>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【どこでもいいは危険!】就活でどこでもいいと思った時の対策3つ | デメリットも

こんにちは。「就活の教科書」編集部の天野です。
就活生のみなさんは、受ける企業はどこでもいいと思っていませんか?

「就活の教科書」編集部 天野

就活生くん

就活について考えるのが面倒臭い。
もうどこでもいいから内定が欲しい。

就活生ちゃん

周りが内定をもらい始めてて、焦っています。
どこでもいいから、早く内定をもらって遊びたい!
就活ってどこから考えたら良いのかわからないし、面倒臭いですよね。
周りが内定をもらい始めたら、焦ってどこでもいいように思ってしまいます。

「就活の教科書」編集部 天野

そこでこの記事では、就活でどこでもいいと思うデメリットどこでもいいと思う理由や対策さらに就活エージェントのおすすめ3選も紹介します。

この記事を読めば、どこでもいいと思って、入社後後悔してしまうことがなくなります。

「就活で受ける企業なんて、どこでもいい!」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

就活でどこでもいいと思うデメリット

就活生くん

就活がどこでもいいと、どんなデメリットがあるんですか?

就活がどこでもいいと、以下の3つのデメリットがあります。

就活がどこでもいいと思うデメリット
  • デメリット①:志望動機が書けない
  • デメリット②:入社への熱意が伝わらない
  • デメリット③:入社してから後悔する
それでは、就活でどこでもいいと思うデメリットを1つずつ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 天野

 

デメリット①:志望動機が書けない

就活がどこでもいいと思うデメリットの1つ目は「志望動機が書けない」です。

どこでもいいと思っていたら、そもそも志望動機が思いつきません。

そのため、ありがちな志望動機になってしまい、他の就活生に埋もれてしまいます。

他の競合企業にはなく「御社しかだめ!」というような志望動機を考えましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

志望動機の書き方については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

 

デメリット②:入社への熱意が伝わらない

就活がどこでもいいデメリットの2つ目は「入社への熱意が伝わらないです。

どこでもいいと思っていると、入社への熱意が出せません。

入社への熱意が伝わらないと、入社後に活躍できなさそうに見られてしまいます。

就活でどこでもいいと思っていたら、想像以上に人事にはバレてしまいます。

「就活の教科書」編集部 天野

 

デメリット③:入社してから後悔する

就活がどこでもいいと思うデメリットの3つ目は「入社してから後悔する」です。

就活がどこでもいいと思っていたら、自分に合っていない仕事内容やブラック企業に入社してしまうかもしれません。

入社してから後悔すると、仕事をしながらまた就活をすることになってしまいます。

就活がどこでもいいと言っても、何時間も毎日働くとなると、入社してから後悔はしたくないですね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

就活でどこでもいいと思った時の対策

就活生くん

就活でどこでもいいと思うのは危険だとわかりましたが、それでも考えてしまいます。
就活でどこでもいいと思った時は、どうすれば良いですか?

就活でどこでもいいと思った時の対策には、以下の3つがあります。

「就活の教科書」編集部 天野

就活でどこでもいいと思った時の対策
  • 対策①:リフレッシュする
  • 対策②:業界地図を読んで選択肢を広げる
  • 対策③:就活エージェントに自己分析を手伝ってもらう
それでは、就活でどこでもいいと思ったときの対策を1つずつ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 天野

 

対策①:リフレッシュする

就活でどこでもいいと思う対策の1つ目は「リフレッシュする」です。

就活でどこでもいいと思ってしまう理由には「就活について考えるのが面倒臭い」「選考に落ちて就活が嫌になった」などが考えられます。

そのため、一度就活のことを忘れてリフレッシュするのも、一つの対策法です。

焦る気持ちは分かりますが、一度手を止めて、1日ぐらい完全に就活から離れてみると、新しい発見もあります。

就活から離れるためには、たまには友人と遊んでみたり、運動してみたりしてみましょう。
どこでもいいと思う気持ちを忘れられるかもしれません。

「就活の教科書」編集部 天野

 

対策②:業界地図を読んで選択肢を広げる

就活でどこでもいいと思う対策の2つ目は「業界地図を読んで選択肢を広げる」です。

業界地図とは、業界ごとに、最近の動向や業界規模、トレンド情報などを知ることができるものです。

業界地図を使えば、社会にはどんな仕事があるのかがわかり、就活の選択肢を広げられます。

そして選択肢が広がれば、自分のやりたいことが見つかりやすくなります。

今まで知ることのなかった業界を知るきっかけになるため、就活で業界地図を読むのはおすすめですよ。

「就活の教科書」編集部 天野

 

対策③:就活エージェントに自己分析を手伝ってもらう

就活でどこでもいいと思う対策の3つ目は「就活エージェントに自己分析を手伝ってもらう」です。

就活エージェントは、就活生の自己分析を無料で手伝ってくれます。

そして自己分析ができると、自分のやりたい仕事が見つかります。

そのため、就活でどこでもいいとは思わなくなり、自分の受けたい企業が絞れるようになります。

就活エージェントは自己分析以外にも、エントリーシート添削(ES)や面接対策、さらに企業紹介までしてくれます。

しかし「就活エージェントはどれを使えば良いの?」と悩む就活生もいますよね。

そこで次は、就活エージェントおすすめ3選を紹介します。

「就活の教科書」編集部 天野

 

本当におすすめできる就活エージェント3選

就活生くん

就活エージェントでは自己分析以外にも、エントリーシート添削(ES添削)や面接対策、さらに企業紹介までしてくれるんですね!

就活エージェントってたくさんありますが、どれが評判良いんですか?

就活エージェントってたくさん種類があって、どれに登録したらいいのか選ぶのが難しいですよね。

そこで、「就活の教科書」編集部の僕が、本当におすすめできる就活エージェント3選をまとめたのでお伝えします。

「内定さえもらえたらどこでもいい!」と思っている就活生は、ぜひ最後までみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

おすすめ①:キャリアチケット(エージェントと地域都市で面談可)

就活エージェントおすすめ「キャリアチケット」

本当におすすめできる就活エージェント1つ目は、キャリアチケット(career ticket)です。

キャリアチケットを運営するのは、人気人材系ベンチャー企業 レバレジーズ株式会社です。

キャリアチケットを利用した就活生の意見をまとめると、「ブラック企業を避けられ内定率も高い」ため、特に人気があります。

 

キャリアチケットのメリット/デメリット
  • メリット①:ブラック企業を限りなく避けられる
  • メリット②:最短2週間でスピード内定できる
  • メリット③:地方都市でも相談できる
  • デメリット①:紹介企業数が多くはない

キャリアチケットの就活エージェントから紹介してもらえる企業はホワイト企業が多いです。

「キャリアチケット」では就活エージェントが紹介先企業を厳選しています。

そのため、「なるべく早くホワイト企業から内定がほしい!」という就活生で利用するならオススメです。

「就活の教科書」編集部 天野

\あなたに合った優良企業を紹介/

キャリアチケット(career ticket)

* 登録無料、1分で参加できます

 

「キャリアチケット」のリアルな口コミや評判を知りたい就活生は、こちらの記事も見ていってくださいね。

 

おすすめ②:DiG UP CAREER(就活エージェントとLINEで面談可)

就活エージェントおすすめ「DiG UP CAREER(ディグアップキャリア)」

本当におすすめできる就活エージェント2つ目は、DiG UP CAREER(ディグアップキャリア)です。

「DiG UP CAREER」は、DiG(ディグ)株式会社が運営する就職支援、新卒紹介の就活エージェントです。

就活エージェントが就活生一人ひとりに対して手厚いサポートをするため、就活生から高い評価を得ています(満足度90%超、友達紹介率60%超)。

DiG UP CAREERのメリット/デメリット
  • メリット①:サポートが手厚く、満足度90%以上、友人紹介率60%以上
  • メリット③:LINEでの面談に対応しているから、就活エージェントに気軽に相談できる
  • メリット②:他社ナビにはない非公開求人がある
  • デメリット①:対面の相談は、東京渋谷のみ

入社後にも就活エージェントが相談を受けてくれるくらい手厚いDiG UP CAREERは、少数精鋭のサポート体制をしています。

就活エージェントを登録して使いたい就活生に、DiG UP CAREERはおすすめです。

近頃人気のDiG UP CAREERの手厚いサポートが受けられるのは今のうちですよ。

「就活の教科書」編集部 天野

\ 少数精鋭の手厚いサポートを受けられる!! /

DiG UP CAREER(ディグアップキャリア)

* 登録無料、1分で参加できます

 

 

「DiG UP CAREER」のリアルな口コミや評判を知りたい就活生は、こちらの記事も見ていってくださいね。

 

おすすめ③:JobSpring(AIマッチングを使った就活エージェント面談)

就活エージェントおすすめ「JobSpring(ジョブスプリング)」

本当におすすめできる就活エージェント3つ目は、JobSpring(ジョブスプリング)です。

JobSpringは、株式会社Roots(ルーツ)が運営する就活エージェントです。

JobSpringでは、独自のAIマッチングを行っており、就活エージェントとの就活相談を通して自分に適した企業が見つかります。

JobSpringのメリット/デメリット
  • メリット①:「AIマッチング」で自分に適した企業が見つかる
  • メリット②:早期離職率がわずか0.1%
  • メリット③:就活エージェントとビデオ通話面談できる
  • デメリット①:関東の学生しか対面での相談ができない

JobSpringには、就活エージェントとの面談を通して、就活生と企業とのミスマッチをできるだけ減らす工夫がたくさん考えられています。

「入社したら終わり」ではなく、入社後のキャリアまで一緒に相談できるのはとても良いですね。

就活エージェントを登録して使いたい就活生には、JobSpringもおすすめです。

「就活の教科書」編集部 天野

\ AIマッチングで内定獲得!! /JobSpring(ジョブスプリング)

* 登録無料、1分で参加できます

 

 

「JobSpringの口コミ、評判ってどうなの?」という就活生は、こちらの記事も見ていってくださいね。

 

他にも就活エージェントおすすめ10選については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

 

就活でどこでもいいと思う理由

就活生くん

就活でどこでもいいと思ってはいけないことはわかりましたが、なんでそう思ってしまうのでしょうか。
最後に、就活でどこでもいいと思う理由を教えてください。

就活でどこでもいいと思う理由には、以下の3つがあります。

「就活の教科書」編集部 天野

就活でどこでもいいと思う理由
  • 理由①:就活について考えるのが面倒臭い
  • 理由②:選考に落ちて就活が嫌になった
  • 理由③:内定が貰えなくて焦っている
  • 理由④:高い給料さえ貰えれば良い
それでは、就活でどこでもいいと思う理由を1つずつ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

理由①:就活について考えるのが面倒臭い

就活でどこでもいいと思う理由の1つ目は「就活について考えるのが面倒臭い」です。

就活中は、ずっと就活について考えてしまいます。

スケジュール管理や企業説明会、エントリーシート(ES)などやることが山積みで面倒臭く、もうどこでもいいと感じてしまいます。

しかし、やるべきことを一つずつクリアしていくと、意外と単純です。

一度就活の全体像を掴んで、やるべきことを一つずつ書き出してみましょう。
どこでもいいと思う気持ちが、少しは薄れるかもしれません。

「就活の教科書」編集部 天野

 

就活がめんどくさいと感じる理由については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

 

理由②:選考に落ちて就活が嫌になった

就活でどこでもいいと思う理由の2つ目は「選考に落ちて就活が嫌になった」です。

就活を全力でしているのに、選考に落ちると、就活が嫌になってきます。

しかし就活は、大企業だからすごいというわけでもありません。

自分に合った企業を気長に探すことが大切です。

選考で落ちて就活が嫌になり、どこでもいいと思うのは分かりますが、より自分に合った企業に就職できるチャンスとも考えられます。

「就活の教科書」編集部 天野

 

就活で落ちる理由については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

 

理由③:内定が貰えなくて焦っている

就活でどこでもいいと思う理由の3つ目は「内定が貰えなくて焦っている」です。

周りの友人が自分よりも先に内定を貰っていると、どんどん焦ってきます。

焦っても内定は貰えるものではないので、落ち着きましょう。

落ち着いて現在の状況を整理してみると、次にやるべきことが見えてきます。

焦ってどこでもいいと投げやりにならず、自分に自信を持って就活しましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

理由④:高い給料さえ貰えれば良い

就活でどこでもいいと思う理由の4つ目は「高い給料が貰えればいい」です。

確かに、高い給料を貰うのは、生きるうえで大切なことです。

しかし、「給料が高い=自分にあった職業」とは限りません。

給料が高くても、自分に合わない職業だと、就職後に後悔してしまいます。

お金以外の就活の軸も探してみましょう。
就活でどこでもいいと思う気持ちがなくなる可能性があります。

「就活の教科書」編集部 天野

 

36個の質問に答えて、自己分析をしよう

就活は、あなた自身を企業に売り込む場。だから、自己分析をして、自分の強みを理解しておく必要があります。ただ、そんな時間がない方も多いはず。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして、あなたの本当の強み・適職を発見しましょう。

 

まとめ:後悔しないために企業は慎重に選ぶべき

今回は、就活でどこでもいいと思うデメリット、どこでもいいと思う理由や対策、さらに就活エージェントのおすすめ3選について紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

今回の記事のまとめは、以下の通りでした。

「就活の教科書」編集部 天野

就活どこでもいい まとめ

就活でどこでもいいと思うデメリット

  • デメリット①:志望動機が書けない
  • デメリット②:入社への熱意が伝わらない
  • デメリット③:入社してから後悔する

就活でどこでもいいと思ったときの対策

  • 対策①:リフレッシュする
  • 対策②:業界地図を読んで選択肢を広げる
  • 対策③:就活エージェントに自己分析を手伝ってもらう

就活でどこでもいいと思う理由

  • 理由①:就活について考えるのが面倒臭い
  • 理由②:選考に落ちて就活が嫌になった
  • 理由③:内定が貰えなくて焦っている
  • 理由④:高い給料さえ貰えれば良い

就活はどこでもいいと思っていると、入社への熱意が伝わらないため、内定が取りにくいです。

内定が取れたとしても、自分に合っていない会社で、毎日の残業に過度なノルマで精神を病んだ社会人は数多いです。

どこでもいいと思わず、たくさんの選択肢をもって、焦らず自分にあった企業に挑んでいきましょう。

「就活の教科書」編集部 天野