>> 内定者が選んだ就活に役立つサービス15選 <<

【真似したら完璧!】「自己PRを200字」で書き上げる手順,例文 | 思いつかない時の対処法も

皆さんこんにちは。

就活の教科書「編集部」の森山です。

この記事では、就活生が「自己PRを200字」で書くときのよくある悩みについて解説していきます。

就活生の皆さんは、エントリーシートの自己PR欄が200字で指定されていて困った経験はありませんか?

「就活の教科書」編集部 森山

就活生くん

そういえば、この前エントリーシートの自己PR欄で200字と指定があって、どうまとめたらいいのか困ったことがありました・・・

「自己PRを200字」で仕上げるって短すぎませんか・・・?

就活生ちゃん

わたしは現在エントリーシートで「自己PRを200字」で書くことに苦戦しています・・・

「自己PRを200字」で書く方法ってないのかな・・・?

みなさん「自己PRを200字」で書くことについていろいろな悩みがあるようですね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

そこで、この記事では「自己PRを200字」で書く手順について紹介します。

合わせて、「自己PRを200字」で書いた多数の例文自己PRが思いつかないときの対処法についても紹介します。

この記事を読めば、「自己PRを200字」が簡単に書けるようになり、エントリーシートで自分の強みを上手くアピールできるようになりますよ。

エントリーシートの自己PR欄で「どうやって200字にまとめたらいいの・・・?」と感じている就活生は、ぜひこの記事を最後まで読んで参考にしてみてくださいね。

 

「自己PRで200字」ってどのくらいなの?

就活生くん

そもそも「自己PRを200字」で書くことってよくあるんですか?

大体のエントリーシートの自己PR欄は文字数が指定されていることも多く、200字で書くこともよくありますよ。

「就活の教科書」編集部 森山

 

就活の自己PRでは、「200字以内」と文字数の指定があるケースは非常に多いです。

ですが文字数の指定が200字と言われたら「書く文字が少なくて簡単そう!」と感じるかもしれませんが、実は多くの文字数を書くよりも難しいのです。

実際に、「自己PRを200字」で書けと言われて書いても字数が足りないと苦戦する就活生は多くいます。

そのため、200字という短い文章で、あなたの強みを上手くまとめることができれば、採用担当者に好印象を与えることができます。

以下で簡単に「自己PRを200字」で書くときに必要な要素を紹介しておきます。 

「自己PRを200字」で書き上げる要素としては、次の3つがあります。

「自己PRを200字」で書くのに必要な要素
  1. あなたの強み
  2. その強みの具体的なエピソード
  3. 強みを仕事で活かす方法

「自己PRを200字」で書く場合は、これらを全て簡潔に書く必要があるので練習が必要になってくるのです。

「就活の教科書」編集部 森山

 

「自己PRを200字」で書いた例文一覧

就活生ちゃん

「自己PRで200字」がどのくらいなのかは理解できたのですが、実際のエントリーシートの自己PR欄に200字でどうまとめて書いたらいいかが分からないです・・・

具体的な例文でどう書いたらいいのか教えてほしいです。

では、「自己PRを200字」で書いた例文をいくつか紹介します!

例文を参考にして、「自己PRを200字」で上手くまとめられるようになりましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

「自己PRを200字」で書いた例文一覧
  • 例文①:継続力
  • 例文②:コミュニケーション能力
  • 例文③:挑戦心
  • 例文④:リーダーシップ
  • 例文⑤:責任感

それでは、「自己PRを200字」で書いた例文をそれぞれ紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

例文①:継続力

私の強みは、やると決めたらとことんやり抜く継続力です。

そのため、例え失敗しても手を変え品を変え目的を達成することをモットーとしております。

何度も不屈の精神で立ち上がるのが私ですが、どうしても勝てない超えられない壁が見つかった時は 潔くあきらめることも決意します。

常に柔軟に努力し工夫するのも強みです。

御社でも私の強みを生かし、どんな業務にも臨機応変に対応しながらひたむきに努力して貢献していきます。(198字)

 

例文②:コミュニケーション能力

私の強みは、新しい環境でも柔軟に対応し、相手と良好な関係を築く事ができることです。

アメリカに語学留学をした時、ホストファミリーと仲良くなるため自分から英語で話しかけたり和食をご馳走するなど、相手との心の距離を縮める工夫を重ねました。

その結果、お別れの際にはお互いに涙を流すほど親密な関係になりました。

御社でもこの強みを生かし、他の社員とも良好な関係を築き働きやすい職場環境を作ることに貢献します。(198字)

 

例文③:挑戦心

私の長所は何事にも挑戦し最後まで一貫してやり遂げられることです。

学生生活は研究やサークルを通して、積極的に挑戦することを心がけやり遂げてきました。

その結果、やり遂げる度の達成感がクセになり、どんなことでも誰よりも率先して取り組めらるようになり、サークル代表やゼミリーダーに抜擢され、主体性や統率力が身につきました。

御社では、私の強みである挑戦心を持ち幅広く仕事に取り組み売り上げに貢献していきます。(199字)

 

例文④:リーダーシップ

私の長所は、リーダーシップが取れることです。

大きな目標を掲げ、チームを統率して目標達成に導くことが得意です。

学生時代は、サッカー部の主将として50名の部員を率いていました。

チームでは、県大会優勝をを目指し、今までの練習を刷新してチームに新しい体制を取り入れた結果、目標の県大会優勝を達成できました。

御社は、私の強みのリーダーシップを生かし大きな目標を達成を貪欲な姿勢を持って仕事をに貢献します。(197字)

 

例文⑤:責任感

私は、何があっても最後まで責任を持ち達成できるのが強みです。

例え失敗してもアプローチ方法を変え目的を達成することを常に意識しています。

アルバイトで時間帯責任者を務めていた時には、3ヶ月間売り上げが改善できず苦労していました。

ですが試行錯誤を重ねた結果、売り上げが以前と比較して30%伸ばすことができました。

御社でも、私の強みである責任感を活かし自分に与えられた仕事は必ず達成して貢献します。(197字)

 

「自己PRを200字」で書く3つの手順

就活生くん

例文みたいに、「自己PRを200字」で上手くまとめるにはどうしたらいいんだろう・・・?

エントリーシート(ES)に「自己PRを200字」で書く方法なんかがあれば教えてほしいです。

実際にエントリーシートに「自己PRを200字」で書くとなると、どう書いたら良いのか悩みますよね。

では次に、「自己PRを200字」で書くときの3つの手順を紹介します。

「就活の教科書」編集部 森山

「自己PRを200字」で書く3つの手順
  • 手順①:最も主張したいことを1文目に書き上げる
  • 手順②:いつも通り自己PRを書いてみる
  • 手順③:伝えたい情報を絞り込む

それでは、「自己PRを200字」で書く手順をひとつずつ説明しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

手順①:最も主張したいことを1文目に書き上げる

エントリーシートで「自己PRを200字」で書く手順の1つ目は、「最も主張したいことを1文目に書き上げる」です。

まず最初に、あなたの「強み・長所」を1つ選択して冒頭で伝えましょう。

「強み・長所」から文章をスタートさせるとその後の論理展開がしやすくなり、文章の読み手も主張を掴みやすくなります

自己分析で見つめ直した自分の強みから、最も優れているもの誰にも負けない自信があるというものを選ぶとより良い自己PRになります。

「私の強みは、〇〇です。」と簡潔に自信のある強みを書き、大切な主張を一番初めに伝えるようにしましょう。

自己分析が不安な就活生は以下の記事で、自己分析が誰でも簡単にできるようになるやり方を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

手順②:いつも通り自己PRを書いてみる

エントリーシートで「自己PRを200字」で書く手順の2つ目は、「いつも通り自己PRを書いてみる」です。

1文目で主張したいことが決まり書き上げたら、200字で書くことをいったん忘れて自己PRを完成させてみましょう。

文字数を気にしすぎて、本当に伝えたいことが書けなくなってしまうのを防ぐためです。

具体的には、1文目で土台を作りその後にどんどん肉付けを行い文章を作っていくイメージです。

誰が読んでも読み応えのある自己PRを完成させてみましょう。

ここでは、いつも通り自己PRを書いていくだけでOKです。

「自己PRが上手く書けない!」という就活生は以下の記事で、自己PRが苦手な人でも簡単に書けるようになるコツを解説しているので、参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

手順③:伝えたい情報を絞り込む

エントリーシートで「自己PRを200字」で書く手順の3つ目は、「伝えたい情報を絞り込む」です。

最後に、先ほど完成した自己PR文の余計な情報を添削していきましょう。

文字制限がある中で不要な情報があると、主張したい強みの説得力が弱くなってしまいます

なくても意味が通じる文章は消していき、最後に語尾等の細かい部分を修正すれば完成です。

文字制限があるため、必要な情報かを吟味して本当に伝えたい情報だけを残して簡潔かつ密度の濃い文章になるのを意識すると、採用担当者も納得する自己PRが完成します。

大きな文章を作り上げ、そこから少しずつ推敲していくのが200字の自己PR文を作る一連の手順です。

「就活の教科書」編集部 森山

 

自己PRが思いつかないときの3つの対処法

就活生ちゃん

自己PRで話せるようなことがなくて困っています・・・。

エントリーシートや面接の自己PRって他の就活生はどうしているの?

自己PRで話すことがないと悩む就活生は多くいます。

ですが、自己PRは特別秀でている内容でなくても良いのです。

そこで、次は自己PRが思いつかないと悩んでいる人の対策を紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 森山

自己PRが思いつかないときの対処法
  • 対処法①:他の人の自己PRを参考にしてみる
  • 対処法②:自己分析をやり直してみる
  • 対処法③:他己分析をしてもらう

それでは、自己PRが思いつかないときの対処法をそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

対処法①:他の人の自己PRを参考にしてみる

自己PRが思いつかないときの対処法1つ目は、「他の人の自己PRを参考にしてみる」です。

自己PRが思いつかない人は、他の就活生の自己PRを参考にしてみましょう。

他の人の自己PRを参考にすれば、どんな自己PRを書けば採用担当者の印象に残りやすいのかが感覚的に理解できるようになるからです。

最近では、インターネットで検索すれば簡単に多くの自己PRが検索できるようになっています。

検索した中から自分が共感できるものをいくつか参考にして、自分の経験に置き換えて自己PR完成させてみましょう。

就活の教科書でも内定者が実際に選考で使用していた自己PRをいくつも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 森山

 

対処法②:自己分析をやり直してみる

自己PRが思いつかないときの対処法2つ目は、「自己分析をやり直してみる」です。

自己PRが思いつかない就活生は自己分析をやり直してみましょう。

なぜなら「自己PRに書くことがわからない」という時は、自己分析が足りていない場合がほとんどだからです。

勘違いしてしまっている就活生も多いのですが、日常のささいなできごとも、掘り下げていけば立派な自己PRになるのです。

そのため、自己分析で過去の経験を振り返り自己PRになりそうなエピソードを探し出してみてください。

自己分析が苦手な就活生は、自己分析が簡単にできる自己分析アプリを使ってみるのもおすすめです。

以下の記事で、内定者が実際に使い自信を持っておすすめできるアプリを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

対処法③:他己分析をしてもらう

自己PRが思いつかないときの対処法3つ目は、「他己分析をしてもらう」です。

友達や先輩に自分のことを分析してもらいましょう。

他の人に他己分析してもらうことで、自分では気付けなかった自分の「魅力・強み」を教えてもらえるからです。

他の人から教えてもらった自分の強みを自己PRにすると、客観的な視点も加わり自然と説得力も増します

自分のことを誰かに聞くことに恥ずかしさを感じる人も多いかと思いますが、自己PRを作るのには効果的な方法ですので試してみましょう。

他己分析をしてもらうと自分の短所も知れて、短所を改善するきっかけにもなるので一石二鳥な方法ですよ。

「就活の教科書」編集部 森山

 

また、自己PRができないという就活生は他にも多くの対処法があります。

以下の記事で自己PRができない人の原因や対策などを詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

エントリーシートの通過率を上げるために、内定者のESを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

エントリーシートを上手に書くコツってあるんですか?

エントリーシートを上手く書くなら、合格した内定者のESを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にしてESを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

エントリーシート「自己PR」を書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの自己PRをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この自己PRで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの自己PRを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に自己PRを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート「自己PR」の添削サービスは、就活エージェント「キャリアチケット」です。

キャリアチケットは、就活生1人1人にアドバイザーが付いてくれるサービスで、ES添削に加えて、就活相談や面接練習などで内定まで無料サポートしてくれます。

10,000人以上の就活生が利用した、新しい就活サービスです。

キャリアチケットの評判や使い方については、【キャリアチケットの評判は?】就活生の体験談,口コミまとめ | 実際に利用した20卒にもインタビューという記事で紹介しているので、参考にしてください。

人事さん

 

まとめ:「自己PRを200字」で書くには無駄を省いた簡潔な文章を書き上げよう

この記事の、「【真似したら完璧!】「自己PRを200」で書き上げる手順 | 例文も」は、いかがだったでしょうか?

今回は、「就活の教科書」編集部の森山が、エントリーシートで「自己PRを200字」で書く手順について紹介しました。

合わせて、「自己PRを200字」で書いた例文自己PRが思いつかないときの対処法についても紹介しました。

 

これらをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 森山

この記事のまとめ

◆「自己PRで200字」ってどのくらいなの?

 

◆「自己PRを200字」で書いた例文一覧

  • 例文①:継続力
  • 例文②:コミュニケーション能力
  • 例文③:挑戦心
  • 例文④:リーダーシップ
  • 例文⑤:責任感

◆「自己PRを200字」で書く3つの手順

  • 手順①:最も主張したいことを1文目に書き上げる
  • 手順②:いつも通り自己PRを書いてみる
  • 手順③:伝えたい情報を絞り込む

◆自己PRが思いつかないときの3つの対処法

  • 対処法①:他の人の自己PRを参考にしてみる
  • 対処法②:自己分析をやり直してみる
  • 対処法③:他己分析をしてもらう

◆まとめ:「自己PRを200字」で書くには無駄を省いた簡潔な文章を書き上げよう

自分の強みを無駄なく少ない文字数で伝えるには、自分の強みを理解するのが必要不可欠です。

「自己PRを200字」で書き上げるのが苦手な就活生は、いつも通り自己PRを書いてみてそこから必要な情報をピックアップする方法が簡単に書き上げるのを意識してみましょう!

他にも「就活の教科書」では自己PRに関する就活生の悩みをはじめとする、就活でよくある疑問について解説しています。

ぜひ他の記事も参考にして就活に役立ててみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山