>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【複数利用しよう】就活エージェントを同時登録するメリット | 掛け持ちの注意点も

「【内定者が教える】就活エージェントに複数登録するメリット|デメリット,注意点も」のアイキャッチ画像

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • 就活エージェントは複数利用・掛け持ちしよう
  • 複数利用におすすめ就活エージェント5つ
  • 就活エージェントを複数利用するデメリットは多すぎる就活情報に振り回される
  • 就活エージェントを複数利用するメリットは特別選考ルートの紹介が多い
  • 就活エージェントを複数利用・掛け持ちする時には注意点がある

こんにちは。「就活の教科書」編集部の天野です。
就職活動を効率よく進めるサービスの一つに就活エージェントがあります。
就活生のみなさんは、就活エージェントを複数利用しようとした経験はありますか?

「就活の教科書」編集部 天野

就活生くん

そもそも、新卒の就活エージェントって複数掛け持ちしていいんですか?
一つのエージェントしか使ったらダメだと思っていました。

就活生ちゃん

私は就活エージェントを1つ登録して利用しています。

複数のエージェントを利用するメリットってあるのかな・・・

就活エージェントを複数利用して良いのかという就活生の方は多いですよね。
僕も就活をしている時に悩みました。

「就活の教科書」編集部 天野

 

そこでこの記事では、就活エージェントに複数利用するメリットを紹介します。

合わせて、就活エージェントに複数利用/掛け持ちする時の注意点、デメリットも解説します。

この記事を読めば、就活エージェントの効率的な複数利用の仕方を学び、内定獲得に近づくことができます。

「複数の就活エージェントを同時利用したいけど迷っている」と悩んでいる就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

おすすめの就活エージェントについては、こちらのまとめ記事も参考になります。

先に結論を伝えておくと、就活エージェントは複数利用することをおすすめします。

例えば「キャリアチケット」「ジールコミュニケーションズ」「ゼロキャンバス」の同時利用をおすすめします。

それぞれに良さがあるので、3つを同時併用するとミスマッチなく内定をとることができます。

ぜひ複数利用してみてください!

「就活の教科書」編集部 天野

 

目次

就活エージェントは複数利用しよう

就活生くん

そもそもですが、就活エージェントは複数利用したほうがいいんですか?

結論から言うと、就活エージェントは複数利用した方がよいです。

就活エージェントには、面接対策に付き合ってくれるエージェントや企業紹介が豊富にあるなど様々なエージェントがあります。

そのため、就活エージェントを複数利用することでより手厚いサービスが受けられ、就活をより有利に進められます。

逆に1つの就活エージェントしか登録していないと、そのエージェントが担当する企業やサービスのみで就職活動の幅が狭まってしまいます。

個々の就活エージェントによって特徴が違うので、複数利用して必要な情報やサービスを取捨選択して利用しましょう。

就活エージェントは一つだけ利用するよりも、複数利用した方が受けられるサービスや企業の幅が広がります。
2〜3個の就活エージェントを利用するのがおすすめです。

「就活の教科書」編集部 天野

 

複数利用におすすめの就活エージェント5選

就活生くん

就活エージェントを複数使うべき理由が分かりました。

掛け持ちするおすすめの就活エージェントってありますか?

就活エージェントって、かなりの数があってどれを登録するべきかわかりにくいですよね。

そこで、「就活の教科書」編集部の僕が、複数利用におすすめの就活エージェント5選をまとめたのでお伝えします。

どんな就活エージェントにを複数利用すべきかわからない人はぜひ最後までみていってくださいね。

「就活の教科書」編集部 天野

会社名 特徴 実績 面談地域
キャリアチケット
・ブラック企業を避けられる
・関東に加えて関西/九州/東海も面談可能
・就活生4人に1人が登録
・最短2週間でのスピード内定
全国(オンライン面談可)
東京(渋谷/秋葉原/池袋)、大阪、横浜、福岡、名古屋、京都、神戸
ジールコミュニケーションズ ・コロナ禍の就活でも安心のサポート
・専任のキャリアプランナーが支援
・最短1週間でのスピード内定
・企業数700社以上
東京、大阪、名古屋
ゼロキャンバス ・あなたが活躍できる会社に入れる
・適性診断ツール「ミツカリ」で自己分析できる
・内定獲得率86%
・総面談時間の平均8時間
全国(オンライン面談可)
キャリセン就活エージェント ・経験豊富なアドバイザーが多数在籍
・内定者のESを多数閲覧できる
・就活支援600,000件
・利用後内定獲得5.4倍
東京(赤坂)限定
JHR就職エージェント ・5~6回のカウンセリング
・5000件の企業から紹介
・内定率92%
・満足度96%
全国(オンライン面談可)
東京(代々木)限定

 

おすすめ①:キャリアチケット(ホワイト企業紹介、主要7都市で面談可)

キャリアチケット

「就活の教科書」編集部の僕がおすすめする、複数利用すべき就活エージェント1つ目は、キャリアチケット(career ticket)です。

「キャリアチケット」を運営するのは、今勢いのある人材系ベンチャー企業 レバレジーズ株式会社です。

1万人以上をサポートするエージェントが、あなたの良さや要望にマッチした企業を紹介してくれます。

それぞれの企業に合わせた選考対策もしてくれて、対策後の内定率が39%UPしています。

そのため、ブラック企業を避けられ、利用した就活生の内定率も高いため、就活エージェントの中でも特に人気があります。

ちなみに3000人以上の利用者が回答した、総合ランキングでは1位を獲得しています。(引用:オリコン顧客満足度調べ

すでに就活生の4人に1人である13万人以上が利用しています。
そのため、就活生の方は安心して利用できますよ。

「就活の教科書」編集部 天野

>> キャリアチケットを見てみる

 

キャリアチケットのメリット/デメリット

キャリアチケットのメリット/デメリット
  • メリット①:ブラック企業を限りなく避けられる
  • メリット②:最短2週間でスピード内定できる
  • メリット③:地方都市でも面談できる
  • デメリット①:紹介企業数が多くはない

キャリアチケットでは、厳選された企業のみを紹介してもらえ、ブラック企業に就職することを避けられます。

紹介してもらえる企業は、実際に取材した上で厳選された企業(170社)のみです。

キャリアチケットを利用すれば、あなたに合ったホワイト企業が見つけやすいです。

また、キャリアチケットでは、東京(渋谷/秋葉原/池袋)、大阪、横浜、福岡、名古屋、京都、神戸の全国9箇所で面談できます。

面談できる場所は、他の就活エージェントに比べて圧倒的に多いです。

さらに、「キャリアチケットでは最短2週間で内定を獲得できます。
こんなに早く内定をもらえるようサポートしてくれる就活エージェントは、他にはありません。

「就活の教科書」編集部 天野

 

こんな就活生におすすめ

キャリアチケットがおすすめな就活生
  • 自分に合った企業に就職したい就活生
  • 早めに内定を確保したい就活生
  • 関東・関西・東海・九州に住んでいる就活生

キャリアチケットは最短3日で内定が出たという早期内定に実績がある就活エージェントです。

さらに、紹介先企業を厳選しているため、ホワイト企業が多いです。
そのため「なるべく早くホワイト企業から内定がほしい!」という就活生にオススメです。

またキャリアチケットは、就活エージェントには珍しく東京に加えて、横浜・大阪・京都・名古屋・福岡でも利用可能です。

登録後はいつでも退会できるので、さっそくキャリアチケットを試して、最速でホワイト企業からの内定を獲得しましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

\あなたに合った優良企業を紹介/

キャリアチケット(career ticket)

* 登録無料、1分で参加できます

 

キャリアチケットのリアルな口コミや評判を知りたい就活生は、こちらの記事も読んでみてくださいね。

 

おすすめ②:ジールコミュニケーションズ(対面で充実したサポート)

「就活の教科書」編集部の僕がおすすめする、複数利用すべき就活エージェント2つ目は、ジールコミュニケーションズです。

ジールコミュニケーションズは、株式会社ジールコミュニケーションズが運営するエージェントサービスです。

コロナ禍でも、専任の就活プランナーと一緒に就活の不安や悩みを解決し、自分の理想の企業に出会えます。

利用するための学歴フィルターがないため、学歴に自信がない就活生の方でもオススメです。

「就活の教科書」編集部 天野

>> ジールコミュニケーションズを見てみる

 

ジールコミュニケーションズのメリット/デメリット

ジールコミュニケーションズのメリット/デメリット
  • メリット①:最短1週間で内定がもらえる
  • メリット②:マンツーマンサポートでES添削や面接対策ができる
  • メリット③:優良企業700社以上
  • デメリット①:知名度が低い

エージェントが紹介した選考に参加してから、最短1週間で内定を獲得した就活生もいます。
企業数は700社以上で、優良企業も数多く取り揃えているので安心ですね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

こんな就活生におすすめ

ジールコミュニケーションズがおすすめな就活生
  • コロナ禍で就活に出遅れてしまった就活生
  • 自分の学歴に自信がない就活生
  • 東京、大阪、名古屋に就職したい就活生

就職活動では色々な企業と出会ったり、情報をたくさん調べたりすることで就活生はかなり消耗します。

そんな就活生のメンタルサポートが充実しているのもジールコミュニケーションズの特徴です。

専任のプランナーが就活生の悩みを真摯に受け止め、マンツーマンサポートしてくれます。

「コロナ禍で就活がうまく行かない」「学歴に自信がない」という就活生は、ぜひ相談してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 天野

\ コロナ禍でも就活で内定を勝ち取れる!! /

* 登録無料、1分で参加できます

 

「ジールコミュニケーションズ」を実際に使ったことのある就活生のリアルな口コミ、評判を知りたい就活生は、こちらの記事も見てみてくださいね。

 

おすすめ③:ゼロキャンバス(自己分析ツール・丁寧な面談で自分に合った企業がわかる)

「就活の教科書」編集部の僕がおすすめする、複数利用すべき就活エージェント3つ目は、ゼロキャンバスです。

ゼロキャンバスは株式会社アイ・パッションが運営する就活エージェントです。

キャリア歴10年以上のカウンセラーからフィードバックがもらえるのが特徴です。

面談以外でも24時間連絡がとれる体制なので、LINEで気軽に相談できます。

適性診断ツール「ミツカリ」を使用して自己分析ができるのは「ゼロキャンバス」だけです。

就活生に寄り添った面談をしてもらえるので、面談の継続率は80%以上と就活生の評価も高いです。

「就活の教科書」編集部 天野

>> ゼロキャンバスを見てみる

 

ゼロキャンバスのメリット/デメリット

ゼロキャンバスのメリット/デメリット
  • メリット①:本質や強みを掘り起こす面談がある
  • メリット②:適性診断ツール「ミツカリ」で自己分析できる
  • メリット③:ベンチャー企業の社長と話せるイベント・相談会がある
  • デメリット①:大手企業の紹介は多くない

ゼロキャンバスでは、エージェントが真剣に就活生に向き合ってサポートする体制が整っています。

初回面談から内定までの総面談時間は平均で8時間もあります。

そのため、ゼロキャンバスでは、就活生一人一人にあった企業を紹介してくれます。

 

こんな就活生におすすめ

ゼロキャンバスがおすすめな就活生
  • 自分の強みや長所を掘り起こして武器にしたい就活生
  • 気軽に何でも相談できるエージェントがいい就活生
  • ベンチャー企業の社長と話してみたい就活生

ゼロキャンバスでは、就活生と真剣に向き合ったエージェントと一緒に自分に合う企業選びができます。

「内定のため」だけではなく、入社後の将来も考えたマンツーマンフルサポートが特徴的です。

面談以外でも、LINEで気軽に就活の悩みや相談を聞いてもらえるのも安心です。

オンラインでも独自の就活イベントや相談会を実施しているので、ゼロキャンバスで就活を有利に進めましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

\ あなたが活躍できる会社に入れる!! /

* 登録無料、1分で参加できます

 

「ゼロキャンバスの口コミ、評判ってどうなの?」という就活生は、こちらの記事をご覧ください。

 

おすすめ④:キャリセン就活エージェント(経験豊富なアドバイザーが多数在籍)

「就活の教科書」編集部の僕がおすすめする、複数利用すべき就活エージェント4つ目は、キャリセン就活エージェントです。

キャリセン就活エージェントはシンクトワイス株式会社が運営する就活エージェントです。

キャリセン就活エージェントは、採用コンサル歴10年以上の就活アドバイザーに個別相談できるのが特徴です。

キャリセン就活エージェントは累計6万人以上が利用した実績もあります。
そのため、就活生は安心して利用できますよ。

「就活の教科書」編集部 天野

>> キャリセン就活エージェントをみてみる

 

キャリセン就活エージェントのメリット/デメリット

キャリセン就活エージェントのメリット/デメリット
  • メリット①:豊富な経験を持つアドバイザーと面談できる
  • メリット②:首都圏/関西圏の求人を多数揃えている
  • メリット③:内定獲得の可能性が大幅に高くなる
  • デメリット①:地方就活生は利用しにくい

個別面談で希望に合った企業紹介やアドバイスをもらえたり、選考後に企業からのフィードバックももらえます。

累計6万人以上の就活生と面談をした経験から裏付けされたアドバイスが受けられるのは「キャリセン就活エージェント」だけです。

また、業界別・学歴別でリアルな内定獲得記や内定者のESも多数閲覧でき、利用後内定獲得が5.4倍になります。

 

こんな就活生におすすめ

キャリセン就活エージェントがおすすめな就活生
  • 自分に合った企業から効率よく内定が欲しい就活生
  • 豊富な実績を持つサービスを利用したい就活生
  • 企業紹介や面接のフィードバックを受けたい就活生
キャリセン就活エージェントは就活相談やES添削から、面接対策や企業紹介まで、就活支援サポートを一貫して行ってくれる就職エージェントです。

採用コンサル歴10年以上の就活アドバイザーが在籍しており、手厚いサポートを受けられます。

個別面談で希望に合った企業紹介やアドバイスをもらえたり、選考後に企業からのフィードバックももらえます。

また、累計6万人以上の就活生と面談をした経験から裏付けされたアドバイスを受けられます。

そのため、キャリセン就活エージェントでは今までに利用後内定獲得が5.4倍になった実績もあります。

「就活の教科書」編集部 天野

\ 利用後の内定獲得が5.4倍に! /キャリセン就活エージェント

* 登録無料、1分で参加できます

 

「キャリセン就活エージェント」の就活生の評判・口コミや、実際の使い方は、こちらの記事で詳しく解説しています。

 

おすすめ⑤:JHR就職エージェント(一人ひとりに親身なサポート、満足度96%)

jhr

「就活の教科書」編集部の僕がおすすめする、複数利用すべき就活エージェント5つ目は、JHR就職エージェントです。

JHR就職エージェントは、JHR(ジェイエイチアール)株式会社が運営するエージェントサービスです。

紹介してくれる企業件数が多く、就活生とのカウンセリング回数は平均5~6回で親身なサポートだと評判です。

初回カウンセリングでは就活生の就活相談がメインで、無理に企業紹介はされません。
一度話を聞いてみてから利用するかどうか決めることも可能ですよ。

「就活の教科書」編集部 天野

>> JHR就職エージェントをみてみる

 

JHR就職エージェントのメリット/デメリット

JHR就職エージェントのメリット/デメリット
  • メリット①:紹介してくれる企業件数が5000件と多い
  • メリット②:キャリアカウンセリングを5~6回受けられる
  • メリット③:内定率92%、満足度96%
  • デメリット①:知名度が高くない

企業からの内定率は92%で、就活生の満足度は96%と非常に高いです。

初回にじっくりと1時間の個別面談があり、希望に合った企業紹介やアドバイスがもらえるので安心ですよ。

また、JHR就職エージェントでは、紹介してくれる企業件数が5000件もあり、就活生にあった企業を紹介してくれます。

 

こんな就活生におすすめ

JHR就職エージェントがおすすめな就活生
  • 納得するまで就活をしたい就活生
  • 対面のカウンセリングをたくさん受けたい就活生
  • 関東地方に住んでいる就活生

JHR就職エージェントは、初回のカウンセリングで就活生の選考状況のヒアリングと「キャリア形成」を一緒になって考えてくれます

カウンセリング回数は平均5~6回と多く、5000件の企業からの内定率は92%と高いです。

こういった就活生への親身なサポートもあり、就活生の満足度は96%と非常に高いです。

自分に寄りそってくれる就活のサポートを受けたい就活生は、JHR就職エージェントを利用しましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

\ 内定率92% 5000件の企業から紹介!! /

JHRロゴ

* 登録無料、1分で参加できます

 

 

「JHR就職エージェント」を実際に使ったことのある就活生のリアルな口コミ、評判を知りたい就活生は、こちらの記事も見てみてくださいね。

 

就活エージェントを複数利用・掛け持ちするデメリット

就活生くん

就活エージェントを複数利用するのがいいことはわかりました。
では、複数利用するにあたってデメリットは無いのですか?

就活エージェントに複数利用するデメリットには、以下の3つがあります。

就活エージェントに複数利用するデメリット
  • 多すぎる情報に振り回されることがある
  • 電話が鬱陶しく感じることがある
  • 同じ就活イベントに応募してしまうことがある
それでは、就活エージェントに複数利用するデメリットを1つずつ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 天野

 

デメリット①:多すぎる就活情報に振り回されることがある

就活エージェントを複数利用するデメリットの1つ目は「多すぎる就活情報に振り回されることがある」です。

複数の就活エージェントに登録すると、就活に関する情報が多く入ってきます。

しかし多くの就活情報を自分で取捨選択できなければ、その多すぎる情報量に振り回されてしまいます。

複数の就活エージェントに登録した際には、自分に必要な就活情報だけを集めましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

デメリット②:電話が鬱陶しく感じることがある

就活エージェントを複数利用するデメリットの2つ目は「電話が鬱陶しく感じることがある」です。

就活エージェントは、就活イベントに参加してくれる学生を集めるために、頻繁に電話をかけてきます。

そのため複数の就活エージェントに登録すると、何度もかかってくる電話が鬱陶しく感じることがあります。

あまりにも電話をかけてこられて鬱陶しい場合は、その旨を担当者に伝えましょう。

以下の記事で就活エージェントの電話の対処法について解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

デメリット③:同じ就活イベントに応募してしまうことがある

就活エージェントを複数利用するデメリットの3つ目は「同じ就活イベントに応募してしまうことがある」です。

ある一つの就活イベントの募集が、複数の就活エージェントに頼まれていることはよくあります。

そのため就活イベントに適当に応募すると、違う就活エージェントに紹介された、同一の就活イベントに応募してしまうことがあります。

同じ就活イベントに、違う就活エージェント経由で応募すると面倒なことになるので、就活イベント名をちゃんと見てから応募しましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

就活エージェントを複数利用・掛け持ちするメリット

就活生くん

就活エージェントを複数利用・掛け持ちすると、どんなメリットがあるんですか?
就活エージェントを複数利用すると、以下の3つのメリットがあります。

「就活の教科書」編集部 天野

就活エージェントを複数利用するメリット
  • 網羅的な就活情報が手に入る
  • 多くの特別選考ルートを紹介してもらえる
  • 複数のキャリアアドバイザーの意見を聞ける
それでは、就活エージェントを複数利用するメリットを1つずつ見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

メリット①:網羅的な就活情報が手に入る

就活エージェントを複数利用するメリットの1つ目は「網羅的な就活情報が手に入る」です。

就活エージェントは企業によって、持っている就活情報も異なります。

そのため、就活エージェントを複数利用すると、就活情報を網羅的に集められます。

就活情報とは、就活イベントや企業の採用基準などの情報のことです。

「就活の教科書」編集部 天野

 

メリット②:多くの特別選考ルートを紹介してもらえる

就活エージェントを複数利用するメリットの2つ目は「多くの特別選考ルートを紹介してもらえる」です。

就活エージェントを使うと、提携している企業の特別選考ルートを紹介してくれることがあります。

特別選考ルートは通常の選考ルートとは違い、早ければ1週間ほどで内定がもらえる場合もあります。

就活エージェントに複数利用しておけば、多くの特別選考ルートを提案してもらえることでしょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

メリット③:複数のキャリアアドバイザーの意見を聞ける

就活エージェントを複数利用するメリットの3つ目は「複数のキャリアアドバイザーの意見を聞ける」です。

就活エージェントでは、担当のキャリアアドバイザーが就活相談をしてくれます。

アドバイスをたくさん欲しい就活生は、複数の就活エージェントに登録して、複数のキャリアアドバイザーの意見を聞きましょう。

担当のキャリアアドバイザーが自分と合わない場合は、エージェント会社にその旨を伝え、担当を変えてもらいましょう。

また、おすすめの就活エージェントや、就活エージェントの評判を知りたい就活生は、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

就活エージェントを複数利用・掛け持ちする時の注意点

就活生くん

就活エージェントに複数利用するメリット・デメリットがわかりました。
最後に、就活エージェントに複数利用する時の注意点を教えてください。

就活エージェントに複数利用する時の注意点には、以下の2つがあります。

就活エージェントに複数利用する時の注意点
  • 複数の就活エージェントに登録していることを隠さない
  • 同じ就活イベントに同時に応募しない
それでは、就活エージェントに複数利用する時の注意点を1つずつ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 天野

 

注意点①:複数の就活エージェントに登録していることを隠さない

就活エージェントに複数利用する時の注意点の1つ目は「複数の就活エージェントに登録していることを隠さない」です。

複数の就活エージェントに登録することは、別にやましいことではありません。

別の就活エージェントに登録していることを隠してしまうと、話の辻褄が合わなくなり、就活エージェント側に不審に思わせてしまいます。

たとえ就活生が複数利用していようと、就活エージェントは登録してくれているだけで嬉しいはずです。
もし複数の就活エージェントに登録していても、隠さず話すようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

注意点②:同じ就活イベントに同時に応募しない

就活エージェントに複数利用する時の注意点の2つ目は「同じ就活イベントに同時に応募しない」です。

デメリットでも紹介したように、ある一つの就活イベントの募集が、複数の就活エージェントに頼まれていることはよくあります。

そのため、違う就活エージェントから同じ就活イベントに応募することは気をつけましょう。

これら2つのことに気をつけておけば、複数の就活エージェントに登録してもうまくいきますよ。

ちなみに、他にも就活エージェントに関する質問を以下の記事で紹介しているので、合わせて参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

まとめ:就活エージェントは複数利用・掛け持ちするのがおすすめ

今回の記事では、就活エージェントに複数利用するメリットを解説しましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、就活エージェントに複数利用・掛け持ちする時の注意点と、デメリットも解説しました。

就活エージェントを複数利用するメリットまとめは、以下の通りでした。

「就活の教科書」編集部 天野

今回の記事のまとめ

就活エージェントは複数利用しよう

複数利用におすすめの就活エージェント5選

就活エージェントを複数利用するデメリット

  • 多すぎる就活情報に振り回される場合がある
  • 電話が鬱陶しく感じる場合がある
  • 同じ就活イベントに応募してしまう場合がある

就活エージェントを複数利用するメリット

  • 網羅的な就活情報が手に入る
  • 多くの特別選考ルートを紹介してもらえる
  • 複数のキャリアアドバイザーの意見を聞ける

就活エージェントに複数利用する時の注意点

  • 複数の就活エージェントに登録していることを隠さない
  • 同じ就活イベントに同時に応募しない

就活エージェントを複数利用するデメリットは、どれも自分次第で解決できるものでした。
就活エージェントを複数利用するデメリットさえ解決できれば、就活エージェントを複数利用して得られるメリットは大きいです。
たくさんの選択肢をもって就活をうまく進めるために、就活エージェントに複数利用することをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 天野