>> 就活生を救うクラウドファンディング準備中!

【内定者が教える】就活ができない理由5つと対処法 | 進まなかった場合の未来も

就活 できない

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事を読めばわかること
  • 就活ができないと思う就活生は多い
  • 就活ができない理由5つと対処法5つ
  • 「就活ができない」と思う就活生の特徴は真面目で過敏な人
  • 就活ができなかった(進まない)時の未来
こんにちは。「就活の教科書」編集部のユイです。
この記事では、「就活ができない/就職できる気がしない」と感じている就活生の悩みに関して解説していきます。
就活をしていて、面接に落ちたりするとき、就活ができないと感じますよね。
また「自分は就職できない」と不安になる時もあると思います。

「就活の教科書」編集部 ユイ

就活生くん

この前面接で第1志望の企業からお祈りされました。
書類選考も中々通らないし、せっかく面接に進んでも落とされてしまい、自信をなくしています。
頑張ったのに結局結果が出なかったので、就活する気力が無くなりました・・・
このまま就活を続けても、就職できる気がしないです。

就活生ちゃん

私は家庭の事情であまり就活にお金をかけられないので、就活できなくて悩んでいます。
東京へ面接を受けるのにもお金がかかり、お金がないのでもう就活ができないです・・・
また、もともと人見知りなので、面接やグループワークで緊張してしまい、誰かと上手く話せないんです。

就活が上手くいかないと、「このままでは就職できないのではないか…?」と不安な気持ちになってしまい、精神的に辛くなっちゃいますよね。
私も就活をしていたとき、選考に落ちまくって「どうしよう、全然就職できる気がしない…」と、悩んでいた時期があったので気持ちはよくわかります。
また、様々な理由から就活ができない就活生も多いです。

「就活の教科書」編集部 ユイ

そこでこの記事では、就活ができない理由と対処法について紹介します。

合わせて同じ境遇の就活生の声就活ができないと思う人の人物像、選考が上手くいかない人の特徴5選について解説します。

この記事を読めば、就活ができないと思う理由を知って、できない時の対処法を知ることができますよ。

また、就職させるためにこれからやるべきことがわかるようになりますよ。

「就活ができないと思う理由と対処法を知って、もう一度就活を頑張りたい!」「就活に対する不安な気持ちを解消した」「内定を取るためのきっかけを作りたい」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

就活をできないと感じたあなたが、改めて自分の進む道へとスタートをきれるように書いています。
ぜひ最後まで読んでくださいね。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

目次

就活ができない/就職できる気がしないと感じている学生は多い

就活生くん

このまま就活を続けても就職できる気がしないので、不安な気持ちになってしまい、つらいです。

就活生ちゃん

他の就活生のみんなは、きっと上手に就活できていて、内定もばっちりもらうんだろうな…

就職できる気がしないなんて悩んでるのは私だけ…

就活が上手くいかないと、不安な気持ちになってしまいますよね。

でも、就職できる気がしないと悩んでいるのは自分だけだと思って、心配しすぎないでくださいね。

みんな言わないだけで、多くの就活生が「就活ができない/就活できる気がしない」という不安を抱えているんですよ。

「就活の教科書」編集部 ユイ

様々な理由で就活ができないと感じている学生は多いです。

面接に落とされ続けたり、そもそもお金が足りずに志望企業の面接までいけなかったり、就活生によって悩みは様々です。

実際に就活ができない/就職できる気がしないと悩ん出でいる就活生の意見を見てみましょう。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

「就活ができない/就職できる気がしない」と思っている就活生3人の意見

就活生ちゃん

「就活できない/就職できる気がしない」って悩んでいる人は、私の他にもいるんですか?

他の就活生の意見を聞きたいです。

何の悩みもなく、スムーズに就活を終える人の方が珍しいです。

多くの就活生が、「就職できる気がしない」と思いながらも就活を続けているんですよ。

ここでは、「就職できる気がしない」と考えている就活生のリアルな意見を3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 ユイ

「就職できる気がしない」と思っている就活生3人の意見
  • 意見①:周りの人が優秀に感じる
  • 意見②:面接官から好かれない
  • 意見③:どこかに就職できると信じたい

それでは、「就職できる気がしない」と思っている就活生の意見を、1つずつ紹介していきます。

自分と同じ悩みを抱えた就活生の意見について知りたい方は、続きを読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

意見①:周りの人が優秀に感じる

「就職できる気がしない」と思っている就活生の意見1つ目です。

「就活の教科書」編集部 ユイ

この就活生の方は、「自分と違い、周りの人たちは優秀だ」と感じ、劣等感から就職できる気がしないと思っているようです。

他の就活生に圧倒されて、自信をなくしてしまった経験は、誰もがあるのではないでしょうか。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

意見②:面接官から好かれない

「就職できる気がしない」と思っている就活生の意見2つ目です。

「就活の教科書」編集部 ユイ

この就活生の方は、自分は人から好かれる要素がないし、自分も人のことが好きでないから、就職できる気がしないと考えているようです。

大勢の就活生の中で面接官に選ばれるのは、確かに簡単なことではないので、心が折れそうになるのもわかります。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

意見③:どこかに就職できると信じたい

「就職できる気がしない」と思っている就活生の意見3つ目です。

「就活の教科書」編集部 ユイ

この就活生の方は、就職できる気がしないとは感じつつも、そう決めつけるのはよくないと思っているようです。

「どこかの企業が自分を受け入れてくれるはず」と、前向きに就活を続けようとしているのが伝わってきます。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

就活ができない/就職できる気がしないと悩んでいる就活生はとても多いです。

しかし、就活ができない理由があっても、就活できない状況をなんとかしたいと思いますよね。

就活中に「就活ができない」と感じていた人の対処法を知ることで、あなたの悩みも解消されるかもしれません。

これから、就活ができない理由5つを紹介します。
あなたの状況と同じ理由があったら、対処法を参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

就活の教科書公式LINEで、学歴では測れない「就活戦闘力」を測ろう!

実は、学歴が高くても就活で苦戦する就活生が毎年多くいます。

原因の一つとして、自分の就活戦闘力がわかっていない状態でレベルの高すぎる企業の選考を受けてしまうことがあります。

自分の就活戦闘力を測るには、就活の教科書公式LINEの機能である「就活力診断」が役立ちます!

「就活力診断」では、あなたの現状や足りていないところを見つけ、あなたにあったアドバイスを受け取ることができます。

アドバイスを実践することで内定に近づけるので、気軽にこちらから診断してみてください。

>> 就活力診断を試してみる

 

就活ができない/就職できる気がしないと悩む理由6つ

就活ができない理由6つと対処法を説明します。

「就活の教科書」編集部 ユイ

就活ができない理由6つ
  • 理由①:面接が怖い
  • 理由②:落ちるのが怖い
  • 理由③:病気である
  • 理由④:単位が足りない
  • 理由⑤:お金がない
  • 理由⑥:やりたい仕事がない
上記6つが就活ができない理由です。
それぞれ理由の後に対策も解説しているので、「就職できないかも」と不安な方はぜひ読んでくださいね。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

理由①:面接の緊張感が怖い

就活ができない理由1つ目は、面接の緊張感が怖いです。

就活で面接は避けては通れない工程で、1度落とされたら終わりという緊張感があります。

そもそも就活の面接やグループワークは、緊張してしまうのが普通です。

面接は自分を「評価される場」であり、初対面の社会人と会話するので、怖いと感じる就活生の方も多いですよね。

フランクな採用担当者なら良いですが、圧迫面接だった時は非常に怖い経験になってしまいます。

しかし、緊張せずに自信満々に見える周りの就活生も、心の中では上がっているけど、何とか平静を装っているだけかもしれませんよ。

面接やグループワークでなるべく緊張しないコツは、良い自分を演じようとしないことです。

良いことを言おう、企業に評価してもらおうとすると緊張しやすいので、なるべく普段通りの自分でいるように心がけてみてください。

人と話すのが好きな私でも、かしこまった雰囲気で行われる面接は、怖いと感じました。
面接が怖い就活生の対処法は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 ユイ

面接が怖い就活生の対処法
  • 面接官もただの人間とリラックスする
  • 面接の数をこなして慣れる
  • 自分も企業を選ぶ意識で企業と対等だと考える

 

上記3つの対策に加えて、面接が怖いと感じる就活生は、事前にしっかりと準備をして自信を持って臨むことが大切です。

一人で準備することに不安を感じる学生は、就活エージェントに頼りましょう。

就活エージェントとは、就活の最初から内定をもらうまで一貫してサポートしてくれる就活支援サービスです。

特におすすめなのが、専属アドバイザーが豊富に在籍する「キャリアチケット」です。

専属アドバイザーが個別でES対策や面接対策を内定が貰えるまでサポートしてくれますよ。

就活がなかなか終わらず「できない」と思う就活生は、ぜひキャリアチケット利用してみてください。

 

>>キャリアチケットの個別サポートを受けてみる

 

就活アドバイザーに関しては、こちらの記事で紹介しています。

 

理由②:選考を何度も落とされるのが怖い

就活ができない理由の2つ目は、選考を何度も落とされるのが怖いです。

就活で選考に何回も落ちると「自分はダメな人間だ」と凹みます。

そして自分に自信がなくなり、「私を選んでくれる企業なんてない」とネガティブに考えてしまいがちです。

また、「志望企業に落ちてしまった後の未来がみえない」と感じていると、落ちるのがより怖くなります。

何度も選考に落とされると「また落ちるのでは」と、新たな選考を受けるのが怖くなり、就活ができないと思いますよね。

しかし、就活においては、自分に対して過剰に自信がある人よりも、適度な謙虚さが見える人の方が、企業の印象が良くなりやすいのも事実です。

自分に自信がないということは、自分のことを客観的に厳しく評価できることの裏返しなので、あまり落ち込みすぎないようにしたいですね。

頑張っていても結果が出ないと、就活ができないと感じてしまうのも当然ですよね。
悲しくて、情けない気持ちになって自己嫌悪から就活ができないと思う気持ち、よくわかります。
自分に自信がない人は、自分の「強み」ではなく「個性」は何かを考えて、企業にアピールすると上手くいきますよ。
選考にまた落ちるのが怖い就活生の対処法は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 ユイ

また落ちるのが怖い就活生の対処法
  • 落ちた企業は自分に合わない企業だったと考える
  • なぜ落ちたのか原因を考え、対策してから就活する
  • 落ちても転職や他の無限の可能性があると考える

 

企業の持ち駒が少ないと落ちるのが怖いと感じてしまいます。

持ち駒を増やして企業の選考をたくさん受けるためにも、ぜひ就活イベントを利用することをおすすめします。

就活イベントの中でもおすすめは、Meets Company(ミーツカンパニー)です。

Meets Company(ミーツカンパニー)は選考直結イベントで同時に8社並行して選考に進める点が特徴です。

年間のサービス利用者が10万人超えの人気サービスなので、まだ利用していない人は、ぜひ一度利用することをおすすめします。

 

>>Meets Company(ミーツカンパニー)の就活イベントに参加してみる

 

 

就活が怖いと感じている人は、怖いと感じる理由と解決方法が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

理由③:就活に疲れて就職鬱になった

就活ができない理由の3つ目は、就活に疲れて就職鬱になったからです。

就職鬱とは、「就職活動をしていてストレスなどをため込みすぎて、それに耐えきれなくなってしまい鬱の症状を発症してしまう状態」のことです。

特に現代はコロナで先行きが見えず、就職鬱の就活生は非常に多いようです。

また、例え売り手市場と言われた時代でも、就職鬱になってしまう就活生は多いです。

◆ 就活鬱チェック項目

  • 同じことばかりずっと考えてしまう
  • 眠ることができない
  • 食欲がない
  • 自分に自信が持てない
  • 腹痛や頭痛が激しい
  • 体がしんどい
  • 気が落ち込んでいる
  • 何をしても楽しくない

 

就職鬱で就活ができないのは、甘えではないです。
誰でも将来について真剣に考え、悩むのはあたりまえですよ。
でも、就活だけが自分の人生を決めるわけじゃありません。
就活鬱の対処法はこちらです。

「就活の教科書」編集部 ユイ

就活鬱の対処法
  • 就活を休む
  • リフレッシュ方法を見つける
  • 信頼できる人に相談する

 

就活がつらいと感じる方はこの記事も読んでみてください。

就活の経験者の体験談を基に、悩みに応じてアドバイスや今後どうしたら良いのかが分かるので、ぜひ読んでみてください。

 

理由④:単位が足りない

就活ができない理由4つ目は、単位が足りないです。

大学を卒業するのに必要な授業があり、学業に忙しくて就活ができないと感じている就活生もいますよね。

新卒で入社するには、大学を卒業することが必須です。

面接や説明会などで忙しい就活と、授業に出たり課題などもある学業の両立は、時間的に厳しいです。

就活と卒業するための学業、どっちも妥協できないですよね。
単位が足りない就活生の対処法は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 ユイ

単位が足りない就活生の対処法
  • 1日完結選考会のある企業を受ける
  • 曜日感覚で学業と就活を管理する
  • 就活エージェントを使って効率よく就活する

 

理由⑤:就活に使えるお金がない

就活ができない理由の5つ目は、就活に使えるお金がないです。

就活の選考で移動する場合の交通費は多くの場合、就活生が自分で負担しますし、他にも就活をしていると色々お金がかかりますよね。

就活でかかるお金について、日本経済新聞ではこんな記事がありました。

就活費用、19年卒は10万円超え 4割はバイトで捻出

地域別に見ると関東は約7万円、関西と東海は約11万円だった。一方で、その他の地方は約15万円と突出し、大半が交通費と宿泊費で占められている。

2018/7/13
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32956340T10C18A7EAF000/

就活で就活生は平均10万円も出費をしています。

自分のアルバイトで稼いだお金から就活費用を捻出している就活生は、「やりたいのにお金がかかる就活ができない」と感じますよね。

お金がなくて就活ができない就活生の対処法は以下の3つです。

お金がない就活生の対処法
  • 1日に複数の選考をいれて交通費を節約する
  • 就活スーツを貸出や宿泊所提供などの無料サービスを活用する
  • 交通費や宿泊費が支給される企業の選考を受ける

また、お金がない場合はアルバイトをしながら就活を進める方は多いかもしれません。

アルバイトと就活を両立する方法はこの記事で詳しく解説しています。

就活中のアルバイトを休むべきか就活中のアルバイトの注意点が分かります。

同時に、地方の学生は東京で就活をしたい方も多いと思います。

でも、地方から東京へは交通費がかかり、お金がないと滞在費も出せませんよね。

上京就活を目指す方には「ジョーカツ」がオススメです。

東京での宿泊先や交通費を手助けしてくれ、同じ上京就活仲間と出会えますよ。

 

理由⑥:やりたい仕事や働きたい企業がない

就活ができない理由の6つ目は、やりたい仕事や働きたい企業がないです。

やりたい仕事や働きたい仕事がない人は、就活に対して意欲がわきづらいので、本気で就活に取り組むことができません。

何となく就活をしても、本気で就活をしている人たちには負けてしまいます。

結果として、選考も落ちやすくなるので、「就職できる気がしない」と感じるようになりやすいです。

本気で就活に取り組めていない自覚のある方は、やりたい仕事や働きたい企業を見つけるための行動を取ってみましょう。

やりたい仕事や働きたい仕事を見つける方法は以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 ユイ

やりたい仕事や働きたい企業がない場合の対処法
  • 自己分析で自分の興味関心について深堀りする
  • 合同説明会で色々な企業の話を聞きに行く

就活をできないと感じる理由と対処法が分かりましたか?

就活の不安を減らすために、もっと就活の万全な対策をしたい人は、就活に関するすべきことが分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

【内定獲得】就職できない/できる気がしない人の具体的な解決策5選

就活生くん

ずっと就職できる気がしないと思っていましたが、就活する上での改善点が見えてきた気がします。

就活生ちゃん

現状、「就職できる気がしない」と感じている就活生が、内定を取るためには、どんなことから始めれば良いでしょうか。

就職できる気がしないと思っている人が、内定を取るための解決策は5つあります。

「就活の教科書」編集部 ユイ

就職できる気がしない人が内定を得る解決策5選
  • 解決策①:思いつめずに開き直ってみる
  • 解決策②:自己分析をやり直してみる
  • 解決策③:面接の練習をしてみる
  • 解決策④:狙う企業を変えてみる
  • 解決策⑤:就活のプロに相談してみる

それでは、就職できる気がしない人が内定を取るための解決策について、それぞれ詳しく説明していきます。

なんとかして内定は絶対に欲しい!という方は、ぜひ読んで行動してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

解決策①:思いつめずに開き直ってみる

就職できる気がしない人が内定を取るための解決策の1つ目は、「思いつめずに開き直ってみる」です。

思いつめずに開き直ってみるのは、面接やグループワークで緊張してしまうという人に、特に有効な方法です。

「落ちるのが当たり前、受かったらラッキー!」くらいの気持ちで、リラックスして面接やグループワークに臨んでみましょう。

良い感じに力が抜けて、良い結果が出やすくなりますよ。

私が就活をしていたときの経験ですが、開き直って気楽に選考を受けるようになって以来、面接の通過率が劇的にアップしました。

面接やグループワークで緊張してしまう方は、一度試してましょう。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

解決策②:自己分析をやり直してみる

就職できる気がしない人が内定を取るための解決策の2つ目は、「自己分析をやり直してみる」です。

自己分析をやり直せば、自分の強みや個性が見つかり自信が持てるようになったり、やってみたい仕事や働きたい企業が見つかったりするかもしれません。

「就職できる気がしない」とモチベーションが下がり気味の方は、基本に立ち返り、自己分析で自分を見つめ直しましょう。

自己分析のおすすめなやり方については、以下の記事で詳しく解説しています。

自己分析をやり直そうと考えている方は、ぜひ読んで参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

解決策③:面接の練習をしてみる

就職できる気がしない人が内定を取るための解決策の3つ目は、「面接の練習をしてみる」です。

面接で緊張してしまう方や、受け答えが上手くいかない方、苦手意識のある方は、まずは場数を踏んで慣れることが先決です。

同じ就活生の友達や、就活経験済みの先輩などに面接官役をしてもらい、面接練習を繰り返しましょう。

選考の早い段階で面接を行う企業にエントリーし、本番を練習代わりにするのも、ひとつの方法です。

面接の練習方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

面接に苦手意識がある方は、ぜひ読んでたくさん練習してくださいね。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

解決策④:狙う企業を変えてみる

就職できる気がしない人が内定を取るための解決策の4つ目は、「狙う企業を変えてみる」です。

企業選びの軸が決まっておらず、大企業や有名企業ばかりエントリーしていたという方は、この機会に狙う企業をガラッと変えてみてください。

就活生からの人気や企業の採用予定人数により、選考通過や内定の競争率は驚くほど違います。

選考で落ち続けて、就活できる気がしないと感じているのなら、比較的競争率の低い企業も狙って自信をつけましょう。

以下の記事では、狙い目企業の探し方について詳しく解説しています。

大手企業ばかり狙っていて失敗している方は、ぜひ読んで参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

解決策⑤:就活のプロに相談してみる

就職できる気がしない人が内定を取るための解決策の5つ目は、「就活のプロに相談してみる」です。

自分ひとりで就活をして上手くいかないときは、就活のプロの力を借りれば、効率良く就活を進められるので内定までの近道になりますよ。

就活のプロに相談したいという方は、就活エージェントを活用すると良いです。

自己分析、エントリーシート添削、面接対策、企業紹介など、就活にまつわることなら何でも無料で相談に乗ってもらえます。

就活エージェントの選び方については、以下の記事で詳しく解説しています。

就活のプロに相談してみたいという方は、ぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

「就活ができない/できる気がしない」と思う就活生の人物像

「就活ができない」「就職できない」と思う就活生には、2つの人物像があります。

「就活の教科書」編集部 ユイ

「就活ができない」と思う就活生の人物像
  • 人物像①:就活に真面目で突き詰める人
  • 人物像②:過敏で神経質に捉えてしまう人
上記2つの人物像に当てはまる人は「自分なんて就職できない」「甘えなのか」と思いがちです。
対策も説明しているので、当てはまる方はぜひ読んでみて下さい。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

人物像①:就活に真面目で突き詰める人

「就活ができない」と思う就活生の人物像1つ目は、就活に真面目で突き詰める人です。

本気で就活に取り組んで、絶対に成功させたいと思っているからこそ、結果が出なかった時に辛く思いがちです。

真面目に頑張り過ぎているからこそ、頑張ったのに報われないと「就職できない」と思ってしまいます。

就活は長期戦なので、うまく進まない時は就活を1日休んでみたり、キャリアアドバイザーに相談すると前向きになりますよ。

就活は6月で終わりではなく、夏や秋にも二次選考として採用は続きます。
「想定より就活が進まない」と焦らず、時にはフランクに捉えたり誰かに頼ったりしましょう。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

人物像②:過敏で神経質に捉えてしまう人

「就活ができない」と思う就活生の人物像2つ目は、過敏で神経質に捉えてしまう人です。

採用担当者が圧迫気味に面接したり、思い通りに就活が進まないことを過敏に捉え過ぎてしまう方は「就活ができない」と思いがちです。

あまり神経質に捉えすぎると、どうしても「自分は就職できない人間なんだ」と思ってしまいますよね。

就活仲間に悩みを聞いてもらったり、悩みや辛いと感じる点を書き出してみたりすると、気分がスッキリするのでオススメですよ。

 

就職できる気がしない人はチェック!選考が上手くいかない人の特徴5選

就活生くん

たくさんの企業にエントリーしているのですが、中々選考が上手くいかないので、就職できる気がしません。

選考が上手くいかないときは、どんなことに気をつけて改善していけば良いでしょうか。

それでは、選考が上手くいかない人の特徴を5つ紹介するので、当てはまるものがないかチェックしてみてください。

「就活の教科書」編集部 ユイ

選考が上手くいかない人の特徴5選
  • 特徴①:身だしなみに問題あり
  • 特徴②:ESの書き方に問題あり
  • 特徴③:面接の受け答えに問題あり
  • 特徴④:企業へのアピール方法に問題あり
  • 特徴⑤:企業選びに問題あり

ここからは、選考が上手くいかない人の特徴5選について、それぞれ詳しく解説していきます。

選考が上手くいかず就職できる気がしないと感じている方は、読んで参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

特徴①:身だしなみに問題あり

選考が上手くいかない人の特徴1つ目は、「身だしなみに問題あり」です。

メラビアンの法則によると、人の第一印象は数秒で決まり、視覚情報による評価が55%を占めると言われています。

そのため、面接やグループワークの際には、印象の良い身だしなみに整えておくことがとても大切です。

面接やグループワークで落ちてしまう人は、身だしなみに問題がないかどうかを今一度確認しましょう。

身だしなみのチェックポイント
  • 髪型に清潔感があるか(長さ、色、セット)
  • ひげや爪が伸びていないか
  • スーツにシワや汚れ、ほつれがないか
  • 靴やかばんが汚れていないか

ES(エントリーシート)に写真が必要な場合も、身だしなみを整えて撮影したものを貼るようにしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

特徴②:ESの書き方に問題あり

選考が上手くいかない人の特徴2つ目は、「ESの書き方に問題あり」です。

ESの内容はもちろん重要ですが、書き方についても同様に気を配ることができているでしょうか。

いくら素晴らしいことを書いていても、読みづらい・汚いESでは、企業の印象もマイナスになってしまうのでもったいないです。

書類選考で落ちてしまう人は、ESの内容だけでなく、書き方についても問題がないかどうかチェックしてみてください。

ESの書き方のチェックポイント
  • 誤字・脱字がないか
  • 丁寧な字で書いているか
  • 文字の大きさは適切か
  • 修正液や修正テープを使っていないか

読み手のことを考えて丁寧に書かれたESは、それだけで熱意が伝わるものですよ。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

特徴③:面接の受け答えに問題あり

選考が上手くいかない人の特徴3つ目は、「面接の受け答えに問題あり」です。

面接での質問を想定し、事前に回答を用意しておくのは良い対策ですが、答えを丸暗記するのはおすすめしません。

なぜなら、面接での受け答えの際に棒読みになってしまい不自然ですし、用意した回答を忘れてしまったときや想定外の質問をされたときに対応できないからです。

面接に自信がない方や落ちてしまう方は、話の要点だけを頭に入れて、話す言葉はその場で考える練習をしてみると有効です。

面接が得意で通過率も良い人は、採用担当者と会話するイメージで、自然な受け答えをしています。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

特徴④:企業へのアピール方法に問題あり

選考が上手くいかない人の特徴4つ目は、「企業へのアピール方法に問題あり」です。

ESや面接の際に、自分の強みや希望、やりたいことばかりを全面に押し出しすぎると失敗します。

企業へアピールをするときに大切なのは、自分を採用することによる企業側のメリットは何かを示すことです。

企業の立場になって考えてみるとわかるかと思いますが、企業は自社にとってメリットのある人材しか採用しないからです。

企業がどんな人材を求めているのか、ホームページや採用ページを確認し、アピールの仕方を考えてみましょう。

求める人材像は企業によって違うので、アピールの仕方も企業によって変える必要があります。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

特徴⑤:企業選びに問題あり

選考が上手くいかない人の特徴5つ目は、「企業選びに問題あり」です。

エントリーする企業を何となく決めている就活生にありがちな失敗が、大手企業や有名企業だけを選んでいるという点です。

大手企業や有名企業は、知名度がある分、就活生からの人気が高く競争率も高いです。

当然、選考で落ちる可能性もかなり高いので、「就職できる気がしない」と挫折しやすくなります。

確実に内定をもらうためには、何となくエントリーする企業を決めるのではなく、自分なりの企業選びの軸を持つことが大切です。

世の中の企業のうち、99.7%が中小企業という事実があります。

0.3%の大企業だけに絞って就活をすることがどれだけ無謀なことかは、お分かりいただけるでしょう。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

就活ができなかった(進まない)場合の未来

就活ができなかったら、その後どうなるのか、どうしたらいいのか気になりますよね。
最後に、就活ができなかった場合の未来について説明します。

「就活の教科書」編集部 ユイ

就活が出来なかった(進まない)場合の未来
  • 就活出来なかった場合の未来①:就職浪人・就職留年
  • 就活できなかった場合の未来②:フリーターになる
以上の2つが就活できなかった場合の未来です。
最悪の事態を想定しておくことで、スムーズに次の就活へ気持ちを向けられますよ。
同時に紹介している関連記事も読めば、メリットや対策方法も分かります!

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

就活出来なかった場合の未来①:就職浪人・就職留年

就活できなかった場合の道の1つ目は、就職浪人と就職留年です。

就職浪人と就職留年の違いは、新卒扱いか既卒扱いかです。

就職浪人・就職留年
  • 就職浪人:大学卒業後も就活をつづける学生、既卒で就活をする
  • 就職留年:新卒のまま就活をするため、留年し大学を卒業しない学生
この2つにはそれぞれメリット・デメリットがあるので、就活ができなくて就職浪人・就活留年を考えている就活生の方はじっくり検討する必要があります。

「就活の教科書」編集部 ユイ

就職浪人 就職留年
メリット
  • 自由度が高く時間をかけてじっくり就活できる
  • 新卒のまま就職活動ができる
デメリット
  • 新卒の権利がない
  • 企業によってはマイナスイメージがあることも
  • 学費がかかる
  • 留年時期に何をしたかが問われる
私の友達にも就職浪人と就職留年をしてる学生はいます。
就活浪人や就活留年は、今は珍しいものではないです。
就職留年や就職浪人を詳しく知りたい人は、こちらの記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ユイ

就職浪人を避けたい方は、逆求人サイトを並行して利用することをおすすめします。

逆求人サイトとは、サービスにプロフィールを記入後、企業側から選考のオファーがくるサービスです。

スカウトアプリの中でも最もオススメのサービスが「OfferBox(オファーボックス)」です。

OfferBox(オファーボックス)はサイト内で適職診断を受けられるので、あなたに合った会社からスカウトがきますよ。

 

>>OfferBox(オファーボックス)でスカウトを受け取ってみる

 

1度自分のプロフィールを登録するだけで、後は自動的にスカウトしてくれるのでとても便利ですよね。

スカウトアプリをもっと知りたい人は、オススメのスカウトアプリ15選が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

就活できなかった場合の未来②:フリーターになる

就活できなかった場合の道の2つ目は、フリーターになるです

フリーターとは、「日本で正社員・正職員以外の就労雇用形態(契約社員・派遣社員・アルバイトなどの非正規雇用)で生計を立てている人」を指します。

就活ができなかったため、大卒でフリーターという選択肢を選ぶ人は就活生全体の約7%、42万人ほどだそうです。

参考:独立行政法人 労働政策研究・研修機構 「若年者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状②-平成24年度版『就業構造基本調査』よりー」

 

この結果を見ると、大卒のフリーターになる人は意外にも多いとわかります。

フリーターになるという選択肢にも、当然メリット・デメリットがあります。

メリット
  • 時間や転職などの自由度が高い
  • 新卒の正社員より稼げる場合もある
デメリット
  • 正社員と比べて生涯賃金が大きく違う
  • 収入が安定しない
  • クビにされやすい
  • 偏見を持たれる
  • 正社員になりにくい
  • 保険に入れず、ローンを組めない

 

私の周りにも、日本の就活スタイルが嫌になり、海外で働くのを夢見てお金を貯めるためフリーターを選んでいる人がいました。
また、中途採用で正社員を募集している企業で即戦力になるために、派遣社員で経験を積んで、中途採用の企業に応募して正社員になる人もいます。
人それぞれ色々な道があるので、メリット・デメリットが自分にとって許容できるなら、将来やりたい目標のためにフリーターを選ぶ道もあります。

就活をしないで卒業するとどうなるかが知りたい就活生は、以下の記事で内定が無く卒業する人のメリットなどをまとめているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

契約社員でも給料が高いと「期間工(きかんこう)」になる大学生もいますが、新卒カード・キャリア・スキル的な観点でおすすめしません。

大卒後の期間工については、別サイトですが「大卒すぐに期間工は辞めておけ!【新卒カードが勿体ない】」という記事がわかりやすかったです。

 

就活がうまくいかないなら就活のプロに相談してみよう

就活生くん

僕は就活が全然うまくいかなくて、つらくなってきました。

周りはもう内定をもらってるのに、どうすればいいのかわからないです・・・

就活がうまくいかず行き詰まっているなら、就活のプロに相談してみましょう。

就活エージェントなら就活相談はもちろん、あなたに合った企業の紹介や選考対策ができます。

DiG UP CAREER」なら、採用のプロ(元人事・人材会社出身)に自分に合った企業を紹介してもらえます。

気軽に面談ができるので、まずは就活エージェントに相談してみましょう。

人事さん

>> DiG UP CAREERを見てみる

 
メモ

ちなみに早く内定がほしいなら、合同選考イベントに参加するのがおすすめです。

たとえば「ミーツカンパニー」は、1回最大8社の選考を同時に受けられ、早ければ1週間で内定をもらえますよ。

まとめ:就活ができない!と自分を追い詰めないようにしよう

いかがでしたか。

今回は「就活の教科書」編集部のユイが、就活ができない理由と対処法、就活できなかった場合の道を紹介しました。

まず、就活ができない理由と対処法について説明しました。

就活ができない理由5つ
  • 面接が怖い
  • 落ちるのが怖い
  • 就活に疲れて就職鬱になった
  • 単位が足りない
  • お金がない
  • やりたい仕事や働きたい企業がない

面接が怖くて就活ができない人の対処法はこちらです。

面接が怖い人の対処法
  • 面接官もただの人間とリラックスする
  • 面接の数をこなして慣れる
  • 自分も企業を選ぶ意識で企業と対等だと考える

また落ちるのが怖くて就活ができない人の対処法はこちらです。

また落ちるのが怖い人の対処法
  • 落ちた企業は自分に合わない企業だったと考える
  • なぜ落ちたのか原因を考え、対策してから就活する
  • 落ちても転職や他の無限の可能性があると考える

就活鬱で就活ができない人の対処法はこちらです。

就活鬱の対処法
  • 就活を休む
  • リフレッシュ方法を見つける
  • 信頼できる人に相談する

単位が足りなくて就活ができない人の対処法はこちらです。

単位が足りない対処法
  • 1日完結選考会のある企業を受ける
  • 曜日感覚で学業と就活を管理する
  • 就活エージェントを使って効率よく就活する

お金がなくて就活ができない人の対処法はこちらです。

お金がない人の対処法
  • 1日に複数の選考をいれて交通費を節約する
  • 就活スーツを貸出や宿泊所提供などの無料サービスを活用する
  • 交通費や宿泊費が支給される企業の選考を受ける

「就活できない」「就職できない」と思いがちな就活生の人物像はこちらです。

 

「就活ができない」と思う就活生の人物像
  • 人物像①:就活に真面目で突き詰める人
  • 人物像②:過敏で神経質に捉えてしまう人

 

次に、就活ができなかった場合の道の「就職浪人・就職留年」「フリーター」についてメリット・デメリットを説明しました。

就職浪人・就職留年のメリット・デメリットはこちらです。

就職浪人 就職留年
メリット
  • 自由度が高く時間をかけてじっくり就活できる
  • 新卒のまま就職活動ができる
デメリット
  • 新卒の権利がない
  • 企業によってはマイナスイメージがあることも
  • 学費がかかる
  • 留年時期に何をしたかが問われる

フリーターになるメリット・デメリットはこちらです。

メリット
  • 時間や転職などの自由度が高い
  • 新卒の正社員より稼げる場合もある
デメリット
  • 正社員と比べて生涯賃金が大きく違う
  • 収入が安定しない
  • クビにされやすい
  • 偏見を持たれる
  • 正社員になりにくい
  • 保険に入れず、ローンを組めない
就活ができないと感じても、自分を追い込むのではなく「就活って大変だなぁ」と思う程度にしたら、肩の力も抜けます。
適度に就活も休憩して、自分のできる範囲で精一杯頑張りましょう。

「就活の教科書」編集部 ユイ

 

最後に、就活ができないと感じている人に、ぜひ読んでほしい他の記事を紹介しておきます。

納得のいく就活を目指している人は、あなたのためになる情報が載っていますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。