>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【例文あり】生命保険の志望動機を上手に伝える手順 | 注意点,向いている人の特徴も

この記事でわかること
  • 保険業界には生命保険と損害保険がある
  • 生命保険の志望動機を上手に伝えている例文
  • 生命保険の志望動機では「なぜ保険業界なのか」を伝える
  • 生命保険の志望動機の注意点3つ
  • 生命保険に向いている人の特徴
就活生のみなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の森です。

就活生のみなさんは、生命保険業界の志望動機を考えるのに困ったりしませんか?

「就活の教科書」編集部 森

就活生くん

面接で志望動機を伝えた時に損害保険と生命保険の違いを聞かれました

違いを理解していなかったので上手く答えれませんでした・・・

就活生ちゃん

これからエントリーシートに書く志望動機を考えようと思っています。

なかなか生命保険の志望動機を上手くまとめることができずに困っています

生命保険の志望動機はなかなかイメージしづらいと思いますし、これでよいのか不安になったりしますよね。

生命保険の志望動機を上手に伝える手順や注意点があります

「就活の教科書」編集部 森

 

この記事では、生命保険の志望動機を魅力的に伝えている例文を紹介します。

合わせて、生命保険の志望動機を上手に伝える手順、伝える時の注意点、向いている人の特徴も紹介します。

この記事を読めば、より評価の高い生命保険の志望動機になります

生命保険の志望動機で困っている就活生は読んでみてください。

 

【志望動機を考える前に】保険業界には生命保険と損害保険がある

就活生くん

僕たちの歳では保険に入らないので、そもそも生命保険業界がわかりません。
確かに生命保険について考える歳ではないですね。

保険業界は大きく2つあって生命保険と損害保険があります

志望動機を考える時に知っておかないと面接などで困ってしまうので紹介しようと思いました。

「就活の教科書」編集部 森

保険業界には生命保険と損害保険がある
  • 生命保険は人に関する保険
  • 損害保険はモノに関する保険
それでは、生命保険と損害保険について紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 森

 

生命保険は人に関する保険

保険業界を大きく分ける1つ目は「生命保険」です。

生命保険は「人」に関する保険です。

例えば、「死亡保険」「医療保険」「介護保険」などがあります。

人に対する保証をしているのが生命保険です。

就活生ちゃん

生命保険の会社ってどんな会社があるんだろう。

有名なところだとアクサ生命、朝日生命、アフラック生命、ジブラルタ生命、ソニー生命などがあります。

「就活の教科書」編集部 森

 

損害保険はモノに関する保険

保険業界を大きく分ける2つ目は「損害保険」です。

損害保険は「モノ」に関する保険です。

例えば、「火災保険」「地震保険」「自動車保険」などがあります。

モノに対する保証をしているのが生命保険です。

就活生くん

生命保険とは違って損害保険はモノに関する保険なんですね。

今回は生命保険の志望動機について紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 森

【そのまま使える】生命保険の志望動機を魅力的に伝えている例文

就活生くん

生命保険と損害保険で人かモノかの違いがあるんですね。

生命保険と損害保険の違いを知っただけでは生命保険の志望動機を考える時はどのように書けばよいかわかりません。

生命保険の志望動機で悩む学生は多いと思います。

志望動機は例文を見ることでイメージをつかめると思うので、生命保険の志望動機を上手に伝えている例文を紹介します。

「就活の教科書」編集部 森

 

日常生活をしていたら誰しも病気、事故などにあう可能性がありその時に一番助けになるのは生命保険です。

生命保険は他の金融業界と違い、誰にでもニーズがあるモノで、その人自身と周りの人達の安心な生活を保証する大切なモノです。

また保険は安心を提供するという点で、これからも重要であると思い保険業界を志望しました。

御社を志望した理由は、第3者機関から見た支払い能力が高いという点と保有契約高が常に右肩上がりという点です。

支払い能力が高いということは健全な経営をされていて、保有契約高が上がっていくことはお客様の信頼を得られる充実したサービスがあるということだと考えており、御社を志望しました。

御社の信頼されている保険を保険の重要さに気づいていない人にも提供することで、御社へ貢献していきたと考えています。

志望動機の例文では生命保険の重要性について語っているのと会社の特徴もとらえています。

「就活の教科書」編集部 森

 

生命保険の志望動機を上手に伝える手順3つ

就活生ちゃん

先ほどの例文で生命保険の志望動機のイメージがつかめました。

でも自分の言葉で志望動機を書くのって難しそうです。

例文だけ見ても自分の言葉で生命保険の志望動機を伝えるには先ほど紹介した例文が書かれた手順を理解することが大切です。

「就活の教科書」編集部 森

生命保険の志望動機を上手に伝える手順3つ
  • 手順①:金融業界の中でなぜ保険業界を選んだのか
  • 手順②:保険業界の中でなぜその会社を選んだのか
  • 手順③:どういった役割をその会社で果たしたいのか
それでは、生命保険の志望動機を上手に伝える手順3つを解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 森

 

手順①:金融業界の中でなぜ生命保険業界を選んだのか

生命保険の志望動機を上手に伝える手順1つ目は「金融業界の中でなぜ生命保険業界を選んだのか」です。

金融業界だと「銀行」「証券」などの職種もあるので、なぜ生命保険業界なのかを伝えることで保険業界に対する志望度が上がります。

生命保険業界は他の金融業界と違い、顧客の生活面でのリスクヘッジをサポートしているといった違いがあります。

生命保険の志望動機では、なぜ生命保険業界を選んだのかを伝えましょう。

就活生ちゃん

なんとなくで生命保険業界を選んだのですが、どうやって志望動機に書いたらいいのかわかりません。

生命保険の志望動機を考える上で企業説明会やOB訪問を使うのも1つの方法です。

「就活の教科書」編集部 森

就活生ちゃん

自分から社員の人に話を聞きに行くと良いのですね。

シンプルに業界研究のやり方があれば教えてほしいです。

業界研究のやり方は、以下の記事を読めば解決するので参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 森

 

手順②:保険業界の中でなぜその会社を選んだのか

生命保険の志望動機を上手に伝える手順2つ目は「保険業界の中でなぜその会社を選んだのか」です。

保険業界の中でも保険会社はたくさんあるので、なぜその会社でないといけないのかを伝えることで他の就活生との差を開けることができます。

例えば、会社によって歩合の割合が異なって来るので、自分の人生設計にあった給料形態は志望動機としても使えます。

生命保険会社の説明会に行くなどして、志望動機を伝える会社の特徴を明確にしておきましょう。

就活生くん

志望動機を伝える会社の給料形態はとても大切で興味があります。

でも、志望動機で給料形態について書いても大丈夫なのでしょうか?

給料形態だけを志望動機にするのはよくないですが、志望動機の1つとして伝えるのは大丈夫です。

「就活の教科書」編集部 森

 

手順③:どういった役割をその会社で果たしたいのか

生命保険の志望動機を上手に伝える手順3つ目は「どういった役割をその会社で果たしたいのか」です。

志望動機を伝える会社に自分がどのように貢献していくかを伝えるとエントリーシートや面接での評価が上がります。

志望動機を伝える会社の方針や目標に対して、具体的に自分がしていきたいことを伝えると「この会社で働いてほしい」と思ってもらうことができます。

どういった役割をその会社で果たすのかを会社の方針や目標にそって志望動機を考えてください。

就活生ちゃん

どんな役割を果たしたいか志望動機で聞かれても「保険を広めたい」くらいしか思いつきません

志望動機を伝える会社が取り組んでいるプロジェクトに共感する形で何をしたいのか考えて見てください。

「就活の教科書」編集部 森

 

生命保険の志望動機を伝える時の注意点3つ

就活生くん

先ほどの手順にそって志望動機を考えればよいのですね。

生命保険の志望動機の手順は分かったのですが志望動機を考える時の注意点はありますか?

志望動機を考える時の注意点はあります

特に生命保険の志望動機を考える時によくあるミスがあります。

「就活の教科書」編集部 森

生命保険の志望動機を伝える時の注意点3つ
  • 注意点①:「安心を提供したい」だけではダメ
  • 注意点②:生命保険を選んだ理由があやふやではダメ
  • 注意点③:入社後にやりたいことが決まっていないとダメ

それでは、生命保険の志望動機を伝える時の注意点について紹介します。

「就活の教科書」編集部 森

 

注意点①:「安心を提供したい」だけではダメ

生命保険の志望動機を伝える時の注意点1つ目は「安心を提供したい」だけではダメです。

安心を提供したいだけでは抽象的で志望度が下がってしまいます

「この会社でないといけない理由はないな」「すぐ転職しそうだな」などと思われてしまいます。

「安心を提供したい」以外の志望動機も考えましょう。

インターンシップに行って働いている人にやりがいを聞いて志望動機に書くのもよいです。

どうしても、他の志望動機がないなら以下の記事を読むことで、他の志望動機を伝えることができるので参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 森

 

注意点②:生命保険を選んだ理由があやふやではダメ

生命保険の志望動機を伝える時の注意点2つ目は「生命保険を選んだ理由があやふやではダメ」です。

生命保険を選んだ理由があやふやだとエントリーシートや面接などでマイナスの印象を与えてしまします。

「あまり生命保険について調べていないんだな」という印象をもたれてしまします。

企業説明会などに行って生命保険を選んだ理由を明確にしてください。

生命保険を選んだ理由は必ず聞かれます

事前に生命保険の志望動機を考えてしっかり答えることができるようにしておきましょう。

「就活の教科書」編集部 森

就活生ちゃん

生命保険と損害保険のどちも受けようと思っています。

生命保険と損害保険どちらも受ける就活生は多いです。

以下の記事を読めば損害保険の志望動機や人気企業が分かるので参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 森

 

注意点③:入社後にやりたいことが決まっていないとダメ

生命保険の志望動機を伝える時の注意点3つ目は「入社後にやりたいことが決まっていないとダメ」です。

入社後にその会社で何をしていきたいのかを考えていないと採用されにくくなります。

志望動機を伝える会社でやりたいことがある志望動機とそうでない志望動機では前者の方が採用されやすいです。

自分のビジョンにそってその会社で果たしたい役割をしっかり志望動機で伝えましょう。

自分の考えていることもハッキリと生命保険の志望動機で伝えましょう。

どうしても入社後にやりたいことが見つからない就活生は、以下の記事を読むことで見つけることができるので参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 森

 

生命保険業界に向いている人の特徴

就活生ちゃん

生命保険業界ってどんな人が活躍しているんだろう?

生命保険業界で活躍している人は以下のような特徴があります。

「就活の教科書」編集部 森

  • メンタルが強い

保険の営業によい印象を持っていない人もいるのでイヤなことを言われることもあるのでメンタルが強くないと精神的にしんどいでしょう。

  • コミュニケーションが得意

人と関わることが多いのでコミュニケーションが得意だとストレスがあまりないでしょう。

  • 人とすぐ仲良くなれる

新しい人に会っていくことが多いので人とすぐ仲良くなれる人は紹介ももらえやすく、結果も残しやすいでしょう。

就活生くん

全部苦手だけど生命保険業界で働きたいです。

諦めた方がいいですか?

紹介した特徴は努力でカバーできるので諦めなくて大丈夫です。

メンタルは運動することで強くなりますし、就活する上で積極的に質問するなどして人とのコミュニケーションにもなれていきます。

「就活の教科書」編集部 森

 

エントリーシート「志望動機」の通過率をさらに上げる3つの方法

内定者のエントリーシートを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートの志望動機を書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

志望動機を上手に書くコツってあるんですか?

志望動機を上手く書くなら、合格した内定者のエントリーシートを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にして志望動機を書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

志望動機を書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの志望動機をとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

このガ志望動機で本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの志望動機を一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に志望動機を添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

志望動機を考えるのが面倒なら、逆求人サイトで企業から直接オファーをもらおう

就活生くん

企業によって毎回内容を変えて志望動機を作るのって正直、面倒です。

企業ごとの志望動機って毎回考え直すのって大変なんだよなー・・・

確かに、志望動機を毎回考え直すのって大変ですよね。

志望動機を考えずに選考を受けるなら、 企業から選考オファーを受け取れる逆求人サイトがおすすめです。

自己PRガクチカを書いておくだけで、企業から選考オファーが来ますので、エントリーで志望動機を書く必要はありません。

就活アドバイザー

オススメの逆求人サイト
  • オススメ①:就活生3人に1人が使っている「OfferBox
  • オススメ②:適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ

参考:【内定者が選んだ】逆求人サイトおすすめ15選! スカウト型の選び方,デメリットも

 

就活生3人に1人が使っている「OfferBox

OfferBox (オファーボックス )

OfferBoxのおすすめポイント
  • 就活生の3人に1人(14万人以上)が利用している「業界no.1の安心感」
  • 大手からベンチャーまで7,450社以上の企業からオファーが来る
  • 東証一部企業の19%(5社に1社)がOfferBoxを利用している
  • さらに、適性検査AnalyzeU+で正確な自己分析も出来る

志望動機を書かずとも選考オファーを受けとれるので、どの逆求人サイトを使うか迷っている就活生の方は、まずはOfferBoxを使ってみましょう。

多くの大手企業が登録しているので、OfferBoxは安心して使うことが出来ますよ。

OfferBoxは全て無料で、たったの1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー

OfferBoxで選考オファーが来る企業一覧

 

適職診断で自分に向く職業が分かる「キミスカ」

キミスカ

キミスカのおすすめポイント
  • 他のサービスよりも、企業からオファーを受け取りやすい
  • キミスカ適性検査で、職務適性ビジネス戦闘力まで分かる。
  • 自己PRや人物像、就活軸を書いておけばキミスカがあなたを企業に推薦してくれる。
  • 自分の選考状況を書いておけば、選考をスキップできる場合もある。

志望動機を企業ごとに考えるのが大変だと感じる就活生の方は、キミスカを使ってみましょう。

キミスカは適性検査で職務適性まで分かるためマッチング精度が高く、企業からスカウトをもらいやすいというメリットもあります。

キミスカも全て無料、1分で気軽に登録できます。

就活アドバイザー

キミスカで選考オファーが来る企業一覧

まとめ:生命保険の志望動機では保険業界を選んだ理由を明確にする

「【例文あり】生命保険の志望動機を上手に伝える手順 | 注意点,向いている人の特徴も」の記事はいかがだったでしょうか。

この記事では、生命保険の志望動機を上手い伝え方を紹介しました。

合わせて、生命保険の志望動機の例文や手順、注意点も解説しました。

それでは、この記事を簡単におさらいします。

「就活の教科書」編集部 森

この記事のまとめ

【志望動機を考える前に】保険業界には生命保険と損害保険がある

  • 生命保険は人に関する保険
  • 損害保険はモノに関する保険

◆【そのまま使える】生命保険の志望動機を上手に伝えている例文

生命保険の志望動機を上手に伝える手順3つ

  • 手順①:金融業界の中でなぜ保険業界を選んだのか
  • 手順②:保険業界の中でなぜその会社を選んだのか
  • 手順③:どういった役割をその会社で果たしたいのか

生命保険の志望動機を伝える時の注意点3つ

  • 注意点①:「安心を提供したい」だけではダメ
  • 注意点②:生命保険を選んだ理由があやふやではダメ
  • 注意点③:入社後にやりたいことが決まっていないとダメ

紹介した手順にそって生命保険の志望動機を考えることによってより印象のよい志望動機ができます。

生命保険業界はイメージしづらいかもしれませんが企業説明やインターンシップに行って情報を得ると具体的なイメージができます

この記事がいいな!と思った就活生は、友人や就活仲間にぜひシェアしてみてくださいね!

「就活の教科書」には、他にも面接に役立つ記事がたくさんあるのでぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 森