面接対策

【内定者が教える】就活の面接練習方法7選!おさえたいポイントも

【内定者が語る】就活の面接練習の方法7選!おさえておきたいポイントも

【就活メディア「リア就」とは】
現役の内定者と就活生がリアルな就活情報を記事にしています。LINEで"本当の就活情報"を公開中!
⇒  リア就LINEの詳細はこちら

内定者ライター 南田
内定者ライター 南田
こんにちは。内定者ライターの南田です。今回は就職活動(就活)の面接の練習方法について書きます。
就活生ちゃん
就活生ちゃん
面接が重要だとわかってるけど、面接ってどうやって練習したらいいの?そもそも練習できるの?

 

就職活動において避けて通れないのが、「面接」です。

どんなにエントリーシート(ES)の内容が優秀で、SPIの得点が高くても、面接でうまくいかなければ意味がありません。

そこでこの記事では、「就活の面接の練習方法」を網羅的にまとめ、さらに練習のポイントについても書いています。

また、そもそもなぜ面接の練習をすべきなのかについても書きました。

就活の面接の練習方法がわからない!そんな方はぜひ読んでください。

なぜ就活で、面接の練習をすべきか

内定者ライター 南田
内定者ライター 南田
就活の面接練習の方法に移る前に、まずは面接練習の重要性について書いていきます。

面接練習が重要な理由は、面接練習をしないと、緊張して自分の良さをうまく伝えられなかったり、面接官の質問の意図と違うことを話してしまったりして、面接の選考がうまく進まないことが多いためです。

大学の先輩や友人からの「面接の練習をしなくても内定が出た!」という噂を耳にし、「自分もしなくていいや!」と思っていませんか?

面接の練習をしなくても人気企業から内定が出る人は、質問に対してその場で的確な答えを出すことのできる非常に優秀な学生なのでしょう。

しかし普通の学生は、実際の面接で緊張し、何を話してよいかわからなくなります。かくいう私もそうでした。

 

内定者ライター 南田
内定者ライター 南田
なんの準備もせずに受けた初めての面接では、緊張のあまり頭の中は真っ白。話もしどろもどろでした。

そんな私でもしっかり面接練習をしたおかげで、本番では緊張しすぎることなく志望企業から内定をいただけました。

本当に行きたい企業の面接を突破するためにも、練習はしっかりしておいた方が良いです。

 

それでは、就活の面接練習方法の紹介にうつります。練習の方法は、

大きく「個人」と「対人」の二つに分けています。

 

個人で就活の面接練習をするポイント

私の経験上では、個人で練習してから対人練習をした方がスムーズだったので、個人での面接練習から紹介します。

ポイントは3つあります。一つずつ紹介していきます。

  • ポイント1 面接で話す要点を書き出すこと
  • ポイント2 時間をはかること
  • ポイント3 面接中の自分の姿を録画・録音すること

 

練習のポイント①:面接で話す要点を書き出すこと

個人で就活の面接練習する上でのポイント1つ目は、「面接で話す要点を書き出すこと」です。

まずは「自己PR」や「志望動機」、「学生時代に力を入れたこと」などの重要質問で、話すつもりの要点を書き出してください。

なぜ要点のみを書き出すかというと、丸暗記してしまうことを防ぐためです。

丸暗記してしまうと、「暗唱をしている」という印象を面接官に与えかねません。

また、暗記したとおりに言おうとするため、余計なプレッシャーがかかります。

要点だけを書き出し、「自分の言葉で」「自然に」話す練習が大切です。

 

練習のポイント②:時間をはかること

個人で就活の面接練習する上でのポイントの2つ目は、「時間をはかること」です。

自己PRや志望動機を用いて、時間をはかってみてください。意外とだらだらと長く話している人が多いのではないでしょうか。

回答は簡潔な方が望ましく、一般的に1分程度が相手に伝わりやすいとされています。

 

また、実際の面接で、「1分程度で自己PRしてください。」ということもありました。

長すぎると要点がわかりづらくなり、面接官も「結局なにが言いたいんだ?」となってしまう可能性が高いです。

しかし質問の内容や、集団面接か個人面接かでも適切な時間は異なりますので、1分という数字はあくまでも目安です。

 

練習のポイント③:面接中の自分の姿を録画・録音する

個人で就活の面接練習する上でのポイントの3つ目は、「面接中の自分の姿を録画・録音すること」です。

スマートフォンなどの機能で十分ですので、面接している自分の姿や声を録画・録音しましょう。

自分を客観的にみることができるため、改善点が浮き彫りになります。

  • 姿勢(背筋が伸びているかなど)
  • 声の大きさ(聞き取りやすいかどうかなど)
  • 語尾(自信なさげではないかどうかなど)
  • 表情(自然な笑顔かどうかなど)
  • 視線(不自然に泳いでいないかなど)

以上のことを意識してチェックしてみてください。

もちろん見た目のみで合否が決まるわけではありませんが、短い面接の時間での第一印象は非常に重要です!

 

対人で就活の面接練習をする6つの方法

内定者ライター 南田
内定者ライター 南田
対人での面接練習の方法について書く前に、対人練習において気をつけてほしい点について書きます。

それは、練習相手からのアドバイスを鵜呑みにしすぎないようにするということです。

その理由は、アドバイスする側も人間ですので、100パーセント正しいことを言っているとは限らないためです。

あくまでも「そういう見方もあるんだな。」と参考にして、もっともなアドバイスに対しては取り入れていく、というスタンスをおすすめします。

 

では、対人での面接練習方法について1つずつ見ていきましょう。

  1. 友達や家族に聞いてもらう
  2. 社会人やOB・OGに聞いてもらう
  3. キャリアセンターを活用する
  4. 就活イベントに参加する
  5. 就活エージェントを利用する
  6. 実際に面接を受けてみる

 

練習方法①:友達や家族に聞いてもらう

友達や家族といった身近な人に頼むため、気軽に練習できます。

あらかじめ評価してほしい項目(姿勢、声、表情、内容など)を相手に伝えておくとスムーズです。

 

ただし友達や家族に聞いてもらう場合、注意点があります。

気軽さゆえに、どうしても緊張感が保てないことがあります(はっきりと切り替えができる方は読みとばしてください)。

本番で結果をだすためにも、馴れ合いや照れは捨て、練習からある程度の緊張感は保てるようにしましょう。

 

練習方法②:社会人やOB・OGに聞いてもらう

就職活動を経験し、働いている社会人の視点からの的確なアドバイスをもらえることが多いです。

相手によりますが、面接練習だけでなくエントリーシートの添削や自己分析を手伝ってくださる方もいます。

 

ただ、就活生の中には、「社会人の知り合いがいない!」「学部やサークルの先輩で、行きたい企業の人がいない!」という方もいると思います。

例えば大学のキャリアセンターでは、OB・OG訪問のために卒業生を紹介してくれます(大学によります)。

「OB訪問する社会人のつてがない!」という方は、こちらの記事を参考にして見てください。

【内定者が語る】OB訪問のツテがない!連絡先の入手方法7選
【内定者が教える】OB訪問のツテがない!連絡先の入手方法7選 この記事ではOB・OGの連絡先を入手する方法を7つ紹介しています。 「OB訪問したいけど、ツテがな...

 

また最近では、無料のOB訪問サービスなども増えてきましたので、積極的に活用してみてください。

OB訪問のアプリやサイトについては、これらの記事でまとめて紹介しています。

就活のOB訪問、おすすめのマッチングアプリ5選
【内定者が本当に選んだ】就活のOB訪問おすすめアプリ5選! この記事では、実際に僕が就活でOB訪問をしていた時に使っていたおすすめのマッチングアプリ4つと、もう1つOB訪問...
OB訪問に役立つおすすめサイト/サービス15選
【内定者が教える】就活のOB訪問に役立つおすすめサイト/サービス15選 OB訪問をしたいけれどツテがない人や、ゼミやサークルの先輩に志望業界の繋がりがない人は多いと思います。 ...

 

練習方法③:キャリアセンターを活用する

「就職課」や「キャリアセンター」という、学生の就職活動を支援している機関が多くの大学にあります。

エントリーシートの添削や進路の相談だけでなく、面接の練習も可能です。また、大学によっては、他の学生と一緒に集団面接練習会などを行っていることもあります。

いずれにしても、キャリアカウンセラーや就職活動に詳しい職員がアドバイスしてくれますので、参考になることが多いでしょう。

相談や面接には事前予約が必要な場合がありますので、確認してみてください。

 

練習方法④:就活イベントに参加する

面接の練習として、就活イベントに参加するのもひとつの手です。

就活イベントとは、企業や就活支援会社などが主催しているセミナーや選考会のことです。中には、個人や学生が主催するものもあります。

模擬面接講座やマナー講座といった講義形式のものもあれば、人事担当者に対して自己PRや学生時代頑張ったことをスピーチするといった、選考に直結するイベントもあります。

「まだ面接についてはほとんど知識がない」「ある程度知識のインプットはできたので、アウトプットしたい!」など、自身の状況や目的に合わせて参加してください。

 

練習方法⑤:就活エージェントを利用する

就活エージェントは、アドバイザーが内定までお手伝いしてくれる無料の就活サービスです。

キャリア相談から求人紹介、履歴書の書き方、面接練習まで非常に手厚いサポートを受けることができます。

「一人で就職活動を進めるのが不安だという人」、「滑り止めの企業を抑えておきたい人」、「就活のプロ(アドバイザー)からのアドバイスがほしい人」には一見の価値アリです。

しかし中にはノルマのために、学生が志望していない企業を紹介する就活エージェントも存在しています

要望をきちんと聞き入れてくれるエージェントなのかどうかは、自分で見極める必要がありますね。

 

練習方法⑥:実際に面接を受けてみる

本命ではなく、かつ早期選考を行っている企業の面接を受けてください。インターンシップの選考でも構いません。

これまでさまざまな練習方法を紹介しましたが、やはり実際の面接が一番緊張感をもって臨むことができます。

 

また、面接の中でも特に勉強になるのが集団面接です。

優秀だなと思った学生の発言内容はもちろんのこと、話し方や表情など、いい所はどんどん真似しましょう!

そして面接が終わった後はぜひ、聞かれた質問内容と自分の回答をノートに書きとめて分析してください。その回答でよかったのか、周りの友人や社会人の方に聞いてみることをオススメします。

 

ただあくまで練習だとしても、就活の面接で良く聞かれる質問はある程度準備しておく方が良いでしょう。

就活で良く聞かれる質問については、こちらの記事にまとめています。

【内定者が語る】就活の面接でよく聞かれた質問15選!答え方のポイントまで徹底解説!
【内定者が教える】就活の面接でよく聞かれた質問15選!答え方のポイントも 「人生で一番嬉しかったことや辛かったことは何ですか。」 「10年後どうなっていたいですか。」 「自分を〇〇に例えると何で...

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は内定者ライターの南田が、就活の面接の練習方法について書きました。

記事に書いた方法で、何度も面接の場数を踏み、緊張せずに自分の良さを面接官に伝えられるようにしましょう。

十分な面接対策をして、後悔のない就職活動にしてくださいね!

内定者ライター 南田
内定者ライター 南田
他にも、面接に関する記事がたくさんありますので、ぜひ合わせて参考にしてください。
ABOUT ME
南田
南田
大手IT業界N社の技術職の内定者。関西大学 文学部を卒業予定。就職活動を経験して得た、学生目線でのリアルな感想や気づきを皆さんに伝えたい。
【リア就LINE】内定者が
“本当の就活情報” をお届け

\ 口コミで20卒の就活生が続々参加!!/リア就LINE10秒で参加、いつでも解除できます

リア就LINEの3つのメリット
  1. 内定者が語る “本当な就活情報” がLINEに届く
  2. マル秘就活テクニックを限定公開
  3. 内定者座談会の動画を限定公開

* 参加者数が集まり次第、LINE募集を停止する可能性があります。ご了承ください。