【落ちたらどうする?】公務員試験に全落ちした後にすべきこと5選 | 今スグ就職するコツも

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事を読めばわかること

就活生の皆さんこんにちは。 就活の教科書編集部のゆきです。

この記事では、公務員試験に落ちた後について解説します。

民間企業の就活をせずに公務員試験に落ちた場合、どうすればいいか悩んだことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 ゆき

就活生くん

まさに僕はそのパターンです・・・

公務員試験の再挑戦を考えているんですが、民間企業に就職したほうがいいんですかね?

就活生ちゃん

私も公務員試験に落ちてしまいました・・・

民間企業も考えているんですけど、公務員志望の人が民間企業を受けるにはどうすればいいんでしょうか?

入念に公務員試験の勉強をして落ちたら、ショックだし、辛いですよね・・・

けど、それ以上に落ちた後に何をすればいいか分からないですよね・・・

「就活の教科書」編集部 ゆき

そこでこの記事では、公務員試験に落ちた後にすべきことについて紹介していきます。

合わせて、民間企業に今スグ就職するコツについても解説しています。

この記事を読めば、公務員試験に落ちた後に取るべき行動がわかるようになり、今後の行動を決められるようになります。

公務員志望から民間企業を目指す人におすすめの業界も紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

先に伝えておくと「ESや面接で落ちて無い内定…やばい…」という方はirodasSALONを使うのが一番おすすめです。

irodasSALONは、自己分析~内定まで親身に寄り添ってくれたり、自分に合う隠れ優良企業を紹介してくれるので、無い内定を回避できます。

「内定ゼロだけど、ここから逆転したい!」という方は、満足度95%以上irodasSALONをせひ利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

>> irodasSALONを使ってみる

 

目次

 

就活をせずに公務員試験に落ちても人生終わりではない

就活生くん

就活をせずに公務員試験に落ちたら人生詰んだ気分なんですけど、実際詰んでるんですかね・・・?

就活をせずに公務員試験に落ちたからと言って、人生は詰んではいません。

「就活の教科書」編集部 ゆき

なぜなら、公務員試験に落ちても民間企業の面接を受ければ就職は可能だからです。

一般的に、公務員試験の時期は夏~秋にかけて行われる場合が多いですが、秋採用・通年採用を行っている企業は数多く存在します。

企業の数は春スタートの就活よりも少ないことは確実ですが、就活をせずに公務員試験に落ちたぐらいで人生が詰むことはありません。

それに、実際に公務員試験に落ちる人は大勢います。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

公務員試験に落ちる人は多い

就活生くん

え!?

公務員試験に落ちた人って、そんなにいるんですか?

はい。

公務員試験に落ちた人は、たくさんいます。

「就活の教科書」編集部 ゆき

https://twitter.com/good_tibalt/status/1298480424214122496

職種にも依りますが、公務員試験の合格率は20%以下である場合も多いです。

つまり、公務員試験を受けた大半の人は落ちているんですよ。

「就活の教科書」編集部 ゆき

就活生くん

そうなんですね・・・

公務員試験に落ちたショックが少し和らいできた気がします。

 

 

落ちた人によくある悩み

就活生くん

けど、公務員試験に落ちたらやっぱり不安だし、辛いし、どうすればいいか分かりません・・・

同じく公務員試験に落ちた人も、僕みたいな悩みを抱えているんですか?

もちろん、公務員試験に落ちた人には共通した悩みがあります。

「就活の教科書」編集部 ゆき

公務員試験に落ちた人のほとんどは、「就職先をどうするか」で悩みます。

そして、公務員試験に落ちた人の選択肢は大きく分けて2つとなっています。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

実際に落ちた人の進路は大きく分けて2択

公務員試験に落ちた場合の選択肢は翌年の公務員試験を受けるか、民間企業に就職するかの2択に分けられます。

公務員試験は5月~9月頃に行われる一方で、民間企業には秋採用・通年採用があるため、仮に公務員試験に落ちても大学卒業までに就職は間に合います。

一方、大学を一旦卒業して、翌年の公務員試験を受験するという選択肢もあります。

こちらの選択肢は一時的に無職になってしまうため、少なからず経歴に傷は付いてしまいます。

ですが、公務員試験では無職期間が問題になることはないため、「公務員試験を受けて絶対に公務員を目指す」という意思があるのであれば、特に問題はありません。

とはいえ、無職になって公務員試験を受けるのはリスキーであるのは確かです。

では、公務員試験に落ちた後の選択肢についてもう少し具体的に解説しますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

【全落ちしたらどうしよう…】公務員試験に落ちた後の選択肢

就活生くん

公務員試験に全落ちしてしまったのですが、この後どうすればいいのでしょうか・・・?

公務員になることしか考えていなかったのですが、卒業して無職にならないためには民間企業への就職も考えたほうがいいのでしょうか・・・?

これまで目標としていた公務員以外にも、実はいろいろな選択肢が残されています。

一旦視野を広げて、今後自分がどの方向に行きたいのかを考えてみましょう。

「就活の教科書」編集部 ゆき

公務員試験に落ちた後の選択肢
  • 選択肢①:民間企業に就職する
  • 選択肢②:就職留年をする
  • 選択肢③:就職浪人をする

以上の3つに分けて、公務員試験に全落ちした後の選択肢について解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

選択肢①:民間企業に就職する(一番おすすめ)

公務員試験に全落ちした後の選択肢1つ目は「民間企業に就職する」です。

多くの自治体が公務員試験を行う5月~9月は、民間企業がまだまだ新卒を募集している時期です。

そのため、秋・冬頃から民間企業の就活をすることは十分に可能なのです。

以下に、民間企業へ就職するメリットとデメリットについてまとめています。

民間企業へ就職するメリット
  • 働きながら公務員試験の対策ができる
  • 将来転職できる可能性が広がる
  • 公務員よりも高い年収を得られる可能性がある
民間企業へ就職するデメリット
  • 公務員よりも退職金の金額は少ない
  • 年金・休日休暇など手厚い福利厚生は期待できない場合もある
  • ブラック企業に入社する可能性がある

メリットとデメリットはありますが、特に以下の条件に当てはまる人は民間企業への就職がおすすめです。

「就活の教科書」編集部 ゆき

民間企業への就職を考えるべき人の特徴
  • 公務員を志望している理由が「安定」しかない
  • 公務員がホワイトだと考えている
  • 同世代よりもお金を稼ぎたい
  • 自分の成長・成果にやりがいを感じる

以上の条件を踏まえて、自分が公務員志望にこだわるべきか否かは、よく考えて決断するべきなのです

「自分はなぜ公務員を志望していたのか」、そして「その志望理由は公務員以外ではできないことなのか」をもう一度考えてみましょう。

「就活の教科書」編集部 ゆき

もし、「民間企業志望に切り替えたいけど、就活が不安…」という方は、DiG UP CAREERをおすすめします。

「DiG UP CAREER」は、大手~中小・ベンチャーの隠れホワイト優良企業を無料で紹介してくれるので、就活に出遅れても内定を勝ち取ることはできます。

「公務員に落ちたけど、ブラック企業だけは回避したい!」という方は、DiG UP CAREERも合わせて使ってみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

選択肢②:就職留年をする(どうしても公務員に就職したい人向け)

公務員試験に全落ちした後の選択肢2つ目は「就職留年をする」です。

公務員試験に落ちた後何もせずに卒業すると、「既卒枠」に入れられて民間企業の「新卒採用枠」に応募するのが難しくなります。

そこで、意図的に大学留年をして公務員試験の再受験と民間企業への新卒就活の両方の選択肢を残せるのが「就職留年」です。

就職留年をするメリットとデメリットは以下の通りです。

就職留年をするメリット
  • 公務員試験を受けるチャンスができる
  • 自分を見つめ直す時間が増える
  • 民間就職への切り替えもできる
就職留年をするデメリット
  • 勉強しても公務員試験に落ちる場合もある
  • 留年するため学費がかかる
  • 経歴に傷が付く

就職留年は「どうしても公務員試験に受かりたい人」にはおすすめしますが、そうでないならおすすめはしません。

就職留年については以下の記事でも詳しく解説しているので、就職留年を検討している就活生はぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

選択肢③:就職浪人をする(おすすめしない)

公務員試験に全落ちした後の選択肢3つ目は「就職浪人をする」です。

就職浪人とは卒業した後に、「無職」の肩書きを背負って就職活動(公務員試験の勉強)を続けることです。

就職浪人のメリットとデメリットは以下の通りです。

就職浪人をするメリット
  • 留年用の学費を払わずに済む
  • もう1回公務員試験を受けられる
  • 春からの通常の就活を行える
就職浪人をするデメリット
  • 「新卒カード」が使えない
  • 公務員試験に落ちる場合がある
  • 2年以上公務員浪人すると民間企業への就職難易度が格段に上がる

就職浪人は、メリットよりもデメリットの方が大きいため、本当におすすめしません。

就職浪人については以下の記事でも詳しく解説しているので、就職浪人を検討している就活生はぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

【民間企業就職へ向けて】公務員試験に落ちたらやるべきこと5選

就活生くん

公務員試験に落ちてしまったのですが、これから何をすればいいのでしょうか?

民間企業への就職の準備は全くしていなかったので、どうやって就活すればいいのかもわからないです・・・

公務員試験と民間企業への就職活動はやることが違うので、最初は混乱してしまいますよね。

そこで、まずは民間企業への就職に切り替えた人が取組むべきことについて解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

【民間企業就職へ向けて】公務員試験に落ちたらやるべきこと5選
  • やるべきこと①:まずはゆっくり休む
  • やるべきこと②:受けたい企業を見つける
  • やるべきこと③:企業研究をする
  • やるべきこと④:エントリーシート(ES)を完成させる
  • やるべきこと⑤:徹底して面接対策を行う

以上の5つに分けて、公務員試験に落ちたらやるべきことについて解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

やるべきこと①:まずはゆっくり休む

公務員試験に落ちて民間企業への就職を目指す人がやるべきこと1つ目は「まずはゆっくり休む」です。

公務員試験の不合格は、想像以上に辛いし、ショックは大きいと思います。

そのため、公務員試験に落ちたショックが癒えるまでは、ゆっくりと休みを取るべきです。

無理をして何かを始めようとしても、心が辛い状態では何も上手くはいきません。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

やるべきこと②:受けたい企業を見つける

公務員試験に落ちて民間企業への就職を目指す人がやるべきこと2つ目は「受けたい企業を見つける」です。

今まで公務員を志望していた人は、「そもそも受けたい企業が見つからない」という状況にいる場合が多いです。

受けたい企業を見つけるためには業界・職種を調べるのも重要ですが、まずは自分の興味関心や適性を知る必要があります。

そのために必要なのが自己分析です。

「時間がないから早く自己分析を終わらせたい!」という方におすすめなのが、適性診断AnalyzeU+です。

「適性診断AnalyzeU+」を使うと、めんどくさい自己分析が5分~10分で終わってかなり正確な結果が出ます。

「自己分析したいけど時間があまりない…」という方は、適性診断AnalyzeU+を使ってみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

>> 適性診断AnalyzeU+で自己分析してみる

 

やるべきこと③:企業研究をする

公務員試験に落ちて民間企業への就職を目指す人がやるべきこと3つ目は「企業研究をする」です。

企業の選考対策として「企業研究」は欠かせません。

企業研究は以下の資料を用いて行うのがおすすめです。

企業研究におすすめの資料
  • 有価証券報告書
  • 決算説明会資料
  • 中長期経営計画
  • 統合報告書
  • CSRレポート
  • サステナビリティレポート
  • 企業ホームページ(企業情報・理念・採用情報等)
  • 口コミ(openworkエンライトハウスなど)
  • 業界地図
  • 就職四季報
  • 業界新聞

選考を突破するためにも、上記の資料には一度は目を通しておくことをお勧めします。

企業は一社一社違うので、きちんと企業研究することをお勧めしますよ。

企業研究のやり方について知りたい就活生は、以下の記事を熟読してくださいね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

やるべきこと④:エントリーシート(ES)を完成させる

公務員試験に落ちて民間企業への就職を目指す人がやるべきこと4つ目は「エントリーシート(ES)を完成させる」です。

内定を獲得するにはエントリーシート(ES)の提出は避けて通れません。

エントリーシートの内容としては「履歴書(経歴)+自己PR・志望動機」を書く場合が多いため、企業研究・自己分析の両方が必要になります。

「分析」「構成考案」「文章作成」という3Stepがあり、作業量はかなり多くなります。

「ESが上手く書けない、書けても書類選考通るかわからない…」という方は、unistyle(ユニスタイル)がおすすめです。

「unistyle」は過去の内定者のESが53,305枚無料で見放題なので、面接官に評価されるESを作れるようになります。

「公務員試験に落ちたのに、書類選考までも落ちたくない!」という方は、unistyleを使って内定者のESを参考にしましょう。

「就活の教科書」編集部 ゆき

>> unistyleを見てみる

 

やるべきこと⑤:徹底して面接対策を行う

公務員試験に落ちて民間企業への就職を目指す人がやるべきこと5つ目は「徹底して面接対策を行う」です。

エントリーシートが通過するようになってくると、いよいよ面接が控えています。

特に公務員試験に落ちた人は応募が遅いため「なぜこの時期になったのか」などの特別な質問をされる可能性があります。

公務員志望の人が聞かれる可能性のある質問
  • この時期まで就職活動を続けておられるのは何故ですか?
  • 公務員を志望されていましたか?
  • なぜ公務員を志望されていたのですか?
  • なぜ公務員ではなく民間企業を選ばれたのですか?
  • なぜ公務員を諦めて弊社を志望されるのですか?
  • 他社から内定を獲得されていますか?

企業側も、公務員試験に落ちた人を不採用にしたい訳ではありませんが、時期が時期なだけに志望動機を明確に答えられないと、内定は難しいです。

「本命の企業選考で落ちたくない!」という方は、OfferBox(オファーボックス)を使って実際に面接を練習することが一番おすすめです。

「OfferBox」を使うと、プロフィールを入力するだけで企業からスカウトが来るので、実践的な面接練習ができます。

「第一志望の面接で絶対に落ちたくない!練習しておきたい!」という方は、OfferBoxも合わせて使ってみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

>> OfferBoxでスカウトを受け取る

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

【公務員試験全落ちしたけど…】民間企業に今スグ就職するコツ5選

就活生くん

公務員試験に全落ちしてしまったんで、民間企業に就職しようと思っています。

民間企業に就職するためには何をすればいいんでしょうか?

民間企業に今スグ就職するコツは以下の5つです。

「就活の教科書」編集部 ゆき

  • コツ①:就活エージェントを利用する
  • コツ②:逆求人サイトを利用する
  • コツ③:リクナビ・マイナビで企業を探す
  • コツ④:秋採用・通年採用をしている企業を探す
  • コツ⑤:就活コーチングを受ける

以上の5つに分けて、民間企業に就職するコツについて解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

コツ①:就活エージェントを利用する

今すぐ民間企業に就職するコツ1つ目は「就活エージェントを利用する」です。

就活エージェントは求職者の人にES添削や面接練習の手伝いをしてくれるだけでなく、おすすめの企業を紹介してくれるサービスです。

就活エージェントは基本的に無料で利用できるため、まずは気軽に利用してみることをおすすめします。

紹介企業の中に自分にあった企業が見つかる可能性もあるため、自分一人で企業選びをするよりも短期間で内定を獲得できます。

中でもおすすめの就活エージェントはキャリアチケットです。

キャリアチケットでは、1万人以上をサポートするエージェントが、あなたの良さや要望にマッチした企業を紹介してくれます

「就活の教科書」編集部 ゆき

また、以下の記事ではおすすめの就活エージェント就活エージェントを使うべきかについて詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

コツ②:逆求人サイトを利用する

今すぐ民間企業に就職するコツ2つ目は「逆求人サイトを利用する」です。

逆求人サイトとは企業から就活生にスカウトが来るサイトを指します。

例えばOfferBoxキミスカなどに代表される逆求人サイトは、プロフィールを登録するだけでスカウトが来るので手軽なのも特徴です。

逆求人サイトの中でも特に、以下の理由からOfferBoxがおすすめです。

OfferBoxをおすすめする理由
  • 登録企業が多い
  • 上場企業からもオファーが来る
  • 特別な選考ルートに乗れる

逆求人サイトは一度登録するだけで、勝手にオファーが来る利便性も特徴です。

逆求人サイトについて以下の記事で詳しく解説しているので、逆求人サイトを使ってみたいという就活生はぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

コツ③:リクナビ・マイナビで企業を探す

今すぐ民間企業に就職するコツ3つ目は「リクナビ・マイナビで企業を探す」です。

一番オーソドックスな方法ですが、リクナビ・マイナビは掲載されている求人の数が桁違いなので、企業を探す定番の方法です。

自分にあう条件の企業を探すのは少し大変ですが、とにかく民間企業を探したい人にとっては一番最適な方法と言えるでしょう。

就活エージェントや逆求人サイトを利用するのにハードルを感じている人は、まずはリクナビを利用して求人を探してみましょう。

当たり前な方法だと思うかもしれませんが、案外侮れませんよ。

ひとまず使ってみてから判断することをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

コツ④:秋採用・通年採用をしている企業を探す

今すぐ民間企業に就職するコツ4つ目は「秋採用・通年採用をしている企業を探す」です。

秋採用は8月以降の就活で、通年採用は1年中採用活動を行っている企業です。

また、秋採用や通年採用の場合、大手企業に就職できるチャンスもあります。

そのため、公務員試験に落ちて民間企業に就職する場合は、秋採用や通年採用を実施している企業を狙うのもおすすめです。

秋採用や通年採用を行っている企業については、以下の記事で解説しているので、興味のある方は読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

コツ⑤:就活コーチングを受ける

今すぐ民間企業に就職するコツ5つ目は「就活コーチングを受ける」です。

就活コーチングは、就活の状況を管理してくれたり、就活のモチベーションを上げてくれるカウンセリングサービスです。

直接就活の指導をしてくれたり、有益な情報をくれるため、就活初心者の方には非常におすすめです。

ただし、就活エージェントと異なり有料の場合がほとんどのため、金銭に余裕がない就活生には利用は難しいという側面もあります。

ショックを受けたり、辛い気持ちになったときに励ましてくれる人がいるのは心強いですね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

無い内定を抜け出したい方は、就活エージェントを活用してみましょう。

たとえば「ミーツカンパニー就活サポート」だと、充実したサポート体制が整えられています。

自分に合った企業を紹介してもらえますよ。

就活アドバイザー 京香

ミーツカンパニー就活サポートを見てみる

 

当サイトがおすすめする就活エージェントは以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

就活の教科書公式LINEで、学歴では測れない「就活戦闘力」を測ろう!

実は、学歴が高くても就活で苦戦する就活生が毎年多くいます。

原因の一つとして、自分の就活戦闘力がわかっていない状態でレベルの高すぎる企業の選考を受けてしまうことがあります。

自分の就活戦闘力を測るには、就活の教科書公式LINEの機能である「就活力診断」が役立ちます!

「就活力診断」では、あなたの現状や足りていないところを見つけ、あなたにあったアドバイスを受け取ることができます。

アドバイスを実践することで内定に近づけるので、気軽にこちらから診断してみてください。

>> 就活力診断を試してみる

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

公務員試験に落ちた人が聞かれやすい質問&回答例

就活生くん

公務員試験に落ちたので、民間企業への就職を目指していますが、公務員試験に落ちた人は面接でどんなことを聞かれるんですか?

公務員試験に落ちた人が民間企業の面接でよく聞かれる質問は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 ゆき

公務員試験に落ちた人が聞かれやすい質問&回答例
  • 質問①:「どうして民間企業への就職に変えたの?」
  • 質問②:「公務員はもう諦めたの?」
  • 質問③:「なんで公務員になろうと思ったの?」

それでは、公務員試験に落ちた人が民間企業でよく聞かれる質問と回答例について、それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

質問①:「どうして民間企業への就職に変えたの?」

公務員試験に落ちた人が民間企業の面接でよく聞かれる質問1つ目は、「どうして民間企業への就職に変えたの?」です。

この質問に回答するポイントは、「公務員を目指すことを諦めたことを論理的に伝える」ことです。

回答例

民間企業へ切り替えたのは、公務員の仕事が合わないかもしれないと感じたからです。

私は公務員を志望していましたが、公務員となったサークルの先輩方から公務員の話を聞いていると、仕事が単調でつまらないことがわかりました。

そこで改めて自己分析をする中で、商品の開発に携わったり、モノを売る仕事をしたいと思うようになりました。

また、御社は少数精鋭で幅広い業務に関われることに魅力を感じています。

そのため私は、公務員ではなく民間企業への就職を志望しています。

ちなみに、公務員を目指していた人が民間企業への就職に切り替えた場合、この質問はほぼ100%の確率で聞かれるので、しっかりと準備をしておきましょう。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

質問②:「公務員はもう諦めたの?」

公務員試験に落ちた人が民間企業の面接でよく聞かれる質問2つ目は、「公務員はもう諦めたの?」です。

この質問に回答するポイントは、「結論として公務員を目指すことを諦めたとしっかりと伝える」ことです。

回答例

はい、諦めました。

実際私は公務員にも民間企業にも興味がありましたが、公務員として働く大学の先輩とお話をさせていただいたのですが、公務員だと単調な仕事が予想以上に多いことがわかりました。

私自身、自分で考えながら幅広い業務に携わりたいと考えているため、公務員よりも自由度が高く、少数精鋭に強みを持っている御社で働きたいと考えております。

この質問を聞くことで、本当にウチの企業を志望しいるのかを確かめています。

そのため、志望度が高いことをしっかりとアピールしましょう。

民間企業へ就職してから公務員を目指そうと思っていても「諦めました」と伝えるのがベストです。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

質問③:「なんで公務員になろうと思ったの?」

公務員試験に落ちた人が民間企業の面接でよく聞かれる質問3つ目は、「なんで公務員になろうと思ったの?」です。

この質問では、もともと公務員になろうと思っているきっかけを聞いています。

回答例

私は地元が好きなので、地元をより豊かにしたいと思い、公務員を志望していました。

しかし、公務員になったとしても地元でどのように豊かにしたいのかが曖昧でした。

一方で、御社なら地元企業ですし、地元企業に関する取り組みも積極的に行っているため、地元の方を目に見える形で幸せにできると考えました。

そのため、公務員を諦め、御社で会社と地元に貢献し、より多くのお客様の笑顔を増やしたいと考えております。

この質問では、公務員になろうと思ったことを説明し、その後で民間企業を志望する理由について伝えるのがベストですね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

公務員志望から民間企業を目指す人におすすめの業界

就活生くん

公務員試験に落ちたので、民間企業に就職したいのですが、公務員から民間企業に行く人はどんな業界に就くのでしょうか?

公務員志望から民間企業を目指す人におすすめの業界は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 ゆき

公務員志望から民間企業を目指す人におすすめの業界
  • 業界①:IT
  • 業界②:金融
  • 業界③:教育

それでは、公務員志望から民間企業を目指す人におすすめの業界について、それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

業界①:IT

公務員から民間企業に行く人が就く業界1つ目は、「IT業界」です。

IT業界は移り変わりが早い業界なので、スキルがない場合でも目指す方が多いです。

公務員を志望する方は、意外と「なんとなく」で志望する場合が多く、よく自己分析するとIT業界に向いていることもあります。

将来的なスキルも身に付けるためにも、IT業界をおすすめします。

どの業界へ行くかで迷っている就活生は、まずは自己分析から始めてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

IT業界の優良企業やホワイト企業に内定を貰いたい就活生の方はレバテックルーキーを利用するのがオススメです。

レバテックルーキーを使うと、大手~ベンチャーの隠れ優良企業を紹介してくれるので、学歴に自信がなくても優良IT企業に就職できるサービスを無料で受けられます。

IT就活に特化したアドバイザーが、ES添削・面接対策を親身に行ってくれるので、隠れホワイトIT企業に就職できる力が身に付きます。

また、利用者の内定率は85%以上であり最短1週間で内定を獲得した就活生もいます。

就活生なら無料で利用できるので、「学歴に自信ないけど、内定がもらいやすいIT業界の優良企業に就職したい!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

>> レバテックルーキーを見てみる

 

業界②:金融

公務員から民間企業に行く人が就く業界2つ目は、「金融業界」です。

もともと公務員志望の方は、経理や会計などに興味がある場合が多いです。

また、公務員になってからも簿記やFPなどの資格を取ろうと考えている就活生もいます。

そのため、公務員に落ちた方は、金融業界に行くことをおすすめします。

金融業界については以下の記事で解説しているので、興味のある方はぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

業界③:教育

公務員から民間企業に行く人が就く業界3つ目は、「教育業界」です。

教育業界は、もともと教師を目指していた方には特におすすめできます。

現段階で教員になれなくても、教育業界で身に付けたスキルや知識を活かして、また公務員に転職すれば問題ありません。

そのため、公務員試験に落ちた方は、教育業界にも目を向けてみることをおすすめします。

教育業界の企業については以下の記事で解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

公務員試験に落ちて就職浪人/留年をする場合にやるべきこと

就活生くん

僕は公務員試験に落ちましたが、民間企業への就職ではなくまた公務員試験を受けようと考えているのですが、何をするべきでしょうか?

公務員になりたい気持ちはあるのですが、落ちてしまった今何をすればいいのかわからないです・・・

これまで努力してきたのに落ちてしまったのであれば、何をすればいいのかわからなくなってしまうのも仕方がありません。

しかし、まだ公務員になりたい気持ちがあるのならばもう一度受験したくなるのも当たり前のことです。

「就活の教科書」編集部 ゆき

公務員試験に落ちて就職浪人/留年をする場合にやるべきこと
  • やるべきこと①:自分が落ちた原因を分析する
  • やるべきこと②:公務員予備校に通う
  • やるべきこと③:就職浪人をした理由を面接で言えるように考えておく

以上の3つに分けて、公務員試験に落ちて就職浪人/留年をする場合にやるべきことについて解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

やるべきこと①:落ちた原因を分析する

公務員試験に落ちて就職浪人/留年をする場合にやるべきこと1つ目は「落ちた原因を分析する」です。

公務員試験にもう一度挑戦するならば、まずは何故今年落ちたのかを確かめる必要があります。

どの自治体でも成績の開示請求をすれば点数・順位などを開示してくれるので、何の点数が足りなかったのかを把握しましょう。

もし筆記・論文試験を通過していても、ギリギリの点数での通過であれば改めて対策する必要があるので、まずは落ちた原因を分析してみましょう。

落ちた原因がわからなければ対策のしようがありません。

効率的に対策して確実に受かるためにも、まずは開示請求をして原因を分析しましょう。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

やるべきこと②:公務員予備校に通う

公務員試験に落ちて就職浪人/留年をする場合にやるべきこと2つ目は「公務員予備校に通う」です。

公務員試験は大学でも課外講座などで対策ができますが、公務員予備校はより専門的な教材・講義で効率的に試験対策を進められます。

金銭的に余裕がない場合などは公務員予備校に無理して通う必要はありませんが、可能であれば公務員予備校に通いましょう。

多少の費用がかかったとしても、最終的に公務員試験に合格するのが最重要なので一度検討してみてくださいね。

四回生である程度単位を取得しているのなら、大学に在籍しながらでも公務員予備校に通うことは可能です。

一方で、もし単位が大量に残っているのならば公務員予備校に通うのは厳しいかも知れません。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

やるべきこと③:就職浪人をした理由を言語化しておく

公務員試験に落ちて就職浪人/留年をする場合にやるべきこと3つ目は「就職浪人をした理由を言語化しておく」です。

就職浪人をしていると面接官からは「就職活動に失敗した人」という先入観を持って見られる可能性があります。

そのため、面接官に納得してもらえるだけの理由を用意しておく必要があります。

公務員へのこだわりや地域・社会貢献への意欲など、公務員にどうしてもなりたい前向きな理由を考えておくと印象も良くなりますよ。

就職浪人をすることが悪いわけではありませんが、面接官が先入観を持ってしまうのが現実です。

逆に言えば就職浪人をした理由を納得させられれば、合格も一気に近づきますよ。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

無い内定から抜け出したいなら就活のプロに相談してみよう

就活生くん

僕はまだ内定が無くて、不安な気持ちでいっぱいです。

なんとかして、内定をもらえる方法ないかな・・・

無い内定を抜け出すためには、就活のプロに相談してみましょう。

就活エージェントなら就活相談はもちろん、あなたに合った企業の紹介や選考対策ができます。

ミーツカンパニー就活サポート」なら、就活のプロ(元人事・人材会社出身)に自分に合った企業を紹介してもらえます。

気軽に面談ができるので、まずは就活エージェントに相談してみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> ミーツカンパニー就活サポートを見てみる

 
メモ

ちなみに早めに内定がほしいなら、合同選考イベントに参加するのがおすすめです。

たとえば「ミーツカンパニー」は、1回最大2~8社の選考を同時に受けられ、早ければ1週間で内定をもらえますよ。

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:公務員試験に落ちた人でも挽回できる!

さて、【どうしよう…】公務員試験に落ちた後にすべきこと5選 | 今スグ就職するコツ,おすすめの業界もはいかがだったでしょうか?

この記事では、公務員試験に落ちた後にやるべきことについて解説しました。

また、公務員から民間企業を目指す人におすすめの業界も紹介しました。

この記事で学んだこと

◆ 就活をせずに公務員試験に落ちても人生終わりではない

  • 公務員試験に落ちる人は多い
  • 落ちた人によくある悩み
  • 実際に落ちた人の進路は大きく分けて2択

◆ 【落ちたらどうしよう…】公務員試験に落ちた後の選択肢

  • 選択肢①:民間企業に就職する
  • 選択肢②:就職留年をする
  • 選択肢③:就職浪人をする

◆ 【民間企業就職へ向けて】公務員試験に落ちたらやるべきこと5選

  • やるべきこと①:まずはゆっくり休む
  • やるべきこと②:受けたい企業を見つける
  • やるべきこと③:企業研究をする
  • やるべきこと④:エントリーシート(ES)を完成させる
  • やるべきこと⑤:徹底して面接対策を行う

◆ 【公務員試験落ちたけど…】民間企業に今スグ就職するコツ5選

  • コツ①:就活エージェントを利用する
  • コツ②:逆求人サイトを利用する
  • コツ③:リクナビ・マイナビで企業を探す
  • コツ④:秋採用・通年採用をしている企業を探す
  • コツ⑤:就活コーチングを受ける

◆公務員試験に落ちた人が聞かれやすい質問&回答例

  • 質問①:「どうして民間企業への就職に変えたの?」
  • 質問②:「公務員はもう諦めたの?」
  • 質問③:「なんで公務員になろうと思ったの?」

◆公務員志望から民間企業を目指す人におすすめの業界

  • 業界①:IT
  • 業界②:金融
  • 業界③:教育

◆ 公務員試験に落ちて就職浪人/留年をする場合にやるべきこと

  • やるべきこと①:落ちた原因を分析する
  • やるべきこと②:公務員予備校に通う
  • やるべきこと③:就職浪人をした理由を言語化しておく

公務員になりたいという夢を叶えるために努力しているあなたは、とても素敵な人です。

ぜひ夢を叶えるためにも、自分がどの方向に進むべきなのかを今一度真剣に考えてみましょう。

「就活の教科書」編集部 ゆき