>> あなたにあった就活エージェントを診断! <<

【内定者が教える】エントリーシートでの”志望動機”の書き方 | 内定者の例文も

みなさんこんにちは。「就活の教科書」編集部のコータです。
就活をしているうちに、面接やエントリーシートで志望動機を聞かれて困った経験があるのではないでしょうか。

「就活の教科書」編集部 コータ

就活生くん

エントリーシートに志望動機の設問があったけど、まったく書けなかった…

就活生ちゃん

魅力的だと思う企業はあるけど、志望動機なんて特にないしなぁ…

そんな就活生も多いのではないでしょうか。
僕も就活中に、志望動機を聞かれて答えられず、困った経験があります。

「就活の教科書」編集部 コータ

そこでこの記事では、①企業がエントリーシートで志望動機を聞く理由3つ、②エントリーシートに書く志望動機の例文2つ、③エントリーシートに志望動機を書く時のポイント3つ、④エントリーシートの志望動機のNG例文2つ、⑤エントリーシートの志望動機が思い浮かばない理由と対策方法を紹介します。

この記事を読めば、「エントリーシートで志望動機がうまく書けない…」なんてことを避けられます。

志望動機に不安を感じる就活生の皆さん、この記事を読んで、エントリーシートに志望動機をうまく書けるようになりましょう!

エントリーシートで志望動機を企業が聞く理由3つ

志望動機は本選考だけでなく、インターンの応募でも課されることが多いです。

では、企業はなぜ面接やエントリーシートで志望動機を求めるのでしょうか。

企業がエントリーシートで志望動機を聞く理由は3つあります。

企業がESで志望動機を聞く理由3つ
  • 理由①:志望度を測るため
  • 理由②:自社で活躍してくれる人材かどうかを知るため
  • 理由③:早期退職を防ぐため

それぞれ順番に解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

理由①:志望度を測るため

エントリーシートで志望動機を企業が聞く理由1つ目は、志望度を測るためです。

志望理由を聞くことで、「競合他社も多い中で、どうしてこの企業が選んだのか」が分かります。

エントリーシートに書かれている志望理由が適当だと、すぐに選考を落とされてしまいます。

そのため、本気度を伝えるためにも志望理由はしっかりと時間をかけて書くべきです。

企業を受けるにあたって、志望理由は欠かせません。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

理由②:自社で活躍してくれる人材かどうかを知るため

エントリーシートで志望動機を企業が聞く理由2つ目は、自社で活躍してくれる人材かどうかを知るためです。

結局、企業も基本的に営利目的で事業を行なっているので、自社に利益をもたらしてくれる学生を望んでいます。

そのため、企業は自社で活躍してくれる人材かどうかを測るために志望理由を聞いています。

また企業は志望理由と合わせて、ガクチカ(学生時代に力を入れて頑張ったこと)も聞くことが多いので、ガクチカもしっかりと対策をしておきましょう。

ガクチカについては、以下の記事で網羅的に解説しています。
合わせて参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

理由③:早期退職を防ぐため

エントリーシートで志望動機を企業が聞く理由3つ目は、早期退職を防ぐためです。

志望度の低い学生は、もし採用しても入社後すぐに辞めてしまう可能性があります。

企業は一人の学生を採用するにも莫大なコストを割いているため、なるべく長く働いてくれる学生を採用したいと考えています。

長く働きたいという気持ちを伝えられると、エントリーシートの通過率は高くなります!

企業が志望理由を聞く理由がわかりましたね。
では次に、エントリーシートに書く志望動機の例文2つを紹介します。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

エントリーシートに書く志望動機の例文2つ

就活生くん

エントリーシートで志望動機が聞かれる理由がわかった!
例文もあれば、さらに志望動機の書き方がわかるのになぁ。

では次に、内定者が書いたエントリシートに書く志望動機の例文を2つ紹介します。
良いポイントを考えながら読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 コータ

志望動機の良い例文①:消費財メーカー

貴社のCBDを志望する理由は大きく2つあります。
1つは、裁量権が若くして与えられている点です。
世界中で証明された実績を持つ営業のノウハウを学び、実践的にチャレンジできる環境と、会社として若手の裁量権を奨励していることに魅力を感じます。
もう1つは、CBDが単なる営業ではなく、提案型の営業を行ってクライアントの発展に寄与するという点です。

この例文は「志望理由が2つある」ことを最初に述べていて、その後順番に理由が書かれているので、わかりやすい文章ですね。
その会社独自の環境や、企業風土が書かれていることも志望度が高く感じられて好印象です。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

志望動機の良い例文②:インターネット企業

私が貴社を志望する理由は、貴社のインターンに参加して、貴社での具体的なキャリアをイメージすることができたからです。
私は仕事の中で地方創生に携わりたいと考えています。
貴社では地方創生のため、様々な市町村と連携協定を結んでいると伺います。貴社で働くことを通して地方を盛り上げられたらと思い、私は貴社を志望します。

この例文は「インターンに参加」したことを最初に述べていて、他の学生よりも熱意があることがわかります。
また「市町村と連携協定を結んでいる」など、企業研究をしていることも伝わって良いですね。

では次に、エントリーシートの志望動機を書く時のポイント3つを紹介します。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

エントリーシートに志望動機を書く時のポイント3つ

就活生くん

エントリーシートに志望動機を書く時にポイントがあれば、教えてほしい!

志望動機の書き方を悩む就活生は多いですよね。
では次に、エントリーシートに志望動機を書く時のポイント3つを紹介します。

「就活の教科書」編集部 コータ

ESに志望動機を書く時のポイント3つ
  • 結論を最初に書く
  • 魅力に感じる点を書く
  • なぜ魅力に感じるのかを、自分の経験を踏まえて書く

それぞれ順番に解説していきますね。

 

ポイント①:結論を最初に書く

エントリーシートの志望動機を書く時のポイント1つ目は、結論を最初に書くことです。

結論を最初に書くことで、文章全体で本当に伝えたいことが分かります。

例えば「私が貴社を志望する理由は、貴社の企業理念に共感するからです。」のように結論が最初に書かれていると、なぜ弊社を志望してくれるのかが分かりやすいです。

逆に結論がどこに書かれているか分からない場合、文章を読んでいる途中に「結局何が言いたいの?」と思われてしまうかもしれません。

結論を最初に書くことは、志望動機だけでなくどの設問でも心がけましょう。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

ポイント②:その企業でなければダメな理由を書く

エントリーシートの志望動機を書く時のポイント2つ目は、その企業でなければダメな理由を書くことです。

その企業でなければダメな理由を書くことで、数多く存在する競合他社との差別化につながります。

例えば、「企業風土が自分にぴったりだから」「世界一を目指す姿勢に共感したから」などを話すと、その企業でなければダメな理由は伝わりやすいです。

僕は就活中、「社員さんの人柄やマインドが自分と同じだから」と理由で選考を受けていました。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

ポイント③:なぜ魅力に感じるのかを、自分の経験を踏まえて書く

エントリーシートの志望動機を書く時のポイント3つ目は、自分の経験を踏まえて書くことです。

エントリーシートの志望動機を、自分の経験を踏まえて書くことで、読み手の納得を得られます。

自分の経験を踏まえて、エントリーシートの志望動機を書いた例を紹介します。

私が貴社を志望する理由は、貴社の努力を認める環境に心を惹かれたからです。
私は貴社のインターンシップに参加した際、『うちでは出る杭は打たれない、むしろ出る杭の方がどんどん伸びていく』と伺い、心を打たれました。

このように、自分がインターンに参加した経験などを踏まえて書くと、その企業を志望する理由に納得感が増します。

抽象的な言葉よりも、自分の言葉で表現するとさらに良いです。

では次に、志望動機のNG例文2つを紹介します。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

エントリーシートの志望動機のNG例文2つ

では次に、エントリーシートの志望動機のNG例文を紹介しますね。
良い例文と比較しながら読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 コータ

志望動機のNG例文①:日用品メーカー

私は貴社を志望する理由は、人の役に立つ仕事がしたいからです。
私は飲食業のアルバイトをしているのですが、そこでお客様に接客をすることでお客様が笑顔になり、いつも喜んでくださることに私はやりがいを感じています。
貴社では日用品を製造し、一般家庭に販売することで、多くの人の役に立つことができると考え、私は貴社を志望します。

この例文に書かれている「人の役に立つ仕事」は、志望理由として抽象的すぎて伝わりません。
抽象的な内容は他の多くの企業にも当てはまるので、「それなら別に弊社でなくても良いですよね?」と返されてしまいます。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

志望動機のNG例文②:金融業界

私は人を幸せにする仕事がしたいです。
お金は人生における最も大切なものだと私は考えていて、豊かな生活をするためには欠かせません。
貴社でお客様ひとりひとりに合った資産の運用計画を提案することで、周りの人々を幸せにすることができればと思い、私は貴社を志望します。

この例文は最初に結論がないので、文章全体で何が伝えたいのかわかりにくいです。
また、面接官が知りたいのは志望理由なので、入社後にしたいことではなく、志望理由を答えましょう。

では最後に、志望動機が思い浮かばない理由と対策方法を紹介します。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

エントリーシートの志望動機が思い浮かばない理由と対策方法

ここまで、エントリーシートの志望動機の良い例文や書き方を紹介しました。

しかし中にはエントリーシートの志望動機が思い浮かばない就活生もいるはずです。

就活生ちゃん

志望動機がなくてエントリーシートが提出できません…

では最後に、エントリーシートの志望動機が思い浮かばない理由とその対策方法を紹介します。

「就活の教科書」編集部 コータ

ESの志望動機が思い浮かばない理由
  • 自己分析が足りない
  • 企業研究が足りない
  • 企業選びが不適切

それぞれ順番に解説していきますね。

 

理由①:自己分析が足りない

エントリーシートの志望動機が思い浮かばない理由1つ目は、自己分析が足りないからです。

自己分析が足りないと、自分は将来何をしたいのか、自分は何に興味があるのかが明確になりません。

興味のあることが明確でないので、企業を受けるにも特に志望理由がなく、エントリーの段階で詰まってしまいます。

納得のいく就活を送るためにも、自己分析はしっかりとしておきましょう。

以下に自己分析のやり方を網羅的にまとめていますので、参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

理由②:企業研究が足りない

エントリーシートの志望動機が思い浮かばない理由2つ目は、企業研究が足りないからです。

企業研究が足りないと、企業の事業内容や企業風土をしっかりと把握できません。

企業の事業内容は、新卒採用ページや企業説明会に参加することで知れます。

しかし、実際の企業風土について、ホームページ上に公開されていることは少ないです。

そのため、企業理解を深めるためにもOB訪問やインターンシップに参加することは重要です。

OB訪問のやり方インターンシップについて網羅的にまとめていますので、以下も参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

理由③:企業選びが不適切

エントリーシートの志望動機が思い浮かばない理由3つ目は、企業選びが不適切だからです。

具体的には、あなたの就活の軸とその企業が合っていないから志望理由が思い浮かばない可能性もあります。

例えば、就活の軸のひとつが「人とのつながりを生かせる仕事」の学生が事務職を希望していても、事務職は営業などに比べて人と出会う機会は少ないです。

志望理由が思い浮かばない場合、「この企業は本当に自分が働きたいと思う企業なのか?」と考えてみてもよいでしょう。

企業を選ぶ上で就活の軸は大切ですが、軸と企業がマッチしているかもしっかりと考えましょう。

「就活の教科書」編集部 コータ

まとめ:エントリーシートの志望動機は自分の熱意を伝えよう!

いかがだったでしょうか。

今回は「就活の教科書」編集部のコータが、①企業が志望動機を聞く理由3つ②エントリーシートに書く志望動機の例文2つ③エントリーシートに志望動機を書く時のポイント3つ④エントリーシートの志望動機のNG例文2つ⑤エントリーシートで志望動機が思い浮かばない理由と対策方法を紹介しました。

これらをまとめると、以下の通りです。

まず、企業がエントリーシートで志望動機を聞く理由を3つ紹介しました。

「就活の教科書」編集部 コータ

ESの志望動機を企業が聞く理由3つ
  • 理由①:志望度を測るため
  • 理由②:自社で活躍してくれる人材かどうかを知るため
  • 理由③:早期退職を防ぐため

次に、エントリーシートに志望動機を書く時のポイント3つを紹介しました。

「就活の教科書」編集部 コータ

ESに志望動機を書く時のポイント3つ
  • ポイント①:結論を最初に書く
  • ポイント②:その企業でないといけない理由を書く
  • ポイント③:なぜ魅力に感じるのかを、自分の経験を踏まえて書く

最後に、エントリーシートの志望動機が思い浮かばない理由と対策方法を紹介しました。

ESの志望動機が思い浮かばない理由3つ
  • 理由①:自己分析が足りない
  • 理由②:企業研究が足りない
  • 理由③:企業選びが不適切

エントリーシートを提出するときに、志望理由を書くことは避けられません。

周りの就活生よりも熱意が伝わる志望動機を書くことで、エントリーシートの通過率を上げることができます。

僕は志望動機を何度も書き直して、エントリーシートの通過率を上げました。
志望動機はエントリーシートの中でも非常に重視される部分です。
あなたの思いをしっかりと書いて、面接へとつなげましょう!

「就活の教科書」編集部 コータ

 

「エントリーシートの書き方がわからない!」「質問項目の答え方がわからない」という就活生には、ESについて網羅的に解説した記事がおすすめです。