝えることが一番です。

この記事を参考にして、「会社への志望度」を面接で上手に答えてみてくださいね。

「就活の教科書」では他にもたくさんの記事を掲載しています。
他の記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 かめさん