>> 【20卒向け】年内に内定を獲得するには <<

【会社の弱み 面接での答え方】内定者が話した例文 | 質問意図や企業研究の方法も

こんにちは。「就活の教科書」編集部の西川です。

就職活動に関してなにか悩んでいることはありませんか?

「就活の教科書」編集部 西川

就活生くん

この前の面接で会社の弱みについて聞かれたけど、なんて答えたらいいか分かりませんでした。
答え方の例などを知りたいです。

就活生ちゃん

次回の面接で、会社の弱みについて質問されるみたいですがどうやって調べたらいいのでしょうか。
なるほど、皆さんはいま会社の弱みについて困っているのですね。

僕も就活時代にこの質問に悩まされ、上手く答える為にたくさん勉強しました。一緒にこの記事で解決していきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

会社の弱みって質問されても答えるのが難しいですよね。

そこで、この記事では会社の弱みを見つけるのが得意な西川が、
①会社の弱みの答え方の例、②会社の弱みの質問意図、③会社の弱みを知るメリット、④会社の弱みを見つける為の企業研究の仕方について完全解説していきます。

この記事を読めば、面接でズバッと会社の弱みを答えられる就活生になれますよ。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

この記事で分かること

・分かること①:会社の弱みの答え方の例
・分かること②:会社の弱みの質問意図
・分かること③:会社の弱みを知るメリット
・分かること④:会社の弱みを見つける為の企業研究の仕方

会社の弱みの答え方の例

就活生くん

この前の面接で会社の弱みについて聞かれたましたが、答えるのが難しかったです。

答え方の例などを知りたいです。
分かりました。でははじめに会社の弱みについて聞かれた時の答え方の悪い例と良い例を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

会社の弱みの答え方:悪い例

会社の弱みについてあなたの考えを教えてください。

面接官さん

就活生くん

業界のリーディングカンパニーである御社には、特に弱みは無いと思います。

就活生ちゃん

弱みについては入社させて頂いてから発見し、その弱みを改善できる人材になりたいと考えております。

就活生くん

御社は私の企業選びの軸に完全にマッチしており、弱みと感じる点はありません。

就活生ちゃん

御社が発売されている○○製品はデザインがよく優れていますが、私は別のカラーがあればもっと欲しいと思うので、別のカラーを発売されたら女子大生にもリーチできると思います。

これらの悪い例のような回答をしてしまうと面接官に評価されず、選考に落とされやすくなるります。

なぜ評価されないかと言うと、面接官の質問意図に応えきれていないためです。

面接官の質問意図とは以下の2点です。

面接官の質問意図

・質問意図①:論理的に企業を理解し自分の意見を言えるか
・質問意図②:弱みも理解した上で志望しているか

面接官は会社の弱みを聞くことで、社員の誰もが気付いて無かったような視点を求めている訳ではありません。

浅い意見でもいいので企業研究の結果、得られた自分の意見を述べましょう。

弱みをなにも答えられないのは、企業研究をしておらず志望度が低い学生だと判断されてしまいます。

 

会社の弱みの答え方:良い例

会社の弱みについてあなたの考えを教えてください。

面接官さん

就活生くん

はい。御社のIRにも課題として挙げられていた点ですが、海外での認知がまだ低いことが弱みとして考えれます。国内では、強い信頼とブランド力を持っていますが、日本の市場は縮小しつつあります。現社長である○○さんも著書で述べられていましたが、さらに利益を伸ばしていくには、海外でのブランド力を高める必要があると思います。

この良い例のように、面接官の質問意図を網羅しつつ自分の意見を回答できれば面接官に評価されます。

会社の弱みを上手く回答できれば、論理的思考力の高さや志望度の高さなどをアピールできます。

面接を受けに行く際は、必ず会社の弱みについて質問されても答えられるようにしておきましょう。

 

会社の弱みの質問意図

就活生くん

なるほど。会社の弱みについて質問されたら、良い例のように面接官の質問意図を意識する点と、自分の意見を述べる点を意識して回答すればいいのですね!
その通りです。そこでこの項目では、会社の弱みの質問意図についてより詳しく見ていきましょう。会社の弱みの質問意図は以下の2点です。

「就活の教科書」編集部 西川

会社の弱み:質問意図

・質問意図①:論理的に企業を理解し自分の意見を言えるか
・質問意図②:弱みも理解した上で志望しているか

 

質問意図①:論理的に企業を理解し、自分の意見を言えるか

会社の弱みの質問意図の1点目は、論理的に企業を理解し自分の意見を言えるかです。

多くの就活生が説明会や企業のホームページに書いてある言葉をそのまま使うため、自分の言葉で企業を語れない就活生は「あまり弊社のことを調べていないのだな」と判断され、志望度が低いと思われます。

企業研究の深さで会社は就活生の志望度の高さを判断できるため、企業は面接で会社の弱みを認識しているか質問するのです。

企業研究の仕方に関しては、この記事の後半で説明するので合わせて確認してくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

質問意図②:弱みも理解した上で志望しているか

会社の弱みの質問意図2点目は、弱みも理解した上で志望しているかです。

多額の費用をかけて新卒採用活動をしている企業にとって、早期退職や内定辞退されることは大きな損失です。

早期退職や内定辞退の大きな原因は、「会社にこんな弱みがあるとは思わなかった」という理解不足が原因で起きます。

そこで企業はきちんと自社の良い点も悪い点も理解している就活生を採用したいと考えています。

就活生にとっても企業の弱みを理解した上で入社することで満足のいく就職活動を行えるので、企業は面接で会社の弱みを認識しているか質問するのです。

就職活動は結婚と似ていると言われる本質はここにあります。

結婚も相手の強みも弱みも理解した上でしないと後で後悔することになりますよね。

満足のいく選択をするには、相手の弱みも認めた上での選択が大切なのです。

「就活の教科書」編集部 西川

 

会社の弱みを知るメリット

就活生くん

なるほど。会社の弱みを上手く答えることで、面接で志望度の高さをアピールできるのですね。

はい。しかし会社の弱みを認識することは、面接で役に立つだけでなく自分自身の企業選びにも役立つメリットがあります。

そこでこの項目では会社の弱みを知っておくメリットについて紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 西川

企業研究をしていると、自分とマッチする企業の良いところばかりに目が行きがちですが、企業の弱みを知ることで得られるメリットも同じように重要です。

そこで会社の弱みを知っておくメリットについて紹介します。メリットは以下の3点です。

会社の弱みを知っておくメリット

・メリット①:会社理解が深まる
・メリット②:就職後のビジョンを明確に予測できる
・メリット③:会社の将来性を予測できる

それではメリットについて見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

メリット①:会社理解が深まる

会社の弱みを知っておくメリットの1点目は、会社理解が深まり、自分と本当にマッチしているか分かることです。

会社の弱みを調べるには企業研究を重ねて、会社についてしっかりと勉強する必要があります。

会社への理解が深めることで、面接官から志望度が高い学生だと評価されるようになりますし、自分に本当にマッチした企業を選べるようになります。

 

メリット②:就職後のビジョンを明確に予測できる

会社の弱みを知っておくメリットの3点目は、就職後のビジョンを明確に予測できることです。

会社の弱みを理解することは企業分析にも繋がります。

企業理解が深まることでその企業で「出来ること」を明確にでき、自分の就職後のビジョンを明確にできます。

 

メリット③:会社の将来性を予測できる

会社の弱みを知っておくメリットの2点目は、会社の将来性を予測できることです。

志望する会社の将来性も予測する為にも、会社の弱みと強みは把握しておく必要があります。

志望する会社が現在では業界を牽引するリーディングカンパニーであっても、5年後にどうなっているかは分かりません。このような大企業でも業績が傾く可能性はいくらでもありえます。

そこで会社の弱みを分析することで、将来性がある企業なのか予測できます。

自分のビジョンを実現するためにも企業は安定している方がいいので、会社の弱みを知ることはメリットになるのです。

 

会社の弱みを見つける為の企業研究の仕方

就活生ちゃん

なるほど。会社の弱みを理解することは、多くのメリットがあるのですね。

私も頑張って企業研究をしようと思います!

そうですね。多くの就活生が自己分析ばかりに気を取られ、企業研究を疎かにしがちですが、企業研究は志望度が高いほど重要です。

そこでこの項目では、会社の弱みに上手く答えられるよう、企業研究で使える方法を紹介していきます。

せひ参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

企業研究で使える方法の例

・企業研究の例①:説明会に参加する
・企業研究の例②:IRを読む
・企業研究の例③:社員と会う
・企業研究の例④:書籍で研究する
・企業研究の例⑤:ニュースを参考にする

 

企業研究の例①:説明会に参加する

企業研究で使える例の1つ目は、説明会に参加することです。

よく「合同説明会(合説)は参加する意味ない」という意見を聞きますが、意味ないことはありません。

ただし、合説よりも企業が独自に開催する説明会の方が情報量が濃く質問もしやすいのは事実です。

会社説明会では、主に会社の現状とこれからの会社の展望について説明を受けられるため、会社の弱みを見つけるヒントにしやすいです。

そのため説明会に参加することは企業研究の手段として有効です。

 

企業研究の例②:IRを読みこむ

企業研究で使える例の2つ目は、IRを読み込むことです。

IRとはインベスター・リレーションズ(Investor Relations)の略語で、企業が株主や投資家に向けて自社の経営計画や現状の課題を広報するための活動で、その内容は企業のホームページ上で公開されています。

経営に詳しくない株主にも理解しやすいように構成されているので、就活生でも比較的理解できる内容になっています。

IRは「投資家・株主に向けた会社説明会」のようなものなので、IRを読みこむことで企業の弱みを見つけられます。

そのためIRを読み込むことは企業研究の手段として有効です。

 

企業研究の例③:社員と会う

企業研究で使える例の3つ目は、社員と会うことです。

会う方法としては、OB訪問やインターンシップが挙げられます。

社員と会い、直接「働いていて感じる御社の強みと弱みを教えてください」と質問することで、社員が実際に感じている企業の弱みを知れるので最も効率が良い方法とも言えます。

社員と会うことは現場の「生の声」が聴けるため、企業研究の手段として有効です。

OB訪問に関しては、以下の記事が参考になるので合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

企業研究の例④:書籍で研究する

企業研究で使える例の4つ目は、書籍で研究することです。

書籍は、対象企業の社長などが書いた書籍がオススメです。

社長が書いた書籍を読むことで、企業に関する歴史やこれからの展望について社長目線で知れるので、企業研究の手段として有効です。

 

企業研究の例⑤:ニュースを参考にする

企業研究で使える例の5つ目は、ニュースを参考にすることです。

参考するのにオススメなのがNewspicsや就活ニュースというスマホアプリです。

Newspicsでは、検索窓に企業名を入れるとその企業に関するニュースだけを閲覧できます。

就活ニュースでは、登録した企業だけでなく関連企業のニュースも届けてくれるため、情報を受動的に手に入れられます。

企業研究に使えるスマホアプリに関しては、以下の記事が参考になるので合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

 

まとめ:会社の弱みを理解してより良い就活を!

いかがでしたでしょうか。

この記事では、会社の弱みを見つけるのが得意な西川が
①会社の弱みの答え方の例、②会社の弱みの質問意図、③会社の弱みを知るメリット、④会社の弱みを見つける為の企業研究の仕方について完全解説してきました。

会社の弱みを聞く質問は、究極の企業研究に関する質問で、とても難しいと思います。

しかし、逆に捉えると会社の弱みに関する質問に答えられる就活生はそれだけ評価されるということです。

難しい質問ですが、例も参考にして諦めずに企業研究していきましょう!

 

この記事で伝えたかったこと
  • 伝えたかったこと①:会社の弱みの答え方
    ・面接官の質問意図に正確に答えれば評価される
  • 伝えたかったこと②:会社の弱みの質問意図
    ・論理的に企業を理解し、自分の意見を言えるか
    ・弱みも理解した上で志望しているか
  • 伝えたかったこと③:会社の弱みを知るメリット
    ・会社理解が深まる
    ・就職後のビジョンを明確に予測できる
    ・会社の将来性を予測できる
  • 伝えたかったこと④:会社の弱みを見つける為の企業研究の方法例
    ・説明会に参加する
    ・IRを読みこむ
    ・社員と会う
    ・書籍で研究する
    ・ニュースを参考にする
「就活の教科書」には他にもたくさん、就活に役立つ記事が載っています。よかったら見てくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

就活の面接対策については、以下の記事で網羅的に解説しています。合わせて参考にしてください。