>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【内定者が教える】就活ができない理由5つと対処法 | 進まなかった場合の未来も

就活 できない

こんにちは。「就活の教科書」編集部のユイです。
就活をしていて、面接に落ちたりするとき、就活ができないと感じますよね。

「就活の教科書」編集部 ユイ

就活生くん

面接で辛いことがあった。
もう就活ができない。

就活生ちゃん

事情があって就活ができない。
色々な理由から就活ができない時もありますよね。

「就活の教科書」編集部 ユイ

この記事は、実際に就活をした内定者の私が、就活ができないと感じるあなたに向けて書いています。

就活ができない理由5つや就活がうまく進まなかった場合の未来、できないと思ったあなたに試して欲しいことなどを紹介します。

就活をできないと感じたあなたが、改めて自分の進む道へとスタートをきれるように書いています。
ぜひ最後まで読んでくださいね。

「就活の教科書」編集部 ユイ

就活ができないと感じている学生は多い

様々な理由で就活ができないと感じている学生は多いです。

就活ができない理由があっても、就活できない状況をなんとかしたいと思いますよね。

同じく就活中に「就活ができない」と感じていた人がどのように対処していたかを知ることで、あなたの悩みも解消されるかもしれません。

これから、就活ができない理由5つを紹介します。
あなたの状況と同じ理由があったら、対処法を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

就活ができない理由5つと対処法

就活ができない理由5つと対処法を説明します。

就活ができない理由5つ
  • 面接が怖い
  • 落ちるのが怖い
  • 病気である
  • 単位が足りない
  • お金がない

 

理由①:面接が怖い

就活ができない理由1つ目は、面接が怖いです。

就活で面接は、どの業界の企業を受ける時も必ず受けないといけない工程です。

面接は自分を「評価される場」であり、初対面の社会人と会話するので、怖いと感じる就活生の方も多いですよね。

人と話すのが好きな私でも、かしこまった雰囲気で行われる面接は、怖いと感じました。

「就活の教科書」編集部 ユイ

面接が怖い就活生の対処法はこちらです。

面接が怖い就活生の対処法
  • 面接官もただの人間とリラックスする
  • 面接の数をこなして慣れる
  • 自分も企業を選ぶ意識で企業と対等だと考える

 

面接の対策方法をもっと知りたい人は、以下に記事を読めば、就活での面接の不安を自信に変えれるので参考にしてみてください。

 

理由②:また落ちるのが怖い

就活ができない理由の2つ目は、また落ちるのが怖いです。

就活をしていて、選考に何回も落ちると「自分はダメな人間だ」と凹みますし、「また落ちるのでは」と新たな選考を受けるのが怖いと感じますよね。

「志望企業に落ちてしまった後の未来がみえない」と感じていると、落ちるのがより怖くなります。

頑張っていても結果が出ないと、就活ができないと感じてしまうのも当然ですよね。
悲しくて、情けない気持ちになって自己嫌悪から就活ができないと思う気持ち、よくわかります。

「就活の教科書」編集部 ユイ

選考にまた落ちるのが怖い就活生の対処法はこちらです。

また落ちるのが怖い就活生の対処法
  • 落ちた企業は自分に合わない企業だったと考える
  • なぜ落ちたのか原因を考え、対策してから就活する
  • 落ちても転職や他の無限の可能性があると考える

 

理由③:就職鬱

就活ができない理由の3つ目は、就職鬱です。

就職鬱とは、「就職活動をしていてストレスなどをため込みすぎて、それに耐えきれなくなってしまい鬱の症状を発症してしまう状態」のことです。

売り手市場と言われる今の時代も、就職鬱の学生は非常に多いようです。

  • 同じことばかりずっと考えてしまう
  • 眠ることができない
  • 食欲がない
  • 自分に自信が持てない
  • 腹痛や頭痛が激しい
  • 体がしんどい
  • 気が落ち込んでいる
  • 何をしても楽しくない

上のような状態なら、あなたは就職鬱が原因かもしれません。

就職鬱で就活ができないのは、甘えではないです。
誰でも将来について真剣に考え、悩むのはあたりまえですよ。
でも、就活だけが自分の人生を決めるわけじゃありません。

「就活の教科書」編集部 ユイ

就活鬱の対処法はこちらです。

就活鬱の対処法
  • 就活を休む
  • リフレッシュ方法を見つける
  • 信頼できる人に相談する

就活がつらいと感じる方はこの記事も読んでみてください。

就活の経験者の体験談を基に、悩みに応じてアドバイスや今後どうしたら良いのかが分かるので、ぜひ読んでみてください。

 

理由④:単位が足りない

就活ができない理由4つ目は、単位が足りないです。

大学を卒業するのに必要な授業があり、学業に忙しくて就活ができないと感じている就活生もいますよね。

新卒で入社するには、大学を卒業することが必須です。

面接や説明会などで忙しい就活と、授業に出たり課題などもある学業の両立は、時間的に厳しいです。

就活と卒業するための学業、どっちも妥協できないですよね。
私も4年の4月はめちゃくちゃ忙しかったです。

「就活の教科書」編集部 ユイ

単位が足りない就活生の対処法はこちらです。

単位が足りない就活生の対処法
  • 1日完結選考会のある企業を受ける
  • 曜日感覚で学業と就活を管理する
  • 就活エージェントを使って効率よく就活する

 

理由⑤:お金がない

就活ができない理由の5つ目は、お金がないです。

就活の選考で移動する場合の交通費は多くの場合、就活生が自分で負担しますし、他にも就活をしていると色々お金がかかりますよね。

就活でかかるお金について、日本経済新聞ではこんな記事がありました。

就活費用、19年卒は10万円超え 4割はバイトで捻出

地域別に見ると関東は約7万円、関西と東海は約11万円だった。一方で、その他の地方は約15万円と突出し、大半が交通費と宿泊費で占められている。

2018/7/13
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32956340T10C18A7EAF000/

就活で就活生は平均10万円も出費をしています。

自分のアルバイトで稼いだお金から就活費用を捻出している就活生は、「やりたいのにお金がかかる就活ができない」と感じますよね。

お金がなくて就活ができない就活生の対処法はこちらです。

お金がない就活生の対処法
  • 1日に複数の選考をいれて交通費を節約する
  • 就活スーツを貸出や宿泊所提供などの無料サービスを活用する
  • 交通費や宿泊費が支給される企業の選考を受ける

また、お金がない場合はアルバイトをしながら就活を進める方は多いかもしれません。

アルバイトと就活を両立する方法はこの記事で詳しく解説しています。

就活中のアルバイトを休むべきか就活中のアルバイトの注意点が分かります。

あなたが就活できないと感じている状況と同じ理由はありましたか?
就活ができないと感じている学生の方は対処法をぜひ試してみてください。
次は、就活ができなかった場合の道について説明します。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

就活ができなかった(進まなかった)場合の未来

就活ができなかったら、その後どうなるのか、どうしたらいいのか気になりますよね。
最後に、就活ができなかった場合の未来について説明します。

「就活の教科書」編集部 ユイ

就活出来なかった場合の未来①:就職浪人・就職留年

就活できなかった場合の道の1つ目は、就職浪人と就職留年です。

就職浪人と就職留年の違いは、新卒扱いか既卒扱いかです。

就職浪人・就職留年
  • 就職浪人:大学卒業後も就活をつづける学生、既卒で就活をする
  • 就職留年:新卒のまま就活をするため、留年し大学を卒業しない学生
この2つにはそれぞれメリット・デメリットがあるので、就活ができなくて就職浪人・就活留年を考えている就活生の方はじっくり検討する必要があります。

「就活の教科書」編集部 ユイ

就職浪人 就職留年
メリット
  • 自由度が高く時間をかけてじっくり就活できる
  • 新卒のまま就職活動ができる
デメリット
  • 新卒の権利がない
  • 企業によってはマイナスイメージがあることも
  • 学費がかかる
  • 留年時期に何をしたかが問われる
私の友達にも就職浪人と就職留年をしてる学生はいます。
就活浪人や就活留年は、今は珍しいものではないです。
この2つを選択するなら、しっかりと目標を立てて覚悟を決めて進みましょう。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

就活できなかった場合の未来②:フリーターになる

就活できなかった場合の道の2つ目は、フリーターになるです

フリーターとは、「日本で正社員・正職員以外の就労雇用形態(契約社員・派遣社員・アルバイトなどの非正規雇用)で生計を立てている人」を指します。

就活ができなかったため、大卒でフリーターという選択肢を選ぶ人は就活生全体の約7%、42万人ほどだそうです。

参考:独立行政法人 労働政策研究・研修機構 「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状②-平成24年度版『就業構造基本調査』よりー」

 

この結果を見ると、大卒のフリーターになる人は意外にも多いとわかります。

フリーターになるという選択肢にも、当然メリット・デメリットがあります。

メリット
  • 時間や転職などの自由度が高い
  • 新卒の正社員より稼げる場合もある
デメリット
  • 正社員と比べて生涯賃金が大きく違う
  • 収入が安定しない
  • クビにされやすい
  • 偏見を持たれる
  • 正社員になりにくい
  • 保険に入れず、ローンを組めない

 

私の周りにも、日本の就活スタイルが嫌になり、海外で働くのを夢見てお金を貯めるためフリーターを選んでいる人がいました。
また、中途採用で正社員を募集している企業で即戦力になるために、派遣社員で経験を積んで、中途採用の企業に応募して正社員になる人もいます。
人それぞれ色々な道があるので、メリット・デメリットが自分にとって許容できるなら、将来やりたい目標のためにフリーターを選ぶ道もあります。

就活をしないで卒業するとどうなるかが知りたい就活生は、以下の記事で内定が無く卒業する人のメリットなどをまとめているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

契約社員でも給料が高いと「期間工(きかんこう)」になる大学生もいますが、新卒カード・キャリア・スキル的な観点でおすすめしません。

大卒後の期間工については、別サイトですが「大卒すぐに期間工は辞めておけ!【新卒カードが勿体ない】」という記事がわかりやすかったです。

 

「就活ができない」以外の悩みについて

「就活ができない」以外の悩みは、以下の記事で詳しく解説しています。

他の内定者の「就活が終わらない原因」「就活の失敗談」を知ることで自分の就活で同様のミス防げます。

合わせて読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

就活が上手くいかない時は、自己分析をやり直そう

就活が上手くいかない時は、一度、自己分析をやりなおして、自分の強み・弱みについて改めて理解し直すのが効果的です。とはいえ、そんな時間もないですよね。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで自分の強み・弱みを見つめ直し、逆転の内定を勝ち取りましょう。

まとめ:就活ができない!と自分を追い詰めないようにしよう

いかがでしたか。

今回は「就活の教科書」編集部のユイが、就活ができない理由と対処法、就活できなかった場合の道を紹介しました。

まず、就活ができない理由と対処法について説明しました。

就活ができない理由5つ
  • 面接が怖い
  • 落ちるのが怖い
  • 病気である
  • 単位が足りない
  • お金がない

面接が怖くて就活ができない人の対処法はこちらです。

面接が怖い人の対処法
  • 面接官もただの人間とリラックスする
  • 面接の数をこなして慣れる
  • 自分も企業を選ぶ意識で企業と対等だと考える

また落ちるのが怖くて就活ができない人の対処法はこちらです。

また落ちるのが怖い人の対処法
  • 落ちた企業は自分に合わない企業だったと考える
  • なぜ落ちたのか原因を考え、対策してから就活する
  • 落ちても転職や他の無限の可能性があると考える

就活鬱で就活ができない人の対処法はこちらです。

就活鬱の対処法
  • 就活を休む
  • リフレッシュ方法を見つける
  • 信頼できる人に相談する

単位が足りなくて就活ができない人の対処法はこちらです。

単位が足りない対処法
  • 1日完結選考会のある企業を受ける
  • 曜日感覚で学業と就活を管理する
  • 就活エージェントを使って効率よく就活する

お金がなくて就活ができない人の対処法はこちらです。

お金がない人の対処法
  • 1日に複数の選考をいれて交通費を節約する
  • 就活スーツを貸出や宿泊所提供などの無料サービスを活用する
  • 交通費や宿泊費が支給される企業の選考を受ける

次に、就活ができなかった場合の道の「就職浪人・就職留年」「フリーター」についてメリット・デメリットを説明しました。

就職浪人・就職留年のメリット・デメリットはこちらです。

就職浪人 就職留年
メリット
  • 自由度が高く時間をかけてじっくり就活できる
  • 新卒のまま就職活動ができる
デメリット
  • 新卒の権利がない
  • 企業によってはマイナスイメージがあることも
  • 学費がかかる
  • 留年時期に何をしたかが問われる

フリーターになるメリット・デメリットはこちらです。

メリット
  • 時間や転職などの自由度が高い
  • 新卒の正社員より稼げる場合もある
デメリット
  • 正社員と比べて生涯賃金が大きく違う
  • 収入が安定しない
  • クビにされやすい
  • 偏見を持たれる
  • 正社員になりにくい
  • 保険に入れず、ローンを組めない
就活ができないと感じても、自分を追い込むのではなく「就活って大変だなぁ」と思う程度にしたら、肩の力も抜けます。
適度に就活も休憩して、自分のできる範囲で精一杯頑張りましょう。

「就活の教科書」編集部 ユイ