【実際の声あり】IT業界はやめとけと言われる理由7選|向いていない人の特徴も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事からわかること
  • IT業界についての解説
  • IT業界はやめとけと言われる理由7選
  • やめとけと言われるIT企業に入らないための方法
  • IT企業に向いていない人・向いている人の特徴
  • IT業界に就職するメリット・よくある質問
  • 「IT業界の優良企業に就職したい!」という方はレバテックルーキーを使うのが一番おすすめ

就活生の皆さん、こんにちは!「就活の教科書」編集部の北尾です。

皆さんの中で「IT企業に入りたいけどやめろと言われる」「IT企業に応募したいけど少し不安」という人はいますか?

「就活の教科書」編集部 北尾

就活生くん

僕は、友人にIT企業を目指しているといったら止められました。

そう言われてから色々調べてみましたが、少し心配です。

就活生ちゃん

私もIT企業への就職を考えているのですが、ブラック企業が多いとも聞いたので不安です。

そうですよね。

実際に、私も「IT企業はブラック企業が多い」「IT業界には将来性がない」と言う人に会ったことがあります。

そう言われてしまうと不安になりますが、この記事を読めばIT業界についてしっかり知ることが出来ます。

「就活の教科書」編集部 北尾

この記事ではIT企業はやめとけと言われる理由や、やめとけと言われるIT企業に入らないための方法について詳しく解説します。

合わせて、IT業界に向いていない人・向いている人の特徴や、IT業界に就職するメリット・IT業界のマイナスイメージについてよくある質問も紹介します。

IT業界で就職したいと言う人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

「IT業界に就職したいけど、ブラック企業は避けたい…」という方はレバテックルーキーを使うのが一番おすすめです。

「レバテックルーキー」を使うと、大手~ベンチャーの隠れ優良IT企業を紹介してもらえるので、学歴に自信が無くてもホワイトIT企業に出会えます。

また、IT企業の選考に特化したES添削・面接対策をしてもらえるため、選考でかなり有利になりますよ。

就活アドバイザー 京香

>> 「レバテックルーキー」を見てみる

目次

 

【業界研究】そもそもIT業界とは?

就活生ちゃん

私はIT業界に就職したいのですが、そもそもIT業界ってどんな業界なんでしょうか?

IT業界って幅広くて、理解するのが少し難しいですよね。

IT業界について一緒に見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 北尾

 

IT業界の労働条件(平均年収・残業時間)

IT業界の平均年収は、新卒レベルで約400万円中堅レベルで約550万円と言われています。

ただ、職種によって平均年収の違いがあります。

また、IT企業の勤務時間は、一般的な企業と同じく午前9時から午後6時の場合が多いです。

営業や一部エンジニアは、一般的な勤務時間で働くことがほとんどです。

ですが、監視・保守業務を担当するエンジニアなど、職種によっては24時間体制のシフト勤務の場合もあります。

IT企業のほとんどは、完全週休2日制で、祝祭日も休みとなります。

ただ、プロジェクトの進行状況によっては残業・休日出勤が命じられることもあります。

 

IT業界はブラック企業が多いと言われている

IT業界はブラック企業が多いと言われていますが、実際のところは企業によります

IT業界は残業が多いイメージがあったり、過重労働が課せられるといった印象があります。

ある調査によると、IT企業の8.5%が80時間以上の残業を従業員に強制していると言われています。

実際、そのような会社も少なくなく、体力のある若手だけが会社に残るというような状況も多いようです。

原因としては、大手が請け負った案件が子会社や孫会社に渡ることによって、無理のある納期設定になってしまうからです。

また、このような親会社から請け負う案件は、比較的安価であることが多いので、給料も安くなってしまいます

全部が全部ではありませんが、IT業界にはこのようなブラック企業も確かに存在します

 

IT業界についている人の声(Twitter/2ch)

ここでは、IT業界についている人の声を紹介します。

良い面と悪い面のどちらの意見も紹介しますので、判断材料にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 北尾

 

151: 名無しの横国就活ch : 11:04:23.36 ID:11RKtXV9M
元々趣味でやってたり独学である程度学べるような人間じゃないと向いてないんかな?
いきなり誰か1から教えて下さいは無謀?

 

161: 名無しの横国就活ch : 11:05:33.48 ID:Qzrs0MJEM
>>151
無謀やで
自分からどんどん吸収していくような奴じゃないときつい
有能なやつはみんなそういう奴らや

 

170: 名無しの横国就活ch : 11:06:50.31 ID:uGY+XOyO0
>>151
客先常駐とか一生運用とかでいいならそれでも大丈夫やで
偉くはなれないしできない奴は見下していい傾向強いから楽しくはないだろうけど

 

24: 風吹けば名無し 2018/05/25(金) 01:34:58.63 ID:iPN774qu0

どこの業界もそうだが会社によるとしか言いようがない 

特にIT系は大手子会社や独立系含め幅が広すぎるから慎重に企業選びすれば余裕でやっていけるわ 

もちろん人売りのITは論外な

 

26: 風吹けば名無し 2018/05/25(金) 01:35:12.66 ID:PXlRrpAD0

マジでやめとけ 

友達でIT行った奴ほとんどやつれてたわ

 

47: 風吹けば名無し 2018/05/25(金) 01:41:54.03 ID:Iryj1/1T0

>>26 

ただブラックやろ 

ITはホワイト多いで

 

27: 風吹けば名無し 2018/05/25(金) 01:36:00.26 ID:d6k8tdz6d

無能でもできるっていわれたり無理っていわれたりわけわからんな

 

34: 風吹けば名無し 2018/05/25(金) 01:37:31.79 ID:PXlRrpAD0
>>27
実際は無能だと派遣先からクレーム来て
本社待機が多くなって居づらくなって終わる

参考:2ch就活まとめ

いかがでしたか?

どうやら、IT業界には、良い企業も悪い企業もありそうですね……

「就活の教科書」編集部 北尾

 

「IT業界はやめとけ」と言われる理由7選

就活生くん

僕は友人に「IT業界はやめとけ」と言われたのですが、理由は何なんでしょうか?

将来がある業界だと思っているので、もやもやします……

確かに、それだけ言われるともやもやしますよね。

では、ここからは「IT業界はやめとけ」と言われる理由の7つについて解説します。

「就活の教科書」編集部 北尾

「IT業界はやめとけ」と言われる理由
  • 理由①:ブラック企業が多いと言われているから
  • 理由②:離職率が高いから
  • 理由③:業界の平均残業時間が長いから
  • 理由④:将来、AIに職を奪われてしまいそうだから(将来性がないから)
  • 理由⑤:未経験者/新卒をあまり育てない企業もあるから
  • 理由⑥:文系では活躍できないイメージが付いているから
  • 理由⑦:従業員の平均年齢が低く、長く勤務できなそうだから

理由①:ブラック企業が多いと言われているから

「IT業界はやめとけ」と言われる理由の1つ目は、ブラック企業が多いと言われているからです。

IT業界だけの話ではないですが、特にIT業界はブラック企業が多いと言われています。

理由としては、先述した通り、IT業界には多重下請け構造が存在するからです。

多重下請け構造では、下請けであればあるほど、労働時間は長くなり、給料は安くなります。

また、急なトラブル対応をする監視エンジニアなどの場合、急な出勤・長時間労働を求められることもあります。

ただ、働き方改革の効果もあり、IT業界の労働環境が徐々に改善されているのも確かです。

 

理由②:離職率が高いから

「IT業界はやめとけ」と言われる理由の2つ目は、離職率が高いからです。

IT業界での離職のパターンには、大きく分けて「体力面の問題で離職する場合」と「キャリア面の成長のため離職する場合」の2つがあります。

まず、体力面の問題で離職する場合は、過度な残業や長時間労働の影響で、転職・離職する人たちのことを指します。

また、キャリア面の成長のため離職する場合は、さらに良い労働条件の企業で働くために転職する人たちのことを指します。

優秀な人材は労働条件・働きやすさにおいて魅力的な企業に流れていきます。

よって、離職率が高い職場であるほどブラック企業の確率は高いと言えます。

 

理由③:業界の平均残業時間が長いから

「IT業界はやめとけ」と言われる理由の3つ目は、業界の平均残業時間が長いからです。

IT業界における、1ヶ月あたりの平均残業時間は23.2時間です。

職種によってもまちまちですが、営業・ITコンサルタントが約30時間Webデザイナーが29時間と残業は多い傾向にあります。

厚生労働省によると、現代の日本の平均残業時間は10.6時間となっているので、全体としても残業は長めです。

 

理由④:将来、AIに職を奪われてしまいそうだから(将来性がないから)

「IT業界はやめとけ」と言われる理由の4つ目は、将来、AIに職を奪われてしまいそうだから(将来性がないから)です。

研究によると、国内にある601種類の職業につく日本の労働人口のうち、49%がAIやロボットに代替できると言われています。

一方で、創造性が問われる職業や、サービスを重視する仕事はAIへの代替が難しいとされています。

ですが、このようなAIの開発・構築に携わっているのがIT企業なので、AIに職を奪われる将来はまだまだ遠いと思われます。

逆に、AIの開発の需要が高まるにつれて、IT業界もますます必要性を増すと考えられます。

 

理由⑤:未経験者/新卒をあまり育てない企業もあるから

「IT業界はやめとけ」と言われる理由の5つ目は、未経験者/新卒をあまり育てない企業もあるからです。

理由としては、納期に追われ、目の前の業務に時間を取られてしまうIT業界の特徴が挙げられます。

ですが、そのような環境でもオンライン講習を実施するなど、新人教育に力を入れる企業も多くなってきています。

ただ、ブラック企業の場合、その教育を受けられないことが多いです。

実際に企業に応募する前に、新人教育がしっかりされる企業なのか確認するようにしましょう。

理由⑥:文系では活躍できないイメージが付いているから

「IT業界はやめとけ」と言われる理由の6つ目は、文系では活躍できないイメージが付いているからです。

やはり、IT業界は文系ではなく理系のイメージがあります。

実際、IT企業は理系出身の人が多く、プログラミングでは理系の知識が必要だったり、理系職であることは確かです。

ですが、未経験者でもしっかりと教育してくれる企業に就職できれば、十分働けるようになります。

また、IT業界はプログラマーだけが活躍しているわけではなく、営業職など文系が活躍できる場も多くあります。

ただ、「教育をしてくれるかどうか」はかなり重要視すべきポイントではありますね。

理由⑦:従業員の平均年齢が若く、長く勤務できなそうだから

「IT業界はやめとけ」と言われる理由の7つ目は、従業員の平均年齢が若く、長く勤務できなそうだからです。

そもそも、IT業界は若い会社が多く、終身雇用の文化がまだ染み付いていません

また、常に学び続ける姿勢や、高いスキルが重視されるため、比較的転職が多い業界となっています。

IT業界では、長時間労働などが原因で、体力がある若い社員は活躍し、体力がない人は離職することも少なくありません。

IT業界の平均勤続年数は13.7年で、そのうち、インターネット業界は4年前後ソフトウェア業界は5年前後と言われています。

いかがでしたか?

「IT業界はやめとけ」と言われる理由もある意味頷けますね…

「就活の教科書」編集部 北尾

就活アドバイザー 京香

IT業界の優良企業やホワイト企業に内定を貰いたい就活生の方はレバテックルーキーを利用するのがオススメです。

レバテックルーキーを使うと、大手~ベンチャーの隠れ優良企業を紹介してくれるので、学歴に自信がなくても優良IT企業に就職できるサービスを無料で受けられます。

IT就活に特化したアドバイザーが、ES添削・面接対策を親身に行ってくれるので、隠れホワイトIT企業に就職できる力が身に付きます。

また、利用者の内定率は85%以上であり最短1週間で内定を獲得した就活生もいます。

就活生なら無料で利用できるので、「学歴に自信ないけど、内定がもらいやすいIT業界の優良企業に就職したい!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

>> レバテックルーキーを見てみる

【結論】やめとけと言われるIT企業に入らないための方法

就活生ちゃん

なるほど…「IT業界はやめとけ」と言われる理由がよくわかりました。

では、やめとけと言われるIT企業に入らないための方法は何かありますか?

はい!実は、やめとけと言われるIT企業には特徴があります。

そのような企業を避ける方法があるので、紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 北尾

やめとけと言われるIT企業に入らないための方法
  • 方法①:口コミサイトを確認する
  • 方法②:従業員の平均年齢を確認する
  • 方法③:会社の業務形態を確認する

方法①:口コミサイトを確認する

やめとけと言われるIT企業に入らないための方法の1つ目は、口コミサイトを確認することです。

やはり、その企業の実情を知るためには、現役として働いている人の声や、以前働いていた人たちの声を聞くのが効果的です。

外からの評価だけでは知ることのできない内部の実情を知ることができます。

ただ、口コミサイトにも注意しなければならない点がいくつかあります。

口コミサイトなどを使った会社の評判の調べ方については、こちらの記事で詳しく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

 

方法②:従業員の平均年齢を確認する

やめとけと言われるIT企業に入らないための方法の2つ目は、従業員の平均年齢を確認することです。

ちなみに、IT業界全体の平均年齢は「38歳」とされています。

IT企業は、体力勝負で若い人の方が働きやすいというのも、平均年齢が低い理由のひとつでしょう。

ですが、入社してから長年働き続ければ、40代以上の割合が増えて平均年齢も上がります。

その企業の平均年齢が低いということは、その分多くの人が離職した可能性があります。

そのような企業の中でも、平均勤続年数が3年を切る企業には注意しましょう。

4年以上の勤務があり、仕事を正しくマネジメントできる中堅社員がいない可能性があるからです。

そのような企業は、過重労働が当たり前になっているブラック企業かもしれません。

方法③:会社の業務形態を確認する

やめとけと言われるIT企業に入らないための方法の3つ目は、会社の業務形態を確認することです。

労働時間とその成果が比例しない「みなし残業」がある企業や、裁量労働制の企業は注意が必要です。

また、企業のホームページや求人内容でも、業務内容が明確でないところはやめておきましょう。

スキルアップのための講習や、新人研修などがしっかりなされているのかも確認するようにしましょう。

当たり前ですが、福利厚生が手厚い企業は社員も大切にしてくれるので、福利厚生も必ずチェックしましょう。

また、IT企業の職種によっても待遇が変わる場合があります。

IT企業への就職を考えている場合は、職種別の勤務形態を調べた上で選ぶと良いですよ。

「やめとけと言われるIT企業に入らないための方法」は、いかがだったでしょうか?

企業の口コミを確認するなど、ブラック企業を見極めるために企業研究は入念にやりましょう。

また、ブラック企業の特徴/あるあるについては以下の記事で詳しく解説しています。

ぜひこちらの記事も参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 北尾

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

【やめとけ】IT業界に向いていない人の特徴5選

ここからは、IT業界に向いていない人の特徴5選を紹介します。

「就活の教科書」編集部 北尾

IT業界に向いていない人の特徴
  • 特徴①:勉強・試行錯誤が好きではない人
  • 特徴②:協調性がない人
  • 特徴③:効率化が得意ではない人
  • 特徴④:そもそもデスクワークが苦手な人
  • 特徴⑤:一度に多くのことをできない人

特徴①:勉強・試行錯誤が好きではない人

IT業界に向いていない人の特徴の1つ目は、勉強・試行錯誤が好きではない人です。

IT業界は、常に変わり続けているので、常に新しいものを学び続けなければなりません

また、間違ったコードを書いてしまった時など、同じミスを繰り返さないために勉強し続ける必要もあります。

一方で、言われていないことを自分でやってみるなど、試行錯誤が好きな人には向いています。

特徴②:協調性がない人

IT業界に向いていない人の特徴の2つ目は、協調性がない人です。

IT業界は、エンジニアが一人でコードを書くというイメージを持たれがちですが、実はチーム単位で働くことが多いです。

そのチーム内でうまくコミュニケーションを取れないと、案件もうまくいきません。

そのため、自分本位・自己中心的な人はIT業界には向いていません。

特徴③:効率化が得意ではない人

IT業界に向いていない人の特徴の3つ目は、効率化が得意ではない人です。

これは、意外な事実なのですが、IT業界には「めんどくさがり屋」が多いそうです。

「めんどくさいから、一気に解決できるシステムを作ろう」と効率化を求める人が、IT業界に向いているようです。

よって、効率化を目指すのが得意ではない人は、IT業界には向いていないでしょう。

特徴④:そもそもデスクワークが苦手な人

IT業界に向いていない人の特徴の4つ目は、そもそもデスクワークが苦手な人です。

IT業界は、長時間パソコンと向き合って作業することも多い業界です。

そのようなデスクワークにストレスや過度な疲労感を感じ、それを発散できないと精神的にも危険です。

そもそもデスクワークが苦手な人は、IT業界にはいかない方が良いかもしれません。

特徴⑤:一度に多くのことをできない人

IT業界に向いていない人の特徴の5つ目は、一度に多くのことをできない人です。

効率化にも通ずるところがありますが、タスクを複数こなさなければならない時、全て効率的に行えるかどうかが重要になります。

IT業界は、与えられた一つの仕事をひたすらこなしていけば良い、という業界ではありません。

自発的に動き、時には複数のタスクを同時にこなすことのできない人は、IT業界には向いていません。

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

IT業界に向いている人の特徴

ここまで、IT業界に向いていない人の特徴を紹介しました。

ここからは、IT業界に向いている人の特徴を5つ紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 北尾

IT業界に向いている人の特徴
  • 特徴①:コミュニケーション能力が高い人
  • 特徴②:勉強・試行錯誤が好きな人
  • 特徴③:主体性がある人
  • 特徴④:向上心がある人
  • 特徴⑤:冷静な人

特徴①:コミュニケーション能力が高い人

IT業界に向いている人の特徴の1つ目は、コミュニケーション能力が高い人です。

IT業界の仕事は、意外かもしれませんがチームワークがかなり重要です。

IT業界では、チーム業務クライアントと話し合いを持つことが多いので、高いコミュニケーション能力が求められます。

ここでの高いコミュニケーション能力は、物事をわかりやすく伝えるスキル顧客が求めているものを聞き出すスキルのことを指します。

このようなコミュニケーション能力を持っている人は、IT業界に向いています。

特徴②:勉強・試行錯誤が好きな人

IT業界に向いている人の特徴の2つ目は、勉強・試行錯誤が好きな人です。

IT業界では、常に情報をアップデートし、新しく生み出される技術に追いつかなければなりません。

また、問題が発生したときに、問題を解決しようと試行錯誤することが大切になってきます。

そうすることで、高い技術力多くの知識を持ったITのスペシャリストになることができます。

勉強し成長し続けられる根気のある人は、IT業界に向いていると言えるでしょう。

特徴③:主体性がある人

IT業界に向いている人の特徴の3つ目は、主体性がある人です。

様々な問題が起こる中でも、自分から進んで問題解決のために働ける主体性のある人は重宝されます。

与えられた仕事だけこなす受け身の姿勢ではなく自分の知識・技術を使って物事を進めていくことがとても大切です。

わからない、で終わらせるのではなく、調べて自分のものにする主体性のある人は、IT業界で活躍していくでしょう。

特徴④:向上心がある人

IT業界に向いている人の特徴の4つ目は、向上心がある人です。

常に新しいことを学習する向上心や、問題を見つけたときに周りから学ぶ柔軟性はとても役立ちます。

仕事以外の時間も、技術やITの知識を叩き込んでいればいるほど、現場でも活躍できます。

好奇心を持って学習し続けられる向上心のある人は、IT業界に向いています。

特徴⑤:冷静な人

IT業界に向いている人の特徴の5つ目は、冷静な人です。

担当する案件においてバグや問題が発生した際に、冷静に判断し行動できる人はかなり重要な存在です。

冷静に判断できなければ、問題解決において必要以上の時間がかかったり、さらに問題を大きくしてしまいます。

常に冷静でいられる人冷静に判断できる人はIT業界に向いていると言えるでしょう。

ここまで、IT企業に向いていない人・向いている人の特徴をみてきました。

いかがだったでしょうか?

自分がIT企業に向いているか、向いていないか明確になっていれば嬉しいです。

「就活の教科書」編集部 北尾

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

【意外かも】IT業界に就職するメリット

マイナスイメージの多いIT業界ですが、意外とIT業界に就職するメリットはあります。

ここでは、そのIT業界に就職するメリット5つを紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 北尾

IT業界に就職するメリット
  • 特徴①:IT業界が成長産業である
  • 特徴②:働き方改革が進んでいる企業が多い
  • 特徴③:IT業界のスキルは万国共通である
  • 特徴④:実力主義である
  • 特徴⑤:新しいことにチャレンジできる

メリット①:IT業界が成長産業である

IT業界に就職するメリットの1つ目は、IT業界が成長産業であることです。

現代社会は、IT技術なしでは成り立たず、IT技術はますます発展していくとみられます。

先述した通り、多くの職業がAIによってとって代替される中で、それらの発展に関わるのがIT業界です。

IT業界は、発展に伴い人材も不足しており、需要が高く将来性のある業界といえます。

実際に、2030年にはおよそ60万人もの人材が不足すると予測されているほどです。

また、近年は大手企業を中心にDXへの投資が活発になることによって、IT業界は成長していくと見込まれています。

そんな成長産業に関われることが、IT業界に就職するメリットの一つです。

メリット②:働き方改革が進んでいる企業が多い

IT業界に就職するメリットの2つ目は、働き方改革が進んでいる企業が多いことです。

パンデミックの影響もありますが、IT業界は柔軟性が高く働き方改革にも積極的な傾向があります。

カオナビHRテクノロジー総研によると、リモートワーク率が最も高いのはIT・インターネット業の64.1%となっています。

また、64.1%のうち35.6%がフルリモートワークを行なっているようです。

リモートワークなど、柔軟な働き方はIT業界で最も浸透しています

柔軟に働きたい人、家事・育児・介護と両立して働きたい人にとって、IT業界で働くことは大きなメリットになります。

メリット③:IT業界のスキルは万国共通である

IT業界に就職するメリットの3つ目は、IT業界のスキルは万国共通であることです。

IT業界は、会社に依存しない、手に職つけられるスキルを得やすい業界です。

また、プログラミングスキルなど、IT業界で身につくスキルは、日本のみならず世界のどこでも通用するスキルです。

IT業界に就職し、常に自分のスキルを磨き、勉強を続けられる状況にいることは、将来必ず役立ちます。

IT業界の勤務を通してスキルを身につければ、どこに行っても職を失うことがないため、大きなメリットになります。

手に職をつけられ、万国共通のスキルを身につけられるのが、IT業界に就職するメリットと言えます。

メリット④:実力主義である

IT業界に就職するメリットの4つ目は、実力主義であることです。

IT業界は、文系・理系・男女などの区別は関係なく実力主義の世界です。

今まで「女性だから・文系だから」という理由で評価されなかった人が、IT業界でスキルを発揮することは十分可能です。

IT企業において、女性の平均年収が他の職種より比較的高めであることにも、実力主義が表れています。

IT業界の中でも、特に外資系企業のほとんどが成果主義・実力主義を導入しています。

そのため、成果を出せる優秀な社員がどんどん年収も上がり、評価も上がっていきます。

そのような実力主義の中で働けることが、IT業界に就職するメリットの一つです。

メリット⑤:新しいことにチャレンジできる

IT業界に就職するメリットの5つ目は、新しいことにチャレンジできることです。

IT企業は、変わり続けるIT業界の中にあるので、常に新しい技術を学び続ける環境があります。

また、新しい働き方などを追求する柔軟な姿勢があるため、新しいことにチャレンジしやすいです。

IT企業は最新のツールや技術の導入に積極的で、働き方の幅も広く、若い人でも実力があれば仕事を任せてもらえます

新しいことにチャレンジでき、ユニークな働き方ができるのがIT業界に就職するメリットだと言えるでしょう。

「やめとけ」と言われがちなIT業界ですが、さまざまなメリットもあるのですね。

しっかり調べていくと見えてくる良さがありますね。

「就活の教科書」編集部 北尾

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

「IT業界はやめとけ」に関するよくある質問

では、ここからは「IT業界はやめとけ」などのマイナスイメージに関するよくある質問について紹介していきます。

ここでは、その中でも代表的なよくある質問3つを見ていきます。

「就活の教科書」編集部 北尾

「IT業界はやめとけ」に関するよくある質問
  • 特徴①:文系はIT業界に向いていないの?
  • 特徴②:IT業界で一番きつい職業は?
  • 特徴③:IT業界のホワイト企業に就職するには?

質問①:文系はIT業界に向いていないの?

結論から言うと、職種によって文系の向き不向きは変わってきます

IT業界の中でも、文系の方が理系より向いている職種もあるほどです。

例えば、クライアントと話し合いをして、システム構築のための要望を聞き出すのは文系の人の方が得意かもしれません。

また最近では、人材不足から研修を充実させ、未経験の人を教育する企業も増えてきています。

向き不向きよりも「自分にやる気があるか」を軸にして考えてみましょう。

「文系はIT業界に就職できるのか」は以下の記事で詳しく解説しています。

こちらもぜひ参考にしてみてください。

質問②:IT業界で一番きつい職業は?

おそらくIT業界で一番きつい職業は、システムエンジニア(SE)です。

他の職種も含んだきつい職業のランキングにも載っていることが多いので、IT業界の中でもSEはきつい職種だと言えます。

SEがきついと言われる理由は、拘束時間が長いこと・繁忙期が本当に忙しいこと・急なトラブル対応などがあるようです。

また、急な出勤や納品前の忙しさの中で、体力が続かずやめてしまう人も多いようです。

それに加えて、ITの新しい技術を勉強し続けることに疲れてしまう人が辛く感じてしまうようです。

IT業界以外も含めたきつい仕事ランキングにもSEのことが載っています。

興味のある方は読んでみてください。

質問③:IT業界のホワイト企業に就職するには?

IT業界のホワイト企業に就職するには、企業のリサーチを徹底的にするようにしましょう。

その際は、【結論】やめとけと言われるIT企業に入らないための方法などを参考にしてみるといいでしょう。

先述した通り、ブラック企業を見極めるには様々な判断材料があります。

その中でも代表的なホワイト企業の特徴の5つを紹介します。

IT業界のホワイト企業の特徴
  • 平均勤続年数が長い
  • 福利厚生が充実している
  • 有休取得率が高い
  • 研修制度が充実している
  • 平均年収が高い

これらのことに気をつけながら、ホワイト企業を探してみてください。

IT業界のホワイト企業ランキングから企業を見つけたい方は、以下の記事で詳しく解説されているので参考にしてください。

 

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:やめとけと言われる企業を見抜き、就活を成功させよう

本記事「【IT業界】やめとけは本当?IT業界はやめとけの理由 | IT業界に向く人・向かない人, よくある質問も」はいかがだったでしょうか?

この記事ではIT企業はやめとけと言われる理由や、やめとけと言われるIT企業に入らないための方法について詳しく解説しました。

合わせて、IT業界に向いていない人・向いている人の特徴や、IT業界に就職するメリット・IT業界のマイナスイメージについてよくある質問についても紹介しました。

自分がIT企業に向いているか、適性がわかったでしょうか?

この記事を読んで「やめとけ」と言われる企業を見抜けるようになり、就活を成功させてくださいね。

最後にこの記事のまとめを書いておきます。

ぜひ気になるところはもう一度読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 北尾

この記事のまとめ

◆【業界研究】そもそもIT業界とは?

  • IT業界の労働条件(平均年収・残業時間)
  • IT業界はブラック企業が多いと言われている
  • IT業界についている人の声(Twitter/2ch)

◆「IT業界はやめとけ」と言われる理由7選

  • 理由①:ブラック企業が多いと言われているから
  • 理由②:離職率が高いから
  • 理由③:業界の平均残業時間が長いから
  • 理由④:将来、AIに職を奪われてしまいそうだから(将来性がないから)
  • 理由⑤:未経験者/新卒をあまり育てない企業もあるから
  • 理由⑥:文系では活躍できないイメージが付いているから
  • 理由⑦:従業員の平均年齢が若く、長く勤務できなそうだから

◆【結論】やめとけと言われるIT企業に入らないための方法

  • 方法①:口コミサイトを確認する
  • 方法②:従業員の平均年齢を確認する
  • 方法③:会社の業務形態を確認する

◆【やめとけ】IT業界に向いていない人の特徴5選

  • 特徴①:勉強・試行錯誤が好きではない人
  • 特徴②:協調性がない人
  • 特徴③:効率化が得意ではない人
  • 特徴④:そもそもデスクワークが苦手な人
  • 特徴⑤:一度に多くのことをできない人

◆IT業界に向いている人の特徴

  • 特徴①:コミュニケーション能力が高い人
  • 特徴②:勉強・試行錯誤が好きな人
  • 特徴③:主体性がある人
  • 特徴④:向上心がある人
  • 特徴⑤:冷静な人

◆【意外かも】IT業界に就職するメリット

  • メリット①:IT業界が成長産業である
  • メリット②:働き方改革が進んでいる企業が多い
  • メリット③:IT業界のスキルは万国共通である
  • メリット④:実力主義である
  • メリット⑤:新しいことにチャレンジできる

◆「IT業界はやめとけ」に関するよくある質問

  • 質問①:文系はIT業界に向いていないの?
  • 質問②:IT業界で一番きつい職業は?
  • 質問③:IT業界のホワイト企業に就職するには?

◆まとめ:やめとけと言われる企業を見抜き、就活を成功させよう