【この仕事続けていい?】向いていない仕事を診断するおすすめツール11選 | 診断後にすべきことも

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ 自分に合う仕事がわかる「適職診断」/
あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

LINE適職診断とは
(https://reashu.com/)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

こんにちは、就活の教科書編集部の芥川です。

この記事では「今の仕事、向いていないかも…」と思っている人に、本当に向いていないのか判断する方法について、徹底的に解説します!

「就活の教科書」編集部 芥川

就活生くん

僕は、今やっている仕事が自分に合った仕事でないように感じでいます。

自分に合った仕事かどうかを判断できる方法はあるのでしょうか…?

就活生ちゃん

私は、今やっている仕事と違う仕事に、新しくチャレンジしてみたいと思っています。

しかし転職にあたって、どんな仕事が良いか分かりません…。

今の仕事が本当に自分に合っているのか、客観的に判断するのは難しいですよね。

そこで今回は、今の仕事が本当に自分に合っているのか、自分に本当に向いている仕事は何かを知る方法について紹介していきます!

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部 芥川

そこでこの記事では、「適職診断」について紹介していきます。

また「おすすめの適職診断11選」や「転職の時にすべきこと」なども紹介します。

  • 今の仕事が向いていないかもと思っている社会人
  • 自分に向いている仕事を知りたい人
  • 転職を考えている社会人

上記に当てはまる皆さんは、ぜひ最後までご覧ください!

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断できる「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! /
LINE適職診断 あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

自分の適職がわからない時は?

「自分は何に向いているんだろう」「自分の適職を知りたい」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適職がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

向いていない仕事を診断するには

就活生くん

僕は、今の仕事が自分に向いていないように思っています…。

向いていない仕事かどうかを知るためには、どうしたら良いでしょうか?

自分に合った仕事かどうかを判断するのは難しいですよね。

それでは、向いていない仕事を判断する方法を紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 芥川

「今の仕事が向いていないかも」と悩む人は多い

「今の仕事が向いていないのではないか」と悩む人は多くいます。

仕事が向いていないと感じる主な理由を、以下にまとめました。

仕事が向いていないと感じる理由

【原因:自分のスキル不足

  • 仕事のスピードが周りについていけない
  • 仕事でミスを多くしてしまう
  • 自分のやった仕事に自信がない
  • 上司に怒られることが多い

 

【原因:環境・働き方が合わない

  • 企業風土が合わない
  • 職場の人間関係がうまくいっていない
  • 職種が自分の希望ではない
  • 仕事によるストレスが多い
  • 残業が多い

 

【原因:成果・実績に不満がある

  • 成長実感や達成感がない
  • 頑張っても成果が出にくい
  • 評価されにくい

 

【原因:そのほか

  • 他にやりたいことが出来た
  • 同期や後輩に抜かれてしまった
  • 「向いていない」と言われる
  • 働き続けた数年後がイメージできない

参考:doda

また、「向いていないかも」と感じやすい時期や場面もあります。

 

仕事が向いていないと感じやすい時期とその理由

【時期:若手

  • 目先の目標だけを追っていて、本当にやりたかったことが出来ていない
  • 商材を好きになれない、興味が持てない
  • 仕事を覚えられない
  • 怒られる

【時期:転職経験なく1社で長く勤めている時

  • 社長や上司が代わり、求められることが変わった
  • 方針変更や事業の転換で今まで慣れていた状況や環境が変わった

【時期:転職後の職場で働き始めた時

  • 新しい商材に興味が持てない
  • 会社の規模やカルチャーの違いになじめない

参考:doda

適職診断を使えば、今の仕事が自分に向いていないか調べられる

「今の仕事が自分に向いていないかも…」と思った時は、 適職診断 を使うことで、本当に今の仕事が自分に向いていないかを調べることが出来ます。

適職診断とは、数問の質問に答えることで自分の適職が分かる診断テストです。

適職診断は、多くのサイトなどで提供されていますが、この記事の後半で「無料で使える適職診断11選」を紹介します。

ただし、適職診断をする前に1点注意点があります!

「就活の教科書」編集部 芥川

注意点:仕事が向いていないのか、職場が向いていないのかチェックしよう

適職診断を使って、今の仕事が向いていないか判断する時の注意点は、仕事が向いていないのか、職場が向いていないのかチェックすることです。

仕事自体が向いていない場合、その判断は適職診断を活用することが出来ますが、職場があっていない場合は、その向き不向きが適職診断では診断されにくいです。

そのため、適職診断を受ける前に、まずは自分が向いていないと感じているのは「仕事の内容」なのか「職場の環境や雰囲気」なのかをチェックしておきましょう。

「自分に合う職種はなに…」「最近上手くいっていないから、今の仕事向いていないのかな」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに130,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

適職診断ツールについては【正確で当たる!】無料で登録なしの適職/職業診断おすすめ12選 | 新卒・転職者の評判,比較一覧もという記事にまとめています。

この記事を読むと自分に合った職業を見つけることができ、納得した企業に就職できます。

就活アドバイザー 京香


【ホントに向いてない?】無料で使える適職診断15選

就活生ちゃん

今の仕事が本当に向いていないか知るために、おすすめの適職診断はありますか?

それでは、無料で使える適職診断オススメ11選を紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 芥川

無料で使える適職診断 おすすめ14選
  • おすすめ1:16Personalities(MBTI診断)
  • おすすめ2:今の仕事の適性診断!(マイナビ)
  • おすすめ3:適職診断(キャリアインデックス)
  • おすすめ4:仕事向いてない?判別テスト(モチラボ)
  • おすすめ5:3分間!適職診断(リクナビNEXT)
  • おすすめ6:適職診断オンライン(ジョイキャリア)
  • おすすめ7:適職診断NAVI
  • おすすめ8:ジョブリシャス診断(マイナビ)
  • おすすめ9:エニアグラム適職診断(Indeed)
  • おすすめ10:転職タイプ診断(DODA)
  • おすすめ11:無料でわかる適職診断!登録不要(求人ボックス)
  • おすすめ12:適職診断9(性格診断セブン)
  • おすすめ13:向いていない仕事診断(マイナビウーマン)
  • おすすめ14:LINE適職診断(就活の教科書)

おすすめ1:16Personalities(MBTI診断)

無料で使える適職診断のおすすめ1つ目は、16Personalities(MBTI診断)です。

このテストは2種類の哲学・心理学をもとに作られているテストで、診断を受けることで、全16種の性格タイプのどれかに分類されます。

またこの診断は、無料なので気になった人はぜひ試してみてください。

16Personalities(MBTI診断)については、以下の記事もぜひご覧ください。

「就活の教科書」編集部 芥川

また、16の性格タイプからわかる向いている職業については以下の記事群で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 芥川

合わせて読みたい
  • 【分析家】:建築家(INTJ)、論理学者(INTP)、指揮官(ENTJ)、討論者(ENTP
  • 【外交官】:提唱者(INFJ)、仲介者(INFP)、主人公(ENFJ)、広報運動家(ENFP
  • 【番人】:管理者(ISTJ)、擁護者(ISFJ)、幹部(ESTJ)、領事館(ISFP
  • 【探検家】:巨匠(ISTP)、冒険家(ISFP)、起業家(ESTP)、エンターテイナー(ESFP

おすすめ2:今の仕事の適性診断!(マイナビ)

無料で使える適職診断のおすすめ2つ目は、今の仕事の適性診断!(マイナビ)です。

この診断は、2択の全10問の質問に答える形式のものです。

一般的な適職診断と違い、「今の仕事」が自分の適性に合っているかを診断できる点で特徴がある診断です。

したがって、「転職したい!」というよりも、ただ漠然と「今の仕事が向いていないのではないか…」と思っている人におすすめの診断です。

質問数も多くなく、時間もかからないので、気軽に試してみて下さい!

「就活の教科書」編集部 芥川

おすすめ3:適職診断(キャリアインデックス)

無料で使える適職診断のオススメ3つ目は、適職診断(キャリアインデックス)です。

この診断は、全39問の設問に答えることで、①仕事に求めるものや、②ビジネスにおける強み③あなたの性格と傾向、が分かるものです。

無料・会員登録なしで行うことが出来、また多くの質問が用意されているので、詳しい結果を得られます。

CAREER INDEXは転職専門サイトなので、活用しやすそうですね!

「就活の教科書」編集部 芥川

おすすめ4:仕事向いてない?判別テスト(モチラボ)

無料で使える適職診断のおすすめ4つ目は、仕事向いてない?判別テスト(モチラボ)です。

この診断は、4択の全6問の質問に答えることで、今のあなたの「仕事向いていない度」が分かる診断です。

質問数が少ない分詳細な結果は得られませんが、短時間でできるうえに仕事向いてない度がグラフとして可視化できるので、文だけでは分かりにくいと思う人におすすめです。

文章ではなくグラフなどで可視化することは、結果を客観視するのに役立ちます。

「就活の教科書」編集部 芥川

おすすめ5:3分間!適職診断(リクナビNEXT)

無料で使える適職診断のおすすめ5つ目は、3分間!適職診断(リクナビNEXT)です。

この診断は、「仕事選びの価値観」を導くテストAと、「自分発見!性格テスト」のテストBの合計22問のテストから、適職を診断できます。

結果としては、自身の価値観バランスや性格が表示されますが、おすすめの業界や職種は出てきません。

しかし多くの質問数があるので、詳しい結果が得られる点でおすすめです。

質問が一気に見られるようになっており、およそ3分適度でできるので試しやすいです。

「就活の教科書」編集部 芥川

おすすめ6:適職診断オンライン(ジョイキャリア)

無料で使える適職診断のおすすめ6つ目は、適職診断オンライ(ジョイキャリア)です。

この診断は、全30問の設問に答えることで、回答者のスキルが診断され向いている職業が分かるものです。

この診断の特徴は、回答者の適職に合わせた9つのキャラクターと、得意スキルのスコアの組み合わせで、1000万通り以上の組み合わせ結果が得られるところです。

多くの質問数なだけに、より詳細な結果が得られそうですね!

「就活の教科書」編集部 芥川

おすすめ7:適職診断NAVI

無料で使える適職診断のおすすめ7つ目は、適職診断NAVIです。

この診断は、「パーソナリティ」「キャリア価値観」「思考スタイル」全35問の質問を5分適度を目安に回答し、診断結果を得るテストです。

最後に性別・年齢や職業(学生なら学部)を聞かれるアンケートがありますが、基本的に会員登録なし・無料で診断が出来ます。

診断結果としては、①マッチする職業、②パーソナリティとその特徴、③キャリア志向性、④思考スタイル、が表示されます。

結果は文字の説明だけでなく、グラフ関連記事なども表示されるので、一度の診断で自分の様々な特徴を知ることができ、おすすめです。

自分が持っているもの、持っていないものがグラフに示されるので、診断結果が一目瞭然にわかります!

「就活の教科書」編集部 芥川

おすすめ8:ジョブリシャス診断(マイナビ)

無料で使える適職診断のおすすめ8つ目は、ジョブリシャス診断(マイナビ)です。

この診断テストは、全20問の質問から、27のジョブタイプ別に自身の適職を知ることが出来ます。

診断自体は会員登録なし無料で行えますが、「マイナビ転職」の会員登録をした方が、結果をより詳しく閲覧できるようになっています。

ジョブリシャス診断は、マイナビ転職と「ディグラム・ラボ」との期間限定コラボ企画のため、気になった方はぜひすぐ試してみて下さい!

診断結果はイラスト付きで解説されており、見やすいです!

「就活の教科書」編集部 芥川

おすすめ9:エニアグラム適職診断(Indeed)

無料で使える適職診断のおすすめ9つ目は、エニアグラム診断(indeed)です。

この診断は、全18問の質問に答えることで9つのタイプ別の診断を受けることが出来ます。

タイプ別で「基本的な性格」「強み・弱み」「仕事スタイルの特徴」「力を発揮できる仕事」などの特徴が分かり、適職だけでなく自身のキャリア形成などについても考えることに活用できます。

基本的に無料・登録なしで診断が出来ますが、結果を見る際は無料会員登録(ログイン)をした方が、より詳しく閲覧が出来ます。

質問が全18問ということもあり、非常に詳しく診断ができるので、ぜひ試してみて下さい!

転職だけでなく新卒で就活をしている人にもおすすめです!

「就活の教科書」編集部 芥川

おすすめ10:転職タイプ診断(DODA)

無料で使える適職診断のおすすめ10個目は、転職タイプ診断(DODA)です。

この診断は、質問に答えたり、仕事・職場環境の優先順位を決めたりすることで、「仕事探しの軸」と「今の満足度」が分かるものです。

この診断の特徴は、質問量が多く、また優先順位をつけることで、自分の性格価値観に基づいた詳しい結果が得られることです。

また結果から、おすすめの求人を紹介してくれるので、転職探しまでの流れがスムーズにできます。

ただし、詳しい結果を見るには無料会員登録をする必要があります。

「就活の教科書」編集部 芥川

おすすめ11:無料でわかる適職診断!登録不要(求人ボックス)

無料で使える適職診断のおすすめ10個目は、無料でわかる適職診断!登録不要(求人ボックス)です。

この診断では、向いている仕事をわずか5分で診断することができます。

「協調性、誠実性、外向性、情動性、創造性」という5つの性格要素と、全12種の性格タイプ・職種がわかります。

もっとも強みを発揮しやすい職業がわかるので、気になる人はぜひ診断してみてくださいね。

12種の性格タイプは、「個性派・世話焼き・実績重視・ポジティブ思考・教育者・チャレンジャー・ボランティア・慎重派・学者肌・幸福追求」に分けられています。

「就活の教科書」編集部 芥川

おすすめ12:適職診断9(性格診断セブン)

無料で使える適職診断のおすすめ12個目は、適職診断9(性格診断セブン)です。

この診断は、「通常版」「簡易版」に分かれており、より正確に診断したいのであれば計45問ある通常版をおすすめします。

診断結果では、「向いてる職業・職場環境」「注意が必要な職業・職場環境」「適職一例」がわかります。

簡易版は、2問回答するだけで結果がわかりますよ!

「就活の教科書」編集部 芥川

おすすめ13:向いていない仕事診断(マイナビウーマン)

無料で使える適職診断のおすすめ13個目は、向いていない仕事診断(マイナビウーマン)です。

この診断では、たった10問であなたに向いていない仕事が簡易的にわかります。

簡単に診断したい人におすすめです。

ただし、向いていない職業は1つしかわからないので、注意が必要です

「就活の教科書」編集部 芥川

おすすめ14:LINE適職診断(就活の教科書)

無料で使える適職診断の最後のおすすめは、LINE適職診断(就活の教科書公式LINE)です。

この診断は、就活の教科書公式LINEを追加することで、無料・その他会員登録なしで診断を受けることが出来ます。

全8問の質問を答えることで、自身に向いている業界職種を知ることが出来ます。

LINE上で質問に答えるだけで診断ができるのは、試しやすいですよね!

また就活の教科書公式LINEでは、就活に関する診断やプレゼントが配信されているので、ぜひ追加してみて下さい!

就活についての情報も多く発信しています!

様々なページをご覧ください!

「就活の教科書」編集部 芥川

自分の適職がわからない時は?

「自分は何に向いているんだろう」「自分の適職を知りたい」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適職がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

診断の結果からわかること

就活生くん

様々な適職診断があり、それぞれに特徴があることが分かりました。

診断を受けた結果からわかることは何なのでしょうか。

いろんな適職診断があり、結果の出方も様々ですが、どの適職診断の結果からでも共通にわかることがあります。

それでは、診断の結果からわかることを紹介します!

「就活の教科書」編集部 芥川

診断の結果によって、今の仕事が向いていない理由は2パターンある

「今の仕事向いてないな…」と思って受けた適職診断で、思った通り「向いていない」という結果が出る場合と、予想に反して「向いている」という結果が出る場合があります。

このように診断の結果によって、今の仕事が向いていない理由が2パターンあることが分かります。

その理由の1つ目は「仕事内容が適正に合っていない」から、2つ目は「仕事内容ではなく職場環境があっていない」からです。

理由をパターン別に詳しく解説していきます。

①:今の仕事は向いていない⇒仕事内容が適性に合っていない

診断の結果が「今の仕事は向いていない」と出た場合、あなたの感じている通り「仕事内容が適性に合っていない」と考えられます。

この場合、転職を考える時には、今とは違う職種を探してみると良いでしょう。

適職診断によっては、おすすめの職種を提示してくれるものもあるので、得たい結果が得られる診断を探して受けてみましょう。

②:今の仕事は向いている⇒仕事内容ではなく職場環境が合っていない

診断の結果が「今の仕事は向いている」と出た場合、あなたには「仕事内容ではなく職場環境があっていない」と考えられます。

この場合に転職を考える時は、同じ職種の中で違う企業や職場環境を探してみましょう。

せっかく適職で経験も積んでいるので、それが活かせるような企業を探しましょう。

同僚や社内の人に相談してみるのも良いでしょう。

「就活の教科書」編集部 芥川

                                                   

適職診断を選ぶ時に役立つ記事一覧

「忙しいので効率的に就活を進めたい」という就活生には、 無料・登録なしの適職/職業診断 という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、あなたにぴったりの適職が見つけられる適職診断ツールが分かり、効率的に就活を進められるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「自分に合う職種はなに…」「最近上手くいっていないから、今の仕事向いていないのかな」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに130,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

適職診断ツールについては【正確で当たる!】無料で登録なしの適職/職業診断おすすめ12選 | 新卒・転職者の評判,比較一覧もという記事にまとめています。

この記事を読むと自分に合った職業を見つけることができ、納得した企業に就職できます。

就活アドバイザー 京香


向いていない仕事を辞めて転職したいと思ったらするべきこと

就活生ちゃん

適職診断を活用して、「いざ転職したい!」と思った時に、すべきことは何ですか?

適職診断を活用した転職を考える際にすべきことは以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 芥川

「転職したい」で、すべきこと
  • すべきこと①:自己分析ツールで改めて自分の適性を調べ、キャリアプランを立てる
  • すべきこと②:部署移動など社内で環境を変えられるか検討する
  • すべきこと③:転職エージェントに登録する

すべきこと①:自己分析ツールで改めて自分の適性を調べ、キャリアプランを立てる

適職診断の結果を見て「転職したい」と思った時にすべきことの1つ目は、自己分析ツールで改めて自分の適性を知らべ、キャリアプランを立てることです。

ここで重要なことは、適職診断の結果を鵜呑みにせず、診断結果を自分でも確かめることです。

自己分析ツールで改めて自分の適性を調べることで、診断の結果が本当に自分に合ったものなのかを確認しましょう。

また、転職により今までのキャリプランと大きく変わるキャリアプランになる可能性が高いので、キャリアプランを立て直すことも重要です。

すべきこと②:部署移動など社内で環境を変えられるか検討する

適職診断の結果を見て「転職したい」と思った時にすべきことの2つ目は、部署移動など社内で環境を変えられるか検討することです。

これは特に、適職診断で今の仕事について「向いている」と出た人は、検討すべき点です。

前提として、転職することは時間と労力を多く使うものであり、また転職先の会社についてどれだけ前調べをしても、やはり「思っていたのと違った…」という部分は少なからずあることが予想されます。

したがって、知っている今の会社の中で、職場環境や仕事内容を変えられるかどうか検討すると良いでしょう。

すべきこと③:転職エージェントに登録する

適職診断の結果を見て「転職したい」と思った時にすべきことの3つ目は、転職エージェントに登録することです。

転職は、自分1人でやろうとしても難しく、本当に自分に合った会社に転職できるチャンスを逃してしまう可能性があります。

また、転職エージェントを利用することで、エージェントのみが知っている非公開求人にも応募できる可能性もあります。

したがって、転職エージェントを利用しつつ転職先を探してみることも検討すると良いでしょう。

転職・就活エージェントに関しては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

「就活の教科書」編集部 芥川

自分の適職がわからない時は?

「自分は何に向いているんだろう」「自分の適職を知りたい」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適職がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

向いてない仕事の診断に関するよくある質問

就活生ちゃん

向いていない仕事の診断についてよく知ることが出来ました!

他に知っておくべきことはありますか?

それでは最後に、向いていない仕事の診断についてよくある質問を紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 芥川

向いていない仕事の診断 よくある質問
  • 質問①:適職診断で本当に向いていない仕事がわかるの?
  • 質問②:適職診断以外に仕事が向いていないか調べる方法はある?

それでは詳しく解説していきます!

「就活の教科書」編集部 芥川

質問①:適職診断で本当に向いていない仕事がわかるの?

向いていない仕事の診断に関するよくある質問1つ目は、適職診断で本当に向いていない仕事が分かるのかどうかです。

結論から言うと、適職診断は「絶対に正確」ではありません。

転職を考える時にすべきこと①でも記述した通り、診断結果が自分に合ったものか、再度自分で確認することが大切です。

質問②:適職診断以外に仕事が向いていないか調べる方法はある?

向いていない仕事の診断に関してよくある質問2つ目は、適職診断以外に仕事が向いていないか調べる方法があるかについてです。

適職診断以外に仕事が向いていないか調べる方法は、以下の通りです。

調べる方法(適職診断以外)
  • キャリアカウンセラーへ相談
  • 自己分析をする
  • 今の仕事で明らかに向いていない点を書きだす
  • 同僚の人がどんな時にやりがいや楽しさを感じるか聞いてみる

以上のようなやり方は、今の仕事が向いていないかが分かる手助けになります。

自分に合ったやり方で、仕事の向き不向きを確認しましょう。

「就活の教科書」編集部 芥川

「自分に合う職種はなに…」「最近上手くいっていないから、今の仕事向いていないのかな」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに130,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

適職診断ツールについては【正確で当たる!】無料で登録なしの適職/職業診断おすすめ12選 | 新卒・転職者の評判,比較一覧もという記事にまとめています。

この記事を読むと自分に合った職業を見つけることができ、納得した企業に就職できます。

就活アドバイザー 京香


まとめ:診断ツールを使って今の仕事が向いていないのか調べてみよう

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事では、仕事が向いていないか調べる方法について紹介しました。

また、無料でできるオススメの適職診断や、転職を考える時に検討すべきことも解説してきました。

いかがだったでしょうか。

最後にこの記事をまとめておきます。

この記事のまとめ

◆向いていない仕事を診断するには

  • 「今の仕事が向いていないかも」と悩む人は多い
  • 適職診断を使えば、今の仕事が自分に向いていないか調べられる
  • 注意点:仕事が向いていないのか、職場が向いていないのかチェックしよう

◆【ホントに向いてない?】無料で使える適職診断11選

  • おすすめ1:16Personalities(MBTI診断)
  • おすすめ2:今の仕事の適性診断!(マイナビ)
  • おすすめ3:適職診断(キャリアインデックス)
  • おすすめ4:仕事向いてない?判別テスト(モチラボ)
  • おすすめ5:3分間!適職診断(リクナビNEXT)
  • おすすめ6:適職診断オンライン(ジョイキャリア)
  • おすすめ7:適職診断NAVI
  • おすすめ8:ジョブリシャス診断(マイナビ)
  • おすすめ9:エニアグラム適職診断(Indeed)
  • おすすめ10:転職タイプ診断(DODA)
  • おすすめ11:LINE適職診断(就活の教科書)

◆ 就活を効率よく進める方法

  • 方法:スカウトアプリを使って直接オファーを受け取る
  • 方法:就活のプロに内定までサポートしてもらう
  • 方法:SPIやWebテストは短期間で対策する
  • 方法:あなたの適職を診断する
  • 方法:プログラミング経験を活かしてITエンジニアとして就職する

◆診断の結果からわかること

  • 診断の結果によって、今の仕事が向いていない理由は2パターンある
  • ①:今の仕事は向いていない⇒仕事内容が適性に合っていない
  • ②:今の仕事は向いている⇒仕事内容ではなく職場環境が合っていない

◆向いていない仕事を辞めて転職したいと思ったらするべきこと

  • すべきこと①:自己分析ツールで改めて自分の適性を調べ、キャリアプランを立てる
  • すべきこと②:部署移動など社内で環境を変えられるか検討する
  • すべきこと③:転職エージェントに登録する

◆向いてない仕事の診断に関するよくある質問

  • 質問①:適職診断で本当に向いていない仕事がわかるの?
  • 質問②:適職診断以外に仕事が向いていないか調べる方法はある?

◆まとめ:診断ツールを使って今の仕事が向いていないのか調べてみよう