>> あなたにあった就活エージェントを診断! <<

【内定者が教える】自分らしい写真の選び方|NG例も

こんにちは!「就活の教科書」編集部の松村です。

就活のエントリーシート(ES)では、自分らしい写真を貼らなければならないときがあります。

就活生のみなさんはどんな写真を貼っていますか?

「就活の教科書」編集部 松村

就活生ちゃん

自分の写真はいっぱいあるんですけど、どれが自分らしい写真になるのかわかりません。

就活生くん

自分らしい写真を選ぶときの基準とかないんですか?

自分らしい写真ってどれを選べばいいかわからないですよね。

この記事では、そもそも自分らしい写真とは何か、自分らしい写真の条件3つ、NGな写真をまとめました。

「自分らしい写真が選べない就活生」「今から自分らしい写真を撮りたい就活生」は、この記事を読めば、自分らしい写真を迷うことなく決められるようになります。

ぜひ最後まで読んでください。

 

自分らしい写真とは

自分らしい写真とは、自分の人間性をアピールできる写真のことです。

エントリーシート(ES)を書いていると、「あなたらしい写真を貼ってください」というように、自分らしい写真を求められる場合があります。

企業に提出する写真は、自分らしい写真以外にも、証明写真があります。

証明写真は、エントリーシートや履歴書を提出した人物と面接に来た人物が同一人物か確認するために貼るものです。

証明写真には、本人確認以外に意味はありません。

自分らしい写真は、エントリーシートであえて「あなたらしい」と限定されている写真なので、履歴書に貼る証明写真とは別の写真が求められます。

僕が就活していたときも、一度だけ自分らしい写真を貼る機会がありました。

僕も最初はどんな写真を貼ればいいのかわかりませんでした。

「就活の教科書」編集部 松村

当然、企業側には自分らしい写真を提出させる意図があります。

企業側の立場で考えられると、エントリーシートの自分らしい写真だけでなく、就活全体を有利に進められます。

企業の質問意図を考えてみましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

企業は自分らしい写真で人間性を知りたい

企業が就活生に自分らしい写真を要求する理由は、「文章ではわからない、本人の人間性を知りたい」からです。

就活の選考で企業は、就活生の「能力」と「人間性」を見て審査しています。

能力と人間性のうち、企業は自分らしい写真で就活生の人間性を判断し、就活生と企業のマッチ度を測っているのです。

写真を使えば文章では表現できない人間性でも伝えることができます。

 

自分らしい写真で能力をアピールすることもできますが、あまりおすすめできません。

エントリーシートの段階で就活生の能力を測るのは、難しいからです。

就活生の能力は、面接の受け答えや振る舞い方に顕著に現れるので、主に面接のときに審査されます。

その反面、人間性は選考全体が審査の対象となるので、エントリーシートでもきちんと見られています。

エントリーシートの詳しい書き方が知りたい就活生はこちらの記事をご覧ください。

企業の質問意図がわかったので、人間性がわかる写真を探します。

「就活の教科書」編集部 松村

 

写真を探す前にアピールしたい人間性を決める

アルバムを見返す前に、アピールしたい人間性を決めてください。

自己分析によって自分の人間性はわかっているはずなので、何をアピールするか決めてから写真を探したほうが効率良く見つけられます。

自分らしい写真でアピールする人間性は、エントリーシート全体で自分の人間性に一貫性も持たせるために、自己PRなどでアピールする人間性を考慮して決めてください。

自分のアピールしたい人間性がわからない就活生は、こちらの記事で自己分析を深め、人間性を見つけるところから始めましょう。

僕はただの思い出の写真を選んで、何もアピールできずに失敗した経験があります。

アピールしたい人間性を決めたら、自分らしい写真を選んでいきましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

エントリーシートでの質問対策はこの記事で詳しく解説しています。

 

自分らしい写真にふさわしい条件3つ

就活生が人間性をアピールできる自分らしい写真は、どのように選べばよいのでしょうか?

「就活の教科書」編集部 松村

人間性がアピールできる自分らしい写真にふさわしい写真の条件は、3つあります。

3つの条件が揃っていれば、たとえ変顔をしていてでも効き目のある写真になります。

自分らしい写真になる条件はこの3つです。

  • 誰が見てもどれが自分かわかる写真
  • 活動しているときの写真
  • ガクチカや自己PRに繋がる写真

1つずつ説明していきます。

「就活の教科書」編集部 松村

 

条件①:誰が見てもどれが自分かわかる写真

自分らしい写真にふさわしい写真の条件の1つ目は、「誰が見てもどれが自分かわかる写真」です。

誰が見てもどれが自分かわかるという条件は、人間性をアピールするためというよりは、提出する写真の最低条件です。

旅行やサークル活動などで撮った写真は、みんなで写っているので、良い笑顔をしていたり真剣な顔をしていたり好印象な写真が多いです。

しかし、エントリーシートに貼る写真は本人であることが明白でなければならないので、複数人で写っていたり遠すぎて顔が見えなかったりする写真は避けましょう。

複数人で写っている写真は、メインで写っているのが自分だとわかる写真のみエントリーシートにも使えます。

「就活の教科書」編集部 松村

 

条件②:活動しているときの写真

自分らしい写真にふさわしい写真の条件の2つ目は、「活動しているときの写真」です。

自分が活動しているときの写真は、エピソードを付けやすいからです。

エントリーシートに自分らしい写真を貼るとき、キャッチコピーやエピソードも一緒に書かなければならないことがあります。

活動しているときの写真なら、写真と人間性が結びつきやすくなり、読み手も理解しやすくなります。

 

自分らしい写真を提出すると、必ず面接で、提出した写真について質問されます。

自分らしい写真についての質問に上手く答えるには、初めからエピソードを用意しておく必要があります。

エピソードをもとにアピールする人間性に信憑性を持たせます。

写真を撮った時の状況やその活動をしようと思った動機が話せると、面接官も納得しながら聞いてくれます。

質問が来るとわかっていれば対処も簡単ですね。

「就活の教科書」編集部 松村

 

条件③:ガクチカや自己PRに繋がる写真

自分らしい写真にふさわしい写真の条件の3つ目は、「ガクチカ(学生時代に力を入れて取り組んだこと)や自己PRに繋がる写真」です。

写真を撮った時のエピソードが話せれば、十分人間性をアピールできます。

しかし、写真のエピソードをガクチカや自己PRに繋げることで、「ただの性格をアピールする写真」から「エントリーシートで重大な役割を果たす写真」になります。

ガクチカや自己PRはエントリーシートの中でも大きな役割を担っています。

百聞は一見に如かずというように、ガクチカや自己PRを証明する写真を貼ることで、エントリーシート全体の説得力が増します。

3つの条件を満たした写真を用意できれば、高確率で好印象を残せます。

ただ、3つの条件を併せ持つ写真でも好印象を残せない写真があるので、説明していきます。

「就活の教科書」編集部 松村

 

NG な写真

自分らしい写真で人間性をアピールするための条件を説明しましたが、3つの条件を満たしていてもエントリーシートにはふさわしくない写真があります。

就活生なら当たり前のことかもしれませんが、一応確認しておきます。

自分らしい写真の中でNGな写真は、この2つです。

  • イメージの良くない写真
  • 加工された写真
案外気づかずにNGな写真を使っているかもしれません。

自分の選んだ写真を確認してみてください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

イメージの良くない写真

NGの1つ目は、イメージの良くない写真です。

企業は、社会的に良くないとされている趣味を惜しげもなく堂々と公開する姿勢を好みません。

例えば、お酒・ギャンブル・タバコなどはイメージが良くないですよね。

他にアピールできるものがない薄っぺらな人間だと思われるので、イメージの良くない趣味は隠しておきましょう。

 

加工された写真

NGの2つ目は、加工された写真です。

最近のスマホの写真加工アプリは、非常に発達していて、加工しているか人の目では判断できない場合があります。

微量の加工なら構いませんが、あからさまな加工は人事から良い評価は得られません。

写真を盛りすぎてしまうと面接で実際に会ったときに、マイナスのギャップができてしまいます。

自ら第一印象を下げるようなことは避けましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

まとめ:自分らしい写真がない人はすぐに撮りに行こう

いかがだったでしょうか?

この記事では、そもそも自分らしい写真とは何か、自分らしい写真の条件3つ、NGな写真を解説しました。

まとめるとこんな感じです。

自分らしい写真

自分らしい写真とは、自分の人間性がアピールできる写真

 

自分らしい写真の条件3つ

  • 誰が見てもどれが自分かわかる写真
  • 活動しているときの写真
  • ガクチカや自己PRに繋がる写真

 

NGな写真

  • イメージが良くない写真
  • 加工された写真

 

探してみたけど、自分らしい写真が見つからなかった人はすぐに撮影しに行きましょう。

自分らしい写真を撮影する時は、友達に協力してもらってください。

普段から仲良くしている友達なら良い表情の写真を撮ってもらえます。

カメラは、手振れや光の加減を気を付ければ、スマホでも大丈夫です。

エントリーシートを書き始める前に撮りに出かけましょう。

「就活の教科書」では就活に関する有益な記事をたくさん掲載しています。

ぜひ他の記事も読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

「エントリーシートの書き方がわからない!」「質問項目の答え方がわからない」という就活生には、ESについて網羅的に解説した記事がおすすめです。