>> 【20卒向け】年内に内定を獲得するには <<

【内定者が教える】エントリーシートの性格の書き方|例文もあるよ

エントリーシートの性格のアイキャッチ

こんにちは!「就活の教科書」編集部の松村です。

突然ですが、エントリーシート(ES)に性格を書くことってありますよね。

「就活の教科書」編集部 松村

就活生ちゃん

エントリーシートに書く性格って何を書いたらいいかわかりません。

就活生くん

エントリーシートに性格を書くときって、どうやって書いたらいいんですか?

この記事では、エントリーシート(ES)に性格を書くときの例文と書く性格の選び方、書くときの構成をまとめました。

「エントリーシートに書く性格で迷っている就活生」や「書き方がわからない就活生」は、この記事を読めばスラスラ書けるようになります。

ぜひ最後まで読んでください。

企業がエントリーシートで性格を質問する意図

エントリーシート(ES)の性格の書き方を紹介する前に、そもそも企業がエントリーシートで就活生の性格を質問する意図を説明します。

企業の質問意図がわかっていれば、とても答えやすくなります。

選考を有利にするために、企業側の立場でエントリーシートの性格欄を見てみましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

企業と就活生のマッチ度を判断している

企業がエントリーシート(ES)で性格を質問する最大の目的は、企業と就活生がマッチしているかを判断することです。

企業側としては、もちろん優秀な就活生を採用したいと考えています。

最近の傾向では、企業と就活生のマッチ度が非常に重要視されています。

企業は、採用活動に莫大なコストをかけた新卒社員がすぐに辞めて、大きな損害を出すわけにはいかないからです。

採用にかけたコストを回収するまでは新卒社員に辞めてほしくないというのが企業の本音なので、マッチ度の高い就活生を求めています。

就活生側としても自分と会ってない企業で働くのは、しんどそうですよね。

「就活の教科書」編集部 松村

 

自己分析ができているか

エントリーシート(ES)に性格を書くには、必ず自己分析が必要です。

企業にマッチした性格を書けばいいというわけではありません。

エントリーシートに書いてあるからといって、その性格を鵜呑みにする人事はいないからです。

エントリーシートに書いてある性格の信憑性を高めるのは、しっかり自己分析できていることがわかる文章です。

自己分析がしっかりできているかは、文章の具体性によって判断されます。

エントリーシートの性格は、まず自己分析をして、具体的で信憑性の高い文章を書きましょう。

 

企業の人事はたくさんのエントリーシートを見ているので、自己理解の浅いエントリーシートは簡単に見抜かれてしまいます。

自己理解の浅いエントリーシートで良い評価を得るのは難しいので、面接に進んだとしても、内定獲得まで到達できません。

逆に、エントリーシートに書いた性格で、自分についてしっかり理解できていると思わせられれば企業から高く評価されます。

自分についてしっかり理解できていると思わせられるエントリーシートの性格の書き方を説明していきます。

ただ、書き方を知る前に、例文を見てどんな文章を書けばいいのか確認しましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

エントリーシートに書く性格の例文

エントリーシート(ES)に性格を書き始める前に、例文を見て目指すべきゴールを知りましょう。

こんな感じに書けばいいんだとわかる程度でわかるだけでも、とても書きやすくなります。

エントリーシートに性格を書くときの超簡単なテンプレがこちらです。

テンプレ

私は〇〇な性格です。

幼い時に〇〇を経験したからです。

大学生で〇〇だった時も、〇〇を活かして困難を乗り越えられました。

このように、御社でも〇〇を活かして活躍していきたいと思っています。

性格の書き方のテンプレを用いて書いた例文を紹介します。

僕が実際に就活で話していた性格をエントリーシート用に書き変えました。

私は好奇心旺盛で思い立ったらすぐに行動する性格です。
私がこの性格を身に付けたのは父親のおかげです。
幼少期から様々な場所へ連れて行ってもらい、連れ出された先にはいつも新しい発見や興奮することが私を待ち受けていました。
そして、私は未知の環境にもワクワクしながら飛び込んでいける性格になりました。
わたしはこの性格のおかげで、高校生の時に単身で一年間留学することを決意できました。
入社後は、自分の知らない領域にもどんどんチャレンジして、自分の活躍できる分野を広げていきたいと思っています。

(240字)

「就活の教科書」編集部 松村

エントリーシートによっては、一文で書かなければならない場合があります。

一文しか書けない場合は、最初の結論を書きましょう。

 

エントリーシートに書ける性格の一覧はこちらの記事をご覧ください。

 

エントリーシートに書く性格の選び方

エントリーシート(ES)の性格の例文で、性格の書き方のゴールがわかったはずなので、エントリーシートに書くべき性格について説明します。

エントリーシートの性格には、自分の性格を馬鹿正直に書けばいいというわけではありません。

企業から評価されているので、なるべく良い評価が得られる性格を書いてください。

企業の質問意図を考えると何となくわかりますよね。

「就活の教科書」編集部 松村

 

アピールしたい性格

エントリーシート(ES)は企業に評価されているので、自分のアピールしたい性格を書いてください。

自己分析をしていると自分の様々な性格が見えてきます。

しかし、エントリーシートは書けるスペースが狭く、複数の性格が書けません。

自分の性格を全て書くのではなく、特に知ってほしい一つだけを書きましょう。

企業は、ここで選んだ性格を前提にその後の選考に入るので、吟味して選んでください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

企業に合った性格

複数の性格から一つを選ぶときは、選考を受ける企業に一番合っているものを選んでください。

企業にもそれぞれ採用したい就活生の理想像があります。

企業研究によって企業が求めている理想像を特定し、一番近い性格を書くことで高く評価されること間違いなしです。

無理に企業の理想に寄せる必要はありませんが、真逆の性格は避けてください。

エントリーシート(ES)の性格には、企業が求めていそうな性格を書いて企業とのマッチ度を高めましょう。

どんな性格がエントリーシートにふさわしいかわかったはずです。

ただ、エントリーシートに自分の性格が書けないと思っている就活生もいますよね。

しかし、書ける性格がない就活生にも対処法はあるので安心してください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

マジで書ける性格がない人はどうする?

エントリーシート(ES)に書ける良い性格がないと思っても諦めないでください。

物は言いようです。

悪く見える性格も捉え方によっては、良い性格に見えます。

例えば、「優柔不断」は「慎重」、「計画性がない」は「行動しながら考える」のように自分を好きになれる言葉に変えましょう。

ウソの内容は書かないでください。

面接で見抜かれますし、早期退職の可能性が高くなります。

「就活の教科書」編集部 松村

 

エントリーシートの性格の書き方はPREP法を用いる

エントリーシートに書く性格は決まりましたね。

エントリーシートに書く性格を説得力のある文章にするために、書き方の構成を説明します。

「就活の教科書」編集部 松村

エントリーシート(ES)で自分の性格をアピールしたいときは「PREP法」という文章の構成方法を使うと、説得力のある文章になります。

PREP法とは、ポイント(Point)・理由(Reason)・例(Example)・ポイント(Point)の順番で書く、論理的で理解しやすい文章構成のことです。

具体的にPREP法を4つ分けて説明します。

  • (P)ポイント:アピールしたい自分の性格
  • (R)理由:その性格になった理由
  • (E)例:性格を裏付けるエピソード
  • (P)ポイント:性格を入社後にどう活かすか

先ほどの例文もPREP法で書いてあります。

例文のような構成を理解したい就活生は、順番通りに考えていきましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

(P)ポイント:アピールしたい自分の性格

エントリーシート(ES)にPREP法を用いるときの最初の「ポイント」では、「アピールしたい自分の性格」を書きます。

エントリーシートに限らず、就活で質問の回答にはまず「結論」から述べよと言われます。

文章や話の結論となるのが、最初の「ポイント」です。

エントリーシートでアピールしたい性格を最初に述べたほうが、読み手としては非常に読みやすくなります。

一番大切な部分なので、端的で具体的に書いてください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

(R)理由:その性格になった理由

エントリーシート(ES)にPREP法を用いるときの「理由」では、「その性格になった理由」を書きます。

性格を形成した理由は、なるべく幼いころのエピソードのほうが説得力があります。

高校や大学のときの理由しかないと思うのなら、もう少し自己分析を深く掘り進めることをおすすめします。

幼いころの記憶がない就活生は、親などの自分の幼少期を知っている人に尋ねてみるのも良いです。

性格を形成した理由がしっかりしていれば、エントリーシートに書く性格全体がロジカルになり、説得力が高まります。

「就活の教科書」編集部 松村

 

(E)例:性格を裏付けるエピソード

エントリーシート(ES)にPREP法を用いるときの「例」では、「性格を裏付けるエピソード」を書きます。

性格を形成した理由のときとは違って、その性格を発揮したエピソードを書くので、最近のことでも構いません。

自分の性格のおかげで成し遂げたエピソードや困難を乗り越えたエピソードがふさわしいです。

再現性のある性格だと証明できるからです。

数字を用いてより具体的なものを書きましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

(P)ポイント:性格を入社後にどう活かすか

エントリーシート(ES)にPREP法を用いるときの最後の「ポイント」は、「性格を入社後にどう活かすか」を書きます。

もしくは、自分の性格と企業がどうマッチしているかを書きます。

エントリーシートでアピールする性格は、企業とマッチしているものでなければなりません。

企業の質問意図がマッチ度を測ることにあるので、どうマッチしていてどう活かすか書けるととても良いエントリーシートになります。

PREP法で書いた文章は、そのまま面接でも質問の回答に使えます。

エントリーシートの性格を書くときだけでなく、自分の主張を通したいときに使える文章構成なのでぜひPREP法をマスターしてください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

まとめ:エントリーシートの性格と現実の性格にギャップはいらない

いかがだったでしょうか?

この記事では、エントリーシート(ES)に性格を書くときの例文と書く性格の選び方、書くときの構成を解説しました。

記事の冒頭には、企業の質問意図も説明しています。

まとめるとこんな感じになります。

エントリーシートに性格を書く

企業の質問意図

  • マッチ度を見る
  • 自己分析ができているか見る

 

書く性格の選び方

  • 良い性格書く
  • 複数ある場合は、企業に合ったものを選ぶ

 

構成はPREP法

  • (P)ポイント:アピールしたい自分の性格
  • (R)理由:その性格になった理由
  • (E)例:性格を裏付けるエピソード
  • (P)ポイント:性格を入社後にどう活かすか

エントリーシートに書いた性格と本当の性格にギャップがあると、マイナスな評価になります。

エントリーシートに自分の性格を書く前に、自分の性格を理解しておいてください。

エントリーシートに書けるほど自分を知らないなと思ったら、今すぐに自己分析を始めましょう。

自己分析について詳しく知りたい就活生はこちらをご覧ください。

「就活の教科書」では就活に関する有益な記事をたくさん載せています。

ぜひ他の記事も読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

「エントリーシートの書き方がわからない!」「質問項目の答え方がわからない」という就活生には、ESについて網羅的に解説した記事がおすすめです。