>> 内定者が選んだ就活に役立つサービス15選 <<

【GPA低くて大丈夫?】就活でGPA提出を求める企業の意図 | 低すぎる場合の対策方法も

この記事でわかること
  • 就活では大学4年間のGPAが見られる
  • GPAは就活にはほぼ影響しない
  • 外資系企業はGPAを重視する企業が多い
  • 就活でGPAの提出を求められるタイミング
  • 就活でGPAの提出が求められる理由
  • GPAが低すぎる就活生の対策法

 

こんにちは。「就活の教科書」編集部の西川です。

今回は、就活とGPAについて説明します。

皆さんは、GPAに自信はありますか?

「就活の教科書」編集部 西川

就活生くん

僕は、面接を通過するのには自信がありますが、GPAには自信がありません。

やっぱりGPAって就活に影響するんですか?

就活生ちゃん

私はGPAに自信があるので、就活の武器にしようと考えていたのですが、「就活にGPAは関係ない」という噂を聞いて心配になりました。

実際、就活ではGPAの高さって武器にならないんですか?

なるほど。

皆さん、GPAに関しては自信があったり無かったりと様々ですね。

この記事で就活とGPAの悩みを全て解決していきましょう!

「就活の教科書」編集部 西川

 

面接には自信があるけど、GPAが低くて自信が無い。

GPAが低いと、選考を通過できないんじゃないか…

こんな風に悩んでいる就活生の方は多いと思います。

そこでこの記事では、就活生のGPAがどのように評価されているかを徹底的に調べてきた西川が、

①:そもそもGPAとは
②:企業がGPAの提出を求めるタイミング
③:企業がGPAをの提出を求める意図
④:GPAはどのくらい就活に影響するのか
⑤:就活にGPAがあまり関係ない理由
⑥:GPAを重視する外資系企業の意図
⑦:GPAが低い場合の対策
⑧:就活でGPAをアピールするコツ

など、就活とGPAの関係性について完全解説します。

この記事を読めば、就活におけるGPAの重要性を完璧に理解できますよ。

ぜひ最後まで読んでみて下さいね。

 

そもそもGPAとは

始めに、そもそもGPAとは何かからおさらいしておきます。

「就活の教科書」編集部 西川

GPAは正式名称の「Grade Point Average」を略した言葉です。

日本語に直訳すると「成績平均点」となり、大学4年間の学業の結果であることが分かります。

GPAは、以下の計算方法で計算されます。

 

GPAの計算方法

点数 評価 GP
90~100点 秀/S 4ポイント
80~90点 優/A 3ポイント
70~79点 良/B 2ポイント
60~69点 可/C 1ポイント
0~59点 不可/D 0ポイント

GPは、上の評価表の様に計算されます。

そしてGPAは、総獲得ポイント数を取得単位数で割る事で計算されます。

また、GPAの算出方では、取得した単位数で総獲得ポイントを割るので、「不可」の講義は計算には含みません。

 

就活では大学4年間のGPAが見られる

就活生くん

GPAってこうやって計算されてたんですね。

そういえば、就活でGPAって、いつの時期からのGPAが見られるんですか?

就活では、大学4年間の成績全てのGPAが見られます。

就活時点では、3年生の方もいると思いますが、その場合も入学から最新の成績まで全てのGPAが見られます。

では次にGPAは、実際のところ就活にどれくらい影響するのかについて説明します。

「就活の教科書」編集部 西川

 

GPAはどのくらい就活に影響するのか

就活生くん

実際のところ、GPAって就活で重要なんですか?

大学生活で、勉強はあまり頑張ってこなかったので、GPAも低くて不安です。

確かに、GPAに自信がが無かったら、不安になりますよね。

実際のところ、GPAは就活にどれくらい影響するのかについて説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

企業によるが、就活にはほぼ関係ない

結論から言うと、就活の選考結果にGPAはあまり関係ないです。

ほとんどの企業でGPAが低いからという理由で、選考から落とされる事はありません。

しかし、外資系企業や理系職に限っては、GPAを選考基準にする企業もあります。

日系企業を受ける就活生の方は、GPAの低さ就活にほぼ響かないので安心して大丈夫です。

しかし、外資系企業ではGPAを重視する企業もあるので注意が必要です。

「就活の教科書」編集部 西川

 

また、GPAなどの成績が悪いと就活でどうなるのか知りたい方は、以下の記事で紹介しています。

成績が悪くても「不採用」にはならないといったことが分かるので、合わせて読んでみてください。

 

外資系企業はGPAを重視する企業が多い

ここでは、外資系企業にGPAを重要視する企業が多い理由について説明します。

外資系企業を受けるつもり就活生の方は、ぜひ参考にしてください。

では見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

GPAの高さで仕事ができるか判断する

外資系企業がGPAを重要視する理由は、GPAの高さで仕事ができるかどうか判断するためです。

GPAはもともと欧米の評価システムであり、欧米では進学や就職でGPAを重視するのは一般的です。

そのため日本に支店を置く外資系企業でも、GPAが重視される傾向にあります。

GPAの高さから、外資系企業は以下のような人物像を期待しています。

外資系企業が思う、GPAが高い人の人物像
  • ロジカルシンキングができる人
  • 仕事を効率化する発想力がある人
  • 迅速にかつ良質な仕事をする集中力がある人

外資系企業では、GPAの高い就活生を上記した能力の持ち主だと判断し、選考に進ませます。

逆に言うと、一定水準のGPAが無い就活生は、求めるレベルに達しないと判断され、足切りされてしまいます。

就活生ちゃん

では、外資系企業を受けるには、どれくらいのGPAがあればいいんですか?
確かにその目安は気になりますね。
では次に、外資系企業を受けるのに必要なGPAの高さを説明しましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

GPA3.5以上が目安

GPAの高さが求められる外資系企業から内定を貰うには、GPA3.5以上が目安です。

GPAは、入学時からの成績の平均点なので今から急に上げることは難しいです。

そのため、外資系企業を目指す場合は、常に良い成績を保っておく必要があります。

しかしGPA3.5以上というのは、あくまで目安です。

本場の外資系企業ならば、GPAが足りていない時点で落とされるかもしれませんが、ここは日本です。

もし志望企業がGPAを重視してそうな外資系企業でも、まずは挑戦してみましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

就活でGPAの提出を求められるタイミング

では実際に、就活のどのタイミングでGPAの提出を求められるか説明します。

GPAの提出を求められるタイミングは、主に以下のタイミングです。

「就活の教科書」編集部 西川

GPAを求められるタイミング
  • ①:エントリーシートでGPAを記入する時
  • ②:面接でGPAや成績について聞かれる時
  • ③:内定後に成績証明書を提出する時

 

状況①:エントリーシートでGPAを記入する時

GPAの提出を求められるタイミングの1つ目に「エントリーシートにGPAを記入する時」があります。

特にGPAを重要視している外資系企業では、エントリーのタイミングでGPAの提出を求める企業もあります。

このような外資系企業では、GPAが一定水準以上ないとそもそも選考を受けられない企業もあります。

しかし、日系企業では、エントリーシートでGPAのスコアの提出を求める企業は少ないです。

日系企業でGPAの提出を求めるのは、面接の時・内定承諾後が多いです。

「就活の教科書」編集部 西川

 

状況②:面接でGPAや成績について聞かれる時

GPAの提出を求められるタイミングの2つ目に「面接でGPAを成績について聞かれる時」があります。

面接でGPAが記載されている書類を提出することはあまり無いです。

しかし口頭で、GPAがどれくらいだと答える時はあります。

その時にGPAで嘘をついてしまうと、後に書類を提出した時にバレるので、嘘はつかないでください。

もし、GPAが悪くて自信が無い就活生の方は、学業の代わりに取り組んできたことにも触れて話をそらしましょう。

「GPAは1.8程度に留まりました。しかし、それ以上に学生生活では、部活動に注力してきました。」と軽く触れることで、面接官の興味があなたが頑張ってきたことに移るはずです。

「就活の教科書」編集部 西川

 

状況③:内定後に成績証明書を提出する時

GPAの提出を求められるタイミングの3つ目に「内定後に成績証明書を提出する時」があります。

内定を承諾すると、内定式の際に卒業見込証明書の提出を求められます。

卒業見込証明書には、これまでの成績が記載されており、企業にGPAを見られることになります。

しかし内定を出した以上、成績が悪いからという理由では、内定を取り消しにはできないので問題はありません。

ここまで、就活でGPAの提出を求められるタイミングを3つ紹介してきました。

外資系企業を受ける就活生の方は、エントリーの時点でGPAを求められる可能性があることを把握して置いてくださいね。

そして次の項目では、「就活の選考にGPAがあまり関係ない理由」について説明します。

「就活の教科書」編集部 西川

 

就活の選考結果にGPAが関係しない理由

就活生ちゃん

でもなんで、就活の選考結果にGPAってそこまで関係しないんですか?

外資系企業みたいに、GPAの高さで就活生を評価してもいいと思います!

そうですね。

確かに、志望就活生の中から、GPAの高い順番に内定を出せば、企業も簡単に人材を獲得できますよね。

では、どうして企業はわざわざ面倒な就活をしているのでしょうか。

その理由を説明します。

「就活の教科書」編集部 西川

選考にGPAの高さが関係しない理由
  • 理由①:GPAの高さと企業への適正に相関が無いため
  • 理由②:GPAは大学によって基準が異なるため

 

理由①:GPAの高さと企業への適正に相関が無いため

就活の選考にGPAの高さが関係しない理由の1つ目は、「GPAの高さと企業への適正は相関が無いため」です。

一口にGPAが高いといっても、全員が「勤勉で、真面目で、眼鏡をかけている」わけでは無いですよね。

このようにGPAが高い就活生でも、性格や特徴は様々です。

そのため企業は、面接やエントリーシートなどで、就活生の性格を確認し、企業とマッチしているか判断する必要があります。

たとえGPAが高くても、すぐに辞められてしまえば、新卒1人あたりの獲得に要した50万円が無駄になってしまいます。

そのため、企業はGPAよりも就活生の人柄や適性を重視します。

「就活の教科書」編集部 西川

 

理由②:GPAは大学によって基準が異なるため

就活の選考にGPAの高さが関係しない理由の2つ目は、「GPAは大学によって基準が異なるため」です。

GPAの評価基準は、大学によって異なります。

そのため、GPAの高さは、大学が変わると単純比較できず、就活生を比較するのに適切な判断とは言えません。

極端な例を挙げると、「Fラン大学生のGPA 4」と「東大生のGPA 3」では、Fラン大学の方がGPAは上ですが、おそらく優秀なのは東大生の方です。

このように学校が変わると単純に比較ができないため、GPAは選考結果にあまり影響が無いです。

ここまで、就活の選考にGPAの高さが関係しない理由を説明してきました。

「でもなんで、選考結果にそこまで影響しないのに、企業はGPAの提出を求めるの?」

と疑問に思った方はいるのではないでしょうか。

次の項目で「企業がGPAの提出を求める理由」について説明します。

「就活の教科書」編集部 西川

 

就活でGPAの提出が求められる理由

この項目では、企業が就活生にGPAの提出を求める理由を説明します。

企業が就活生にGPAの提出を求める理由は、以下の4点の理由があります。

「就活の教科書」編集部 西川

就活生にGPAの提出を求める理由
  • 理由①:卒業できるか確認するため
  • 理由②:学業に取り組む姿勢を確認するため
  • 理由③:僅差の時の最後の判断基準にするため
  • 理由④:配属先の参考情報にするため

 

理由①:卒業できるか確認するため

企業が就活生にGPAの提出も求める1つ目の理由は、「卒業できるか確認するため」です。

企業は、新入社員を1人採用するのに、平均50万円ほどもかけています。

せっかく50万円かけて内定者を出したのに、その内定者が卒業できなければ、企業にとっては大きな損失です。

そのため、企業は就活生がきちんと卒業できるか確認するために、GPAの提出が求められる時があります。

内定承諾後に卒業できないことが判明し、内定辞退せざるを得なくなるパターンは良くあります。

皆さんは、きちんと卒業できるように単位とGPAを取りましょうね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

理由②:学業に取り組む姿勢を確認するため

企業が就活生にGPAの提出も求める2つ目の理由は、「学業に取り組む姿勢を確認するため」です。

企業は、就活生のGPAや成績を確認し、学業に対してどれだけ取り組める人物か判断します。

特に外資系企業では、根気強く学業に取り組める学生を「最低限の論理的思考力があり、タスク処理に取り組める集中力がある」と判断します。

外資系企業や理系職では、学業にどれだけ取り組む能力があるか判断するために、GPAの提出が求められる時があります。

また、外資系企業を志望する就活生には、就活情報サイトの「外資就活ドットコム」がおすすめです。

外資就活ドットコムについて知りたい人は、以下の記事で評判や利用した人の感想などが詳しく知れるので、ぜひ参考にしてください。

 

理由③:僅差の時の最後の判断基準にするため

企業が就活生にGPAの提出も求める3つ目の理由は、「僅差の時の最後の判断基準にするため」です。

GPAなどの成績を提出を求められるのは、選考の終盤であることが多いです。

最終面接が終わり、「実力的には僅差だが、どちらかに内定を出すか決めなけらばならない」状況の時に、判断材料の1つとしてGPAが用いられる時があります。

このように、企業は就活生の優劣をつけるための材料としてGPAを用いるために提出を求めます。

 

理由④:配属先の参考情報にするため

企業が就活生にGPAの提出も求める4つ目の理由は、「配属先の参考情報にするため」です。

GPAや成績表から、就活生の得意分野と苦手分野が分かります。

企業は、就活生のGPAや成績を1つの判断材料として使うため、GPAの提出を求めます。

 

ここまで、企業が就活生にGPAの提出も求める理由を説明しました。

4種類の理由を説明してきましたが、主な目的は「きちんと卒業できるか確認するため」です。

説明してきたように、日系企業では選考基準にあまり関係しません。

しかしあまりに低いと、人間性や卒業できるかどうかの点で疑われてしまいます。

そこで次の項目では、GPAが低すぎる就活生の対策法を説明します。

「就活の教科書」編集部 西川

 

GPAが低すぎる就活生の対策法

就活生くん

就活でGPAがそこまで選考結果に関係しないことは分かりました。

でも僕はGPAがあまりに低いので、マイナス評価をされてしまうと思います…。

確かに低すぎると、ある程度のマイナス評価は避けられないかもしれませんね。

しかし、ここで紹介する対策法を使うことで、GPAが低すぎるという印象を少しでもリカバリーできます。

GPAが低すぎて困っている就活生の方は、ぜひ参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

GPAが低すぎる就活生の対策法
  • 対策①:低い理由を説明できるよう準備する
  • 対策②:学業以外に力を入れたことを伝える
  • 対策③:適正検査でハイスコアを取れるようにする

 

対策①:低い理由を説明できるよう準備する

GPAが低すぎる就活生の対策法の1つ目は、「低い理由を説明できるように準備する」です。

GPAが低すぎる就活生の中には、正当な理由があって低い人もいるのではないでしょうか。

正当な理由があってGPAが低くなってしまった就活生の方は、論理的に分かりやすく低い理由を説明できるよう準備しましょう。

説明の仕方は、PREP法という話法がおすすめです。

PREP法とは、結論から話し始めて、そう考えた理由、具体例を説明し、最後にまた結論で話を締める話し方です。

PREP法に関しては、こちらの記事で詳しく説明しています。

気になる方はぜひ参考にして下さいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

対策②:学業以外に力を入れたことを伝える

GPAが低すぎる就活生の対策法の2つ目は、「学業以外に力を入れたことを伝える」です。

GPAが低くなった就活生の中には、学業以外に力を入れた結果、GPAが低くなった方もいるのでは無いでしょうか。

学業以外に力を入れた就活生の方は、代わりに何を頑張ってきたのか説明できるように準備しましょう。

学生時代に力を入れて頑張ったこと(ガクチカ)の話し方は、こちらの記事が参考になります。

気になる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

対策③:適正検査でハイスコアを取れるようにする

GPAが低すぎる就活生の対策法の3つ目は、「適正検査でハイスコアを取れるようにする」です。

GPAが低い就活生は、「単純に学力が足りていないんじゃないか」と評価されてしまいます。

そのためSPIなどの適正検査でハイスコアを取れば、「学力が足りていない」というイメージを払拭できます。

適正検査は繰り返し練習することで、解けるようになります。

GPAが低くて困っている就活生は、適正検査でハイスコアを取れるように練習しましょう。

適正検査やSPIについては、以下の記事が参考になります。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ここまで、GPAが低すぎる就活生の対策法を3つ紹介してきました。

しかし、GPAが低くて困っている就活生だけでなく、高いGPAをアピールポイントにしたい就活生の方もいますよね。

そこで次の項目では、「就活で高いGPAをアピールするコツ」を説明します。

「就活の教科書」編集部 西川

 

就活でGPAをアピールするコツ

就活生ちゃん

私は、GPAの高さをアピールポイントにしたいと考えています。

でもGPAって就活ではあまり評価されないんですよね。

GPAの高さはどうすれば評価されるんですか?

確かに就活では、GPAの高さ自体が選考結果に影響を与えることは無いですが、あなたが高いGPAを取った事実自体は評価してもらえます。

就活でGPAをアピールする際のコツは、以下の2点があります。

「就活の教科書」編集部 西川

就活でGPAをアピールする際のコツ
  • コツ①:学業への取り組み方を伝える
  • コツ②:入社後にも活きる学びを伝える

 

コツ①:学業への取り組み方を伝える

就活でGPAをアピールする際のコツの1つ目は「学業への取り組み方を伝える」です。

就活ではGPAの高さよりも、「どうやって高いGPAを獲得したか」に注目してアピールポイントにしましょう。

どんなテーマのガクチカにも言えることですが、企業は「就活生の活動の結果」自体にはそこまで興味はありません。

企業が本当に知りたいのは、「就活生の性格や人柄」です。

性格を元に高いGPAをアピールすると、以下のようになります。

私は几帳面で負けず嫌いという性格が高じて、GPAのスコアを常に3.5以上でキープしてきました。

几帳面な性格の私は講義をさぼることも無く、真面目でもともと成績は悪くありませんでした。

しかし大学1年生の時に、一緒に講義を受けていた友人が、小テストの点数でマウントを取ってきたことをきっかけに、どんなテストの点数も負けたくないと思うようになりました。

それからは毎回欠かさず予習と復習を繰り返しました。

その結果、私のGPAのスコアは常に3.5以上をキープする結果となり、あらゆる点数で友人に負けなくなりました。

学業の取り組み方から、人柄と高いGPAに繋がった根拠が伝わるように説明してあげましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

コツ②:入社後にも活きる学びを伝える

就活でGPAをアピールする際のコツの2つ目は「入社後にも活きる学びを伝える」です。

GPAへの高さをアピールする際は、入社後にも活きるような学びを伝えましょう。

入社後にも活きるような学びとしては、「勉強の仕方」や「高い評価を得るための方法」も使えます。

また、以下では、大学生活で学んだことの例などを多く紹介してます。

入社後にも活きる学びを伝える上で参考になるので、ぜひ読んでみて下さいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

まとめ:就活でGPAはあまり重要ではない

今回の「【GPAは低くても大丈夫】就活でGPAの提出を求める企業の意図 | 内定者がすべて解説」はいかがだったでしょうか。

この記事では、企業が就活生のGPAをどのように評価しているか徹底的に調べてきた西川が、

①:そもそもGPAとは?
②:GPAはどのくらい就活に影響するのか
③:企業がGPAをの提出を求める意図
④:企業がGPAの提出を求めるタイミング
⑤:就活にGPAがあまり関係ない理由
⑥:GPAを重視する外資系企業の意図
⑦:GPAが低い場合の対策
⑧:就活でGPAをアピールするコツ

など、就活とGPAの関係性についてすべて解説してきました。

あなたのGPAに関する悩みは全て解決できたハズです。

この記事で紹介してきたことをおさらいしていきますね。

この記事で紹介してきたこと

就活では大学4年間のGPAが見られる

GPAはどのくらい就活に影響するのか

  • 結論:企業によるが、就活にはほぼ関係ない

外資系企業はGPAを重視する企業が多い

  • 外資系企業は、GPAの高さで仕事ができるか判断する
  • 外資系企業を受けるには、GPA3.5以上が目安

就活でGPAの提出を求められるタイミング

  • 状況①:エントリーシートでGPAを記入する時
  • 状況②:面接でGPAや成績について聞かれる時
  • 状況③:内定後に成績証明書を提出する時

就活の選考結果にGPAが関係しない理由

  • 理由①:GPAの高さと企業への適正に相関が無いため
  • 理由②:GPAは大学によって基準が異なるため

就活でGPAの提出が求められる理由

  • 理由①:卒業できるか確認するため
  • 理由②:学業に取り組む姿勢を確認するため
  • 理由③:僅差の時の最後の判断基準にするため
  • 理由④:配属先の参考情報にするため

GPAが低すぎる就活生の対策法

  • 対策①:低い理由を説明できるよう準備する
  • 対策②:学業以外に力を入れたことを伝える
  • 対策③:適正検査でハイスコアを取れるようにする

就活でGPAをアピールするコツ

  • コツ①:学業への取り組み方を伝える
  • コツ②:入社後にも活きる学びを伝える

 

この記事で就活とGPAの関係性について完全に理解できたハズです。

当サイト「就活の教科書」では、他にも役立つ記事をたくさん更新しています。

ぜひまた読みに来てくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川