【高収入目指せる!】男性が稼げる仕事20選 | 給料が良い職業の特徴,業界も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ 自分に合う仕事がわかる「適職診断」/
あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

LINE適職診断とは
(https://reashu.com/)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

はじめに

 この記事では「男性が稼げる仕事」について徹底解説していきます。

あわせて、「男性が稼げる業界は何?」や、「男性が稼げる仕事に就く方法は?」についても紹介していきます。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

この記事を読めばこの記事を最後まで読めば、男性が稼げる仕事について理解が深まります。

男性が稼げる仕事が気になる就活生」や、「男性が稼げる仕事に就職する方法を知りたい就活生」はぜひ最後まで読んでください。

 

女性が稼げる仕事が気になる方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断できる「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! /
LINE適職診断 あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

目次

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【福利厚生】高収入で待遇が良い仕事の特徴3選

就活生くん

給与や待遇が良い仕事の特徴を教えてください!

それでは給与や待遇が良い仕事の特徴を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

給与や待遇が良い仕事の特徴
  • 特徴①:利益率が高い仕事
  • 特徴②:専門性が高い職種
  • 特徴③:インフラ(ガス・水道・電気など)

 

特徴①:利益率が高い仕事

給与や待遇が良い仕事の特徴1つ目は「利益率が高い仕事」です。

利益とは、「売り上げから経費(売り上げを上げるためにかかった費用)を引いたもの」です。

その利益を売り上げで割ったものが利益率となります。

利益率は、売り上げの内、利益の割合を示す数値で、一般的な企業の平均値は4%程度とされています。

利益率が高い企業であれば、利益を給与に還元することが多いです。

つまり、利益率が高い企業に就職することで、高い給与をもらえる可能性があります。

ただし、利益率が高くても利益が少なければ、給与に反映されません。

そのため、両方の数字をしっかりとチェックすることがおすすめです!

就活アドバイザー 京香

特徴②:専門性が高い職種

給与や待遇が良い仕事の特徴2つ目は「専門性が高い職種」です。

給与や待遇が良いということは、それだけ仕事の難易度も高く求められる能力が高い場合が多いです。

専門的な知識や技術が必要だったり、仕事に対しての高い経験値が必要な場合も多いです。

以下の表は、政府が公表している賃金基本構造統計調査をランキングにしたものです。

順位 職種 平均年収
1位 医師 1,233万円
2位 航空機操縦士 1,192万円
3位 大学教授 1,051万円
4位 公認会計士・税理士 1,043万円
5位 弁護士 1,029万円
6位 大学准教授 862万円
7位 記者 822万円
8位 不動産鑑定士 778万円
9位 歯科医師 757万円
10位 大学講師 708万円

参照:賃金基本構造統計調査

年収が高い仕事には、専門知識や資格・免許が必要な場合が多いことがわかります。

さらに、難易度の高い資格・免許が必要な仕事の場合、資格手当がつくこともあります。

つまり、専門性が高い職種は給与が高いことが多いと言えます。

 

特徴③:インフラ(ガス・水道・電気など)

給与や待遇が良い仕事の特徴3つ目は「インフラ(ガス・水道・電気など)」です。

インフラとは「infrastructure(インフラストラクチャー)」の略語で、「下部構造、基盤」を意味しています。

現代ではこれが転じて、下記のような生活の基盤となるものを指すようになりました。

この意味から鉄道、航空、空港、電力、ガス会社など、社会の基盤となるサービス・仕組みを提供、管理する事業の業界を指します。

私たちが暮らすうえで必要不可欠なサービスを提供しているため、売り上げが安定しており、給与に還元されることが多いです。

インフラ業界は、倒産することもほとんどないため、高い給与をもらいつつ安定した企業で働くことが可能です。

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【高収入!】男性が稼げる仕事13選

就活生ちゃん

給与や待遇が良い仕事の特徴がわかりました。

男性が稼げる仕事を教えてほしいです。

それでは、男性が稼げる職業を詳しく見ていきましょう。

国税庁の「民間給与実態統計調査結果(令和2年分)」よると正規社員の平均年収は433万円です。

そのため、今回は、年収が433万円以上稼げる仕事を稼げる仕事と定義して、まとめていきます。

「就活の教科書」編集部 吉田

男性が稼げる仕事
  • 仕事①:ITエンジニア
  • 仕事②:ITコンサルタント
  • 仕事③:社内SE
  • 仕事④:研究開発
  • 仕事⑤:内部監査
  • 仕事⑥:MR(医薬情報担当者)
  • 仕事⑦:医師
  • 仕事⑧:パイロット
  • 仕事⑨:弁護士
  • 仕事⑩:公認会計士
  • 仕事⑪:一級建築士
  • 仕事⑫:電車運転士
  • 仕事⑬:薬剤師
ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

仕事①:ITエンジニア(平均年収:493万円)

男性が稼げる仕事1つ目は「ITエンジニア」です。

ITエンジニアの平均年収は493万円とされています。

参照:求人ボックス 給料ナビ

ITエンジニアは、IT関連の情報技術・システム開発を行う仕事です。

近年のDX・AI・IoT関連の発達から需要が高まっており、給与の増加が期待できます。

ITエンジニアは実力主義であり、スキル次第で誰でも活躍することができます。

常に向上心を持って勉強し続けることができれば、平均以上稼ぐことも可能です。

ITエンジニアは理系だけではなく文系の人も目指せます。

気になる方はこちらの記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 吉田

ITエンジニアは年収が比較的高く、自由に働けることが多いためおすすめの職種です!

エンジニア就職ではポートフォリオの作成など、一般的な就活とは異なる選考があるため、就活エージェントの利用がおすすめです。

「レバテックルーキー」を利用すれば、プロの就活サポート(ES添削、面接対策など)が受けられ、難関IT企業や優良IT企業の内定率がアップしますよ。

「レバテックキャリア」では専任の担当者からサポート(職務経歴書添削、面接対策など)が受けられ、希望するIT企業への転職成功率がアップします!

就活アドバイザー 京香

 

仕事②:ITコンサルタント(平均年収:625万円)

男性が稼げる仕事2つ目は「ITコンサルタント」です。

ITコンサルタントの平均年収は625万円とされています。

参照:求人ボックス 給料ナビ

ITコンサルタントは、企業が抱える課題をIT戦略から解決する仕事です。

クライアントからヒアリングを行い、課題を分析して必要なシステムを考案します。

ITコンサルタントは、企業のDX導入トレンドに合わせて需要が増しており、給与が高くなっています。

稼ぎたい男性は、ITコンサルタントに挑戦することもおすすめです。

 

仕事③:社内SE(平均年収:499万円)

男性が稼げる仕事3つ目は「社内SE」です。

社内SEの平均年収は499万円とされています。

参照:求人ボックス 給料ナビ

社内SEは、自社システムに関する業務を行います。

具体的には、カスタマーサポート自社システムの保守運用を行います。

社内SE の顧客は自社の従業員になります。

客先常駐SEとは違い、厳しいノルマや理不尽な対応などもありません。

社内システムは社内のほとんどの業務に影響を与えるため、給与が高くなると考えられます。

また、「この職業の他に自分が向いている仕事を知りたい…」という方は、LINE適職診断を利用してましょう。

LINE適職診断では、8つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに向いている職業を紹介してくれるので、忙しい方にもおすすめです。

就活アドバイザー 京香

 

仕事④:研究開発(平均年収:530万円)

男性が稼げる仕事4つ目は「研究開発」です。

研究開発の平均年収は530万円とされています。

参照:求人ボックス 給料ナビ

研究開発は、企業の商品開発や教育機関に携わる仕事です。

新商品の開発や、既存商品の最適化を行っています。

新商品の開発では、世の中のニーズやトレンドに合わせて開発を行います。

そのため、消費者の考えを分析を行うことも業務の1つです。

このことから、研究開発は専門スキルを活かすことができるため、稼げる職業と言えるでしょう。

 

仕事⑤:内部監査(平均年収:620万円)

男性が稼げる仕事5つ目は「内部監査」です。

内部監査の平均年収は620万円とされています。

参照:求人ボックス 給料ナビ

内部監査は、社内の事業部やサービスのワークフローを監査する仕事です。

牽制することで、業務の不正防止や業務の効率化を促します。

内部監査は、給料が高く休みが多い仕事として有名です。

ワークライフバランスを重視している人におすすめの職業となっています。

 

仕事⑥:MR(医薬情報担当者)(平均年収:497万円)

男性が稼げる仕事6つ目は「MR(医薬情報担当者)」です。

MR(医薬情報担当者)の平均年収は497万円とされています。

参照:求人ボックス 給料ナビ

MRとは、Medical Representativeの略称で、製薬会社に勤める営業職のことを指します。

医療従事者に自社の薬や医療機器に関する情報を提供し売り上げにつなげます。

MRは、営業職の中でも特に年収が高い仕事と言われています。

理由として、医療業界の市場規模の拡大、利益率の高さが挙げられます。

また医薬品は公定価格のため、値下がることはありません

このことも営業職の中でも稼げる職業である要因と言えるでしょう。

 

仕事⑦:医師(平均年収:1378万円)

男性が稼げる仕事7つ目は「医師」です。

医師の平均年収は1378万円とされています。

参照:厚生労働省 賃金構造基本統計調査

誰もが知っている病院の先生は、給与が高いことでも有名です。

医者になるためには、国家資格を必要としており、難易度も相当高いです。

さらに専門的な知識もたくさん必要です。

難易度の高い資格、必要な専門知識の量から、年収が高いようですね。

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑧:パイロット(平均年収:1072万円)

男性が稼げる仕事8つ目は「パイロット」です。

パイロットの平均年収は1072万円とされています。

参照:厚生労働省 賃金構造基本統計調査

パイロットは国内・国際路線を運航する航空機を操縦する仕事です。

ドラマでも取り上げられることも多く、憧れの職業とされています。

パイロットも必要なライセンスを取得する必要があります。

パイロットの資格は、勉強だけでなく技術や身体も見られるため、難易度は相当高いです。

飛行機を運航する際は、乗客の命を預かり、最適な操縦で飛行します。

難易度が高いライセンスに加え、業務中の精神的負担も合わせて、給与が高い職業と言えます。

 

仕事⑨:弁護士(平均年収:945万円)

男性が稼げる仕事9つ目は「弁護士」です。

弁護士の平均年収は945万円とされています。

参照:厚生労働省 賃金構造基本統計調査

弁護士は法廷での訴訟活動に加え、国会などの立法や制度の運用改善に関わる活動個人の権利を守る人権擁護活動も行います。

法律の専門家の立場から、適切な対処方法及び解決策のアドバイスを行います。

このように、社会生活について様々なアドバイスを行っており、「社会生活上の医者」とも言われています。

弁護士は、医師や公認会計士と一緒に、三大国家資格と言われており難易度も桁違いです。

さらに実務では、専門家としての知識が多く求められます。

難易度の高い資格豊富な専門知識を必要とする弁護士は、給与の高い職業と言えますね。

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑩:公認会計士(平均年収:992万円)

男性が稼げる仕事10つ目は「公認会計士」です。

公認会計士の平均年収は992万円とされています。

参照:厚生労働省 賃金構造基本統計調査

公認会計士は、監査・会計のスペシャリストとして、独占業務である「監査」を行います。

他にも、「会計」、「税務」、「コンサルティング」を行っている公認会計士もいます。

公認会計士も、医師・弁護士と一緒に三大国家資格と言われています。

難易度も高く、必要な専門知識も桁違いです。

公認会計士のみが行える仕事を持っているため、一定の売り上げを上げることができます。

監査業務の需要はなくならないため、専門知識が求められることと合わせて、給与が高くなっています。

 

仕事⑪:一級建築士(平均年収:653万円)

男性が稼げる仕事11つ目は「一級建築士」です。

の平均年収は653万円とされています。

参照:厚生労働省 賃金構造基本統計調査

一級建築士とは、国土交通大臣から認可を受けた国家資格です。

家屋、学校や体育館、商業施設や病院など、ありとあらゆる建造物の設計をします。

安全性を考慮して建物の設計図を書き、それを元に工事を進めていきます。

一級建築士の資格は、一定の実務経験がないと受験することができません。

この理由から、一級建築士はスキルと経験値を兼ね備えた人ということになります。

それらが一級建築士の給与が高い理由と言えるでしょう。

 

仕事⑫:電車運転士(平均年収:653万円)

男性が稼げる仕事12つ目は「電車運転士」です。

電車運転士の平均年収は653万円とされています。

参照:厚生労働省 賃金構造基本統計調査

電車運転士はダイヤにしたがって、旅客や貨物を安全、正確に輸送する仕事です。

車両が運転中に故障したときには、マニュアルにより適切に対処します。

電車運転士は運転する動力車種に応じた運転免許が必要となります。

身体検査、適性検査、法令や車両構造に関する試験、運転実技などの試験を受けます。

電車運転士には高度な技術が求められます。

さらに、電車は毎日たくさんの人が利用するので、収入も大きいです。

これらのことから、電車運転士は給与が高いと言えるでしょう。

 

仕事⑬:薬剤師(平均年収:493万円)

男性が稼げる仕事13つ目は「薬剤師」です。

薬剤師の平均年収は493万円とされています。

参照:求人ボックス 給料ナビ

薬剤師は、医薬品全般について、幅広い知識を持っています。

薬局や医療機関で処方せんに基づく調剤や患者への服薬説明を行うほか、医療用医薬品から一般用医薬品まで、すべての薬を販売し、相談にのります。

薬剤師は、大学の薬学部を卒業し、薬剤師国家試験に合格して与えられる資格です。

薬剤師は、豊富な専門知識を持っているほか、値下がりしない薬を扱う仕事なので、給与も高いと考えられます。

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【職種別】稼げる仕事ランキングTOP50

就活生くん

他にも稼げる仕事をたくさん知りたいです

わかりました。

では、稼げる仕事(職種)をランキング形式で50個紹介します。

「就活の教科書」編集部 吉田

順位 職種 モデル年収(万円)
1位 コンサルタント(経営戦略) 1,358
2位 システムアナリスト 1,223
3位 営業マネージャー 1,031
4位 不動産営業 1013
5位 システムコンサルタント 987
6位 クリエイティブディレクター 905
7位 用地仕入 878
8位 営業・企画営業 867
9位 オペレーター・アポインター 822
10位 投資銀行業務 793
11位 金融営業 791
12位 セールスエンジニア 745
13位 セキュリティコンサルタント 731
14位 弁理士 725
15位 プロジェクトマネージャー・リーダー 724
16位 コンサルタント(営業・マーケ) 723
17位 金融営業(代理店) 720
18位 内勤営業・カウンターセールス 716
19位 税理士 700
20位 研究(基礎・シーズ探索・スクリーニング) 688
21位 情報アーキテクト・UI/UXデザイナー 676
22位 記者・ライター 673
23位 プリセールス・セールスエンジニア 659
24位 アナウンサー・モデル・俳優 653
25位 コンサルタント(生産・物流) 650
25位 コピーライター 650
27位 土木設計 643
28位 コンサルタント(組織・人事) 631
29位 特許技術・調査 629
30位 コンサルタント(業務プロセス) 626
31位 品質管理(ソフトウェア・ネットワーク) 625
32位 ITアーキテクト 623
33位 金融営業(法人) 618
33位 インターネットサービス企画 618
35位 営業・企画営業(法人向け) 617
36位 応用研究(電気・電子・機械・半導体・材料系) 612
37位 不動産事業企画 611
38位 エステ・理美容・リラクゼーション関連 610
39位 空調設備設計 609
40位 解析 608
41位 セールスエンジニア・FAE 606
42位 販促企画・営業企画 604
42位 パッケージ導入コンサルタント 604
44位 ネットワーク設計・構築 603
45位 店舗開発・FC開発 602
46位 建築施工管理・工事管理者 601
47位 特許技術者 600
47位 高周波回路設計 600
49位 タクシードライバー 599
50位 制御設計 598

出典:マイナビ「職種別 モデル年収平均ランキング」

 

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

男性が稼げる仕事に簡単に就職する方法

男性が稼げる仕事に簡単に就職する方法は、「転職エージェントを利用する」です。

転職エージェントはこれまで何百人以上の就職をサポートしており、男性が稼げる仕事についても熟知しています。

そのため、転職エージェントを使うことで、男性が稼げる仕事を簡単に知り選考対策のサポートを受けることで効率的に就職できます。

数ある転職エージェントの中でもおすすめのものを紹介するので、登録してサポートをもらいましょう!
おすすめの転職エージェント

「リクルートエージェント」21万件以上の非公開求人を持っており、転職成功実績No.1のためとてもおすすめです!

あなたに寄り添って企業の紹介から年収・条件の交渉までプロがサポートしてくれますよ。

また、ITエンジニア転職希望の人は、ITエンジニア専門転職エージェントの「レバテックキャリア」を利用してみると良いですよ。

就活アドバイザー 京香

 

「リクルートエージェント」ではあなたの希望に沿った企業の紹介から採用まで、プロがフルサポートしてくれます。

また、自分から言い出しにくい年収、条件、入社日などについても、アドバイザーが交渉してくれます。

評判もとても良い転職エージェントなので、まずは転職の相談をしてみましょう!

>> 転職相談してみる
(リクルートエージェント)

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【どこに就職する?】男性が稼げる業界7選

就活生くん

男性が稼げる仕事が分かりました。

男性が稼げる業界を詳しく教えてほしいです。

それでは、男性が稼げる業界を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

男性が稼げる業界
  • 業界①:電気・ガス・熱供給・水道業
  • 業界②:金融業・保険業
  • 業界③:情報通信業
  • 業界④:学術研究、専門・技術サービス業、教育、学習支援業
  • 業界⑤:製造業
  • 業界⑥:医療・福祉
  • 業界⑦:建設業

業界①:電気・ガス・熱供給・水道業

男性が稼げる業界1つ目は「電気・ガス・熱供給・水道業」です。

電気・ガス・熱供給・水道業をまとめて、インフラと呼ばれています。

インフラとは「infrastructure(インフラストラクチャー)」の略語で、「下部構造、基盤」を意味しています。

インフラは、私たちが暮らすうえで必要不可欠なサービスを提供しているため、売り上げが安定しており、給与に還元されることが多いです。

さらに、倒産することもほとんどないため、高い給与をもらいつつ安定した企業で働くことが可能です。

インフラ業界に興味がある人は、こちらの記事も参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

業界②:金融業・保険業

男性が稼げる業界2つ目は「金融業・保険業」です。

金融とは、資金に余裕がある人から必要な人に対してお金を融通する仕組みです。

参照:全国銀行協会 金融の役割とは?

そして、私たちの金融インフラを支えている業界が銀行です。

金融業・保険業は競争優位性が高い仕事です。

金融庁等、認可が必要であり、新規参入では成功しづらい業界です。

そのため、給与が高い業界となっています。

金融業・保険業に興味がある方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

業界③:情報通信業

男性が稼げる業界3つ目は「情報通信業」です。

情報通信業には、以下の職業があります。

  • エンジニア
  • プログラマー
  • データサイエンティスト
  • Webデザイナー
  • Webマーケター など

DX・AI・IoT関連の発達により、情報通信業の需要が高まっています。

さらに、5Gや通信インフラなどのネットワークも情報通信業が担っています。

将来、技術の発展が期待度も高いことから、業界として優位性も高いです。

情報通信業は、1人当たりの労働生産性が一番高い業界となっています。

参照:総務省統計局 経済センサスと経営指標を用いた産業間比較

業界の将来性需要の高さ労働生産性の高さから、情報通信業は給与が高い業界と言えます。

 

業界④:学術研究、専門・技術サービス業、教育、学習支援業

男性が稼げる業界4つ目は「学術研究、専門・技術サービス業、教育、学習支援業」です。

この業界は、どの仕事も専門知識が必要になります。

世の中を良くする新しい研究やサービス、良い人材を育てる教育などが主な仕事になります。

専門知識を持っているため、給与が高くなります。

しかし、最初から給与が高いわけではなく、経験を積むことで高くなるので辛抱強く働くことが大切です。

 

業界⑤:製造業

男性が稼げる業界5つ目は「製造業」です。

製造業では、製造だけでなく商品企画や生産管理、営業・販売も行います。

製造業は、待遇・福利厚生が充実していることが多いです。

各種手当の支給や家賃補助などを受け取ることができます。

それらの理由から、額面以上に自由に使えるお金が多いと考えられます。

また、未経験でも働きやすいので、挑戦してみたい方にはおすすめです。

 

業界⑥:医療・福祉

男性が稼げる業界6つ目は「医療・福祉」です。

医療・福祉業界では、医療機関や福祉施設、介護施設に勤務し、乳幼児から高齢者までの患者や要介護者などの生活補助を行います。

仕事内容によっては、資格や専門知識を持った専任者でないと対応できないこともあります。

資格を所有していなければならないことから、手当などで給与が高くなることが見込まれます。

 

業界⑦:建設業

男性が稼げる業界7つ目は「建設業」です。

建設業では、構造物の計画設計から工事現場の施工管理、完了後の維持管理を行います。

施工管理とは、作業員や資材の手配、工程作り、現場及び現場周辺の安全環境など、工事全体を管轄する仕事です。

近年では、給与面での待遇もよく技術を身につけて長く働けることから未経験でも目指す人が増えています。

給与を高くするためには、経験やスキルが必要なため、長く働き続けることが大切です。

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

稼げる仕事に就くための方法3選

就活生くん

男が稼げる業界が分かりました。

男が稼げる仕事に就くための方法を知りたいです。

それでは、男が稼げる仕事に就く方法を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

男性が稼げる仕事に就く方法
  • 方法①:業務に必要な資格をとる
  • 方法②:即戦力となるスキル・能力を身につける
  • 方法③:新卒で給与の良い会社に就職する

 

方法①:業務に必要な資格をとる

男性が稼げる仕事に就く方法1つ目は「業務に必要な資格をとる」です。

給与が高い仕事では、資格が必要な場合があります。

資格を取得することで、それらの職業に就くことが可能になります。

しかし、資格によっては取得まで時間がかかることがあります

たとえば「金融業、保険業」で重宝される公認会計士は、合格率が10%前後の難関資格です。

計画的・効率的に勉強しなければ、取得は難しいでしょう。

また試験合格とは別に、実務経験を積まないと資格が交付されない点も気を付けてください。

そのほかにも、医師や弁護士、技術系の専門職では、特定の学科を卒業していないと試験の受験資格が得られないケースがあります。

学生のうちから中長期的に計画を立てないと目指せない業界・職業もあるので、注意しましょう。

 

方法②:即戦力となるスキル・能力を身につける

男性が稼げる仕事に就く方法2つ目は「即戦力となるスキル・能力を身につける」です。

現在の仕事では満足していない場合、転職するという考えも出てくるでしょう。

その際、会社は即戦力となる人材を採用するでしょう。

理由として、研修などを行う新卒とは違い、社会人として過ごした期間の成長を見ているからです。

さらに、高い給与を払うことを考えるとスキルや能力がないと転職することは難しいでしょう。

以上のことから、即戦力となるスキル・能力を身に着けるべきと言えます。

 

方法③:新卒で給与の良い会社に就職する

男性が稼げる仕事に就く方法3つ目は「新卒で給与の良い会社に就職する」です。

この方法は、新卒就活を行っている人のみ行える方法です。

厚生労働省によると、新卒の給与額(通勤手当を含む)は大学卒で22万6000円、大学院卒で25万5600円となっています。

参照:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査の概況」

この金額より初任給が高い企業に就職することで、周囲より多い給与を得ることができます。

企業のホームページには募集要項があり、初任給が書いてある場合が多いです。

さらに、福利厚生が豊富な企業では、額面以上の待遇を得ることもあります。

以上の理由から、新卒で給与の良い会社に就職することが、稼げる仕事に就く方法の1つと言えるでしょう。

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

稼げる仕事に関するよくある質問

就活生くん

男性が稼げる仕事に就く方法についてわかりました。

その他、男性が稼げる仕事について、何か知っておくべきことはありますか?

それでは、男性が稼げる仕事についてよくある質問を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

よくある質問
  • 質問①:稼げる職種は何がある?
  • 質問②:ホワイトな仕事ランキングは何?
  • 質問③:20代で稼げる仕事はある?

 

質問①:稼げる職種は何がある?

よくある質問1つ目は「稼げる職種は何がある?」です。

稼げる職種を以下にまとめます。

稼げる職種
  • 仕事①:ITエンジニア
  • 仕事②:ITコンサルタント
  • 仕事③:社内SE
  • 仕事④:研究開発
  • 仕事⑤:内部監査
  • 仕事⑥:MR(医薬情報担当者)
  • 仕事⑦:医師
  • 仕事⑧:パイロット
  • 仕事⑨:弁護士
  • 仕事⑩:公認会計士
  • 仕事⑪:一級建築士
  • 仕事⑫:電車運転士
  • 仕事⑬:薬剤師

 

質問②:ホワイトな仕事ランキングは何?

よくある質問2つ目は「ホワイトな仕事ランキングは何?」です。

ホワイト企業ランキングベスト20を下記に示します。

ホワイト企業ランキング
  • 1位:東日本電信電話株式会社
  • 2位:サントリーホールディングス株式会社
  • 3位:株式会社常陽銀行
  • 4位:株式会社丸井グループ
  • 5位:田辺三菱製薬株式会社
  • 6位:コニカミノルタ株式会社
  • 7位:株式会社朝日新聞社
  • 8位:社会福祉法人正和会
  • 9位:リコーリース株式会社
  • 10位:イオン株式会社
  • 11位:株式会社山陰合同銀行
  • 12位:住友ファーマ株式会社
  • 13位:セイコーエプソン株式会社
  • 14位:株式会社ニコン
  • 15位:株式会社横浜銀行
  • 16位:株式会社岩手銀行
  • 17位:株式会社第四銀行
  • 18位:株式会社東邦銀行
  • 19位:アフラック生命保険株式会社
  • 20位:株式会社クレスコ

21位以下の企業も以下の記事にまとめてあります。

さらに、文系/理系別のホワイト業界ランキングがまとめられた記事もあります。

ぜひ、参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

質問③:20代で稼げる仕事はある?

よくある質問3つ目は「20代で稼げる仕事はある?」です。

結論、20代で稼げる仕事はあります。

以下に20代で稼げる仕事をまとめます。

20代で稼げる仕事
  • 職業①:商社マン
  • 職業②:パイロット
  • 職業③:外資系企業のコンサルタント
  • 職業④:エンジニア
  • 職業⑤:経営者
  • 職業⑥:大企業の正社員
  • 職業⑦:営業職
  • 職業⑧:医療系専門職
  • 職業⑨:技能工

他にも20代で稼げる職業を以下にまとめています。

ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

まとめ:一覧から自分に合った稼げる仕事を見つけよう

今回は、男性が稼げる仕事ついて紹介しました。

合わせて、「男性が稼げる業界は何?」や、「男性が稼げる仕事に就く方法は?」についても詳しく解説しました。

ぜひ参考にしてみてください。

この記事のまとめ

◆【基準は?】男性にとって稼げる仕事とは

◆【福利厚生】給与・待遇が良い仕事の特徴3選

  • 特徴①:利益率が高い仕事
  • 特徴②:専門性が高い職種
  • 特徴③:インフラ(ガス・水道・電気など)

◆【給与が神!?】男性が稼げる仕事13選

  • 仕事①:ITエンジニア(平均年収:493万円)
  • 仕事②:ITコンサルタント(平均年収:625万円)
  • 仕事③:社内SE(平均年収:499万円)
  • 仕事④:研究開発(平均年収:530万円)
  • 仕事⑤:内部監査(平均年収:620万円)
  • 仕事⑥:MR(医薬情報担当者)(平均年収:497万円)
  • 仕事⑦:医師(平均年収:1378万円)
  • 仕事⑧:パイロット(平均年収:1072万円)
  • 仕事⑨:弁護士(平均年収:945万円)
  • 仕事⑩:公認会計士(平均年収:992万円)
  • 仕事⑪:一級建築士(平均年収:653万円)
  • 仕事⑫:電車運転士(平均年収:653万円)
  • 仕事⑬:薬剤師(平均年収:493万円)

◆【どこに就職する?】男性が稼げる業界7選

  • 業界①:電気・ガス・熱供給・水道業
  • 業界②:金融業・保険業
  • 業界③:情報通信業
  • 業界④:学術研究、専門・技術サービス業、教育、学習支援業
  • 業界⑤:製造業
  • 業界⑥:医療・福祉
  • 業界⑦:建設業

◆稼げる仕事に就くための方法3選

  • 方法①:業務に必要な資格をとる
  • 方法②:即戦力となるスキル・能力を身につける
  • 方法③:新卒で給与の良い会社に就職する

◆稼げる仕事に関するよくある質問

  • 質問①:稼げる職種は何がある?
  • 質問②:ホワイトな仕事ランキングは何?
  • 質問③:20代で稼げる仕事はある?

◆まとめ:一覧から自分に合った稼げる仕事を見つけよう