【例文あり】自己PR「調整力」の魅力的な伝え方 | 言い換え一覧,長所/強みに使えるエピソードも

本ページはプロモーションを含みます

【企業ウケが良い】自己PR「調整力」例文,伝え方 | 言い換え一覧や意味,注意点も

この記事で分かること
\ 就活生2人に1人が利用! / 人気No.1の性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

 

はじめに

この記事では、自己PRで「調整力」を魅力的に伝える方法について解説していきます。

合わせて、「調整力」の自己PR例文の他、「調整力」のエピソードを伝えるコツや注意点などについても解説しています。

ちなみに、「自分に合った業界が知りたい」「自分の強みがわからない…」という方は、100万人のデータからあなたの強みや性格を分析する適性診断AnalyzeU+などで自己分析を終わらせましょう。

この記事を読めば「調整力をどのようなエピソードでアピールすればいいの?表現方法はどうする?」といった疑問を解決できます。

「調整力を効果的にアピールする方法を知って、面接で高評価を得たいという方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

「自分の強みを知って上手く自己PRを書きたい!」という就活生は、適性診断AnalyzeU+で性格診断をし、「就活の軸」「強み」などを知るのがおすすめです。

ちなみに適性診断AnalyzeU+以外にも、5つの質問で就活の軸を診断できる「キャリアチケットスカウト診断」、性格テスト90問で長所や適職を診断できる「Lognavi適性診断」、あなたの適職を16タイプで診断できる「LINE適職診断もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】無料診断で自分の短所を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 就活生2人に1人が利用! / あなたの強みを徹底診断
適性診断AnalyzeU+

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

「結局どのサービスを使えば良いかわからない…」という就活生は、人気No.1の【就活生】適性診断AnalyzeU+であなたの強みを正確に診断するのがおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

目次

自己PRでアピールできる強みが見つからない…という時は?
 

「自己PRで言える強みが見つからない…」「自分の強みを知りたい」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの強みを見つけるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

「自分の強みがわからない…」という方こそ、強みを見つけてくれ、企業からのスカウトにつながる適性診断AnalyzeU+を受けてみてくださいね。

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

そもそも自己PRで使える「調整力」とは?

就活生くん

僕にもありそうな気はするけど、自己PRとして調整力を使えるのかな?

そもそも調整力って何?というところから知りたいです。

就活生ちゃん

私は、面接に向けて調整力で自己PRを作ろうと思っています。

自己PRで調整力をアピールする時に、どんな表現キーワードを使うが一番効果的なのか悩んでいます。

確かに、調整力が何か説明するのって難しいですよね。

ここでは、調整力の意味自己PRで使えるのかどうかについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部

 

調整力の意味

調整力とは、チームで一つの方向に向かうために人間関係や意見をまとめる力のことを指します。

チームで行動していれば、必ず意見の対立や計画のズレ、人間関係の悪化など様々な問題が発生します。

そんな時、対立意見の橋渡しを行い、お互いの妥協点を見つける必要があります。

このように、目的達成のためのコミュケーション能力として、調整力が必要となってくるのです。

自己PRで使える「調整力」の意味
  1. 対立した意見の妥協点を探して、一つの意見にまとめる力
  2. メンバーをまとめ、チームを一つの方向へ向かわせる力
  3. 意見の橋渡しをして、チームで共通理解を作る力

調整力は、難しい言葉ですが要するに「チームのまとめ役」ですね。

「就活の教科書」編集部

 

調整力は自己PRとしてアピールできるのか

結論から言うと、「調整力」を自己PRの時に長所として伝えても大丈夫です。

その理由は、後ほど詳しく説明しますが、主に以下の理由があります。

①チームで動く職場が多いから
②問題解決能力があるから
③リーダーシップがあるから

ただし自己PRで長所として調整力をアピールする場合は、具体的な表現に言い換えて相手に伝えるほうが効果的です。

自分が頭の中で描いている「調整力」とはどのような力か、しっかりと具体的に言語化して整理するようにしておきましょう。

 

「就活で使える自分の強みと弱みを教えて欲しい!」という方は適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの長所と短所を詳しく診断してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手、優良企業から特別スカウトも来ます。

「強み・短所がわからない…」と不安な就活生は、就活生人気No.1の適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強みと弱みを診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

また、「自己PRで使える自分の強みがわからない…」「自分の長所・短所って何?」という就活生には、自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)がおすすめです。

この記事では、自分に合った自己分析ツールや診断後の活かし方まで知ることができます。

就活アドバイザー 京香


「調整力」の自己PR例文/エピソード5選

次に、自己PRで調整力をアピールできる例文を5つ紹介していきます。

ここでは、「意見の調整」「計画の調整」など違うパターンの調整力をアピールする例文を紹介しています。

自分の経験に近い例文を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

「調整力」の自己PR例文/エピソード
  • 例文①:部活動編(中立の立場で対立する意見を調整する)
  • 例文②:アルバイト編(柔軟性を持って目標達成のために計画を調整する)
  • 例文③:サークル編(目標に向けてチームを率いて行動する)
  • 例文④:留学編(対立する立場を納得させより満足度を向上させる)
  • 例文⑤:グループワーク編(チームのまとめ役、仲介役としてコミュニケーション能力を発揮する)

それでは、それぞれ例文を紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部

 

 

例文①:部活動編(中立の立場で対立する意見を調整する)

私の強みは、調整力があるところです。

特に、同じチーム内で意見や考えが対立したときにそれぞれの間に立ち、それぞれ考えを把握し、妥協点を見つけることで一つの結論に調整することができます。

私は、大学時代、野球部に所属していました。

そこで、部長と副部長の練習メニューについての意見が食い違い、限られた時間内で練習が効率的にできない状態に陥ってしまいました。

私は、この二人がうまく意見交換をできていないのは、客観的に話を仲介する人がいないことに原因があると考えました。

そこで、私はその二人の間に立ち、まずはお互いの意見を聞き、整理し、共通点を見つけることで一つの練習メニューに落とし込むことができました。

その結果、お互いの意見を反映しつつ効率的な練習メニューを作ることができ、大会ではじめて3位に入賞することができました。

この強みを生かして、貴社に入社した後もチーム内で意見の対立が起きても意見を調整する場を設けることで、チームの生産性を高めることに貢献したいと考えています。

この例文は、就活の教科書が内定者から譲り受けたもので、その他の例文は、公式LINEからGETできる「選考通過ES」で無料公開しています。

また、面接対策をしたい方は、内定者の面接の回答が無料で見放題「面接回答集100選(公式LINEで無料配布中)」もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

\ すでに180,000人以上が利用! / 内定者のESを見てみる
(選考通過ES)

内定者の面接回答を見る
(面接回答集100選)

*就活の教科書公式LINEで無料配布中! 

 

ここでは、2つの対立した意見の調整をした例文を紹介しました。

中立の立場を保ちつつ、1つの結論まで導くことができる力をアピールすることを意識しました。

「就活の教科書」編集部

 

例文②:アルバイト編(柔軟性を持って目標達成のために計画を調整する)

私の強みは、目標達成のために必要に応じて計画を調整し、立て直すことができる所です。

この強みは塾講師をしていた時に発揮しました。

私は部活動で忙しい生徒の部活動の日程に合わせて学習計画を調整する役割を担っていました。

例えば、部活動が忙しい時に溜まっていた課題を時間に余裕ができた時に消化できるように、学習計画について生徒と話し合う場を定期的に設けることで学習ペースを保つようにしていました。

この結果、生徒の学習効率を保つことができ、その生徒は志望校に合格することができました。

貴社に入社した後でも、プロジェクトの進行管理をするときにこの強みは役に立つと思います。

この例文は、就活の教科書が内定者から譲り受けたもので、その他の例文は、公式LINEからGETできる「選考通過ES」で無料公開しています。

また、面接対策をしたい方は、内定者の面接の回答が無料で見放題「面接回答集100選(公式LINEで無料配布中)」もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

\ すでに180,000人以上が利用! / 内定者のESを見てみる
(選考通過ES)

内定者の面接回答を見る
(面接回答集100選)

*就活の教科書公式LINEで無料配布中! 

 

この例文では、状況に合わせて、柔軟に計画を調整していたことがよくわかりますね。

また、「自己PRがうまく書けない…」という就活生には、適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+では、診断結果からワンポイントアドバイスを貰えるため、自己PRの参考にできます。

さらに就活生の2人に1人が利用しているサービスなので、まずは一度試してみてください。

「就活の教科書」編集部

 

例文③:サークル編(目標に向けてチームを率いて行動する)

‌私は目標達成のためにチームをまとめる調整力があります。

‌私はサークルにおいて新メンバーの加入に注力しました。

昨年度は20名加入という目標を設定し、結果29名が加入しました。

目標設定をしたのが1月で、新歓が本格化する4月に向けて、私は以下3つの施策を提案しました。

①合格発表時のビラ配り、②SNSでの声掛け、③サークル紹介動画の作成です。

これらを実行するために、私はサークルをチーム分けして、それぞれの責任者を決めることで、メンバーのエンゲージメントを高めました。

結果、3つの施策を円滑に実施できたと同時に、目標数値を達成しました。

入社後も目標達成のためにチームの指揮を執る調整力を発揮する所存です。

この例文は、就活の教科書が内定者から譲り受けたもので、その他の例文は、公式LINEからGETできる「選考通過ES」で無料公開しています。

また、面接対策をしたい方は、内定者の面接の回答が無料で見放題「面接回答集100選(公式LINEで無料配布中)」もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

\ すでに180,000人以上が利用! / 内定者のESを見てみる
(選考通過ES)

内定者の面接回答を見る
(面接回答集100選)

*就活の教科書公式LINEで無料配布中! 

 

調整力の内容が具体的に説明されているので、会社で自分がどう役立つのか伝わりやすいですね。

「就活の教科書」編集部

 

例文④:留学編(対立する立場を納得させより満足度を向上させる)

留学先での日本語講師の経験である。

高校時代から、「教育」に関する活動に携わってきた集大成として、私は学部生の日本語の授業を週15時間担当している。

当初、学生は受け身の授業スタイルに不満を抱いていた。聞き取り調査から、学生が双方向の授業を望んでいる点が判明した。

一方で、日本語プログラムを統括する教授は知識・理解を重視していたため、講義形式の授業を勧めた。

そこで、意欲のある学生と共に、教授へ交渉した結果、全50分の授業のうち、10分程度の発表や班活動の導入が決定された。

導入後、学生は主体性を持ち、積極的に発表しはじめた。

また、授業を参観した教授が双方向の授業の重要性を再認識し、発表や班活動の時間が25分まで拡大した。

学期末の授業評価アンケートでは、約8割の学生から最高評価を得た。加えて、学生から感謝の手紙をもらった。本経験を通し、自身の「調整力」や「実行力」が向上した。

引用:Unistyle_選考通過者ES

 

学生と教授の間に立って、相違する意見の中妥協点を見つけたエピソードです。

最終的に双方が満足する授業スタイルへ調整できたことが分かると思います。

「就活の教科書」編集部

 

例文⑤:グループワーク編(チームのまとめ役、仲介役としてコミュニケーション能力を発揮する)

私は演劇部と多くのインターシップ、授業でのグループワークで発揮されたコミュニケーション能力があります。

演劇部では50名を超える部員の部長として演出と役者の認識のズレを無くすために話し合った内容を逐一まとめて話したり、人数が多いためよくあった部員同士の摩擦を解決するための相談役、仲介役を行なったりと部活を楽しんでもらえるように部員同士で信頼関係を築けるように務めてきました。

授業でのグループワークでは与えられた課題に対してまとめ役としてメンバーに役割を振ってより良い課題解決を提案出来るようにしてきました。

インターンシップではグループワークが行われたら率先してリーダーとなり、初対面の人同士でも全員で出来るように役割分担や話せてない人にも意見を促して積極的に取り組みました。

この能力は社会に出た時にスタッフ同士での報連相を始めとした欠かせないコミュニケーションの部分にしっかりと貢献していると思います。

この例文は、就活の教科書が内定者から譲り受けたもので、その他の例文は、公式LINEからGETできる「選考通過ES」で無料公開しています。

また、面接対策をしたい方は、内定者の面接の回答が無料で見放題「面接回答集100選(公式LINEで無料配布中)」もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

\ すでに180,000人以上が利用! / 内定者のESを見てみる
(選考通過ES)

内定者の面接回答を見る
(面接回答集100選)

*就活の教科書公式LINEで無料配布中! 

 

様々なチームで取り組む場面で、リーダーシップを発揮し、メンバー同士の意見や感情を調整してきた様子がわかりますね。

また、チームを率いるだけではなく、仲介役やチーム内の雰囲気に気を遣ったりなど、社会人として必要なコミュニケーション能力をアピールすることができています。

「就活の教科書」編集部

 

就活生くん

調整力をアピールする例文を見たけど、いきなりは書けないなぁ。

少しづつ段階を踏みながら自己PRの準備をしたいです。

自己PRを書く際は、下のテンプレートを使うと簡単ですよ!

「就活の教科書」編集部

調整力を自己PRで伝えるテンプレート
  • ①結論:私の強みは~です。具体的に言うと~です。
  • ②状況:例えばこんなことがありました。
  • ③原因:~が原因だと考え
  • ④行動:~な行動をしました。
  • ⑤結果:その結果、~になりました。
  • ⑥結論:この強みを生かして、貴社で~のように貢献したいを思います。

自己PRを魅力的に見せるためのコツや書き方の例を押さえれば、驚くほどスラスラ書けるようになりますよ。

以下に自己PRに関連した記事を載せておくので、ぜひ、参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部

 

自己PRでアピールできる強みが見つからない…という時は?
 

「自己PRで言える強みが見つからない…」「自分の強みを知りたい」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの強みを見つけるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

「自分の強みがわからない…」という方こそ、強みを見つけてくれ、企業からのスカウトにつながる適性診断AnalyzeU+を受けてみてくださいね。

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

「調整力」の言い換え一覧

ここでは自己PRで調整力をアピールする時に使えるキーワードを紹介しますね。

調整力の意味は抽象的なので、分かりやすい簡単な単語に言い換えましょう。

「就活の教科書」編集部

「調整力」の言い換え
  • 仲裁役、仲立ち役
  • 対人関係力
  • マネジメント力
  • チーム力
  • 目標達成力
  • 意見のまとめ役
  • 双方意見の橋渡し役
  • リーダーシップ
  • 課題解決能力
  • 合意形成ができる
  • 傾聴力がある
  • 周囲を巻き込むことができる
  • 協調性がある
  • 交渉能力がある

調整力といっても色々なパターンがありますね。

あなたの経験と照らし合せて使えそうな言葉を探して自己PRを作っていきましょう。

「就活の教科書」編集部

 

「自分の強みを言い換えたり、キーワードを使って他の就活生と差別化したい!」という方はキャリアチケットスカウト診断性格適性診断LINE適職診断の同時利用がおすすめです。

「キャリアチケットスカウト診断」を使うことで、5つの質問に答えるだけで、あなたの強みや価値観を言語化。

「性格適性診断」「LINE適職診断」を使うことで、あなたの長所や性格が見える化でき、あなたの適職を16タイプで診断します。

利用すると、あなたの長所が文章でわかるので、面接官に評価される言い換え表現が簡単に見つかりますよ。

就活アドバイザー 京香

自己PRの言い換え表現/キーワードが見つかるおすすめ性格診断

\ 無料性格診断であなたの強みを知ろう /

 

                                                   

自己PR・強みに関する記事一覧

「自己PR/強みなんて自分にはない」という就活生は 自己PR/強み一覧 からあなたの強みを選んでみましょう。

また、コミュニケーション能力」 「主体性」 「協調力」 「チャレンジ精神」 「傾聴力 は、実際に企業が採用の際に重要視しているスキルなので、ここから選んでみるのもおすすめです。

以下の記事では、例文や書き方のポイントも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「就活で使える自分の強みと弱みを教えて欲しい!」という方は適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの長所と短所を詳しく診断してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手、優良企業から特別スカウトも来ます。

「強み・短所がわからない…」と不安な就活生は、就活生人気No.1の適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強みと弱みを診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

また、「自己PRで使える自分の強みがわからない…」「自分の長所・短所って何?」という就活生には、自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)がおすすめです。

この記事では、自分に合った自己分析ツールや診断後の活かし方まで知ることができます。

就活アドバイザー 京香


「調整力」が自己PRで強み/長所となる理由

就活生くん

調整力って実際に就活で話して有利になりますか?

調整力は、実際に仕事をする上で役に立つので、調整力がある人材を求めている企業は多いです。

調整力が求められる理由を3つ説明しますね!

「就活の教科書」編集部

「調整力」が自己PRで強み/長所となる理由
  • 理由①:チームで動く職場が多いから
  • 理由②:問題解決能力があるから
  • 理由③:リーダーシップがあるから

 

理由①:チームで動く職場が多いから

調整力が強み/長所として評価される1つ目の理由は、仕事ではチームで働くことが多いからです。

例えば、クライアントとの意見の調整、社内での意見の調整、プロジェクトの進行などで調整力が求められます。

このように、調整力は企業から重宝され、高い評価を得ることが出来るので積極的に調整力を自己PRで使うべきです。

 

理由②:問題解決能力があるから

調整力が強み/長所として評価される2つ目の理由は、調整力がある人は、問題解決能力も持ち備えているからです。

チーム内で意見の対立が起こったり、何かしらのトラブルが起きた際に、調整力のある人は、円満な解決に持っていくことができます。

確かに、強引に一つの意見にまとめても、後々不満が出てきますよね。

その点、調整力のある人は、全員に納得してもらえるよう働きかけることができます。

「就活の教科書」編集部

 

例文③:リーダーシップがあるから

調整力が強み/長所として評価される3つ目の理由は、調整力はリーダーシップやマネジメント力にも繋がっているからです。

チーム内の異なる意見をまとめ、仕事を進めることができる人は、リーダーシップやマネジメントスキルに長けていると言えます。

よって、調整力の中でもそのようなチームをまとめて率いる力をアピールしたい人は、「リーダーシップ」「マネジメント力」と言い換えして自己PRをしても良いでしょう。

このように調整力は、実際に仕事で役に立つ能力なので面接の自己PRでの評価が良いです。

積極的に使っていきましょう。

「就活の教科書」編集部

 

自己PRでアピールできる強みが見つからない…という時は?
 

「自己PRで言える強みが見つからない…」「自分の強みを知りたい」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの強みを見つけるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

「自分の強みがわからない…」という方こそ、強みを見つけてくれ、企業からのスカウトにつながる適性診断AnalyzeU+を受けてみてくださいね。

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

【落ちない】ES/面接で受かるためのコツ3選

就活生ちゃん

私はエントリーシートや面接が苦手です…
選考に通過しやすくなるコツがあれば教えてください。

エントリーシートや面接では何をどのように伝えれば良いか難しいですよね。
エントリーシートや面接で落ちないためのコツを以下で紹介するのでぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

ES/面接で受かるためのコツ
  • コツ①:選考通過ESを参考にする
  • コツ②:他の就活生と差別化する
  • コツ③:PREP法を意識する

コツ①:内定者のESを参考にする

ES/面接で受かるためのコツ1つ目は、「内定者のESを参考にする」です。

内定者のESを見ることで、どのような内容や経験をアピールすればいいのかが分かるようになります。

そこで選考通過ESがおすすめです。

選考通過ESのおすすめポイント
  • 選考通過ES」なら有名企業や大手企業内定者のESが無料で見放題
  •  内定者のガクチカ、自己PR、志望動機を参考にすることでESや面接での伝え方が分かる
  • 選考通過ESを見れば、ES通過のための対策法が分かり、ESで落ちなくなる
\ すでに164,973人以上が利用中 /
 無料で選考通過ESを見てみる
*公式LINEに参加後、30秒で無料受取できます

「面接に絶対受かりたい」「ESをどのように書けばいいか分からない」という就活生には、選考通過ESを参考にするのがおすすめです。
あなたが志望する企業の内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことで、ES/面接通過率が上がるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

 

コツ②:他の就活生と差別化をする

ES/面接で受かるたのコツ2つ目は、「他の就活生と差別化する」です。

人事の方は1日に何人もの就活生を評価しています。

そのため、他の就活生と差別化しなければ、落ちてしまいます。

就活生ちゃん

でも、どのように差別化すればいいのでしょうか?

差別化するためには、具体性が大切です。

就活アドバイザー 京香

ガクチカや自己PR、志望動機の内容が似てしまうことは仕方のないことですが、同じ経験であっても、「どうしてその活動をしようと思ったのか」「その経験からどのようなことを学んだのか」「なぜそのような考えに至ったのか」という内容は他の就活生と全く同じにはならないと思います。

その部分を具体的に書いたり、伝えたりすることで、他の就活生と差別化でき、あなたの人となりや大切にしている価値観を人事の方に理解してもらえます

 

コツ③:PREP法を意識する

ES/面接で受かるためコツ3つ目は、「PREP法を意識する」です。

人事は、「相手にわかりやすく伝えようとしているか」を見ています。

わかりやすく書くためにはPREP法がおすすめです。

PREP法とは、結論・理由・具体例・結論の順番に伝える方法で、わかりやすく簡潔に伝えられます。

ESや面接で伝える場合であれば以下のようになります。

PREP法
  • 結論:設問に対する回答
  • 理由:その結論に至った理由
  • 具体例:その結論が生まれた背景(過去の経験)

PREP法は、ガクチカ、自己PR、志望動機のいずれの場合でも使えます。
論理的に伝えられるので、人事から高く評価され、ESや面接で落ちにくくなりますよ。

就活アドバイザー 京香

 

「就活で使える自分の強みと弱みを教えて欲しい!」という方は適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの長所と短所を詳しく診断してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手、優良企業から特別スカウトも来ます。

「強み・短所がわからない…」と不安な就活生は、就活生人気No.1の適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強みと弱みを診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

また、「自己PRで使える自分の強みがわからない…」「自分の長所・短所って何?」という就活生には、自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)がおすすめです。

この記事では、自分に合った自己分析ツールや診断後の活かし方まで知ることができます。

就活アドバイザー 京香


「調整力」のエピソードを効果的に伝えるポイント3つ

就活生ちゃん

私は自己PRとして調整力を使いたいのですが、書き方が分からず書き始められません。

エントリーシートや面接の自己PRで調整力を上手く伝えるには、どのような順序で文を作ればいいのですか。

実は、自己PRで調整力を伝えるときに有効なポイントがあります。

ここでは、「調整力」のエピソードを効果的に伝えるポイント3つを紹介します。

「就活の教科書」編集部

「調整力」のエピソードを効果的に伝えるポイント3つ
  • ポイント①:どんな場面で誰を調整したのか状況を明確に説明する
  • ポイント②:具体的な行動と結果をエピソードで示す
  • ポイント③:これからの仕事でどう活かせるか説明する

それでは、それぞれ見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部

 

ポイント①:どんな場面で誰を調整したのか状況を明確に説明する

自己PRで調整力を伝えるポイント1つ目は、「どんな場面で誰を調整したのか状況を明確に説明する」です。

場面、目的を明確にしておくと、面接官の方も状況をイメージしやすくなり、あなたの調整力の高さが伝わりやすくなるからです。

自己PRで調整力を伝えるときは、何を目的として何が問題点でどんな状況でどんな人を調整したのかなど詳しく伝えましょう。

例えば、「グループの中で意見が対立した場面」なのか「スケジュールの調整をしようとした場面」なのかなどの表現方法があります。

調整力をアピールする時には、場面、目的を明確に示し、面接官の方に状況をイメージしてもらいましょう。

まずはあなたが、どんな場面に置かれていたのか説明すると、聞き手も状況をイメージしやすくなりますよ。

「就活の教科書」編集部

 

ポイント②:具体的な行動と結果をエピソードで示す

自己PRで調整力を伝えるポイント2つ目は「具体的な行動と結果をエピソードで示す」です。

なぜなら、具体的な具体的な言葉を使って、行動や成果を示すことで自己PRに信憑性が増し、説得力が増すからです。

例えば、サークル、部活、アルバイトなどで実際に何かを改善しようと自分で考えて行動したエピソードを使いましょう。

自己PRで調整力を伝える時は、具体的な行動や努力を伝えましょう。

実際に何かを改善しようと行動したエピソードについて具体的に説明することが大切です。

「就活の教科書」編集部

 

ポイント③:これからの仕事にどう活かせるか伝える

自己PRで調整力を伝えるポイント3つ目は、「これからの仕事にどう活かせるか伝える」です。

なぜなら、これからの仕事にどう活きるのか絡ませて話せば、その会社で活躍している姿を面接官の方に想像してもらいやすくなるからです。

また、入社への熱意を感じてもらいやすくなるというメリットもあります。

例えば、「私の調整力の強みは、御社の~の業務をするときに役立つと思うます」のように伝えると良いでしょう。

自己PRで調整力をアピールしたいときは、これからの仕事でどう活かすのかにつなげて伝えましょう。

就活生くん

入社後の活躍といっても、それぞれの業界のことが分からないため、調整力をどう活かせるのか分かりません。

入社後の活躍を伝えるためにはまずは、企業・業界研究が必要です。

業界研究をすれば、仕事内容が分かり、自分の強みのアピールの仕方が分かりますよ。

企業・業界研究についての記事がありますので、こちらの記事も参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部

また、自分の力だけでの業界研究に限界を感じた場合は、OB訪問をしましょう。

OB訪問をするとリアルの声が聞けるので業界のイメージが湧きやすくなりますよ。

以下にOB訪問についての記事を載せておきますのでぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

自己PRでアピールできる強みが見つからない…という時は?
 

「自己PRで言える強みが見つからない…」「自分の強みを知りたい」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの強みを見つけるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

「自分の強みがわからない…」という方こそ、強みを見つけてくれ、企業からのスカウトにつながる適性診断AnalyzeU+を受けてみてくださいね。

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

「調整力」を自己PRする際にやってはいけないこと

就活生ちゃん

調整力を自己PRでどのように伝えたらいいのかは分かりました。

自己PRの調整力をアピールする時にやってはいけない事や注意点があれば教えてほしいです。

調整力を自己PRで伝える時の注意点は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部

調整力を自己PRで伝える時の注意点
  • 注意点①:ネガティブなエピソードで悪印象は避けよう
  • 注意点②:自己主張が弱いと勘違いされないようにしよう
  • 注意点③:その場しのぎの印象を与えないようにしよう

それでは、それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部

 

「調整力」のNG例文

私の長所は調整力です。

私はサークルでイベントリーダーをした際、他団体の事情でイベントが失敗に終わってしまいました。

しかし、持ち前の調整力を活かして、他の目標に向けて切り替えることができました。

このNG例文を見た面接官は「失敗しないようにできることは無かったの?」と思ってしまうかもしれません。

このような自己PRにならないように、以下で説明する3つの注意点に気を付けましょう。

 

注意点①:ネガティブなエピソードで悪印象は避けよう

自己PRで調整力をアピールするときの注意点の1つ目は、「ネガティブなエピソードで悪印象は避けよう」です。

調整力をアピールしたはずのエピソードがもし、ネガティブなエピソードだと面接官に悪い印象を与えてしまうからです。

例えば、「結局プロジェクトには失敗した」「調整したつもりが、結局はその場しのぎだった」のようなエピソードは避けましょう。

うまくいったこと改善したことを自己PRの調整力でアピールすると良いです。

自己PRで調整力を伝えるときは、ネガティブなエピソードは避けるようにしましょう。

なるべく成功したり、うまくいったりしたポジティブなエピソードを自己PRの調整力では使いましょう。

「就活の教科書」編集部

 

注意点②:自己主張が弱いと勘違いされないようにしよう

自己PRで調整力をアピールするときの注意点の2つ目は、「自己主張が弱いと勘違いされないようにしよう」です。

調整力を発揮していたつもりでも、「この人は、周りに協調していただけで、自己主張が弱いのではないか?」思われたら印象は悪くなります。

意志が弱いと思われることを避けるために、受け身ではなく、自分から主体的に行動したということを意識して伝えましょう。

自己PRで調整力を伝える時には、主体性をアピールすることで自己主張が弱いと勘違いされないようにしましょう。

自己PRで調整力をアピールしたいときは、自分から主体的に働きかけた経験を書くようにしましょう。

「就活の教科書」編集部

 

注意点③:その場しのぎの印象を与えないようにしよう

自己PRで調整力をアピールするときの注意点の3つ目は、「その場しのぎの印象を与えないようにしよう」です。

その場しのぎをしただけでは、根本的な問題解決にならないからです。

その場しのぎのエピソードだと、面接官の方に「その場でいい顔をして何とかやり過ごしただけなのでは?」という印象を与えてしまいます。

例えば、問題を先送りにせず、何か自分から仕組みやルールを変えたり、作ったりした経験ならその場しのぎの印象は避けられます。

自己PRで調整力を伝えるときには、その場しのぎの印象を与えないように注意しましょう。

その場しのぎではなく、何かを変えたりなど根本的な問題解決をしたエピソードを使うと効果的です。

「就活の教科書」編集部

 

「就活で使える自分の強みと弱みを教えて欲しい!」という方は適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの長所と短所を詳しく診断してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手、優良企業から特別スカウトも来ます。

「強み・短所がわからない…」と不安な就活生は、就活生人気No.1の適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強みと弱みを診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

また、「自己PRで使える自分の強みがわからない…」「自分の長所・短所って何?」という就活生には、自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)がおすすめです。

この記事では、自分に合った自己分析ツールや診断後の活かし方まで知ることができます。

就活アドバイザー 京香


「調整力」以外におすすめの強み/長所一覧

就活生くん

自己PRの種類を増やすために、調整力以外で自己PRでアピールできる強みや長所を知りたいです。

それでは、調整力のある人におすすめの強み/長所を5つ紹介します。

自己PRの例文もそれぞれ載っているので、面接やESの参考にして下さいね!

「就活の教科書」編集部

 

 

自己PRでアピールできる強みが見つからない…という時は?
 

「自己PRで言える強みが見つからない…」「自分の強みを知りたい」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの強みを見つけるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

「自分の強みがわからない…」という方こそ、強みを見つけてくれ、企業からのスカウトにつながる適性診断AnalyzeU+を受けてみてくださいね。

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

まとめ:自己PRで調整力は具体的な言い換えとコツを使って伝えよう

この【例文あり】自己PR「調整力」魅力的な伝え方 | 言い換えキーワード一覧や意味,ポイントや注意点もの記事はいかがだったでしょうか?

この記事では、調整力を自己PRとして効果的に伝えるための例文や、伝え方のコツなどを解説していきました。

合わせて、自己PRで調整力をアピールするための言い換え表現注意点も紹介しました。

最後にこの記事のまとめをしておきます。

「就活の教科書」編集部

この記事のまとめ

◆「調整力」の自己PR例文/エピソード5選

  • 例文①:部活動編(中立の立場で対立する意見を調整する)
  • 例文②:アルバイト編(柔軟性を持って目標達成のために計画を調整する)
  • 例文③:サークル編(目標に向けてチームを率いて行動する)
  • 例文④:留学編(対立する立場を納得させより満足度を向上させる)
  • 例文⑤:グループワーク編(チームのまとめ役、仲介役としてコミュニケーション能力を発揮する)

◆自己PRでの「調整力」は具体的に言い換えよう

◆自己PRで「調整力」を伝えるコツ3つ

  • コツ①:どんな場面で誰を調整したのか状況を明確に説明する
  • コツ②:具体的な行動と結果をエピソードで示す
  • コツ③:これからの仕事にどう活かせるか伝える

◆自己PRで「調整力」を伝えるときの注意点3つ

  • 注意点①:ネガティブなエピソードで悪印象は避けよう
  • 注意点②:自己主張が弱いと勘違いされないようにしよう
  • 注意点③:その場しのぎの印象を与えないようにしよう

 

調整力という長所の特徴をしっかり押さえて自己PRを作ってみてください。

また、「就活の教科書」には他にも就活の役に立つ記事がたくさんあるのでぜひ、そちらも参考にしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「就活の教科書」編集部