【最新版】自動車メーカーの就職偏差値ランキング | 大手7社,学歴,難易度も

本ページはプロモーションを含みます

この記事でわかること
  • 自動車メーカー就職偏差値ランキング一位は、トヨタ自動車・本田技研工業
    一覧はこちら
  • 自動車メーカーは、完成車メーカー、自動車部品メーカー、自動車ディーラー、自動車関連サービスの4種類
  • 自動車業界は、100年に1度の大変革期を迎えている
  • 自動車メーカーの平均年収は約690万円で、福利厚生が整っていて残業時間が少ない企業が多い
  • 人気な優良企業と出会うのに使えるおすすめツール
\ 就活生2人に1人が利用! / ホワイト企業からスカウトGET
(OfferBox)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり! 

 

皆さん、こんにちは。「就活の教科書」編集部です。
この記事では、自動車・部品メーカーの就職編偏差値ランキングについて解説していきます。
自動車メーカー志望の就活生は、自動車メーカーの就職偏差値ランキングにどのような企業が挙がっているか知っていますか?

「就活の教科書」編集部

就活生くん

僕は、将来自動車メーカーに就職したいのですが、学歴があまり良くないので、自動車メーカーの就職偏差値ランキングから優良企業を探したいです!

就活生ちゃん

私は有名な自動車メーカーに就職したいのですが、どんな企業があるのかわかりません。
なので、自動車メーカーの就職偏差値ランキング知りたいです。
自動車メーカーに就職するなら大手企業が良いですよね。
でも、学歴があまり良くない就活生だと、誰もが知っている有名自動車メーカーに就職する難易度はかなり高くなります。
学歴が良くない就活生は、自動車メーカーの就職偏差値ランキングから優良企業を探すことをおすすめしています。

「就活の教科書」編集部

 

そこでこの記事では、自動車メーカーの就職偏差値ランキングについて解説していきます。

合わせて、自動車メーカー就職偏差値ランキングTOP7の企業や、自動車メーカー就職偏差値ランキングの概観についても紹介します。

この記事を読めば、自動車メーカーの就職偏差値ランキングがわかり、隠れ優良自動車メーカーを見つけやすくなります。

将来、自動車メーカーに就職したい就活生や、隠れ優良自動車メーカーを知りたい就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

先に結論をお伝えすると、「学歴フィルターを気にせず、優良企業に就職したい!」なら、就活生の2人に1人が利用するOfferBoxで、自分に合う優良企業から特別スカウトをもらうのが一番おすすめです。

ちなみにOfferBox以外にも、強み診断後に優良企業からスカウトが来る「Lognavi」、あなたの適職を16タイプで診断できる「LINE適職診断もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生】学歴不要で優良企業に出会うために使えるおすすめツール(無料)
\ 就活生2人に1人が利用! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり! 

「どのサービスを使えば良いかわからない…」という方はOfferBoxでホワイト企業からスカウトをもらうのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

また、メーカー業界の就職偏差値ランキングについて解説している記事があるので、メーカーに興味のある就活生は、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

 

穴場のホワイト企業・優良企業を教えて!

「ホワイト企業をたくさん教えて欲しい!」「優良企業に就職したい!」と思う方は、OfferBox」を使うのがおすすめです!

OfferBoxは、あなたの強みや性格が詳しくわかる適性診断を受けられ、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接特別招待がもらえるアプリです。

大手を含む隠れ優良企業からの特別招待をもらうには、あなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

\ 就活生2人に1人が利用! /   大手,優良企業から特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

そもそも就職偏差値とは?

就活生くん

よくネットで就職関係のことを見ていると、「就職偏差値」という言葉を目にします。
就職偏差値ってそもそも何なのでしょうか?
結論から言うと、就職偏差値とは、2ch就職版でユーザー達が企業の難易度・人気度を議論し数値化したものです。

「就活の教科書」編集部

 

つまり、就職偏差値は企業が正式に作成したわけではなく、一般人の主観によって作られているランキングです。

就職偏差値ランキングは、主に以下のような要素をもとに作られています。

就職偏差値ランキングの要素
  • 年収
  • 将来性
  • 人気度
  • 求人倍率
  • ホワイト度
  • 内定者の学歴
  • 企業の知名度

など

 

このような要素をもと作られているので、就活生が企業を選ぶときの判断要素にはなります。

しかし、就職偏差値ランキングは、個人が勝手に作っているものなので、作る人や年度によって順位が変動することは覚えておきましょう。

就職偏差値に関する詳しいことは「就職偏差値ランキング(2020最新版)信用して大丈夫?」にまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

就職偏差値は大学の偏差値とは全く異なるので、就職偏差値が高い企業に入ったからと言って、必ずしも幸せになるとは限りません。

次は、いよいよ自動車メーカーの就職偏差値ランキングを紹介します。

「就活の教科書」編集部

 

また「自動車業界の就職偏差値」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

⇒【就活】自動車業界の就職偏差値ランキング&年収調査!(トヨタ自動車,日産,ホンダ,スバル,マツダ,スズキ,ダイハツ,HINO)

 

「ホワイト企業を教えて欲しい!」「自分に合った企業を知りたい!」という就活生には、OfferBoxがおすすめです。

OfferBoxを利用すると、251問の質問の性格診断とあなたが登録したプロフィールを見た優良大手~ベンチャー企業から特別招待がもらえます。

「あなたの価値観に合ったホワイト企業」からスカウトをもらって選考に進みたい方は、OfferBoxを利用し、自動でホワイト企業を教えてもらいましょう。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxで強みと適性職種を発掘し、優良企業のスカウトGET
  • あなたの経験や強みをもとに15,366社以上の優良企業から特別招待が届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
\ 就活生2人に1人が利用! / 大手,優良企業の特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

【最新】自動車メーカー就職偏差値ランキング

就活生くん

自動車メーカーの就職偏差値ランキングを知りたいです。
教えてください。
わかりました。
では、自動車メーカーの就職偏差値ランキングを一覧で紹介します。
今回の就職偏差値ランキングでは、SSランク~Dランクまで紹介します。

就職偏差値は、就職偏差値ランキング委員会が2chの意見を元に作成したランキングを参考にしています。

厳密な偏差値を表すものではなく、選考難易度の目安として参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部

「自分に合う職業は何だろう…」「自分は今の仕事で良いのかな…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめです。

LINE適職診断を使うと、あなたの適職を16タイプで診断してくれ、あなたの強みを活かせる仕事がわかります。

すでに75,000人以上の就活生や転職者が利用しているため、ぜひあなたも診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> LINE適職診断に参加してみる

 

SSランク(旧帝大レベル)
トヨタ自動車 本田技研工業

 

Sランク
デンソー 日産自動車

 

A+ランク
豊田自動織機 マツダ スズキ ヤマハ発動機 いすゞ自動車

 

Aランク(上位国公立大レベル)
トヨタ車体 ダイハツ アイシン精機 三菱自動車 ブリヂストン トヨタ紡織

 

B+ランク
アイシンAW 日野自動車 関東自動車 日本ガイシ 富士重工業 ボッシュ

 

Bランク(地方国公立大レベル)
ジェイテクト 日本精工 住友ゴム 日立製作所オートモティブ 日本特殊陶業
豊田合成 NTN 東海ゴム 富士通テン

 

C+ランク
三菱ふそう 日産ディーゼル 東海理化 小糸製作所 ユタカ技研 スタンレー電気 横浜ゴム 八千代工業 アイシンAI NOK カルソニックカンセイ ショーワ ケーヒン ジャトコ 産車体 日信工業 デフテック カヤバ工業 住友電装 アルパイン

 

Cランク
アイシン高丘 矢崎総業 トピー工業 タカタ 愛知製鋼 シマノ アスモ ニッパツ フジオーゼックス 東洋ゴム 市光工業 オーテックジャパン NISMO FCC サンデン テイエステック 豊生ブレーキ 中央発條 シロキ工業 愛三工業 曙ブレーキ ブリヂストンサイクル 山田製作所 光岡自動車 愛知機械 タチエス TRDb日鍛バルブ TGK 日産工機 大豊工業 鬼怒川ゴム

 

D+ランク(日東駒専レベル)
ボルグワーナモールステック TRWオートモーテイブ 武蔵精密 プレス工業 太平洋工業 日本デルファイオート 村上開明堂 共和レザー フジユニバンス 河西工業 富士機工 エフテック

 

Dランク(下位私立大学レベル)
山下ゴム エンケイ アイエス精機 豊和繊維工業 飯田ネーム製作所 フタバ産業

 

自動車・自動車部品業界の就職偏差値ランキング | 就職偏差値ランキング委員会 (jobrankingcommittee.com)

この自動車メーカー就職偏差値ランキングで紹介した企業は、どれも優良企業なので「Dランクだからダメな企業」と思わないようにしましょう。

「就活の教科書」編集部

 

穴場のホワイト企業・優良企業を教えて!

「ホワイト企業をたくさん教えて欲しい!」「優良企業に就職したい!」と思う方は、OfferBox」を使うのがおすすめです!

OfferBoxは、あなたの強みや性格が詳しくわかる適性診断を受けられ、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接特別招待がもらえるアプリです。

大手を含む隠れ優良企業からの特別招待をもらうには、あなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

\ 就活生2人に1人が利用! /   大手,優良企業から特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

自動車メーカー就職偏差値ランキングTOPの大手7社の解説

就活生ちゃん

自動車メーカー就職偏差値ランキングはよくわかりました。
そこで、自動車メーカー就職偏差値ランキングTOP7の企業についてもっと知りたいです。
わかりました。
では、自動車メーカー就職偏差値ランキングTOP7の企業について解説していきます。
改めて書いておくと、自動車メーカー就職偏差値ランキングTOP7の企業は以下のようになります。

「就活の教科書」編集部

自動車メーカー就職偏差値ランキングTOP7社の解説
  • 1位:トヨタ自動車
  • 2位:本田技研工業
  • 3位:デンソー
  • 4位:日産自動車
  • 5位:豊田自動織機
  • 6位:マツダ
  • 7位:スズキ
それでは、自動車メーカー就職偏差値ランキングTOP7の企業について、それぞれ解説していきます。

正しい企業研究のやり方は以下の記事で徹底解説しているので、正確な企業研究を知りたい就活生は、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

1位:トヨタ自動車

自動車メーカー就職偏差値ランキング1位は「トヨタ自動車」です。

トヨタ自動車は、国内1位の自動車メーカーで、「世界のトヨタ」と呼ばれるほど世界的にも有名な企業です。

また、日本市場でも販売台数のシェアが50%を超えており、フォルクスワーゲンの世界シェアはトップクラスです。

さらに、トヨタ自動車の海外売上比率は約69%となっています。

トヨタ自動車で働く人の年収は以下のようになります。

750万円(30歳)・850万円(35歳)・1200万円(40歳課長)
トヨタ自動車の就職難易度はかなり高いです。
技術職では、東大・京大・早慶以上の学歴を持つ人がたくさんいます。
また、内定を取るためには、リクルーター面接を突破する必要があります。

リクルーター面接・面談について解説した記事があるので、リクルーター面接・面談を攻略したい就活生は、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

2位:本田技研工業

自動車メーカー就職偏差値ランキング2位は「本田技研工業」です。

本田技研工業は、バイクの販売が世界首位で、自動車の販売も国内2位の企業です。

また、二輪や四輪以外にも、航空機や芝刈り機、除雪機なども扱っており、多角的な事業展開を行っています。

さらに、本田技研工業の海外売上比率は約85%となっています。

本田技研工業の年収は以下のようになります。

600万円(30歳)・750万円(35歳)・1100万円(40歳課長)
本田技研工業の就職難易度もトヨタと同様に高いです。
旧帝大に在学している学生が多く、内定を勝ち取るためには、インターンシップでアピールすることが大切です。

「就活の教科書」編集部

 

3位:デンソー

自動車メーカー就職偏差値ランキング3位は「デンソー」です。

デンソーは、自動車部品メーカーで国内首位・世界2位の売り上げを持つ企業です。

また、デンソーはトヨタ自動車から分離独立した企業であり、トヨタが主要の顧客になっています。

デンソーは自動車部品以外にも、産業用ロボット・住宅関連機器・小型モーターなどの開発も行っています。

デンソーの海外売上比率は約60%となっており、デンソーの年収は以下のようになります。

600万円(30歳)・720万円(40歳)・900万円(50歳)
デンソーは自動車部品業界の中ではトップなので、就職難易度もかなり高いです。
また、デンソーではリクルーター面談がメインとなっています。

「就活の教科書」編集部

 

4位:日産自動車

自動車メーカー就職偏差値ランキング4位は「日産自動車」です。

日産自動車はルノーの傘下になり、電気自動車に力を入れている企業です。

ルノー・日産は自動車販売台数が世界4位で、日産自動車だけで見ると9位となっています。

また、日産自動車の海外売上比率は約80%となっており、日産自動車の年収は以下のようになります。

600万円(30歳)・850万円(35歳)・1000万円(40歳課長)
日産自動車の就職難易度もかなり高く、旧帝大や早慶の就活生が多いです。
また、カルロス・ゴーン氏の不正疑惑により、将来性が低い企業と言われています。

「就活の教科書」編集部

 

5位:豊田自動織機

自動車メーカー就職偏差値ランキング5位は「豊田自動織機」です。

豊田自動織機は、トヨタグループの源流企業です。

また、「フォークリフト」「カーエアコン用コンプレッサー」「エアジェット織機」が世界シェア1位となっています。

豊田自動織機の海外売上比率は約68%となっており、豊田自動織機の年収は以下のようになります。

600万円(30歳)・700万円(40歳)・870万円(50歳)
豊田自動織機は、トヨタグループの創始者である豊田佐吉氏の精神を強く受け継いでいる企業です。
世界シェア1位の製品が3つもあるので、独自性と安定性に優れています。

「就活の教科書」編集部

 

6位:マツダ

自動車メーカー就職偏差値ランキング6位は「マツダ」です。

マツダは、国内販売台数で4位の企業です。

また、海外での売上が80%を超えており、内燃機関技術が世界でトップとなっています。

マツダの年収は以下のようになります。

500万円(30歳)・576万円(40歳)・720万円(50歳)
マツダは、エンジン技術が世界トップクラスで、ロータリーエンジンなどが有名です。
また、トヨタと業務資本提携に成功しています。

「就活の教科書」編集部

 

7位:スズキ

自動車メーカー就職偏差値ランキング7位は「スズキ」です。

スズキは、軽自動車に強く、小型車の開発や販売に特化している企業です。

また、インドでのシェアは第2位となっており、2台に1台がスズキの車です。

スズキの海外売上比率は約69%となっており、スズキの年収は以下のようになります。

525万円(30歳)・660万円(40歳)・760万円(50歳)
人口が増加し続けるインドでのシェア率が高いことは、かなり大きな強みです。
また、コスト削減のレベルが高く、安価な小型自動車を作ることに関して、スズキと同レベルの企業はいません。

製造業やメーカーを志望している就活生は、ぜひ以下の記事も読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

                                                   

企業・業界の就職偏差値に関する記事一覧

「自分が行きたい企業・業界の就職偏差値は高いの?」という就活生には 企業の就職偏差値ランキングTOP200 という記事がおすすめです。

この記事を読めば、あなたが志望する企業の就職偏差値が分かるので、ぜひ読んでみてください。

就活アドバイザー 京香

「ホワイト企業を教えて欲しい!」「自分に合った企業を知りたい!」という就活生には、OfferBoxがおすすめです。

OfferBoxを利用すると、251問の質問の性格診断とあなたが登録したプロフィールを見た優良大手~ベンチャー企業から特別招待がもらえます。

「あなたの価値観に合ったホワイト企業」からスカウトをもらって選考に進みたい方は、OfferBoxを利用し、自動でホワイト企業を教えてもらいましょう。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxで強みと適性職種を発掘し、優良企業のスカウトGET
  • あなたの経験や強みをもとに15,366社以上の優良企業から特別招待が届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
\ 就活生2人に1人が利用! / 大手,優良企業の特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

自動車メーカーの業界研究3選

就活生くん

自動車メーカー全体について知りたいので、自動車メーカーの業界について教えてください。
わかりました。
では、自動車メーカーの業界について、以下の3つの観点から解説していきます。

「就活の教科書」編集部

自動車メーカーの業界研究3選
  • 研究①:自動車メーカーの種類
  • 研究②:世界の自動車販売ランキング
  • 研究③:自動車業界の今後の展望
それでは、自動車メーカーの業界を3つの観点から、それぞれ解説していきます。

正しい業界研究のやり方は以下の記事で徹底解説しているので、正確な業界研究を知りたい就活生は、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

研究①:自動車メーカーの種類

まずは、自動車メーカーの種類について解説してきます。

自動車メーカーには、主に次の4つの種類があります。

自動車メーカーの種類4選
  • 完成車メーカー⇒ 下請け企業から届いた部品を組み立て、自動車を完成させる企業
    (例)トヨタ自動車、本田技研工業、日産自動車、マツダ、スズキ、SUBARUなど
  • 自動車部品メーカー⇒ 自動車に必要な部品を開発し、完成車メーカーに販売する企業
    (例)デンソー、豊田自動織機、アイシン精機、ジェイテクなど
  • 自動車ディーラー⇒ 一般消費者に対して、自動車を販売する企業
    (例)トヨペット、Honda Cars、ヤナセなど
  • 自動車関連サービス⇒ 自動車に関連するサービスを提供する企業
    (例)IDOM、オリックス、タイムズ24など

 

このように、自動車メーカーにも多くの種類があります。

自動車に関するものの研究・開発などがしたかったら、完成車メーカーや自動車部品メーカーがおすすめです。

完成車メーカーは、就職偏差値が高くなるほど知名度も上がるので、就職難易度も高くなります。

「就活の教科書」編集部

 

研究②:世界の自動車販売台数ランキングTOP20

次は、世界の自動車販売台数ランキングについて解説します。

世界の自動車販売台数ランキングの1位から20位は以下のようになります。

世界の自動車販売台数ランキングTOP20
  • 1位:中国 25,768,677 台
  • 2位:米国 17,480,004 台
  • 3位:日本 5,195,216 台
  • 4位:ドイツ 4,017,059 台
  • 5位:インド 3,816,891 台
  • 6位:ブラジル 2,787,850台
  • 7位:フランス 2,755,696台
  • 8位:イギリス 2,676,918台
  • 9位:イタリア 2,131,916台
  • 10位:カナダ 1,975,855 台
  • 11位:韓国 1,795,134 台
  • 12位:ロシア 1,778,841 台
  • 13位:スペイン 1,501,260 台
  • 14位:メキシコ 1,359,671 台
  • 15位:インドネシア 1,043,017 台
  • 16位:オーストラリア 1,034,379 台
  • 17位:タイ 1,007,552 台
  • 18位:ポーランド 656,265 台
  • 19位:イラン 655,515 台
  • 20位:ベルギー 644,041 台

世界の自動車販売台数 国別ランキング・推移 – Global Note

 

このランキングを見ると、日本は世界で第3位の販売台数となっています。

海外で自動車を販売できるかどうかが今後、非常に重要になってきます。

中国は圧倒的に自動車販売台数が多いが、まだ完全に普及していないので、もっと伸びると考えられます。

「就活の教科書」編集部

 

研究③:自動車業界の今後の展望

最後に、自動車業界の今後の展望について解説していきます。

結論から言うと、現在、自動車業界は「100年に1度の大変革期を迎えている」と言われています。

なぜなら、CASEが活発的なってきているからです。

CASEとは?
  • Connected:コネクティッド
  • Autonomous:自動運転
  • Shared:シェアリング
  • Electric:電動化

 

これらのCASEによって、自動車業界全体の高い技術力の重要性と、自動車業界がこれまでに得てきた優位性が失われる可能性もあります。

さらに、環境に配慮した電気自動車の普及や、シェアリングによる販売台数の減少などもあります。

そのため、自動車業界は生き残るために海外での市場拡大が重要になってきます。

これからは「自動車業界=安泰」と思わないようにすることが大切です。

「就活の教科書」編集部

 

穴場のホワイト企業・優良企業を教えて!

「ホワイト企業をたくさん教えて欲しい!」「優良企業に就職したい!」と思う方は、OfferBox」を使うのがおすすめです!

OfferBoxは、あなたの強みや性格が詳しくわかる適性診断を受けられ、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接特別招待がもらえるアプリです。

大手を含む隠れ優良企業からの特別招待をもらうには、あなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

\ 就活生2人に1人が利用! /   大手,優良企業から特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

自動車メーカー就職偏差値ランキングの概観3選

就活生くん

自動車メーカー就職偏差値ランキングにある企業の概観について教えて欲しいです。
わかりました。
では、自動車メーカー就職偏差値ランキングで紹介した企業の概観について、以下の3つの観点から解説していきます。

「就活の教科書」編集部

自動車メーカー就職偏差値ランキングの概観3選
  • 概観①:年収
  • 概観②:福利厚生
  • 概観③:残業時間
それでは、自動車メーカー就職偏差値ランキングの概観3つについて、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部

 

概観①:年収

自動車メーカー就職偏差値ランキングの概観1つ目は「年収」についてです。

自動車メーカーの平均年収は、約690万円です。

自動車メーカー全体の平均年収が高いのは、就職偏差値ランキング上位に位置する企業の年収がかなり高いからです。

そのため、就職偏差値ランキングで偏差値の高い企業ほど、年収もそれに伴って高くなる傾向があります。

この記事で紹介した自動車メーカー就職偏差値ランキングの企業は、ほとんど600万円は超えています。

また、年収が高い企業や業界を解説した記事があるので、高年収の企業に就職したい方は、ぜひ以下の記事も読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

概観②:福利厚生

自動車メーカー就職偏差値ランキングの概観2つ目は「福利厚生」についてです。

自動車メーカー全体的に見ると、福利厚生がしっかりしている企業は多いです。

例えば、就職偏差値ランキングでSSランクの本田技研工業と、Dランクのフタバ産業の福利厚生は、以下のようになります。

本田技研工業 フタバ産業
フレックスタイム制度 独身寮
定時退社日制度 女子寮
有給取得率99%~100% 社員食堂
社宅 保養所
独身寮 育児休暇
住宅手当・家賃補助 短時間勤務
社内食堂 産前産後休暇
転勤休暇 家族手当
産前産後休暇 職能資格手当
看護休暇 など 食事補助 など

 

本田技研工業は、フタバ産業よりも就職偏差値ランキングが上なので福利厚生はかなり良いですが、Dランクのフタバ産業も福利厚生は整っています。

このように、この記事で紹介した就職偏差値ランキングにある自動車メーカーの福利厚生は、全体的に良いです。

フタバ産業の福利厚生に社宅がないので、不便に感じる方もいます。
一方で、本田技研工業は、有給休暇取得率がほぼ100%でかなり有名です。

「就活の教科書」編集部

 

概観③:残業時間

自動車メーカー就職偏差値ランキングの概観3つ目は「残業時間」についてです。

自動車メーカーの残業時間は、20時間~30時間の企業が多いです。

もちろん、企業や部署によって異なります。

例えば、マツダは約19時間、トヨタ自動車は約22時間となっています。

そのため、就職偏差値ランキング上の自動車メーカーは、比較的残業が少ないと考えられます。

就職偏差値ランキングで上位の企業は、ホワイト企業が多いですね。

「就活の教科書」編集部

 

「ホワイト企業を教えて欲しい!」「自分に合った企業を知りたい!」という就活生には、OfferBoxがおすすめです。

OfferBoxを利用すると、251問の質問の性格診断とあなたが登録したプロフィールを見た優良大手~ベンチャー企業から特別招待がもらえます。

「あなたの価値観に合ったホワイト企業」からスカウトをもらって選考に進みたい方は、OfferBoxを利用し、自動でホワイト企業を教えてもらいましょう。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxで強みと適性職種を発掘し、優良企業のスカウトGET
  • あなたの経験や強みをもとに15,366社以上の優良企業から特別招待が届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
\ 就活生2人に1人が利用! / 大手,優良企業の特別招待GET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

まとめ:就職偏差値が高い自動車メーカーを狙うなら海外展開をしている企業に注目しよう!

この記事では、自動車メーカーの就職偏差値ランキングについて解説しました。

合わせて、就職偏差値ランキングTOP7の自動車メーカーや、自動車メーカー就職偏差値ランキングの概観3つなども紹介しました。

いかがだったでしょうか。

最後にこの記事のまとめを書いておきます。

就職偏差値ランキングの高い自動車メーカーに就職したい人は、ぜひ復習してみてください。

「就活の教科書」編集部

この記事のまとめ

そもそも就職偏差値とは2ch就職版でユーザーが勝手に作ったもの

【最新】自動車メーカー就職偏差値ランキング

自動車メーカー就職偏差値ランキングTOP7社の解説

  • 1位:トヨタ自動車
  • 2位:本田技研工業
  • 3位:デンソー
  • 4位:日産自動車
  • 5位:豊田自動織機
  • 6位:マツダ
  • 7位:スズキ

 自動車メーカーの業界研究3選

  • 研究①:自動車メーカーの種類
  • 研究②:世界の自動車販売台数ランキングTOP20
  • 研究③:自動車業界の今後の展望

 自動車メーカー就職偏差値ランキングの概観3選

  • 概観①:年収
  • 概観②:福利厚生
  • 概観③:残業時間
自動車メーカーは「100年に1度の大変革」とも呼ばれています。
「コネクティッド」「自動運転」「シェアリング」「電動化」が急速に進んでいます。
そのため、高い技術力を持ち、海外進出を積極的に行っている企業に就職することをおすすめしています。
就職偏差値ランキングで上位の自動車メーカーは、海外売上比率が高く、海外での活動に力を入れています。
自動車メーカーに就職したい人は、海外売上比率に注目して企業研究を行ってみてください。

「就活の教科書」編集部