>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【リクルーター面談は落ちる?】質問回答例3つ | 落ちる人の特徴,対策も

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • リクルーター面談は評価対象にある
  • リクルーター面談の質問回答例
  • リクルーター面談で落ちるのはマナーがない人
  • リクルーター面談に向けた対策3つ
  • リクルーター面談のNG行為3つ

皆さんこんにちは、「就活の教科書」編集部のたくまです。

この記事では「リクルーター面談は落ちるのか」について解説していきます。

みなさんは、「リクルーター面談はどう対策すればいいの?」と悩んだことはないでしょうか。

「就活の教科書」編集部 たくま

就活生ちゃん

私は、来週リクルーター面談があります。

リクルーター面談ではどのような質問をされるのでしょうか・・・

就活生くん

僕の先輩はリクルーター面談で落ちてしまい、その後の選考に呼ばれなかったです。

リクルーター面談で落ちないための対策方法を知っておきたいです。

面接とは別であるリクルーター面談に不安を感じる気持ち、わかります。

面接とは違いますが、リクルーター面談も対策が必要です。

リクルーター面談を突破できるよう、この記事をしっかりご覧くださいね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

そこでこの記事では「リクルーター面談は落ちるのか」について紹介します。

また「リクルーター面談で落ちない質問回答例」も解説します。

合わせて、リクルーター面談で落ちる人の共通点、注意点、対策方法についても解説しています。

この記事を読めば、「リクルーター面談の準備の仕方がわからない」なんて悩みが解決しますよ。

リクルーター面談で高評価をもらいたい就活生は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

リクルーター面談は落ちる?

就活生ちゃん

リクルーター面談を控えています。

リクルーター面談は落ちるのか、教えていただきたいです・・・

リクルーター面談が落ちるのか気になりますよね。

気持ちの入り具合も変わってくると思います。

それでは、見ていきましょう!

「就活の教科書」編集部 たくま

 

リクルーター面談は落ちることもある

企業が実施するリクルーター面談は評価されており、落ちることがあります。

リクルーター面談は企業にとって学生との距離が近く、学生を深く知るチャンスなのです。

リクルーター面談で、魅力的でないと思われてしまう学生は、企業に必要だと思われませんね。

和やかな雰囲気のリクルーター面談ですが、落ちる可能性があることを忘れないようにしましょう。

企業との距離が近く、何でも話してしまいそうになりますが注意して臨みましょう!

「就活の教科書」編集部 たくま

 

企業がリクルーター面談をする意図

企業がリクルーター面談をする意図は早期に優秀な学生を囲い込むことです。

ライバル企業が多い業界では、他社に優秀な学生が流れていく可能性が高いです。

リクルーター面談を通して自社の良さを伝えることで学生に魅力的に思ってもらうことが狙いでしょう。

企業は優秀な学生を他社ではなく自社で採用するためにリクルーター面談をします。

学生の立場としてもリクルーター面談で社員と接する機会が増え、企業について深く理解することができますね。

リクルーター・リクルーター面談とは何かを詳しく知りたい人は、リクルーター面談の目的や面談内容が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

【知らないと落ちる?】リクルーター面談の質問回答例

就活生ちゃん

リクルーター面接の準備をしようと思っているのですが、全く進みません・・・

準備しておくべき回答例はありますか。

リクルーター面接でよく聞かれる質問がありますよ。

リクルーター面接を突破したい方はぜひご覧くださいね。

「就活の教科書」編集部 たくま

知らないと落ちる?リクルーター面談の質問回答例
  • 回答例①:就活の軸は?
  • 回答例②:他社の選考状況は?
  • 回答例③:弊社に興味を持った理由は?
それでは、リクルーター面談の質問回答例を3つそれぞれ見ていきますね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

回答例①:就活の軸は?

あなたの就活の軸は何ですか?

人事さん

私の就活の軸は2つあります。

1つ目は、「若手の裁量権の大きさ」です。年齢に関係なく常に主体的に働き成長していきたいと思っています。

2つ目は、「沢山の企業に関われる」です。私は、好奇心が旺盛で学生時代に様々なことに挑戦してきました。企業に入っても好奇心を忘れず沢山の企業と仕事をし、日々ワクワクしたいです。

上記のように、就活の軸は簡潔で具体的に話すと良いです。

まだ、納得した就活軸が見つかっていないという方は就活軸が見つけることができるので、下記の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

回答例②:他社の選考状況は?

他社の選考状況はどうですか?

人事さん

貴社と同じ業界であるA社とB社を受けています。

私の就活の軸である「沢山の企業に関われる」が2社に共通しており志望しています。

しかし、「若手の裁量権の大きさ」を重視する私にとって、貴社の働き方が最も魅力的であり第一志望としている状況です。

他社の選考状況を聞かれて「受けてません」という回答は、オススメできません。

1社しか受けない学生はおらず、嘘をついていると思われるためです。

就活の軸にあっている企業を答えましょう。

上の例のように、同じ業界の企業を答えることで熱意が伝わりますね。

他者の選考状況は面接でも多く聞かれる質問なので、対策をしておきたい方は下記の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

回答例③:弊社に興味を持った理由は?

弊社に興味を持った理由は何ですか?

人事さん

業務内容に魅力を感じたからです。

貴社のアジア進出に向けた取り組みは早く、変化に挑戦する文化が見られました。

私も損害保険という「企業の挑戦を支える」商品を通して、変化に挑戦し続けたいと思っています。

新たなフィールドで挑戦し続けることができると考え、貴社に興味を持ちました。

興味を持った理由に、「人に勧められた」や「CMで見かけた」等ではなく、根拠のある理由を伝えると説得力が増しますね。

興味を持った理由も面接では頻出質問にあたるので、対策しておきたい方は下記の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

ちなみに面接で人事の印象をあげたいなら、面接練習の他に「自己分析」が必須になります。

自己分析で最もおすすめな自己分析診断は、統計データをもとにした分析結果を参考に自己分析できます。

たとえば「キミスカ適性検査」で、41項目の分析結果から自分の強みを見つけて、面接を突破しましょう。

人事さん

キミスカ適性検査で診断してみる

 

志望企業への内定率を上げるなら「面接力診断」で面接突破力を測ってみよう!

「面接力診断」では、あなたの現状や足りていないところが見つかり、あなたにあったアドバイスを受け取ることができます。

アドバイスを実践することで内定に近づけるので、ぜひ気軽にこちらから診断してみてください。

>> 面接力診断をしてみる

さらに就活の教科書公式LINEでは、今すぐやるべき就活対策が分かる「就活力診断をすることができます!

今のあなたの就活戦闘力も測れるので、ぜひこちらから診断してみてください。

>> 就活力診断を試してみる

 

ちなみにリクルーター面談では、逆質問の時間が与えられます。

リクルーターを通じて企業理解を深めたい人は、リクルーター面談で使える逆質問が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

リクルーター面談で落ちる人の共通点3つ

就活生ちゃん

とても入りたい企業なので、リクルーター面談で落ちたくないです。

リクルーター面談で落ちる人がどんな人なのか共通点があれば教えて頂きたいです・・・

リクルーター面談は企業への絶好のアピールチャンスですよね。

落ちないためにも、落ちる人の共通点を説明します。

「就活の教科書」編集部 たくま

リクルーター面談で落ちる人の共通点3つ
  • 共通点①:あいまいな表現が多く本音が伝わってこない
  • 共通点②:マナーを知らず一緒に働きたいと思われない
  • 共通点③:会社に対する興味が感じられない
それでは、リクルーター面談で落ちる人の共通点3つをそれぞれ説明していきます。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

共通点①:あいまいな表現が多く本音が伝わってこない

リクルーター面談で落ちる人の共通点1つ目はあいまいな表現が多く本音が伝わってこないです。

あいまいな表現では、学生が自社に本当に入りたいのかわかりません。

具体例を見ましょう。

就活生ちゃん

私は貴社で社会貢献がしたいです。

就活生くん

私は貴社の損害保険で企業の挑戦を手助けし、社会に貢献したいです。

 

就活生くんの方が、具体的な志望動機を答えていて説得力がありますね。

就活生ちゃんのようにあいまいな表現が多く本音が伝わってこない学生はリクルーター面談で落ちてしまうでしょう。

リクルーター面談も面接と同様に評価されてることを忘れず、しっかりと準備しましょう!

「就活の教科書」編集部 たくま

 

共通点②:マナーを知らず一緒に働きたいと思われない

リクルーター面談で落ちる人の共通点2つ目はマナーを知らず一緒に働きたいと思われないです。

リクルーター面談では、企業が一緒に働きたい学生を求めています。

マナーを知らず、失礼な学生は自社で活躍してくれる可能性が低いと思われるでしょう。

下記のマナーをリクルーター面談前に確認してくださいね。

注意すべきマナー
  • 髪型や服装に気を配れており清潔感があるか
  • 言葉遣いが失礼でないか
  • メモをしっかり取っているか

上記のマナーを抑えれば、リクルーター面談で低評価を受ける可能性は低いです。

リクルーター面談で、マナーを知らず一緒に働きたくないと思われないようにしましょう。

他にもマナーは沢山ありますが、上に書いたマナーを注意すればリクルーター面接で低評価を受ける可能性は低いですよ!

リクルーター面談では面接だけでなく、電話でのやり取りもあるので、電話でのマナーも対策しておきたい方は下記の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

共通点③:知識が少なく会社に対する興味が感じられない

リクルーター面談で落ちる人の共通点3つ目は知識が少なく会社に対する興味が感じられないです。

会社に対する興味が感じられない学生は、入社しない可能性が高いからです。

リクルーター面談には多くのコストがかかっており、企業も真剣でしょう。

具体例を見ましょう。

あなたは5年後、どの部署で働きたいですか?

人事さん

就活生くん

私はエコに興味があり、環境促進部で働きたいと思っています!

うちに環境促進部なんて部署はないんだけどな・・・

しっかりと調べてないのは興味がないからなのかな。

人事さん

 

このように会社に対する興味が感じられない学生はリクルーター面談で落ちてしまいますね。

リクルーター面接は、企業に熱意を伝えるチャンスです。

入念な準備をしてから臨みましょう。

まだ、「企業研究が十分にできていない」「企業研究をどのようにしたらいいのか分からない」という方は下記の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

リクルーター面談で落ちないための対策3つ

就活生ちゃん

リクルーター面接に向けて準備が必要だということがわかりました。

具体的な準備の仕方があれば教えて頂きたいです。

リクルーター面談に向けた対策が3つありますよ。

3つの対策をすることで、不安なくリクルーター面談に臨めます!

「就活の教科書」編集部 たくま

リクルーター面談を突破するための3つの対策
  • 対策①:質問に対する回答を準備する
  • 対策②:リクルーターへの逆質問を準備する
  • 対策③:社会人としてのマナーを頭に入れる

それでは、リクルーター面談を突破するための対策3つをそれぞれ説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

対策①:質問に対する回答を準備する

リクルーター面談を突破するための1つ目の対策は「質問に対する回答を準備する」です。

リクルーター面談では、和やかな会話の中で様々な質問がされます。

準備しておくべき質問の例を紹介します。

  • 就活の軸は?
  • 他社の選考状況は?
  • 弊社に興味を持った理由は?
  • 学生時代に頑張ったことは?
  • 理想のキャリアプランは?

特に準備が必要な質問は上記の通りです。

質問に対する回答をしっかり準備し、リクルーターから高評価を得ましょう。

リクルーター面談で準備する回答は面接にも役立ちます。

しっかりと準備しておきましょう!

「就活の教科書」編集部 たくま

 

対策②:リクルーターへの逆質問を準備する

リクルーター面談を突破するための2つ目の対策は「リクルーターへの逆質問を準備する」です。

リクルーター面談では、リクルーターに質問する時間があります。

具体例を見ましょう。

最後に何か質問はありますか

人事さん

就活生ちゃん

えーっと、、

特にありません。

就活生くん

御社で働く上で、一番大切にしていることは何ですか?

 

上の例を見てわかるように、質問できる時間にするのとしないのでは印象が違いますよね。

リクルーター面談で志望度を見せるために逆質問はしっかり準備しましょう。

逆質問は、調べてわかるものを聞かないこともポイントですね。

どのような逆質問を聞けばわからないという方は下記の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

対策③:社会人としてのマナーを頭に入れる

リクルーター面談を突破するための3つ目の対策は「社会人としてのマナーを頭に入れる」です。

面談をするリクルーターは長く関わるため、マナーを知らないと印象が悪く損をします。

マナーで印象を悪くしてしまい、低評価を受けるのはもったいないですね。

リクルーター面談で印象を悪くしないためにも社会人としてのマナーはしっかりと頭に入れましょう。

企業で活躍してくれる学生が欲しいのですから、マナーは欠かせませんね。

今から社会人としてのマナーを頭に入れましょう!

「就活の教科書」編集部 たくま

 

【すると落ちる】リクルーター面談のNG行為

就活生ちゃん

リクルーター面接の答え方のポイントは分かったのですが、してはいけないNG行為などはあるのでしょうか・・・

実は、リクルーター面談ならではのNG行為が2つありますよ。

以下のNG行為をしなければ低評価を受けません!

「就活の教科書」編集部 たくま

「すると落ちる」リクルーター面談のNG行為
  • NG行為①:和やかな雰囲気に安心してしまう
  • NG行為②:準備をせずにリクルーター面談に臨んでしまう

それでは、リクルーター面談のNG行為2つをそれぞれ説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 たくま

 

NG行為①:和やかな雰囲気に安心してしまう

リクルーター面談のNG行為1つ目は「和やかな雰囲気に安心してしまう」です。

リクルーター面談は、学生とリクルーターの距離が近く、油断してしまいがちです。

何でも話して良いと思い、的外れなことを話してしまうと低評価を受ける可能性が高くなりますね。

「和やかな雰囲気に安心してしまう」ことに注意し、リクルーター面談に臨みましょう。

リクルーター面談は、和やかな雰囲気で行われますが、的外れな言葉には気をつけたほうがいいですよ!

「就活の教科書」編集部 たくま

 

NG行為②:準備をせずにリクルーター面談に臨んでしまう

リクルーター面談のNG行為2つ目は「準備をせずにリクルーター面談に臨んでしまう」です。

面談なので、何をするのか想像つかない人も多いですよね。

しかし、リクルーター面談では和やかな雰囲気の中で志望動機やガクちかが問われます。

説得力のある志望動機やガクちかを伝えるために準備は徹底しましょう。

どんな面談や面接も準備をしておくことが重要ですね。

「就活の教科書」編集部 たくま

面接を突破するために、自分の強みを明らかにしよう

就活生くん

面接で自己PRにいつもうまく答えられなくて困っています・・・

そもそも、自分の強みってどうやって見つけるのかな。

面接を突破するためには、自分の強みを知っておくことが必須です。

自己分析診断の「キミスカ適性検査」を利用すると、職務適性やビジネス戦闘力といった9つの観点から自分の強みがわかります。

5分で診断できるので、自分の強みを知りたい人は試してみてくださいね。

人事さん

>> キミスカ適性検査で診断してみる

 

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

スカウトサイトの「OfferBox」を使うと、自分に興味のある企業から直接スカウトが届き、面接を受けられます。

7,600社以上の中から自分が活躍できる企業選びもでき、面接に慣れることができますね。

240,000人が使う人気No.1サイトで面接の場数を踏んでみましょう。

就活アドバイザー

>> OfferBoxで面接の場数を踏んでみる

 

また、面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

まとめ:リクルーター面談に向けて準備を徹底しよう

「【例文あり】リクルーター面談は落ちる? | 魅力的な逆質問も」の記事はいかがでしたか。

この記事では「リクルーター面談は落ちるのか」を解説しました。

合わせて、リクルーター面談で落ちる人の共通点、質問回答例、注意点、対策方法も解説しました。

最後に、この記事のまとめをおさらいしましょう。

この記事のまとめ

◆ リクルーター面談は落ちる?

  • リクルーター面談は落ちることもある
  • 企業がリクルーター面談をする意図

◆ リクルーター面談で落ちる人の共通点3つ

  • 共通点①:あいまいな表現が多く本音が伝わってこない
  • 共通点②:マナーを知らず一緒に働きたいと思われない
  • 共通点③:知識が少なく会社に対する興味が感じられない

◆ 「すると落ちる」リクルーター面談のNG行為

  • NG行為①:和やかな雰囲気に安心してしまう
  • NG行為②:準備をせずにリクルーター面談に臨んでしまう

◆ リクルーター面談を突破するための3つの対策

  • 対策①:質問に対する回答を準備する
  • 対策②:リクルーターへの逆質問を準備する
  • 対策③:社会人としてのマナーを頭に入れる

リクルーター面談は、様々な準備をする必要がありますね。

リクルーター面談で落ちないために、質問に対する回答、逆質問を準備しておきましょう。

この記事が良いなと思った人は、ぜひ友人や後輩にもシェアしてあげてくださいね!

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 たくま