>> 内定者が選んだ就活に役立つサービス15選 <<

【複数利用すべき?】就活エージェントを同時登録するメリット | 掛け持ちの注意点も

「【内定者が教える】就活エージェントに複数登録するメリット|デメリット,注意点も」のアイキャッチ画像

こんにちは。「就活の教科書」編集部の天野です。
就活生のみなさんは、就活エージェントに複数利用しようとした経験はありますか?

「就活の教科書」編集部 天野

就活生くん

そもそも、新卒の就活エージェントって掛け持ちしていいの?

就活エージェントに複数利用してデメリットってあるのかな。

就活生ちゃん

就活エージェントへの登録は一つだけにした方が良いのか、複数利用しても良いのかわからない。

就活エージェントに複数利用しても良いのかわからないという就活生は多いですよね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

そこでこの記事では、就活エージェントに複数利用するメリットを紹介します。

合わせて、就活エージェントに複数利用/掛け持ちする時の注意点、デメリットも解説します。

この記事を読めば、「就活エージェントって複数利用しても大丈夫なのかな…」と悩むことがなくなります。

「複数の就活エージェントに登録したいけど、ちょっと不安…」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

就活エージェントを複数利用・掛け持ちするメリット

就活生くん

就活エージェントを複数利用・掛け持ちすると、どんなメリットがあるんですか?
就活エージェントを複数利用すると、以下の3つのメリットがあります。

「就活の教科書」編集部 天野

就活エージェントを複数利用するメリット
  • 網羅的な就活情報が手に入る
  • 多くの特別選考ルートを紹介してもらえる
  • 複数のキャリアアドバイザーの意見を聞ける
それでは、就活エージェントを複数利用するメリットを1つずつ見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

メリット①:網羅的な就活情報が手に入る

就活エージェントを複数利用するメリットの1つ目は「網羅的な就活情報が手に入る」です。

就活エージェントは企業によって、持っている就活情報も異なります。

そのため、就活エージェントを複数利用すると、就活情報を網羅的に集められます。

就活情報とは、就活イベントや企業の採用基準などの情報のことです。

「就活の教科書」編集部 天野

 

メリット②:多くの特別選考ルートを紹介してもらえる

就活エージェントを複数利用するメリットの2つ目は「多くの特別選考ルートを紹介してもらえる」です。

就活エージェントを使うと、提携している企業の特別選考ルートを紹介してくれることがあります。

特別選考ルートは通常の選考ルートとは違い、早ければ1週間ほどで内定がもらえる場合もあります。

就活エージェントに複数利用しておけば、多くの特別選考ルートを提案してもらえることでしょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

メリット③:複数のキャリアアドバイザーの意見を聞ける

就活エージェントを複数利用するメリットの3つ目は「複数のキャリアアドバイザーの意見を聞ける」です。

就活エージェントでは、担当のキャリアアドバイザーが就活相談をしてくれます。

アドバイスをたくさん欲しい就活生は、複数の就活エージェントに登録して、複数のキャリアアドバイザーの意見を聞きましょう。

担当のキャリアアドバイザーが自分と合わない場合は、エージェント会社にその旨を伝え、担当を変えてもらいましょう。

また、おすすめの就活エージェントや、就活エージェントの評判を知りたい就活生は、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

就活エージェントを複数利用・掛け持ちするデメリット

就活生くん

就活エージェントに複数利用するメリットはわかりました。
次に、就活エージェントに複数利用するデメリットを教えてください。

就活エージェントに複数利用するデメリットには、以下の3つがあります。

就活エージェントに複数利用するデメリット
  • 多すぎる情報に振り回されることがある
  • 電話が鬱陶しく感じることがある
  • 同じ就活イベントに応募してしまうことがある
それでは、就活エージェントに複数利用するデメリットを1つずつ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 天野

 

デメリット①:多すぎる就活情報に振り回されることがある

就活エージェントに複数利用するデメリットの1つ目は「多すぎる就活情報に振り回されることがある」です。

複数の就活エージェントに登録すると、就活に関する情報が多く入ってきます。

しかし多くの就活情報を自分で取捨選択できなければ、その多すぎる情報量に振り回されてしまいます。

複数の就活エージェントに登録した際には、自分に必要な就活情報だけを集めましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

デメリット②:電話が鬱陶しく感じることがある

就活エージェントを複数利用するデメリットの2つ目は「電話が鬱陶しく感じることがある」です。

就活エージェントは、就活イベントに参加してくれる学生を集めるために、頻繁に電話をかけてきます。

そのため複数の就活エージェントに登録すると、何度もかかってくる電話が鬱陶しく感じることがあります。

あまりにも電話をかけてこられて鬱陶しい場合は、その旨を担当者に伝えましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

デメリット③:同じ就活イベントに応募してしまうことがある

就活エージェントを複数利用するデメリットの3つ目は「同じ就活イベントに応募してしまうことがある」です。

ある一つの就活イベントの募集が、複数の就活エージェントに頼まれていることはよくあります。

そのため就活イベントに適当に応募すると、違う就活エージェントに紹介された、同一の就活イベントに応募してしまうことがあります。

同じ就活イベントに、違う就活エージェント経由で応募すると面倒なことになるので、就活イベント名をちゃんと見てから応募しましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

就活エージェントを複数利用・掛け持ちする時の注意点

就活生くん

就活エージェントに複数利用するメリット・デメリットがわかりました。
最後に、就活エージェントに複数利用する時の注意点を教えてください。

就活エージェントに複数利用する時の注意点には、以下の2つがあります。

就活エージェントに複数利用する時の注意点
  • 複数の就活エージェントに登録していることを隠さない
  • 同じ就活イベントに同時に応募しない
それでは、就活エージェントに複数利用する時の注意点を1つずつ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 天野

 

注意点①:複数の就活エージェントに登録していることを隠さない

就活エージェントに複数利用する時の注意点の1つ目は「複数の就活エージェントに登録していることを隠さない」です。

複数の就活エージェントに登録することは、別にやましいことではありません。

別の就活エージェントに登録していることを隠してしまうと、話の辻褄が合わなくなり、就活エージェント側に不審に思わせてしまいます。

たとえ就活生が複数利用していようと、就活エージェントは登録してくれているだけで嬉しいはずです。
もし複数の就活エージェントに登録していても、隠さず話すようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

注意点②:同じ就活イベントに同時に応募しない

就活エージェントに複数利用する時の注意点の2つ目は「同じ就活イベントに同時に応募しない」です。

デメリットでも紹介したように、ある一つの就活イベントの募集が、複数の就活エージェントに頼まれていることはよくあります。

そのため、違う就活エージェントから同じ就活イベントに応募することは気をつけましょう。

これら2つのことに気をつけておけば、複数の就活エージェントに登録してもうまくいきますよ。

次は、「就活の教科書」編集部の僕が選んだ「無料の就活エージェントおすすめ3選」について解説します。

「就活の教科書」編集部 天野

 

複数利用におすすめの就活エージェント3選

就活生くん

就活エージェントを複数利用する際の注意点について理解できました!

「就活エージェントに複数使っていること」と「同じ就活イベントに登録しない」ことに気をつけて使ってみます。

ちなみに、掛け持ちするならおすすめの就活エージェントってありますか?

就活エージェントを複数利用する際の注意点、ぜひ実践してみてくださいね。

就活エージェントって、かなりの数があってどれを登録するべきかわかりにくいですよね。

そこで最後に、「就活の教科書」編集部の僕が、複数利用におすすめの就活エージェント3選をまとめたのでお伝えします。

どんな就活エージェントにを複数利用すべきかわからない人はぜひ最後までみていってくださいね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

おすすめ①:キャリアチケット(エージェントと地域都市で面談可)

就活エージェントおすすめ「キャリアチケット」

「就活の教科書」編集部の僕が最もおすすめする、複数利用すべき就活エージェント1つ目は、キャリアチケット(career ticket)です。

キャリアチケットを運営するのは、人気人材系ベンチャー企業 レバレジーズ株式会社です。

キャリアチケットを利用した就活生の意見をまとめると、「ブラック企業を避けられ内定率も高い」ため、特に人気があります。

キャリアチケットのメリット/デメリット
  • メリット①:ブラック企業を限りなく避けられる
  • メリット②:最短2週間でスピード内定できる
  • メリット③:地方都市でも相談できる
  • デメリット①:紹介企業数が多くはない

キャリアチケットの就活エージェントから紹介してもらえる企業はホワイト企業が多いです。

「キャリアチケット」では就活エージェントが紹介先企業を厳選しています。

そのため、「なるべく早くホワイト企業から内定がほしい!」という就活生で複数利用するならオススメです。

「就活の教科書」編集部 天野

\あなたに合った優良企業を紹介/

キャリアチケット(career ticket)

* 登録無料、1分で参加できます

 

 

「キャリアチケット」のリアルな口コミや評判を知りたい就活生は、こちらの記事も見ていってくださいね。

 

おすすめ②:DiG UP CAREER(就活エージェントとLINEで面談可)

就活エージェントおすすめ「DiG UP CAREER(ディグアップキャリア)」

「就活の教科書」編集部の僕が、複数利用するおすすめの就活エージェント2つ目は、DiG UP CAREER(ディグアップキャリア)です。

「DiG UP CAREER」は、DiG(ディグ)株式会社が運営する就職支援、新卒紹介の就活エージェントです。

就活エージェントが就活生一人ひとりに対して手厚いサポートをするため、就活生から高い評価を得ています(満足度90%超、友達紹介率60%超)。

DiG UP CAREERのメリット/デメリット
  • メリット①:サポートが手厚く、満足度90%以上、友人紹介率60%以上
  • メリット③:LINEでの面談に対応しているから、就活エージェントに気軽に相談できる
  • メリット②:他社ナビにはない非公開求人がある
  • デメリット①:対面の相談は、東京渋谷のみ

入社後にも就活エージェントが相談を受けてくれるくらい手厚いDiG UP CAREERは、少数精鋭のサポート体制をしています。

就活エージェントを複数利用して使いたい就活生に、DiG UP CAREERはおすすめです。

近頃人気のDiG UP CAREERの手厚いサポートが受けられるのは今のうちですよ。

「就活の教科書」編集部 天野

\ 少数精鋭の手厚いサポートを受けられる!! /

DiG UP CAREER(ディグアップキャリア)

* 登録無料、1分で参加できます

 

 

「DiG UP CAREER」のリアルな口コミや評判を知りたい就活生は、こちらの記事も見ていってくださいね。

 

おすすめ③:JobSpring(AIマッチングを使った就活エージェント面談)

就活エージェントおすすめ「JobSpring(ジョブスプリング)」

「就活の教科書」編集部の僕が、複数利用するおすすめの就活エージェント3つ目は、JobSpring(ジョブスプリング)です。

JobSpringは、株式会社Roots(ルーツ)が運営する就活エージェントです。

JobSpringでは、独自のAIマッチングを行っており、就活エージェントとの就活相談を通して自分に適した企業が見つかります。

JobSpringのメリット/デメリット
  • メリット①:「AIマッチング」で自分に適した企業が見つかる
  • メリット②:早期離職率がわずか0.1%
  • メリット③:就活エージェントとビデオ通話面談できる
  • デメリット①:関東の学生しか対面での相談ができない

JobSpringには、就活エージェントとの面談を通して、就活生と企業とのミスマッチをできるだけ減らす工夫がたくさん考えられています。

「入社したら終わり」ではなく、入社後のキャリアまで一緒に相談できるのはとても良いですね。

就活エージェントを複数利用して使いたい就活生には、JobSpringもおすすめです。

「就活の教科書」編集部 天野

\ AIマッチングで内定獲得!! /JobSpring(ジョブスプリング)

* 登録無料、1分で参加できます

 

「JobSpringの口コミ、評判ってどうなの?」という就活生は、こちらの記事も見ていってくださいね。

 

ちなみに、他にも就活エージェントに関する質問を以下の記事で紹介しているので、合わせて参考にしてくださいね。

 

まとめ:就活エージェントは複数利用・掛け持ちするのがおすすめ

今回の記事では、就活エージェントに複数利用するメリットを解説しましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、就活エージェントに複数利用・掛け持ちする時の注意点と、デメリットも解説しました。

就活エージェントを複数利用するメリットまとめは、以下の通りでした。

「就活の教科書」編集部 天野

就活エージェントを複数利用するメリット

  • 網羅的な就活情報が手に入る
  • 多くの特別選考ルートを紹介してもらえる
  • 複数のキャリアアドバイザーの意見を聞ける

就活エージェントを複数利用するデメリット

  • 多すぎる就活情報に振り回される場合がある
  • 電話が鬱陶しく感じる場合がある
  • 同じ就活イベントに応募してしまう場合がある

就活エージェントに複数利用する時の注意点

  • 複数の就活エージェントに登録していることを隠さない
  • 同じ就活イベントに同時に応募しない

就活エージェントを複数利用するデメリットは、どれも自分次第で解決できるものでした。
就活エージェントを複数利用するデメリットさえ解決できれば、就活エージェントを複数利用して得られるメリットは大きいです。
たくさんの選択肢をもって就活をうまく進めるために、就活エージェントに複数利用することをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 天野