【未経験でもなれる?】映画関係の仕事一覧 | 年収,おすすめの大学も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事で分かること
  • 【ざっくり解説】映画関係の仕事について
  • 映画関係の仕事の年収は普通くらい
  • 映画関係の仕事/職業25選
  • 未経験でもできる映画関係の仕事
  • 映画関係の仕事に関するよくある質問
  • 「自分に合う業界や企業がわからない…」という方は「適性診断AnalyzeU+」で診断するのがおすすめ

こんにちは!「就活の教科書」編集部の実来です。

この記事では、「映画関係の仕事」について解説していきます。

就活生の皆さんの中で映画業界に興味のある人はいませんか?

「就活の教科書」編集部 実来

就活生くん

僕は映画業界に興味があるのですが、映画業界にどのような仕事があるのか分からないです。

就活生ちゃん

私も映画業界に就職したいのですが、映画関係のことについて学んだことがありません。

未経験でもできる映画関係の職種はあるのでしょうか?

映画が好きで映画業界に興味があるけれど、実際にどんな仕事があるのか分からない人は多いと思います。

「就活の教科書」編集部 実来

そこでこの記事では、「映画関係の仕事」について解説していきます。

併せて、映画関係の仕事/職業25選、未経験でもできる映画関係の仕事について解説していきます。

最後に、映画関係の仕事に関するよくある質問について解説していきます。

映画関係の仕事に興味がある就活生はぜひこの記事を最後まで読んで参考にしてください。

自分に合う業界がわからないから、業界研究ができない…」という方は適性診断AnalyzeU+適職診断(就活の教科書公式LINE)同時利用して、まずは長所を知るのが一番おすすめです。

自己分析ツールを複数使うことで、自分の強みが活かせる業界を簡単に見つけやすくなるので、業界研究もスムーズにできるようになりますよ。

業界選びで後悔したくない…」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>>「適性診断AnalyzeU+」を使ってみる

>> 「適職診断」を受けてみる(就活の教科書公式LINE)

 

目次

 

【ざっくり解説】映画関係の仕事について

就活生くん

そもそも、映画関係の仕事の種類ってどんなものがあるのでしょうか?

就活生ちゃん

私も映画関係の仕事に就きたいのですが、給料がどれくらいなのか想像もつきません。

映画関係の仕事って意外と身近でないので、どんな仕事なのか想像し辛いですよね。

そこで、これから映画関係の仕事と年収について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 実来

 

映画関係の仕事の種類について

最初に映画関係の仕事の種類について解説していきます。

映画関係の仕事は大きく5つに分けて紹介します。

映画関係の仕事の種類
  • 映画製作会社
  • 映画配給会社
  • 映画宣伝会社
  • 映画俳優
  • 映画監督

映画関係の仕事は、映画を作る仕事、映画を宣伝する仕事や実際に映画に出演するなどがあります。

では、次に映画関係の仕事の年収について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 実来

 

映画関係の仕事の年収について

次に映画関係の仕事の年収について解説していきます。

映画関係の仕事で映画の配給会社の社員の年収は450万円~500万円となり、一般的なサラリーマンと同じくらいです。

大手の映画配給会社では、年収800万円を超え福利厚生も充実した会社が多いようです。

しかし、小さな会社では最初の年収は200万~300万円と会社によって大きな差があるようです。

映画関係の仕事だから年収がとても高いということはなさそうです。

「就活の教科書」編集部 実来

 

【映画好き必見!】映画関係の仕事/職業25選

就活生くん

そもそも映画関係の仕事について詳しく知ることができました。

映画関係の仕事についてもっと詳しく知りたいです。

分かりました。

今から、映画関係の仕事/職業25選について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 実来

映画関係の仕事25選
  • 仕事①:映画監督
  • 仕事②:俳優
  • 仕事③:声優
  • 仕事④:脚本家
  • 仕事⑤:舞台監督
  • 仕事⑥:映像ディレクター
  • 仕事⑦:映像カメラマン
  • 仕事⑧:映像編集者
  • 仕事⑨:アニメーター
  • 仕事⑩:CGデザイナー
  • 仕事⑪:CGアニメーター
  • 仕事⑫:美術監督/美術スタッフ
  • 仕事⑬:特殊メイクアーティスト
  • 仕事⑭:証明技師
  • 仕事⑮:音響スタッフ
  • 仕事⑯:特殊造形家
  • 仕事⑰:操演技師
  • 仕事⑱:マットペインター
  • 仕事⑲:映画翻訳家
  • 仕事⑳:ステノキャプショナー
  • 仕事㉑:ロケコーディネーター
  • 仕事㉒:スタントマン・スーツアクター
  • 仕事㉓:映画配給
  • 仕事㉔:映画宣伝
  • 仕事㉕:映画評論家

 

仕事①:映画監

映画関係の仕事の1つ目は映画監督です。

映画監督とは、映画の映像制作面を統括する責任者のことです。

撮影現場の指揮をとり、最終的な決断を下す役割を担っています。

映画監督になるために、最も多いのは、制作現場でスキルを身に付けるケースです。

映画業界、テレビ業界、CM業界など映像関係に関わる仕事に就職することで、映画監督になるための道を切り拓けるかもしれません。

映像の作り方を学べる学校もあるようです。

また、SNSが流行しており、Youtubeなどを通じて自分の作品を世界に発信できることから、誰でも映画監督になれるチャンスはあることが分かります。

「就活の教科書」編集部 実来

 

仕事②:俳優

映画関係の仕事の2つ目は俳優です。

俳優は演劇や映画、テレビドラマなどで脚本のセリフに沿って役を演じる仕事です。

映画やテレビドラマに出演する俳優のことを一般的に、映像俳優と呼びます。

舞台俳優と違って、生の演技は求められませんが、監督が納得するまで何回も撮影をし直す必要があります。

俳優になるためには、劇団に入団したり、オーディションを受けて映像作品に出演する必要があります。

志望者は多く、競争の激しい仕事で、俳優で食べていける人は一握りです。

俳優は安定した職業ではなく、仕事を取り続けなければならない職業です。

「就活の教科書」編集部 実来

 

仕事③:声優

映画関係の仕事の3つ目は、声優です。

声優は声を使って演技を行う職業です。

代表的な仕事として、アニメや洋画の吹き替えが挙げられます。

近年は、舞台や歌、タレントなどの仕事も任せられるようになっており、活躍の幅が広がっています。

声優になるためには、声優の専門学校に入ったり、声優養成所に入ったりする必要があります。

声優の仕事も俳優と同様に、競争の激しい職業です。

そのため、それほど人気の高くない声優は、声の仕事だけでは十分な収入が得られないので、さまざまな仕事を掛け持ちしていることがほとんどです。

近年は声優は、俳優と同じくらい仕事の幅が広くなっており人気の職業です。

「就活の教科書」編集部 実来

 

仕事④:脚本家

映画関係の仕事の4つ目は、脚本家です。

脚本家は、映画やテレビドラマといった映像作品、あるいは演劇などの脚本を執筆する仕事です。

脚本家出身の映画監督がいたり、映画監督自身が脚本を手掛けることもよくあります。

脚本家を目指すには、決まった道はありません。

ただ、脚本を書くための知識・技術を身に付けなくてはならないため、シナリオスクールに通う人が多いです。

シナリオスクールでは、現役脚本家が講師を務めることが多く、脚本の書き方を基礎から学べます。

映画監督と同様に近年はSNSの普及により、誰でも脚本家になれるチャンスはあります。

「就活の教科書」編集部 実来

 

仕事⑤:舞台監督

映画関係の仕事の5つ目は、舞台監督です。

舞台監督は、稽古場の手配と稽古の進行管理、舞台美術・舞台照明・舞台音響・衣装などのデザイン打ち合わせと進行などを行います。

舞台の監督を務める仕事で、ステージ作りの要となります。

映画監督は演出に特化した職業ですが、舞台監督は実務作業の責任者の要素が強い仕事です。

舞台監督になるためには、舞台監督助手や音響・照明などで経験を積んでから、あるいは舞台制作のアルバイトから始めるなど、様々な道があります。

役者などとの信頼関係や交流関係があれば、レコーディングスタッフなどステージジャンル以外から転身する人もいます。

舞台のことを学べる学校に行く人もいるようです。

「就活の教科書」編集部 実来

 

仕事⑥:映像ディレクター

映画関係の仕事の6つ目は映像ディレクターです。

映像ディレクターは、映画監督やプロデューサーが決めた映像コンセプトや内容に沿って、カメラマンや照明、映像編集者などへ指示を出しながら実質的な制作や演出の指揮をとります。

映像ディレクターになるために特別な資格はありません。

しかし、何の知識もなく映像の撮影や編集を行うのは困難なので、映像関連の学科がある大学や短期大学、専門学校などで専門知識を得て、映像関係の会社でスキルを磨くことが一般的なルートです。

また、就職する際に役立つ資格として、「CGエンジニア検定」や「映像音響処理技術者資格認定」などを取得することがおすすめです。

映像ディレクターは制作の仕事ですが、依頼主や社内スタッフ、外部の会社の人など多くの人とコミュニケーションを取る必要のある仕事です。

なので、映像技術と同時に人間関係を構築する力も大事になってきます。

「就活の教科書」編集部 実来

 

仕事⑦:映像カメラマン

映画関係の仕事の7つ目は映像カメラマンです。

映像カメラマンが担っている仕事の大部分は、文字通り「映像を撮影すること」です。

監督やディレクターの指示通りに撮影するだけではなく、意図を満たせるようなアングルを考え提案することも仕事の1つです。

映像カメラマンになるためには、映像関連の勉強ができる学校に通い、基本的な技術を身に付けた上で、仕事を探す必要があります。

また映像カメラマンはフリーランスとして働くか、映画会社に所属して働くかの2種類の働き方があります。

映画会社に所属して働くと、毎月安定した給料がもらえるので生活に困ることはありませんが、フリーランスとして働くと自分が働いたら働いた分だけ給料が入ります。

映像ディレクターはかつては3年は下積みが必要な仕事と言われていました。

しかし、今はクライアントとやり取りする方法が増え、下積み期間が短くても仕事がたくさんある人もいます。

「就活の教科書」編集部 実来

 

仕事⑧:映像編集者

映像関係の仕事の8つ目は映像編集者です。

映像編集はその名の通り、映像の編集を担当する仕事です。

具体的には、撮影した複数の映像をつなぎ合わせて、伝えたい内容を決められた時間内にまとめるように加工していきます。

話や内容を分かりやすくするためにテロップと呼ばれる字幕を加えたり、音楽やタイトルを挿入したりすることもあります。

映像編集者になるためのルートは、大学・短大・高等工業専門学校・専門学校を卒業後、テレビ局や映像制作会社に就職するのが一般的です。

また、編集に使用するソフトを使うスキルも必要です。

独学で勉強することも可能ですが、映像系の大学や専門学校などで勉強するとより知識を得ることができる可能性があります。

編集に使用するソフトはAdobe PremiereやAfter Effectなどの編集ソフトです。

これらは映像関連の仕事には欠かすことのできないツールです。

「就活の教科書」編集部 実来

 

仕事⑨:アニメーター

映画関係の仕事の9つ目はアニメーターです。

アニメーターは、アニメーションの制作におけるいくつかの工程の中でも、作画を担当する仕事です。

基本的には、ストーリーや企画に沿った絵をアニメーターは描かなければなりません。

制作現場におけるアニメーターは主に動画マンと原画マンに分かれます。

動画マンは動画を担当するアニメーターで、原画マンは原画を担当するアニメーターです。

アニメーターになるために必須の資格や試験はありません。

しかし、制作会社の採用時にはいかにうまく絵を描けるかがポイントになるため、大学や専門学校などで絵の描き方や表現方法について学ぶのがよいでしょう。

普通の絵を描く上手さではなく、アニメ特有の表情の変化や動きの緻密さなどの技量が必要です。

「就活の教科書」編集部 実来

 

仕事⑩:CGデザイナー

映画関係の仕事の10個目はCGデザイナーです。

CGデザイナーとは、コンピュータと専門のソフトを用いて、2次元または3次元のグラフィックを制作する仕事です。

CGデザイナーの仕事は多岐にわたり、デザイン作品だけではなく、産業用の図面や画像、アニメーションなども制作するため「CGクリエーター」と呼ばれることもあります。

CGデザイナーになるためには、CG制作にMaya、3dsMax、Softimageといったグラフィックツールを用います。

そのため、様々なツールを柔軟に使いこなせるスキルやデザインの基礎が必須です。

専門知識を学べるデザイン系専門学校や大学で実践的なスキルを身に付ける必要があります。

CGデザイナーとして働くためには、CGの技術以外にも最終的なアウトプットにCGをつなぎ合わせるための発想力や、制作内容をメンバーに伝える技術なども必要です。

「就活の教科書」編集部 実来

 

仕事⑪:CGアニメーター

映画関係の仕事の11個目はCGアニメーターです。

CGアニメーターはデジタル技術を駆使して2Dや3Dでアニメーションを制作する仕事です。

架空の世界を現実の世界のようにリアルな表現を追求したり、CGアニメならではの立体感のあるコミカルな動きを表現したりと、映像のプロフェッショナルとして活躍します。

CGアニメーターになるためには、キーフレームアニメーションやモーションキャプチャーなど様々な制作作法があるため、それぞれに対応するようなソフトを使いこなせる技術が求められます。

また1人でCGアニメーションを作成するのではなく、チームで分業して作成していくことが一般的なので、協調性も必要となります。

CGアニメーターとしてキャリアを積んだ後は、CGプロデューサーやCGディレクターなど、制作現場を指揮する役割へのキャリアアップを目指せます。

「就活の教科書」編集部 実来

 

仕事⑫:美術監督/美術スタッフ

映画関係の仕事の12個目は美術監督/美術スタッフです。

美術監督とは、映画・テレビなどの撮影の被写体となる空間を作る作業を取り仕切る人です。

映画監督やプロデューサーと打ちあわせを行い、予算内で映画の世界観を作りあげる必要があります。

美術監督になるには、資格は必要ありません。

しかし、デッサンや製図、造形に関する技術が必須となります。

そのため、映画、映像、美術の制作会社に美術スタッフとして就職する経験を積んで、美術監督となるケースが一般的です。

美術監督・美術スタッフは、時代や照明、衣装など幅広い視野を持つことが求められます。

「就活の教科書」編集部 実来

 

仕事⑬:特殊メイクアーティスト

映画関係の仕事の13個目は、特殊メイクアーティストです。

特殊メイクアーティストとは、特殊メイクを専門に手掛ける職業です。

特殊メイクとは、一般的なメイクではなく、実際には存在しない空想の造形や質感を表現するメイク方法を指します。

特殊メイクアーティストになるためには、基本的なメイク知識やスキルの他に、特殊メイクの知識とスキルが必要になります。

そのため、造形のベースとなるアートや絵画、写真や映像など、アイデアや演出の幅が広がるような知識が学べる大学、短大、専門学校へ進学するのが一般的です。

特殊メイクアーティストの中には、経験を積んだ後独立・フリーランスとして活躍する人もいます。

海外進出するケースも多いため、経営や英語の教養も必要になる可能性があります。

「就活の教科書」編集部 実来

 

仕事⑭:照明技師

映画関係の仕事の14個目は、照明技師です。

照明技師とは、映画を中心とした映像制作における撮影の分野での照明の設計・表現を行う職能における総責任者です。

映画監督の意図をつかんで、撮影用の光を作り出し、どこに光を当て、どこに暗部を作るか決める仕事です。

照明技師になるには、大学の映画学科や映像系の専門学校などで照明に関する基礎的な知識や技能を学んだあと、映画・映像・番組制作会社などに就職するのが一般的です。

ただし、採用人数は少ないため照明技師になるのは狭き門です。

照明技師になるためには、学生時代からアルバイトとして現場に出入りしたり、著名なライトマンのもとに弟子入りしたりするなどのケースもあります。

「就活の教科書」編集部 実来

 

仕事⑮:音響スタッフ

映画関係の仕事の15つ目は音響スタッフです。

音響スタッフとは、ライブやイベントにおいて、サウンドをオーディエンスが一番聞こえやすい形でスピーカーから音を届ける仕事です。

映画での音響スタッフは、制作者が意図する音を機材などで調整し、提供するのが仕事です。

音響スタッフには、多くの機材を扱うことや、音が最も効果的に聞こえることを工学的に知っている必要があります。

なので、音響の専門知識を学べる専門学校に進むのが一般的です。

音響スタッフは、機材の運搬やセッティングといった作業も必要不可欠なので体力も求められます。

「就活の教科書」編集部 実来

 

仕事⑯:特殊造形家

映画関係の仕事の16つ目は、特殊造形家です。

特殊造形家は、映像やテレビなどの撮影現場から、アミューズメントパークや博物館の展示まで、様々なシチュエーションで必要となる造形物を制作します。

一口に造形といっても、スーツ、模型やプロップ(小道具)、ジオラマにミニチュアモデルやガレージキット、特殊メイクも含めて特殊造形とすることもあります。

特殊造形家になるためには、美術系の学校・学部へ進学すると、制作に関する基本的な技術を習得するのが近道です。

その後、特殊造形部門があるプロダクションに入って経験を積むのが一般的な道です。

個人の作品を制作会社に持ち込んで認められると、フリーランスとして活躍する道もあります。

この職業はミニチュア好きな人がよく目指す職業として知られてます。

「就活の教科書」編集部 実来

 

仕事⑰:操演技師

映画関係の仕事の17つ目は、操演技師です。

操演技師とはあまり聞き馴染みのない仕事だと思います。

映画などで、爆発や崩壊、炎上までのシーンでワイヤーで人をつるし上げて浮遊させるなどによってリアルに見せる演出するのが、操演技師の仕事です。

操演技師になるためには特殊な免許は必要ありませんが、薬品や化学燃料、ガス類などの危険物を扱うので、科学的な専門知識とワイヤーテクニックなどの撮影技法の知識も必要です。

操演技師として活躍するには、映画の制作会社に就職するか、またはフリーランスで活躍している方に弟子入りして技術を磨く方法があります。

操演技師は美術の仕事ですが、特殊な技術なので、操演技師は少し違う特殊な仕事として考えられています。

「就活の教科書」編集部 実来

 

仕事⑱:マットペインター

映画関係の仕事の18つ目は、マットペインターです。

マットペインターとは、かつての実写映画における背景画など、描かれた絵の部分を書く人を指します。

実写映画におけるマットペイントは本物と見違えるくらい緻密に書かれています。

また現在では、「デジタルマットプリント」として、パソコンのグラフィック系ソフトウェアを使ってCGと実写映像をデジタル合成することが主流です。

マットペインターになるためには、デザイン系の専門学校や美術系大学などで絵を学び、卒業後に映像・CG系の制作会社に就職するのが一般的なルートです。

マットペイントは背景などの映像をすべてCGで作るより早く、安価に制作できるため、制作現場では常に優秀なマットペインターを求めています。

「就活の教科書」編集部 実来

 

仕事⑲:映画翻訳家

映画関係の仕事の19つ目は、映画翻訳家です。

映画翻訳家は映画やドキュメンタリーなどの映像作品などの映像作品の音声を翻訳して、吹き替えのセリフや字幕を作成する仕事です。

映画翻訳家になるためには、映像の日本語版制作会社のトライアルに合格する、師事する講師から下訳を頼まれデビューするといった方法が一般的です。

字幕翻訳は字幕制作ソフトを扱えることが条件となる場合がほとんどです。

翻訳家なので当然英語力も必須です。

「就活の教科書」編集部 実来

 

仕事⑳:ステノキャプショナー

映画関係の仕事の20つ目は、ステノキャプショナーです。

ステノキャプショナーはタイピングの高度なスキルを駆使し、映画などの字幕打ち込みを行う専門職です。

字幕入力専用のキーボードを用い、映画を視聴しながらナレーションやセリフなどを字幕化する作業を迅速かつ正確に行います。

特殊なテクニックが必要なので、民間の養成講座やスクールで技術を身につけ、字幕制作会社や速記事務所へ就職する人が多くなっています。

また、ステノキャプショナーとしての能力を評価するために「スピードワープロ検定」という検定試験を受ける人もいるようです。

高齢化社会が進む現代では、耳の不自由な人のに対して音声字幕を提供するステノキャプショナーの需要は高まっています。

「就活の教科書」編集部 実来

 

仕事㉑:ロケコーディネーター

映画関係の仕事の21つ目は、ロケコーディネーターです。

ロケコーディネーターとは、雑談やテレビ、雑誌、プロモーションビデオなどのロケーション撮影を行うための準備や段取りを行う仕事です。

日本国内に限らず海外のコーディネートを行う場合は、現地の言語に長けていることが必須条件となる他、交渉能力や冷静な判断力なども必要とされます。

ロケコーディネーターになるためには、学校で勉強することや特別な資格は必要ありません。

ただ、コーディネーターがロケ地の案内役になることもあるので、自動車運転免許は必要な場合もあります。

ロケコーディネーターは、やはり映画やドラマ、テレビが好きな方が向いています。

「就活の教科書」編集部 実来

 

仕事㉒:スタントマン・スーツアクター

映画関係の仕事の22つ目は、スタントマン・スーツアクターです。

スタントマンとは、様々なスタントをこなす人物のことを指します。

主に、映像作品、舞台やイベントなどにおいて、高度かつ危険なシーンを専門に演じる人物を指します。

スタントマンになるには、運動能力はもちろん、専門的な技術と集中力が必要です。

スポーツ系の学科がある大学や専門学校で勉強し、スタントシーンで要求された時に幅広い対応ができるようにしておくと、仕事の依頼が受けやすくなります。

スタントマン事務所や芸能事務所に所属するか、フリーランスとして働くのが一般的です。

スタントマンになるためには、カンフーの心得や自動車やバイクの特殊な運動技術など、特別なスキルを持っているとなおいいです。

「就活の教科書」編集部 実来

 

仕事㉓:映画配給

映画関係の仕事の23つ目は、映画配給です。

映画配給とは、映画を配給するための諸業務を行う仕事のことです。

具体的な内容は、映画を作る制作会社から映画を買い付けたり、映画の宣伝活動を行ったりします。

映画の配給会社は、映画を制作する制作会社と映画を上映する興行会社の仲介をして世の中に魅力的な映画が提供されるようにする仕事です。

大学や専門学校の卒業後か、映画館のアルバイトで知識を付けて、配給会社の就職を目指すのが一般的です。

特に映像関係の学科で学ぶことがおすすめです。

国内だけではなく海外の映画に関する知識が求められるため、洋画をある程度字幕なしで理解できる語学能力があると役立ちます。

「就活の教科書」編集部 実来

 

仕事㉔:映画宣伝

映画関係の仕事の24つ目は、映画宣伝です。

映画宣伝とは映像作品が新規公開される際に観客動員数が増えるようなプロモーションプランを立案・実施していく仕事です。

映画宣伝担当者は、おもに「映画配給会社」の宣伝部で活躍しています。

そのため、映画宣伝をおこなうためには配給会社に入社する必要があります。

大手の配給会社に入社するのはとても狭き門であるため、アルバイトや派遣社員として現場で働いて能力をつけ、正社員になるルートもあります。

映画配給会社に限らず、映画宣伝を専門にしている宣伝会社や、映画を専門にしているデザイン会社、ホームページ制作会社、広告代理店で働くこともひとつの方法です。

映画宣伝の仕事は、映画を一般の人に面白いと思ってもらうだけではなく、どうしたら「商品」として利益をあげられるか考える必要があります。

「就活の教科書」編集部 実来

 

仕事㉕:映画評論家

映画関係の仕事の25つ目は、映画評論家です。

映画評論家とは、映画の専門的な知識を持ち、まだ作品を見ていない人に対して作品の魅力を伝えるために解説する仕事です。

映画の知識だけではなく、時代・文化的背景の知識を深く持ち、的確な批評をするための豊かな表現力が求められる仕事です。

映画評論家になるためには、自分の好みに関係なく、様々な年代・ジャンルの映画を見る必要があります。

映画評論家の仕事をするためには、資格は必要ないですが、映画の配給会社にて宣伝として経験を積み、評論家になることが多いようです。

映画評論家になるために特に必要な資格はありませんが、映画の知識が広がるような映画検定という資格があります。

「就活の教科書」編集部 実来

 

たった10分で自分の強みと弱みがわかる!就活生の4人に1人が使っている自己分析法

「自分に合った業界や企業がわからない…」という方は適性診断AnalyzeU+を使って自己分析をするのが一番おすすめです。

適性診断AnalyzeU+を使うと、5分~10分で自分の強みや弱みが正確にわかるので、自分の長所を活かせる業界や企業を簡単に見つけられます。

「業界/企業選びや仕事選びで後悔したくない!」という方は、ぜひ適性診断AnalyzeU+を利用してみてくださいね。

診断結果は次のようにかなり詳しく分析されます。

就活アドバイザー 京香

自分の強みや弱みが詳しく分析されるので、自己分析や自己PRにも十分使えます。

例えば、ESや面接で「あなたの長所は?短所は?」なんて聞かれた時も簡単に答えられるようになります。

就活生の4人に1人が利用しているので「強みを活かせる業界や企業を見つけたい!」「自分に合う仕事に就きたい!」という方は、せひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 適性診断AnalyzeU+を使ってみる

 

当サイトがおすすめする自己分析のやり方は以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

未経験でもできる映画関係の仕事

就活生くん

映画関係の仕事25選について知ることができました。

僕は映画関係の仕事に関して未経験ですが、未経験でもできる映画関係の仕事はありますか?

分かりました!今から、未経験でもできる映画関係の仕事5つについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 実来

未経験でもできる映画関係の仕事
  • 仕事①:映画バイヤー
  • 仕事②:ノベルティ製作
  • 仕事③:宣伝広報アシスタント
  • 仕事④:日本語版製作スタッフ
  • 仕事⑤:映画館のマネージャー

 

仕事①:映画バイヤー

未経験でもできる映画関係の仕事の1つ目は映画バイヤーです。

映画バイヤーとは、世界中で行われる映画祭や映画売買市などに出向いて、映画を上映する権利やテレビで放映する権利などを買い付けるクリエイティブ職です。

映画祭では、多くの試写に参加し、これといった作品があった場合は、関係者と買い付け交渉をします。

そのため、映画バイヤーに必要な能力は語学力です。

また、終始映画に向き合うため、専門的な知識よりも「映画が好きである」ということの方が重要な要素となります。

映画バイヤーの主な就職先は映画配給会社です。

「就活の教科書」編集部 実来

 

仕事②:ノベルティ製作

未経験でもできる映画関係の仕事の2つ目は、ノベルティ製作です。

ノベルティとは、企業名や商品名/サービス名の認知拡大を目的として、企業が製作し無料で配布するものです。

また、商品購入やサービス利用が条件でもらえるグッズについては、「プレミアム」といいますが、昨今は景品やオマケなどを総じてノベルティと呼びます。

ノベルティ製作をするためには、グッズ制作の会社に入社する必要があります。

また映画配給会社の商品企画職でもノベルティ製作ができます。

また正社員でなくでも、派遣バイトなどで作製できる場合もあるようです。

「就活の教科書」編集部 実来

 

仕事③:宣伝広報アシスタント

未経験でもできる映画関係の仕事の3つ目は、宣伝広報アシスタントです。

宣伝広報アシスタントとは、映画宣伝や広報のアシスタントをする仕事です。

映画の配給会社に所属し、宣伝広報アシスタントを経て映画宣伝の仕事に就くことができます。

未経験でアシスタントとして知識を学んでいって、映画宣伝の仕事に就くことができます。

宣伝広報アシスタントにつくためにも、映画の配給会社に就職する必要があるので狭き門です。

「就活の教科書」編集部 実来

 

仕事④:日本語版製作スタッフ

未経験でもできる映画関係の仕事の4つ目は、日本語版製作スタッフです。

日本語版製作スタッフとは、洋画など海外の映画の日本語版を製作するために、翻訳などを行う仕事です。

海外の映画の翻訳や字幕をつけるため、高い語学力が必要です。

特に映画に関する知識は必要ないですが、通訳や翻訳関連の資格があれば有利に働きます。

日本語版製作スタッフも映画にずっと向き合う必要のある仕事のため、映画が好きな人におすすめの仕事です。

「就活の教科書」編集部 実来

 

仕事⑤:映画館のマネージャー

未経験でもできる映画関係の仕事の5つ目は、映画館のマネージャーです。

映画館のマネージャーの仕事は、事務・接客・人材育成の3つがあります。

事務は電話やメールの対応、書類整理や在庫管理などが挙げられます。

また、映画館のマネージャーで最も大事なのは、アルバイトスタッフのマネジメントです。

そのため、映画関係の仕事は未経験であっても、マネジメントの経験がある人は優遇されます。

映画館のマネージャーは仕事が多く、激務になりやすいと言われています。

「就活の教科書」編集部 実来

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

映画関係の仕事に関するよくある質問

就活生ちゃん

未経験でもできる映画関係の仕事について知ることができました。

ところで映画関係の仕事に就くにはどのような大学に行けばいいのでしょうか?

就活生くん

僕は理系の就活生なのですが、理系が映画関係の仕事に就くならどんな仕事があるのでしょうか?

わかりました!今から、映画関係の仕事に関するよくある質問について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 実来

映画関係の仕事に関するよくある質問
  • 質問①:映画関係の仕事に就くにはどのような大学に行けばいい?
  • 質問②:理系が映画関係の仕事に就くならどんな仕事がある?

 

質問①:映画関係の仕事に就くにはどのような大学に行けばいい?

映画館関係の仕事に関するよくある質問の1つ目は、「映画関係の仕事に就くにはどのような大学に行けばいい?」です。

映画関係の仕事に就くには、大学の「映像、舞台・演劇・舞踊学、コミュニケーション学」などの学科を卒業し、映画配給会社・映画宣伝会社・映画製作会社、映画館などに就職する進路が一般的です。

また、洋画をある程度字幕なしで理解できる語学力があれば、実務で役立つため外国語を学べる学部がある大学に進学するのも一つの選択肢です。

また、大学在学時に映画館のアルバイトなどで知識を付けるのも、映画関係の仕事に就職するのに有利に働きます。

映画関係の仕事に就くためには、必ずしも映画関係の学部で学ぶ必要は無いですが、映画関係の学部で学ぶことは就職にかなり有利に働きます。

「就活の教科書」編集部 実来

 

質問②:理系が映画関係の仕事に就くならどんな仕事がある?

映画関係の仕事に関するよくある質問の2つ目は、「理系が映画関係の仕事に就くならどんな仕事がある?」です。

理系が映画関係の仕事に就くには、CG映像や特殊技術を扱う仕事で理系のプログラミング等の専門知識を活かすことができます。

映像などの勉強は文系学部や専門学校で学ぶことができ、理系では映像作品に関して学べる学部はありません。

しかし、CG技術を使ったアニメーションなどは理系の強みを活かせることができる分野です。

さらに、近年映画で使用されるCG技術も発達しているため、ますます理系人材の需要は高まると考えられます。

映画業界では学歴は通用しないことが多いので、自分でなりたい像を作りそれを目指していく必要があります。

「就活の教科書」編集部 実来

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:映画関係の仕事は種類が多いので自分に合ったものを選ぼ+

今回の記事では、「【未経験でもなれる?】映画関係の仕事一覧 | 年収,おすすめの大学も」について解説しました。

併せて、映画関係の仕事について、映画関係の仕事/職業25選、未経験でもできる映画関係の仕事について解説しました。

最後に、映画関係の仕事に関するよくある質問について解説しました。

最後にこの記事を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

【ざっくり解説】映画関係の仕事について

  • 映画関係の仕事の種類について
  • 映画関係の仕事の年収について

映画関係の仕事25選

  • 仕事①:映画監督
  • 仕事②:俳優
  • 仕事③:声優
  • 仕事④:脚本家
  • 仕事⑤:舞台監督
  • 仕事⑥:映像ディレクター
  • 仕事⑦:映像カメラマン
  • 仕事⑧:映像編集者
  • 仕事⑨:アニメーター
  • 仕事⑩:CGデザイナー
  • 仕事⑪:CGアニメーター
  • 仕事⑫:美術監督/美術スタッフ
  • 仕事⑬:特殊メイクアーティスト
  • 仕事⑭:証明技師
  • 仕事⑮:音響スタッフ
  • 仕事⑯:特殊造形家
  • 仕事⑰:操演技師
  • 仕事⑱:マットペインター
  • 仕事⑲:映画翻訳家
  • 仕事⑳:ステノキャプショナー
  • 仕事㉑:ロケコーディネーター
  • 仕事㉒:スタントマン・スーツアクター
  • 仕事㉓:映画配給
  • 仕事㉔:映画宣伝
  • 仕事㉕:映画評論家

未経験でもできる映画関係の仕事

  • 仕事①:映画バイヤー
  • 仕事②:ノベルティ製作
  • 仕事③:宣伝広報アシスタント
  • 仕事④:日本語版製作スタッフ
  • 仕事⑤:映画館のマネージャー

映画関係の仕事に関するよくある質問

  • 質問①:映画関係の仕事に就くにはどのような大学に行けばいい?
  • 質問②:理系が映画関係の仕事に就くならどんな仕事がある?