【何が違う?】SPIの受験方式による違いを解説|出題範囲、見分け方も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事からわかること
  • SPIは適性検査の1つである
  • SPI受験方式(webテスト/テストセンター/ペーパーテスト)ごとの違い一覧
  • SPIは、受験方式によって出題範囲が違う
  • SPIは、URLで見分ける
  • SPI以外のWEBテスト一覧

みなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部のしほです。

この記事では、「SPIのwebテスト/テストセンター/ペーパーテストの違い」について説明します。

就活生のみなさんはSPIを受けたことがありますか?

「就活の教科書」編集部 しほ

就活生くん

SPIは家でweb形式のものを受けたことがあります。

今度テストセンターを受けなければいけないので、違いがあるのか不安です。

就活生ちゃん

SPIとか、そのほかのウェブテストとか、違いがよく分からないまま受験してました……。

実はSPIには3種類も形式があり、それぞれ別の対策が必要なんです。

したがって、それぞれ形式ごとの違いを把握しておく必要があります。

「就活の教科書」編集部 しほ

そこで、今回の記事では、「SPIのwebテスト/テストセンター/ペーパーテストの違い」を中心に説明します。

併せて、「SPIの出題範囲の違い」や「SPIとその他のウェブテストの見分け方」についても説明します。

これからSPIを受験する予定の就活生や、まだ一つも就活の筆記試験を受験したことがない就活生はぜひ記事の最後まで読んで、今後の就活に備えましょう。

 

先に伝えると「SPIやWebテストなんかで落ちたくない!」という方は「SPI頻出問題集適性診断AnalyzeU+を同時に使うのが一番おすすめです。

同時に使うと、苦手な単元の演習ができたり、性格検査で時間切れになって落ちる心配がなくなるので、面接対策に専念できるようになります。

「第一志望企業のWebテストはなんとしても通過したい!」という方は、すでに多くの就活性がこの方法で対策しているので、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> SPI頻出問題集を使ってみる(公式LINEで配布)

>> 適性診断AnalyzeU+で性格検査を受けてみる

【特徴を解説】そもそもSPIとはどんな試験なのか

就活生ちゃん

私はまだ就活の筆記試験を受けたことがないので、SPIがどんな試験なのかよくわかりません。

それではまず最初に、SPIとはどんな試験なのか、特徴を3つ簡単に説明しますね。

「就活の教科書」編集部 しほ

SPIの特徴
  • 特徴①:SPIは就活で使われる適性検査の一つ
  • 特徴②:SPIは言語分野・非言語分野・性格検査で構成される
  • 特徴③:SPIには3種類の受験方式がある

特徴①:SPIは就活で使われる適性検査の一つ

SPIの特徴の1つ目は、「就活で使われる適性検査の一つ」ということです。

SPIはリクルート社が採用のために開発した適性検査で、応募者の能力や性格を検査することが目的とされています。

選考プロセスでは、ほとんどの企業で「筆記試験」が課され、SPIの他にもGAB・玉手箱・TAL等の適性検査がありますが、SPIのシェアが最も高いです。

 

特徴②:SPIは言語分野・非言語分野・性格検査で構成される

SPIの特徴の2つ目は、「言語分野・非言語分野・性格検査で構成される」ということです。

  • 言語分野:「言葉の知識や文章の理解力」を問う問題
  • 非言語分野:「数的処理の能力」を問う問題
  • 性格検査:「受検者の行動や性格」に関する質問

企業は主に、以上の3種類の検査結果を通して、応募者の適性を判断します。

 

特徴③:SPIには3種類の受験方式がある

SPIの特徴の3つ目は、「3種類の受験方式がある」ということです。

SPIには以下の受験方式があります。

  • webテスト
  • テストセンター
  • ペーパーテスト

SPIのwebテスト/テストセンター/ペーパーテストは、それぞれ受験方法や出題範囲に違いがあるため、別々の対策が必要です

この記事を最後まで読むことで、それぞれの違いを知って、対策につなげましょう。

「就活の教科書」編集部 しほ

 

SPI受験方式ごとの違い一覧(webテスト/テストセンター/ペーパーテスト)

就活生くん

SPIに3つも種類があるのを知らなかったのですが、3つに違いはあるのでしょうか?

webテスト/テストセンター/ペーパーテストには6つの違いがあります。

以下の表で違いをまとめました。

「就活の教科書」編集部 しほ

違い webテスト テストセンター ペーパーテスト
①受験場所と受験形式 在宅/ウェブ 共通会場/ウェブ 企業ごと会場/紙
②制限時間と出題数 約60分 約60分~ 約100分~
③英語・構造把握の問題の有無 × 〇(企業による) 〇(企業による)
④電卓の使用可否 × ×
⑤誤謬率が関係するか × ×
⑥結果を使いまわせるか × ×

それぞれの違いについては以下で順に詳しく説明しますね。

「就活の教科書」編集部 しほ

 

違い①:受験場所と受験形式

SPI受験方式ごとの違いの1つ目は、「受験場所と受験形式」です。

Webテストとテストセンターは、どちらもパソコン(ウェブ)上で受験します。

そして、webテストは受験者は企業の指定期間内であれば予約なしにいつでもどこでも受験できます。

しかし、テストセンターは企業が指定した期間内に共通会場を自分で予約して受験します。

一方で、ペーパーテストは、紙媒体での受験です。

テストセンターはリクルート社が管理する共通会場での受験ですが、ペーパーテストは企業ごとに会場が違います。

 

違い②:制限時間と出題数

SPI受験方式ごとの違いの2つ目は、「制限時間と出題数」です。

webテストとテストセンターは1問ごとに制限時間が設けられており、回答したら前の問題にはもう戻れないようになっています。

一方で、ペーパーテストは紙媒体のため、1問ごとの制限時間はありません。

以下がwebテスト/テストセンター/ペーパーテストの各出題分野ごとの制限時間と出題数のまとめです。

webテスト テストセンター ペーパーテスト
言語 12分/41問 12分/41問 30分/40問
非言語 20分/20問 20分/20問 40分/30問
性格 30分/300問 30分/300問 40分/300問
英語  ー 20分 30分/40問

ペーパーテストだけ、webテストとテストセンターに比べ、言語と非言語の所要時間がかなり長いですね。

「就活の教科書」編集部 しほ

 

違い③:「英語」「構造把握」の問題の有無

SPI受験方式ごとの違いの3つ目は、「『英語』『構造把握』の問題の有無」です。

テストセンター・ペーパーテストの場合、英語・構造把握の問題が企業によっては課される可能性があります。

一方で、webテストの場合は英語・構造把握の問題が出題されることはありません。

SPIの「英語」や「構造把握」の問題が課される企業を知りたい人や、対策をしたい人は以下の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 しほ

 

違い④:非言語分野での電卓の使用可否

SPI受験方式ごとの違いの4つ目は、「非言語分野での電卓の使用可否」です。

webテストの場合は電卓を使用することができますが、テストセンター・ペーパーテストの場合は電卓を使用できません。

SPI非言語では、電卓を使うことで問題を解くスピードが上がります。

そのため、電卓を使って解く練習も、電卓を使わずに解く練習も両方しておくとよいでしょう。

電卓の他、テストセンターに持ち込めないものは以下の記事で説明しています。

テストセンターを控えている就活生はぜひ読んでください。

「就活の教科書」編集部 しほ

 

違い⑤:誤謬率が関係するか

SPI受験方式ごとの違いの5つ目は、「誤謬率が関係するか」です。

SPIにおける誤謬率とは「回答した問題のうち、間違えた問題数の割合」のことです。

3つの形式のうち、テストセンターのみ誤謬率が関係するため、テストセンターでは受検者ごとに問題の難易度が変わります

まとめると、以下のようになります。

  • 正解 / 不正解で次の問題の難易度が変わる
  • 正解が続くと問題の難易度が高くなる
  • 不正解が続くと問題が簡単になる

SPIテストセンターは出題された問題の難易度で「高得点をとれているかどうか」が判断できます。

SPI高得点の指標が気になる就活生は下の記事を読んでくださいね。

「就活の教科書」編集部 しほ

 

違い⑥:結果を使いまわせるか

SPI受験方式ごとの違いの6つ目は、「結果を使いまわせるか」です。

3つの形式のうち、テストセンターのみ一度受けた結果を複数の企業に提出することができます。

テストセンターの結果を使いまわすことにはメリット・デメリットがあるので、注意が必要です。

詳しく知りたい人は以下の記事をよんでください。

「就活の教科書」編集部 しほ

「SPIやWebテストで第一志望企業の選考に落ちたくない!」という方はSPI頻出問題集」「適性診断AnalyzeU+の同時利用が一番おすすめです。

同時に使うことで、SPIやWebテストの苦手分野を簡単に演習でき、性格検査をお試しで受けて練習することができます。

すでに多くの就活性が使っているので、SPIやWebテストの選考を突破したい方は、ぜひ両方とも利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> SPI頻出問題集を受け取る(公式LINE)

>> 適性診断AnalyzeU+で性格検査を受けてみる

 

SPIやWebテストに関する詳しい解説は、以下の記事でまとめているので、興味のある就活生はぜひ読んでみてくださいね。

 

「WebテストやSPIで落ちるかもしれない」「対策が間に合わず、手遅れになりそう…」と悩んでいるなら「SPI頻出問題集」が便利です。

SPI頻出問題集は公式LINEに登録することで無料で受け取れます。

頻出問題と丁寧な解説、頻繁に使われる単語をまとめているので、Webテスト対策に活用してください。

>> SPI頻出問題集を受け取る

SPI出題範囲の違い一覧(webテスト/テストセンター/ペーパーテスト)

就活生ちゃん

SPIの受験形式ごとの違いは分かりましたが、やっぱり別々の勉強が必要なんですか?

SPIはそれぞれ出題範囲にも違いがあるので、自分の受ける形式の出題分野を把握しながら勉強をする必要があります。

そこで、ここでは出題範囲の違い一覧を紹介します。

「就活の教科書」編集部 しほ

 

SPI言語の出題範囲

はじめに、SPI言語分野の出題範囲の違い一覧です。

出題範囲 webテスト テストセンター ペーパーテスト
二語の関係
語句の意味
語句の用法
文の並び換え
空欄補充
空欄補充(3文)
空欄補充(3語)
熟語の成り立ち
文節の並び換え
長文読解

 

SPI非言語の出題範囲

次に、SPI非言語分野の出題範囲の違い一覧です。

出題範囲 webテスト テストセンター ペーパーテスト
推論
場合の数
確率
集合
損益算
速度算
表の読み取り
資料の読み取り
長文読み取り計算
代金の精算
料金の割引
割合の計算
分割払い
装置と回路
物の流れと比率
不等式と領域
年齢算
通過算
整数の推理

 

SPI英語・性格検査の出題範囲に違いはない

SPIの英語と性格検査には、webテスト/テストセンター/ペーパーテストで違いはありません。

したがって、SPIの言語・非言語問題では、受験方式ごとに出題範囲に違いがあります。

初めての受験形式で「今までに遭遇したことがない問題」に出会うことが無いように、しっかりと事前対策をしましょう。

また、SPIと似たようなwebテストに玉手箱というwebテストがあります。

SPIと玉手箱の違いについては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 しほ

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

【SPIではないかも?】ウェブテストの種類の見分け方

就活生ちゃん

私がエントリーした企業から、ウェブテストのURLが送られてきたのですが、ウェブってことはこの試験はSPIなんですか?

「ウェブテスト」だからといって、「SPIのwebテスト形式」だとは限りません。

ウェブテストにはSPI以外にも様々な種類があるので、ここではSPIの見分け方を紹介します。

「就活の教科書」編集部 しほ

 

SPIの見分け方はURLから判断する

SPIの他webテストとの違いは試験のURLから判断します。

SPIのURLはほとんど

http://arorua.net/

から始まります。

したがって、企業から送られてきた「適性検査の案内」にこのURLが含まれていたら、それはSPIだと思ってよいでしょう。

 

SPI以外のウェブテストもある

就活の筆記試験では、SPI以外にも主に11種類のウェブテストがあります。

試験種別について知っておくだけで、事前の対策ができるため、筆記試験段階での通過率が格段に上がります。

したがって、自分の受けたい企業がどの試験を導入しているのか、事前に調べておきましょう。

その他のウェブテストの見分け方や、出題企業の違いについて知りたい人は、以下の記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 しほ

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

SPIのwebテスト/テストセンターの違いに関するよくある質問

就活生くん

SPIの違いについて、とても分かってきました。

受験頻度の多い、SPIのwebテスト/テストセンターの違いについて、そのほか知っておくべきことはありますか?

それでは最後に、SPIのwebテスト/テストセンターの違いに関するよくある質問を2つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 しほ

SPIのwebテスト/テストセンターの違いに関するよくある質問
  • 質問①:ウェブテストは受験したことあるけどテストセンターの対策は必要?
  • 質問②:webテストとテストセンターはどっちも再受験できる?

 

質問①:ウェブテストは受験したことあるけどテストセンターの対策は必要?

SPIのwebテスト形式を受験したことがあったとしても、テストセンターの対策をする必要があります。

理由は、SPIのwebテストとテストセンターは言語・非言語分野の出題範囲が違うからです。

また、テストセンターでは非言語分野の問題を解く際に電卓を使うことができません

したがって、テストセンターに特化した対策もしておく必要があります。

「テストセンターを受けたことが無いので、練習で受けてみたい!」という就活生は、以下の記事でテストセンターを実施している企業を紹介しているので、参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 しほ

 

質問②:webテストとテストセンターはどっちも再受験できる?

SPIのwebテストもテストセンターも、1つの企業で1度までしか受験できません。

したがって、どちらも同じ企業での再受験はできません。

別の企業にエントリーして、SPIを受験することになった場合は、webテストであれば再受験する必要があり、テストセンターであれば再受験することも、以前の受験結果を使いまわすこともできます。

 

SPIを受けずに優良企業に就職する方法

就活生くん

SPIって難しいし、結果がわからないので困っています。

SPIや適性検査を受けるのが嫌になってきたな。

SPIや適性検査を受けずに就活する方法として、スカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトはSPIを受けずに、あなたの人柄や経験を見た企業からスカウトが直接届きます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、あなたの人柄を評価してくれる企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 
メモ

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、SPIを受けずに優良企業に就職する方法をまとめたので、読んでみてくださいね。

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

まとめ:SPIはwebテスト/テストセンター/ペーパーテストそれぞれ違う対策が必要

本記事「【何が違う?】SPIの受験方式による違いを解説|出題範囲、見分け方も」はいかがだったでしょうか?

今回の記事では、「SPIのwebテスト/テストセンター/ペーパーテストの違い」を中心に説明しました。

併せて、「SPIの出題範囲の違い」や「SPIとその他のウェブテストの見分け方」についても紹介しました。

まとめると、SPIは形式ごとに、試験時間や出題範囲などが違うので、webテスト/テストセンター/ペーパーテストそれぞれ違う対策が必要だということが分かりました。

以下がこの記事の概要です。

この記事のまとめ

◆【特徴を解説】そもそもSPIとはどんな試験なのか

  • 特徴①:SPIは就活で使われる適性検査の一つ
  • 特徴②:SPIは言語分野・非言語分野・性格検査で構成される
  • 特徴③:SPIには3種類の受験方式がある

◆SPI受験方式ごとの違い一覧(webテスト/テストセンター/ペーパーテスト)

  • 違い①:受験場所と受験形式
  • 違い②:制限時間と出題数
  • 違い③:「英語」「構造把握」の問題の有無
  • 違い④:非言語分野での電卓の使用可否
  • 違い⑤:誤謬率が関係するか
  • 違い⑥:結果を使いまわせるか

◆SPI出題範囲の比較一覧(webテスト/テストセンター/ペーパーテスト)

  • SPI言語の出題範囲
  • SPI非言語の出題範囲
  • SPI英語・性格検査の問題は一緒

◆【SPIではないかも?】ウェブテストの種類の見分け方

  • SPIの見分け方はURLから判断する
  • SPI以外のウェブテストもある

◆SPIのwebテスト/テストセンターの違いに関するよくある質問

  • 質問①:ウェブテストは受験したことあるけどテストセンターの対策は必要?
  • 質問②:webテストとテストセンターはどっちも再受験できる?

◆まとめ:SPIはwebテスト/テストセンター/ペーパーテストそれぞれ違う対策が必要